上へ
戻る

カテゴリ

シミ(肝斑)改善

シミや肝斑は様々な原因から起き、一度できてしまったら治りづらい症状です。 しかし治療薬などを用いることにより改善していくことが可能なため、少しでも早く取り組むことが重要です。

シミ(肝斑)改善の商品一覧

シミの種類

シミは代表的な日光黒子という紫外線によりできるもの以外にも、幼少期から見られるそばかすや、やけどやニキビの炎症後にできる炎症後色素沈着、またホルモンバランスが原因でできる肝斑というシミがあります。
肝斑の場合、レーザー治療では悪化してしまうこともあるため、自分がどのタイプのシミなのかを知り、的確な改善方法を行っていく必要があります。

日光黒子

老人性色素斑ともいうように、老化現象で起きるシミです。
日光黒子は紫外線を浴びることにより、メラニンと呼ばれる色素が増加し沈着してできてしまいます。
若いうちは、メラニンは皮膚の表面に押し出されることで垢と共に剥がれ落ちますが、長年紫外線を浴び続けるとダメージが貯蓄され、メラニンが増加してしまいます。
それによりターンオーバーも乱れ、メラニンが排出されず皮膚に沈着されるのです。

そばかす

そばかすは幼少期から発現する数ミリの茶色く小さい斑点です。
鼻や頬など左右に散在しており、その原因はメラニンが貯蓄されて出来てしまう後天性のこともありますが、遺伝である場合も多いです。
夏季に悪化し冬季に目立たなくなるという特徴があり、そのことから夏日斑(かじつはん)とも呼ばれています。

色素沈着

色素沈着とは、ニキビややけどなど肌に起きた炎症後に起きるシミのことを指します。
日焼けも炎症後色素沈着の一種で、赤くなった後に色素沈着をすることで肌が黒くなります。
炎症後色素沈着は他のシミとは違い、時間がたつにつれ薄くなることも多いです。
また、炎症時に正しくケアを行うと色素沈着が起きづらくなります。

肝斑

肝斑はその他のシミと比べ治りづらいのが特徴です。
また、一般的な日光黒子というシミだと勘違いしてレーザー治療を行ってしまうと悪化してしまうのが肝斑なので、自分が肝斑なのか、その他のシミなのかを知っておくことが重要です。
肝斑の特徴は、左右対称に同じ形と大きさのシミがある、ほほ骨あたりにシミが多い、もやっとしていてハッキリとしていない、などです。
肝斑が出来てしまう原因は、ホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣が影響しています。
気付いたら早めにケアすることが重要です。

シミの原因

シミには種類ごとに様々な原因があります。
原因を知ることで予防にも繋がるため、一般的にシミの原因としてあげられることを下記で詳しく説明していきます。

メラニン・ターンオーバーの乱れ

肌が紫外線を浴びるとメラニンという色素を生成します。
メラニンは決して体に悪いものではなく、紫外線から細胞核を守る働きをしてくれます。
そしてそのメラニンは徐々に肌の表面に押し出され垢と共に落ち、これをターンオーバーと呼びます。
ターンオーバーは28日のサイクルで行われるため、メラニン色素が剥がれ約1ヵ月後には元通りになります。
しかし長時間紫外線を浴び続けると、メラニンが増加してしまいます。
そして、年を重ねるごとにターンオーバーが乱れてしまい、メラニンが垢とともに剥がれ落ちずに蓄積され、シミになってしまうのです。

ストレス・食生活の乱れ・睡眠不足

シミの原因はストレス・食生活の乱れ・睡眠不足も大きく関わっています。
まずストレスですが、人間はストレスを感じると体に活性酸素が生まれます。
その活性酸素は体を錆びさせるだけでなく、メラニンを刺激するホルモンも一緒に排出させてしまいます。
それ以外にも、ストレスでアドレナリンが放出されるとメラニン色素が作られてしまうため、ストレスを溜めないことがシミ予防に繋がるのです。
次に食生活の乱れですが、日々の食生活でもシミの原因になる場合があるため注意が必要です。
例えばアルコールは体内に活性酸素を発生させる働きがあり、適度では問題ありませんが過剰摂取をするとシミに繋がってしまいます。
バランスの良い食事をとってシミ予防をしてください。
最後に睡眠不足ですが、夜しっかり眠ることで成長ホルモンが分泌し、ターンオーバーを行ってくれます。
特に夜10時から2時に睡眠をとるとより成長ホルモンが分泌されるため、できる限りこの時間帯には眠るようにしてみてください。

シミの治療方法

シミの治療方法には主に外用薬、内服薬、レーザーにおいての治療があります。
自分自身のシミの原因や種類によって治療法が異なるため、それぞれ自分に合った治療法を見つけてください。

外用薬

シミを改善する外用薬には下記のような製品があります。

・ハイドロキノンクリーム
シミやニキビ跡を改善するクリームで、直接肌に塗布するタイプの美白剤です。
成分のハイドロキノンはとても強力な漂白作用があるため、色素沈着に効果があります。

・トレチノインクリーム
トレチノインクリームはシミだけではなくシワやニキビ改善にも用いられます。
皮膚のターンオーバーを促進してくれるため、皮膚表面の角質が剥がれることにより肌を生まれ変わらせていきます。

内服薬

外用薬以外にも内服薬でシミ改善ができる製品があります。

・トラネミック
シミの中でも特に肝斑やそばかすに効果がある薬です。
成分のトラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑える作用と炎症を抑える作用があり、メラニン色素の生成に関わる物質の働きを抑えてくれます。
・ホワイチュア
ビタミンCやLシステイン、パントテン酸カルシウムなどが含まれている美容サプリメントです。
メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、美肌に必要な成分も含まれているため肌トラブルが起きにくくなることが期待できます。

レーザー治療

レーザー治療や医療機関やクリニックで行うことが可能です。
レーザーの種類は約6種類ほどありますが、どの機械を使っているのかは医療機関やクリニックによって異なり、どういったシミに効果的であるかも異なります。

レーザーの種類
・YAGレーザー
・Qスイッチルビーレーザー
・フォトRF
・フォトフェイシャル
・レーザートーニング
・炭酸ガスレーザー

費用は1回につき平均1万円以上ですが、場合によっては3万円以上かかってしまう場所もあります。
しかし1回の治療できれいに無くなる場合もあるため、費用に余裕がある方にお薦めできます。

シミの予防方法

シミは一度できてしまったらなかなか改善しづらい厄介なものです。
日々予防を行うことにより、シミ発生の可能性を少しでも下げることが大切です。

UVケア

シミ予防にはまずUVケアは欠かせません。
シミ発生に大きく関わるメラニンは紫外線を浴びることにより増加してしまいます。
また、夏場だけケアすればいいということはなく、紫外線は1年中降り注いでいるため毎日日焼け止めで予防することが重要です。
雨や曇りの場合も、晴れの日の約20%~65%の紫外線があるため予防の必要があります。

スキンケア

紫外線を防ぐといっても、100%完全に防ぐことは不可能に近いです。
しかし毎日スキンケアを行うことによって、紫外線のダメージを受けにくい肌にしていくことは可能なのです。
化粧品は種類が豊富でどれを選べばいいか迷ってしまうかもしれませんが、「エイジングケア」と書かれているものや、シミを予防することに特化した化粧品を選べば間違いないでしょう。
今までの化粧品にプラスして使うだけでも変化を感じられます。

サプリメント

普段の食生活からもシミ予防に役立てますが、そこまで力を入れられない方にはサプリメントがお薦めです。
サプリメントにはシミを作り出すメラニンの生成を抑える成分が含まれているものも存在します。
またシミ予防の成分と一緒に美容成分も含まれているサプリメントが多いため、美肌効果も期待できます。

シミ治療薬の効果

シミ治療薬には主に4つの有効成分があります。

・ハイドロキノン
ハイドロキノンは植物から抽出される成分の一種で、イチゴや麦芽、コーヒーや紅茶などの天然にも存在する成分です。
ハイドロキノンには強い漂白作用があるため、シミや炎症後色素沈着に効果的です。
さらにメラニン色素を生成するメラノサイトの働きを止め減少させていくため、新しいシミも発現しづらくなります。

参考サイト:ヒドロキノン - Wikipedia

・ヒトプラセンタ
人の胎盤から作られたヒトプラセンタは、プラセンタの中でも一番効果的だと考えられています。
ヒトプラセンタに含まれる栄養素はビタミン、アミノ酸、タンパク質、ミネラルなど豊富です。
新陳代謝を促進させ、肌のハリに必要なコラーゲンを生成します。
また老化が進む原因となる活性酸素を除去し、血行促進する作用もあるため、シミだけでなく傷跡の治療やシワなどにも効果的です。

参考サイト:プラセンタ - Wikipedia

・トラネキサム酸
トラネキサム酸は肝斑に効果があると認められている成分です。
シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える作用以外にも、肝斑の原因となる女性ホルモンのバランスの乱れを正してくれます。

参考サイト:医療用医薬品 : トランサミン

・トレチノイン
トレチノインはメラニン色素を皮膚の表面まで押し出し、垢と共に落とさせる作用があります。
つまり、ターンオーバーを促進してくれるのです。
通常28日周期で行われるターンオーバーですが、トレチノインを用いることで2週間に短縮することが可能です。

参考サイト:トレチノイン - Wikipedia

シミ治療薬の使用・服用方法

医薬品にはそれぞれ服用方法が決められています。
守らず服用すると効果が出にくくなることや、体に害をもたらしてしまう可能性もあります。

・ハイドロキノン
・トレチノイン
1日朝と夜で2回塗布します。
塗布する際にはしっかりと洗顔で汚れを落とし、化粧水を浸透させてから綿棒などで薄く延ばしてください。
アルコール入りの化粧水を用いてしまうとクリームが染みてしまうため、アルコールフリーの化粧水がお薦めです。
塗った状態で紫外線を浴びるとメラニンが増加してしまうため、朝塗布した際は日焼け止めを必ず利用してください。

参考サイト:ヒドロキノン - Wikipedia
参考サイト:トレチノイン - Wikipedia

・ヒトプラセンタ
洗顔後化粧水を塗り、その上から薄く塗布します。
その後10分塗布部分を乾かした後、普段使用している乳液などで保湿してください。
最初に使用する際は少量から使用し、徐々に量を調整してください。

参考サイト:プラセンタ - Wikipedia

・トラネキサム酸
1日750mgから2000mgを3回から4回に分けて服用してください。
年齢や症状により推奨される量が異なるため、適宜増減します。
2日の上限は2000mgなので、超えないように気を付けてください。

参考サイト:医療用医薬品 : トランサミン

シミ治療薬の副作用

シミ治療薬は他の医薬品と同様に副作用が発現する可能性があります。
薬本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と呼びます。
一般的に薬に含まれる成分は一つの症状に飲み作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いのです。

・ハイドロキノン
主にかゆみやかぶれ、色素沈着の悪化や白斑などがあります。
シミを改善するクリームですが、塗っている時は紫外線の影響を受けやすく、日焼け止めなどで対策しないと悪化してしまうことがあります。
3か月以上毎日使用を続けてしまうと白斑ができる場合があるので、長期使用は控えてください。

・ヒトプラセンタ
ヒトプラセンタには副作用がほとんどないと言われています。
しかしアレルギー体質の方、免疫力が低下している方などに発疹など生じる可能性が稀にあるため、肌に合わないと分かった際はすぐに使用を中止してください。

・トラネキサム酸
主に食欲不振や悪心、下痢、胸やけ、嘔吐などがあります。
一度に大量服用してしまうと起きてしまう副作用ばかりですので、服用する際は3回から4回に分けて消化器系に負担がかからないようにしてください。

・トレチノイン
主にかゆみやかぶれ、強い乾燥や皮がむけるなどがあります。
強い乾燥や皮むけはほとんどの人が起きてしまう副作用のため、使用中はワセリンなどを利用し必ず保湿を行ってください。

シミ治療薬の併用禁忌・注意

医薬品には併用してしまうとその医薬品の効果を下げてしまうことや、体に害をもたらしてしまう組み合わせが存在します。
ハイドロキノン、ヒトプラセンタ、トレチノインは外用薬ということもあり、併用禁忌や注意薬というものは存在しません。
しかしトラネキサム酸は、併用禁忌・注意薬があるため服用前にチェックしてください。

併用禁忌
・トロンビン
血栓形成を促進させる作用があるため、併用することにより血栓形成傾向が増大します。

併用注意
・ヘモコアグラーゼ
大量に併用することで、血栓形成傾向が現れる可能性があります。
・バトロキソビン
血栓や塞栓症を起こす可能性があります。
・凝固因子製剤
・エプタコグアルファ
口腔等、線溶系活性性が強い部位では凝固系がより亢進する可能性があります。

シミ治療薬を使用・服用してはいけない方

シミ治療薬は場合によって使用してはいけない方も存在します。
自分が該当しないかを確認してから使用を開始してください。

・ハイドロキノン
・ヒトプラセンタ
・トレチノイン

使用する医薬品に対して過敏症の既往歴のある方や、アレルギー体質である方はアレルギー反応が出てしまう場合や、アレルギーが悪化してしまう場合があるため使用を控えてください。

・トラネキサム酸
トラネキサム酸に対して過敏症の既往歴のある方や、高齢者の場合も生理機能が低下しているため使用を控えてください。

シミ改善商品を通販で購入するメリット

シミ改善商品は美容外科や、クリニック、市販以外に通販でも購入することが可能です。
通販だと階に行く手間も省けるうえに、比較的費用も安く購入することができます。
また、日本では販売されていない海外の人気シミ改善商品も通販でなら購入できます。

美容外科、クリニック、病院で処方してもらう場合

美容外科、クリニック、病院などでもシワ改善商品を購入することが出来ます。
また商品だけでなく施術と言う形でレーザー治療なども行えますし、自分がどのようなタイプのシミなのかを診てくれるため的確な治療法で改善していける安心感があります。
各美容外科、クリニック、病院で施術や商品の価格は異なります。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用すると、豊富な種類のシミ改善商品から自分に合った商品を選ぶことが出来ます。
また日本国内では販売されていない人気の海外商品が取り扱われていることや、店頭販売よりも価格を抑えて購入できる点がメリットです。
その他にも、ポイントを利用することでさらに価格を抑えることができるため自己負担が軽減できます。
ネットでの購入のため、プライバシーが守られている点もメリットの一つです。

通販でしか購入できないシミ改善商品

通販でしか購入できないシミ改善商品と言うものも存在します。
世界的に見ても日本は医薬品などが認可されづらく、とても効果的な商品であっても販売されていないというのが現状です。
上記で説明したように日本国内では販売されていませんが、海外では一般的に販売されているシミ改善商品が数多く存在しており、それらを購入することができるのです。

シミ改善によくある質問

Q.トラネキサム酸って肝斑以外にも効果がありますか
A.トラネキサム酸は肝斑以外にも、通常のシミやそばかすにも効果があります。
シミの現認になるメラニン色素の生成を抑える作用もあるため、シミ全般に効果的です。

Q.美白商品でシミの予防も可能ですか
A.美白商品を用いることで肌がダメージを受けづらくなる場合もあります。
しかし、シミ予防に特化した商品で予防した方がより効果的であると言えます。

Q.取れないシミってありますか
A.出来てから時間がたってしまっているものや外的刺激によるシミは、改善するのにかなりの時間を要します。
しかしどのシミも改善していくことは可能なので、全く取れないシミと言うものはありません。

参考サイト
シミ - Wikipedia