上へ
戻る

カテゴリ

AGA治療薬


年を増すごとに発症確率が上がっていくため、薄毛やAGAに悩む男性は多いです。
しかしAGA治療薬を用いた改善方法はとても効果が高いため、AGA治療の中でもとても人気な治療法です。
また、少しでも早く始めるほど効果が高いということから、20代で予防する人も増えてきました。

AGA治療薬の商品一覧

プロペシアの商品一覧

AGA治療薬とは?

AGA治療薬とは、AGA(男性型脱毛症)の改善に用いられる医薬品です。
AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの影響でヘアサイクルが短絡化することにより、本来であれば長く太く成長するはずの毛髪が短く細い状態で抜け落ち、毛髪全体が薄くなる症状のことを指します。
AGA治療薬はDHTの作用によって短絡化したヘアサイクルを正常な状態に戻す、もしくは短くなってしまったヘアサイクルに負けないよう、毛根や毛包と呼ばれる髪の成長に関係する細胞に対して、多くの栄養を供給し、髪を成長させていくことによって髪全体の量を増やすような効果を持った医薬品です。

どんな人にオススメ?

AGA治療薬は使用目的の通り、AGAによって発生する薄毛の症状に悩むすべての人に対してお薦めできる医薬品です。
AGAの症状は、円形脱毛症といった一般的な脱毛症とは異なります
円形脱毛症などの脱毛症は不規則な生活習慣やストレスなどが原因で起こることがほとんどですが、AGAは男性ホルモンであるDHTが原因です
他の脱毛症とは原因が異なるため、他の脱毛症に効果のある治療を行っても改善できない可能性があります。
円形脱毛症などの場合は強い精神的ストレスによって交感神経に異常が発生し、血行に影響が出て発症するパターンが多いので、血行をよくするような頭髪専用の医薬品であれば改善できる可能性もあります。
AGAの場合はストレスが原因となって発症することもありますが、直接的な原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンなので、頭皮の血行を良くする治療薬を使って頭皮の環境を整えても根本の改善に至ることはできません。
またAGAは薄毛の進行パターンが複数ありますが、根本的な原因がジヒドロテストステロンであることには変わりません。
そのため、ジヒドロテストステロンが原因となるすべてのAGAの症状に対してお悩みを持っている方にお薦めできます。

薬局で買える?

AGA治療に用いられる治療薬は薬局での購入ができる製品とできない製品が存在しています。
まず購入できる製品についての説明ですが、これはAGA治療薬の中でも医薬部外品と呼ばれるカテゴリに属するAGA治療薬、もしくは第二類医薬品というカテゴリに属する治療薬のみです。
これに対し薬局で販売されている医薬品というのは、特別な指導や指示を必要とせずとも、薬の使用説明書を読むだけで使用できるような効果の弱い医薬品のみです。
AGA治療薬は、基本的には扱いが難しい医薬品であり、正しい知識と使用方法を知っておかなければ、危険な副作用を引き起こす可能性もあるような医薬品です。
したがって、薬局で販売されているAGA治療薬というのは、医薬部外品と呼ばれる医薬品というカテゴリに属さない物、もしくは第二類医薬品と呼ばれる安全性の高い物に限定されるのです。
そのため、AGA治療を本格的に行いたいのであれば正規の方法を用いてAGA治療薬を購入する必要があります。

AGAの治療方法と費用について

AGA治療は行わなければ命に関わるような症状ではありません。
しかしAGAは進行性の脱毛症状のため、放置していると毛髪はどんどんと抜け落ちてしまいます。
したがって、AGAの治療というのは大切な髪を守るためには非常に大切なことです。
AGA治療を行う方法としては、クリニックや病院を利用した医師による施術と、通販を利用した自宅での治療、この2種類の治療方法があります。
これら2種類の治療方法の違いの中でも特に大きな違いは治療にかかる費用の違いがあります。
ここでは治療にかかる料金の違いに注目をしながら、AGAの治療方法を紹介していきます。

医者

まず医師による診察を受けてのAGA治療に関してですが、注意すべき点として健康保険の適応の有無があります。
一般的な病気の治療の際には健康保険が適応されますが、AGAの治療に関しては健康保険が適応されず、自由診療という扱いになってしまいます。
したがって、治療の際には治療にかかる費用が全額負担となります。
医師による診察を受けた上で行える治療方法には多くの治療方法がありますが、スタンダードな治療法としては以下のようなものがあります。
・投薬治療
・かつらの作成
・植毛
これらの治療方法は、投薬による治療は根本的な症状の改善ができる治療方法、そしてかつらや植毛は症状の進行を止めずに見た目上の治療を行う方法に分類されます。

治療薬を処方してもらう

AGA治療薬にはAGAの原因となるDHTを抑える治療薬と、血行を促し毛髪サイクルを整えて髪を生えさせる治療薬があります。
医師に治療薬を処方してもらう場合は、これらの種類に属する医薬品の中から患者に合わせた治療薬を処方してもらうことができます。
これらのAGA治療薬を使用した治療にかかる費用は1ヶ月につき3,400円~15,000円ほど必要と言われています。
そして治療期間に関しては、症状の改善までには3ヶ月から半年程必要とされておりますが、その後の症状の再発を抑えるためには半永続的な使用が必要となります。
したがって、医師から診察を受けた上で治療薬を処方してもらう治療方法というのは、非常に安全ではありますが費用がかなりかかってしまいます。

個人輸入による通販での購入

医療機関を用いずに個人輸入ができる通販サイトを利用してAGA治療薬を購入する方法があります。
個人輸入では海外から医薬品を輸入することができる制度で、通販サイトを利用することで簡単に、病院で診察を受けた際に処方してもらえるような内服薬や外用薬を購入することができます。
通販サイトを利用してAGA治療薬を購入する場合、1ヶ月で4,500円ほどから7,000円前後で治療が行えます。
したがって、金銭的な負担は通常の医療機関を利用した治療と比べて非常に少なくなります。
医師による診察を受けられない分、治療のリスクは高くなってしまうため、治療時には事前の下調べや情報収集といった準備が必要となります。

カツラによる見た目の改善

カツラの作成と着用による見た目の改善を行う方法も有効です。
カツラを使用した見た目の改善は、AGAの原因であるDHTに対してアプローチをかけるような、根本的なAGAの治療方法ではありません。
したがって、カツラを作った後もAGAの症状は進行していき、治療を行わなければ髪は抜けていってしまいます。
しかし、一度カツラを作ってしまえば後はカツラをかぶっているだけで見た目の改善を行うことができるため、AGAの改善ではなく外見を手っ取り早く改善したいという人には、非常にお薦めできる治療法と言えます。
かつらの作成に必要となる予算は、クオリティが高いものになるとカウンセリング料金込みで40万円から50万円ほどとされており、作成にかかる期間は1ヶ月半程です。

植毛による見た目の改善

医師による診察を受けた上で行えるAGAの治療方法として、最後に紹介するのは植毛です。
植毛は字のごとく髪を植え付けるという治療方法です。
植毛には大きく2種類の方法があります。
ひとつは自分の頭に生えている髪を毛根ごと採取し、AGAを発症している部位に植え付ける自毛植毛、もうひとつはナイロンやポリエステルといった素材で作られた人工の髪を植え付ける人工毛植毛です。
これらの治療方法はカツラを利用した見た目の改善方法のように、髪が正常に生えているような見た目を改善する治療方法です。
治療にかかる時間も3時間から6時間ほどと比較的短時間なため、日帰りでの治療も行えます。
治療にかかる費用は比較的高額であり、安ければ40,000円ほどですが、高くなると500,000円から800,000円になる場合もあります。

通販で購入できるAGA治療薬

通販を利用した際に購入できるAGA治療薬には多くの薬がありますが、大きく分けると4種の製品に分けることができます。

・プロペシア
プロペシアはAGAの原因であるDHTに対して効果のあるAGA治療薬です。

・ザガーロ
プロペシア同様DHTに対して効果のあるAGA治療薬ですが、プロペシアでは対処できないようなAGAの症状に対してもザガーロは効果が高いという特徴があります。

・ミノキシジル
プロペシアやザガーロとは違い、AGAの原因であるDHTに対して効果がある医薬品ではありません。
しかし、ミノキシジルには毛根や毛包といった髪の成長に関係する部位に対して栄養を供給する効果があるため、AGAを発症した後にも薄毛にならないように髪が生える環境を作ることができます。

・育毛サプリメント
上記したAGA治療薬のように、直接DHTに働きがある医薬品ではありませんが、髪が正常に生える環境の整備や、ミノキシジルのような栄養の供給といった効果があります。

通販を利用した際には、これら4種の医薬品を購入することができます。
種類や効果などに異なる部分はありますが、正常な毛髪サイクルを取り戻す効果がある、AGAに対して非常に効果が高いという点に関しては共通しています。

プロペシア

プロペシアは厚生労働省が認可する、唯一の薄毛治療用内服薬です。
プロペシアは有効成分にフィナステリドを使用しています。
フィナステリドは体内で5αリダクターゼという還元酵素に対して働きかけ、テストステロンとの結合を抑えます。
5αリダクターゼは体内でテストステロンと結合すると、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。
フィナステリドが5αリダクターゼに対して働きかけ、テストステロンとの結合を抑えることによって体内でDHTが生成されにくくなります。
この働きによってAGAの進行速度が低下させることができ、さらに短絡化してしまったヘアサイクルを正常な状態に戻りやすい環境を作り出すことができます。

サーガロ

ザガーロはグラクソ・スミスクライン社が製造を行っている、2016年に発売が開始されたAGA治療薬です。
ザガーロは有効成分にデュタステリドを使用しています。
デュタステリドはAGA治療薬であるプロペシアと同様に、DHTが体内で生成されるのを抑え、AGAの進行速度を低下させる働きがあります。
デュタステリドの特徴として、プロペシアの有効成分であるフィナステリドでは進行を防ぐことができない種類のAGAにも効果的であるという特徴があります。
AGAの原因となるDHTは、5αリダクターゼという還元酵素とテストステロンが結合することにより生成されますが、5αリダクターゼには1型と2型の2種類が存在しています。
AGAの原因となり得る5αリダクターゼは2型のものの方が強いと言われておりますが、1型が原因となるケースもあります。
フィナステリドは2型にしか効果がありませんが、デュタステリドは1型と2型のどちらが原因となっているAGAに対しても効果があるため、フィナステリドでは進行を防ぐことができないAGAに対しても有効なのです。

ミノキシジル

ミノキシジルはプロペシアやザガーロとは異なるアプローチをするAGA治療薬です。
ミノキシジルは頭皮に対して直接薬液を塗布する外用薬と、経口より摂取する内服薬の2種類の製品があります。
ミノキシジルは、血管の拡張効果とそれに伴う発毛効果があります。
ミノキシジルを塗布、もしくは経口より摂取することで、体内にミノキシジルの成分が吸収され、ミノキシジルの持つ血管拡張効果により頭皮の毛細血管が拡張します。
血管の拡張により血流が増加すると、髪を作り出す毛母細胞に対して多量の血液と栄養分が流れこむようになり、髪の成長を促します。
また、ミノキシジルのもつ発毛効果はミノキシジルが分泌させるアデノシンに関係しています。
アデノシンは血管修復効果や毛髪には必須であるタンパク質の生成を促す役割があり、この成分によって発毛が促されています。

育毛サプリメント

育毛サプリとは、育毛を目的として製造されたサプリメントです。
育毛サプリはビタミンやミネラル、AGAの改善に有効とされるノコギリヤシをはじめ、髪の成長に必要となる多くの栄養素を使用して作られています。
育毛サプリメントを服用することで、体内から髪が正常に生える環境を作り出すことができますが、その効果を得るためには長期的な服用が必要であり、短期間ですぐに効果を発揮するものではありません。
プロペシアやザガーロといった医薬品と比べると効果が実感できるまでに時間がかかります。
しかし育毛サプリメントは医薬品とは異なるため、副作用などがありません。
そのため安全性においては非常に優れています。

AGA治療薬を通販で購入するメリット

AGA治療専門のクリニックや皮膚科など医療機関でAGA治療を行う際は、自由診療扱いとなるため健康保険が適応されず全額自己負担となります。
AGA治療専門のクリニックを受診する場合、少なくとも15,000円程度、高ければ30,000円程度の費用が必要です。
皮膚科など一般病院を受診する場合は10,000円~15,000円程度の費用が必要となります。
さらに、AGAクリニックなどの医療機関を受診している際に、身近な人に見つかってしまいAGAを治療していることが知られてしまう可能性があります。
通販を利用して治療薬を購入する場合、自宅や郵便局まで治療薬が郵送されるため、AGAの治療をしていることが知られず、診察費などの費用は不要です。
利用する通販サイトや購入するAGA治療薬によって価格は異なりますが、5,000円程度の費用でAGAの治療を進めることが可能です。

通販で購入する際の注意点

通販を利用してAGA治療薬を購入する場合、偽物や粗悪品に対して注意する必要があります。
通販で販売されているAGA治療薬は製薬会社が製造した正規品ばかりではなく、使用してもAGAを改善できない偽物や粗悪品が販売されていることもあります。
通販サイトに表示されている正規品のパッケージや薬本体の色や形など外見に乖離があるものが郵送されてきた場合は、服用を避け、通販サイトへ問い合わせる、かかりつけの病院で鑑定してもらうなどの措置をとる必要があります。
偽物の医薬品を服用してしまった場合、思わぬ健康被害に遭ってしまうことも考えられるため、慎重に判断することが求められます。
正規品か偽物かを容易に判断することができるものであれば分かりやすいですが、パッケージなどの外見が本物かのように精巧に製造されているだけでなく、薬本体の形や色、刻印なども完全に模倣されているものもあります。
外見での判断が難しい精巧につくられた偽物の医薬品の場合、薬に含まれている成分の分析を行うなどの措置をとり正規品と鑑定されなければ、安全に服用することができません。
偽物の医薬品を服用しないようにするためには、利用する通販サイトで成分鑑定が行われた商品を取り扱っているか、会社概要や通信販売規約などの特商法表記があるかなどを確認することが重要です。

AGA治療薬の服用方法と注意点

AGA治療薬は薬の種類によって、服用もしくは塗布するタイミングが異なっています。
そして使用時の注意点も薬の種類や形状によっても異なっているため、AGA治療薬を使用する際には各種治療薬の適切な使用方法と注意点について知る必要があります。

プロペシア

プロペシアは、1日1回1錠、決まった時間に服用を行うことが推奨されています。
プロペシアの有効成分フィナステリドは食事の有無によって薬の吸収率が変化するということはないため、食前食後問わず服用できますが、毎日同じ時間に服用し、体内に常に一定量以上のフィナステリドが存在している状態を作り出すことで効果を最大限に得ることができます。

サーガロ

ザガーロは、1日1回1錠、決まった時間に服用します。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドはフィナステリド同様、食事の有無によって成分の吸収率が変動するということはありません。
また毎日同じ時間に服用し続け、体内のデュタステリドが一定量以上ある状態を作ることで効果を最大限引き出すことができます。

ミノキシジル

ミノキシジルは外用薬と内服薬で使用方法が大きく異なっています。
外用薬は朝夜の1日2回、患部に対して適量を塗布し、薬液を浸透させます。
使用する前にシャンプーで頭皮の汚れを洗い落とし、ドライヤーを使用して頭皮を乾燥させた状態で塗布してください。
内服薬を使用する場合、1日最大5mg分のミノキシジルを1回もしくは2回に分割して、毎日同じ時間に服用することが推奨されています。
分割して服用する場合は、ある程度間隔を設けて服用する必要があります。

育毛サプリメント

育毛サプリには色々な形状の製品が存在しており、服用するタイミングがそれぞれ異なっています。
一般的な錠剤型のサプリメントの場合、1日あたりの規定回数、規定量での服用を食後に行います。
食後に服用することで、成分をより効率的に吸収できます。

AGA治療薬の副作用

薬には目的としている作用の主作用と、本来の目的以外の作用である副作用があります。
薬に対するアレルギー、誤った使用方法を実施した場合は副作用の症状が現れやすくなります。
AGA治療薬を使用する場合、どの医薬品においても共通する副作用として初期脱毛があります。
しかし、これは発毛・育毛の環境を整えるためには必要な副作用で、継続して治療を進めることで副作用の症状は治まります。

プロペシア

プロペシアの副作用として性欲減退や勃起不全などの男性機能障害の症状があると報告されています。
このような副作用の症状が見受けられたときは、服用を中断し医師に相談してください。
また、プロペシアは女性と子供に悪影響を及ぼす可能性があるため、取り扱いに注意してください。

サーガロ

ザガーロもプロペシア同様、性欲減退や勃起不全などの男性機能障害が副作用として報告されています。
ザガーロはプロペシアよりも副作用の発生率が高いといわれているため、副作用にはより注意が必要だと言えます。

ミノキシジル

ミノキシジルは外用薬と内用薬があり、それぞれ副作用が異なります。
外用薬のミノキシジルの副作用として、痒み、かぶれ、肌荒れなどがあります。
内服薬のミノキシジルの副作用として、多毛症、頭痛、めまいなどがあります。
これらの副作用は、ミノキシジルの作用によって、体内の血管が拡張することで発症したり、全身の毛母細胞の活動が活性化されることによって発生します。

育毛サプリメント

血行促進をもたらすことで頭皮環境を整える効果があるとされるカプサイシン、体内のタンパク質から髪の毛を構成する効果が期待できる亜鉛などを主成分として含むサプリメントには、胃腸の荒れ、亜鉛中毒(筋肉痛、吐き気、発熱など)などの副作用があります。
いずれも、主に育毛サプリの過剰摂取が原因となる副作用です。

AGA治療薬には多くのジェネリックがある

AGA治療薬には、先発薬(新薬)として製造されているもの以外に、先発薬と同じ有効成分を含有するジェネリック医薬品が数多く存在します。
その多くは、ジェネリック大国と呼ばれることもあるインドの製薬会社で製造されています。
インドがジェネリック大国と呼ばれているのには、インドの特許法が特殊な法律であったからという理由があります。
インドでは2005年まで、薬に関する特許が製法特許というものしかありませんでした。
これは、医薬品の製造方法に関する特許です。
日本をはじめとする多くの国では、製法特許以外に物質特許(成分特許)と呼ばれる薬の成分に関する特許があります。
この特許が切れるまでは、先発薬の有効成分を使用したジェネリック医薬品を開発できません。
一方インドでは、製造方法さえ違えば先発薬と同じ成分を利用した同じ効果のある薬を製造することが認められていたのです。
2005年には法改正が行われて物質特許が認められるようになりましたが、インドで物質特許を取得するための条件は非常に厳しく、状況はそれほど大きく変わっていません。
現在も多くのジェネリック医薬品が製造されており、日本でも通販を利用して購入することが可能です。

AGA治療薬との付き合い方

AGAの治療に使用されるのはフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルといった発毛・育毛効果のある成分を含有した医薬品、またさまざまな育毛サプリです。
AGA治療薬は、AGA外来を設けている医療機関で処方してもらう、もしくは医薬品の通販サイトで海外製品を購入するという方法で入手できます。
通販では日本のドラッグストアには置いていないサプリメントも購入することが可能です。
通販を利用すればより安価にAGA治療薬やサプリメントを購入できますが、医薬品やサプリメントの用法用量はそれぞれ異なっているので注意が必要です。
また、フィナステリドやデュタステリドを含むプロペシア、ザガーロといった治療薬は発毛に優れ、ミノキシジルを含む治療薬は育毛効果が高いという特徴があります。
AGAの症状に合わせて使い分けたり、正しく併用したりすることを心がける必要があります。
医薬品を使用する場合、副作用があること、使用にあたっての注意点があることを心に留めておくことも大切です。
たとえばフィナステリド、デュタステリドは、特に妊娠中の女性やこれから妊娠する可能性がある女性が摂取すると胎児の生殖器に異常をきたす可能性があります。
また、いずれの医薬品も過剰に摂取することで性欲減退、頭痛などの副作用が現れることがあります。
このような点に気をつけ、安全に、健康的にAGAを治療し、丈夫で若々しい頭髪を取り戻していく必要があります。

AGA治療薬に関するよくある質問

Q.AGAの薬を飲んでいるとED(勃起不全)になるというのは本当ですか?
A.副作用としてEDになる可能性はあります。
AGA治療薬の中でも、特にフィナステリド、デュタステリドを成分として使用しているプロペシア、ザガーロには、発症確率自体は1%以下と非常に低確率ではありますが、副作用としてEDを発症するおそれがあります。
改善方法としては、プロペシアやザガーロの使用を中断する、もしくはバイアグラをはじめとするED治療薬を併用することが挙げられます。

Q.AGA治療薬はどのくらいの期間飲めば髪の毛が生えてきますか?
A.病院で処方してもらう以外では、医薬品の個人輸入代行サイトで通販することによって購入することができます。

Q.AGAの薬を飲むと髪の質感も変わると聞きましたが本当ですか?
A.AGAの進行によって細く柔らかくなってしまった髪のコシが戻るため、質感も変化します。
AGAを発症すると、髪の質自体が大幅に変化し、もともと太くコシがあった髪が細く柔らかな状態になります。
しかし治療薬を使用して症状を改善していくことでもとの状態に戻っていくため、髪全体の質感も太くコシのある健康的な状態へと変化していきます。
治療薬の効果が現れる頃には、若々しく艶のある髪を実感できるます。

Q.高齢者でもAGA治療薬の服用はできますか?
A.服用自体は可能ですが、症状が思ったように改善されない可能性もあります。
AGA治療薬は体内の男性ホルモン濃度が安定する20歳以上になれば、何歳であっても服用することが可能です。
したがって、高齢者でもAGA治療薬の服用は可能となっています。
ただし、高齢になると新陳代謝や体内物質の現象によって発生する老人性脱毛症を併発している可能性もあります。
AGA治療薬を使用した治療を行ったとしても、思ったように効果が現れない場合もあるため、注意が必要です。

Q.女性もAGA(FAGA)の治療はできるでしょうか?
A.ミノキシジルを使用した治療が可能です。
FAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれる脱毛症。加齢や生活習慣の影響でエストロゲンという女性ホルモンが体内から減少することにより、相対的に男性ホルモンが多くなるために発症するものです。
治療方法としては、ミノキシジルのような増毛を行う医薬品を利用した治療を行います。
女性の場合、フィンペシア、ザガーロといった医薬品に触れたり摂取したりすると健康被害を及ぼす危険性があるので要注意です。