上へ
戻る

カテゴリ

FAGA治療薬

FAGA治療薬は女性でも使用できる、育毛効果の高い治療薬です。
主にミノキシジルを有効成分としている外用薬や、育毛を助ける栄養素をが配合された育毛サプリがあります。
女性にとって髪の毛は大事なものです。ボリュームダウンや地肌が見えるなどFAGAにお悩みの女性はいち早くFAGA治療薬を用いて治療していくことをおすすめします。

FAGA治療薬の商品一覧

女性用ミノキシジルの商品一覧

パントテン酸の商品一覧

育毛成分配合ローションの商品一覧

女性育毛サプリメントの商品一覧

FAGA治療薬とは?

FAGAは「女性男性型脱毛症」と呼ばれるもので、AGA(男性型脱毛症)の女性版を意味する「Female AGA」の略称です。
加齢やストレス、食生活の乱れによってホルモンバランスに変化が生じ、その結果として男性の脱毛症のような症状が見られます。
そんなFAGAに対して効果的な治療薬としては、頭皮の毛細血管を拡張させて血液量を増やし、より多くの栄養を毛根に送り込むことで育毛効果を高めるミノキシジルを配合した外用薬や、毛髪、頭皮の環境を良好に保つ働きがあるパントテン酸を含む内服薬などが挙げられます。
そのほか、厳密には医薬品ではありませんが、亜鉛、カプサイシンのような成分を含む育毛サプリを使用するのも効果的です。

どんな人にオススメの治療薬なのか?

毛髪の全体が薄くなってしまうFAGAの症状が見られる方、FAGAは別名、びまん性脱毛症と呼ばれていますが、びまんとは広範囲にわたる様子のことです。
10円玉サイズや生え際のみではなく、頭頂部を中心に全体的に髪のボリュームが減ってきたという場合にはFAGAの疑いがあるため、ミノキシジルを配合した外用薬やパントテン酸を含む内服薬などのFAGA治療薬がお薦めです。

薬局で買える?

処方箋が不要な一般用医薬品を置いているドラッグストアで、FAGAの治療に使用できる医薬品を購入することは可能です。
例えば、ミノキシジルを配合した大正製薬会社の育毛剤、リアップリジェンヌがあります。
ミノキシジルの働きによって頭皮の血流を良くし、育毛に必要な栄養を乗せた血液を行き渡らせる効果があります。
ただし、大正製薬会社のリアップシリーズは種類が多いので注意が必要です。
そもそもリアップは男性向けの育毛剤として開発がスタートした製品で、全種類のうち圧倒的に多いのは男性用となっております。
ミノキシジルの成分量が女性には少しばかり多すぎる、そのような特徴を持つ製品です。
ミノキシジルの成分量が多すぎると、頭痛をはじめ様々な副作用が生じる可能性が高まります。
間違ったものを購入し、使用したことにより体調を崩すようなことがないよう、しっかり選ぶ必要があります。

FAGAの治療方法と費用について

FAGAを発症してしまうと頭髪が全体的に薄くなってしまうので、特に若い女性の場合は大きなコンプレックスになってしまいます。
これを解消するためにも、すみやかに治療する必要があると言えます。
皮膚科や美容外科のクリニックでの治療はカウンセリング、血液検査、そして効果的な医薬品の処方という流れで行われます。
飲むFAGA治療薬と言われるパントガールが処方されるケースが多く、1ヶ月分7,000~8,000円が費用の目安です。
一方、パントガールは通販でも購入可能ですが、この場合は90錠入りが6,000~8,000円というのが価格相場です。

医療機関

FAGAの治療は、健康保険適用外となっています。
健康保険が適用される場合は診察代、薬代は3割負担のみで済みますが、FAGA治療は全額負担する自由診療で受診することになります。
健康保険が適用されるのは、心身の調子を崩して日常生活が困難になってしまう、あるいは命に関わる病気やケガの治療に限るとされています。
その基準に照らし合わせると、FAGAは生命を脅かすようなものではないため、自由診療のカテゴリーに属されます。

治療薬を処方してもらう

FAGAの治療を行っているクリニックを利用した際には、効果的な治療薬を処方してもらうことができます。
頭皮に塗布する外用薬、経口服用する内服薬の2種類に分かれます。
代表的な外用薬は、頭皮の血行状態を改善させるミノキシジルが含有されたウィメンズ・ロゲインのような医薬品となっています。
3ヶ月分で15,000円というのが相場です。
代表的な内服薬としてはパントガールが挙げられます。
1ヶ月分を7,000~8,000円ほどで処方してもらえます。
いずれの場合も、最初の処方から半年ほど継続して使用を続ける必要があります。

外科手術

治療薬の塗布や服用といった治療以外の方法として、外科手術もあります。
外科手術の手法としては、毛根に対して育毛に必要な成分を直接注射する育毛メソセラピーや、幹細胞から抽出した髪の成長因子に髪の成長を促す成分を混ぜた液体を注射するHARG療法、また自毛植毛と言った方法があります。
治療にかかる時間は早ければ数10分~数時間ですが、治療料金は10万円以上になるため、ほかの治療方法より金銭的負担は大きくなります。

個人輸入による通販での購入

海外で流通する医薬品通販サイトで、FAGA治療薬を取り寄せると言う方法もあります。
海外から輸入できる医薬品の中にはミノキシジルを配合した育毛剤、内服薬のパントガールなどがあります。
この場合は処方箋が不要なので、クリニックで処方されるような治療薬を、医療機関を一切受診せずに入手できると言うメリットがあります。
海外からの輸入になるため、注文から到着までに2週間前後の時間が必要となりますが、より安価に販売しているサイトを探せばパントガール1ヶ月分を6,000円ほどで購入することも可能です。

通販で購入できるFAGA治療薬

通販を利用した際に購入できるFAGA治療薬には、以下のような商品があります。

・女性用ミノキシジル
・パントテン酸
・育毛ローション
・ヘアケアシャンプー
・女性育毛サプリ

FAGA治療に使用する医薬品が共通して持っているのは、血行の改善作用や育毛に役立つ成分により、毛髪の成長を助けながらFAGAを解消するという効果です。
例えばミノキシジルは頭皮の血行状態を向上させる成分であり、パントテン酸には頭皮や毛髪を構成するコラーゲン生成を促す効果があります。
ただし、使用後、急速に髪が成長すると言うわけではなく、時間をかけてゆっくりと毛髪の成長を促し、薄くなってしまった髪をもとの状態に戻すと言うアプローチでFAGAを治療します。

短期間でFAGA治療を行いたい場合は、自毛植毛、HARG療法をはじめとするクリニックで行われる外科手術が最も適した治療法だと言えますが、治療の際に発生する金銭的負担が非常に大きいため、誰もが手軽に行える治療方法だとは言いがたい現状です。

また、クリニックでFAGA治療薬を処方してもらう場合、保険適用外の自由診療であること、診察代などがかかることもあって、こちらも金銭的負担が大きくなってしまいます。
一方、通販であれば病院に行く必要がないので、それだけ安価にFAGA治療が行えます。

女性用ミノキシジル

女性用ミノキシジルを配合した育毛剤は、血管が拡張し血流が良くなることによって育毛効果を発揮します。
FAGAの進行によってダメージを受けている毛根に血液を行きわたらせ、新しい髪の生成を促します。
ミノキシジルは、男性型脱毛症であるAGAの治療にも処方される成分です。

女性用のミノキシジル育毛剤として日本国内で流通している製品は、ミノキシジル配合量が1%の製品です。ミノキシジルは1%であっても非常に優れた発毛効果があり、FAGAの解消に有効的です。
一方、通販で購入できる海外製の女性用ミノキシジル育毛剤は、ミノキシジル配合量が国内流通品よりも多い、2%の製品が一般的となります。
したがって、国内流通品と比べ、より優れた発毛効果を発揮し、髪の成長を促すことで薄毛の悩みを解消させることができます。

パントテン酸

飲む女性用育毛剤であるパントガールの有効成分、パントテン酸はビタミンB郡に属する物質、ビタミンB5と呼ばれるものです。
パントテン酸は非常に多くの食品に含まれているため、日々の食事で十分に摂取できるので基本的には不足した状態になることはありません。

パントテン酸には、体内でビタミンCの活動をサポートする働きがあります。
ビタミンCは、皮膚や毛髪の構成要素であるコラーゲンの生成に必要不可欠な成分です。
パントテン酸を多く含むパントガールを服用することで、体内でビタミンCがより活発に働き、健康な髪や肌を作り出します。
パントガールは日本国内でも購入できますが、クリニックに行く必要があります。
一方、通販サイトを利用すればよりお金をかけずに入手することが可能です。

育毛ローション

育毛ローションは薄毛になっている部位に対して塗布し、薄毛を解消することができる医薬品です。
通販サイトを通じて購入できる製品として代表的なのは、パントスチンというドイツ製の医薬品で、アルファトラジオールという有効成分が含まれています。

アルファトラジオールはFAGAを引き起こす原因である5αリダクターゼという物質の働きを抑えます。
5αリダクターゼは、女性の体内にある男性ホルモンのテストステロンに接触してDHTと呼ばれる物質に変異させる還元酵素のとこで、DHTが毛根に働きかけて髪の健康な育成を阻害します。

ホルモンバランスが正常であれば、DHTの量に対して女性ホルモンの量が多いため問題ありませんが、ホルモンバランスが崩れてしまうとDHTの影響によってFAGAが発症します。
パントスチンは、DHTの生成量を減らすことができるため、FAGAの進行を抑えることができます。

ヘアケアシャンプー

ヘアケアシャンプーは髪を保護し、ハリやコシを与え、潤いを保つ成分を含んだシャンプーです。
このシャンプーを使用したからと言って、それだけで発毛や育毛ができるわけではなく、育毛剤のサポートのために使用できるアイテムです。
ヘアケアシャンプーを使用することで頭皮の汚れを落とし、皮脂の詰まりによって髪の成長が妨げられるのを防ぐことで抜け毛を防止します。
同時に、髪や頭皮を健康かつ綺麗な状態にすることで、頭皮環境が原因で発生する薄毛を防止します。
次に生えてくる髪を今の髪よりも良い健康状態の髪にして、育毛剤によるFAGAの改善効果をサポートします。

女性育毛サプリ

育毛サプリは、髪の成長を促す効果が期待できるサプリメントで、服飲によって使用するのが基本です。
髪を健康に成長させるために必要な栄養を補給し、健康な髪が生えてくるのをサポートします。
ノコギリヤシや亜鉛、カプサイシンなどの成分を含んでいます。

ノコギリヤシには、FAGAを引き起こす原因となる5αリダクターゼの働きを抑える効果が期待できます。
また亜鉛は太く、丈夫な髪を育成する働きがあるとされています。
また、カプサイシンには頭皮の血流を良くする効果が期待できます。
これらはいずれも天然成分なので、ミノキシジル育毛剤などの医薬品では副作用が出やすいという場合にも安心して服飲できます。

FAGA治療薬を通販で購入するメリット

通販サイトを利用して購入する最大のメリットはクリニックで処方してもらうよりも安価に、また手軽に入手できる点です。
FAGA治療は健康保険が適応されない自由診療となっており、薬の代金に加えて診察代や検査代なども全額自己負担になるので治療費が高額になってしまいます。
地方によっては薬の処方が可能なクリニックが少ないなど、通院するにもひと苦労する場合も珍しくありません。

一方、通販を利用した場合には医療機関で処方している医薬品と同じもの、もしくは名称は違っても同等の効果を持った医薬品を、診察代や検査代などをかけずに購入できます。
また、通販を利用する場合はクリニックへ診察を受けに行く必要がないため、FAGA治療を受けていると言うことが第三者に知られにくいと言うメリットがあります。

通販で購入する際の注意点

偽物の医薬品やサプリメントの中には、一見して本物ではないと分かるような製品もあれば、本物と比較をしても見分けがつかないほど精巧に製造された偽物もあるため、製品購入後に見分けるのは簡単ではありません。
したがって、通販サイトを利用してFAGA治療薬を購入する際には、サイトで取り扱っている製品の信頼性、また通販サイト自体の信頼性などをしっかりと確認し、正規品の製造を行っている製薬会社から卸した商品を取り扱っていると判断できるサイトでの購入を行うのが大切です。
インターネット上では、通販サイトを実際に利用した人の口コミを確認することが可能です。
購入者の生の声をチェックすることで、より安全なサイト、安全な医薬品を見つけることができます。

FAGA治療薬の服用方法と注意点

ED治療薬の成分は数種類存在し、それぞれ成分が吸収される速さや、作用時間が異なります。
そのため、性行為の何時間前に服用するのか、食事やアルコールの影響はどの程度受けるのか、成分毎で異なるため注意が必要です。

バイアグラの服用方法と注意点

FAGA治療薬は、医薬品の種類によって服用するタイミングや注意すべき点などが異なっています。
したがって、治療薬を使用する際には治療薬ごとの正しい服用方法と注意点を踏まえ、用法用量を守って使用することが大切です。

女性用ミノキシジルの服用方法と注意点

リアップリジェンヌなどのミノキシジルを配合した女性用育毛剤は、1日に2回、患部にミノキシジルを塗布して使用するのが基本です。
塗布する部位に皮脂汚れなどがあると薬液がスムーズに浸透しないため、使用時には患部を綺麗に洗い乾燥させた後に塗布する必要があります。

パントテン酸の服用方法と注意点

パントテン酸は色々な食品に含まれているため、日常生活の食事で十分な量を摂取できますが、外用薬として摂取する場合、薬の注意書きに指定されている数を毎日服用します。
パントガールの場合は1日3回、1錠ずつ服用します。
パントテン酸は過剰摂取により腹痛を引き起こす可能性があるので、過剰摂取には注意が必要です。

育毛ローションの服用方法と注意点

洗髪後、十分に頭皮や毛髪を乾かしたうえで、適量の育毛ローションを塗布します。
ただし、製品によっては若干の水分を残しておいたほうが良い場合もあるため、使用時にはどれくらい髪が乾いている必要があるのか確認する必要があります。

ヘアケアシャンプーの服用方法と注意点

頭をお湯だけで予洗いし、手で泡立てたシャンプーを使用します。
頭皮全体になじませた後、しっかりすすぎ洗いし、ドライヤーで乾燥させます。
1日に何度もシャンプーを行ってしまうと頭皮にダメージを与えてしまうため、シャンプーの回数は1日1回ほどに抑えておく必要があります。

女性育毛サプリの服用方法と注意点

女性育毛サプリは、製品ごとに定められた服用量を守って服用します。
サプリに含まれる栄養成分は、食事とともに摂取することでより効率よく吸収させることができます。
服用するタイミングに関して特に指定がない場合、食後に服用するのが望ましいです。

FAGA治療薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはFAGA治療薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用と言い、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

女性用ミノキシジルの副作用

・頭皮のかぶれ、かゆみ
・刺激感
・頭痛
・めまい

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

パントテン酸の副作用

パントテン酸は卵や肉類、野菜類、魚介類など豊富な食材などにも多く含まれている成分であると言うこともあり、副作用は報告されていません。
ただし、妊婦や授乳中の女性が服用するケースは想定されていない(臨床試験が行われていない)ため、その場合は別の方法で治療するのが良いです。

育毛ローションの副作用

・皮膚の赤みやはれ
・かゆみ
・刺激感

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

ヘアケアシャンプーの副作用

・頭皮のかゆみ
・炎症
・フケ

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

女性育毛サプリの副作用

女性育毛サプリは、含有する成分にアレルギーを持っている場合にアレルギー症状を発症する可能性があります。
それ以外の副作用は基本的に存在しません。

AGA治療薬(プロペシア、ザガーロ)は女性には効果がない

プロペシアとザガーロは、男性の頭髪に発症するAGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる代表的な医薬品です。
5α-リダクターゼの活動を阻害し、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が体内で生成されることを防ぐ効果があります。
AGAの原因を直接予防し、進行を止めることができます。

このプロペシアとザガーロは、FAGA(女性男性型脱毛症)の治療には使用することができません。
プロペシアとザガーロは男性ホルモンに対して効果を発揮しますが、その結果として女性に健康被害をもたらす危険性があるとされています。
特に妊娠中の状態でプロペシアやザガーロを摂取すると、胎児の性器に異常が現れてしまうとされています。
したがって、プロペシアとザガーロは女性の服用が厳禁とされています。

有効成分であるフィナステリドとデュタステリドは皮膚からも吸収されるため、経口服用しなくとも薬の粉末に触れたり、成分が溶け出した水と接触したりするだけでも、体に成分が吸収される恐れがあります。
女性はプロペシアとザガーロに接触することも禁止されているということを、あわせて知っておく必要があります。

FAGAの改善とエイジングケア

FAGAの原因の一つに加齢によるものがあります。
女性は女性ホルモンが多い為、脱毛症になりにくいとされますが、女性も年齢を重ねる事で女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンのバランスが崩れる事で、FAGAの症状が現れるようになりやすくなります。
対処法として治療薬の使用は不可欠ですが、それ以外の防止策の一つにアンチエイジングがあります。
老化とは毛細血管の劣化による血行の悪化により現れる症状です。
髪の毛の発生や育成にも頭皮の毛細血管が関わっています。
FAGAの治療薬と共に血行を活性化するアンチエイジングも取り組んでください。

FAGA治療薬との付き合い方

女性ならではの脱毛症であるFAGAの治療に用いられる医薬品には、男性のAGA治療にも利用されるミノキシジルを配合した医薬品、また髪の成長を促すパントテン酸を使用した医薬品、そのほか育毛ローション、ヘアケアシャンプー、育毛サプリなど様々です。
これらの医薬品を上手く利用していくことにより、薄くなってしまった毛髪を元に戻すことができます。

ただし、医薬品やサプリメントは用法用量を守ること、自分の体に合ったものを使用することが欠かせません。
例えば、内服薬をたくさん飲めばその分だけ早く髪が生えてくるのでは?と考えてしまうこともあるでしょうが、注意が必要です。
パントテン酸を含有する内服薬のパントガールは、一度に服用する量が多すぎると腹痛を引き起こす場合があり、育毛効果が加速するわけではありません。

また、副作用が出ているのに無理して使用を続けるのもよくありません。
ヘアケアシャンプーで頭皮にかゆみが出ているのに対し、我慢して使い続けるというのは良い方法とは言えません。
そのような場合は、人体に優しい天然成分のみを使用した育毛サプリに切り替えると言うように、健康に配慮した治療をしていく必要があります。

FAGA治療薬の通販に関する「よくある質問」

Q.先発薬(リアップリジェンヌ)やミノキシジルジェネリックの通販は違法ではありませんか?
A.医薬品を通販で購入するのは、違法ではありません。
大正製薬会社のリアップリジェンヌはAmazonなどでも購入が可能です。
またミノキシジルを配合したジェネリック医薬品は、海外製のものを専門の通販サイトで注文し、個人輸入することが可能です。
医薬品の個人輸入は、個人で使用する場合は完全に合法です。
安全なサイトを使用して取り寄せるようにしてください。

Q.女性用ミノキシジルを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.ドラッグストアや通販で購入できます。
大正製薬会社のリアップリジェンヌは一般用医薬品なので、処方箋がなくてもドラッグストアで購入できます。
ただし、その際はストアの薬剤師から説明を受けたうえで購入する必要があります。

Q.ミノキシジルを服用すると性欲がなくなるという話を聞いたのですが本当でしょうか?
A.男性が使用した際、ごくまれに性欲の減衰が見られたという報告が見られます。
ただし利用者のうち5%未満と確率はかなり低いものとなっています。
一方、女性に関しては報告事例がありません。
ミノキシジルの影響による性欲の減衰を心配し過ぎる必要はないと言えます。
ただし、女性の場合、妊娠中の使用は避ける必要があるので要注意です。

Q.女性用ミノキシジルのジェネリック医薬品で成分量の多いものはどうやって服用すればいいのですか?
A.特に、内服薬のミノキシジルタブレットを使用する場合は要注意です。
最も1錠あたりのミノキシジル含有量が少ない2.5mg錠を選ぶか、ピルカッターで分割して服用するようにしてください。
ミノキシジルの含有量が多すぎると副作用を発症するリスクが高まるので、特に初めて使用する方にはピルカッターの使用をお薦めします。

Q.ミノキシジルは円形脱毛症にも効果があるのでしょうか?
A.効果が全くないというわけではありませんが、最適な方法とは言えません。
ミノキシジルは頭皮の血行を良好にすることで育毛効果を発揮しますが、円形脱毛症はストレスなどが原因で起こるもので、頭皮の血行とはあまり関係がありません。
円形脱毛症が自然回復するとき、生えはじめの時期に使用することで若干、育毛速度が早まる可能性はありますが、それほど影響はないとされています。