上へ
戻る

カテゴリ

アレルギー治療薬

花粉症やアトピーなど日本人の多くの方がお悩みのアレルギー症状の治療薬について 紹介します。
アトピーによる肌の痛みやかゆみ、花粉やダニなどによるくしゃみや鼻水などの辛い症状の治療や改善は、普段生活する上でもとても重要になります。
アレルギー治療薬には様々な治療薬があり、自身に合った治療薬を選択することができます。

アレルギー治療薬とは

アレルギー治療薬とは、食べ物や花粉、さまざまなアレルギーを原因とした疾患を治療する薬のことです。
「免疫」や「抗体」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
体に侵入してきた異物(ウィルス・細菌など)を撃退する能力を「免疫」といいます。
異物を撃退する際に体は「抗体」を作り出し、異物に反応させ発病させない働きをします。
2度目以降に異物が侵入した場合、体が異物を覚えているので、その異物のみに反応する抗体を作り出します(はしか・おたふく風邪など)。
アレルギーとは、無害である花粉や食べ物に対して、本来体を守るはずの免疫反応が過剰に働き、有害な反応を起こす事で、体に悪影響を与えてしまうものです。
自分の体の正常な細胞などに対して、免疫作用が働き抗体が異物として攻撃してしまう、自己免疫疾患もあります。
アレルギー治療薬は、アレルギーの原因に対して体が過剰に反応させない作用や、アレルギーによる発作を抑える働きをするため、アレルギー体質でお悩みの方は治療薬を使用することをお勧めします。

どんな人にオススメの治療薬なのか?

アレルギーは家族に同じ体質の方が多い場合、その遺伝子を受けて症状が現れやすくなると言われています。
アレルギー治療薬は主に、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などアレルギーを原因とする症状が出る方にお薦めです。
花粉症は時期的なものですが、それ以外のダニやハウスダストなど年間を通してアレルギーに悩む方には、アレルギー治療薬の使用は日々の生活を快適に過ごすのにもお勧めです。

薬局で買える?

アレルギー治療薬は薬局で購入できるものと、できないものがあります。
花粉症やアレルギー性鼻炎、かゆみや湿疹などの皮膚炎の内服薬や外用薬、シロップなどが市販薬として購入できます。
その他、体質を改善しアレルギーを出にくくする生薬を成分とする漢方薬やサプリメントも薬局で購入する事ができます。
しかし、市販薬は医薬部外と呼ばれ処方箋が無くても購入できるものです。
そのため、医薬品と比べると安全性は高いですが成分量も低く、効果も弱いものになります。
体質改善を目的にしている漢方薬やサプリメントも、長期間に渡り使用する事で効果が得られるものなので、即効性はありません。
しっかりとアレルギー治療を行いたい場合は、医薬品のアレルギー治療薬を購入する必要があります。

アレルギーの治療方法について

アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎の症状は直接生命に関わるものではありませんが、気管支喘息は減少傾向にあるとはいえ、年間2000人弱の方が亡くなるほどの命に関わる病気です。
アレルギーの治療方法には医療機関を利用し治療を行う方法と、通販を利用し治療薬を購入し自分で治療を進める方法があります。
それぞれの治療方法や治療費は異なります。

参考サイト:「気管支喘息 - 厚生労働省」

医療機関

アレルギーの治療方法として、医療機関を利用する方法があります。
それぞれの症状の治療を始める前に、何がアレルギーの原因になっているか検査する事ができます。
その結果と診察での問診と合わせ、治療を進めていきます。

・アトピー性皮膚炎
アレルギーが原因による症状の治療には、アレルギー科や皮膚科での受診で保険が適用されます。
軟膏やクリームなどの薬物療法と生活環境の改善により、アレルギー反応による炎症を抑え、食べ物や環境の影響による過剰なアレルギーが出ないようにする予防方法があります。
皮膚科やアレルギー科を受診した場合、症状により処方される薬の量や種類は異なります。
1回あたりの治療費はおよそ2000~5000円程度になります。
円型脱毛症(アレルギー起因)やアトピー性皮膚炎の肌乾燥を防ぐための保湿剤は、保険適用外となる場合があります。(保湿剤は医薬品と合わせて処方されると保険適用あり)

・アレルギー性鼻炎
アレルギーが原因による症状の治療には、アレルギー科や耳鼻科での受診で保険が適用されます。
治療の方法として薬物療法、免疫療法、手術療法があります。
薬物療法は対症療法のため、投薬を止めてしまうと、症状が戻ってしまいます。
免疫療法の場合、少量のアレルギー物質を体に投与する事で、体に慣らし症状を緩和する方法です。長期間の治療が必要ですが、治療後効果が持続します。
耳鼻科やアレルギー科を受診した場合、症状により処方される薬は異なります。
保険が適用されるため、治療費は一ヶ月2300~3000円程度になります。

・気管支喘息
アレルギーが原因による症状の治療には、アレルギー科や呼吸器内科での受診で保険が適用されます。
気管支喘息の治療には、コントローラーと呼ばれる気管支の炎症を抑える吸入ステロイドを使用し、普段から発作を起こさないようにする治療があります。
発作が起きた場合にはリリーバーと呼ばれる発作治療薬を使用します。
その他、近年研究が続けられている減感作療法があります。
これはアレルギーの元となる物質(アレルゲン)を少量づつ体内に取り込み、免疫を付けアレルギー反応を抑える方法です。
根本治療を目的にした体質改善ということもあり、他の方法に比べ治療が長期に渡り行われます。
その他に喘息を抑えるため、生活環境からアレルギーの原因を遠ざけることも医師から指導されます。

外科治療

アレルギー性鼻炎や花粉症の治療には外科的治療もあります。
治療薬での効果があまり見られない重症な方は、鼻の神経を切除し過剰な免疫反応を抑える方法があります。費用は1週間の入院費も含め、健康保険が適用されて20~30万円です。
中度・軽度の症状でお悩みの方も、レーザーによる粘膜を焼き切る手術もあります。保険適用されて1万円程度になります。術後は日帰りもできます。

気管支喘息も投薬による治療がほとんどですが、重症な方にはBT治療(気管支サーモプラスティ治療)という方法があります。
気管支を熱で温め筋肉を薄くし、喘息の症状を抑制する効果があります。
費用は、一般の方の場合、高額療養費制度が適用され17万円前後、医療費助成を受けている方は費用がかからない場合があります。

アトピー性皮膚炎は外科治療はありません。

個人輸入による通販での購入

医療機関を利用せずにアレルギー治療をする方法として、個人輸入で治療薬を購入し、自分で投薬治療を行う方法です。
この方法の場合、治療に必要となる費用は医療機関を利用した時よりも安く、2,000~3,000円が相場で治療が可能です。
治療期間は一般的な病院での投薬治療と同等になりますが、症状により短期間のものから長期間かかる場合があるため、医師に相談が必要です。
通販の場合、海外からの購入のため商品の注文から到着までに2週間ほどの時間が必要となるため、治療を始めるのが遅くなってしまう難点があります。

通販で購入できるアレルギー治療薬

通販を利用し自分で治療を進めることができる症状は、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息です。
その種類もさまざまあり、ジェネリック医薬品も数多く誕生しています。

抗ヒスタミン薬

体内でアレルギー反応を起こす物質にヒスタミンというものがあります。
抗ヒスタミン薬は免疫反応により細胞内から放出されるヒスタミンの働きを抑え咳、発疹、鼻水、皮膚の腫れやかゆみなどの症状を改善します。
開発された時期により、第1世代と第2世代に分類され、開発時期の新しいものは、抗アレルギー作用へ選択的に作用し、副作用の発現率も低くなっています。
錠剤などの経口薬が多く、主に使用されるものとして、有効成分フェキソフェナジンを配合したアレグラや、有効成分ロラタジンを配合したクラリチン、有効成分デスロラタジンを配合したデザレックスがあります。
アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息の治療に使用されます。

ステロイド薬

ステロイド(副腎皮質ホルモン)の抗炎症作用や抗アレルギー作用、細胞増殖抑制作用、血管収縮作用により、発疹、肌のかゆみや赤み、くしゃみ、はなづまり、鼻水などの症状を改善します。
ステロイドは作用の強さにより5段階(ウィーク>マイルド>ストロング>ベリーストロング>ストロンゲスト)に分けられています。
強さにより効果時間も短時間型、中時間型、長時間型に分けられます。
軟膏、クリーム、スプレーや吸入剤とさまざまあり、用途により選択することができます。
主に使用されるものとして、有効成分ベタメタゾンを配合したリンデロンや、有効成分モメタゾンを配合したフルメタや、有効成分クロベタゾールを配合したデルモベートクリームなどがあります。
アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息の治療に使用されます。

免疫抑制剤

過剰な免疫反応を抑えることで、炎症を抑えかゆみや赤みなどの症状を改善します。
アレルギー反応を引き起こす物質サイトカインやヒスタミンなどの放出を抑制する働きがあります。
主に使用されるものとして、有効成分タクロリムスを配合したプロトピックや、有効成分ピメクロリムスを配合したエリデルクリームなどがあります。
アトピー性皮膚炎の治療に使用されます。

局所血管収縮薬

鼻づまりは鼻粘膜の毛細血管が充血することで起こる症状です。
この薬は交感神経を刺激し、鼻粘膜の毛細血管を収縮させ充血を抑えることで症状を改善します。
主に使用されるものとして、有効成分オキシメタゾリンを配合したナシビン鼻炎スプレーや、有効成分キシロメタゾリンを配合したオトリビン点鼻薬などがあります。
アレルギー性鼻炎の治療に使用されます。

β2刺激薬

気管支を拡張することにより、咳や喘息の発作、息苦しさを緩和させます。
気管支の収縮や拡張に関わる物質β2受容体を刺激し、拡張する働きがあります。
薬には長時間型、中時間型、短時間型のタイプがあり、作用時間がそれぞれ異なるため、即効性のあるものから時間をかけて効果を発揮するものがあります。
長時間型のものは使用する回数が増えると効果が薄れてくる特徴があります。。
主に使用されるものとして、有効成分サルブタモールを配合したサルタノールや、有効成分プロカテロールを配合したメプチンなどがあります。
気管支喘息の治療に使用されます。

抗コリン薬

気管支を収縮させる神経伝達物質のアセチルコリンを阻害することで、気管支を拡張する抗コリン作用という働きがあります。
咳や息苦しさを抑え、呼吸を楽にする効果があります。
主に使用されるものとして、有効成分チオトロピウムを配合したスピリーバや、有効成分イプラトロピウムを配合したベロテックなどがあります。
気管支喘息の治療に使用されます。

ロイコトリエン受容体拮抗薬

気管支を収縮させる物質ロイコトリエンの働きを阻害することで、気管支を拡張する働きがあります。 咳や息苦しさを抑え、呼吸を楽にする効果があります。
主に使用されるものとして、有効成分チオトロピウムを配合したシングレアなどがあります。
気管支喘息の治療に使用されます。

去痰薬

粘液溶解作用により、鼻水や痰を出しやすくする効果により、気管支の炎症や鼻づまり、喘息の症状を緩和する働きがあります。
粘性のある鼻水や痰は外部から体内に侵入してくる細菌やウィルスを外に出す働きがあります。
主に使用されるものとして、有効成分カルボシステインを配合したムコダインなどがあります。
気管支喘息の治療に使用されます。

アレルギー治療薬を通販で購入するメリット

通販サイトを利用してアレルギー治療薬を購入するメリットは、クリニックで処方してもらうよりも安価に、また手軽に入手できる点です。
通販を利用した場合には医療機関で処方している医薬品と同じもの、もしくは名称は違っても同等の効果を持った医薬品を、診察代や検査代などをかけずに購入できます。
さらに国内では未承認となっているが、海外ではポピュラーで効果の高い薬の購入も可能です。
また、通販を利用する場合はクリニックへ診察を受けに行く必要がないため、仕事で通院が困難な場合とても便利です。

通販で購入する際の注意点

海外からの通販にはメリットが多くありますが、もちろんデメリットもあります。
偽物の医薬品やサプリメントの中には、一見して本物ではないと分かるような製品もあれば、本物と比較をしても見分けがつかないほど精巧に製造された偽物もあるため、製品購入後に見分けるのは簡単ではありません。
したがって、通販サイトを利用してアレルギー治療薬を購入する際には、サイトで取り扱っている製品の信頼性、また通販サイト自体の信頼性などをしっかりと確認し、正規品の製造を行っている製薬会社から卸した商品を取り扱っていると判断できるサイトでの購入を行うのが大切です。
インターネット上では、通販サイトを実際に利用した人の口コミを確認することが可能です。
購入者の生の声をチェックすることで、より安全なサイト、安全な医薬品を見つけることができます。
以下の条件を確認し、安全な商品を購入するようにしてください。

信頼できるサイトのチェックポイント
・鑑定書の有無
・サイトの作りがしっかりしてる
・価格が安すぎない
・サポート・問い合わせ先がしっかり記載されている
・特商法が記載されている

アレルギー治療薬の服用・使用方法と注意点

アレルギー治療薬の服用・使用方法や使用上の注意は、薬の種類によって異なります。
種類の数も多く、タイプも錠剤などの経口薬、肌に塗る軟膏やクリームなどの外用薬、点鼻薬などのスプレータイプ、吸入タイプなど様々です。
また、同じアレルギー症状の治療薬であっても、使用している成分や薬の形状などによって服用・使用方法や注意点は異なります。

錠剤

錠剤タイプの治療薬は、アレルギー症状全般に適応されています。
対応する症状や年齢により服用する回数や錠剤の数、期間がそれぞれ異なります。
1日に服用する回数や錠数を確認してから服用してください。
水またはぬるま湯で服用してください。
食前食後の服用でもかまわないとされていますが、より効果を期待する場合には空腹時の方が良いとされます。
症状により用量を調整して服用してください。

外用薬

アトピー性皮膚炎に使用する外用薬はステロイド剤と免疫抑制剤の2種類があります。
どちらも1日に数回、患部に適量を直接塗布して使用します。
ステロイド剤は成分の強さがあり、適応した体の部位が変わるので使用の前に確認してください。
症状により薬を塗る回数や用量の調整が必要になります。
肌の乾燥を防ぐ保湿剤を使用する際、特に処方で指示がなければ保湿剤を先に塗ってから外用薬を塗るようにしてください。

点鼻薬

アレルギー性鼻炎に使用する点鼻薬はステロイド系抗炎症薬と、局所血管収縮薬の2種類があります。
ステロイドのものは薬の強さにより使用する回数や、一日の最大使用量が異なるため、使用する前に必ずご確認ください。
局所血管収縮薬は長期間の使用や連続しての使用により、耐性がついて効果が薄れたり、薬物性鼻炎の原因となる場合もあるため、1週間連続の使用はしないでください。
より効果を得る使用方法として、使用の際は鼻をかんで、薬液が落ちてこないように頭を後ろに傾けご使用ください。
症状の度合いにより1日の噴霧回数を増やしていい場合がありますが、かならず医師に相談するようにしてください。

吸入器

吸入器を使用した薬には、毎日使用し発作が起きないようにする薬と、発作の時に使用するものの2つのタイプがあります。
毎日使用するものは1日3回ほど、1度に1~2吸引します。
年齢や症状により使用回数が変わります。
1日の最大使用回数も薬により違うため、それぞれ確認が必要です。
発作時に使用するものは発作の都度、1度に2吸引します。
年齢や症状により使用回数が変わります。
1日の最大使用回数も薬により違うため、それぞれ確認が必要です。
口内への吸入投与のみに使用し、鼻から吸入はしないようにしてください。

アレルギー治療薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはアレルギー治療薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用と言い、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。
アレルギー症状で共通して注意が必要なものにアナフィラキシーがあります。
急性のアレルギー反応で、皮膚や消化器官、循環器に痙攣や血管収縮が起こり、呼吸困難、蕁麻疹、腹痛などさまざまな症状が全身に現れます。
重度のものだと失神や意識不明を起こし命の危険を伴うアナフィラキシーショックになる場合もあります。
アナフィラキシーになる場合、食べ物やアレルギーの原因となるものに触れることの他に、薬の成分に反応しても起こります。
さらに、抗ヒスタミン剤の一部には眠気を伴う成分もあるので、車や危険を伴う機械の運転をする際の服用には注意が必要です。

アレルギー性鼻炎治療薬の副作用

アレルギー性鼻炎治療薬の副作用に以下の症状があります。
・頭痛
・口の渇き
・吐き気
・過敏症
・倦怠感
・鼻血

現れる頻度は少ないですが注意すべき副作用に、アナフィラキシー、肝機能障害、血圧低下、薬剤性鼻炎があります。
アレルギー性鼻炎治療薬には他の副作用も存在しており、それぞれ成分の違いから独自の副作用も存在しています。
治療薬の服用や使用を開始する際には必ず副作用や注意事項を確認した上で服用を開始して下さい。

アトピー性皮膚炎治療薬の副作用

アトピー性皮膚炎治療薬の副作用に以下の症状があります。
・過敏症
・皮膚感染症
・皮膚萎縮
・頭痛
・吐き気

現れる頻度は少ないですが注意すべき副作用に、アナフィラキシー、眼圧亢進、緑内障、後のう白内障、肝機能障害ががあります。
アトピー性皮膚炎治療薬には他の副作用も存在しており、それぞれ成分の違いから独自の副作用も存在しています。
治療薬の服用や使用を開始する際には必ず副作用や注意事項を確認した上で服用を開始して下さい。

気管支喘息治療薬の副作用

気管支喘息治療薬の副作用に以下の症状があります。
・過敏症
・頭痛
・脈拍増加
・口渇
・口内炎

現れる頻度は少ないですが注意すべき副作用に、アナフィラキシー、不整脈、緑内障、後のう白内障、肝機能障害ががあります。
気管支喘息治療薬には他の副作用も存在しており、それぞれ成分の違いから独自の副作用も存在しています。
治療薬の服用を開始する際には必ず副作用や注意事項を確認した上で服用を開始して下さい。

アレルギー治療薬には多くのジェネリックがある

アレルギー治療薬は先発薬として販売されているものも多く存在していますが、それよりも多くのジェネリック医薬品が存在しています。
そしてこのジェネリック医薬品の多くは、インドに本社を置く製薬会社で製造されています。
インドは非常に特殊な特許法を定めている国です。
他国では医薬品の成分と製造方法のどちらにも特許を定めていますが、インドでは2005年に法改正が行われるまで成分に対しての特許が存在しておらず、製造方法さえ変えてしまえば同成分を使用したジェネリックが製造可能でした。
そして2005年の法改正以降も、インドの特許法には第3条d項という特殊な条項が組み込まれ、インドでは特許の範囲を厳しく制限し、他国では特許法の関係上ジェネリック医薬品が製造できなくても、インドではジェネリック医薬品の製造が可能となっている状態を作り出しています。
インドでの特許法については多くの場所で批判が出ている一方、貧困層の多い国ではインド産のジェネリックが医薬品の主流となっており、更に国境なき医師団などの団体でもインド産のジェネリックは多く使用されています。
インドのジェネリックはアメリカFDAの基準を満たした非常に高品質な製品が多く、利用時の安心感と価格の安さを理由に、日本をはじめ世界各国で使用されています。

アレルギー治療薬との付き合い方

普段アレルギー症状でお悩みの方はとても多いものです。
咳や鼻づまり、肌の湿疹やかゆみなど症状がひどくなると、仕事や生活にも不便を感じるものです。
病院で処方される薬や海外医薬品の通販をうまく利用すれば、症状の治療・改善できます。
ただし、医薬品やサプリメントは用法用量を守ること、自分の体に合ったものを使用することが欠かせません。
内服薬を多く服用したり、外用薬を一度に大量に塗ったりしても期待している効果が得られるものではありませんのでご注意ください。むしろ効果以上に副作用が強く出てしまうこともあります。
また、薬の成分が体に合わず副作用が強く出ていているにもかかわらず、使い続けるのも良くありません。
異変が出たらすぐに使用を中止し、医師に相談してください。
アレルギー治療薬はとても多くの種類があり、同じ症状の治療薬であっても、製品により使用方法が異なる場合があります。
使用する前にどのような治療薬を選択すればよいか把握することが必要です。

アレルギー治療薬の通販に関する「よくある質問」

Q.インターネットで売っている薬の方が安いのはなぜ?
A.安い理由はジェネリック医薬品が数多く販売しているからです。
初めて開発された医薬品は先発薬と呼ばれ、その後特許が切れてから同じ成分の医薬品を製造したものがジェネリック医薬品(後発薬)です。
先発薬には巨額の開発費がかかりますが、後発薬は開発があまりかからないため、安価での販売が可能です。

Q.個人輸入ではアレルギー治療薬の偽薬が出回っていると聞くけど本当?
A.偽薬を販売している悪質な通販サイトも存在しています。
ED治療薬やAGA治療薬に多いとされていますが、偽薬ができる背景には、とても需要が高いという理由があります。
アレルギー治療薬の需要が高まれば、その割合も多くなると思います。
偽物ではありませんが、個人輸入で購入する医薬品は海外の方に合わせて作られているのものが多く、日本で処方される薬より成分量が多いのが特徴です。
そのため日本人が使用した場合、効き目や副作用も強く出るので偽物と疑われることもあると言われています。
使用する際には、錠剤であればピルカッターなどでカットしたり、外用薬は使用する量を減らすなどの対処が必要になります。

Q.副作用はある?
A.あります。
どの医薬品にも言えることですが、医薬品に含まれる成分には症状改善の作用がある反面、副作用も存在します。
アレルギー治療薬には経口薬と塗り薬や点鼻薬などの外用薬がありますが、全身に成分が巡る経口薬の方が副作用が発現する確率は高いとされます。
副作用は期待する目的以外の症状が現れるものですが、それは薬の成分がしっかりと効いている事にもなります。
頭痛や腹痛などの軽度の副作用であれば、特に心配する必要はありません。
ただし副作用が強く出過ぎたり、薬が体に合わないと感じた場合は我慢せずにすぐ医師に相談するようにしてください。

Q.花粉症もアレルギー?
A.花粉症もアレルギー症状によるものです。
花粉症によるくしゃみ、鼻水、鼻づまりは季節性アレルギー性鼻炎の症状です。
アレルギー症状とは異物が体内に侵入した際に、外への排出や体内への侵入を拒もうとする防御反応の事です。
花粉も異物として体が認識した場合にアレルギーの反応が起こります。

Q.かぜによる鼻炎症状も治療できる?
A.できるものもあります。
風邪による鼻炎は急性鼻炎と言われ、ウィルスが原因で鼻の粘膜に炎症が起こるものです。
アレルギー症状の治療に使用される、抗ヒスタミン剤や局所血管収縮薬は急性鼻炎の治療にも使用されます。
ステロイド剤の使用も炎症を抑える効果としては機能しますが、免疫抑制の効果もあるため風邪の症状が治りにくく長引いてしまう可能性もあるので、お薦めできません。