上へ
戻る

カテゴリ

気管支喘息

日本人の多くが発症すると言われる気管支喘息の治療薬について紹介します。
咳や呼吸困難などの発作を引き起こす気管支喘息を治療、予防することは重要です。
吸入器や錠剤など豊富な種類があり自身に合った治療薬を選択することができます。

気管支喘息の商品一覧

気管支喘息とは

気管支喘息とは、慢性の食道炎症、気流制限、気道過敏性の亢進の病状を元に、発作的に咳、呼吸困難、喘鳴などの呼吸器症状をきたす症候群です。
うっ血性心不全によって喘鳴、呼吸困難といった喘息に似た症状がみられることもあります。
様々な刺激から気管支が敏感になります。

主な症状としては、発作的に咳や痰が出るとともに、ゼーゼーなどと言った音が出て息苦しくなります。 早朝や夜間に出やすいなどの特徴があります。

風邪・肺炎・気管支炎との違い

風邪はウイルスによる上気道感染症です。
主に鼻水が出る、熱が出る、喉が痛いなどの症状が起こります。
気管支炎の主な原因は、気管支が感染により炎症を起こすものです。
熱が出る、鼻水や咳などの風邪の症状から発症し、咳き込む、痰がからむなどといった症状が起こります。
一般的には2週間程度で症状は落ち着くとされています。
この2つの病気と気管支喘息は発症する部位は同じです。
症状も似たような症状が出ることが多いですが、異なる点は、気管支喘息の場合には、発作が起こらないときでも気管支に炎症が残っているという点です。
肺炎は肺の炎症性疾患の総称です。
熱が出る、咳が出る、呼吸困難、痰が出る、全身けん怠感などの症状が起こります。
肺炎も気管支喘息と似た症状が起こりますが、気管支喘息とは発症部位が異なります。
肺炎は肺に起こりますが、気管支喘息は気管支に起こります。

気管支喘息とアレルギーの関係

気管支喘息とアレルギーは深い関係にあります。
まず、成人がかかる気管支喘息の多くはアレルギー反応を起こす物質を特定できない非アトピー型であると言われています。
この場合喘息を引き起こす原因の刺激となるものは、タバコや排気ガスなどです。
また、気管支喘息の検査をする際にもアレルギー検査を行います。
そのため、アレルギーが原因で気管支喘息を発症するという場合もあります。

気管支喘息の原因

気管支喘息の原因には様々なものがあります。
工場の煙や自動車などの排気ガス、タバコ、ダニ、ホコリ、ハウスダスト、動物の毛、ストレスなど多くの要因があります。
この中でも、ダニ、ホコリ、動物の毛などはアレルゲンと呼ばれています。
アレルゲンによって引き起こされる気管支喘息をアトピー型と呼び、それ以外の原因で起こるものを非アトピー型と呼びます。
少しの刺激でも気管支喘息の場合には咳や呼吸困難の原因となります。

気管支喘息の治療法

気管支喘息の治療には薬を用いることが多いです。
薬を使用することで、発作を落ち着かせ、症状を軽減させます。
また、その際に使用される薬も様々なものがあります。
他にも、注射などで症状を緩和させる方法があります。

長期管理薬

気管支喘息の治療薬には長期管理薬というものがあります。
コントローラーと呼ばれ、重要な基本薬剤に吸入ステロイド薬があります。
吸入ステロイド薬を用いて、気管支喘息の本体である気道の炎症を抑えることが気管支喘息治療の元となります。
これは発作を起こさないために使用し、発作の出現を防ぐという役割があります。
また、長期管理薬を使用していても発作が起きてしまった場合には、発作治療薬を用いて発作を抑えることができます。

発作治療薬

長期管理薬に対して、発作治療薬というものもあります。
発作治療薬はリリーバーと呼ばれていて、発作が起こった際に使用することで、発作を抑えるというものです。
発作治療薬を使用する頻度が多い場合には気管支喘息の症状が悪いと考えられていて、長期管理薬を使用して、発作を最低限度まで抑える必要があります。

減感作療法

減感作療法は、その他の治療法で気管支喘息を抑えられない場合に、アレルゲンを繰り返し注射する方法です。
アレルゲン免疫療法とも呼ばれ、90%以上がダニアレルゲンが原因である小児喘息ではこの治療法の有効性は高いとされています。
アレルギー疾患の作用機序に働きかけることで、根治の治療をする目的で行われています。
費用対効果の高い治療法であると言われており、現在も研究が行われています。

気管支喘息治療薬の種類

気管支喘息の治療薬には様々な種類があります。
大きく分けると、抗炎症薬と気管支拡張剤の2つに分けられます。
また、その中でも吸入器や錠剤に分けられ、その症状に応じて治療薬を変える必要があります。
気管支喘息の基本的な治療薬として用いられているのは、吸入ステロイド薬です。

抗炎症薬の種類

抗炎症薬は主にステロイドを使用した治療薬です。
多くの治療薬があり、自分の症状に応じて治療薬を選択することができます。
また、錠剤だけでなく、吸入器もあるため、治療方針によっても変えることができます。

経口ステロイド薬

経口ステロイド薬は、気管支拡張薬で反応することのなかった重度の気管支喘息でも極めて有効な治療薬です。
しかし、長期にわたって全身投与を続けた場合には、有害な副作用が発言するため、現在は緊急時に短期間の投与のみが行われています。
また、経口ステロイド薬は気管支喘息の症状を5段階に分けた際、最後に選択される治療薬です。

参考サイト:一般用医薬品 : ドリエル

吸入ステロイド薬

現在、気管支喘息の治療薬として第一選択されているのが、吸入ステロイド薬です。
強力な抗炎症効果を持ち、症状を予防し、長期管理薬として使用されています。
吸入器には、定量噴露吸入器とドライパウダー吸入器があります。
主な有効成分として使用されているのは、フルチカゾンで毎日定期的に吸入することで、気管支喘息の発作や悪化を予防する効果があります。

参考サイト:フルチカゾン - Wikipedia

ロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)

ロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)は代表的な経口薬をして使用されています。
症状が軽度な場合または、吸入ステロイド薬の使用が困難である場合に単独で使用され、中等症~重症の場合には、吸入ステロイド薬との併用薬として使用されています。
有効成分をモンテルカストナトリウムとするシングレアは、アレルギー反応を起こすロイコトリエンという物質を抑えることで、症状を緩和します。

参考サイト:プランルカスト - Wikipedia

ケミカルメディエーター遊離抑制薬

ケミカルメディエーター遊離抑制薬では、クロモグリク酸吸入液があり、肥満細胞の脱顆粒を抑える効果があります。
直前に1買い吸入するだけで運動や、抗原吸入によって起こる気管支喘息の症状を軽減します。
しかし、効果自体は吸入ステロイド薬よりも弱く、発作時の治療に使用することもできません。
アトピー性の気管支喘息が多い小児喘息では、効果があり、多く使用されています。

参考サイト:Cromoglicic acid - Wikipedia

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬として、抗ヒスタミン薬を治療薬に用いる場合もあります。
アレルギーの症状を抑える効果がありますが、アレルギーや症状そのものを治療する薬ではありません。
有効成分をクロフェダノールとするコルドリンは、核中枢に直接働きかけることで気管支を広げることで呼吸を楽にし、咳を抑える効果があります。

参考サイト:Ibudilast - Wikipedia

気管支拡張剤の種類

気管支拡張剤にも多くの種類があります。
気管支拡張剤は、気管支を広げることで呼吸をしやすくする効果があります。
効果時間に応じて薬を選択することができます。

β2刺激薬

吸入薬の短時間作用型(SABA)は、発作時に発作治療薬として使用されます。
長時間作用型(LABA)は、長期管理薬として使用されています。
しかし、長時間作用型は反復使用すると気管支収縮予防の効果がなくなります。

短時間作用型吸入薬(SABA)

短時間作用型吸入薬には、サルブタモールやプロカテロール、フェノテロールなどがあります。
発作時の発作治療薬として使用され、即効性はありますが、効果はすぐに減少してしまいます。
有効成分をサルブタモールとするサルタノールは、発作時に吸入することで平滑筋を緩めて、気道を広げることで呼吸を楽にします。
1回の使用での持続時間は3時間です。

参考サイト:サルブタモール - Wikipedia

長時間作用型吸入薬(LABA)

長時間作用型吸入薬には、サルメテロール、サルメテロール・フルチカゾン、ホルモテロール・ブテソニドなどがあります。
有効成分をホルモテロールフマル酸塩水和物とブデソニドとするシムビコートは、強い抗炎症効果を持っています。
また、組織の反応を鈍くすることで、気管支喘息の症状の緩和に効果があります。
予防効果があり、妊婦も使用できるという特徴があります。

参考サイト:サルメテロール - Wikipedia

メチルキサンチン系薬物

メチルキサンチン系薬物は、錠剤やカプセルの形態での経口薬です。
有効成分をテオフィリンとするテオドールは、ホスホジエステラーゼを阻害して、cAMPを増加させることで、気管支拡張効果があります。
また、ステロイド治療に抵抗性の喫煙者に対しては、喫煙のストレスで低下したヒストンダツアセチル酵素の活性を戻すことで、ステロイドの効果を復活させる効果もあります。

参考サイト:テオフィリン - Wikipedia

抗コリン薬

抗コリン薬は吸入器として使用されています。
他の治療薬に比べて、気管支拡張効果は弱く、効果の発現が遅くなっています。
しかし、βブロッカーにより気管支収縮が怒った場合、吸入β刺激薬に反応しない急性増悪時、MAO阻害剤を服用している場合などにも使用できるという特徴があります。
有効成分をイプラトロピウム臭化物水和物とフェノテロール臭化水素酸塩とするベロテック吸入器は、気管支喘息の炎症を抑え、呼吸困難を改善します。

参考サイト:イプラトロピウム - Wikipedia

サプリメント

気管支喘息の治療薬としてサプリメントを使用することもできます。
しかし、サプリメント自体には、医薬品の様な絶対的な効果はなく、長期的に飲用することで、治療効果が期待できるものです。
主な、治療サプリメントとしては、ヴァサカ、ブレソールなどがあります。
サプリメントは医薬品と異なり、副作用や併用禁忌薬がないため、飲みやすいというメリットがあります。
また、医薬品との併用もできます。

気管支喘息治療薬を通販で購入するメリット

気管支喘息の治療薬は国内外に合わせて多くの種類があります。
国内の治療薬を処方してもらうに場合には、病院に行く、診察を受けるなどして処方してもらわなければ、購入することができません。
海外の治療薬を通販で購入する場合には、価格を抑えて購入できるだけでなく、日本では病院でしか取り扱いのない治療薬を購入することができます。
海外の治療薬は、日本国内では病院で診察を受けないと処方してもらえない成分でも、一般的に販売されている場合が多いです。
そのため、病院に行かずとも治療薬を購入することができます。

クリニック・病院

クリニックや病院で気管支喘息の治療薬を処方してもらうメリットは、医師の診断のもとに処方してもらえるという点です。
医師の診察を受けてからの処方のため、専門の知識を持った医師から薬の詳細を聞くことができます。
更に、服用・使用するタイミングや副作用による正しい知識や、併用禁忌薬に関しても詳しく教えてもらえることで、安心して服用・使用することができます。
医療機関で処方される治療薬は、厚生労働省により認可を受けた薬を使用しているため、偽物の医薬品を処方されることはありません。
また、病院に言ってそのまま処方してもらうか、処方箋薬局に行きその日のうちに購入することができます。
その他にも、アレルギーや病歴、生活習慣などを踏まえた上で各患者に合った薬や成分量を処方し、適切な治療方法を選ぶとともに、万が一処方された薬で効果が現れなかった場合に、異なった治療方法も提案してくれます。
通販サイトと比較して、医療機関で医薬品を購入するには時間と費用がかかってしまいますが、安心して処方してもらえるということが最大のメリットです。

通販サイト

通販サイトを利用して気管支喘息の治療薬を購入するメリットは、ネット購入のためプライバシーが守られるということです。
また、日本国内では認可のない薬でも、購入することができます。
海外の治療薬は日本国内で処方されているもの以外にも多くの種類があり、ジェネリック医薬品(後発医薬品)も多く存在します。
ジェネリックを購入することで、価格を抑えることができます。
その他にも、処方箋がなくても購入できる、自宅に届くため手間がかからないなどのメリットがあります。

通販でのみ購入できる気管支喘息治療薬

通販でのみ購入できる気管支喘息の治療薬もあります。
日本国内では認可されていない治療薬が、海外では一般的に販売されているという治療薬は多く存在します。
そんな治療薬を購入するには海外の医薬品を取り扱っている通販サイトを利用することをお薦めします。
海外の治療薬は、個人輸入という形で通販サイトを利用して購入することができます。
海外の治療薬を購入する際には、手元に届くまでに2週間ほどの時間がかかるという点に注意が必要です。

気管支喘息治療薬の服用方法

気管支喘息の治療薬には多くの種類があります。
大きく分けると、吸入器と錠剤に分けることができます。
それぞれに服用・使用方法が異なるため、服用・使用際には確認するようにしてください。
また、有効成分や症状によっても異なります。

吸入器

吸入器には2つのタイプの使用方法があります。

・毎日使用
1日3回、1回1~2吸入を使用してください。
年齢や症状によって使用回数を調節してください。
1日の最大使用回数があるため、確認して使用するようにしてください。

参考サイト:医療用医薬品 : アドエア

・発作時の使用
気管支喘息の発作時に使用してください。
1回2吸引してください。
年齢や症状によって使用回数を調節してください。
1日の最大使用回数があるため、確認してから使用するようにしてください。

参考サイト:医療用医薬品 : サルタノール

錠剤

錠剤の服用の際は、服用回数や錠数が異なるため、注意が必要です。
1日1回服用のものと、1日3回服用のものがあります。
服用する際には水かぬるま湯で服用してください。
年齢や症状によって服用量を調節してください。
1日の最大服用量があるため、確認してから服用してください。

参考サイト:医療用医薬品 : サルブタモール

サプリメント

サプリメントは朝と夜の1日2回、1回1錠を飲用してください。
水かぬるま湯で飲用してください。
また、サプリメントは長期的な飲用によって効果が期待できるため、最低でも3ヶ月以上の飲用を推奨しています。

気管支喘息治療薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは気管支喘息治療薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・過敏症状
・頭痛
・めまい
・悪心
・不整脈
・眠気
これらの副作用は気管支喘息の治療薬を服用・使用した際に比較的多く報告されています。
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、直ちに医療機関で診察を受けてください。

重篤な副作用

・アナフィラキシー
呼吸困難、嘔吐、腹痛、下痢、血管性の浮腫などの症状が生じる恐れがあります。

・血管浮腫
手、足、舌、まぶた、唇または体全体に現れ、気道を覆っている粘膜が腫れ、呼吸困難に陥る恐れがあります。

・肝機能障害
発熱、頭痛、咽頭痛、食欲不振、嘔吐、全身けん怠感などの症状が生じる恐れがあります。

・血小板減少
異常なあざや出血が生じる恐れがあります。

気管支喘息治療薬の併用禁忌・注意

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は気管支喘息治療薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
気管支喘息治療薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は気管支喘息治療薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用注意

・CYP3A4阻害薬
CYP3A4による代謝酵素が阻害されることにより、フルチカゾンプロピオン酸エステルの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・カテコールアミン系アドレナリン作動薬
サルメテロールキシナホ酸塩のCmax、AUCが上昇する恐れがあります。

・キサンチン誘導体、副腎皮質ステロイド、キサンチン系利尿薬
アドレナリン、イソプレナリン塩酸塩等のカテコールアミン併用により、アドレナリン作動性神経刺激の増大が起こり、そのため不整脈を起こす恐れがあります。

・フェノバール
併用により効果が弱まる恐れがあります。

・中枢神経抑制剤(催眠剤や鎮痙剤)

・抗ヒスタミン薬

服用・使用できない方

・気管支喘息治療薬に対して過敏症の既往歴のある方
・甲状腺機能亢進症の方
・高血圧、糖尿病の方
・心疾患のある方
・有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の方
・てんかんまたは、その既往歴がある方
・結核性疾患の方
・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

気管支喘息治療薬に関するよくある質問

Q.年齢を重ねることで完治しますか?
A.年齢を重ねても完治することは難しいです。
小児喘息を持っていて、子供の頃にきちんと治療した場合には完治していると言っても良いです。
しかし、小児喘息から、成人の気管支喘息に移行してしまうケースも多く、年齢を重ねたからと言って完治するとは言えません。

Q.吸入ステロイドの副作用は?
A.吸入ステロイドにも副作用があります。
しかし、多少の副作用であれば効果が効いているという証拠になります。
あまりにも副作用が強い、長引く場合には使用を中止し、医師に相談してください。
また、吸入ステロイド以外の治療薬に変更するというもの一つの手段です。

Q.遺伝はありますか?
A.基本的には遺伝はないとされています。
必ずしも遺伝の影響はないと言い切ることはできませんが、ほとんどの場合は遺伝はしません。

Q.個人輸入ではアレルギー治療薬のニセモノが出回っていると聞くけど本当?
A.偽物を正規品と言って販売しているサイトも存在します。
鑑定書は付いているか、発送国が記載されているか、サポートはしっかりしているか、口コミなどを確認してから購入するようにしてください。

Q.インターネットで販売されている薬は違法?
A.違法ではありません。
あくまで、個人輸入という形で販売しています。
個人輸入とは、個人が使用する目的で購入することです。
薬事法を守って使用することが必要です。

関連ページ

参考サイト
気管支喘息 - Wikipedia