上へ
戻る

カテゴリ

避妊薬

避妊薬には様々な種類の製品が存在し、それぞれの使用用途によって使い分けができます。
アフターピル、低用量ピル、超低用量ピルなどがあり、有効成分も複数存在するため、自分の体質に合った避妊薬を探すことができます。
望まない妊娠や生理痛の軽減を図りたい方は避妊薬を用いての治療をお薦めします。

アフターピルの商品一覧

避妊薬とは?

避妊薬とは、緊急避妊薬や経口避妊薬となどいった医薬品の総称です。
科学的に生成された女性ホルモンを含有しており、服用することで女性ホルモンを体内に供給します。
その結果、女性ホルモン濃度を上昇させて排卵を抑え、子宮内膜が受精卵を着床できない状態になります。
これにより、性行為時に卵子が受精する、受精卵が着床するといった妊娠に必要となる過程が起こらなくなります。
また、避妊だけでなく、子宮内膜症などの女性にしか起こらない病気の予防や、生理不順の改善、また月経前症候群をやわらげることができます。
月経前症候群(PMS)とは、生理前に激しい頭痛や腹痛、イライラ感に悩まされてしまうことで、避妊薬によってその症状を緩和させることができます。
実際、特に海外では月経前症候群のために服用している女性が少なくありません。

どんな人にオススメ?

避妊薬の使用目的は、大きく分けて2つあります。
まず1つ目の目的は、女性主体の避妊を行いたいというものです。
避妊薬の使用によって行う避妊は、コンドームとは違い、女性が主体となって行うものです。
避妊方法の選択肢がコンドームしかない場合、コンドームをつけるのは嫌などという男性に流されるままに避妊をしない性行為におよび、望まない妊娠をしてしまうことも考えられますが、避妊薬を使用していれば女性が主導権を持って臨まない妊娠を回避できます。
また、女性が主体となって行う避妊方法にはいくつかのものがありますが、中でも避妊薬を使用した避妊方法は体への負担が少なく、各種の方法の中でも特に優れた避妊効果があります。
女性主体の避妊を行いたいと考えている人にとって、避妊薬は非常にお薦めできる医薬品です。
2つ目の目的は、女性にしか発症しない病気や症状の治療や予防、緩和を行いたいというものです。
避妊薬の中には、子宮内膜症の予防や卵巣がんの予防、月経前症候群の緩和といった効果がある製品があります。
生理の前後に発生する不快感や生理中の痛みを和らげたい、女性にしか起こらない病気や症状の予防を行いたいと考えている方にも、避妊薬の使用は非常にお薦めです。

薬局で買える?

避妊薬は薬局やドラックストアでは市販されていません。
なぜなら、避妊薬は服用するにあたって注意点が多く、病院で医師の診察を受けたうえで処方箋を出してもらい、調剤薬局に行って購入する必要があります。
日本国内で製造・販売されている避妊薬は、医療用医薬品(処方箋薬)というカテゴリーに属する医薬品です。
これはドラッグストアで購入できる頭痛薬などと違い、購入するためには医師の指示を受けていることを証明している処方箋が必要になる医薬品のことです。
まずは婦人科やクリニックに行き、診察を受けて処方箋を出してもらう必要があります。
また、避妊薬は月経困難症の治療のために使用する場合は保険が効きますが、避妊のために用いる場合は自由診療となります。
医療機関を経由せずに個人で避妊薬を手に入れるには、個人輸入代行を行っている通販サイトがあります。
副作用、服用する際の注意店、併用禁止薬などの知識を付けたうえで海外医薬品通販をご利用ください。

避妊の方法と費用について

避妊は、望まない妊娠を避けるために必要不可欠です。
避妊方法としては、避妊薬を服用すること、避妊具を使用すること、外科手術を受けることなどが方法として挙げられます。
一般的には、男性が使用するコンドームなどの避妊具を使用しての避妊方法が一番多いとされています。
外科手術は、卵巣と子宮をつなぐ卵管を切断し、クリップでとめる卵管結紮(けっさつ)手術と呼ばれるものです。
このうち特に若い女性にの場合には避妊薬の服用がよいとされますが、そのためには病院で処方してもらう、通販で購入するという2種類の方法があります。
病院で処方してもらうのは医師の説明や専門的なアドバイスを聞いたうえで使用できるのがメリットですが、特に2回目以降なら病院よりはるかに安く購入できる通販を利用するのがお薦めです。

医療機関・外科手術

医療機関を利用する避妊方法には、薬の服用だけではなく、IUD、IUSと呼ばれる避妊具の装着や外科的な手術によって避妊を行うことが可能です。
卵管結紮手術という外科手術により、卵管を切断して縛り、卵子が卵巣から子宮へ移動するのを防ぐことで不妊状態にする卵管結紮手術は、1回の手術で完全に妊娠を防ぐことができる方法といえます。手術時間は長くて30分ほどです。
料金は10~20万円が相場です。
ただし、避妊薬が服用をやめれば再び妊娠できるようになるのと異なり、手術の場合は再び妊娠できる状態に戻すことがきわめて難しいので、その点には注意する必要があります。
これらの方法は、基本的には保険が適応されない自由診療です。
健康保険が適用される治療の場合、治療費は3割負担ですみますが、病院で上記のような避妊治療を受ける場合、全額負担となるのが一般的です。

避妊薬を処方してもらう

避妊薬には緊急避妊薬と経口避妊薬がありますが、どちらも病院での処方がされています。
しかし、月経困難症での処方以外には保険適応のされない自由診療となります。
婦人科やクリニックなどの病院を利用する場合には、緊急避妊薬で16,000円ほどかかり、経口避妊薬の場合は毎回1シートで2,500円~3,000円ほどかかります。
そのほか、別途診察料などがかかる場合もあります。

個人輸入による通販での購入

避妊薬は病院で処方の他に通販サイトで海外の物を個人輸入することができます。
通販サイトでの購入の場合は、病院での処方より価格を抑えて購入出来るほか、病院に通院する時間もかからずに購入することができます。
しかし、通販サイトでの購入の場合、処方とは異なり個人での判断になるため、服用方法や副作用、併用禁忌などを自分で調べなければなりません。
また、偽物を取り扱っているサイトなどもあるため、注意が必要です。

通販で購入できる避妊薬

通販で購入できる避妊薬には、大きく分けて4種類のものがあります。
1つ目はアフターピルです。
モーニングアフターピル、緊急避妊薬と呼ばれるもので、避妊に失敗した際の緊急避妊のために使用されます。
2つ目は低用量ピルです。
こちらは恒常的に使用することによって、体を妊娠しない状態にとどめ、望まない妊娠を防ぐことができます。
3つ目は超低用量ピルです。
低用量ピルと同じ効果を発揮する製品ですが、より含有する成分量が少ないタイプのもので、体への負担を抑えることができます。
4つ目は避妊パッチや避妊フィルムなどの外用薬です。
避妊パッチは体に貼ることで避妊薬を服用するときと同じ効果を発揮する製品で、錠剤を服用するのは苦手という方も安心して使えるのが特徴です。
これら4種の避妊薬に共通している効果として、身体が妊娠しにくい状態を作り出すことができる、という効果があります。
いずれも女性ホルモンのバランスを整えることで、望まない妊娠を防ぎます。
効果は同じですが、低用量ピルや超低用量ピルは決められた用法用量を守って錠剤を服用していくものであり、避妊パッチは錠剤を服用できない方のためのもの、またアフターピルはあくまで緊急避妊用の薬と、それぞれ用途が異なっているので体質や状況に合わせて選ぶ必要があります。

アフターピル

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれる医薬品です。
行為中にコンドームが破れたことに気づかなかったなど、避妊に失敗した可能性があるときになど服用します。
主成分のノボノルゲストレルが女性ホルモンのバランスを変化させることによって、仮に妊娠しやすい状態になっていた場合でもその状態を強制的に崩し、排卵を抑える効果があります。
これにより、膣や子宮内に精子が侵入したとしても受精しにくい状態を作ります。
できるだけ早い時期での服用が必要で、12時間以内の服用なら99%以上という高い確率で妊娠を回避することが可能です。
ただし、服用が少々遅くなったとしても効果が現れないわけではありません。
72時間以内の服用でも80~85%の確率で妊娠を回避できるとされています。

低用量ピル

低用量ピルはエストロゲン、プロゲステロンという2種類の女性ホルモン剤を主成分として作られています。
服用後、体内のホルモン濃度が上昇することによって脳が卵巣からエストロゲンやプロゲステロンが分泌されていると錯覚を起こし、排卵や子宮内膜の発育を抑えます。
その結果、性行為の際に受精することなく、また着床もしないといった状況を作ることができます。
同時に子宮内膜症の予防や月経痛・PMSの緩和といった効果も得られます。
低用量ピルはアフターピルとは違い、恒常的に使用することによって初めて効果が現れる避妊薬であるため緊急時の使用では避妊効果は得られませんが、継続することによって、99%近い避妊率を得られます。

超低用量ピル

超低用量ピルは低用量ピルの1種で、含有する成分は低用量ピルと同じくエストロゲン、プロゲステロンです。
そして超低用量という名前からも分かるように、使用されている成分量が少なく副作用が現れる可能性が抑えられているというのが特徴です。
少ない量で効果を発揮するので、吐き気やめまい、頭痛といった副作用の原因になるとされるエストロゲンの含有量を抑えることができ、その結果として副作用の少ない避妊薬となっています。
また、月経困難症や月経前症候群(PMS)などを改善する効果もあり、低用量ピルでは副作用が出て困ったという方などにお薦めです。

避妊具

避妊用フィルム、避妊パッチといった避妊具も通販で購入することが可能です。
特に避妊用フィルムは、日本では未認可であるものの欧米ではドラッグストアでも購入できるポピュラーなアイテムです。
殺精子剤を主成分とするフィルムを膣内に挿入し、フィルムが溶けることで射精により膣内に侵入した精子を全滅させ、妊娠を防ぐ効果を発揮します。
避妊パッチは体に貼ることで女性ホルモンのバランスを変化させる経口避妊薬と同じ効果を得られるアイテムです。
1週間ごとに貼りかえることで常時、妊娠しにくい状態をキープすることができます。
これらの避妊具は、錠剤を服用することに抵抗がある方にお薦めです。

避妊薬を通販で購入するメリット

通販を利用して避妊薬を購入するメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。
・人に知られず購入できる
通販を利用した場合、病院へ行って処方してもらう必要がないため、避妊薬を処方してもらっていることを第三者に知られるようなことはありません。
・病院処方と比べて価格が安価である
通販サイトでは病院よりも安価に避妊薬を購入することが可能です。
低用量ピルや超低用量ピルを長期間使用する際には金銭的負担を軽くすることができます。
・アフターピルを買い置きできる
医療機関ではアフターピルの事前処方を行っていませんが、通販の場合であれば事前購入が可能なので、もしもの場合に備えることができます。

避妊薬の服用方法と注意点

避妊薬にはアフターピル、低用量ピル、超低用量ピルなどさまざまな種類のものがありますが、それぞれに服用のタイミングや服用にあたって注意すべきポイントが異なります。
それぞれの目的に合わせて押さえておくことが必要です。

アフターピル

アフターピルの服用方法は、性行為後72時間以内に1錠服用するというノルレボ法が主流ですが、服用が早ければ早いほど避妊効果は高まります。
アルコールとの併用により服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合、アフターピルの効果がなくなってしまう可能性があり、飲み直しが必要になります。
服用後のアルコールは控えてください。

低用量ピル

低用量ピルの服用方法は21日間服用を続け、7日間の休薬期間を設けます。
2日以上の飲み忘れが発覚した場合、気がついた時点で前日分の1錠を服用し、当日分を通常の時間通りに服用をすることで継続した避妊効果が得られます。
また、ピルの服用後にアルコールの作用によって嘔吐してしまった場合、ピルが体外へ吐き出されてしまい効果が弱まってしまう可能性があるため、飲酒は要注意です。

超低用量ピル

超低用量ピルの服用方法は、低用量ピルと同じく21日間の服用期間、7日間の休薬期間を設け、恒常的に服用していくことで避妊効果を得ることができます。
飲み忘れた場合の対処法、アルコールとの付き合い方も低用量ピルと同じです。
ただし体への負担を軽減できるので、アルコールによる影響も低用量ピルに比べれば抑えることができます。

避妊具

避妊パッチや殺精子剤を含有する避妊フィルムといった避妊具のうち、使用にあたって注意すべきなのは避妊フィルムです。
単体での避妊効果が低用量ピル、コンドームを使った避妊方法と比べて決して高いものではないので、ほかの避妊方法と組み合わせてより確実な避妊を可能とするサポート用のアイテムとして使用するのがお薦めの方法といえます。

副作用

避妊薬を使用した際に発生する可能性がある副作用として、吐き気や頭痛、体重の増加、胸のハリ、むくみなどの症状があります。
これらは体外から女性ホルモンが供給され、一時的なホルモンバランスの乱れを起こす関係で発生するものです。
使用後1~3ヶ月ほどで体内のホルモンバランスが整い、副作用は改善されていきます。

アフターピル

アフターピルを服用した際に発生する確率が高い副作用として吐き気や眠気、胸のハリといった症状があります。
アフターピルが身体に吸収され、体内のホルモン量が正常な値に戻っていくにしたがって、副作用は沈静化していきます。
またノボノルゲストレルを主成分とするアフターピルなら、副作用が起こる可能性が抑えられているので体質的に副作用が出やすいという方も安心です。

低用量ピル

低用量ピルの服用によって発生する副作用として吐き気、倦怠感、不正出血、頭痛、胸のハリ、むくみといった症状があります。
服用開始後、平均して2ヶ月で沈静化します。
しかし3ヶ月以上経過しても症状が改善しない、もしくは悪化する場合、使用されている成分が原因で副作用が起こっている可能性があるため、別種の製品に切り替えるなどの対応を取る必要があります。

超低用量ピル

超低用量ピルは低用量ピルと同様の成分を使用しているため、副作用も低用量ピルと同じく、吐き気や頭痛、むくみ、倦怠感などが考えられます。
ただし、低用量ピルよりも副作用が発生する可能性が抑えられています。
低用量ピルと同じく、1~2ヶ月ほど様子を見つつ、3ヶ月経っても副作用が軽減されない場合は別種の超低用量ピルに切り替える、という方法で対応することが可能です。

避妊具

避妊パッチは、ホルモンバランスの一時的な変化による吐き気や頭痛、また皮膚が敏感な乳房などに貼ることによって肌荒れが起こる可能性があります。
肌荒れを防ぐために1回ごとに貼る場所を変える必要があります。
一方、殺精子剤を含む避妊フィルムは、体質によって膣内の粘膜が荒れてかゆみなどがあらわれる場合があります。
使用後はしっかり洗浄して洗い流すといった対処が必要です。

避妊薬には多くのジェネリックがある

低用量ピルやアフターピルをはじめとする避妊薬には、先発薬とジェネリック医薬品という2種類のものがあります。
先発薬は長い年月をかけた研究開発によって生み出された、ある分野における世界初の薬のことです。
たとえばフランスの製薬会社HRA社が開発し、1999年に販売がスタートしたアフターピルノルレボ(Norlevo)は、従来のものより副作用を抑えることができるノボノルゲストレルを有効成分とした先発薬です。
一方、ノルレボよりあとに、同じくノボノルゲストレルを有効成分として製造されたアイピルなどの後発医薬品をジェネリック医薬品と呼びます。
研究開発のコストがかかっていないため、料金が先発薬に比べて格段に安いという特徴があります。
現在、多くのジェネリックの医薬品はインドの製薬会社によって生み出されています。
ジェネリック医薬品は通常、先発薬が発売されてから、特許期間を満了した後販売されますが、インドでは製法特許のみが適応されており、製造方法が異なればジェネリック医薬品の販売が可能となります。
先発薬を開発した製薬会社や世論の反発から、2005年に法改定を経てインドでも医薬品の特許が適応され、ジェネリック医薬品を製造することができなくなりました。
しかし、インドで製造されたジェネリック医薬品は低価格で品質が良いため、発展途上国の貧困層に多く使用され、国境なき医師団からも進んでインドジェネリックは使用されています。
そのため、法改定以降も異議申立制度が存在し、世界各国の貧困層の方はもちろん、一般の人が簡単には買えないような値段である薬は現在も特許が認められていません。
先発薬を開発した製薬会社はインドで簡単に特許が認められないという現状で、いまだに世界中の国々でインド製のジェネリック医薬品が使用されています。

避妊薬との付き合い方

現在の日本では、コンドームを用いた男性主体の避妊方法が一般的です。
一方、低用量ピルをはじめとする避妊薬の使用は、女性が主体的に避妊を行える方法であり、世界的にはこちらが主流になっています。
また避妊以外にも、子宮内膜症や月経痛といった女性ならではの症状の改善・予防も可能です。
女性だからこそのさまざまな悩みを解決する頼もしい味方、そんな医薬品であるといえます。
現在ではさまざまなタイプの避妊薬が販売されているので、Aという薬が体質に合わず副作用が出てしまうという場合も、Bという薬に切り替えることで副作用もなく快適な生活を送ることができるようになるでしょう。
副作用の可能性を極限まで抑えた超低用量ピルもあり、選択の幅が広がっています。
また、コンドームなどを使った避妊に失敗してしまったとき、特にアフターピルと呼ばれるような医薬品を利用することによって、80~90%以上の確率で緊急避妊を行うこともできます。
これらの避妊薬は、医薬品専門の通販サイトで購入することが可能です。
安価に購入できる、誰にも知られることなく購入できる、アフターピルを常備薬として持っておけるといったさまざまなメリットがあります。
豊かな性生活を、そして女性としてもっと美しく輝くために、活用するのも1つの手段といえます。

性感染症に注意

避妊薬の使用が増えたことにより、性感染症の患者が増えているそうです。
これまでの避妊ではコンドームが主流でしたが、それは性感染症の予防にもなっていました。
避妊薬は性感染症を防ぐことはできません。
回避方法としてコンドームの使用が有効ですが、複数の相手との性行為は性感染症のリスクを高めてしまうので、性行為の相手を決めておくのが無難です。
性感染症は自然治癒では治らないので、少しでも「性病かも」と異常を感じたら、相手にうつすリスクになるのですぐに治療をしてください。

避妊薬の通販に関する「よくある質問」

Q.インターネットで売っている薬の方が安いのはなぜですか?
A.ジェネリック医薬品が多く販売されているからです。 ネット上の通販サイトには、日本国内では処方されていない、主にインド産のジェネリック医薬品が並んでいます。 ジェネリック医薬品は製造コストを先発薬に比べて抑えているので、それに伴って販売価格も低価格です。 国内で処方されるものと同じ有効成分を使用していながらも料金は安いということで、安心してお得に購入することが可能です。

Q.個人輸入では避妊薬の偽薬が出回っていると聞くけど本当ですか?
A.出回っているのは事実です。 一部の悪質な通販サイトでは効果のない偽薬が正規品として販売されている場合もあります。 通販を利用する際には、事前に口コミをチェックするなどして悪質な通販サイトの利用を回避し、正規品を購入できるサイトを利用する必要があります。 また不安な場合は医師に相談し、安全な薬であるかどうかチェックしてもらうというのも方法のひとつです。

Q.病院で避妊薬を処方してもらうとき、内診や検査は必要ですか?
A.内診や特別な検査は基本的に必要ありません。 避妊薬の処方の流れとしては、まず婦人科や産婦人科へ行き、問診表の記載を行います。 その後、診察室で医師と向き合い、問診表の内容に沿って問診を行い、血圧や体重の測定を行います。 さらに避妊薬の服用方法に関する注意点、副作用についての説明を受けたあとで処方してもらうことになります。 なお通販を利用する場合には、問診や病院に行く必要もありません。

Q.ピルがお腹の赤ちゃんに影響することはありますか?
A.妊娠に気づかなかった妊婦がある程度、避妊薬を服用し続けたために胎児に悪影響を及ぼした、というデータは現在のところありません。 ただし、妊娠後にたとえば1年以上、長期間にわたって使用を続けた場合の影響について調査はされていないため、何かしらの影響が現れる可能性は100%否定できるものではありません。 妊娠が発覚した際にはすみやかに避妊薬の服用を中止することをお薦めします。

関連ページ

参考サイト
避妊 - Wikipedia