上へ
戻る

カテゴリ

バイアグラジェネリック

世界的に有名なバイアグラのジェネリック医薬品について紹介します。
有効成分はシルデナフィルでバイアグラと同等の効果を持ちながらも、価格が抑えられているのが特徴です。
また、錠剤に限らずゼリータイプやチュアブル錠など、服用しやすくなっている商品も存在するため、以前からバイアグラを服用している方からも人気を集めています。

バイアグラジェネリックの商品一覧

バイアグラとは

バイアグラは1998年、発売当時に夢の薬とまで言われた男性のED(勃起不全)を改善する世界初のED治療薬です。
翌年の1999年には日本で認可され、現在もEDで悩む多くの男性から根強い人気を誇っています。
バイアグラには有効成分シルデナフィルが含まれており、アメリカの製薬会社ファイザーが開発しました。
元々は狭心症を治療する目的として開発されたバイアグラですが、臨床試験の後、医薬品を回収を促したところ拒む人が多く、理由を尋ねたところ勃起薬としての効果を実感できたという方が多くいたことが開発に至った理由です。
その後、当初の目的とは違った方向で成分の研究を進めた結果、世界初ED治療薬バイアグラとして誕生しました。
数あるED治療薬の中でも勃起力や硬さに強い効果があり、いまだにEDに悩む男性から圧倒的な支持を集めています。

バイアグラは精力剤ではない

バイアグラは媚薬や精力剤ではありません。
服用するだけで性欲が向上したり、興奮が増加するものではなく、視覚的、外部的の性的刺激があって初めて勃起状態になります。
血管に対して作用し、勃起を促したり、勃起を維持する効果があります。
その中でバイアグラを服用して性欲が増したという服用者の声も多くありますが、これはバイアグラを服用したという意識で性欲が増したように感じるプラシーボ(プラセボ)効果であると考えられます。

その他のED治療薬との違い

バイアグラは世界で最初に誕生したED治療薬です。
2番目に誕生したのがレビトラ、3番目に登場したのがシアリスです。
それぞれ特徴がありますが、違いの一つに効果の強さがあります。
勃起の度合いで一番強いのがバイアグラと言われています。
もちろん副作用が強く現れる場合もありますが、バイアグラが今だに根強い人気があるのは、この効果の強さがあるためです。
効果の持続時間や、効果の現れる速さ、食事との関係など後続のレビトラやシアリスとの違いがありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

バイアグラジェネリックとは

バイアグラジェネリックとは、バイアグラに比べてコストを抑えながらも同等の効果を得ることができるお薬で、安全性が保証された商品です。
先発薬のバイアグラを医療機関から処方してもらう場合、受診料や初診料などの費用はもちろん、お薬代金に関しても保険適用外となり思いのほか高くなるケースが多いです。
ところがバイアグラジェネリックは、バイアグラと同等の効果をもつお薬でありながら、バイアグラの5分の1程度の価格で購入できるので、コストを抑えて定期的に服用したいという方にお薦めです。

ジェネリック(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。
バイアグラのジェネリック医薬品であれば、錠剤の他にゼリー状、フィルム状、チュアブル状などがあり、錠剤が苦手な人でも服用しやすくなっています。

バイアグラとの違いは?

ジェネリック医薬品と先発薬のバイアグラでは有効成分や効果は同等のものとなります。
バイアグラに関してはアメリカのファイザー製薬会社が開発されたのは有名な話ですが、バイアグラをはじめED治療薬のジェネリック医薬品についてはそのほとんどがインドで開発されています。
先発薬であるバイアグラと、そのジェネリック医薬品の大きな違いといえば価格、小さな違いで言えば錠剤の形状などがあげられます。
先発薬を開発するには巨額の資金と時間が必要となり、製薬会社により異なりますが、その金額は数10億円~数100億円、期間は9年~17年も要すると言われます。 しかも、新薬開発の成功率は4000分の1~30000分の1程度とされています。
一方、ジェネリック医薬品においては、3年~4年と先発薬と比較して、大幅に短くなっています。
これは、有効性や安全性がすでに先発薬で確認されてる成分を用いて開発することが理由であり、期間が短い即ち費用も軽減することができます。
巨額の開発資金や長い期間をかけずに開発されたジェネリック医薬品は、当然先発薬に比べて価格を下げることはできますし、短い時間で開発できるため、形状を変えるなど先発薬の欠点を補って開発される場合も決して少なくありません。

バイアグラジェネリックがオススメな人

先発薬のバイアグラを購入する場合、1錠あたり1300円から1500円と決して安くはありません。
ED(勃起不全)の治療については自由診療となりますので、診察料だけでなく購入するお薬においても自己負担となります。
1錠1500円ですので、1カ月に10錠服用するとしたら1か月15000円の出費となり、人によっては生活を圧迫してしまいます。
そういった服用する意思はあるのにも拘らず、費用などの面で服用することを断念している方にはバイアグラジェネリックはとてもお薦めです。
国内のバイアグラジェネリックであれば、1錠あたり780円から1000円、海外のバイアグラジェネリックであれば、1錠あたり300円から購入することができるため、先発薬と比べると最も安いもので5分の1程度の価格で購入することができます。
また、ジェネリック医薬品の場合は、フィルム状やゼリー状など錠剤以外の形状が存在するため、錠剤が苦手という方でも気にすることなく服用できます。
形状の違いによって効果に違いはありませんが、ゼリー状のほうが錠剤よりも溶けるのが早いため、効果が早く現れる可能性があります。
現状、バイアグラの効果は満足しているが、価格の面で検している方、錠剤の服用が苦手でバイアグラを服用したいけどできない、そんな人にバイアグラのジェネリックはとてもお薦めです。

有効成分シルデナフィルとは

バイアグラに含まれる有効成分シルデナフィルはED(勃起不全)を一時的に改善する効果があります。
EDとは、満足に性行為を行えない状態をいい、性行為の途中で陰茎が萎えてしまい性行為を中断する場合も軽度とはいえEDに該当します。
EDの原因としてPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の働きがあげられます。
PDE-5は勃起現象を起こすために必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまい、直接的にそれが勃起現象を妨げる原因となってしまいます。
シルデナフィルはそのPDE-5の酵素活性を阻害し、これが陰茎周辺や陰茎内部のNO作動性神経に作用します。
作用した結果、血管を拡張させ、陰茎に流れ込む血液量を増やして勃起現象を起きやすくしてくれます。

バイアグラジェネリックも有効成分は同じ

バイアグラとバイアグラジェネリックは製薬会社などの違い、製造工程の違いはあるものの、有効成分に変わりはありません。
有効成分や効果について、先発薬とジェネリック医薬品とでは異なってはいけないという決まりがあります。
成分、有効性、安全性、用法用量を先発薬から変更してはいけないという前提があってジェネリック医薬品は製造されています。
錠剤の形や大きさ、味、匂いなどは変更しても問題ありません。
また先発薬についている名前をジェネリック医薬品につけることはできないため、ジェネリック医薬品にはバイアグラとは掲載できないことが義務付けられています。

バイアグラジェネリックの種類

バイアグラジェネリックには様々な種類があります。
一般的な錠剤タイプから口の中で溶けやすいOD錠、チュアブル錠、ゼリータイプ状など、様々な種類があります。
バイアグラは25mg、50mg、100mgと種類ありますが初めて服用する方は25mgから服用を始めることが推奨されています。
ただし、海外製のジェネリック医薬品においては100mgしかないものが多く、分割して25mgや50mgとして服用することをお薦め致します。

日本国内のバイアグラジェネリック

※バイアグラジェネリックは自由診療のため、クリニックによって値段が自由に設定されています。

・シルデナフィル錠50mgVI テバ
武田テバファーマ株式会社のバイアグラジェネリックで丸型でピンク色の錠剤で成分量で錠剤の大きさが異なるのが特徴です。
25mg、50mgと2種類あり体質に合わせて成分量の選択ができます。
錠剤の色や形が先発薬のバイアグラとは異なります。

・シルデナフィル50mgVI キッセイ
キッセイ薬品工業株式会社のバイアグラジェネリックで丸型で水色の錠剤で成分量で錠剤の大きさが異なるのが特徴です。
25mg、50mgの2種類あり体質に合わせて成分量の選択ができます。
錠剤の色はほぼ同じですが、形が先発薬のバイアグラとは異なります。

・シルデナフィルOD錠50mgVI トーワ
東和薬品株式会社のバイアグラジェネリックで丸型で白い錠剤が特徴です。
成分量においては50mgのみですが、レモン風味とコーヒー風味があります。
錠剤もOD錠となっており、水なしでも口の中で簡単に溶けるという特徴があります。
水を必要とせず、吸収も早いので効果が現れるまでの時間が錠剤タイプよりも早いです。

・シルデナフィル50mgVI あすか
あすか製薬株式会社が製造、武田薬品株式会社が販売しているバイアグラジェネリックで楕円形の青い錠剤が特徴です。
成分量は50mgのみですが、割線が入っているためピルカッターなどを用いて容易に割ることができ、25mgとして服用することも可能です。
錠剤の色はほぼ同じですが、形が先発薬のバイアグラとは異なります。

日本国外のバイアグラジェネリック

・バイスマ
バイスマはバイアグラのジェネリック医薬品でも比較的新しく、丸型で水色の錠剤が特徴です。
インドのスマート社が製造していますが、開発時に日本人スタッフを加えるなど、日本人が服用しやすいように開発された経緯があります。
50mg、100mgと2種類あり、100mgはカットして服用することをお薦めします。
錠剤に割線が入っているのでカットしやすく、またシートも切り取りやすく利便性に優れているのでバイアグラジェネリックの中で最もお薦めです。
価格は4錠1700円~が相場になります。

・カマグラ
カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品でも非常に知名度が高く、錠剤タイプ以外にもゼリータイプや水に溶かして飲むタイプが存在しているのが特徴です。
錠剤タイプは50mg、100mgと2種類あり100mgはカットして服用することをお薦めします。
価格はタイプや内容量によって様々ですが1200~2500円ほどが相場になります。

・ぺネグラ
ペネグラはザイダスカディラ社が開発したバイアグラジェネリックで、楕円形で薄ピンクの錠剤が特徴です。
25mg、50mg、100mgと3種類あり100mgはカットして服用することをお薦めします。
価格は4錠1710円~が相場になります。

・カベルタ
カベルタはランバクシー社が開発したバイアグラジェネリックでピンク色で三角形の錠剤が特徴です。
50mg、100mgと2種類あり100mgはカットして服用することをお薦めします。
価格は8錠2700円~が相場になります。

・シラグラ
シラグラはシプラ社が開発したバイアグラジェネリックで薄い紫色で楕円形の錠剤が特徴です。
50mg、100mgと2種類あり100mgはカットして服用することをお薦めします。
価格は4錠2000円~が相場になります。

・ゼネグラ
ゼネグラはアルケムラボラトリーズ写が開発したバイアグラジェネリックでひし形の青い錠剤が特徴です。
100mgのみ購入が可能ですので、初めての方はピルカッターなどで半分にして50mgとして服用することをお薦めします。
価格は8錠3150円~が相場です。

・センフォース
センフォースはセンチュリアン社が開発したバイアグラジェネリックで菱形の青い錠剤が特徴です。
50mg、100mgと2種類あり100mgはカットして服用することをお薦めします。
価格は10錠2000円~が相場になります。

・ピーフォースフォート
ピーフォースフォートはサンライズレメディーズ社が開発したED治療薬で、ひし形の青い錠剤が特徴です。
150mgのみ購入が可能ですが、小柄な体系の人には成分量が多く副作用が強く出てしまう可能性があるので、そのままの服用は避けるようにしましょう。
服用する場合はピルカッターなどでカットして服用することをお薦めします。
価格は10錠2500円~が相場になります。

バイアグラジェネリックを通販で購入するメリット

バイアグラのジェネリック医薬品には国内外合わせて多くの種類があります。
国内のバイアグラジェネリックは処方してもらうにあたり、病院に行く診察を受けるなどして処方してもらわなければ購入ができません。
さらに、医療機関で処方してもらう場合は自由診療となるため、保険適用外となるので費用はすべて自己負担です。
海外のバイアグラジェネリック医薬品を通販で購入する場合には、価格を抑えて購入できるだけでなく、海外の様々なタイプのバイアグラジェネリックを購入することができます。
例えば、錠剤が苦手な人でも服用しやすい、ゼリー状のバイアグラジェネリックやチュアブル錠、フィルム状のものまで購入することができます。
また、含まれるシルデナフィルの成分量に関しても国内では50mgまでが承認されていますが、通販では最大150mgのバイアグラジェネリックまで購入することができます。
ピルカッターなどを使用して半分にすることで、100mgを50mgとして服用したり、150mgを75mgとして服用することができ経済的です。
バイアグラジェネリックを通販で購入することは、価格を抑えつつ利便性にも優れている点で十分なメリットと言えます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

クリニックや病院などで、ED治療薬を処方してもらう一番のメリットとしては専門知識を持った医師から薬の詳細を聞けるということです。
服用するタイミングや副作用による正しい知識や、併用禁止薬に関しても詳しく教えてもらえることで、安心して服用することができます。
医療機関で処方されるED治療薬は厚生労働省により認可を受けた薬を取り扱っており、偽物の医薬品を処方されることはありません。
また、行ってその場で購入することができるので、その日のうちに服用することも可能です。
そのほかにも、アレルギーや病歴、生活習などを踏まえた上で各患者に合った薬や成分量を処方し、適切な治療方法を選ぶとともに、万が一処方された薬で十分に効果が現れなかった場合に、異なった治療方法も提案してくれます。
バイアグラを医療機関で処方してもらうためには薬品代だけで1錠1500円ほどが相場になります。
通販サイトと比較して、医療機関で医薬品を購入するにはどうしても時間と費用がかかってしまいますが、安心して処方してもらえるということが最大のメリットです。

通販サイトを利用した場合

通販で医薬品を購入するメリットは、
・ネット購入のためプライバシーが守られること
・国内で認可のない薬でも薬事法に則り安価なジェネリック医薬品が購入できること
・処方箋不要で自宅に届くため手間がかからないこと
などがあげられます。

バイアグラとジェネリックの価格

バイアグラの処方は自由診療になるので医療機関によって価格に違いがあります。
相場として25mgで1000~1300円、50mgで1500円程度です。
ジェネリックを選択することで1錠400円と、約4分の1の価格で購入することができます。

通販でしか購入できないバイアグラジェネリック

・バイスマ 1錠 425円 バイアグラと比較して775円お得
・シルビトラ 1錠 315円 バイアグラと比較して885円お得
・カマグラゴールド 1錠 368円 バイアグラと比較して832円お得
・ゼネグラ 1錠 334円 バイアグラと比較して866円お得

効果が得られない場合がある

バイアグラを服用するにあたり注意点があります。
有効成分シルデナフィルが吸収される時に食事やアルコールの影響を受けるためです。
服用しても効果が十分に得られない場合があるため注意が必要です。

食事や服用のタイミング

空腹時の服用が推奨されています。
バイアグラの服用前に食事を取ってしまうと、腸で吸収されるはずのシルデナフィルが胃の中で吸収されてしまい、効果が薄れてしまうからです。
特に脂分の多い食事は消化に時間がかかるため、食後2時間以上の間隔を空けてから服用する必要があります。

アルコールの問題など

バイアグラとアルコールの併用は医学的に問題はないとされていますが、多量の飲酒は控えた方が賢明です。
適量のアルコールであればリラックス効果があるので良しとされています。
しかし、バイアグラの効果により血管が拡張され、血液の流れが良くなっている状態だと一気にアルコールが身体に回り、急性アルコール中毒などを誘発する可能性があります。

バイアグラジェネリックの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはバイアグラのジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・めまい
・動悸
・鼻詰まり
・目の充血
・顔のほてり
・消化不良
・頭痛
これらの副作用はバイアグラの服用で比較的多く報告されています。
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、直ちに医療機関で診察を受けてください。

重篤な副作用

バイアグラには、ごく稀に引き起こされる重篤な副作用が存在します。
・勃起持続症(プリアピズム)
4時間以上継続して勃起状態が続いてしまう症状です。
6時間以上勃起が継続するとペニスに障害が残る恐れがあります。

・非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)
視神経細胞に異常が生じ、虚血性視神経症を引き起こす恐れがあります。
異常を感じた際には直ちに医療機関で診察を受けてください。

軽い副作用は効果のあらわれ?

バイアグラを服用して、一般的に多く報告されている副作用である、ほてり、動悸、鼻詰まりなどは、血管が拡張し、血流が促されるために生じる副作用です。
これらの副作用は成分が体内に吸収されてバイアグラの効果が発現すると生じ始めます。
成分の用量、服用する際の体の状態によっては効果の出方が弱まったり、作用するまでに時間がかかったりする場合があります。
副作用が確認されることで、薬が効いてきているという合図と捉えることができ、性行為を行うための目安とすることができます。
これらの副作用は命に関わるものでなく、血液循環が良くなることで引き起こされる一時的なものであるため心配はいりません。
しかし、症状が重い場合や長引く場合には直ちに医療機関で診察を受けてください。

バイアグラジェネリックの服用方法

バイアグラの基本的な服用方法は、性行為の1時間前、空腹時に成分量25~50mgを服用することが推奨されています。
1回で服用できる上限は50mgまでで、次に服用するまでには24時間以上の間隔を空ける必要があります。
海外での臨床試験では50mgより多い量を服用しても得られる効果は同じで、副作用の発生率のみが上昇したとの報告があります。
小柄な日本人にとっては50mg程度がちょうど良いということであり、日本人でも大柄な体型の男性は50mgでも効果を得られない可能性もあります。
効果をより得るために、成分量を増加することは危険であるだけでなく意味がありません。
初めてバイアグラを服用する方は25mgから服用し、効果を感じづらい場合は成分量を増やし、ご自身にあった適切な量を理解することが大切です。
用量や服用方法を守らなければ確かな効果を得られないばかりか、重篤な副作用が生じる恐れもあるので十分注意が必要です。
さらにバイアグラの効果を最大限に安全に引き出すためには、正しい服用方法と気を付けるべきことを把握する必要があります。

食事との関係

バイアグラは効果を得るにあたって、食事の影響を受けてしまうという特徴があります。
空腹時での服用が推奨されており、胃に食べた物が残っていると、成分の吸収に時間がかかってしまい、効果発現時間が遅くなるだけでなく、効果が弱まる可能性もあります。
有効成分のシルデナフィルは腸で吸収されますが、食事のあとすぐに服用すると成分が胃から吸収されてしまうからです。
効果的にバイアグラを服用するためには空腹時での服用をお薦めします。
食事後では2時間が経過してから服用してください。
バイアグラを服用し、1時間程度が経過すれば成分が吸収されているため、食事を取っても問題はありません。
そのため、食事から性行為までの時間が短い場合には、食事の前に服用し、1時間経過してから食事を取ってください。
食事を取る際も、脂肪分の多い料理を口にしてしまうと消化に時間がかかり、成分の吸収が遅れる場合があります。
なるべく脂肪分のすくない食事を選択しましょう。

アルコールとの関係

バイアグラを服用する際にアルコールを摂取することに問題はありません。
一般的に医薬品とアルコールを同時に摂取してしまうと薬の効果に影響が出てしまうといったことが多いのですが、バイアグラとの併用においては効果に強弱がついたり、副作用がより生じやすくなるといったことはありません。
有効成分シルデナフィルはアルコールとの併用で相互作用がない成分であるため、少量のアルコール摂取は問題ありません。
しかし、多量のアルコール摂取は控えた方が賢明です。
バイアグラによって血管が拡張され血液が促進された状態の場合、アルコールが一気に身体の中に回るため、最悪の場合急性アルコール中毒を引き起こす可能性もあります。
そのため、シルデナフィルを服用している状態でのアルコール摂取は自身の中で適量をしっかり見定めて飲むようにしましょう。

グレープフルーツとの関係

グレープフルーツをはじめとした一部の柑橘類には、フラノクマリンという成分が含まれており、体内にある代謝酵素の働きを阻害します。
フラノクマリンの働きによって、薬の成分の分解が遅くなり、過剰に体内に吸収されてしまうといった現象が引き起こります。
バイアグラなどのED治療薬も同様で、服用の際にグレープフルーツを一緒に口にしてしまうと、効果や副作用が強まる恐れがあります。
けしてグレープフルーツと一緒にバイアグラを服用することが禁忌だとはされていませんが、思わぬ副作用や効果の増強を避けるために、併用は避けることが無難です。
クレープフルーツジュースにもフラノクマリンが含まれているため、注意してください。
レモン、ミカン、オレンジ、ゆずなどの一般的に多く食される柑橘類にはフラノクマリンは含まれておりませんが、八朔、甘夏、ライム、ざくろなどにはフラノクマリンが含まれています。

バイアグラジェネリックの併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はバイアグラと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
バイアグラを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はバイアグラと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

・硝酸剤、一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
バイアグラとの併用によって、降圧作用が強まり、血圧を急激に減少させる恐れがあるため注意が必要です。
一酸化窒素を供給するこれらの薬は勃起が起こるために重要な物質であるcGMPという物質の生成を促します。
そしてバイアグラの有効成分シルデナフィルはcGMPの分解を抑えるため、硝酸剤や一酸化窒素供与剤と併用することで降圧作用が急激に強まります。

・塩酸アミオダロン製剤
バイアグラとの併用によってQT延長症候群という、発作や失神、場合によっては突然死を引き起こす恐れがあり、注意が必要です。

・sGC刺激剤、リオシグアト
バイアグラとの併用によって症候性低血圧を引き起こす恐れがあり注意が必要です。
これらの薬は、cGMPの濃度を急激に上昇させ、血圧を低下させます。
バイアグラの有効成分シルデナフィルの作用と合わせてcGMPの細胞内濃度が急激に増大することで、全身の血圧に影響を及ぼす恐れがあります。

併用注意薬

・チトクロームP450 3A4阻害薬
バイアグラとの併用によって血中濃度の上昇や、AUCといいどの程度の薬の濃度が継続的に体内で作用しているかという数値の増加が生じる恐れがあります。
バイアグラの効果が強まってしまったり、副作用が強く生じる可能性があります。

・チトクロームP450 3A4誘導薬
バイアグラとの併用によって血中濃度の減少が生じ効果が得られない可能性があります。

・降圧剤
バイアグラとの併用によって降圧作用が強まったとの報告があります。

・α遮断剤
バイアグラとの併用によってめまいなどを生じる低血圧状態を引き起こす可能性があります。

・カルペリチド
バイアグラとの併用によって降圧作用が強まる可能性があります。

バイアグラを服用してはいけない方

・バイアグラの有効成分シルデナフィルに対してアレルギー症状の既往歴のある方
・心血管系障害があり、性行為を行うことが不適当である方
・重度の肝臓機能障害のある方
・低血圧の方
・脳梗塞、脳出血や心筋梗塞に6カ月以内に病歴がある方
・網膜色素変性症の方

バイアグラの豆知識

バイアグラの有効期限は約4年であると言われています。
保存する場合は、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
また、シートから取り出して保存する場合には約1年、錠剤を分割した場合は約1~2週間間程度だと言われています。

バイアグラの開発史

バイアグラは1990年代前半にアメリカで開発されました。
世界初のED治療薬であるバイアグラはもともとはED治療薬として開発されたわけではありません。
主成分であるシルデナフィルは、狭心症の治療薬として開発が進められていましたが、狭心症への効果は思わしくなく試験は中止となりました。
ですが、狭心症への臨床試験の間、被験者から男性器の勃起に効果があったとの声があり、調査を行ったところ、男性器の勃起を促す効果が認められました。
バイアグラの名前の由来はViagraは生き生きとしたと、NIAGARAナイアガラの滝の2つの単語を合わせてできた名前で、「男性の精力がナイアガラの滝のように溢れ出るほど満たされる」といった意味が込められています。

バイアグラにある変わった効果

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、肺動脈性肺高血圧症の治療にも用いられています。
肺動脈性肺高血圧症とは、肺に血液を送るための肺動脈が細くなることで起こる高血圧症です。
肺動脈の収縮にはEDでの男性器の血管収縮と同じくPDE-5が関係しています。
PDE-5を阻害することにより肺動脈が正常に収縮します。
そのため、肺動脈性肺高血圧症の治療に用いられているレバチオにもバイアグラの主成分であるシルデナフィルが含有されています。
シルデナフィルには血管を拡張する作用があるため、他にもレイノー症候群と言われる冷感刺激によって血管が収縮する疾患や、肝臓移植時の血流改善に効果があるなどの報告があります。
また、バイアグラを服用することにより血管年齢が若くなる可能性もありアンチエイジングにも期待ができます。

バイアグラは女性にも効果がある?

バイアグラを女性が服用すると血行の促進により顔、身体のほてりは現れます。
血流がよくなることで、女性器周辺が敏感にあり、性的刺激が受けやすい状態となり感度が上がるといった効果も考えられますが、医学的に証明はされていません。
ですが、シルデナフィルには、分泌液の欠如や性感刺激ホルモンの低下などを阻害するPDE-5を抑える働きがあります。
PDE-5 は性感度に関して重要なcGMPを分解してしまいます。
cGMPが分解されている状態では性感度が低くなり、性的刺激も受けにくくなります。
女性がシルデナフィルを服用することにより、PDE-5を阻害し、普段よりオーガズムに達しやすくなると言われています。

バイアグラの偽物に注意

バイアグラは世界で初めてのED治療薬として販売され、世界でトップシェアを誇る人気の治療薬です。
現在、日本国内においてバイアグラは、処方箋薬として販売されておりますが、海外の通販サイトなどでも購入することができます。
しかし、日本国内での一般用医薬品の販売が行われていないバイアグラは、とても人気の高い治療薬だけに海外の通販サイトなどでは偽物が多く販売されている場合があります。
海外の通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、鑑定書があるのかな発送国の記入がされているかどといった点を確認し、正規品を購入するようにしてください。

信用できるサイト選びのコツ

偽物の商品を購入しないためにも、信用できるサイトを選び、購入することが大切です。
信用できるサイト選びのコツとしては、そのサイトはいつから運営されていて、どのくらい長く運営されているのか、電話対応などのサポートがあるのか、商品の画像があるのか、鑑定書などが記載されているか、発送国や商品の製造元がはっきりしているかなどといったコツがあります。
これらのコツを踏まえて確認しておくことで信用できるサイトかどうか判断する材料になります。

バイアグラジェネリックに関するよくある質問

Q.バイアグラ・バイアグラジェネリックの通販は違法?
A.違法ではありません。個人で医薬品を服用するために通販を用いて輸入をすることは認められています。
ただし、個人輸入で購入した医薬品を転売したり、譲渡する場合は違法となります。

Q.バイアグラを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.病院で処方してもらう以外では、医薬品の個人輸入代行サイトで通販することによって購入することができます。

Q.バイアグラを服用すると性欲が高まったり気分が高揚してくるの?
A.バイアグラは媚薬ではないため、性欲が増進することはありません。
性的な刺激を受けて初めて勃起状態が促され、維持されます。

Q.バイアグラのジェネリック医薬品で成分量の多いものはどうやって服用するの?
A.1回で服用できるバイアグラの用量は50mgまでとなっています。
それ以上の成分量を含む錠剤は、錠剤を割って飲むことで成分量の調整ができるだけでなく、コストも半分にすることができます。
錠剤を割るのに便利なピルカッターという商品がございます。

Q.バイアグラは早漏にも効果があるの?
A.EDの症状と共に早漏も併発しやすく、バイアグラを服用して早漏が改善したという方もおおくいます。
しかし、バイアグラの効果自体には早漏を改善する効果はありません。

関連ページ

参考サイト
シルデナフィル - Wikipedia

医療用医薬品 : バイアグラ