上へ
戻る

カテゴリ

便秘

便秘薬について紹介します。
日本人のほとんどが便秘に悩んでいると言われるほどに、需要が高い治療薬です。
便秘で悩んでいる、便秘のせいで体重が落ちないという方にお薦めです。

便秘の商品一覧

便秘薬とは?

便秘薬とは、便秘の症状を治療するために用いる治療薬です。
主に内服薬が利用されています。
有害物質の排泄、結腸検査、腹部手術前の処置、機能性便秘や慢性便秘の症状を緩和することが目的とされた治療薬です。
機能性便秘に対しては便秘のタイプごとに適切な薬があり、低下している結腸を刺激し、活動を活性化する刺激性下剤や、便の水分量を増加させる機能的下剤があります。
効果の弱い薬は緩下薬、効果の強い薬は峻下薬と区別されています。

便秘とは?

便秘とは、便の排泄が困難になっていることの総称です。
原因としては、消化器の狭窄や閉塞からなる便の通過障害、臨床的には異常が確認されない慢性型機能性便秘などがあります。
便秘にも自覚症状があり、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまいなどがあります。
その他にも、ストレスや食事による原因がある場合もあります。
日本人で便秘に悩む人は多いと言われています。
男女ともに多いとされていますが、女性の方が便秘の症状に悩む人が多いとされています。
日本消化器病学会では、便秘とは、排便の回数や便量が減ることされていますが、日常生活が困難になる前に対処する必要があります。

女性に多い

女性は便秘に悩む人が多いとされていますが、それには女性だからこその理由があります。
まず、黄体ホルモンの分泌です。
生理が起こる女性の体では、黄体ホルモンが分泌されています。
特に生理の約2週間前は多く黄体ホルモンが分泌されます。
黄体ホルモンは、体に水分や塩分を貯める働きや、体温を上げる働きがあります。
そのため、大腸の腸壁から便の水分が吸収され、便が固くなり排出されにくくなります。
また、直腸膣弛緩症というものが原因のひとつになる場合があります。
これは、直腸と膣の間の壁が狭いことによって起こります。
排便時、いきんだ力が肛門の出口ではなく直腸が膣の方向にと膨らんでしまいます。
そして間違ったダイエット方法をしてしまうことにより便秘になってしまう場合もあります。
食事をしっかりと取らなければ便は出ませんし、水分も体にとっては大切です。
水分を十分に摂取しないことで、便は固くなり排出されにくくなります。

便秘が身体に与える影響

便秘はそれだけで悩ましいものですが、それ以外にも身体に与える影響はたくさんあります。
まず、便が排出されずに体内にとどまっているため、腹痛や腹部膨満感があります。
体臭やおならの臭いが気になるといった影響もあります。
ニキビや吹き出物が増え、肌荒れを起こす場合もあります。
その他に引き起こす病気としては、大腸がん、大腸ポリープ、腸閉塞、動脈硬化などといった症状があります。
これらは放置してしまうと、命に関わってきますので注意が必要です。
ただの便秘だと思っていたのに、別の重大な病気が併発してしまう恐れがあるため、できるだけ速く対処することをお薦めします。

便秘解消がダイエットに

便秘は便が排出されずに体内に残っているため、どうしても身体が重くなってしまいます。
便が排出されるだけでも体重が減ります。
また、便秘によるむくみや血行不良が起こることで、ダイエットするにあたっての障害となってしまいます。
そのため、便秘を解消することで、物理的に体重が落ちると共に、ダイエットにも効果があります。

便秘の種類

便秘にも多くの種類があります。
まず、急性と慢性に分類されます。
急性には、機能性便秘と器質性便秘があります。
慢性には、機能性便秘、症候性、薬剤性、器質性があります。
ここでは、機能性便秘と器質性便秘について紹介します。

機能性便秘

機能性便秘の主な原因となっているのは、胃、象徴、大腸などです。
急性の機能性便秘は、消化管に異常はないのに、機能の低下が起こり、排便の回数や量が減少することを指します。
大腸の蠕動運動が鈍ることで起こる一時的な便秘です。
慢性の機能性便秘は、超過敏性症候群を含み、生活習慣などが関係してきます。
大腸内に便が留まり、数日間に渡り便通のない状態が日常的に起こることです。

器質性便秘

器質性便秘は急性の場合にも、慢性の場合にも消化管そのものの病変が原因となっています。
大腸に病気があるため、大腸が正常な働きをすることができないために便秘になることです。
腸が狭くなったり、大腸の形質異常などによって、便が通りづらい、排便が困難になることです。

便秘の改善方法

便秘には改善方法がたくさんあります。
病院に行かなくても自宅で改善することも可能です。
また、改善方法のなかには予防方法となるものもあります。
これらを確認した上で便秘を解消することが大切です。

薬・サプリメント

便秘は内服薬で治療することができます。
内服薬には、瀉下薬の他に、乳酸菌製剤が併用されることもあります。
第一選択薬としては、酸化マグネシウムやルビプロストンが選択されています。
どちらも経口摂取です。
また、下剤を処方される場合もあります。
その他にも、センノシド、ピコスルファートなどがあります。
また、サプリメントや漢方薬を使用することでも効果があります。

食事

便秘は食事によって改善することができます。
まず、摂取すると良いものとして、食物繊維があります。
これらは、果物や海藻、こんにゃく、豆類、根菜類、野菜類、きのこ類などに多く含まれています。
その他にも、ビフィズス菌を摂取すると良いとされます。
ビフィズス菌は腸内細菌で、ヨーグルトや乳酸飲料に含まれています。
また、ビフィズス菌を体内で増やす働きがあるものとして、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、バナナ、アスパラガスなどがあります。
食事の内容も大事ですが、毎食しっかりと摂取することも大切です。
特に朝食は大事とされています。
便意は朝食後に促されることが多いと思いますが、これもしっかりと朝食を摂取していないことには意味がありません。
食事を取るときもこれらのことに注意してみると、便秘の改善や予防に繋がります。

適度な運動

適度な運動をすることで、便秘の改善に繋がります。
運動をすることによって、腸が刺激され便が排出されやすくなります。
過度な運動ではなく、適度な運動で十分です。
例えば朝ウォーキングをする、ストレッチをするなどで十分とされています。
また、今では便秘に効くマッサージ法などもあるのでそれを活用するのもひとつの手段です。

マッサージ

便秘にはマッサージも効果的と言われています。
方法としては、身体の左半身を上にして横になります。
時計まわりに円を描くイメージで、深呼吸をしながらお腹をマッサージします。
5分ほどマッサージをしたら終了です。
その他にもヨガのポーズだったり、マッサージ方法には多くのものがあります。
そのため、自分に合った効果的なものを行うことをお薦めします。

便秘薬の種類

便秘薬には多くの種類があります。
大きく分けて効果の弱い薬を緩下薬、効果の強い薬を峻下薬と呼びます。
その他にも、作用機序からプロバイオティクス、膨張性、浸透圧性、刺激性、上皮昨日変容剤、消化管蠕動運動賦活薬、漢方薬など多くの種類があります。
医薬品だけではなく、漢方薬やサプリメントなどで症状を緩和させることもできます。
自分の便秘のタイプが何なのか、どの治療薬が良いのかを見極めて使用する必要があります。

医薬品

医薬品にも多くの成分があります。
カルボキシメチルセルロース、ポリカルボフィルカルシウムなどを有効成分とした膨張性の治療薬は、便を内部から膨張させ、腸管刺激を誘発することで、排便を促します。
酸化マグネシウムやクエン酸マグネシウムなどを有効成分とした浸透圧性の塩類下剤は、腸管内に高浸透圧性の物質を入れることで、腸管内の水分量を保ちます。
ラクツロースなどを有効成分とした浸透圧性の糖類下剤は、便の浸透圧を上昇させることで、排便を促します。
ジオクチルソジウムスルホサクシネートを有効成分とした浸透圧性の浸潤性下剤は、界面活性剤で、便の表面張力を低下させ、便を軟化、膨張させることで排便を促します。
センノシド、アローゼン、プルゼニドなどを有効成分とした刺激性のアントラキノン系誘導体治療薬は、小腸により吸収された血行性に大腸の粘膜を刺激することで排便を促します。
ビサコジル、ピコスルファートナトリウムなどを有効成分とした刺激性のジフェノール誘導体治療薬は、大腸運動の亢進と水分吸収を抑えることで排便を促します。

サプリメント

サプリメントや漢方薬も便秘の治療に効果が期待できます。
ハリドラやトリファリなどが有名で、サプリメントですが便秘に対しての高い効果が期待できます。
サプリメントには即効性はなく激的な効果はありませんが、長期で飲用することで効果が期待できます。
そのため、急性の便秘の方よりも、慢性の便秘の方にお薦めと言えます。

便秘薬を通販で購入するメリット

ドラックストアに行っても購入することができる便秘薬を通販で購入するメリットは、海外で流通している、人気の高い商品を購入することができる点です。
安く購入できるということの他にも、例えば周囲の人にバレにくいというのもメリットのひとつと言えます。
通販サイトなら、文字通りウェブサイト上で手続きを行うことができ、後は郵送を待つだけなので、誰にも知られることなく望む商品を購入することができます。
ただし、海外から郵送されるということで10日間~2週間ほどかかる場合があるという点には注意する必要があります。

クリニックや病院で処方してもらう場合

病院やクリニックで処方してもらう場合には、医師の診断のもとに診察を行い、治療薬を処方してもらうことができます。
そのため安心、安全に薬を利用することができます。
そして、服用方法や副作用、併用禁忌なども詳しく教えてもらうことができます。
薬の服用中にも、なにかあった際には医師に相談することができます。

市販薬を購入する場合

ドラックストアなどで便秘薬は購入することができます。
市販で販売されているものは、日本の会社が販売しているものが多く、成分量も少ないため安全に使用できるものが多いです。
しかし、強力な効果は望めないため、毎日継続して使用する必要があります。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用した場合には、海外で製造・販売されているものが取り扱われています。
そのため、通常日本国内では購入することができない便秘薬を購入することができます。
さらに内容量が多いのに価格を抑えて購入することもできます。
海外の製品は、成分量が多く配合されているため、高い効果を期待することができます。

通販でしか購入できない便秘薬

通販では、日本国内において便秘薬には配合されていない成分を配合した、海外の便秘薬を購入することができます。
日本で販売されているのもは効果が弱いものです。
しかし、海外では強力な効果を持つ成分を使用した便秘薬が多く存在し、その種類も豊富にあります。
その他にも、服用しやすいように工夫してあるため、自身に合ったものを選択することができます。
海外の製品はその高い効果から人気ですが、通販を利用することでその効果を実際に試すことができます。

便秘薬の服用方法

就寝前に1日1回、1回12mg~24mgを服用してください。
症状が重度な場合には1回48mgまで増量することが可能です。
年齢や症状に応じて服用量を調節してください。

持続時間

便秘薬の持続時間は8時間~10時間と言われています。
これはあくまでも目安となる効果の持続時間です。
個人差がありますので、注意が必要です。

便秘薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは便秘薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・腹痛
・下痢
・悪心
・疲労
・めまい
・吐き気
・発疹
・腹部不快感
・一過性の低血圧
これらの症状が生じる恐れがあります。
副作用は一時的なものであり、心配する必要はありませんが、あまりにも副作用が強い場合や、長引く場合には病院に行き相談することをお薦めします。

長期間の服用への注意

長期での便秘薬の服用はお薦めできません。
同一成分の長期連用においては、効果の低下や習慣性が原因となり、効果が十分に現れない場合があります。
また、効果が薄れたことによって便秘の症状を緩和することが難しくなります。
便秘薬を使用し始めて、ある程度症状が緩和された場合には、徐々に服用量を減らし、服用を終了することをお薦めします。
また、効果の強い薬の常用により腸が病気になる場合もあります。
あくまでも便秘薬は緊急時にのみ使用することをお薦めします。

服用できない方

・有効成分に対して過敏症の既往歴のある方
・けいれん性便秘の方
・重度の硬結便の方
・急性腹症が疑われる方
・電解質失調のある方は大量服用を避けること
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性がある方

効果が得られない場合

便秘薬を使用しても効果が得られない場合があります。
その場合には、服用のタイミングが間違っていなかったか、用量を間違えてなかったがなどをまずは確認してください。
その上で効果が得られない場合には、別の成分の薬に切り替えることをお薦めします。
また、便秘の改善方法には治療薬だけではなく、食事やマッサージ、運動などの方法もあるため、方法を変えてみるのもひとつの手段です。
治療薬と共に併用して運動を行う、マッサージを行うことも効果が得られやすいためお薦めです。

便秘薬の偽物に注意

便秘薬は人気の高い商品です。
手軽に購入することができ、その効果も高いです。
現在、日本国内において便秘薬を購入することはできますが、海外の通販サイトなどでも購入することができます。
しかし、便秘薬は人気の商品なだけに、海外の通販サイトなどでは偽物が多く販売されている場合があります。
海外の通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、発送国の記入がされているのかなどといったてんを確認し、正規品を購入するようにしてください。

信用できるサイト選びのコツ

偽物の商品を購入しないためにも、信頼できるサイトを選び購入することが大切です。
信頼できるサイト選びのコツとしては、そのサイトはいつから運営されていて、どのくらい長く運営されているのか、電話対応などのサポートがあるのか、商品の画像があるのか、発送国や商品の製造元がはっきりしているのかなどといったコツがあります。
これらのコツを踏まえて確認しておくことで信頼できるサイトかどうか判断する材料になります。

ネットのくすり屋さんでは正規品が購入できる

ネットのくすり屋さんでは、正規品を購入することができます。
当サイトで取り扱っている商品の商品ページには、商品の画像が複数枚あり、実際に錠剤やパッケージなどを確認することができます。
また、不定期に取り扱っている商品を、提供している企業と共にその商品がメーカーの正規品であることの確認も行っております。
商品の本質はもちろんのこと、商品の管理方法や衛生面などの安全性も確認をしています。
そして、聞き覚えのないもので日本では知られていないが、世界において知名度のある商品、多くのジェネリック医薬品などの日本国内での取り扱いのない商品なども、当社が設定している規定に基づき、メーカーや有効成分などを確認した上で販売しています。
その他の通販サイトでは、商品の詳しい説明が記載されていなかったり、商品の画像などが掲載されていない場合もあり、サイトの信頼性、商品が正規品か否かを確認できない場合があります。
そのため、ネットのくすり屋さんでは信頼性の高い商品を、安心・安全に購入することができます。

便秘薬に関するよくある質問

Q.便秘薬の通販は違法?
A.便秘薬の通販は違法ではありません。
医薬品の海外通販では、個人輸入になるため便秘薬を購入することは可能になります。
しかし、個人輸入は個人が使用する目的のために輸入することであって、人に譲ったり、販売することはできません。
薬機法に基づいて、輸入禁止薬物でない限りは、購入することができます。

Q.便秘薬を病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.便秘薬はドラックストアなどでも購入することができます。
病院に行かなくても市販薬として購入することができます。
また、海外の医薬品通販を利用することで、海外の効果の高い成分が配合されている便秘薬を購入することができます。

Q.便秘薬でダイエットができる?
A.便秘薬でダイエットすることはできません。
便秘を解消することで物理的に体重は落ちるのは確かです。
ただ、ダイエットになるかと言われるとダイエットにはなりません。
しかし、便秘を解消することで、ダイエットの弊害となっているむくみや血行不良を改善することができるため、ダイエットにも効率よく取り組めるということになります。

Q.多く飲んだら良くなる?
A.便秘薬は成分量を多く摂取した際にはその分だけの効果があります。
しかし、便秘薬には耐性があるため、多い成分量で効果が合ったとしても、連用してしまうと効果が次第になくなってしまうので、注意が必要です。

Q.長期連用したらどうなるの?
A.長期連用した場合には薬に対して耐性ができるため、効果が薄れてしまいます。
便秘薬はあくまでも緊急時に使用するものとすることをお薦めします。
便秘により日常生活に支障をきたす場合にのみ使用し、それ以外では、食事やマッサージ、適度な運動などで改善することをお薦めします。

関連ページ

参考サイト
便秘 - Wikipedia

医療用医薬品 : センノサイド