上へ
戻る

カテゴリ

バストアップ

女性特有の悩みであるバストアップについて紹介します。
多くの女性がコンプレックスを抱いていると言えるバストに関する悩み。
バストアップ効果の期待できるサプリメントやクリームなどを使用することで、バストの悩みを解決することができます。

バストアップの商品一覧

バストに関する悩み

女性の皆さん、デリケートな話題ではありますが、ご自分のバストについて自信がありますか?
おそらく、少なくない数の方が自信がないと答えてしまうのではないかと思います。
たとえば、バストのサイズですが、現在、日本女性のうち半数以上はどちらかといえば大きいサイズであるDカップ以上というデータが出ています。
一方でバストが小さいという悩みはやはり根深いもので、とある調査によると、女性のバストに関する悩みについてアンケートしたところ小さくて悩んでいるという人の割合は40%以上に及びました。
また、サイズではなくバストのカタチやハリ、左右のバランスについてなど様々な点でお悩みは尽きないようです。

具体的な悩み一覧

バストが小さいというお悩みのほかには、どのようなお悩みがあるのかとあるアンケート結果を例にとると、以下のような答えが見えてきます。
・左右のバストが離れている
・ハリがなく垂れぎみ
・バストが外向きで谷間ができない
このように、サイズにとどまらず、カタチや向きなどさまざまな点に関してお悩みの方が多いです。
しかし、そのようなバストのお悩み、方法さえしっかり押さえていれば、きちんと解消することができます。

バストアップ方法と費用

外科手術やサプリメントを使った方法など、さまざまな方法で行うことができるバストアップですが、ここでは、それらの方法について、
またそれぞれの価格について解説していきます。
美しいバストを手に入れるためには、それぞれの状態に合わせて、また一刻も早くバストアップしたい、カップ数が2段飛ばしくらいで大きくなる方法を選びたい、ゆっくりナチュラルに大きくしたいといった希望に合わせて方法を選ぶことになりますが、その前に、まずはそれぞれいかほどの費用がかかるものなのか、押さえておく必要があります。

外科手術

美容クリニックで受けることができる外科手術でもバストアップですが、その方法はヒアルロン酸注射やシリコンバッグを挿入する切開手術まで様々です。
特にすぐにでも効果を得たい、劇的に大きなバストを手に入れたいという場合にお薦めです。
ヒアルロン酸注射なら長くても30分ほどで施術が可能で、その日のうちに帰宅できます。
ただし、バストの脇を切開してシリコンバッグを挿入して縫合する手術の場合、全身麻酔を使うこともあって半日以上の時間がかかります。
また外科手術の場合、ヒアルロン酸注射のみでも費用は30万以上かかるのが一般的です。
できるだけ費用を抑えたいという方には不向きと言えます。

市販で購入

比較的大きなドラッグストアがある町なら、出かけていって市販のバストアップサプリを購入して使用するということも可能です。
たとえば、ドラッグストアではプエラリアミリフィカを含むサプリメントを購入することが可能です。
プエラリアミリフィカはタイやミャンマーといった東南アジアの国々で採取できる植物で、美肌・美乳効果があるとされています。
ここから抽出した有効成分を使っているのが、プエラリアミリフィカサプリです。
料金としては、1ヶ月分で4,000円程度というのが基本です。

企業通販

バストアップサプリを製造・販売するメーカーが直接、通信販売を行う企業通販ですが、この方法でバストアップサプリを手に入れることが可能です。
たとえば、大塚製薬が販売するエクエルはエクオールと呼ばれる成分を摂取できるサプリメントで、1ヶ月分が4,300円ほどで購入することができます。
エクオールは女性ホルモンにきわめて似た働きをするとされる成分で、バストのツヤとハリを保ち、中高年になってバストが垂れてしまうというお悩みを解消することができます。

個人輸入代行サイトで購入

個人輸入代行サイト(通販サイト)を利用してバストアップサプリを手に入れるという方法もあります。
輸入という言葉が入っていることからもわかるように、これは海外製のサプリメントを取り寄せるという方法です。
日本のドラッグストアでは扱っていない、もちろん病院でも手に入れることができない海外製サプリを、ネットショッピングの感覚で気軽に手に入れることができます。
商品によりますが、1ヶ月分を2,500~3,000円ほどで購入することができます。

バストアップアイテム

バストアップアイテムには、主に2種類のものがあります。
経口摂取する(飲む)ことでバストアップを図ることができるサプリ、バストに塗り込むことでサイズアップの効果が期待できるクリームです。
使用方法だけでなく、作用もそれぞれ異なります。

バストアップサプリ

バストアップサプリは、文字通りバストのサイズアップ効果が期待できるアイテムです。
多くのサプリメントは、女性らしい体つきを作る過程で自然なバストアップをはかる女性ホルモンに似た作用を持つ成分や、女性ホルモンの分泌をサポートする成分が含まれています。
バストアップを実現したいという女性の中でも、特にガッチリ体型でバストのサイズやカタチに不満があるという方にお薦めのアイテムであると言えます。

バストアップクリーム

バストアップクリームもまた、バストのサイズアップの効果が期待できるアイテムですが、こちらはバストの構造に働きかけるという特徴があります。
バストを構成するのは脂肪分、そして乳腺(母乳を分泌する器官)ですが、バストアップクリームにはこれらの量を増やす効果が期待できる成分が含まれています。
ダイエットしたらバストも小さくなってしまった、やわらかくてボリューミーなバストが欲しいという女性にお薦めのアイテムと言えます。

通販で購入できるバストアップアイテム

個人輸入代行(通販)のサービスを利用して入手できるバストアップアイテムには、プレマリンクリーム、プレストサクセスクリームなどの塗るタイプのアイテム、またプエラリアミリフィカタブレット、プレストサクセス、ガウクルアバイオカプセルをはじめとする飲むタイプのアイテムが挙げられます。
いずれも女性の体に働きかけて、無理なくバストのサイズアップをはかることができるアイテムです。

塗るタイプ

通販で購入できる塗るタイプのバストアップアイテムとして挙げられるのは、トータルカーブジェルカプセルセットです。
飲むタイプのトータルカーブカプセルとセットになった塗るタイプのトータルカーブジェルが、バストアップをサポートします。
ジェルにはバストを構成する物質のうち、特に脂肪を増加させる働きがあるとされる成分が含まれています。
一方、塗るタイプのバストアップアイテムには、バストに塗り込むとバストアップに加えて美肌効果、ハリを保つ効果が期待できるブレストサクセスクリームや、ホルモンバランスを整えることでナチュラルなサイズアップが期待できるプレマリンクリームなどがあります。

飲むタイプ

飲むタイプのバストアップアイテムとして挙げられるのは、主にプエラリアミリフィカという成分を含むサプリメントです。
美肌・美乳効果が期待できる植物由来の成分で、体内で女性ホルモンにきわめて近い働きをすることで効果を発揮するとされています。
プエラリアミリフィカタブレット、ガウクルアバイオカプセルなどが代表的な製品です。
そのほかにも、ブレストサクセスというサプリメントもあります。
アイファイブ社が製造するサプリで、フィトエストロゲン、大豆イソフラボンなどの成分を含有しています。
これらの有効成分もまた、プエラリアミリフィカと同じく女性ホルモンに近い働きをすることで、ナチュラルなバストアップを実現させることができるとされています。

バストアップアイテムを通販で購入するメリット

バストアップサプリやバストアップクリームといったアイテムを、個人輸入代行サイト(通販サイト)を使って購入するメリットとして挙げられるのは利便性の高さです。
いずれも医薬品ではないので病院などで診察を受ける必要がないこと、また海外製の豊富なアイテムが扱われていること、安く購入できることなどが挙げられます。
また、海外製のバストアップアイテムの多くは日本で未承認となっています。
海外では普通に使われているものでも、日本ではドラッグストアで販売されていなかったりします。
しかしそのようなアイテムも、個人輸入代行サイトを使用することで海外から取り寄せることができるのです。

通院しなくても良い

そもそも、個人輸入代行サイト(通販サイト)で購入できるバストアップアイテムは、経口使用するタイプ(飲むタイプ)のサプリメントであれ、クリームタイプの製品であれ、医薬品ではないので医師の診察を受けて処方箋を書いてもらう必要はありません。
個人輸入代行サイトを使用する場合、ネットショッピングの感覚で、パソコンやスマホを使って気軽にサプリやクリームを購入できます。
ちなみに、個人輸入代行サイトの中には医薬品を扱っているところもありますが、海外製のものがメインなのでこちらも医師の診察・処方箋は不要です。

価格を抑えて購入できる

海外製のバストアップアイテムは、日本のドラッグストアなどで販売されているものよりも価格が安めに設定されているというのが大きなメリットのひとつです。
たとえば、同じプエラリアミリフィカを使用したサプリメントでもドラッグストアに置いてある日本製のものだと4,000円程度しますが、通販なら3,000円未満で購入することができます。
人気が高いプエラリアミリフィカをより安いコストで入手して使用したいというときには通販を利用することが欠かせません。

豊富な種類

海外製のバストアップサプリやクリームを扱っている個人輸入代行サイトの多くは、海外製の医薬品もそのラインナップに加えています。
医薬品もサプリメントも加えると、その種類は膨大な数にのぼります。
数多くの選択肢の中から使用する医薬品やサプリメントを選べるというのが、個人輸入の大きなメリットのひとつと言えます。
ちなみに、特に医薬品の場合、先発薬だけでなくジェネリック医薬品も選べるというのがポイントです。
先発薬と同じ有効成分を使用し、先発薬よりも安く販売されている後発医薬品です。

通販でしか購入できない商品がある

日本国内のドラッグストアで販売されているバストアップアイテムには、限りがあります。
飲むタイプのサプリメントも、塗るタイプのクリームも、ドラッグストアで購入できるものはすべて基本的には国内のメーカーが製造しているもの。
バストのサイズやカタチ、向きの悩みは全世界共通のものであり、世界各国でさまざまなバストアップアイテムが製造され、販売されていますが、それらの海外製アイテムは日本のドラッグストアの棚に並ぶことはありません。
そのようなアイテムを購入するために活用できるのが、個人輸入代行サイトです。
主に海外製のバストアップアイテムが扱われており、ネットショッピングをする感覚で気軽に購入することができます。

バストアップアイテム以外で行えること

バストアップの方法は、サプリを飲んだりクリームを塗り込んだりするだけでなく、実に様々です。
ちょっとしたエクササイズをしたり、生活習慣を見直したり、普段使っている下着をバストに合ったものに変えたりといった方法で、バストアップにチャレンジできます。
特に、バストアップアイテムを使用しつつ行うことで、より高い効果が期待できます。
というわけで以下、それぞれの正しいやり方についてまとめてみたいと思います。

バストアップエクササイズ

バストアップをはかるには、日々ちょっとしたエクササイズを行うことが効果的と言われています。
ここでは、代表的な方法を2つ紹介します。

・お祈りエクササイズ
手と手を胸の前でぴったり合わせ、両ひじを上げて、手のひらを互いに押し合うように力を込めます。
これによって得られるのは、胸の筋肉を鍛える効果です。
脂肪が大部分を占めるバストは、支える筋肉が弱いと分散し、結果的にバストが小さくなってしまいがち。しかしこのエクササイズを行うことで、バストをしっかり支える強い筋肉を得られるのです。

・背伸ばしエクササイズ
両手を後ろに回し、お尻のあたりで指と指を組み合わせます。
肘を伸ばし、背中をピンと伸ばすことをイメージです。
そのうえで、肩をゆっくり数回まわします。
これによって得られるのは、背中の筋肉を鍛える効果があります。
背中の筋肉がゆるむとバストが垂れて小さくなってしまいますが、このエクササイズでそれを防ぐことができます。

睡眠不足を無くす

寝る子は育つといいますが、十分な睡眠はバストサイズをアップするためにも必要不可欠なことと言われています。
そもそも寝る子は育つといわれる理由は、人体が眠っている間に成長ホルモンを分泌して体の生育をサポートするからです。
成長ホルモンは体の隅々まで十分な量の栄養素を送り届けるサポートをしてくれるので、背が伸びたり体格が良くなったりするわけです。
同じ原理で、バストもまた成長ホルモンによる影響を受けてサイズが充実します。
バストサイズの悩みがある、最近寝不足が続いているという方は、ここから改善してみてみるのが良いと思います。

胸に合ったブラを付ける

小さすぎるサイズのブラジャーをつけている、大きすぎるブラジャーを使っている場合には、いずれもバストのサイズをダウンさせる原因となります。
小さすぎるブラジャーは胸を圧迫して血流を阻害し、バストの育成を妨げます。
また、大きすぎるブラジャーは胸をしっかり支えることができず、バストを構成する脂肪分が脇に流れてサイズをダウンさせてしまいます。
自分にピッタリのブラジャーを選ぶことで、脇や背中に流れがちな脂肪をしっかりと胸に引き寄せて支え、また血流を充実させて自然なサイズアップをはかることができます。

バストアップアイテムの服用・使用方法と注意点

ここでは、塗るタイプのクリーム、飲むタイプのサプリメントという2種類のバストアップアイテムについて、正しい使用方法をまとめました。
しっかり健康的に効果を得られるよう、押さえる必要があります。

塗るタイプ

プレマリンクリームやプレストサクセスクリームをはじめとする塗るタイプのバストアップアイテムは、清潔な状態のバストに適量を塗る、というのが基本的な使用方法です。
夜、お風呂に入ってしっかり汚れを落としたうえで、寝る前に塗ることをお薦めします。
眠っている間に分泌される成長ホルモンの働きもあって、クリームに含まれる有効成分がより効果的なものとなることが期待できます。

飲むタイプ

プエラリアミリフィカタブレットなど、飲むタイプのバストアップアイテムは、それぞれ決められた用法用量に従って飲むというのが基本的な使用方法です。
たとえば、プエラリアミリフィカという有効成分を含むサプリメントの場合、1日の摂取量は400mg程度にするのが望ましいとされています。
たとえば1錠につき180mgのプエラリアミリフィカが含まれているサプリメントの場合、1日あたり2~3錠ずつ飲むというのが使用方法となります。

服用・使用できない方

基本的に、サプリメントは医薬品と異なって用法用量をきちんと守って使用する限りにおいて禁止事項などはありませんが、バストアップ
アイテムのうちプエラリアミリフィカタブレットを使用する際は注意が必要です。
このサプリは、経口避妊薬(ピル)との飲み合わせが悪く、吐き気や頭痛、生理不順などが起きやすくなるとされています。
現在ピルを服用しているという方は、使用しないことをお薦めします。

バストアップに関する間違い

バストサイズの悩みは、全世界の女性共通の悩みといっても過言ではなく、サイズをアップさせるのに有効とされる方法がこれまでにいくつも提唱されてきました。
しかし、中にはあまりアテにならない、それどころか逆効果になってしまう恐れのある方法もあります。

一度太る

いったん太って胸に脂肪を蓄えてからダイエットをすれば、太る前よりもサイズが大きくなる、そんな説がありますが、正しい点もあるもののおおむね間違っていると言えます。
太って胸に脂肪を蓄えるということは不可能ではありません。
しかし、脂肪はまずお腹まわりにたっぷりついてから胸につきはじめるという性質があります。
胸に蓄える前に、お腹がせり出してパンツやスカートが入らなくなる、そんな体型になってしまうことが考えられます。
また、ダイエットで脂肪が落ちる場合には、胸の脂肪が先に落ちて次にお腹の脂肪が落ちる、という流れになります。
要するに、この方法では単にお腹に肉がついて苦労して落とすだけということになりかねないわけです。

胸を揉む

胸を揉むとバストが大きくなる、そんな俗説がありますが、これもまたある意味では正しく、ある意味では間違っています。
たとえば、意中の相手(好きな人)に胸を揉んでもらうと脳で幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、バストアップを促す女性ホルモンの分泌を増加させます。
その意味では揉むと大きくなるというのは間違っていませんが、自分で揉む場合はセロトニンが分泌されることはないので無意味であり、さらに30代以上の女性の場合、脂肪燃焼を促して逆にサイズダウンしてしまうことも考えられます。

矯正下着をつける

矯正下着をつけてバストアップという方法がありますが、この場合、ある程度効果はあるとしてもつければつけたぶんだけどんどん大きくなるというわけではありません。
矯正下着は、胸まわりの脂肪をバストに寄せた状態でつけ、ギュッと締めつけることで脂肪を定着させてバストアップ効果をもたらすとされるアイテムですが、これである程度大きくなったとしても、ギュッと締めつけられているおかげでそれ以上にはなりません。
むしろ、そこで血流が妨げられて胸の成長が阻害される=サイズダウンにつながることも考えられます。

バストアップアイテムで自分に自信を持つ

昔から、様々な方法で試みられてきたバストアップの夢。
21世紀の現在、迷信や都市伝説ではなく科学的にバストサイズをアップさせる方法が発見されています。
サプリメントやクリームといったバストアップアイテムを使うこと、またこれらを使いつつエクササイズを行うこと、しっかり寝ること。
生活習慣を見直しつつ、効果的なアイテムを使用することが大切です。
効果的なアイテムの数々は、価格を抑えて購入できる海外製のものが個人輸入で手に入ります。
それぞれ決められている用法用量を守って正しく使用することでバストアップが望めます。

バストアップアイテムに関するよくある質問

Q.クリームとサプリを併用してもいい?
A,併用しても大丈夫です。
クリームとサプリを併用することで相乗効果が得られるだけでなく、たとえばサプリだけではなかなか手が回らないバストの保湿などもクリームを使用することでしっかり行うことができます。
実際、個人輸入代行サイトで販売されているバストアップアイテムの中には、塗るタイプのジェルと飲むタイプのカプセルがセットになったトータルカーブジェルカプセルセットのようなものもあります。

Q.バストアップサプリやクリームで性行為に支障は出ますか?
A.特に支障はありません。
バストアップクリームはしっとりとした保湿効果がある製品でベタベタすることはありませんし、サプリを飲んだからといって性行為で体調を崩すことはありません。
むしろ、愛あるセックスは女性ホルモンをたっぷり分泌させ、バストアップアイテムの働きを助ける効果すらあると言えます。

Q.バストアップサプリと薬で飲み合わせが悪いものなどありますか?
A.薬の中でも、特に経口避妊薬(ピル)とプエラリアミリフィカを含有するバストアップサプリは飲み合わせが悪いといわれています。
女性ホルモンのバランスが大きく崩れ、ピルの副作用である頭痛や吐き気などが起こりやすくなってしまう可能性があります。

Q.バストアップサプリで太ったりしませんか?
A.多少体重が増えることは考えられますが、いわゆる肥満体になるようなことは考えられません。
たとえばプエラリアミリフィカを含むサプリメントを服用すると、体内で女性ホルモンに似た働きが起こってバストサイズをアップさせるとされています。
女性ホルモンは、体をより女性らしくするという働きがあり、全体的に丸みを帯び、バストやヒップがボリューミーに育ちます。
そのため、輪郭線がふんわりして見える=ちょっぴり太ったように見えることがあるようです。

Q.バストアップアイテムを使うのをやめたら元に戻ってしまうんですか?
A.確かに、特に飲むタイプのバストアップアイテムの場合、飲むのをやめるとバストサイズがゆっくり元に戻ってしまうことが考えられますが、そうならないようにサイズを維持することができないわけではありません。
サプリをやめたあともバストアップクリームは使い続ける、バストアップに効果的なエクササイズを継続する、生活習慣に気をつける(睡眠をしっかりとる、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取する)といったことを心がけてください。