上へ
戻る

カテゴリ

ザガーロジェネリック

ザガーロはAGA治療薬の中でも新しい製品です。
AGA治療薬で有名なプロペシアよりも効果が高いと言われていて、今利用者が増えている人気の治療薬です。
そんなザガーロの有効成分デュタステリドが含まれたザガーロジェネリックを紹介していきます。

ザガーロジェネリックの商品一覧

ザガーロとは

ザガーロは、有効成分としてデュタステリドを配合しているAGA(男性型脱毛症)治療薬です。
AGAの直接的な原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質に変化し、ヘアサイクルを極端に短くしてしまうことにあります。
デュタステリドは5αリダクターゼによるDHTの生成を抑え、正常なヘアサイクルを守ることでAGAを治療します。
ザガーロならではの特徴としては、5αリダクターゼ1型に対して効果を発揮するということが挙げられます。
ザガーロが登場する以前のAGA治療薬プロペシアには5αリダクターゼ1型に対して効果がないという難点がありましたが、ザガーロなら1型、2型のいずれがAGAを引き起こしている場合でも、治療することが可能です。
AGAにお悩みの方、特にプロペシアでは効果が得られなかったという方にお薦めの治療薬といえます。

ザガーロジェネリックとは

ザガーロジェネリックとは、ザガーロを製造した製薬会社GSK社とは別の製薬会社が、同じ有効成分デュタステリドを使用して製造しているのです。
長い年月をかけて研究開発が行われたザガーロと違い、すでにある有効成分を使用しているために開発コストが抑えられており、販売価格もはるかに安いという特徴があります。
また、特に通販で海外製のザガーロジェネリックを購入する場合には、処方箋が不要なために病院で診察代を支払う必要もありません。
通院するよりもはるかに抑えた費用でAGA治療を進めることができます。
ザガーロをAGAクリニックや皮膚科クリニックといった医療機関で処方してもらう場合、保険が適用されない自由診療での診察となってしまうため、薬代が高額になってしまいます。
また診察代もかかるので、より治療費が高額になってしまいます。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。

ザガーロとの違いは?

ザガーロとザガーロジェネリックの違いは製造している製薬会社や価格で、効果については変わりません。
ザガーロもそのジェネリック医薬品も、同じくデュタステリドと呼ばれる有効成分を含んでいます。
この成分には、毛根に影響を及ぼしてヘアサイクルを短縮してしまうDHTの生成を阻害する働きがあります。
一方、ザガーロはGSK社というイギリスに本拠を置く製薬会社が開発したAGA治療薬で、複数あるザガーロジェネリックはその他の製薬会社が開発した治療薬であるという違いがあります。
シプラ社やインタス社など、世界中のさまざまな製薬会社がザガーロジェネリックを手がけています。
GSK社のザガーロをもとに、シプラ社やインタス社が同じデュタステリドを使って製造したのがザガーロジェネリックです。
また、シプラ社やインタス社がザガーロジェネリックを製造するにあたっては、上記のようにすでに世に出ていたザガーロの有効成分を使っています。
GSK社はデュタステリドを開発するまでに高額のコストをかけていますが、ジェネリックの製造にはそれほどコストがかかりません。
その結果、市場に出る際の販売価格も抑えることができます。

ザガーロジェネリックがオススメな人

ザガーロジェネリックがお薦めな人は、できるだけお金をかけずにAGAを治療したいと考えている方であると言えます。
病院で処方される先発薬のザガーロは、保険が適用されない自由診療の医薬品です。
病院によって異なりますが、1ヶ月あたり1万円ほどの料金が必要になるところが少なくありません。
ザガーロによるAGA治療の効果を実感するまでには最低でも半年間の継続した服用が必要となるため、結果的に薬代だけで6万円ほどかかることになります。
病院に初めて行く場合の初診代、2回目以降の再診代、またAGAの進行度合いを確認するための検査費が必要になる場合もあるので、実質的な負担額は6万円以上になります。
このように、先発薬を使用した際には治療費が高額になってしまいます。
一方、ザガーロジェネリックの場合には販売価格が低価格のため、金銭的負担を軽減することができます。
特に、通販で海外製のザガーロジェネリックを購入する場合には、大幅な負担軽減が可能です。
通販サイトによって金額は変化しますが、300錠入りのザガーロジェネリックが1万円ほどで購入できるケースもあります。
先発薬なら1ヶ月で1万円がかかるところ、300錠入りのザガーロジェネリックなら同じ金額で半年間以上の服用が可能となります。
また、海外製のザガーロジェネリックは医師の処方箋がなくても購入できるというのもポイントです。
病院に行く必要がないので、初診代や再診代、検査費などもかかりません。
以上のことから、現在、日本でAGA治療を行う際にできるだけ安くすませたいと考えている場合、最もお薦めなのはザガーロジェネリックを使用することです。

有効成分デュタステリドとは

デュタステリドは、AGAの進行を抑える効果がある成分です。
男性ホルモンのテストステロンがDHTに変化し、毛根に対してダメージを与え、髪の成長サイクル(ヘアサイクル)を短縮することによって起こるのがAGAの症状です。
DHTは、テストステロンに5α-リダクターゼと呼ばれる物質が働きかけ、結合することによって生成されます。
ザガーロの主成分であるデュタステリドには、5α-リダクターゼの活動を阻害する働きがあります。
DHTの生成を抑えることで正常なヘアサイクルを取り戻し、AGAの進行を食い止めます。
デュタステリドならではの特徴としては、1型と2型いずれの5αリダクターゼに対しても効果を発揮するということが挙げられます。

ザガーロジェネリックも有効成分は同じ

ジェネリック医薬品の製造に関しては、薬剤の形態、大きさ、形状、また味つけ用の添加物は製薬会社の裁量に任されます。
もちろん人体への安全性が確保されているものです。
ただし、厳然たる決まりとしてもとになる先発薬と同じ有効成分を含有していなければならないということがあります。
ジェネリック医薬品と先発薬で効果が違う、効果の程度が違うということがないようにしなければならないとされています。
そのため、ザガーロジェネリックにはザガーロと同じデュタステリドが有効成分として含有されています。
薬の名称はさまざまですが、ザガーロジェネリックである限り、デュタステリドによるAGA治療の効果を得ることができます。

ザガーロジェネリックの種類

デュタステリドを有効成分とするザガーロは錠剤ですが、そのジェネリック医薬品の中にはローションタイプも存在します。
ジェネリック医薬品の製造にあたっては、同じ有効成分を使用するという以外の部分は製薬会社の自由でいいとされています。
その原則にのっとって、錠剤よりも頭皮に塗るタイプのほうが使いやすいという方のために製造されているのがローションタイプのザガーロジェネリックです。
中には、デュタステリドとともに育毛成分であるミノキシジルを含有しているジェネリック医薬品もあります。

日本国内のザガーロジェネリック

現在、日本国内の製薬会社が製造しているザガーロのジェネリック医薬品はありません。
日本では、ジェネリック医薬品を開発できるのは先発薬の特許期間が満了したときに限るとされています。
薬の成分特許は原則として開発から20年、最大で25年とされています。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、日本では2015年にAGA治療薬として認可を得ました。
現在、日本ではまだ成分特許に守られた状態であり、ジェネリック医薬品を開発し、販売することは許されていません。
近年、日本では少子高齢化社会の中で医療費を抑えるためにジェネリック医薬品を推奨する動きがありますが、AGA治療のために病院を訪れる際、ザガーロのジェネリック医薬品をすすめられることはありません。
ただし、インドでは医薬品の成分特許に関して独自の法律を設けているため、数々のザガーロジェネリックが生み出されています。
そのような製品を使用することで、費用を抑えたAGA治療が可能です。

海外のザガーロジェネリック

・デュタス
インドのドクター・レディーズ・ラボラトリーズが製造するジェネリック医薬品です。
通販では30錠入りで3,000円前後が相場です。

・デュプロスト
インドのシプラ社が製造するジェネリック医薬品です。
通販では100錠入りで5,000円~8,000円が相場です。

・ベルトリド
インドのインタス社が製造するジェネリック医薬品です。
通販では100錠入で5,000円前後が相場です。

・デュタボルブ
フィリピンのロイドラボラトリーズ社が製造するジェネリック医薬品です。
通販では30錠入りで2,000円~3,000円が相場です。

・デュタプロス
トルコのコカックファーマ社が製造されているジェネリック医薬品です。
通販では30錠入りで3,000円~4,000円が相場です。

・ドクターゼロ
アメリカのDSヘルスケア社が製造している外用タイプのジェネリック医薬品です。
デュタステリドだけでなく育毛成分のミノキシジルを含有しています。
通販では1本(1ヶ月分)で5,000円が相場です。

・アボダート
正確にはザガーロのジェネリック医薬品ではなく前身というべき医薬品です。
SK社が前立腺肥大症の治療薬として製造したもので、のちにザガーロとしてAGA治療薬となりました。
デュタステリドを含み、AGA治療にも効果的です。
通販では30錠入りで3,000円~6,000円が相場です。

ザガーロジェネリックを通販で購入するメリット

現在、ザガーロジェネリックは海外製の医薬品を扱う通販サイトを利用するという方法でしか購入することができません。
しかし、これこそが最大のメリットであるといえます。
日本ではザガーロのジェネリック医薬品が製造されておらず、海外で製造されているジェネリック医薬品は未承認です。
海外製の医薬品が日本で販売されるためには、厚生労働省による承認が必要不可欠となります。
病院を受診してAGA治療を行う場合には、高額な先発薬ザガーロを処方してもらうしかないのです。
AGA治療は必ずしも健康に関わるものではないので、基本的には保険が効かない自由診療となっており、その分だけさらに費用がかかります。
一方、通販を活用すれば海外製のザガーロジェネリックを気軽に購入することが可能です。
ザガーロに比べて大幅に安く、しかも通販を利用する際には処方箋をもらう必要がないので、診察代もかかりません。
金額を抑えてAGA治療を進めることができます。
ジェネリック医薬品の中でも特に安いものを選ぶ、錠剤ではないローションタイプを選ぶなど、数ある選択肢の中から事情に合わせて選べるのもポイントと言えます。
より安く、より使用しやすい薬でAGA治療をしたいという方にお薦めの方法です。

クリニック、病院

AGAクリニックなどの医療機関でザガーロを処方してもらう場合は、ジェネリック医薬品がなく、自由診療のためお金がかかります。
薬代だけで10,000円前後、ここに診察代や検査代などが加算されます。
特にこれからAGA治療を開始しようとしている方にとっては大きなメリットがあります。
最大のメリットは、専門的な知識を持った医師による診察を受けられるということ。
シャワーで指に抜け毛が絡まる、朝枕に抜け毛がたくさん散らばっているというところから発見されることが多いAGAですが、それが本当にAGAによるものなのかどうか、正確なところを医療従事者ではない人が判断するのは難しいことです。
まずは皮膚科のクリニックやAGA外来を設けているクリニックに足を運び、専門家である医師による診断を受ける必要があります。
そのうえで、ザガーロを処方してもらいます。
また、ザガーロの副作用、使用にあたっての注意点を専門家に聞けるというのも大きなメリットと言えます。
ちなみに、診察にかかる時間は病院によっても異なりますが早ければ30分前後程度です。
男性のプライバシーに配慮して、わざわざ処方箋を持って薬局へ行かなくてもクリニックの中で処方してくれるところも増えています。

通販

ザガーロジェネリックは、海外製の医薬品を扱う通販サイトで購入できます。
ネットショッピングのような感覚で購入できるので便利です。
海外からのお取り寄せになるため日数はかかるものの、費用は病院で処方してもらうよりもはるかに安く購入することができます。
半額未満の価格で購入できる製品も少なくありません。

ザガーロとジェネリックの価格

ザガーロは自由診療での処方となるため、処方価格がクリニックによって異なります。
1ヶ月分10,000円前後というのが相場です。
一方、通販を利用しジェネリックを購入した場合には、同じく1ヶ月分のザガーロジェネリックを2,000円~4,000円で購入することができます。

通販でしか購入できないザガーロジェネリック

現在、ザガーロのジェネリック医薬品を日本国内の薬局で購入することはできません。
海外には何種類かのザガーロジェネリックが流通していますが、日本の厚生労働省はいずれも認可しておらず、処方や販売ができない状況にあります。
そんな、日本国内では購入できないザガーロジェネリックを販売しているのが医薬品専門の通販サイトです。
海外で流通する製品を、処方箋なしに手軽に購入することが可能となっています。

ザガーロジェネリックの服用方法

ザガーロやザガーロジェネリック医薬品も、ともに用法用量は共通しています。
1日1錠、1回0.1mgのデュタステリドを服用するのが基本です。
より確実にAGAを治療するには継続して服用していく必要があります。
飲み忘れがないように注意してください。
就寝前に飲むなど、ルールを決めておくと忘れにくいです。
就寝前の服用には、飲み忘れを防げるだけでなく、薬の効果をより得られやすいというメリットもあります。
ザガーロやそのジェネリック医薬品に含まれる有効成分のデュタステリドは肝臓で分解されて排出されますが、夜の9時から翌日の正午あたりまでは、肝臓の働きが穏やかになっています。
夜に服用するとデュタステリドの分解がゆっくり進むため、その分だけしっかり効果を発揮するということが言えます。
なお、デュタステリドの服用量は、必要に応じて1日0.5mgまで増量してよいとされています。
医師の指導のもとで服用してください。

服用する時間は?飲み忘れた場合どうすればいい?

ザガーロジェネリックは、1日1錠の服用が基本です。
体内のデュタステリド濃度を常に一定に保ったままにしておくことによって、よりスムーズに、そして健康的にAGA治療を進めることができます。
1日服用を忘れてしまった場合も、1日1錠の原則を変える必要はありません。
飲み忘れに気づいたのがその日のうちであれば気づいたときに服用することができますが、日付が変わっている場合には飲み直す必要はありません。
薬を服用し忘れてしまった翌日には2日分まとめて飲もうとなってしまいがちですが、冒頭に書いたようにザガーロジェネリックを服用する際はデュタステリド濃度を一定に保つ必要があります。
2日分をまとめて服用してしまうと、その分だけデュタステリド濃度が上がってしまうことになります。
その結果、薬の効果が強すぎて副作用が出てしまう可能性があります。
過剰服用はせず、1日1錠という基本的な摂取量を守って服用してください。

どのくらいの期間飲めばいい?

AGAの直接原因DHTの生成を抑えるデュタステリドを有効成分とする、ザガーロやそのジェネリック医薬品は、薬の服用を続けることで徐々にDHTによって損なわれたヘアサイクルが元に戻り、効果を実感できるようになります。
2日~3日服用したからといって劇的に髪が増えるということはありません。
早ければ3ヶ月ほどの継続服用で目に見える効果が現れたという例もありますが、一般的には6ヶ月、欠かさず服用することが必要とされています。
なかなか生えてこないと焦ってしまう方もいると思いますが、根気よく服用していくことが大切です。
6ヶ月以上経っても効果を実感できない場合は、一度医師に相談してください。

長期的に服用することで耐性ができる?

ザガーロを服用しても、思ったほど効果が現れないケースもあります。
長く飲んでいるせいで耐性がついたのかと不安になる方もいるようですが、ザガーロの耐性がつくことは薬理上ありえません。
考えられるのは、実はAGAではない脱毛症だったというケースです。
まずは病院で診察してもらうことをお薦めします。

ミノキシジルとの併用

AGAの治療をさらに効率よく進める方法として、ミノキシジルと併用する方法があります。
それぞれ成分の作用やメカニズムが違う為、併用する事ができます。
ただし高い効果を得られる反面、副作用もそれなりに強く出てしまう事がありますので、ミノキシジルを使用する際は錠剤のものではなく、副作用の弱い塗布する外用タイプのものを選ぶのがお薦めです。
成分は違いますが、同じような作用をするプロペシアはザガーロと併用する事はできません。

男性ホルモンが原因でない場合など

ザガーロが効かないという場合は、ストレスなどによる脱毛症である可能性があります。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドには5αリダクターゼ1型・2型の両方を阻害する働きがあります。
デュタステリド以前、AGA治療薬の成分として定番だったフィナステリドが2型にしか効かないことを考えると、より確実なAGA治療が可能と言えますが、そんなデュタステリドもAGA以外の脱毛症には効果を発揮しません。

ザガーロジェネリックの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはザガーロのジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・勃起不全
・リビドー(性欲)減退
・発疹
・頭痛
・腹部不快感
特に起こる可能性が高いのはED(勃起不全)、リビドー減退といった性機能に関する副作用です。
EDに関しては、ザガーロとバイアグラなどのEDを改善する効果のある医薬品を併用することで対処できます。
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、直ちに医療機関で診察を受けてください。

重篤な副作用

ザガーロには、ごく稀に引き起こされる重篤な副作用が存在します。
・肝機能障害
異常なけん怠感や黄疸といった症状です。
デュタステリドは体に吸収された後、肝臓で分解・処理されて体外へと排出されますが、その際肝臓に負担がかかってしまします。

軽い副作用は効果のあらわれ?

医薬品による副作用の中には、効果が現れている証拠といえるものもあります。
たとえばザガーロの場合、初期脱毛と呼ばれる副作用が現れることがあります。
服用を始めてしばらくすると髪が一気に抜け始める現象です。
脱毛を治したいのに髪が抜けるなんてと驚く方もいると思いますが、特に心配する必要はありません。
有効成分のデュタステリドには、ヘアサイクルの短縮化を止める働きがあります。
その結果、ヘアサイクルが正常に戻り、長く太く丈夫な新しい髪が生えるようになります。
このとき、AGAの影響を受けて毛根に残った細く弱々しい古い髪が抜けていきます。
初期脱毛でパラパラと頭皮から離れていくのは、この古い髪の毛です。
これから新しい髪が生えてくる=AGAから回復しつつある証拠であると言えます。

ザガーロの併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はザガーロと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
ザガーロを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はザガーロと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用注意薬

・CYP3A4阻害剤(クラリスロマイシン、クロラムフェニコールなど)
ザガーロとの併用によって働きが阻害されてしまいます。
その結果、デュタステリドの血中濃度が高まって効果が強くなりすぎ、副作用が現れやすくなります。

ザガーロを服用してはいけない方

・デュタステリドに対してアレルギー症状の既往歴のある方
・女性
・小児
・肝機能障害の方

ザガーロの豆知識

ザガーロには使用方法の他にも気になる部分があります。
保存する場合にhあ、直射日光や高温多湿は避け室温で保存します。

ザガーロの開発史

2009年、海外ではアボダートの名で流通している前立腺肥大症の治療薬アボルブが、日本の厚生労働省によって承認されました。
開発したのはイギリスの製薬会社GSK社です。
有効成分のデュタステリドが還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害することで、男性ホルモンのテストステロンがDHTと呼ばれる物質に変化するのを防ぎます。
DHTは前立腺の細胞を増殖させ、肥大症の症状を進行させる物質です。
また、同時に5αリダクターゼの働きによって生成されるDHTは、AGAの直接原因でもあります。
そのこともあり、2015年には厚生労働省によってAGA治療薬ザガーロとして認可されることになりました。
それ以前はフィナステリドを有効成分とするプロペシアがAGA治療薬の定番でしたが、ザガーロはプロペシアよりも高い効果を発揮することが判明しています。

ザガーロは女性(FAGA)にも効果がある?

AGAはDHTが男性の体内で生成される事によって発症する脱毛症ですが、AGAとよく似た症状としてFAGA(女性男性型脱毛症)という症状があります。
FAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれる症状で、文字通り女性の脱毛症です。
ストレスや無理なダイエットなどで体内のホルモンバランスが崩れることで発症するとされています。
このタイプの脱毛症には、ザガーロを使用することはできません。
女性がザガーロを服用することは禁止されているためです。
特に妊娠中の女性や妊娠する可能性がある若い女性は、胎児に悪影響を及ぼす危険性があるので使用厳禁です。
ホルモンバランスを正常にするために正しい生活習慣を心がける、食事に気をつけるといった対策をとるようにしてください。
ザガーロは男性用に作られた薬ですので、FAGAにお悩みの方は女性用ミノキシジルの使用をお薦めします。

ザガーロの偽物に注意

有効成分デュタステリドによってAGAの進行を止めることができるザガーロは、薄毛治療の薬の中でも特に人気が高い製品のひとつです。
特に病院に行って恥ずかしい思いをすることもなく購入できるということもあり、通販で海外製のザガーロを購入する方が少なくありません。
ただし、初めて通販サイトを利用してザガーロを購入する際には注意が必要です。
通販サイトの中には、デュタステリドを含まない偽物のザガーロを販売する悪質なところが見られます。
人気が高い医薬品の宿命というべき現象ですが、偽物のザガーロを服用することでAGAの症状が回復するどころか思わぬ健康被害に悩まされることもあります。
通販サイトを利用してザガーロを購入する際は、インターネットで口コミなどをチェックし、安全なサイトであるか否か確認することが重要です。

ザガーロに関するよくある質問

Q.ザガーロやザガーロジェネリックの通販は違法ではないのですか?
A.海外の医薬品を、通販サイトを通じて販売すること、またサイトを通じて購入することは違法ではありません。
海外から医薬品を取り寄せる個人輸入は、文字通り個人で使用する限りにおいては合法とされています。
ただし、購入したものを第三者に販売するような行為は禁止されています。

Q.ザガーロを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.海外製のものを、医薬品の通販サイトを利用することで購入できます。
日本国内でザガーロを入手するには医師の診断のもとで処方箋を出してもらう必要がありますが、海外製の医薬品を購入する個人輸入の場合には処方箋が不要です。
気軽なネットショッピングの感覚で、入手することができます。

Q.ザガーロを服用すると性欲がなくなるのですか?
A.副作用として性欲の減衰、ED(勃起不全)が報告されています。
ただし、服用した人全員に現れる副作用ではないので神経質になりすぎる必要はありません。
またEDの副作用が出た場合は、ザガーロとともにバイアグラなどのED治療薬を併用することで解消できます。

Q.ザガーロのジェネリック医薬品で成分量の多いものはどうやって服用すればいいのですか?
A.錠剤をきれいにカットできるピルカッターを使って2分割・4分割し、成分量を少なくして服用するというのが一般的です。
ただし、ザガーロは薬液を含むカプセルであり、ジェネリック医薬品の中にもカプセルタイプのものがあります。
この場合はピルカッターを使えないため要注意です。

Q.ザガーロは円形脱毛症にも効果があるのでしょうか?
A.効果はありません。
ザガーロはDHによって発生する脱毛症に対して効果を発揮しますが、円形脱毛症はストレスが原因で発症するもののため治療できません。
多くの場合、円形脱毛症はストレスの原因がなくなれば自然に治るので、心身ともにゆとりのある生活を心がけてください。

関連ページ

参考サイト
デュタステリド - Wikipedia

医療用医薬品 : ザガーロ