上へ
戻る

カテゴリ

ビタミン・ミネラル

ビタミン・ミネラルについて紹介します。
ビタミンやミネラルは食事から十分量を摂取できない成分です。
肌荒れに悩んでいる、体調を整えたい方にお薦めです。

ビタミン・ミネラルの商品一覧

ビタミンとは?

ビタミンとは、炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物の総称です。
生物の生存・生育に微量に必要とされている栄養素です。
ビタミンは機能によって分類されています。
そのため、ビタミンCと言ってもビタミンCと言う物質があるわけではなく、実はアスコルビン酸という物質です。
またこれが多くの生物にそういうわけではなく、人には13種類のビタミンが認められています。
ビタミンはそのほとんどが十分な量を体内で合成することができず、食品から摂取する必要があります。
一部は腸内細菌から供給されています。

ビタミンが不足すると

ビタミンが不足すると、ビタミン欠乏症になります。
これは、ビタミン不足によって病気や成長障害が起こることを指します。
よく耳にするビタミン欠乏症では、口内炎や貧血、肌荒れ、食欲不振、下痢、消化不良などがあります。
ビタミンが不足したために起こる病気のため、ビタミンを補充することで改善します。

ビタミンの摂りすぎ

ビタミン欠乏症と真逆のビタミンの摂りすぎによる症状を、ビタミン過剰症と言います。
これはビタミン毒性と呼ばれ、脂溶性ビタミンに多く現れるとされています。
主な症状としては、頭痛、悪心、嘔吐、腎障害、高カルシウム血症などがあります。
これらはビタミンの過剰摂取によって引き起こるものなので、ビタミンの摂取量を抑えることで改善します。

ビタミンの種類

ビタミンには種類があります。
馴染みのある言葉では、ビタミンCやビタミンAなどといった言葉も、ビタミンを分類するための種類のひとつと言えます。
また、ビタミンは大きく分けると脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分けることができます。
脂溶性ビタミンは水に溶けにくく、油に溶けやすいビタミンのことを指します。
水溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンのことを指します。
ここでは様々なビタミンの種類について紹介します。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンには、ビタミンA、D、E、Kがあります。
ビタミンAはレチノール、β-カロテン、α-カロテン、β-クリプトキサンチンがあります。
ビタミンDはエルゴカルシフェロール、コレカルシフェロールがあります。
ビタミンEはトコフェロール、トコトリエノールがあります。
ビタミンKはフェロキノン、メナキノンの2つのナフトキノン誘導体があります。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンにはビタミンB群、ビタミンCがあります。
ビタミンB1にはチアミン、ビタミンB2にはリボフラビン、ビタミンB3にはナイアシン、ビタミンB5にはパントテン酸、ビタミンB6にはピリドキサール、ピリドキサミン、ピリドキシン、ビタミンB7にはビオチン、ビタミンB9には葉酸、ビタミンB12にはシアノコバラミン、ヒドロキソコバラミンがあります。
ビタミンCにはアスコルビン酸があります。

ミネラルとは?

ミネラルとは一般的に無機質と呼ばれている、有機物に含まれる4元素以外の必須元素のことです。
タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンと並んで5大栄養素の1つとして数えられています。
日本では、13元素が厚生労働省の、健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として定められています。
また、ミネラルは体内で作り出すことができないため、食事から摂取しなければなりません。

ミネラルが不足すると

そもそも日本人はミネラルが不足しいると言われています。
ミネラル不足が引き起こす症状として、骨粗しょう症や貧血、むくみなどがあります。
逆にミネラルは摂取をしすぎると、高血圧、脳卒中などと言った生活習慣病の原因となってしまいます。
バランス良く摂取するということが大切です。

有害なミネラル

ミネラルは身体にとって有害な物質もあります。
特に、水銀、ヒ素、鉛、カドミニウムなどは有害なミネラルとして有名です。
これらはいわゆる有害金属です。
海水や土などに含まれ、そこで育った魚、肉、野菜などのを摂取することで体内に入ります。
四大公害と言われている水俣病やイタイイタイ病はこの有害なミネラルによって引き起こりました。
水俣病は有機水銀による水質汚染、底質汚染などが原因でした。
イタイイタイ病はカドミニウムによる水質汚染が原因でした。
この様に、ミネラルは身体にとって必要な反面、身体に有害なものとなっています。

ミネラルの種類

ミネラルには必須ミネラルというものが存在します。
ナトリウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素の16種類があります。
その中でも、亜鉛、カリウム、カルシウム、クロム、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マグネシウム、マンガン、モリブデン、ヨウ素、リンは13元素と呼ばれています。

ビタミンとミネラルの違い

ビタミンとミネラルは似ているようで全くの別物です。
まず、有機化合物と無機質という違いがあります。
特にミネラルは人の骨格や歯などを作る上で重要な物質です。
ビタミンは生理活性物質です。
どちらも身体を構成する上では必要な成分で、不足しても過剰に摂取しすぎてもいけません。

ビタミンの摂取方法

ビタミンには様々な摂取方法があります。
基本的には日々の食事から摂取することが一番の理想ですが、食事からでは十分量摂取することができないのが現実です。
ここではそんなビタミンをどうやって摂取すればよいのか紹介します。

食品

ビタミンを多く含む食品としては、緑黄色野菜、レバーなどがあります。
緑黄色野菜にはβ-カロテンを豊富に含んだ野菜です。
代表的なものは、人参、かぼちゃ、トマト、ほうれん草などがあります。
レバーはビタミンA、ビタミンB群と多く含むとされています。

ビタミンは薬から摂取することができます。
ビタミン欠乏症の治療薬として病院で処方される場合があります。
その他にも骨折時の骨基質形成、骨治癒合成を促す治療にも使用されています。

サプリメント

ビタミンはサプリメントで摂取することができます。
マルチビタミンなどがドラックストアなどで販売されているケースが多いです。
現在では、ビタミンのサプリメントも種類分けされているものが多く、自分に不足しているものだけを摂取することが可能になっています。

ミネラルの摂取方法

ミネラルには様々な摂取方法があります。
体内で作ることのできないミネラルは、食品などから摂取するほかありません。
ここではそんなミネラルをどうやって摂取すればよいのか紹介します。

食品

ミネラルを多く含む食品には、乳製品、牛乳、緑黄色野菜、ナッツ類などがあります。
乳製品には、ヨーグルト、クリーム、チーズ、バターなどがあります。
ナッツ類には、くるみ、カシューナッツ、アーモンドなどがあります。

ミネラルのに分類される成分は薬から摂取することもできます。
特にカルシウムは低カルシウム血症の治療に使用されています。
また、亜鉛や鉄なども貧血の治療に使用されています。

サプリメント

ミネラルはサプリメントで摂取することができます。
マルチミネラルなどがドラッグストアなどで販売されているケースが多いです。
現在では、ミネラルのサプリメントも種類分けされているものが多く、自分に不足しているものだけを摂取することが可能になっています。

ビタミン・ミネラルの効果

ビタミンとミネラルにはそれぞれに効果があります。
身体を形成する上で大切となるビタミンとミネラルですが、その効果は全く違います。
ここではそれぞれの効果を説明していきます。

ビタミン

ビタミンは体内に置いて酵素がその活性を発揮するために必要とされる補酵素として働きます。
ビタミンは全ての生物の細胞内の代謝経路において重要な役割を持っています。

ミネラル

ミネラルは身体の機能の維持や調節に重要な役割を持っています。
身体の構成成分にもなっており、成長段階や性別により必要量は異なります。

ビタミンとダイエットの関係

ビタミンとミネラルはダイエットと深い関係があります。
身体を構成する上で必要なビタミンとミネラルがなぜダイエットと関係があるのかをここでは紹介します。

ビタミンとダイエット

ビタミンとダイエットに深く関わってくるのがビタミンB群です。
ビタミンB群に含まれる成分には、脂質や糖質を分解する効果があります。
また、代謝を促し、新陳代謝を上げることで、肌荒れやニキビなどにも効果があります。
その他にも、タンパク質の代謝にはビタミンB6が必要とされます。
この様に、ビタミンの中にはダイエットの手助けをしてくれる成分があります。

ビタミン・ミネラルを通販で購入するメリット

ドラックストアに行っても購入することができるビタミン・ミネラルを通販で購入するメリットは、海外で流通している、人気の高い商品を購入することができる点です。
安く購入できるということの他にも、例えば周囲の人にバレにくいというのもメリットのひとつと言えます。
通販サイトなら、文字通りウェブサイト上で手続きを行うことができ、後は郵送を待つだけなので、誰にも知られることなく望む商品を購入することができます。
ただし、海外から郵送されるということで10日間~2週間ほどかかる場合があるという点には注意する必要があります。

市販のビタミン・ミネラルのサプリメントを購入する場合

ドラックストアなどでビタミン・ミネラルは購入することができます。
市販で販売されているものは、日本の会社が販売しているものが多く、成分量も少ないため安全に使用できるものが多いです。
しかし、強力な効果は望めないため、毎日継続して使用する必要があります。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用した場合には、海外で製造・販売されているものが取り扱われています。
そのため、通常日本国内では購入することができないビタミン・ミネラルを購入することができます。
さらに内容量が多いのに価格を抑えて購入することもできます。
海外の製品は、成分量が多く配合されているため、高い効果を期待することができます。

通販でしか購入できないビタミン・ミネラル

通販では、日本国内においてビタミン・ミネラルには配合されていない成分を配合した、海外のビタミン・ミネラルを購入することができます。
日本で販売されているのもは効果が弱いものです。
しかし、海外では強力な効果を持つ成分を使用したビタミン・ミネラルが多く存在し、その種類も豊富にあります。
その他にも、服用しやすいように工夫してあるため、自身に合ったものを選択することができます。
海外の製品はその高い効果から人気ですが、通販を利用することでその効果を実際に試すことができます。

ビタミン・ミネラルの服用方法

ビタミン・ミネラルのサプリメントの飲用方法は1日1錠です。
サプリメントのため即効性はありませんが、継続して飲用することで効果を発揮します。
最低でも3ヶ月の飲用をお薦めします。

効果的な服用方法

ビタミンやミネラルのサプリメントは、医薬品と併用することができます。
また、医薬品の服用によってビタミンが不足しがちになる場合があります。
そんな時にサプリメントを活用することで、ビタミン不足を解消することができます。

ビタミン・ミネラルの偽物に注意

ビタミン・ミネラルは人気の高い商品です。
手軽に購入することができ、その効果も高いです。
現在、日本国内においてビタミン・ミネラルを購入することはできますが、海外の通販サイトなどでも購入することができます。
しかし、ビタミン・ミネラルは人気の商品なだけに、海外の通販サイトなどでは偽物が多く販売されている場合があります。
海外の通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、発送国の記入がされているのかなどといったてんを確認し、正規品を購入するようにしてください。

信用できるサイト選びのコツ

偽物の商品を購入しないためにも、信頼できるサイトを選び購入することが大切です。
信頼できるサイト選びのコツとしては、そのサイトはいつから運営されていて、どのくらい長く運営されているのか、電話対応などのサポートがあるのか、商品の画像があるのか、発送国や商品の製造元がはっきりしているのかなどといったコツがあります。
これらのコツを踏まえて確認しておくことで信頼できるサイトかどうか判断する材料になります。

ネットのくすり屋さんでは正規品が購入できる

ネットのくすり屋さんでは、正規品を購入することができます。
当サイトで取り扱っている商品の商品ページには、商品の画像が複数枚あり、実際に錠剤やパッケージなどを確認することができます。
また、不定期に取り扱っている商品を、提供している企業と共にその商品がメーカーの正規品であることの確認も行っております。
商品の本質はもちろんのこと、商品の管理方法や衛生面などの安全性も確認をしています。
そして、聞き覚えのないもので日本では知られていないが、世界において知名度のある商品、多くのジェネリック医薬品などの日本国内での取り扱いのない商品なども、当社が設定している規定に基づき、メーカーや有効成分などを確認した上で販売しています。
その他の通販サイトでは、商品の詳しい説明が記載されていなかったり、商品の画像などが掲載されていない場合もあり、サイトの信頼性、商品が正規品か否かを確認できない場合があります。
そのため、ネットのくすり屋さんでは信頼性の高い商品を、安心・安全に購入することができます。

ビタミン・ミネラルに関するよくある質問

Q.ビタミン・ミネラルの通販は違法?
A.ビタミン・ミネラルの通販は違法ではありません。
医薬品の海外通販では、個人輸入になるため便秘薬を購入することは可能になります。
しかし、個人輸入は個人が使用する目的のために輸入することであって、人に譲ったり、販売することはできません。
薬機法に基づいて、輸入禁止薬物でない限りは、購入することができます。

Q.ビタミンは食品から摂取しても足らないの?
A.食品からの摂取では足りないと言われています。
食品から十分量摂取できる場合が理想ですが、なかなか食品から摂取することはできないとされています。
そのため、サプリメントなどを活用してビタミンを摂取する必要があります。

Q.マルチビタミンとビタミンの違いは?
A.マルチビタミンはビタミンがバランス良く配合されているものです。
ビタミンにも様々な種類があり、その種類がバランス良く配合されています。
何が自分に不足しているのかわからないといった場合には、マルチビタミンを摂取することをお薦めします。

Q.毎日飲まなくてもいい?
A.サプリメントは毎日継続して飲用することで効果があるため、できるだけ毎日飲用するようにしてください。
1日飲み忘れてしまったからといって効果がゼロになってしまうわけではありませんが、飲み忘れが多い場合には効果が十分に得られない場合があるため、注意が必要です。

Q.本当に効果がある?
A.サプリメントは緩やかに効果が現れるため、効果をあまり感じないという方も多いです。
しかし、継続することによって肌荒れが改善した、口内炎ができなくなったなど、小さな効果が実感できます。
最低でも3ヶ月の飲用をお薦めします。