上へ
戻る

カテゴリ

ステンドラジェネリック

第四世代のED治療薬として販売されたステンドラのジェネリック医薬品について紹介します。
有効成分アバナフィルを含むステンドラジェネリックは、ステンドラと同等の効果を持ちながら、価格が抑えられるという特徴があります。
様々な色の錠剤が発売されており、より副作用の発現率を軽減されているなど、服用しやすくなっています。

ステンドラジェネリックの商品一覧

ステンドラとは

ステンドラは、2012年にアメリカで正式に販売がスタートした世界で4番目のED治療薬で、有効成分はアバナフィルです。
日本国内においては未承認のため販売されていませんが、日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関「FDA」で承認された薬です。
ステンドラは当初、日本で開発が進められていたものでした。
有効成分アバナフィルの開発研究を進めていた日本の田辺三菱製薬社が、2001年に製造・販売権をアメリカのVivusse社に譲渡し、FDAで承認されたという経緯があります。
EDの直接原因である酵素PDE5の働きを阻止してスムーズな勃起を促すというメカニズムは従来のED治療薬と同じですが、数あるED治療薬の中で最も即効性があるというのが特徴です。
早ければ服用後15分ほどで効果が現れたというデータもあります。
ED治療薬は服用のタイミングを計算するのが面倒ということで敬遠していた方にもお薦めの薬と言えます。

ステンドラは精力剤ではない

ステンドラは、有効成分アバナフィルの働きでペニスの血管を拡張し、陰茎組織への血流量を増加することによって勃起不全を解消するED治療薬です。
つまり、この薬の働きは勃起をサポートすることです。
視覚や聴覚、触覚を通して与えられる性的刺激があって初めて勃起のメカニズムが働き、アバナフィルが効果を発揮します。
この薬自体に性的欲求を高めて勃起を促す、いわゆる媚薬のような働きはないので、その点には注意する必要があります。

その他のED治療薬との違い

ステンドラが登場する2012年より前、ED治療薬といえばバイアグラ、レビトラ、シアリスが3大ED治療薬でした。
これらとステンドラとの間には違いがあります。
ステンドラの作用のメカニズムは、その他のED治療薬と同じく勃起を妨げる酵素PDE5を阻害するというものです。
しかし一方で、その効果が現れるまでの時間がバイアグラ、レビトラ、シアリスに比べて格段に早いという大きな違いがあります。
ステンドラの登場以前は、服用後30分ほどで効果が現れるレビトラが最速のED治療薬とされてきましたが、ステンドラは服用後15~30分というより早い時間で効果を現します。
またその効果がピークに達するのは服用後3~6時間と圧倒的に早いという特徴があります。

ステンドラジェネリックとは

2012年にアメリカのFDAによって承認されて販売がスタートして以降、欧米を中心に新たなED治療薬として注目されているステンドラですが、2018年現在、日本では承認されておらず、EDクリニックなどの医療機関で処方してもらうことはできません。
一方、世界的にはすでに高い評価を受けているステンドラは、特に効果が現れるまでの時間が短いこと、副作用が他のED治療薬に比べて少ないことで多くの支持を集めています。
現在ではさまざまな製薬会社が製造を手がけたジェネリック医薬品も世界中で流通しています。
日本でも、個人輸入代行業者のサービスを利用することでステンドラのジェネリック医薬品を購入することが可能です。

ジェネリック(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。
ステンドラのジェネリック医薬品であれば、錠剤の色や形が違うのもがあります。

ステンドラとの違いは?

ステンドラとそのジェネリック医薬品との大きな違いは、味や形状そして価格にあります。
有効成分はいずれも同じアバナフィで服用後は最短15分で効果が現れるという即効性の高さも変わりません。
しかし、多くのステンドラジェネリックはステンドラの1/2以下の価格で購入することが可能です。
長い年月をかけて研究開発を行った末に世に出たステンドラに対して、すでに安全性が確認された有効成分を使用しているジェネリック医薬品は、その分安価に販売することが可能となっています。
また、製品によってはアバナフィルだけでなく別の成分も加えることで、EDだけではない幅広い悩みを解消できるジェネリック医薬品として販売されているものもあります。
たとえばEDと並んで男性の性的な悩みとして挙げられることが多い早漏を改善する効果のあるダポキセチンを配合したジェネリック医薬品もあります。
このように、製薬メーカーの工夫によって、ある意味ではステンドラを超えたジェネリック医薬品も登場しています。

ステンドラジェネリックがオススメな人

ステンドラジェネリックの有効成分であるアバナフィルには、EDを引き起こす直接原因と考えられるPDE5という酵素の働きを阻害する効果があります。
特に、その効果が現れるまでの時間が最短15分ときわめて早いのがポイントです。
女性とベッドに入る機会が訪れたときにはすぐに対応できる薬が欲しいという方に、お薦めの薬と言えます。
さらにステンドラジェネリックは先発薬のステンドラよりも安価で販売されております。
そのため、今現在ステンドラを服用している方や、ED治療薬を定期的に購入するのは経済的な負担が大きいと考えている方にもお薦めです。
経済的な負担を軽減することができます。
ステンドラと同様の有効成分が同量含まれており、同等の効果を得ることができる上に、経済的な負担も少なく済むと考えると、ステンドラジェネリックはどんな方にもお薦めできる医薬品と言えます。
ちなみに、アバナフィルは他のED治療薬に比べて副作用が少ないと言われています。
ほかの薬では副作用が出て困ったという経験がある方にも、ステンドラジェネリックはお薦めの薬と言えます。

日本国内のステンドラジェネリック

日本では先発薬であるステンドラがまだ未承認です。
そのジェネリック医薬品も承認されていないので、国内の薬局で購入したり、EDクリニックで処方してもらうことはできません。
医薬品専門の通販サイトを利用して、海外で販売されているステンドラジェネリックを個人輸入で購入するしかないというのが現状です。
個人輸入というと大変のようですが、ネットショッピングの感覚で簡単に行うことができます。
ちなみに、ステンドラジェネリック販売中!という看板を掲げたEDクリニックがあるという話もありますが、いわゆる悪徳クリニックの可能性があるので注意が必要です。

海外のステンドラジェネリック

・ドラスマ
インドのスマート社が製造販売している製品で、丸く白い錠剤です。
アバナフィルの成分量は100mg。価格は1錠300円ほどが相場です。

・アバナ
サンライズレメディーズ社で開発されたジェネリック医薬品です。
形状は丸みを帯びた三角形で、濃い赤色が特徴です。
成分量50mg、100mg、200mgの3タイプがあり、200mgを服用する際は、ピルカッター等でカットすることをお薦めします。
価格は1錠300円ほどが相場です。

・スーパーアバナ
アバナと同じくサンライズレメディーズ社で製造されている製品です。
アバナフィルに加え、早漏防止に有効なダポキセチンが含有されているのが特徴です。
錠剤の形状は丸みのある三角形ですが、色は濃いめの緑色で、成分量100mg、200mgの2タイプがあります。
価格は1錠650円ほどが相場です。

・トップアバナ
スーパーアバナと同じくアバナフィルとダポキセチンを配合し、EDと早漏を同時に解消できます。
一方、アバナフィルの成分量は1錠につき50mgとスーパーアバナより少なめとなっており、スーパーアバナでは効果が強いと感じる方にお薦めです。
1錠400円ほどが相場です。

ステンドラジェネリックを通販で購入するメリット

先発薬であるステンドラは日本で未承認のため販売されておりません。
そのため、ステンドラジェネリックも日本では販売されておりません。
通販サイトであれば、先発薬であるステンドラもステンドラジェネリックも購入することができます。
日本国内では販売されていない薬を通販でなら購入することができるのもメリットといえます。
ステンドラジェネリックはステンドラと同様の効果が得られるうえに、先発薬であるステンドラよりもはるかに安い価格で購入することができます。
また、病院で処方してもらう必要のあるEDの治療薬とは異なり、診察料などがないのもメリットの1つです。
通販サイトを利用することで、どこでも手軽に注文することができ、誰かと顔を合わせることなく、購入することができます。

<ステンドラとジェネリックの価格

先発薬のステンドラは、通販を利用した場合でも1錠1,000円以上という価格設定なのに対して、ジェネリック医薬品であるアバナは1錠300円程度と、非常に安価となっております。
アバナ以外の製品も同価格帯で、先発薬よりも1/2以下の低価格で購入できるのがステンドラジェネリックの特徴です。

ステンドラの偽物に注意

ステンドラは第4のED治療薬として世界的に人気を集めています。
その人気に乗じて、通販サイトの中には偽物を取り扱っている悪徳サイトが見られます。
ステンドラと称して中身が違うものを販売していたり、支払いを済ませても一向に届かず、問い合わせようとするとそのサイトはもう消えていたりと、非常に悪質な行為が行われていることもあるようです。
また、日本での販売はまだ承認されていないにも関わらず、海外から個人輸入したものを販売しているところがあるという話もあります。
もしクリニックやドラッグストアでまだ承認されていない医薬品を勧められたときは、違法なので断るようにしてください。

有効成分アバナフィルとは

EDは、PDE5という酵素が直接の原因となっている現象です。
アバナフィルには、そのPDE5の働きを阻害することでペニスがスムーズに血管拡張を果たし、血流を増やして勃起できるように促すという効果があります。
その結果、血管を拡張させ、陰茎に流れ込む血液量を増やして勃起を起こしやすくしてくれます。
また、アバナフィルには、胃腸で溶けやすい性質があり、その分だけほかのED治療薬の有効成分よりも最高血中濃度に至るのが早いという特徴があります。

ステンドラジェネリックも有効成分は同じ

ステンドラジェネリックにはアバナ、ドラスマなどさまざまな種類のものがありますが、ED治療薬としての有効成分はいずれも先発薬のステンドラと同じアバナフィルです。
中にはスーパーアバナのように、アバナフィルに加えてダポキセチンと呼ばれる成分を加えているジェネリック医薬品もあります。
ダポキセチンは脳に働きかけて興奮が短時間で高まってすぐに射精してしまう早漏を改善する効果がある成分です。
EDで中折れしがちなので焦って早漏になってしまうなど、EDと早漏は互いに関係しあっているというパターンが少なくありません。
自分に合ったステンドラジェネリックを使用しましょう。

ステンドラジェネリックの服用方法

ステンドラの基本的な服用方法は、性行為の30分前、空腹時に成分量50mgを服用することが推奨されています。
1回で服用できる上限は200mgまでで、次に服用するまでには24時間以上の間隔を空ける必要があります。
小柄な日本人にとっては50mg程度がちょうど良いとされていますが、日本人でも大柄な体型の男性は50mgでも効果を得られない可能性もあります。
効果をより得るために、成分量を増加することは危険であるだけでなく意味がありません。
初めてステンドラを服用する方は50mgから服用し、効果を感じづらい場合は成分量を増やし、ご自身にあった適切な量を理解することが大切です。
用量や服用方法を守らなければ確かな効果を得られず、重篤な副作用が生じる恐れもあるので十分注意が必要です。
さらにステンドラの効果を最大限に安全に引き出すためには、正しい服用方法と気を付けるべきことを把握する必要があります。

食事との関係

ステンドラは、他のED治療薬と比較し、食事の影響を受けにくいと言われてはいますが、やはりまったく受けないというわけではなく、効果が十分に得られない場合もあります。
空腹時に服用するか、あるいは食後、消化がある程度進んでから服用するのが正しい方法です。
ステンドラは、服用後早ければ15分ほどで効果を発揮し始めます。
どうしても食事が避けられない場合は食後2時間後に服用することで食べ物が消化され、効果が存分に発揮されます。

アルコールとの関係

ステンドラ服用にあたって、食事やアルコールの影響を受けにくいとされています。
医薬品の中には、服用の前後には絶対にアルコールを口にしてはならないと決められているものもありますが、ステンドラの場合はあまり気にする必要はありません。
そもそも、性行為を前にしてアルコールを口にすることは、必ずしも悪いことではありません。
少量であれば、アルコールは心の緊張を解きほぐして性的な刺激や快感をより高める働きがあり、EDの症状をやわらげる効果があります。
ただし、口にするアルコールの量が多すぎる場合は身体機能が全体的に下がるために感覚が鈍り、ステンドラジェネリックを服用しても性行為に支障をきたす場合があります。
飲み過ぎないことが大切ですので適量に収めてください。

グレープフルーツとの関係

グレープフルーツをはじめとした一部の柑橘類には、フラノクマリンという成分が含まれており、体内にある代謝酵素の働きを阻害します。
フラノクマリンの働きによって、薬の成分の分解が遅くなり、過剰に体内に吸収されてしまうといった現象が引き起こります。
ステンドラジェネリックも同様で、服用の際にグレープフルーツを一緒に口にしてしまうと、効果や副作用が強まる恐れがあります。
決してグレープフルーツと一緒にステンドラジェネリックを服用することが禁忌だとはされていませんが、思わぬ副作用や効果の増強を避けるために、併用は避けることが無難です。
クレープフルーツジュースにもフラノクマリンが含まれているため、注意してください。
レモン、ミカン、オレンジ、ゆずなどの一般的に多く食される柑橘類にはフラノクマリンは含まれておりませんが、八朔、甘夏、ライム、ざくろなどにはフラノクマリンが含まれています。

ステンドラジェネリックの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはステンドラのジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・顔のほてり
・鼻づまり
・頭痛
・動機
・目の充血
・血圧低下
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

ステンドラジェネリックの副作用で本当にごく稀に確認される重篤な副作用が存在します。
・非動脈炎性前部虚血性神経症
・プリアピズム
上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。
これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。

軽い副作用は効果のあらわれ?

ステンドラの有効成分であるアバナフィルには、血管を拡張して血流を増加させる作用があります。
その働きが作用するのは陰茎組織だけではなく、少なからず全身に及んでいます。
つまり、顔のほてりや動悸といった副作用は血管が拡張され、血流が増えている証拠ということもできます。
血流が増えていることによって、血行が良くなって顔が赤く、熱くなり、また心臓の働きが活発になることで動悸が起こります。

ステンドラジェネリックの併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はステンドラジェネリックと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
ステンドラジェネリックを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はステンドラジェネリックと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

・硝酸剤及びNO供与剤 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
併用することで降圧作用を強めてしまう恐れがあります。

・アミオダロン塩酸塩
併用することでQTc延長作用が強めてしまう恐れがあります。

・CYP3A4阻害薬 (抗生剤、抗HIV薬、ケトコナゾールなど)
血中濃度の上昇により、血中半減期が減少する恐れがあります。

併用注意薬

・グレープフルーツ
成分の分解が遅れることで必要以上に吸収し、副作用を招く恐れがあります。

・CYP3A4阻害薬・誘導薬

・降圧剤
併用することで一時的に血圧が下がりすぎると、めまい、たちくらみを起こす恐れがあります。

ステンドラを服用してはいけない方

・重度の肝機能障害のある方
・低血圧、医師の診断がされていない高血圧の方
・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方

ステンドラの豆知識

日本国内においては未承認のため販売されていないステンドラですが、世界的には多く利用されています。
保存する場合には、直接日光や高温多湿を避け、室温で保存します。
比較的新しいED治療薬ではありますが、その効果は他のED治療薬

ステンドラの開発史

ステンドラは現在、アメリカに本社を構えるVivus社で製造・販売が行われています。
しかし、ステンドラの主成分であるアバナフィルは、実は日本の製薬会社で開発が進められていたものであるという経緯があります。
もともとは、アスパラドリンクなどの製品を世に送り出している田辺三菱製薬社が、即効性があり副作用の少ないED治療薬として、アジア人の体にもほどよくなじむED治療薬として開発を進めていたものでした。
そんなアバナフィルは2001年、Vivus社に製造販売権が譲渡され、2012年にアメリカでの承認を受け、ステンドラとして販売がスタートしたのです。

アジア人の体質にあったED治療薬

ステンドラは、有効成分のアバナフィルが当初、日本で開発が進められていたこともあり、アジア人になじみやすいED治療薬といわれています。
開発途中から、アジア人向けのED治療薬が開発されるということで注目を集めていました。
従来のED治療薬だと、アジア人は海外男性と比較し、小柄ですので服用量に気をつけなければ副作用が出やすいというのがネックでしたが、ステンドラは日本で開発がスタートしたということもあって、より気軽にアジア人が服用できるED治療薬として注目されているのです。

ステンドラは女性にも効果がある?

ステンドラの有効成分であるアバナフィルには血管を拡張させ、血流を増やす働きがあります。
女性には陰茎海綿体や尿道海綿体といった組織がないため、勃起という現象は起こりえませんが、血流の増加によって女性器周辺の血流が良くなることでより敏感になり、快感を得やすいようになるのではないかと考えられています。
ちなみに、女性が服用することで健康的な問題はありませんが、副作用であるめまいや頭痛といった症状を引き起こすだけで思ったような効果が出ない可能性もあるので、その点はあらかじめ心得ておく必要があります。

ステンドラジェネリックに関するよくある質問

Q.ステンドラジェネリックを通販で購入するのは違法ですか?
A.結論からいえば、違法ではありません。
個人で服用するために通販を利用して医薬品を海外から輸入することは認められています。
ただし、あくまでも個人使用に限って認められているという点には留意すべきでしょう。
たとえば個人で輸入したにも関わらず、それを他人に譲渡・転売する行為は禁止されています。
ちなみに、薬事法で使用が禁止されている医薬品を輸入することはできません。

Q.ステンドラジェネリックの本物と偽物を見分けるにはどうすればいいですか?
A.ステンドラやそのジェネリック医薬品は日本で承認されていないので、実際に医師の保証がある本物を目にする機会はなかなかありません。
そのため見分けるのは困難ですが、方法がないわけではありません。
たとえばインターネット上にアップされている商品画像と品物を比較して形状やサイズを見比べるという方法があります。

Q.ステンドラジェネリックはいつ国内で処方されるのでしょうか?
A.ステンドラやそのジェネリック医薬品は、もともと有効成分であるアバナフィルの開発が日本で進められていたにも関わらず、現在は日本国内での販売の認可が下りていません。
いつ認可が下りるのか、処方されるようになるのかということも現在のところ明らかになっていません。
とはいえ通販による個人輸入は盛んです。
クリニックに足を運び、医師と顔を合わせて診察を受ける必要もなく、気軽に手に入れることができます。

Q.成分量が多いステンドラのジェネリック医薬品はどうやって服用すればいいですか?
A.ステンドラのジェネリック医薬品は1錠あたりの成分量が50~200mgとさまざまですが、日本で定められているED治療薬の基本的な用法用量は50mg錠を1日1錠です。
多すぎる場合はより成分量を減らし、少なすぎる場合は成分量を増やします。
お手もとのステンドラジェネリックが100mg、200mgのものである場合は、錠剤を固定して鋭い刃で割ることができるピルカッターを使用するのがお薦めです。
2分割、4分割することで服用する量を調整できるでしょう。

Q.何でステンドラは従来のED治療薬の“いいとこ取り”なんですか?
A.ステンドラは、服用してから最短15分というレビトラを超える即効性、また副作用が生じる可能性が低いというシアリスのような安定性を備えています。
これまでに世に出たED治療薬の、まさにいいとこ取りです。
そんな優れた薬が生まれた背景には、そもそも有効成分アバナフィルの開発が日本の田辺三菱製薬でスタートした当初、即効性が高く、誰もが安心して服用できる副作用の少ないED治療薬を目指していたことがあると言えます。
2001年、アメリカのVivus社に製造・販売権が譲渡されたあともそのスピリットが生き続け、今に至っているのです。

関連ページ

参考サイト
Avanafil - Wikipedia