上へ
戻る

カテゴリ

プロテイン

筋肉増強のアイテム、プロテインについて紹介します。
プロテインを使用することで、より効率よく筋肉を付けることができます。
筋肉を付けたい、筋肉を強くしたいという方にお薦めです。

プロテインの商品一覧

プロテインとは?

プロテインはタンパク質のことを呼びます。
しかし日本でプロテインという場合には、タンパク質を主成分とするプロテインサプリメントのことを示す場合が多くなっています。
日本国内においては、プロテインは健康食品に位置づけられています。
必須アミノ酸をバランスよく、もしくは極端に偏って配合してあり、不足している栄養素を補うために使用されます。
また、アスリートやボディビルダーの場合には、トレーニング後の負傷した筋肉を修復するためにタンパク質を必要とします。
この際に摂取したタンパク質は、筋肉の修復に使用され、筋力が肥大、上昇する可能性があります。
プロテインは、筋肉を維持または増強する目的で摂取されますが、薬物的な筋肉増強効果はありません。
適切なトレーニングや食事と併用して摂取し、長期的に使用することで効果が期待できます。
筋肉を増強するためだけに使用されるわけではなく、ダイエット向けのプロテインもあります。

プロテインに含まれる主要成分

プロテインに含まれる主要成分はタンパク質、必須アミノ酸です。
必須アミノ酸がバランスよく、もしくは極端に配合してあります。
それ以外にも種類によってプロテインの主要成分は異なっています。
現在では7種類ほどの主要成分があり、それぞれに特徴があります。

プロテインの種類

プロテインには様々な種類があります。
それぞれに特徴があり、使用用途も少しずつ変わっていきます。

ホエイプロテイン

原料には牛乳から作られるホエイ蛋白を使用しています。
ホエイプロテインには、ホエイプロテインコンセントレート、ホエイプロテインアイソレート、加水分解ホエイペプチドなどの種類もあります。
ホエイプロテインは、摂取後の消化が早く、タンパク質合成を促す効果が期待できます。
また、消化が速いため、エネルギーとして消費されてしまうことを防ぎにくなっています。
筋肉合成に有効である必須アミノ酸やBCAAが豊富に含まれており、すばやく吸収したい方にお薦めです。
一般的に販売されているプロテインは、このホエイプロテインです。

カゼインプロテイン

原料には牛乳に含まれるガゼイン蛋白を使用しています。
カゼインプロテインには、ガゼインカルシウム、ガゼインミセルなどの種類もあります。
カゼインプロテインは、摂取後の消化が遅く、エネルギーとして消費されてしまうことを防ぎやすくなっています。
アスリートに有効なアミノ酸やグルタミンが豊富に含まれており、長時間の補給にお薦めです。

ソイプロテイン

原料には大豆のタンパクを使用しています。
大豆イソフラボンの作用を受けて、大豆由来のイソフラボンが持つエストロゲン様作用により、ホルモンのように働いてしまう可能性があります。
ソイプロテインは、摂取後の消化が遅く満腹感があり、ダイエットやフィットネスなどに用いる人もいます。
代謝をサポートし、アルギニンが豊富に含まれており、ゆっくりと吸収したい方にお薦めです。

日本製と海外製の違い

プロテインは日本国内でも販売されています。
しかし、海外のプロテインも人気が高く、使用している人も多くなっています。
日本のプロテインも海外のプロテインも含まれている主成分はタンパク質です。
日本で販売されているプロテインと海外で販売されているプロテインの違いはなにかをここでは紹介していきます。

日本製のプロテイン

日本国内で販売されているプロテインの多くはホエイプロテインです。
有名なプロテインのメーカーとしては、ザバスやウィダーなどがあります。
日本製のプロテインには、味がたくさんあり、チョコ味、バニラ味、ストロベリー味などがあります。
また、甘さが控えめになっているのが特徴です。
そして、日本のプロテインでは1回に摂取できるタンパク質は約15.5gとなっています。
またプロテインは口にするものなので、日本製のものは安全性の高く安心して使用することができます。

海外製のプロテイン

海外製のプロテインは種類が豊富にあります。
ホエイプロテインだけでなく、ソイプロテイン、カゼインプロテインなどもあり、自分に合ったものを選択することができます。
また、非常に甘い味付けがされているため、飲みやすくなっています。
そして、海外のプロテインでは1回に摂取できるタンパク質は約22gとなっているため、日本製のものよりも多くなっています。
海外製のプロテインの魅力としては、1袋あたりの内容量が大きいことにもあります。
それ以外にも、日本国内では、プロテインに入れられない成分が海外のプロテインには入っています。
これにより高い効果を期待することができます。
プロテインの形状も、パウダー状のものだけではなく、カプセル錠のものもあります。
より、服用しやすく工夫されています。

パウダーと錠剤の違い

プロテインには、パウダー状のものと錠剤のものがあります。
よく目にするのはパウダー状のもので、水などで溶かして飲むタイプのものだと思います。
しかし、錠剤タイプのものもあります。
結論から言うとパウダー状のものと錠剤のもので効果には変わりはありません。
より、服用しやすくした結果、錠剤タイプもできたというわけです。
錠剤の場合には持ち運びに便利、より手軽に摂取することができるなどの利点があります。
また、パウダー状でも錠剤でも1回に摂取できるタンパク質量は同じなので、自身に合ったものを選択してください。

プロテインと筋肉増強の関係

プロテインは筋肉増強と深い関わりがあります。
多くの人が筋肉を付けるためにはプロテインを摂取する必要があると考えていると思います。
しかし、プロテインは単に摂取すれば筋肉が増強されるわけではなく、適切なトレーニングとともに摂取することで効果を発揮します。
筋肉を増強させるためには、一度筋肉を損傷させて、修復することで、筋肉の肥大、上昇が起こります。
その時にプロテインを摂取することで、より効果的に筋肉を増強させることができます。

筋肉増強にオススメ

筋肉増強の際にお薦めなプロテインは、ホエイプロテインです。
ホエイプロテインは吸収が速く、より効果的に筋肉を増強することができます。
マックスプロテインはNVEファーマ社が製造するホエイプロテインです。
パウダー状のプロテインで、スプーン1杯分で約25gものタンパク質を含んでいます。
糖質や脂肪が少なく、タンパク質を豊富に含んでいるため、脂肪を付けることなく筋肉を増強することができます。
通販では、1本が5,000円前後で購入することができます。

プロテインとダイエットの関係

近年、ダイエットにもプロテインが使用されるようになりました。
置き換えダイエットを行う際にプロテインを使用することで、効率よく栄養素を摂取することができ、満腹感も得られるためです。
しかし、プロテインは摂取しすぎてしまうと余計な脂肪が付いてしまいます。
置き換えダイエットにプロテインを用いる際には、注意して使用する必要があります。

ダイエットにオススメ

ダイエットにお薦めなプロテインは、ソイプロテインです。
ソイプロテインは、摂取後の消化が遅いため、満腹感があります。
プロテインパワーはBioTech社が製造するソイプロテインです。
パウダー状のプロテインで必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
大豆は老化を防止する抗酸化作用、コレステロール値の低下、ホルモンバランスを保つなどの働きがあり、健康にも良いとされています。
通販では、1000gが5,000円前後で購入することができます。

プロテインと疲労回復の関係

プロテインには疲労回復効果の高いものもあります。
人間の体はタンパク質から成り立っています。
タンパク質が不足することにより、免疫力の低下、疲労、貧血などを引き起こしてしまいます。
プロテインを摂取することで不足したタンパク質を補うことができます。
また、筋肉の疲労を取るだけではなく、体全体の疲労回復、健康維持にも効果があります。
食事からタンパク質を十分量摂取するのは難しいです。
プロテインを用いることで、簡単に摂取することができます。

疲労回復にオススメ

疲労回復にお薦めなプロテインは、ベストグルタミンです。
ベストグルタミンはBPI Sports社が製造するプロテインです。
錠剤タイプのプロテインで、ビタミンCやグルタミンなどが含まれています。
グルタミンは筋肉の分解を防ぐだけでなく、消化器官機能の補助、免疫力の向上、脂肪燃焼に効果があります。
錠剤タイプのため持ち運びも便利で、服用しやすくなっています。
通販では、1本が5,000円前後で購入することができます。

プロテインを通販で購入するメリット

ドラッグストアに行っても購入することができるプロテインを通販で購入するメリットは、海外で流通している、人気の高いプロテインを購入することができる点です。
安く購入できるということの他にも、例えば周囲の人にバレにくいというのもメリットのひとつと言えます。
通販サイトなら、文字通りウェブサイト上で手続きを行うことができ、後は郵送を待つだけなので誰にも知られることなく望む商品を購入することができます。
ただし、海外から郵送されるということで10日間から2週間ほどかかる場合があるという点には注意する必要があります。

市販のプロテイン

ドラックストアやスポーツショップなどでプロテインは購入することができます。
市販のプロテインと言えば、ザバスやウィダーなどが有名です。
市販で販売されているプロテインは、日本の会社が販売しているものが多く、成分量も少ないため安全に使用できるものが多いです。
しかし、強力な効果は望めないため、毎日継続して使用する必要があります。

通販サイトを利用した場合

通販でサイトを利用した場合には、海外で製造・販売されているものが取り扱われています。
そのため、通常日本国内では購入することができないプロテインを購入することができます。
さらに内容量が多いのに価格を抑えて購入することもできます。
海外の製品は、成分量が多く配合されているため、高い効果を期待することができます。

通販でしか購入できないプロテイン

通販では、日本国内においてプロテインには配合されていない成分を配合した、海外のプロテインを購入することができます。
日本で販売されているプロテインの主な成分は、ホエイプロテインです。
しかし、海外ではホエイプロテイン以外の成分を使用したプロテインも多く存在し、その種類も豊富にあります。
その他にも、パウダー状のものだけではなく、カプセル錠のものがあり、服用しやすいものを選んで使用することができます。
海外の製品はその高い効果から人気ですが、通販を利用することでその効果を実際に試すことができます。

プロテインの服用方法

パウダー状のプロテインは、約180mlの水にスプーン1杯を目安に溶かして飲用してください。
錠剤のプロテインは1回2錠を飲用してください。

効果的な服用方法

プロテインは、トレーニング終了後30分以内に摂取するのが一番効果的と言われています。
トレーニングによって損傷された筋肉は徐々に修復していきます。
その修復の際にプロテインを摂取しておくことが望ましいため、トレーニング後は速やかに飲用するようにしてください。
就寝前の摂取も良いとされています。
就寝中はホルモンの分泌と栄養補給ができないためです。
また、食事と食事の間に摂取するのも良いとされています。
筋肉の分解を防ぐためにも間食として摂取する必要があります。

プロテインの偽物に注意

プロテインは知名度も人気も高い商品です。
手軽に購入することができ、その効果も高いです。
現在、日本国内においてプロテインを購入することは可能ですが、海外の通販サイトなどでも購入することができます。
しかし、プロテインはとても人気の高い商品なだけに、海外の通販サイトなどでは偽物が多く販売されている場合があります。
海外の通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、発送国の記入がされているのかなどといったてんを確認し、正規品を購入するようにしてください。

信用できるサイト選びのコツ

偽物の商品を購入しないためにも、信頼できるサイトを選び購入することが大切です。
信頼できるサイト選びのコツとしては、そのサイトはいつから運営されていて、どのくらい長く運営されているのか、電話対応などのサポートがあるのか、商品の画像があるのか、発送国や商品の製造元がはっきりしているのかなどといったコツがあります。
これらのコツを踏まえて確認しておくことで信頼できるサイトかどうか判断する材料になります。

ネットのくすり屋さんでは正規品が購入できる

ネットのくすり屋さんでは、正規品を購入することができます。
当サイトで取り扱っている商品の商品ページには、商品の画像が複数枚あり、実際に錠剤やパッケージなどを確認することができます。
また、不定期に取り扱っている商品を、提供している企業と共にその商品がメーカーの正規品であることの確認も行っております。
商品の本質はもちろんのこと、商品の管理方法や衛生面などの安全性も確認をしています。
そして、聞き覚えのないもので日本では知られていないが、世界において知名度のある商品、多くのジェネリック医薬品などの日本国内での取り扱いのない商品なども、当社が設定している規定に基づき、メーカーや有効成分などを確認した上で販売しています。
その他の通販サイトでは、商品の詳しい説明が記載されていなかったり、商品の画像などが掲載されていない場合もあり、サイトの信頼性、商品が正規品か否かを確認できない場合があります。
そのため、ネットのくすり屋さんでは信頼性の高い商品を、安心・安全に購入することができます。

プロテインに関するよくある質問

Q.プロテイン通販は違法?
A.違法ではありません。
プロテインは医薬品ではないため、薬機法にも問題がありません。
また、個人輸入の場合には、個人が使用する目的のためだけに、海外の医薬品を購入することができます。
しっかりと規則を守っていれば大丈夫です。

Q.プロテインは太る?
A.結論から言うと太ります。
ただし、トレーニングもせずにプロテインを飲み続けてしまった場合にのみ太ります。
用法用量を守って使用している場合には太るということはありません。
しかし、プロテインによって肥大化された筋肉は、脂肪よりも重くなるため、体重が増えると言った意味ではトレーニング後にプロテインを摂取している人も増えてしまいます。

Q.プロテインは筋肉を付けるもの?
A.プロテインを摂取したからと言って筋肉が付くということはありません。
あくまでもトレーニングと併用することで筋肉を増強する効果があります。
ただ何もせずにプロテインだけを摂取していても筋肉が付くことはありません。

Q.プロテインと一緒にとったらいいのもは?
A.非常に栄養価の高いプロテインですが、バランスの取れた食事を取ることが何よりも大切です。
主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物などをバランスよく摂取することが筋肉を増強するためには大切です。

Q.本当に効果がある?
A.プロテインは用法用量をしっかりと守ることで高い効果が期待できます。
また、より効果的なタイミングで摂取することでさらに効果が高くなります。
しかし、トレーニングをサボってしまった場合には、思うような効果が現れない場合があるため注意が必要です。