上へ
戻る

カテゴリ

まつ毛育毛

ここではまつ毛育毛剤について紹介します。
目ヂカラを出すためにもまつ毛は重要な役割を持っています。
まつ毛育毛剤を使用することで、自分のまつ毛をより長く、太くすることができます。

まつ毛育毛の商品一覧

まつ毛育毛剤とは

人の第一印象は目で決まる、と言われています。
具体的には、人は瞳がパッチリとして見える大きな目に魅力を感じます。長いまつ毛が目の輪郭をクッキリと際立たせる、そのような目が理想です。
まつ毛育毛剤は、その名の通りまつ毛をより濃く、長くすることができる医薬品です。
付けまつ毛などとは異なり、ナチュラルな仕上がりになるのが最大のポイントです。
魅力的な目を自然に作ることができます。
毎朝のメイクにも時間をかけることがないというのも大きなメリットと言えます。

まつ毛が生えるメカニズム

まつ毛は、長く伸びることで目の輪郭を縁取ってパッチリした魅力的な目をつくりますが、本来は空気中に舞う埃が眼球を傷つけないように守るという働きがあります。
髪の毛をはじめとするほかの体毛と同じように、成長期・退行期・休止期からなる毛周期に従って定期的に生え変わり、常につやつやとした状態を保っています。
まつ毛の毛周期のサイクルは3~4ヶ月で、毛が抜ける休止期は季節の変わり目に訪れると言われています。
まつ毛にエクステをつけるまつエクを使っている場合、休止期にはとれやすくなり、まつ毛と一緒にとれてしまうので注意が必要です。

まつ毛育毛剤の効果

日本人のまつ毛の長さは、平均で10mm程度と言われています。
海外の人、特に欧米の人に比べると約3mm短く、量も少ないという特徴があります。
まつ毛をより長く、また量をより多くする効果があるまつ毛育毛剤は、私たち日本人の目をナチュラルにより美しくしてくれる医薬品と言えるのです。

有効成分ビマトプロストの効果

まつ毛育毛剤に含まれる有効成分ビマトプロストは、もとは視神経に異常をきたして視野が極端に狭くなる緑内障という病気を治療するための薬効成分として開発されたものでした。
ルミガンという名称で販売が開始され、確かな効果を持つ医薬品として広く使用されていましたが、そのうちまつ毛が伸びる、太くなる、量が増えるといった副作用が報告されるようになりました。
ルミガンを開発した製薬メーカーはあらためてまつ毛育毛剤として研究を行い、2008年にはアメリカで正式にまつ毛育毛剤として認められました。
有効成分のビマトプロストには、まつ毛の毛周期の成長期を延長させるという効果があります。
まつ毛が毛根から栄養を吸い上げて成長する期間が延びることで、濃く長くなるわけです。
また、まつ毛のメラニン色素の合成を活性化させるという効果があることも判明しています。
この効果によって、まつ毛はより濃く、つやつやとした美しい色合いになります。

効果を実感するまでの期間

まつ毛を濃く長く育てる効果がある、まつ毛育毛剤の有効成分ビマトプロストが実際に効果を発揮するまでにはどれほどの期間がかかるのかですが、結論からいえば、効果が実感できるまでの期間は人それぞれですが、いずれにしても育毛剤を使いはじめたら翌日からまつ毛が伸びたというような即効性はありません。
早ければ1ヶ月以内に効果が現れることもあるようですが、平均的には3~4ヶ月といったところです。
そろそろ使い始めて2ヶ月になるのに全然伸びないと途中で止めてしまったり、量を増やしたりしないように注意してください。
用法用量を守りつつ根気よく使用し続けるのが、まつ毛をしっかり伸ばすためのコツと言えます。

まつ毛美容液との違い

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の大きな違いは、前者が医薬品であるのに対して、後者はあくまで美容用の製品=化粧品であるということです。
まつ毛美容液には、まつ毛をよりハリとツヤのある状態に保つ働きがあるとされていますが、まつ毛が伸びると明記されているわけではありません。
まつ毛が伸びるという育毛効果を明記できるのは、育毛剤のみとなります。
具体的には、アメリカ食品医薬品局(FDA)や日本の厚生労働省が認可を与えているルミガンなどの医薬品のみとなっています。

成分の違い

ルミガンをはじめとするまつ毛育毛剤に含まれているのは、2008年にアメリカ食品医薬品局(FDA)がまつ毛を伸ばす効果があることを認めたビマトプロストという成分です。
一方、まつ毛美容液に含まれているのはまつ毛の潤いを保ち、毛にハリとツヤを与える成分で、メインは天然成分です。
たとえば海藻エキスやセンブリエキスなどが代表的なものです。
いずれも保湿効果が期待できる成分とされており、またセンブリエキスにはまつ毛の酸化(老化)を防ぐ抗酸化作用もあると言われています。

効果の違い

まつ毛育毛剤と美容液の効果の違いは、文字通りそれぞれ育毛と美容です。
まつ毛育毛剤がまつ毛を長く濃く育てる効果を持っている一方、まつ毛美容液にはまつ毛をより美しくする効果があるとされています。
具体的には、まつ毛美容液は成長期にあるまつ毛をより上質なものにする効果が期待できると言えます。
毛根から栄養を吸収する成長期のまつ毛が成長をストップさせる退行期を迎えるまでの間、ハリとコシとツヤのある状態を保つというのが、まつ毛美容液の役割です。
一方、まつ毛育毛剤は成長期を延長させるビマトプロストの働きによって、まつ毛のハリやコシ、ツヤを保つことはもちろん、確実にその量を増やし、長さを伸ばすことができます。

副作用の違い

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液のうち、特に副作用の可能性があるのはまつ毛育毛剤のほうです。
まつ毛美容液は、天然成分がメインであるということもあって副作用の可能性はほぼないとされていますが、まつ毛育毛剤の有効成分であるビマトプロストは、人によっては副作用を招く場合があります。
主な副作用は眼球の充血です。
まつ毛に塗る際、誤って目の中に入ってしまったときに起こる可能性があります。
ただし、ビマトプロストはもともと緑内障を治療するための点眼薬(目薬)として開発された薬効成分なので、副作用が現れたとしても心配する必要はありません。

購入できる場所の違い

有効成分ビマトプロストを含有するまつ毛育毛剤は、眼科クリニックや美容クリニックで医師に診てもらって処方箋を出してもらうか、医薬品専門の通販サイトで海外から取り寄せることで購入できます。海外製のまつ毛育毛剤を通販で購入する場合、医師の処方箋は不要となっています。
一方、まつ毛美容液はビマトプロストを含まない化粧品のカテゴリーに含まれる製品であり、その多くはドラッグストアで購入することが可能です。

まつげ美容液とまつげ育毛剤どちらがおすすめ?

まつ毛の本数を増やしたい、ボリューム感のあるまつ毛でより目もとをパッチリさせたいというとき、よりお薦めなのはまつ毛育毛剤と言えます。
ビマトプロストを有効成分とするまつ毛育毛剤ルミガンを開発した製薬会社のアラガンは臨床試験のデータを公開していますが、試験に参加した人のうち約8割がまつ毛の変化を実感したとしています。
まつ毛が長くなった、まつ毛の密度が劇的に高まったという結果が出ており、確かなボリュームアップ効果があることを立証しています。

まつ毛育毛剤の購入方法

ルミガンをはじめとする、ビマトプロストを有効成分として含有するまつ毛育毛剤は病院で処方してもらうことができますが、ほかにも通販で購入するという方法があります。
海外で流通しているルミガンやそのジェネリック医薬品などを取り寄せるという方法です。

医療機関での購入

眼科や美容皮膚科のクリニックで購入できる(処方してもらえる)まつ毛育毛剤は、ボトル1本(5ml)あたり16,000~17,000円にのぼることもある高額な医薬品です。
その理由は、健康保険の適用外であることです。
たとえば、日本の病院で一般的に処方されているのはビマトプロストを含有するグラッシュビスタというまつ毛育毛剤で、厚生労働省によって承認されてはいますがまつ毛の育毛に使用する場合は健康保険適用外の自由診療となります。

個人輸入代行サイトでの購入

海外製医薬品の通販サイト(個人輸入代行サイト)を使って購入する場合、まつ毛育毛剤は病院で処方してもらうよりもはるかに安く購入することができます。
日本製のグラッシュビスタが16,000円ほどかかる場合もあるのに対して、通販で購入できる(個人輸入できる)ルミガンは、同じ有効成分ビマトプロストを含み、同じ効果を現しますが価格は2,000円程度です。
8分の1の値段で手に入れることができるわけです。
また、ルミガンのジェネリック医薬品(後発医薬品)を選んだ場合はさらに安く購入することができます。

通販で購入できるまつ毛育毛剤

通販(個人輸入)で購入できるまつ毛育毛剤は、アラガンというアメリカの製薬会社が製造・販売するルミガンをはじめ、海外で流通する製品です。
また、たとえばインドに本社を置く世界的なジェネリック医薬品製薬会社、サンファーマ社によるケアプロストのようなジェネリック医薬品も扱われています。
共通しているのは、まつ毛の育毛効果です。
ルミガンもケアプロストも、またその他の育毛剤も、有効成分としてアメリカ、日本の公的機関が認めた育毛成分ビマトプロストを含んでおり、用法用量を守って正しく使用することで、高い確率でまつ毛の育毛効果を発揮します。

ルミガン

ルミガンはアメリカの製薬会社、アラガン社が製造・販売する医薬品で、本来は緑内障の治療薬です。
有効成分のビマトプロストは眼圧を正常にすることで緑内障の進行をストップさせる働きがありますが、同時に使用者の間でまつ毛が濃くなると話題になり、研究の結果、まつ毛を濃く、長くする育毛効果があることが認められました。
現在では、緑内障治療ではなくまつ毛育毛のために使用されるケースが少なくありません。
日本の眼科・美容皮膚科クリニックなどで処方されるケースもありますが、万単位の料金がかかるのが一般的です。
一方、通販ではボトル1本あたり1,700円ほどで購入することができます。

ケアプロスト

ケアプロストは、ルミガンのジェネリック医薬品(後発医薬品)としてインドに本社を置くサンファーマ社が製造・販売する製品です。
有効成分はルミガンと同じビマトプロストで、薬のカテゴリーとしてはルミガンと同じく緑内障の治療薬です。
ルミガンとまったく同じ作用機序で緑内障の症状を抑えますが、これもまたルミガンと同じく、まつ毛育毛の効果があることからまつ毛育毛剤として使用されています。
通販ではボトル1本あたり1,300円ほどで購入することができます。

クラッシュビスタ

グラッシュビスタは、まつ毛育毛剤として正式に認可を受けた医薬品で、製造・販売を手がける製薬会社は緑内障治療薬ルミガンを開発したアラガン社です。
有効成分はルミガンと同じビマトプロストで、こちらは開発に際してまつ毛育毛に的を絞った臨床試験が行われた結果、たとえば抗ガン剤治療による副作用でまつ毛が抜ける睫毛貧毛症に対しても効果があることが立証されています。
通販ではボトル1本あたり1,600円ほどで購入することができます。

ビマトアイドロップ

ビマトアイドロップはインドに本拠を置くアジャンタファーマ社が製造・販売を手がけるルミガンのジェネリック医薬品です。
ルミガンの有効成分であるビマトプロストを含有し、用法用量を守って使用することでまつ毛の育毛効果を発揮します。
ビマトプロストはまつ毛の毛周期(育毛の周期)のうち、特に成長期を伸ばすことでより長く、より濃いまつ毛にする働きがあります。
日本ではジェネリック医薬品として承認されていないので、眼科や美容皮膚科のクリニックで処方されることはありません。
通販では1本あたり1,000円ほどで購入することができます。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、使用しやすくするための工夫が施されている場合が多いです。

安全性は?

ジェネリック医薬品って安全?という不安を抱く方もいると思いますが、少なくともまつ毛育毛剤のジェネリック医薬品に関しては安全性が高い医薬品であると言えます。
たとえば、ルミガンのジェネリック医薬品であるケアプロストは、インドのムンバイに本社が置かれているサンファーマ社によって製造・販売されていますが、サンファーマ社は現在、インドにとどまらず世界中に拠点を置く巨大な製薬会社となっています。
そんなメーカーが製造した医薬品は、製造元がしっかりしている、世界中で流通している安心できる医薬品と言えるのです。

当サイトでも扱っている

当サイトでも扱っているジェネリック医薬品、その最大のメリットは先発薬と同じ効果を、かなり安い値段で期待できるということです。
ジェネリック医薬品は、すでにその効果が折り紙付きの先発薬の有効成分を使って製造された医薬品です。
たとえばまつ毛育毛剤の場合、先発薬と同じくしっかり用法用量を守って使用することでまつ毛を伸ばすことができます。
さらに、開発コストが先発薬よりも抑えられていることから、料金はかなり安くなっています。
確かな効果を得たいけど、なるべくお金をかけたくないそのような方にお薦めと言えます。

利用者も多くなっている

ジェネリック医薬品を使用する人の数は、年々増えています。
通販サイトで先発薬ではなくジェネリック医薬品を選ぶというだけでなく、たとえば病院で薬を処方される際、ジェネリックでお願いしますという人も増えているようです。
大きな理由としては、厚生労働省を中心に日本政府がジェネリック使用を推進しているからです。
ジェネリック医薬品は病気を治療する人が安く薬を入手できるだけでなく、医療費の削減にも役立つ存在です。
そのこともあって厚労省ではより知名度を上げるための取り組みを行っており、利用者数が増えているのです。

まつ毛育毛剤の使用方法・注意点

まつ毛育毛剤は医薬品であり、正しい使い方を押さえておく必要があります。
正しく使用することで効果を発揮します。
もしここを読み飛ばして自分の思うままにまつ毛育毛剤を使用してしまった場合には、思わぬ体調不良に見舞われてしまうことがあります。
事前にしっかり使い方を確認し、気持ちよくまつ毛育毛を行ってください。

メイクを落とす

まつ毛育毛剤は、まつ毛の根もとに塗布する液状タイプの医薬品です。
筆のような形状のアプリケーターを使って塗っていきますが、その前にメイクをしている場合は落とし、汚れが残らないようにしっかり洗顔する必要があります。
汚れが残っていると、有効成分がうまく浸透しない、かゆみが出るといったことがあるので、要注意です。

少量を重ねて塗る

洗顔を終えたらいよいよまつ毛育毛剤を塗りますが、このとき、アプリケーターの先に薬液を1滴だけ含ませてまつ毛の根もとを撫でるように重ね塗りをするのがポイントです。
たっぷり塗りつければその分だけ早く効き目が出るような気がするかもしれませんが、かえって肌荒れの原因になる可能性もあります。

製品ごとの使用回数を守る

世にある医薬品はどんなものにも決められた用法用量というものがあり、しっかり守る必要があります。
たとえば、まつ毛育毛剤として使えるルミガンは1日1回と使用回数が決められています。
1日に何回も使ったり、1回に使う量が多かったりすると副作用の可能性が高まるので、注意してください。

有効成分ビマトプロストの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはルミガンも例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・目の充血
・まぶたの黒ずみ
・眼脂
・結膜充血
・点状角膜炎
・目の乾燥
これらの副作用はルミガンの服用で比較的多く報告されています。
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、直ちに医療機関で診察を受けてください。

有効成分ビマトプロストの併用禁忌・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はルミガンと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
ルミガンを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はルミガンと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用注意薬

・ラタノプロスト点眼液(目薬)
ラタノプロストには眼圧を低下させる働きがありますが、メカニズムは不明ながらもビマトプロストと併用することでその効果が半減してしまう可能性があります。

使用できない方

・まつ毛育毛剤の成分に対して過敏性の既往歴のある方
・無水晶体眼または、眼内レンズ挿入眼の方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性がある方

まつ毛育毛剤を使うメリット

まつ毛育毛剤は、簡単にいえば本数が少なく1本1本が少ないまつ毛を、ボリュームたっぷりにしてくれる医薬品です。
単に見た目が変わるというだけでなく、様々な効果があります。

メイクに時間がかからない

細く短く本数が少ないまつ毛を、できるだけ外向きにカールさせてパッチリさせたいと、毎日のアイメイクでビューラー片手に時間をかけて格闘していた方も多いかと思いますが、まつ毛育毛剤を使ってコシのあるまつ毛ができれば、ビューラーがなくても自然にカールさせ、時間をかけずにパッチリとした魅力的な目もとに仕上げることができます。

まつ毛の負担が減り、コスパもいい

まつ毛の色をより濃くすることでボリューミーに見せるマスカラですが、まつ毛育毛剤を使った増毛が実現した暁には、これも不要となります。
あるいは、サッと薄くつけるだけでパッチリとした目もとに仕上がります。
毎日マスカラを使っていると目の周りに負担が大きく、またお財布にも少なからぬ負担がありますが、大幅に軽減させることができるのです。

まつ毛が抜けにくくなる

まつ毛育毛剤には、まつ毛の毛周期(生えて抜けるまでのサイクル)のうち、特にまつ毛が栄養分を取り込んで成長する成長期を延長させるという働きがあります。
栄養の吸収をストップする退行期に移行するまでにたっぷり時間をかけるので、その分だけ濃く、長く、太く、コシのあるまつ毛に仕上がります。
結果的に、成長期の間は丈夫で抜けにくい状態になるのです。

まつ毛育毛剤で太く長いまつ毛を

まつ毛育毛剤には、目もとをパッチリ美しく見せるというだけではない、幅広いメリットがあります。
毎日のアイメイクが大変という方にもお薦めできる医薬品であると言えます。
また、まつ毛育毛剤は通販を利用して手軽に購入できるという点も大きなポイントと言えます。
ただし、あくまでも医薬品という点には気をつけることが大切です。
特に通販サイト(個人輸入代行サイト)を利用してまつ毛育毛剤を購入する場合は医師のアドバイスを直に聞く機会がないので、薬の用法用量についてしっかり押さえておく必要があります。
用法用量以上に使用すると思わぬ副作用に悩まされることもあるので要注意です。

まつ毛育毛剤に関するよくある質問

Q.まつ毛美容液と併用していいの?
A.併用することに問題はありませんが、同時に使用するのは避けてください。
たとえば今日は育毛剤、明日は美容液のように1日おきに使用するという方法がお薦めです。
毎日まつ毛育毛剤を使用していると、人によっては体質的にまぶたの黒ずみなどの副作用が現れやすくなってしまうようです。
2日に1回と使用頻度を落とし、間の1日は美容液でまつ毛ケアを行うことで、副作用の可能性を抑えつつまつ毛の育毛を進めていくことができます。
ただし、毎日使用する場合と比べて少々時間がかかるかもしれません。

Q.海外のものでも日本人のまつ毛に合う?
A.結論からいえば、問題なく使用できます。
たとえば、まつ毛育毛剤として世界的な知名度があるアメリカ製のルミガンは、日本の美容皮膚科クリニックでも処方されています。
まつ毛育毛剤は、海外で製造されているものも、日本語パッケージの製品も、有効成分は同じビマトプロストです。
含有量も用法用量も同じです。
決められた用法用量にしたがって使用することで、安心安全にまつ毛の育毛を成功させることができます。

Q.専用のアプリケーターじゃないと使用できない?
A.まつ毛育毛剤は先端に薬液を含ませる部分がついたアプリケーターを使いますが、絶対に専用アプリケーターでなければならないというわけではありません。
細い歯間ブラシ、リップブラシ(口紅を塗るための紅筆)などで代用することもできます。

Q.育毛剤を使用している期間でも化粧できる?
A.まつ毛育毛剤を塗ったあとですぐにアイメイクをすると、それが原因で有効成分がうまく浸透しなかったり、まぶたの黒ずみが起きてしまったりする可能性があります。
夜、メイクを落としたあとで使用することを心がけてください。

Q.ミノキシジルなどをまつ毛に使用してもいい?
A.お薦めはできません。
頭部の育毛効果があるといわれるミノキシジルですが、これは刺激が強い薬効成分です。目の周りの繊細な皮膚に触れる可能性があることを考えると、危険性が高いといえます。
アメリカ食品医薬品局(FDA)や日本の厚生労働省もその効果と安全性を認めている、ビマトプロストを含むまつ毛育毛剤を使用してください。

関連ページ

参考サイト
ビマトプロスト - Wikipedia

医療用医薬品 : ルミガン



医療用医薬品 : グラッシュビスタ