上へ
戻る

カテゴリ

アナボリックステロイド

筋肉増強剤として有名なアナボリックステロイドについて紹介します。
アナボリックステロイドはその筋肉増強の高い効果から人気が高い商品です。
筋肉を付けたい方、筋肉を強くしたい方にお薦めです。

アナボリックステロイドの商品一覧

アナボリックステロイドとは?

アナボリックステロイドとは、蛋白同化作用を有するステロイドホルモンの総称です。
その多くは男性ホルモン作用を持っていると要られています。
一般的にはステロイドと呼ばれていますが、糖質コルチコイド成分のステロイドとは異なる成分です。
アナボリックステロイとは筋肉増強剤として使用されることが多く、ドーピング薬物となっています。
しかし、短期間での劇的な筋肉増強を実現し、普段では得ることのできない筋肉成長を促す効果があることから、運動選手の間で長年にわたって使用されてきました。

ステロイドとは?

ステロイドは、天然に存在する化合物または合成アナログです。
ステロイドは副腎から作られるホルモンの一種であり、体内に存在します。
体内の炎症を抑える、免疫力の向上などに用いられています。
ステロイドはたくさんの種類があり、その多くはホルモンを持つステロイドです。
一般的によく耳にするものであれば、ステロイドは外用薬で皮膚外用医薬品として使用されています。
また、膜脂質の構成成分として、細胞膜を構成する脂質である、コレステロールなどもステロイドに含まれています。

ステロイドの種類

ステロイドの中にも種類があり、大きく分けると、有機化学物質、生理活性物質のステロイドが存在します。
ステロイドホルモンと呼ばれるものは、生理活性物質になります。
また、グルココルチコイド系ステロイドもあり、これらはステロイド系抗炎症薬として使用されています。
そして最後にアナボリックステロイドが筋肉増強剤としてあります。
ステロイドといっても使用用途により異なり、それぞれの役割がはっきりとしています。
多くは、医薬品として用いられているものを使用する場合が多いです。
ステロイドホルモンには、副腎皮質ホルモンや低用量ピルなどに含有されている、エストロゲンや黄体ホルモンがあります。
このステロイドホルモンには、テストステロンも含まれます。
テストステロンはアンドロゲンに属する男性ホルモンの一種でうs。
基本的には、男性の場合睾丸で95%、副腎で5%、女性の場合卵巣や副腎から男性の5~10%程度分泌されまし。
このテストステロンにも、筋肉増大を促す効果があります。
しかし、基本的には、男性ホルモンを補充することによって起こる筋肉増大になります。
また、もともと体内にあるステロイドのため、副作用もあまり生じません。

アナボリックステロイドの有効成分類

アナボリックステロイドにも種類があります。
ここでは筋肉増強剤として使用されている主要成分について説明します。
大きく分けて、3つあり、オキシメトロン、スタノゾール、メテノロンがあります。
全て筋肉増強に効果がありますが、少しずつ効果に差があり使用用途も異なっています。

オキシメトロン

オキシメトロンはアンドロゲンおよび蛋白同化ステロイドの治療に使用されています。
経口タイプで、貧血や骨粗しょう症、HIVの治療に使用されています。
特定の状況では、体重増加および筋肉増強を促す効果もあります。
オキシメトロンは、タンパク質合成を大幅に改善することで、体重の増加や筋肉の増強に高い効果があります。
また、短期間での効果が高く、通常の何倍もの筋肉増強効果があります。

参考サイト:Oxymetholone - Wikipedia

スタノゾール

スタノゾロールはジヒドロテストステロンに由来するアンドロゲンおよび同化ステロイド薬です。
注射タイプと経口タイプがあり、静脈機能不全の治療薬にも使用されています。
また、脂肪性皮膚病、皮膚の潰瘍の治療にも使用されています。
筋肉や骨を強くする効果があり、女性でも使用できるアナボリックステロイドです。
筋肉量を増やすというよりも、強くすることができる成分で、副作用が少ないことが特徴です。

参考サイト:Stanozolol - Wikipedia

メテノロン

メテノロンは弱いアンドロゲン、テストステロンまたはアンドロステロン様作用のあるステロイド薬です。
長期間効果のあるアナボリックステロイドで、天然に生成することができます。
多くはメテノロン酢酸エステルとして使用されており、骨髄不全による貧血の治療に使用されています。
その他にも手術や感染、長期コルチコステロイド療法や栄養失調などにも使用されています。
体格や性能を改善させ、脂肪燃焼効果もあります。
筋肉増強の効果は弱くなっていますが、女性が使用することができます。
女性が使用した場合の効果が高く、男性の場合は他のステロイド薬と併用することで、より高い効果が期待できます。

参考サイト:Metenolone - Wikipedia

アナボリックステロイドと筋肉増強

アナボリックステロイドは医療用に使用されていますが、筋肉増強にも高い効果があります。
多くのアスリートやボディビルダーが使用していることで知名度も上がり、多くの人が利用しています。
筋肉を速く付けたい、もっと強い筋肉を作りたいと言う人にはとても高い効果を発揮してくれます。
しかし、アナボリックステロイドには使用の際に注意すべき点が多くあります。

アナボリックステロイドの種類

アナボリックステロイドは医薬品です。
注射液、錠剤、ジェルといったタイプがありますが、効果は変わりません。
使用用途によって変えることもできるため、自身に合ったものを選択して使用することができます。

錠剤

アナボリックステロイドのほとんどが錠剤タイプとなっています。
筋肉増強剤としてではなく、健康維持や、アルコール肝炎にも使用されています。
内服薬のため、成分が体全体に広がります。
また、男性ホルモンを補充することができるものもあるため、男性機能の低下、精子機能の低下にも効果があるとされています。
錠剤の場合には持ち運びにも便利で、服用する際も手間がかかりません。

ジェル

ジェルタイプのアナボリックステロイドは、皮膚から血液に浸透させることでその効果を発揮します。
また、ジェルタイプのものは1回分が1袋になっているケースが多いため、用量がわかりやすくなっています。
錠剤の服用が苦手な方にはジェルタイプがお薦めです。
ジェルタイプの場合には、毎日同じ時間に使用することによってより効果が高くなります。

アナボリックステロイドを通販で購入するメリット

アナボリックステロイドはドラックストアなどでは購入できない医薬品になります。
日本では病院に行き処方箋をもらって購入しなければなりませんが、通販サイトを利用することで、病院に行かずに購入することができます。
また、海外の医薬品を購入することもできます。
その際に、価格を抑えて購入することができます。
そして、通販サイトでは、文字通りウェブサイト手続きを行うことができ、後は郵送を待つだけなので、周囲の人にバレずに、誰にも知られることなく望む商品を購入することができます。
ただし、海外から郵送されるということで10日間から2週間ほどかかる場合があるという点には注意する必要があります。

クリニックや病院で処方してもらう場合

アナボリックステロイドをクリニックや病院で処方してもらう場合には、筋力アップやスポーツ外来などを行っているクリニックに行く必要があります。
多くの場合が、内服薬ではなく注射での投与となります。
また、通院する必要もあります。
筋肉増強は医療保険適応外の自由診療となるため、その費用は高額なものとなります。
クリニックによって金額は異なりますが、注射1回につき約1,500円ほどの費用がかかります。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用した場合には、海外で製造・販売されているものが取り扱われています。
そのため、通常日本国内では購入することができないアナボリックステロイドを購入することができます。
日本では、一般的に販売されていない成分でも、海外では一般的に販売されているケースが多くあります。
さらに内容量が多いのに価格を抑えて購入することもできます。
海外の製品は、成分量が多く配合されているため、高い効果を期待することができます。

通販でしか購入できないアナボリックステロイド

通販では、海外のアナボリックステロイドを購入することができます。
海外のアナボリックステロイドの効果は非常に高いものとなっています。
また、日本では購入することのできない成分も海外の通販サイトを利用することで使用することができます。
海外の商品には、同じ成分でも豊富な種類が存在しており、その中から自身に合ったものを選択することができます。

アナボリックステロイドの服用方法

・錠剤
薬によって服用方法が異なるため注意してください。
①1日10~20mgを2~3回に分けて服用してください。
②1日20mgを服用し、6~8週間ほど継続して服用してください。
その後、4週間の休薬期間を取ってください。
③1日に40mg~120mgを服用してください。
最初の2~3週間目には、1日120mg~160mgを服用してください。
年齢や症状によって服用量を調節してください。

参考サイト:医療用医薬品 : プリモボラン

・ジェル
1日1回、1袋を使用してください。
使用患部が乾燥していることを確認し、手を綺麗に洗ってから使用してください。
皮膚の柔らかい部分、腕の内側や太ももの内側などに擦り込むように塗布してください。
ジェルを使用した後は必ず手を石鹸などで洗い流してください。

効果的な服用方法

・錠剤
毎日同じ時間に服用することでより効果を発揮します。
食事と一緒に摂取することでより薬の吸収を高めます。

・ジェル
毎朝同じ時間に使用することでより効果を発揮します。

アナボリックステロイドの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはアナボリックステロイドも例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・悪心
・嘔吐
・AST上昇
・ALT上昇
・膀胱過敏
・めまい
・ニキビ
・陰茎肥大
・精巣機能抑制
・多毛
これらの症状が生じる恐れがあります。
副作用は一時的なものであり、心配する必要はありませんが、あまりにも副作用が強い場合や、長引く場合には病院に行き医師に相談することをお薦めします。

アナボリックステロイドの併用禁忌・併用注意

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はアナボリックステロイドと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
アナボリックステロイドを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はアナボリックステロイドと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用注意

・副腎皮質ホルモン
耐糖能の低下がみられる恐れがあります。

・クマリン系抗凝血剤
これらの作用を増強する恐れがあります。

・交感神経刺激剤
これらの作用を増強し、冠動脈疾患のある方が併用した場合には冠不全のリスクが増大し、甲状腺機能亢進症では、心臓のカテコールアミンに対する感受性が増大する恐れがあります。

・強心配糖体製剤
呼吸、腎排泄、分布容積、血中半減期あるいは心筋の反応性の変化が関与する恐れがあります。

・血糖降下剤
甲状腺ホルモンはインスリン分泌、肝での糖新生、末梢組織の糖の取り込みなど糖代謝系全般にわたって作用し、血糖値を上昇あるいは低下させる恐れがあります。

・利尿剤、フロセミド、ステロイド剤、キサンチン誘導体、アミノフィリン水和物、ベタメタゾンなど 低カリウム血症による不整脈を引き起こす恐れがあります。

・フェニトイン製剤
本剤の血中濃度を低下させ、甲状腺ホルモンの異化を促す恐れがあります。

・インスリン

アナボリックステロイドを服用してはいけない方

・アナボリックステロイドの成分に対して過敏性の既往歴のある方
・前立腺がんまたは乳がんの方
・前立腺肥大による排尿困難の方
・アンドロゲン依存性悪性腫瘍の方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性がある方

アスリートは注意

アナボリックステロイドは世界アンチ・ドーピング機関(WADA)によって禁止薬物と指定されています。
過去には、アナボリックステロイドを使用したことにより、アテネ、北京オリンピックでは陸上競技の男子ハンマー投げで、メダル獲得選手が摘発されました。
そのため、アスリートの場合には使用に関して注意する必要があります。
使用する前に医師に相談、確認をしてから使用するようにしてください。

アナボリックステロイドの豆知識

ここではアナボリックステロイドの豆知識について紹介します。
効率よく筋肉増強を行うためにはアナボリックステロイドを使用することが一番の近道と言えます。

アナボリックステロイドの開発史

アナボリックステロイドはテストステロンの代替物として、多種の調整を加えて開発されました。
その後、東西冷戦の激化にともないオリンピックでのドーピングが行われ、それに対抗する形で、多くの国々がテストステロンの代替物としての合成薬の研究を行われました。
1955年アメリカの重量挙げ選手団の専属医によって、筋肉増強剤として開発されました。
耐久性の運動競技や、有酸素運動における能力の工場をもたらすものとして、1960年代の初め頃から重量挙げの選手やボディビルダーの間で注目されるようになりました。
しかし、1975年に国際オリンピック委員会によって、オリンピックの禁止薬物に加えられました。
未だにオリンピックでアナボリックステロイドを使用してしまい、ドーピング検査で発覚しているケースもあります。

アナボリックステロイドの偽物に注意

アナボリックステロイドは知名度も人気も高い商品です。
手軽に購入することができ、その効果も高いです。
現在、日本国内においてアナボリックステロイドを購入することはできませんが、海外の通販サイトなどでは購入することができます。
しかし、アナボリックステロイドは人気の商品なだけに、海外の通販サイトなどでは偽物が多く販売されている場合があります。
海外の通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、発送国の記入がされているのかなどといったてんを確認し、正規品を購入するようにしてください。

信用できるサイト選びのコツ

偽物の商品を購入しないためにも、信頼できるサイトを選び購入することが大切です。
信頼できるサイト選びのコツとしては、そのサイトはいつから運営されていて、どのくらい長く運営されているのか、電話対応などのサポートがあるのか、商品の画像があるのか、発送国や商品の製造元がはっきりしているのかなどといったコツがあります。
これらのコツを踏まえて確認しておくことで信頼できるサイトかどうか判断する材料になります。

ネットのくすり屋さんでは正規品が購入できる

ネットのくすり屋さんでは、正規品を購入することができます。
当サイトで取り扱っている商品の商品ページには、商品の画像が複数枚あり、実際に錠剤やパッケージなどを確認することができます。
また、不定期に取り扱っている商品を、提供している企業と共にその商品がメーカーの正規品であることの確認も行っております。
商品の本質はもちろんのこと、商品の管理方法や衛生面などの安全性も確認をしています。
そして、聞き覚えのないもので日本では知られていないが、世界において知名度のある商品、多くのジェネリック医薬品などの日本国内での取り扱いのない商品なども、当社が設定している規定に基づき、メーカーや有効成分などを確認した上で販売しています。
その他の通販サイトでは、商品の詳しい説明が記載されていなかったり、商品の画像などが掲載されていない場合もあり、サイトの信頼性、商品が正規品か否かを確認できない場合があります。
そのため、ネットのくすり屋さんでは信頼性の高い商品を、安心・安全に購入することができます。

アナボリックステロイドに関するよくある質問

Q.アナボリックステロイド通販は違法?
A.アナボリックステロイドの通販は違法ではありません。
医薬品の海外通販では、個人輸入になるためアナボリックステロイドを購入することは可能になります。
しかし、個人輸入は個人が使用する目的のために輸入することであって、人に譲ったり、販売することはできません。
薬機法に基づいて、輸入禁止薬物でない限りは、購入することができます。

Q.ステロイドなのに薬じゃないの?
A.アナボリックステロイドは医薬品です。
そのため、もし医薬品ではないと言っているサイトがある場合には偽物の可能性が高いため、注意してください。
アナボリックステロイドは医薬品になるため、ドラックストアなどでは購入できません。

Q.プロテインとなにが違うの?
A.プロテインは医薬品ではありません。
プロテインは運動と併用することで効果を発揮しますが、アナボリックステロイドは運動をしなくても服用、使用しただけで、ある程度はパフォーマンスの向上が図れます。
しかし、運動を怠ってしまうとそれにともない筋力も落ちてしまうので注意が必要です。
また、プロテインはドラックストアなどで購入することができます。

Q.運動しないと効果が出ない?
A.アナボリックステロイドは運動を行わずに効果があります。
運動を行うためのパフォーマンスの向上に効果があるため、運動と併用しなくてもかまいません。
しかし、使用方法を守らないと健康被害が生じる場合があるので注意が必要です。

Q.どのくらいで効果が分かる?
A.アナボリックステロイドは個人差がありますが、3週間ほどで効果が現れます。
しかし、使用期間も決まっているため、使用期間以内に効果が現れなかった場合には、使用を中止することをお薦めします。
また、アナボリックステロイドにも種類があるため他の種類に切り替えることもできます。

関連ページ

参考サイト
アナボリックステロイド - Wikipedia