上へ
戻る

カテゴリ

プロペシアジェネリック

AGA治療薬の中でも特に有名なプロペシアのジェネリック医薬品について紹介します。
プロペシアのジェネリックはプロペシアと同じ有効成分のフィナステリドが含まれているため、販売価格が抑えられている上に効果もあるとても魅力的な製品です。
ミノキシジルと併用し効果を高めている人も多いです。

プロペシアジェネリックの商品一覧

プロペシアとは

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる経口タイプの医薬品です。
もともとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として使用されていましたが、使用時の副作用として脱毛症が改善するということが判明し、AGAの治療薬として改良され、販売されるようになりました。
プロペシアに含まれるフィナステリドという成分には、AGAの原因である男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が体内で生成されるのを防ぐ効果があります。
この効果によってAGAの症状が進行するのを食い止め、髪が正常に成長する環境を作り出します。
プロペシアは体内の多くの男性ホルモンに存在しており、代謝機能などにも問題がない20~40代の男性の使用に効果があります。
20~40代でAGAにお悩みの方にお薦めの医薬品です。

プロペシアジェネリックとは

プロペシアジェネリックとは、プロペシアと同じ有効成分を配合した医薬品です。
そのため、名称や錠剤の色、形は異なりますが、効果は同じです。
また、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発薬に比べて格段に費用が抑えています。
プロペシアを病院のAGA外来などの医療機関で処方してもらう場合、薬代だけでなく、診察代をはじめ多くの費用が必要です。
そもそもプロペシア自体、研究開発に時間をかけた先発薬(新薬)であるため、その料金は高額なものとなります。
またAGA治療は基本的に保険が効かない自由診療のため、金銭的負担はさらに大きなものになります。
プロペシアジェネリックを使用することで、治療の費用を抑えることができます。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。

プロペシアとの違い

先発薬であるプロペシアとプロペシアジェネリックの違いは薬錠の大きさや色、形といった外見的な要素、そして価格にあります。
プロペシアジェネリックは、先発薬であるプロペシアをもとに製造されています。
有効成分は、同じくDHTの生成を抑える働きがあるフィナステリドです。
したがって、プロペシアジェネリックとプロペシアの使用効果に違いはありません。
一方、ジェネリックの製造にあたっては有効成分以外の部分、薬効に影響を及ぼさない部分の変更が認められています。
そのこともあり、プロペシアジェネリックを製造する製薬会社の中にはプロペシアの薬錠をより嚥下しやすい形状に形を変える、色や味をつけるなどの工夫を凝らしているところがあります。
同等の効果を持ちながら、より服用しやすい製品を見つけられるというのが、プロペシアジェネリックならではの特徴です。
また、上述のように、プロペシアジェネリックはすでに製造されているプロペシアの有効成分フィナステリドを使用しているというのもポイントです。
そのため、研究開発にかかるコストが低く、販売価格が非常に低価格に抑えられています。

ジェネリックがオススメな人

プロペシアを処方する病院のAGA外来では、病院によって異なりますが1ヶ月につきプロペシアの料金が6,000円~10,000円というのが相場です。
診察・検査の料金も合わせて10,000円以上の出費が必要になるところも少なくありません。
一方、プロペシアと同じくフィナステリドを有効成分として含有するジェネリック医薬品なら、薬代が同じ1ヶ月分で3,000円~4,000円と安く抑えることが可能です。
海外製のプロペシアジェネリックなら通販を活用して処方箋なしで購入できるので、診察代が負担になることもありません。
もちろん人それぞれ考え方はさまざまですが、やはりできることならお金をかけずに治したいというのが正直なところだと思います。
プロペシアジェネリックならまさにその通りに治療を進めていくことができます。
また、ジヒドロテストステロンの生成を抑え、AGAの症状が進行するのを止めるフィナステリドは、代謝が活発な20~40代での服用が最も効果的と言われています。
40代以降となると、完治までに時間がかかる可能性があり、薬代はさらに高くなり、経済的な負担が増します。
そのような方も、1ヶ月分の料金が安いプロペシアジェネリックならより金銭的な心配をすることなく治療を進めることができます。
以上のようなことを考え合わせてみると、プロペシアジェネリックが特にお薦めなのはあまりお金をかけずに治したいという方や、AGAの進行がある程度進んでしまい、完治までには長い時間がかかりそうな中年~高齢の方であると言えます。

有効成分フィナステリドとは

プロペシアやそのジェネリック医薬品の有効成分であるフィナステリドには、5α-リダクターゼの活動を阻害する働きがあります。
これによってDHTの生成を抑えることで、AGAの進行を食い止めるというのがフィナステリドのメカニズムです。
AGAは、DHTと呼ばれる男性ホルモンの変異体が髪の成長サイクルを短縮してしまうことによって起こる男性型脱毛症です。
本来であれば長く成長するはずの髪が短い状態で抜け落ち、一定以上成長しない状態になってしまい、やがて髪の生成自体が抑えられてしまいます。
AGAの直接原因であるDHTは、男性ホルモンのテストステロンと5α-リダクターゼと呼ばれる還元酵素が結合することによって生成されます。

プロペシアジェネリックも有効成分は同じ

現在、国内外のさまざまな製薬会社が製造しているプロペシアジェネリックには有効成分としてフィナステリドが含有されています。 この成分は、もともとプロペシアの有効成分として開発されたものです。 アメリカに本社があるMSD社によって開発されたフィナステリドは、その後、特許が切れたために日本を含む世界各国の製薬会社によってジェネリック医薬品の有効成分として活用されることになりました。 名称や形状はさまざまですが、いずれのジェネリック医薬品もプロペシアと同じくフィナステリドを含み、また同じくAGAの直接原因となるDHTの生成を抑え、AGAの進行を止める効果があります。

プロペシアジェネリックの種類

プロペシアは錠剤タイプの内服薬ですが、そのジェネリック医薬品の中には、ローションタイプの外用薬もあります
プロペシアと同じくフィナステリドを含有しているほか、育毛効果のあるミノキシジルを配合している製品もあります。
ミノキシジルは頭皮の血行を良くすることで毛根により多くの栄養を送り届け、髪の成長を促すとされている成分です。
フィナステリドによってAGAの進行を止めて正常なヘアサイクルを取り戻し、さらにミノキシジルによって育毛効果をもたらすことができる、そのような医薬品であると言えます。

日本国内のプロペシアジェネリック

沢井製薬社が製造するジェネリック医薬品です。
プロペシアと同じような薬錠の形と色であるため、先発薬からの乗り換えが行いやすいという特徴があります。
1ヶ月分は3,000円~4,500円が相場です。

・トーワ
東和薬品社が製造するジェネリック医薬品です。
先発薬とは違い糖衣でコーティングされているため、より服用しやすいという特徴があります。
1ヶ月分は4,000円~5,000円が相場です。

・クラシエ
クラシエは大興製薬社が製造するジェネリック医薬品です。
1ヶ月分は3,700円前後が相場です。

・FCI
富士学工業社が製造するジェネリック医薬品で、2018年3月に販売がスタートしました。
1ヶ月分は5,000円前後が相場です。

・SN
シオノケミカル社が製造したジェネリック医薬品です。
1ヶ月分を4,000円前後が相場です。

海外のプロペシアジェネリック

・フィンカー
インドのシプラ社が製造するジェネリック医薬品です。
白色で丸形の錠剤が特徴で、プロペシアよりも成分量の多い薬になっています。
通販では30錠入り2,400円~3,000円が相場です。

・フィンペシア
フィンカーと同じシプラ社が製造するジェネリック医薬品です。
白色で丸形の錠剤が特徴で、プロペシアのジェネリックの中でも人気の高い薬です。
通販では30錠入り2,000円~3,000円が相場です。

・エフペシア
フィンペシアと同じシプラ社が製造するのジェネリック医薬品です。
通販では100錠入りで3,000円前後が相場です。

・フィナロイド
フィリピンのロイドラボラトリーズ社が製造するジェネリック医薬品です。
プロペシアと錠剤の色や形状が似ていることから、移行しやすい薬となっています。
通販では100錠入り3,000円~5,000円が相場です。

・フィナロ
インドのインタスファーマ社が製造するジェネリック医薬品です。
白色で丸形の錠剤が特徴で、コーティング剤にキノリンイエローが使用されていない薬です。
通販では100錠入り3,000円~5,000円が相場です。

プロペシアジェネリックを通販で購入するメリット

プロペシアやそのジェネリック医薬品は現在、日本国内の病院で処方してもらうことができます。
日本製のジェネリック医薬品もあり、前よりも安い価格で処方してもらうことが可能です。
とはいえ、世界に目を向けてみると、日本製のジェネリック医薬品よりもさらに安く購入できるジェネリック医薬品が数多く流通していることがわかります。
インドなどの国々で製造されているそれらのジェネリック医薬品は、物によっては1ヶ月分を国内で購入するより1,000円以上も安く購入することができます。
しかし、これらの海外製ジェネリックは日本の病院では処方してもらうことができません。
日本は海外で製造された医薬品に承認を与えるための審査が厳しく、海外では一般的に流通してる医薬品がなかなか薬局に並ばないということがあります。
しかし、通販ならそのような医薬品も手軽に購入することができます。
海外製の医薬品を通販で購入する個人輸入にあたっては処方箋が必要ないというのがポイントです。
わざわざ病院へ足を運んで診察を受け、処方箋を書いてもらう必要がなく、診察代を支払う必要もありません。
薬の代金と配送料のみで入手することができます。

通販

プロペシアジェネリックは、海外製の医薬品を扱う通販サイトで購入できます。
ネットショッピングのような感覚で購入できるので便利です。
海外からのお取り寄せになるため日数はかかるものの、費用は病院で処方してもらうよりもはるかに安く購入することができます。
半額未満の価格で購入できる製品も少なくありません。

プロペシアとジェネリックの価格

1錠あたり安くて30円~40円程度で購入できるプロペシアのジェネリック医薬品、その多くは海外の製薬会社によって製造されたものです。
プロペシアと同じフィナステリドを有効成分として含有しているAGA治療に効果的な医薬品ではありますが、日本国内では厚生労働省の認可を受けていないので流通しておらず、クリニックで処方されることはありません。
通販サイトを活用すれば、そのようなジェネリック医薬品も気軽に購入することが可能です。

通販でしか購入できないプロペシアジェネリック

医薬品において、先発薬であれば鑑定書というものが存在します。
これは第三機関が成分等を調べ、間違いなくその薬であるという証明になるので、本物である可能性が高く、サイトの信憑性が高いかどうかの基準にもなります。
ジェネリック医薬品の場合、鑑定書を提示することは多くはありませんが、それでも求める人が多い医薬品については鑑定書が用意される傾向にあります。
自分の求めている医薬品に鑑定書があるのが一番良いですが、ない場合は他の商品で鑑定書があるかないか確認することで、信用できるサイトかどうかの判断材料になります。

服用方法

1日1回1錠を水かぬるま湯で服用することがプロペシアジェネリックの基本的な服用方法です。
服用量は必要によって増減させることができますが、基本は1日にフィナステリド0.2mg、摂取量上限はフィナステリド1mgまでとなります。
ジェネリック医薬品の中には1錠あたりのフィナステリド含有量が1mg以上のものもありますが、この場合はピルカッターを利用して薬錠をカットし、調節をしたうえで服用してください。
効果をより得るために、成分量を増加することは危険であるだけでなく意味がありません。
むしろ副作用の発生率が高まる可能性があります。
飲み物によっては薬の効き目に影響を与えることがあるので要注意です。
用量や服用方法を守らなければ確かな効果を得られないばかりか、重篤な副作用が生じる恐れもあるので十分注意が必要です。
さらにプロペシアジェネリックの効果を最大限に安全に引き出すためには、正しい服用方法と気を付けるべきことを把握する必要があります。

服用する時間は?飲み忘れたら?

プロペシアジェネリックは、1日1錠の服用が基本です。
体内のフィナステリド濃度を常に一定に保ったままにしておくことによって、よりスムーズに、そして健康的にAGA治療を進めることができます。
1日服用を忘れてしまった場合も、1日1錠の原則を変える必要はありません。
飲み忘れに気づいたのがその日のうちであれば気づいたときに服用することができますが、日付が変わっている場合には飲み直す必要はありません。
薬を服用し忘れてしまった翌日には2日分まとめて飲もうとなってしまいがちですが、冒頭に書いたようにプロペシアジェネリックを服用する際はフィナステリド濃度を一定に保つ必要があります。
2日分をまとめて服用してしまうと、その分だけフィナステリド濃度が上がってしまうことになります。
その結果、薬の効果が強すぎて副作用が出てしまう可能性があります。
過剰服用はせず、1日1錠という基本的な摂取量を守って服用してください。

どのくらいの期間飲めばいい?

AGAの直接原因DHTの生成を抑えるフィナステリドを有効成分とする、プロペシアやそのジェネリック医薬品は、薬の服用を続けることで徐々にDHTによって損なわれたヘアサイクルが元に戻り、効果を実感できるようになります。
2日~3日服用したからといって劇的に髪が増えるということはありません。
早ければ3ヶ月ほどの継続服用で目に見える効果が現れたという例もありますが、一般的には6ヶ月、欠かさず服用することが必要とされています。
なかなか生えてこないと焦ってしまう方もいると思いますが、根気よく服用していくことが大切です。
6ヶ月以上経っても効果を実感できない場合は、一度医師に相談してください。

長期的に服用することで耐性ができる?

プロペシアを使用しているけれども、思ったような効果が現れない、そんなケースがあります。
考えられる原因はいくつかありますが、特に長期間プロペシアを使用している人の場合、プロペシアに対しての耐性を持ってしまったという可能性があります。
ただしあくまでも可能性の話で、プロペシアを開発したMSD社は耐性の存在を確認していません。
また、実はAGAではない脱毛症だったというケースです。
まずは病院で診察してもらうことをお薦めします。

ミノキシジルとの併用について

AGA治療をさらに効率よく進める方法として、プロペシアやプロペシアジェネリックとミノキシジルを併用する方法があります。
それぞれ成分の作用やメカニズムが違う為、併用する事ができます。
ただし相乗効果を期待できる反面、副作用もそれなりに現れる事になります。
その為、併用する際にはミノキシジルは錠剤ではなく、副作用の少ないとされる塗布する外用タイプのものを選ぶのがお薦めです。

男性ホルモンが原因でない場合など

AGAの直接原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによってDHTに変容してしまうことです。
プロペシアには、5αリダクターゼの働きを阻害してAGAの進行を止める効果があります。
しかしこの5αリダクターゼ、実は1型と2型の2種類があり、プロペシアは2型に対してのみ効果を発揮します。
1型が原因になっている場合は、別のAGA治療薬ザガーロを使用する必要があります。
その他、円型脱毛症や頭皮にフケや皮脂が大量発生し炎症を起こす、粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症があります。
その場合、AGAとは違う対処方法で治療を行わなければいけない為、専門の医師に相談するようにしてください。

プロペシアジェネリックの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはプロペシアのジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・リビドー減退(性欲、精力の低下)
・鼻づまり
・じんましん

特に多いのはリビドー減退で、ED(勃起不全)に発展する可能性があるので要注意です。
薬の量を調整したり服用を中止したりすることで対処できます。
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、直ちに医療機関で診察を受けてください。

重篤な副作用

プロペシアには、ごく稀に引き起こされる重篤な副作用が存在します。
・肝機能障害
異常なけん怠感や黄疸といった症状です。
フィナステリドは体に吸収された後、肝臓で分解・処理されて体外へと排出されますが、その際肝臓に負担がかかってしまします。

プロペシアを服用できない方

・プロペシアやフィナステリドに対してアレルギー症状の既往歴ある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方
・20歳未満の方
・女性
・肝臓機能障害のある方

プロペシアの豆知識

AGAに悩む男性の救世主というべきプロペシアですが、使用方法の他にも気になる部分があります。
保存する場合には、直射日光や高温多湿は避け室温で保存します。

プロペシアの開発史

1992年、アメリカの製薬会社MSD社は、フィナステリドを有効成分として含有する前立腺肥大症の治療薬プロスカーを国の認可を得て発売しました。
1錠につきフィナステリドを5mg含有する治療薬でしたが、より患者の負担を軽くするために発売後も含有量を減らした薬の開発が続けられることになりました。
そしてあるとき、1mg錠の実験がスタートし、AGA治療の歴史が大きく変わることになります。
研究者の誰も意図したことではありませんでしたが、被験者が薬を継続使用するうちに進行していた脱毛症が止まりました。
豊かな頭髪を取り戻し始めたのです。
こうして、MSD社はフィナステリド1mg錠の研究をAGA治療薬に切り替え、やがてプロペシアとして完成します。
AGAに悩む男性にとっての救世主がアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)によって認可されたのは、1997年のことでした。

プロペシアは女性にも効果がある?

2000年代以降、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる脱毛症が多くの人を悩ませるようになっています。
FAGAとは、男性のAGAのような症状が女性の頭髪に現れるものを言います。
このFAGAに対して、フィナステリドを有効成分とするプロペシアやそのジェネリック医薬品では治療ができません。
特に妊娠中の女性の場合、体内に吸収されたフィナステリドが胎児に甚大な悪影響を及ぼす恐れがあります。
女性の服用は強く禁止されているので要注意です。
規則正しい生活でホルモンバランスを整える、育毛効果があるミノキシジルを含む医薬品を使用するなどの方法で対策する必要があります。

プロペシアの偽物に注意

有効成分フィナステリドによってAGAの進行を止めることができるプロペシアは、薄毛治療の薬の中でも特に人気が高い製品のひとつです。
特に病院に行って恥ずかしい思いをすることもなく購入できるということもあり、通販で海外製のプロペシアを購入する方が少なくありません。
ただし、初めて通販サイトを利用してプロペシアを購入する際には注意が必要です。
通販サイトの中には、フィナステリドを含まない偽物のプロペシアを販売する悪質なところが見られます。
人気が高い医薬品の宿命というべき現象ですが、偽物のプロペシアを服用することでAGAの症状が回復するどころか思わぬ健康被害に悩まされることもあります。
通販サイトを利用してプロペシアを購入する際は、インターネットで口コミなどをチェックし、安全なサイトであるか否か確認することが重要です。

プロペシアに関するよくある質問

Q.プロペシアを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.医薬品の通販サイトを用いた購入を行うという方法があります。
海外製のプロペシアやそのジェネリック医薬品を販売しています。
病院で診察を受けたり処方箋を出してもらったりする必要はなく、国内の病院で処方されるプロペシアと同等の効果を得られます。

Q.プロペシアを服用すると性欲がなくなるというのは本当ですか?
A.性欲の減退はプロペシアの副作用のひとつです。
この副作用が現れる確率は1%程度ですが、これに伴ってED(勃起不全)を発症してしまうケースがあるので要注意です。
副作用が気になる場合は、プロペシアの服用を中止する、EDを解消する効果があるバイアグラを併用するといった対策をしてください。
プロペシアとバイアグラの併用は可能です。

Q.プロペシアのジェネリック医薬品で成分量の多いものはどうやって服用すればいいんでしょうか?
A.海外で流通するプロペシアジェネリックの中には、1錠に含まれるフィナステリドの量が5mgというものがありますが、4~5分割することで服用できます。
分割する際には、錠剤をきれいにカットできる専用のピルカッターを使用するのが便利です。

Q.プロペシアは円形脱毛症にも効果があるんでしょうか?
A.AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの変異体が引き起こすものですが、円形脱毛症は遺伝、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。
プロペシアはあくまでもジヒドロテストステロンの生成を抑えて脱毛症を治療する医薬品のため、別の原因で起こる円形脱毛症には効果を発揮しません。

関連ページ

参考サイト
フィナステリド - Wikipedia

医療用医薬品 : フィナステリド