上へ
戻る

カテゴリ

低用量ピル

避妊や生理周期の安定のために日本でも多く使用されている低用量ピルについて紹介します。
ジェネリックも多く存在するため、同じ有効成分で同等の効果を、価格を抑えられる特徴があります。
有効成分も複数存在し、それぞれ使用方法も異なる低用量ピルですが、どの種類も正しく使用することで、高い避妊率と生理痛の軽減が図れます。

低用量ピルの商品一覧

低用量ピルとは

低用量ピルは避妊に利用される経口避妊薬のひとつです。
低用量ピルはエチニルエストラジオール、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンを主成分としています。
使用目的としては大きく2つのものがあります。
1つ目は望まない妊娠を防ぐこと、2つ目は月経困難症(PMS)の症状をはじめ、卵巣がんや子宮内膜症など、女性にのみ発生する悩みを解消し、病気を予防、また軽減することです。
コンドームなど男性が主体となって行う避妊方法ではなく、女性が主体となって行う避妊を実践したいと思っている女性、そして女性にのみ発生する悩みや病気の予防、解消を行いたいと思っている方に非常にお薦めできる医薬品です。

低用量ピルのジェネリックとは

低用量ピルには多くのジェネリックが存在します。
低用量ピルを入手する際には、婦人科や産婦人科を受診し、簡単な診察のうえで処方してもらうことができます。
しかし、低用量ピルは保険が適応されない自由診療の対象ということもあって、料金が高めです。
これらの点に不便を感じる方にお薦めなのは、ジェネリック医薬品です。
海外で使用されている医薬品を個人輸入するという方法で、より料金が安めに設定されているジェネリック医薬品を選ぶことができます。
日本の婦人科やクリニックで処方される先発薬に比べ、通販で購入できるジェネリック医薬品は半分以下の料金で購入できます。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。

先発薬との違いは?

先発薬とジェネリック医薬品の薬の効果については、大きく変わるものではありません。
先発薬に含まれているのと同じ有効成分を、同量含まれているのもがジェネリック医薬品であり、有効成分が体にもたらす作用にも違いはありません。
2つの薬の違いはその外見、また価格にあるといえます。
たとえば先発薬は白くやや苦みのある錠剤、ジェネリック医薬品は淡いピンクで口あたりが甘く飲みやすい錠剤という違いが見られる場合があります。
先発薬のあとに、先発薬と同じ成分を使って作られるジェネリック医薬品は有効成分だけは同じものでなければならないとされていますが、それ以外の部分は製薬会社に任されています。
より見栄えがよく飲みやすい薬にするために、ジェネリック医薬品を製造する製薬会社が各々、工夫をこらしています。
低用量ピルの場合には、錠剤ではなく皮膚に貼るタイプの避妊パッチとして販売している製薬会社もあります。
皮膚から有効成分を取り込むタイプの低用量ピルで、錠剤を飲むのが苦手だという方も気軽に使用できます。
また、ジェネリック医薬品はすでにある先発薬の有効成分を使用しているため、研究開発の手間やコストをかけることなく効果が保証された医薬品として世に出ています。
その分だけ料金が安いというのも大きな違いです。

ジェネリックがオススメの人

低用量ピルのジェネリック医薬品は、特に避妊のためにピルを必要としている女性にお薦めです。
通販で購入できる海外製のジェネリック医薬品は、日本国内の婦人科やクリニックなどで処方されている低用量ピルよりもはるかに低価格です。
クリニックによって異なりますが、先発薬の低用量ピルを処方してもらうとなると、1シート28日分が2,000円前後です。
避妊は必ずしも人の健康に重大に関わるものではないので健康保険が適用されず、処方にあたっては100%自己負担となります。
ただし、月経困難症の症状緩和のために服用する場合には保険が適用されます。
そのうえに診察料金がかかる場合もあり、継続して服用し続けようと考えている場合にはなかなかの出費となります。
一方で、通販で購入できるジェネリック医薬品の中には、その半額以下で購入できるものもあります。
ジェネリック医薬品も先発薬と同じく、体内のホルモンバランスに影響をもたらして排卵を抑える効果があります。
まったく同じメカニズムにより、妊娠しにくい状態を保つことで避妊を成功させます。
より安く抑えたいという方には、特にお薦めです。
また、低用量ピルには第1~4世代までさまざまな種類のものがあり、それぞれに含まれている黄体ホルモンが異なるという点もポイントです。
人によってどの世代の低用量ピルが体質に合うかはさまざまですが、ジェネリック医薬品もあわせて豊富なラインナップをそろえている通販なら、自分に合うものをより低価格に購入することができます。

有効成分エチニルエストラジオールとは

低用量ピルは有効成分としてエチニルエストラジオールという成分が使用されています。
エチニルエストラジオールは人工的に合成されて作られた卵胞ホルモンによく似た働きをする成分で、女性ホルモン剤と呼ばれる種類の医薬品です。
エチニルエストラジオールと黄体ホルモンを同時に摂取すると、脳は体内の卵胞が成熟しきった状態にあると判断するようになります。
その結果、脳が卵胞の成熟に必要となるホルモンの分泌を止めます。
卵胞の成長がストップし、排卵や子宮内膜が分厚くなるといった妊娠に向けた体の変化が抑さえられます。
この効果が続いている間は、性行為によって精子が体内に入ってきた場合も受精が起こらず、着床、妊娠を防ぐことができます。

薬によって有効成分が異なる

低用量ピルには第1~4世代の4種類があります。
いずれもエチニルエストラジオールが含有されていることは共通していますが、同時に含む黄体ホルモンの種類はそれぞれ異なります。
第1世代には、黄体ホルモンとしてノルエチステロンを含有しています。
高い避妊効果、また生理不順を解消する効果などがあります。
第2世代のピルは、黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルを含有しています。
黄体ホルモンの量が第1世代よりも少なく効果が強いというのが特徴です。
第3世代のピルでは黄体ホルモンとしてデソゲストレルやゲストゲンを含有しています。
それ以前の低用量ピルよりも副作用を抑えた仕様になっている点が特徴です。
そして第4世代のピルでは黄体ホルモンとしてドロスピレノンという成分が使用されています。
避妊効果、月経困難症の緩和に加えて利尿作用もあり、余分な水分を排出してむくみを解消する効果を得ることができます。

低用量ピルの種類

低用量ピルは含有する黄体ホルモンの種類によって第1~4世代に分けられますが、それ以外にもさまざまな種類のものが販売されています。
たとえば、エチニルエストラジオールに加えて酢酸シプロテロンという成分を含む低用量ピルがあります。
この成分は男性ホルモンの分泌を抑えてホルモンバランスを調整し、高い避妊効果に加えてPMSの症状を軽減する働きがあります。
また男性ホルモンが抑さえられることでニキビや多毛といったお悩みを解消し、美肌をもたらします。
さらに女性器に挿入することで効果を発揮するリング状の避妊具、皮膚から有効成分を取り込む避妊パッチといったアイテムもあります。

日本国内の低用量ピル

日本の製薬会社が販売し、婦人科やクリニックで処方されている低用量ピルの中でも代表的なものは以下の通りです。

・マーベロン
MSD社が販売するマーベロンは、日本でも多く販売されている低用量ピルです。
服用にあたっては21日間服用し、7日間の休眠期間をとります。
デソゲストレル、エチニルエストラジオールの含有量が一定に含まれている錠剤です。
クリニックで処方される際の料金は1シート2,100~2,600円です。

・トリキュラー
バイエル社が販売するトリキュラーは、日本で最も普及している低用量ピルのひとつです。
服用にあたっては21日間服用し、7日間の休眠期間をとります。
ノルエチステロン、エチニルエストラジオールの含有量が6錠、5錠、10錠で段階的に減少するタイプで、より穏やかに効果を発揮します。
クリニックで処方される際の料金は1シート2,200~2,300円です。

・アンジュ
あすか製薬社が販売するアンジュは、トリキュラーのジェネリック医薬品です。
アンジュは有効成分や服用の方法もトリキュラーに準じます。
クリニックで処方される際の料金は1シート約2,100円です。

海外の低用量ピル

海外で販売されている低用量ピルには多くの種類があります。

・ダイアン35
メリアンと同じくバイエル社が製造と販売を行っている低用量ピルのダイアン35は、酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールを有効成分としています。
酢酸シプロテロンには男性ホルモンの活動を抑える働きがあり、避妊効果だけでなくニキビ改善などの効果も見込めます。
通販では1シート1,500円で購入可能です。

・セラゼッタ
オルガノン社が販売するセラゼッタは、マーベロンのジェネリック医薬品です。
服用にあたっては28日間服用し、21日間は成分の含有されている錠剤で、7日間はプラセボ錠を服用します。
21日間はデソゲストレル、エチニルエストラジオールの含有量が一定に含まれている錠剤です。
通販では1シート2,300円で購入可能です。

・エブラ
ジョンソン社が販売するエブラは経口避妊薬ではなく、肌に直接貼るタイプの低用量ピルです。
ノルエルゲストロミンとエチニルエストラジオールを有効成分としています。
貼るタイプの低用量ピルのため、毎日錠剤を飲む必要がないという特徴があります。
通販では3,600円前後で購入可能です。

低用量ピルを通販で購入するメリット

低用量ピルには国内外合わせて多くの種類があります。
国内の低用量ピルは処方してもらうにあたり、病院に行く診察を受けるなどして処方してもらわなければ購入ができません。
さらに、医療機関で処方してもらう場合は自由診療となるため、保険適用外となるので費用はすべて自己負担です。
海外の低用量ピルを通販で購入する場合には、価格を抑えて購入できるだけでなく、海外の様々なタイプの低用量ピルを購入することができます。


また通販を利用する場合、婦人科やクリニックに通院せずにすむこともポイントです。
海外では避妊のために、そして生理の調子をやわらげて快適な日々を送るためにピルを使用する女性が多く、認知度が高いものではありますが、日本ではどこか後ろめたいものというイメージが抜けきれないところがあります。
クリニックでは他人の目が気になり、精神的な負担を感じてしまうという方も多いはずです。
一方、通販を利用する際にはそのような間違った認識による偏見の目で見られることもなく、手軽にピルを購入し、快適な生活を実現することができます。

クリニック、病院

婦人科やクリニックを利用して低用量ピルを処方してもらう場合、以下のようなメリットが考えられます。
・診察を受けたうえで処方してもらえる
・診察を受けに行ったその日に処方してもらえる
低用量ピルを処方してもらうために医療機関に行く場合、受付で低用量ピルを希望する旨を伝えると、簡単な問診、服用している薬の有無、過去の病気の有無などを聞かれ、体温や血圧の測定などを行い、その後に低用量ピルを処方されます。
体質に合うと考えられるものを処方してもらえるので安心して使用できます。
また、万が一処方された低用量ピルが体に合わなかった場合は再度受診し、相談して別の製品に切り替えることも可能です。
専門家のサポートを受けながら服用できるというのが大きなメリットといえます。
医療機関でピルを処方してもらう場合、保険が適応されないため、ピルを処方してもらう際には比較的高額な処方費が必要となります。
クリニックによって価格は異なり、1シート(服用21日間&休薬7日間)の低用量ピルで1万円近い額がかかるところもあります。
基本的には2,000円から3,000円で処方され、そこに追加で診察料をはじめ諸々の費用がプラスされるということになります。
診察にかかる時間もクリニックによって異なりますが、早ければ診察室に入ってから15分~30分ほどでピルを処方してもらえることもあります。

通販サイト

通販を利用して低用量ピルを購入することのメリットは、手軽に安く購入できることです。
海外製の安全で安価な低用量ピルがそろっており、1シートが1,200~2,000円で購入できます。
ただし、商品を注文してから手もとに届くまでに1~2週間ほどの時間がかかってしまうという点には留意すべきです。

先発薬との違いは?

通販サイトでは、海外で流通している豊富な低用量ピルの先発薬、ジェネリック医薬品の中から選んで購入することが可能です。
トリキュラーの1シートあたりの料金は、クリニックで処方される場合2,200~2,300円です。
一方、トリキュラーのジェネリックであるオブラル-Lは通販を利用して1シート1,200円で購入可能です。

通販でしか購入できない低用量ピル

あえてクリニックではなく通販を利用する、その大きなメリットは通販でしか購入できない低用量ピルがあるということに尽きます。
海外で製造販売されている低用量ピルを扱う通販サイトなら、日本では承認されていないものの海外ではすでに人気薬となっているものも手軽に購入することが可能です。
また、日本では避妊薬といえば錠剤タイプの経口避妊薬が一般的ですが、海外では避妊リング、避妊パッチといった経口薬ではないものも販売されています。
そのような製品も、通販なら購入することができます。

低用量ピルの服用方法

低用量ピルは1錠ずつ、毎日決まった時間に服用していくことが大切です。
21日間の服用期間をそのようにして過ごしたあとは、7日間の休薬期間をとります。
これが基本的な低用量ピルの服用方法です。
飲み忘れをしたり24時間中に2錠以上服用したりするようなことがあると効果が薄まってしまうので注意する必要があります。
ただし、低用量ピルの中には6錠、5錠、10錠で区切ってそれぞれ有効成分の含有量を変えているものもあるので要注意です。
段階的に含有量を減少させることでより穏やかに効果を発揮することができる、いわゆる3相性の低用量ピルです。
たとえば、日本で最も利用者が多いといわれる低用量ピルのトリキュラーは、代表的な3相性ピルです。
1~6日目、7~11日目、12~21日目に服用すべき薬がそれぞれ色分けされており、それに従った服用が求められています。
これに従わない場合には効果が十分に出ない可能性もあるので、注意してください。

参考サイト:医療用医薬品 : マーベロン

休薬期間があるものとないもの

低用量ピルを服用する際、21日間連続で服用したあとに7日間の休薬期間を設ける必要があります。
合計28日間を1サイクルとして服用を続けていくことで、避妊を成功させることができます。
しかし低用量ピルの中には、1シートにつき21錠の低用量ピルに加えて7錠のプラセボ錠を並べているものもあります。
プラセボ錠は薬効成分のかわりに、人体に影響がない成分を含む偽薬です。
たとえば28錠入りトリキュラーのプラセボ錠はデンプンやブドウ糖でできています。
こちらの製品を利用するときは、7日間あける必要はありません。
7錠のプラセボ錠を加えた低用量ピルが販売されているのは、7日間の休薬期間を置いたあとに服用する次の1錠目を忘れてしまうことを防ぐためです。
低用量ピルは用法用量に合わせて服用しなければ効果が下がってしまう場合があります。
28錠入りのものなら、1日1錠服用するということを習慣づけることができるので、より確実に低用量ピルの服用を続けていくことができます。

参考サイト:医療用医薬品 : トリキュラー

飲み忘れてしまったら

低用量ピルは毎日決まった時間に決まった量を服用する必要がありますが、うっかり飲み忘れてしまった場合には、飲み忘れに気づいた時間によって対処方法が異なります。
24時間以内に気がついた場合には、その時点で忘れた分を服用し、以降は普段通りの時間に服用を続ければ効果を継続させることができます。
一方、24時間以上経ってしまっている場合、つまり翌日に気づいた場合は当日分と昨日分をあわせて一度に服用します。
この場合、1週間ほど避妊効果が下がってしまっている可能性があるので、服用を続けつつ、性行為を控える、コンドームを使用するなどの方法で避妊を行う必要があります。

効果が得られない場合がある

低用量ピルを使用しても避妊ができない、月経のつらい症状が改善されないというときは、以下のようなことが考えられます。
・服用するタイミングが一定ではない
・飲み忘れを頻繁にしてしまう
低用量ピルを服用する際には、21日間連続で服用し7日間の休薬期間を置くというサイクルを守る必要があります。
飲み方を誤ると効果が出ないので要注意です。

低用量ピルの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは低用量ピルも例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・胸の痛みやハリ
・頭痛
・眠気
これらの副作用は、体内のホルモンバランスが一時的に乱れた状態になることによって発生するものです。
服用後、体が慣れていくことによって、徐々に症状は沈静化していきます。
また第1~3世代の低用量ピルを使用している場合、副作用の起こりにくい第4世代のものに変えることによって一部改善させることは可能です。

重篤な副作用

低用量ピルの服用によって稀に発症する重篤な副作用に、血栓症があります。
血栓症は血管内部に血の塊(血栓)が作られるというものです。
血栓が肺や脳といった生命活動の維持に必要な血管を詰まらせてしまうと、最悪の場合命にかかわるような事態にも発展してしまいます。
血栓症は足の静脈にできることが多く、発症するとふくらはぎに痛みやむくみといった症状が現れるようになります。
そして血栓が体内を流れていき、どこかの部位で詰まってしまうと、血栓が詰まった場所に強い痛みが走るようになります。
服用を始めてから足が痛む、むくむという場合は医師の診察を受けることをお薦めします。

併用禁忌薬・注意薬とは

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は低用量ピルと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
低用量ピルを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は低用量ピルと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

・オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤
低用量ピルとの併用によって薬剤の代謝を抑え、効果を増強する恐れがあるため注意が必要です。
また、低用量ピルの成分や効果は服用を中断した後も一定期間身体に残留します。
そのため、上記4種の成分を含む医薬品を服用しなければならなくなったときも、低用量ピルの服用を中断した後、約2週間あけて開始しなければならないとされています。

併用注意薬

・三環系抗うつ、副腎皮質ステロイド
低用量ピルとの併用によって薬の効果を不必要に強めてしまう可能性があるので注意が必要です。

・テトラサイクリン系抗生物質
低用量ピルとの併用によって腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑え、効果の減弱化や不正性器出血の発現率が増大する恐れがあるため注意が必要です。

・血糖降下薬
低用量ピルとの併用によって、耐糖能を低下させ、血糖降下剤の作用を減弱させる恐れがあるため注意が必要です。

低用量ピルを服用できない方

・低用量ピルに対して過敏症を発症した経験がある方
・重篤な肝障害のある方
・高血圧の方
・糖質代謝異常の方
・35歳以上で1日15本以上の喫煙者
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

低用量ピルの豆知識

望まない妊娠を避けるためにも、生理痛の緩和のためにも低用量ピルはとても有効な薬です。
低用量ピルは、直射日光や高温多湿を避けて室温で保存します。

低用量ピルの開発史

1950年代、女性の中絶が社会問題化しつつあったアメリカで避妊薬の研究がスタートしました。
女性が100%自分の意志で、毅然として、避妊を行えるようにすること、それが、研究を始めた科学者と女性運動家たちが目指したことでした。
やがて研究チームは合成ホルモンの開発に成功し目的達成に向けて大きく前進しました。
このとき開発された合成ホルモンと、それを利用した避妊法こそ、現在のピルを利用した避妊法のベースとなったものです。
しかし、この当時の避妊薬は成分の含有量が非常に多かったため、副作用が現れる可能性が高く、血栓症などの重い副作用を起こすケースが少なくありませんでした。
しかしさらなる研究を進め、成分量を少なくするための試行錯誤を経て、1960年代には中用量ピルが、そして1970年代には低用量ピルが誕生しました。

低用量ピルにはタイプがある

低用量ピルには、第1~4世代まで合わせて4種類のものがあり、それぞれ含有する黄体ホルモンの種類が異なります。
より効果が高く副作用が少ない低用量ピルを開発しようという試みの中で、新世代の低用量ピルが生まれていきました。
また、1相性、2相性、3相性という違いもあります。
低用量ピルの服用期間は21日間ですが、その間ずっと1錠あたりの有効成分の含有量が変わらないものを1相性ピルと呼びます。
一方で、21日間のうち、前半服用する分に比べて後半服用する分の成分含有量を下げているのが2相性ピルです。
同じく、3段階に分けて徐々に含有量を減少させるのが3相性ピルとなっています。
1相性よりも2相性のほうが、そして3相性のほうが穏やかに効くという特徴があります。

超低用量ピルとの違い

現在、避妊薬の主流となっているのは、低用量ピルそして超低用量ピルの2種類です。
2つの違いは文字通り用量にあります。
具体的には、ピル1錠あたりに含有する有効成分の量が異なります。
低用量ピルの1錠あたりの成分含有量は30~40μg(マイクログラム)、超低用量ピルは30μg未満というのが基準です。
低用量ピルは避妊薬の開発がスタートした1960年代に使用されていたものよりは格段に服用しやすい薬ではありますが、それでも体質的な問題で副作用に悩まされる女性は少なくありませんでした。
副作用の発生率をゼロに近づける、その試みは低用量ピルの使用が一般化したあとも脈々と続けられ、その結果として超低用量ピルが生み出されました。

低用量ピルに関する「よくある質問」

Q.低用量ピルを通販で購入するのは違法ではないのでしょうか?
A.違法ではありません。
医薬品を通販で購入する=海外の医薬品を個人輸入するということですが、個人での使用に限って海外製の医薬品を取り寄せるのは自由であると法律でも認めているところです。
ただし何をしてもいいわけではなく、あくまでも個人の使用に限ることを押さえておく必要があります。
購入した低用量ピルを誰かにプレゼントすること、第三者に売却するようなことは禁止されています。

Q.低用量ピルを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.通販サイトを活用して個人輸入を行うという方法があります。
日本国内では販売されていない(処方されていない)ものの海外では多くの人が利用しているジェネリック医薬品を含め、さまざまな低用量ピルをパソコンやスマホなどを利用してネットショッピングの感覚で購入することができます。
サイトによっては最寄りの郵便局に荷物を届ける局留めが可能なところもあるので、誰にも知られることなく手に入れることも可能です。

Q.低用量ピルでの妊娠防止率はどのくらいありますか?
A.正しく使用すれば99%以上の高確率で避妊できます。
日本ではまだ男性が使用するコンドームが主流ですが、こちらは破れたりサイズが合っていなかったりという理由で使用に失敗してしまうケースも見られ、理論上はほぼ100%ですが実際の成功率は80%前後といったところです。
一方で、低用量ピルは用法用量を守り、飲み忘れなどをすることなく服用できていれば、100%近い成功率を誇ります。

Q.低用量ピルでニキビが減るというのは本当でしょうか?
A.結論からいえば、ニキビが減るという効果は期待できます。
低用量ピルといえば、まずは避妊薬であるわけですが、女性ホルモンのバランスを調整することによって得られる効果がいくつかあります。
月経の際のイライラ、頭痛、腹痛などを抑えることができたり、体毛を薄くしたりといった効果が現れたという報告もあります。
男性ホルモンを抑制することでニキビができるのを防ぎ、お肌の状態を整えるという効果もあるようです。

Q.低用量ピルを使っていると太るというのは本当でしょうか?
A.確かに、副作用で太ってしまう場合はあります。
体のむくみ、食欲の増加、体重の増加といった副作用が報告されています。
水分や脂肪が蓄積されやすくなるというのが理由です。
ただし、この副作用は体がピルに慣れることで徐々に解消されるものです。
また、現在ではより副作用の可能性を抑えた第4世代の低用量ピルもあります。

関連ページ

参考サイト
経口避妊薬 - Wikipedia