上へ
戻る

カテゴリ

アトピー性皮膚炎治療薬

アレルギーが原因の一つである、アトピー性皮膚炎の治療薬について紹介します。
体質にもよりますが、幼少から成人までこの症状でお悩みの方が非常に多いです。
アトピー性皮膚炎には、飲み薬から軟膏、クリームなどの外用薬など様々な治療薬があります。
自分に合った治療薬を選択し、症状を改善することができます。

アトピー性皮膚炎治療薬の商品一覧

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応により肌に炎症が起こりかゆみや湿疹が現れる病気です。
体には外部から細菌やウィルスなど害のある異物が侵入してくると、排除しようとする働きがありこれを免疫反応といいます。
アトピー性皮膚炎のアレルギー反応は、この免疫反応が過剰に反応してしまい、害のない部分まで攻撃し必要のない炎症を起こしてしまうものです。
主に幼児期にみられ、成長するにつれ軽減していく症状ですが、近年では成人でもアトピー性皮膚炎に悩む方も多いようです。
症状としては、肌に赤みが出て、じゅくじゅくとした湿疹が現れます。
この湿疹には強いかゆみがあるため、掻いてしまうと皮がむけ液体が出てきます。
すると皮膚はささくれになり、硬くゴワゴワし盛り上がるようになります。
強いかゆみのため、肌をかいてしまうとその刺激によりバリア機能が低下してしまい、さらに症状が悪化する事があります。
症状が現れる場所は左右対称で、ひじやひざの関節の裏側、首、わき、衣服の刺激を受けやすい部分、顔の周り(口、目、耳など)です。
治療して一旦症状が良くなっても、また再発することが多く慢性化する特徴があります。
アトピーには「奇妙な」「特定がされていない」という意味があり、たんぱく質を原因としたアレルギーを起こしやすい体質を指します。  
アトピーのアレルギー症状により、皮膚炎の他に鼻炎や喘息を併発することもあります。

アトピー性皮膚炎になる主な原因

アトピー性皮膚炎の発症する原因は、まだ明らかになっていない部分があります。
分かっているものとしては、アレルギー体質によるもの、家族にアトピーの既往歴がある、遺伝により体質を受け継いだものなど先天的な要因があります。
アトピー体質を先天的に受け継いでいる方の多くが、もともと皮膚のバリア機能が低く、皮膚細胞の水分を保つことができずに乾燥肌になりやすいためという理由もあります。
生まれた後に環境や食事の影響による後天的な要因もあります。
次のものがその例です。
・ダニ ・花粉 ・食物(そば、ナッツ、さばなど) 
・ハウスダスト ・細菌 ・汗 ・衣服の素材による刺激 ・精神的ストレス
・動物の毛 ・昆虫 ・日光 ・乾燥 ・皮膚を掻く 
刺激に対してアレルギー反応が出る事があります。

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎の発症する原因は、まだ明らかになっていない部分があります。
アトピー性皮膚炎の適切な治療を行うために、アトピーの原因となる要素を診察や検査などで調べます。
それによりどんなアプローチが合っているかを確認します。

アトピー性皮膚炎の治療は主3つのものがあります。
1つ目は医薬品を使った治療です。患部にクリームや軟膏などの外用薬を塗ったり、錠剤やシロップなどの経口薬を使用し、アレルギーの炎症を抑えるものです。
ただし誤った方法での治療は症状の悪化に繋がるので、医師の指示に従い行うようにしてください。

2つ目は皮膚の乾燥を防ぐ保湿などのスキンケアです。
アトピーは肌のバリア機能が低下している状態ですので、肌に刺激を与えず清潔さと保湿力を高めることで症状の回復を助けてくれます。

3つ目はアレルギーの要因となるものを遠ざける方法です。
家にダニやハウスダストが無いように掃除をする、食べ物でアレルギーのあるものは口にしない、乾燥から肌を守るなど、原因となるものや体質が違うので対処法はそれぞれに合ったものを選択します。

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎は一緒?

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎は広義の意味では同じものです。
厳密に言えばアレルギー性皮膚炎とはアレルギーが原因となった皮膚炎症状の総称です。
アトピー性皮膚炎や花粉症、ダニ、食物などが原因のアレルギーによる皮膚炎、さまざまな刺激と接触して起こるかぶれや蕁麻疹などの皮膚炎、薬や細菌・ウィルスなどが原因での皮膚炎などがこれに該当します。
アレルギー性皮膚炎のカテゴリーの中の一つにアトピー性皮膚炎が含まれることになります。

アトピーを持つ人が昔より増加している理由

幼少期に発症したアトピーは免疫ができる事で克服していきます。
思春期になり一時的に症状が治まっていたものが、大人になり就職するなどの環境の変化により、体の免疫機能が低下する事で再び現れることが増えているようです。
食生活の変化や寝不足、ストレスなどさまざまありますが、理由の一つに現在が非常に清潔に対して敏感になったからとの見方があります。
さまざまな抗菌、防ダニ、防カビなどのグッズや、洗剤や石鹸などの殺菌の高いものまで、生活の中に増えてきています。
以前は外で遊ぶ子供たちは、川や砂場など雑菌やウィルスが多くいるであろう決して清潔でない場所で遊ぶことにより、雑菌やウィルスに触れ免疫を作っていました。
子供がよく鼻水を垂らしていたのは、雑菌に感染し免疫機能が働いている状態なのです。
アレルキーの過剰な免疫反応は、人が持つ免疫機能が持て余したため、無害な部分にまで攻撃をするのだそうです。

アトピー性皮膚炎の治療方法と費用について

アトピー性皮膚炎は幼少期に発症しても、大人になるにつれその症状は減少してくるものです。
しかし現在は成人でもアトピーに悩む方も多いと言われています。
普段から清潔で雑菌やウィルスに触れなくなったのも理由としてありますが、その他に猛暑や夏日が増えたり、睡眠不足や過労などでストレスが増えたのも要因として考えられます。
仕事や普段の生活でアトピー性皮膚炎は、つらい症状のため集中力の低下や睡眠を妨げるなど、非常に煩わしい存在になります。
適切な治療により症状を改善することで、より良い生活を送ることができます。

医療機関

治療を開始にするにあたり、まずは医療機関を利用します。
医療機関では検査や診察によりアトピーの要因になるものを特定できます。
それにより体質に合った治療法を選択することができるため、まずは医療機関で医師に相談してください。
外用薬や経口薬を使った薬物療法がメインですが、他にも紫外線を照射する施術治療もあります。
その他に、スキンケアや治療薬の使用方法、食事や睡眠などの生活指導も受けれます。
治療薬や紫外線治療には健康保険が適用されます。
アトピー性皮膚炎は症状により負担する保険の割合もそれぞれ違います。

症状の重いアトピーの方は、再発などにより治療期間も長期になることもあります。
なかなか根本治療が出来ないと悩んでいる方も多いと思いますが、現在一部の医療機関では皮下注射による違ったアプローチの治療もあります。
アトピー性皮膚炎の治療として、主に炎症を抑える効果のある薬を使用するものがありますが、皮下注射の治療は体にアレルギー反応が出るのを防ぐものです。
アレルギーの原因となる要素に防御壁を作り、アレルギーを起こす物質が体にできなくするものです。

治療薬を処方してもらう

アトピー性皮膚炎の治療薬は主にクリームや軟膏などの外用薬と飲み薬があり、皮膚の症状や進行状態によりそれに合った薬を処方されます。
体質にやアレルギーの原因によっても個人差があり、対応する薬の種類もステロイド剤や抗ヒスタミン薬、非ステロイド系の免疫抑制剤など非常に多くあります。
その他、皮膚の乾燥を防ぐ保湿剤や体質改善の効果がある漢方薬も処方される場合があります。
そのため治療期間や治療にかかる費用は差があるため、特に指標となる金額や治療期間を特定することはできません。
医療機関での処方の場合、アトピー性皮膚炎の治療薬には健康保険が適用されます。
症状により自己負担の割合も1~3割と違いがありますので、医師に相談する際に確認するようにしてください。

個人輸入による通販での購入

海外で使用されている医薬品の中で、国内ではそのほとんどが処方箋が必要となるものです。
ただし個人での使用が目的の場合、海外から個人輸入の形で処方箋も必要なく、海外医薬品を購入することができます。
その中には国内でまだ承認されていない、効果の高い医薬品も数多くあります。
価格の参考として、外用薬は2000~2500円程、錠剤の経口薬は1錠100円程で購入ができます。
ジェネリック医薬品だとさらに安価で購入でき、外用薬は1200円~、錠剤の経口薬は1錠13円~で購入ができます。

治療薬は薬局で買える?

基本的に薬局では、処方箋無しでは医薬品の購入はできません。
もちろんアトピー性皮膚炎の治療薬も同様です。
ただし、効果や副作用を抑えた市販薬の購入はできます。
市販薬は価格も安く購入しやすいメリットはありますが、効果としては処方される医薬品に比べるととても低いものになります。
治療の補助的に使用する、皮膚の乾燥を防ぐための保湿剤や、体質を改善するためのサプリメントや漢方薬も購入することができます。
特に漢方薬は、それぞれ体質や症状が違うため、しっかりとしたカウンセリングが必要となります。
これらは製品により価格の高いものも多く、効果が現れるまで時間がかかる事があります。

予防はできる?

アトピー性皮膚炎は基本的に治療が必要なものですが、再発や症状がひどくならないように普段から気を付けることはとても重要です。
肌の乾燥を防いだり、清潔で刺激を与えないようにするスキンケアや、ダニや花粉、ハウスダストなど住環境からアレルギーの原因を排除する、食べるものに注意する、睡眠をしっかりとり疲れやストレスを溜めないようにするなどできる努力をするようにしてください。

アトピー性皮膚炎治療薬の効果

アトピー性皮膚炎の治療薬には抗ヒスタミン剤、ステロイド剤、免疫抑制剤が使用されます。
それぞれの効果は以下のものがあります。

抗ヒスタミン剤の効果

体内のアレルギー反応を起こす物質ヒスタミンの放出を抑える効果により、アレルギーを原因とする症状(皮膚炎・鼻炎・喘息など)を改善する薬です。
さらに抗ヒスタミン剤は誕生した年代により第一世代と第二世代のものに分けられます。
先に登場する第一世代は、眠気が生じる中枢神経抑制作用、抗コリン作用(口の渇き・胸焼け)、認知機能低下などの副作用が現れやすい特徴があります。
新しく誕生した第二世代は、第一世代の副作用を改良したもので、安全に使用でき、アレルギーの抑制に関係ない眠気などの鎮静作用は現れにくくなっています。
主に飲み薬になりますが、用途に応じて注射薬やシロップ、貼付剤としても使用します。
医薬品では成分フェキソフェナジンを配合したアレグラがあります。

ステロイド剤の効果

皮膚の炎症を抑える効果のあるステロイドとは、人体の腎臓の上にある副腎と呼ばれる臓器から作られるホルモン(副腎皮質ホルモン)を由来成分にしている薬です。
ステロイドは外用薬が多く、使用する際は直接肌に塗布して使用します。
抗炎症薬や抗免疫症薬としては長い歴史を持ち、さまざま症状に合わせて使用されるため、Ⅰ~Ⅴ群の5段階のランク(ウィーク>マイルド>ストロング>ベリーストロング>ストロンゲスト)に分けられています。
体に部分により、成分の吸収率が違い、皮膚の薄い部分には低いランクの効果の強くないもの、皮膚の厚い部位にはランクの高いものなどを使用します。
ランクが高いものは副作用も強く出るものが多く、必ずではありませんが、途中で使用を止めてしまうと症状がさらに悪化してしまう「リバウンド」と呼ばれる症状が出ることがあります。
よく「ステロイドは副作用も強い薬」「薬を止めると元に戻る」「使うのが怖い」などのイメージがありますが、使用する体の部位やステロイドのランクを把握し、間違った使い方をしなければ問題ありません。
皮膚の薄い部分にランクの高いものを使用すると副作用が強く出てしまうことに繋がります。
イメージや噂でステロイドは体に良くないものだと認識し、使わなくなることで症状が悪化する恐れがあります。

免疫抑制剤の効果

免疫抑制剤は体内で分泌されるサイトカインという物質の増殖を防ぐ役割があり、その効果によりアレルギー反応によるアトピー性皮膚炎などの症状を改善する薬です。
サイトカインという物質は分泌の目的や部分によりその役割を変化させます。
免疫機能のバランスを整える分泌の際、分泌量が増えすぎるとアレルギーの症状が現れやすくなります。
免疫抑制剤は正常な皮膚には吸収されず、バリア機能の弱くなった皮膚にのみ効果があります。
ステロイドに見られる肌に赤みの出る副作用が無く安全性も高く、アトピーの症状が治まった肌に使用することで、再発を抑える効果があります。
ステロイド薬が使用できない場合に選択される薬です。
アトピー性皮膚炎の治療には軟膏やクリームタイプの外用薬が用いられます。
医薬品では成分タクロリムスを配合したプロトピック軟膏や、成分ピメクロリムスを配合したエリデルクリームがあります。

アトピー性皮膚炎の治療薬を通販で購入するメリット

アトピー性皮膚炎の症状は強いかゆみや痛みがあり、肌がただれ赤みを持つため衣服にも気を付けるなど、とてもつらく煩わしいものです。
症状に個人差があり対処法もそれぞれ違うため、医師に相談する事が必要となります。
しかし治療には時間がかかることも多く、一度症状治っても再発する可能性も非常に高い特徴があります。
一度病院で診察や検査を受け、同じ薬を処方するようであれば、通販を利用し薬を通販する方が非常に便利でお得です。
通院しなくてもいい、自宅まで配送してくれる、価格の安いジェネリック薬もあるなどメリットは多いものです。

通販で購入する際の注意点

通販を利用して医薬品の購入を行う場合、ジェネリック医薬品もあり治療薬にかかる費用が少なくなることや、通院が必要なくなるメリットがあります。
合わせてアトピー性皮膚炎は日本だけでなく、世界的にも症状に悩む方が増加傾向にあり、その需要から世界中で多く使われている薬となっています。
しかし一方で、たくさん流通している商品によくある偽物や粗悪品を購入してしまう可能性もあります。
悪質な通販サイトを利用し、粗悪品や偽物のアトピー性皮膚炎の治療薬を購入して使用してしまった場合、薬の効果が正常に現れないばかりか、有毒物質を含んでいる物を使用してしまうことによる健康被害を受けてしまう可能性などもあります。

信頼できるサイトのチェックポイント
・商品がはっきりとわかる(商品の写真や説明・使用方法が明記)
・鑑定書の有無
・サイトの作りがしっかりしてる
・決済方法が多数ある
・価格が安すぎない
・発送国の明記
・サポート・問い合わせ先がしっかり記載されている
・特商法が記載されている

アトピー性皮膚炎治療薬の服用・使用方法と注意点

アトピー性皮膚炎治療薬には錠剤とクリームや軟膏、ローションなどの外用薬のタイプがあります。
それぞれ使い方や用量が違うので使用する前には必ず医師に相談してください。

・抗ヒスタミン薬
1日1回空腹時に服用してください。食前食後の服用でもかまわないとされていますが、より効果を期待する場合には空腹時の方が良いとされます。
服用後、次に服用する際は薬の代謝時間があるので、24時間おいてからにしてください。
症状により用量を調整して服用してください。

・ステロイド
主に塗り薬の外用薬タイプとなります。
1日数回にかけ適量を患部に直接塗布します。
ステロイドの効果の強いタイプのものは1~2回にしてください。
症状により回数や用量を増減してください。
あくまでもアレルギーが原因の症状の治療に使用するものなので、皮膚感染による症状には使用しないでください。

・免疫抑制剤
1日2回、適量を患部に直接塗布してください。
一度の塗布する量を多くしても得られる効果はあまりないため、必要最低限の量で使用してください。
症状に合わせ用量を調整し使用してください。

アトピー性皮膚炎治療薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはアトピー性皮膚炎治療薬のジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアトピー症状が副作用として生じる場合があります。

抗ヒスタミン薬は製造された時期により、第1世代と第2世代の2種類に分類されます。
第1世代のものは強い鎮静作用があり、服用後眠気を伴ったり、口の渇きや胸焼けなどの抗コリン作用、集中力や判断力などの認知機能の低下(インペアード・パフォーマンス)の副作用が多く見られます。
第2世代のものは、第1世代に多かった副作用が比較的現れにくい特徴があり、アレルギー反応を抑える効果に不要な部分が改良されています。
その分効果が現れるまで1ヶ月ぐらいかかるものが多いとされます。

ステロイド剤は効果の強さが5段階に分けられており、効き目の強いものはそれなりに副作用も強く出るものがあります。

起こりやすい副作用

・抗ヒスタミン剤
眠気、吐き気、腹痛、めまい、倦怠感

・ステロイド剤
過敏症、肌の赤み、皮膚の乾燥、そう痒症、細菌・真菌・ウィルスによる感染症、ステロイド皮膚

・免疫抑制剤
一過性の皮膚刺激感(灼熱感、かゆみ、ほてりなど)、皮膚感染症



これらの比較的現れやすい副作用は、薬の飲み始めなどに見られるため、使用する毎に慣れてくるもののようです。
副作用が強く出る、体に合わないと感じる場合はすぐに医師へ相談してください。

重篤な副作用

・抗ヒスタミン剤
アファフィラキシー、肝機能障害、黄疸、無顆粒球症、白血球減少、好中球減少

・ステロイド剤
眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障、色素脱失

・免疫抑制剤
リンパ腫および皮膚悪性腫瘍



重篤な副作用は、あまり出現する確率は高くないものですが、万が一現れた際にはすぐ医師に相談してください。

軽い副作用は効果のあらわれ


アトピー性皮膚炎治療薬を服用すると、めまい、腹痛、肌の赤みやかゆみなどさまざまな副作用が現れます。
これらの副作用は成分が体内に吸収されて薬の効果が発現すると生じ始めます。
成分の用量、服用する際の体の状態によっては効果の出方が弱まったり、作用するまでに時間がかかったりする場合があります。
副作用が確認されることで、薬が効いてきているという合図と捉えることができます。
これらの副作用は命に関わるものでなく、体内で薬が吸収されている、皮膚が薬の成分に反応しているもので、初めは体が慣れていないため感じる違和感かも知れません。
しかし、症状が重い場合や長引く場合には直ちに医療機関で診察を受けてください。

アトピー性皮膚炎治療薬の併用禁忌・注意

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はアトピー性皮膚炎治療薬と一緒に服用・使用することで、体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
アトピー性皮膚炎治療薬を服用・使用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はアトピー性皮膚炎治療薬と一緒に服用・使用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

特に報告はありません。

併用注意薬

・抗ヒスタミン薬
エリスロマイシン
ケトコナゾール
オメプラゾール
制酸剤(水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤)

・ステロイド
特に報告はありません。

・免疫抑制剤
特に報告はありません。

アトピー性皮膚炎治療薬を使用してはいけない方

・抗ヒスタミン薬
薬の成分に過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

・ステロイド
薬の成分や同じ系統のの成分へ過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
アレルギーが原因以外の皮膚疾患のある方(細菌、真菌、ウィルス、疥癬、毛じらみなど)
皮膚に潰瘍や凍傷、熱傷のある方
鼓膜に穴の開いている方(湿疹性外耳道炎など)
妊婦や産婦

・免疫抑制剤
薬の成分へ過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
消化性潰瘍の方
血液障害のある方
肝機能障害、腎機能障害のある方
皮膚感染症のある方
心機能不全の方
アスピリン喘息の方
妊婦
2歳未満の幼児

アトピー性皮膚炎治療薬には多くのジェネリックがある

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。
アトピー性皮膚炎の治療薬も同様で、現在多くのジェネリック医薬品が誕生しています。
治療費を抑えたいと考えている方にお薦めです。

アトピー性皮膚炎治療薬との付き合い方

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は非常に多く、その治療法や対応策も個人差があるため、一概に何が効果的とは一言では言えないのが特徴です。
さらに、完全治癒が困難であり、体質によっては症状が軽減したとしても、また再発を起こす恐れが十分にある病気です。
症状を抑えなるべく不自由なく生活を送る上で、治療薬の使用はとても重要になってきます。
しっかりと診察・検査の後、自分の体質や症状に合う治療法を続けていくのが必要です。
あまり効果が見られない場合は薬が合ってない、治療方法が効果的でない場合があるので、医師への相談やセカンドオピニオンを活用することも積極的に行ってください。
長期的な治療になる場合、治療費を抑えたいという方は、安価で購入出来る海外医薬品の利用も検討してみてください。
合わせて肌のバリア機能が低下している部分を補い、アレルギーの原因となるものへの接触を回避していきましょう。
肌のケアやこするなどの刺激を軽減し、花粉やハウスダスト、食べ物やストレス軽減など、生活の中で注意できるものは色々あるので、実践してください。

アトピー性皮膚炎治療薬の通販に関する「よくある質問」

Q.インターネットで売っている薬の方が安いのはなぜ?
A.医薬品のインターネットでの購入は海外からの通販になります。
先発薬の正規品の他にジェネリック医薬品もあり、ジェネリック医薬品はインドで製造されているものが多いことから、非常に安価で購入することができます。
インドは薬製造の特許も諸外国と違い、製法さえ違えば同じ成分を使用しても別の医薬品として認識されるので安価で販売が出来ます。
さらに薬の品質に関しても、世界的に水準の高い製品を提供しています。
不衛生で劣悪な環境で製造されているイメージは既に過去のものです。

Q.個人輸入ではアトピー治療薬の偽物が出回っていると聞くけど本当?
A.個人輸入での医薬品に対する偽物の割合は、購入者の比較的多いED治療薬やAGA治療薬に多いとされています。
全く無いとは言えませんが、アトピーの治療薬の需要が高まれば、偽物を製造する悪徳な業者も増えその危険性も出てくるものだと考えます。
その他アトピーの治療薬に関しては、真偽のあいまいな情報でステロイド薬の危険性を謳いサプリメントや化粧品へ購入を促す業者や医師がいるとされ、摘発の対象となっています。

Q.保湿液と外用薬、どちらを先に塗ればいいのでしょうか?
A.医師からの指示や処方箋に順番が記載されている場合はそれに従いますが、無い場合は保湿剤を塗ってから外用薬を塗ってください。
塗る面積の大きい方から塗るのが基本ですので、肌全体が乾燥している場合、保湿剤を体に塗ってから、患部へ外用薬を塗ってください。

Q.薬によって良くなったときの止め時はいつ?
A.あります。 薬の止め時は早すぎるとよくありません。
症状が良くなっているようにみえても、皮膚の内部で炎症がまだ続いている可能性もあります。
途中で投薬を中止すると、再び症状がぶり返す恐れがあり、痒いから薬を塗り痒くないから薬を塗らないを繰り返すと、症状が慢性化する恐れがあります。
ステロイド薬を使用している場合は、強いものから徐々に弱いものに薬を変え体を慣れさせてステロイドの成分量を減らしていくのが理想的です。
掛かりつけの医師がいる場合は、使用期間に関して必ず指示に従うようにしてください。
自分で治療している場合は、確認方法として患部をつまんでみることをお勧めします。
皮膚をつまみ硬い部分がある場合、まだ皮膚の内側では炎症があるサインです。
さらに肌の表面がざらざらしている状態ではもう暫く治療を続けてください。

Q.アトピー性皮膚炎は遺伝しますか?
A.アトピーの症状が出る方のほとんどは「アトピー素因」があるといわれています。
このアトピー素因は遺伝によるもので、家族でアトピーの病歴がある場合、その可能性は高くなります。
日本人の30%がこのアトピー素因があると言われています。
体質を根本から変えるのはほぼ無理なので、体質に合わせた治療や、生活習慣に取り組むようにしてください。