上へ
戻る

カテゴリ

エイジングケア

誰しもが起こる老化現象ですが、エイジングケアを行うことによって老化を遅らせる効果が期待できます。 正しいエイジングケア方法を知り、継続していくことが大切です。

エイジングケアの商品一覧

エイジングケアとは?

エイジングケアとはその名の通り老化(エイジング)をケアすることを指します。
老化現象にはシミやシワ、たるみなどが挙げられますが、年を重ねるごとに出てくるそういった現象を年齢に合わせた化粧品などでケアしていくことがエイジングケアです。
よくアンチエイジングとエイジングケアが同じように使われることがありますが、実は少し意味が違います。
エイジングケアは「年齢に合わせた化粧品でケアする」ことですが、アンチエイジングは「老化を防止することにより年齢に抗う」という意味合いです。
アンチエイジングと表記できる製品は、効果が強い医薬品か医薬部外品ではないといけません。
そのためそれ以外の化粧品などがエイジングケア商品と表記しています。

肌が老化する原因

肌が老化する原因は、下記の5つだと言われています。

・光老化
紫外線を長く浴びることで、肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチンを破壊してしまい、シワ、シミ、たるみが引き起こされることを光老化と呼びます。
実は肌の老化は、その8割が光老化が原因と言われており、紫外線を予防するだけでも大きな効果を期待できます。
また光老化の延長線上には皮膚がんと言う病気が存在しているため、たかが日焼けと侮ってはいけないのです。

・乾燥
肌の潤いを保っている天然成分は、実は20歳をピークに徐々に減少していきます。
そのため肌が乾燥し、コラーゲンやエラスチンを補給する働きが弱まっていくのです。
小ジワなどと呼ばれるシワは、肌の乾燥から作られます。
皮膚の薄い場所に特にできやすいため、その部分を重点的に保湿する必要があります。

・酸化
呼吸で体内に運ばれる酸素の中には、使い切れなかった酸素が活性酸素というものになるものがあります。
活性酸素は脂質と合わさることで細胞を酸化させ、老化が進行し肌は錆びていきます。
それにより肌に含まれるコラーゲンを硬化し、皮膚の弾力がなくなります。
活性酸素は呼吸だけでなく、ストレス、排気ガスなどの大気汚染、脂質や添加物が多い食生活からも発生しやすいためちゅいが必要です。

・糖化
タンパク質が糖と結びつき糖化をすると、徐々に肌を黄色く、くすみがかった色に見せてしまいます。
またそれらが蓄積されることによりコラーゲンを固めてしまい、ハリやたるみの原因となります。
酸化は体の錆びと言われていますが、糖化は体のコゲと呼ばれています。

・菲薄化(ひはくか)
角質層、真皮層が薄くなり炎症を起こすことを菲薄化と呼びます。
年を重ねることによりコラーゲンが減少、または女性ホルモンが減少することで起きてしまいます。

エイジングケアの種類

エイジングイケアの方法は何通りもあります。
全体的に行うケアや、自分が特に気になっている部分に特化させたケアもあるため、ここで知っておくことで日々の生活で役立てることが出来ます。

バリア機能の正当化

バリア機能とは、肌の表面にある0.02mmの角質層が、乾燥や外部の刺激から肌を守る役割のことを指します。
肌の潤いを保つには、このバリア機能を正当化しなければいけません。
バリア機能の正当化は、保湿をすることによって正当化することが可能です。
特に角質層の潤いの半分がアミノ酸のため、アミノ酸が含まれている商品で保湿するとより効果を期待できます。

紫外線対策

紫外線対策はエイジングケアに欠かせないもので、浴び続けることでシミやシワ、たるみに繋がります。
紫外線は1年中降り注いでいるため、実は夏場だけ対策すればいいわけではありません。
また曇りや雨だから安心ということもなく、雨でも晴れの時の約20%、曇りでも約65%の紫外線を受けてしまいます。
飲む日焼け止めや塗る日焼け止めで紫外線をシャットダウンするだけで、肌へのダメージは大幅に軽減できます。

保湿

肌には保湿成分を作り肌に水分を蓄えておく働きがありますが、この保湿成分が不足していると上記で説明したような菲薄化が起きます。
またターンオーバーも乱れ、シミの原因にもなってしまうのです。
そのためその不足分を補うように保湿を行ってください。
特に乾燥していると小ジワが目立つため、ファンデーションなどの乗りも悪いうえに化粧でより小ジワが目立ってしまいます。
小ジワができる部分を重点的に保湿してください。

シワ・シミの改善

過去に浴びてしまった紫外線やその他様々な理由でできてしまったシミやシワも、マッサージや保湿などのエイジングケアをすることで老化の加速を和らげることが期待できます。
そのため実際にシミやシワが目立ってきたから遅いということはなく、今からでもできるエイジングケアの一つなのです。

生活習慣

日々上記のようなエイジングケアをしていても効果を実感できないと思っている方は、生活習慣を見直してください。
主に食べ物、睡眠、運動などが肌に関わっており、栄養が偏った食事や睡眠不足、運動不足は肌の老化を加速させてしまうのです。

エイジングケア商品を通販で購入するメリット

エイジングケア商品は美容外科や市販以外に、通販でも購入することができます。
通販だと買いにに行く手間も省け、比較的費用も安く購入することが可能です。
また、日本では販売されていないような海外の人気商品も通販でなら購入できます。

美容外科で購入する場合

美容外科では医薬品や医薬部外品だけでなく、その代わりとなる化粧品なども販売している場所もあります。
美容外科では自分に足りないケアを事細かく説明し、しっかりと内診したうえで医薬品が必要か、化粧品で十分なのかを判断してくれるためとても安心度が高いです。
その美容外科オリジナルの化粧品なども買うことが出来ます。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用しエイジングケア商品を購入するメリットは、安くそして手軽に商品を購入できるという点です。
購入手続きを完了した後、商品が到着するまで約2週間かかってしまう点に注意すれば、非常に便利な購入方法です。
それ以外にも市販では購入できない製品を通販でなら購入できます。

美容外科で処方してもらうエイジングケア商品は高額

美容外科で処方されるエイジングケア商品は、市販や通販と比べると高額であることが多いです。
その美容外科オリジナルの化粧品などは大量生産をしていないため高くなる傾向があります。
また場合によっては価格をわざと上げて高級に見せるという広告の策略もあります。
そういった様々な理由から手が届きにくい価格の商品が多いのです。
商品選びの際は、成分などを事前に知っておくとその商品価値が分かりやすくなります。

通販でしか購入できないエイジングケア商品

通販を利用してエイジングケア商品を購入するメリットの一つに、通販でしか入手できない製品を購入できるというメリットがあります。
日本は時に、世界的に見ても医薬品やサプリメント、化粧品の販売認可が下りにくく、海外では一般的に使用されているような優れたエイジングケア商品であったとしても購入できないことが多くあります。
しかし通販を利用すれば、日本国内では販売されていないような製品であっても気軽に購入することができるのです。

エイジングケア商品のよくある質問

Q.アンチエイジングをしていたらエイジングケア?
A.アンチエイジングとエイジングケアは少し意味が違いますが、行きつく先は同じなのでアンチエイジングを行っていたら自然とエイジングケアになり得ることもあります。
大きい差は、医薬品の場合アンチエイジング、化粧品の場合はエイジングケアと呼ぶという点です。

Q.普通に肌ケアするのと何が違うの?
A.通常の肌ケアとは違い、シミやシワ、たるみなど年齢を重ねるごとに出てくる老化現象に対して行うケアのことをエイジングケアと呼びます。
そのため老化現象に特化した化粧品などを用いて行います。

Q.エイジングケア商品も医薬部外品?
A.エイジングケア商品は医薬部外品ではなく、化粧品に該当します。
医薬部外品の場合はアンチエイジングと言う言葉が使われています。

参考サイト
抗老化医学 - Wikipedia
エイジング - Wikipedia