上へ
戻る

カテゴリ

女性用ミノキシジル

男性が使用するミノキシジルを含む治療薬は強い作用があるため、女性が使用することができません。
女性用ミノキシジルは低用量に調整している為、女性でも安心して使用できる治療薬です。
女性にとって髪の毛は大事なものです。ボリュームダウンや地肌が見えるなどFAGAにお悩みの女性は、効果の高い女性用ミノキシジルを用いて治療していくことをおすすめします。

女性用ミノキシジルの商品一覧

女性用ミノキシジルとは

女性用ミノキシジルは、育毛効果の強いミノキシジルと呼ばれる成分を、女性向けに調整したものです。
女性特有の脱毛症、FAGAの治療薬として使用されます。
ミノキシジルは本来、1960年代に高血圧治療薬の有効成分として開発されたものでしたが、ミノキシジルを投与した人に多毛という効果が現れたことから脱毛症の治療薬として改めて研究開発が行われ、現在では育毛剤として活用されています。
ミノキシジルには血管を拡張させることで血圧を下げる働きがありますが、このとき頭皮の毛細血管も拡張します。
血液量が増加し、毛根に送り届けられる栄養量が増えることで育毛効果をもたらすというのが基本的なメカニズムです。
ホルモンバランスが崩れることなどによって頭皮の血行状態が悪化して起こるFAGAにお悩みの方にお薦めです。

ミノキシジルジェネリックとは

ミノキシジルを配合した医薬品には、先発医薬品とジェネリック医薬品の2種類があります。
先発医薬品とは文字通り先に出た薬のことで、ミノキシジルの場合は外用薬のロゲインやリアップ、またタブレットタイプの内服薬ロニテンなどです。
一方、先発医薬品のあとを追う形でさまざまな後発医薬品、ジェネリック医薬品が開発されています。
先発医薬品は病院で処方してもらうことができますが、ミノキシジルを使用した薄毛治療は保険適用外の自由診療となることもあって高額になってしまいます。
病院によっても異なりますが、1ヶ月の薬代だけで15,000円~25,000円ほどかかるというのが一般的です。
一方、ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも開発コストを抑えて製造されているという特徴があり、その分だけ安く購入することができます。

ジェネリック(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。
ミノキシジルのジェネリック医薬品であれば、外用薬のほかに錠剤タイプなどがあり、外用薬が苦手な人でも服用しやすくなっています。

ミノキシジル(ロゲインやリアップ)との違いは?

女性用ミノキシジルを使用した先発薬は、日本の大正製薬会社が販売するリアップリジェンヌと、アメリカのファイザー製薬会社が販売するウィメンズ・ロゲインの2種類です。
これらとジェネリック医薬品との違いは、商品の名称や価格です。
例えば、インドのシプラ製薬会社が製造するツゲイン2と言う商品は、通販サイトを利用することで3,000円前後の価格で購入できます。
リアップリジェンヌ、ウィメンズ・ロゲインが5,000~6,000円ほどかかることを考えると、お得な価格設定になっていると言えます。
ウィメンズ・ロゲインとツゲイン2との間に有効成分や効果の違いはなく、いずれも女性用に調整されたミノキシジルを有効成分として含有しており、同じメカニズムで頭皮の血行を促すことで毛根に十分な栄養を行きわたらせ、薄毛を解消する効果を発揮します。

女性用ミノキシジルジェネリックがオススメな人

薄毛の治療をしたいけれど、あまりお金をかけることができない、そのような方に、ミノキシジルジェネリックはお薦めです。
現在、女性用ミノキシジルを使用した先発薬はドラッグストアで購入できるリアップリジェンヌと、病院で処方されるウィメンズ・ロゲインの2種類しかなく、これらの先発薬は、決して安価とは言えません。
脱毛症の治療には長期間必要とするため、薬代が高額になってしまいます。
一方、ミノキシジルジェネリックは、物によってはリアップリジェンヌ、ウィメンズ・ロゲインの半額程度で購入することが可能です。
これら先発薬を開発した大正製薬会社やファイザー製薬会社は、女性用ミノキシジルを完成させるために膨大な金銭的、時間的コストをかけていますが、ミノキシジルジェネリックを製造する製薬会社は、既に完成した女性用ミノキシジルを使用していることで、コストをかけずに製造し、その分だけ価格を抑えることができます。
同時に、低いコストで先発薬と同等の効果を持つ女性用ミノキシジルを使用していると 言うのもポイントです。
つまり、リアップリジェンヌやウィメンズ・ロゲインより低価格でありつつも、これらを使用するときと同じ効果を期待できる医薬品、それがミノキシジルジェネリックです。
金銭的な余裕がないので薄毛の治療がなかなかできないと困っている方に、特にお薦めと言えます。

有効成分ミノキシジルとは

ミノキシジルは血管拡張剤の有効成分として開発されたもので、体内に吸収されると前身の血管が拡張して血圧が低下します。
これが、本来意図されたミノキシジルの効果です。
ミノキシジルの育毛作用は、いわば副作用のようなもので、毛根につながる頭皮の毛細血管を拡張して血液量を増加させ、血液中にある髪の成長に必要な栄養素をより多く供給します。
女性の場合、FAGAによって機能が低下してしまった毛根を再び活性化させることで薄毛を解消することができます。
ちなみに、女性用ミノキシジルを使用する医薬品の多くは、スポイトで薬液を頭皮に滴下する液状タイプとなっており、ピンポイントで頭皮にのみミノキシジルの効果を得ることができるため、安全に使用できます。

ミノキシジルジェネリックも有効成分は同じ

ミノキシジルとミノキシジルジェネリックは製薬会社などの違い、製造工程の違いはあるものの、有効成分に変わりはありません。
有効成分や効果について、先発薬とジェネリック医薬品とでは異なってはいけないという決まりがあります。
成分、有効性、安全性、用法用量を先発薬から変更してはいけないという前提があってジェネリック医薬品は製造されています。
錠剤の形や大きさ、味、匂いなどは変更しても問題ありません。
また先発薬についている名前をジェネリック医薬品につけることはできないため、ジェネリック医薬品には先発薬の名称を掲載できないことが義務付けられています。

ミノキシジルジェネリックの種類

女性用ミノキシジルのジェネリック医薬品の多くは、リアップリジェンヌやウィメンズ・ロゲインと同じ薬液タイプが主流です。
しかし、数あるミノキシジルジェネリックの中には錠剤タイプのものもあります。
ミノタブと呼ばれるミノキシジルタブレットがその代表例です。
肌が弱いので薬液を直接頭皮に塗るのは避けたいという場合に使用できます。
ただしミノタブは基本的に男性向けに製造されているので注意が必要です。
用量が多いので、ミノキシジルを2.5mg配合している錠剤を1錠飲むのではなく、ピルカッターで分割して飲む工夫が必要です。

日本国内では女性用ミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売

日本国内では医療用医薬品が販売されておりませんが、一般医薬品はドラッグストアなどで購入可能です。

・リアップリジェンヌ 大正製薬

大正製薬会社の女性用ミノキシジルで直接患部に使用できるのが特徴です。
60mlの用量で約2ヶ月ほど使用できます。
価格は5,000円ほどが相場となっています。

海外の女性用ミノキシジルジェネリック

・アクタビス2%
北欧最大のジェネリック医薬品製薬会社アクタビス・グループが製造、販売しているジェネリック医薬品です。
現在はアメリカのアラガン製薬会社が製造、販売しています。
1本で約1ヶ月使用でき、4,000円が相場になります。

・フォリックスFR02
ミノキシジルに加えて、毛髪の成長因子の産生を促すアデノシンなどを配合した女性用育毛剤です。
アメリカのサファイア・ヘルスケア製薬会社が販売しています。
1本で約1ヶ月使用でき、4000円が相場になります。

・ドクターゼロ ハイパフォーマンススタイリングジェル
スタイリングジェルと言うところからも分かるように、整髪料としても使える医薬品です。
ミノキシジル2%に加えてアデノシンなどの成分を含んでいます。
1本で約2ヶ月使用でき、2,500円が相場になります。

・ツゲイン2
ロゲインのジェネリック医薬品で、インドのシプラ製薬会社が販売しています。
1本で1ヶ月使用でき、3,000~4,000円が相場になります。

ミノキシジルジェネリックを通販で購入するメリット

病院でFAGAの治療を行う際に発生する金銭的負担は大きく、効果が実感できるまでに最低限必要と言われている6ヶ月間の治療を受けるのであれば、金銭的余裕がなければいけません。
一方、通販を利用してミノキシジルジェネリックを購入する場合は治療に必要となる金額を大きく下げられるため、金銭的余裕があまりないという人であってもFAGA治療が可能です。

また、日本国内では購入ができない、通販でしか入手ができない女性用ミノキシジルジェネリックの購入が可能となります。
日本国内で購入できる女性用ミノキシジルを配合した医薬品はドラッグストアで販売されているリアップリジェンヌのみで、日本製のジェネリック医薬品はありません。
病院で処方される治療薬もアメリカ製のウィメンズ・ロゲインのみで、ジェネリック医薬品は処方されません。
海外で流通しているツゲイン2などの女性用ミノキシジルのジェネリック医薬品は日本で認可を受けていないため、国内で購入することは不可能となっています。
一方、通販サイトではツゲイン2をはじめとする様々な海外製のミノキシジルジェネリックを購入することが可能です。
処方箋も不要で、手軽に購入できるという点も大きなメリットと言えます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

女性用ミノキシジルの育毛剤は、病院で処方してもらうことができます。
美容外科クリニックや皮膚科クリニックでは、ウィメンズ・ロゲインを処方するのが一般的です。
知識を持った専門医の診察が受けられる点が、最大のメリットと言えます。
初めて薄毛治療を開始する場合、薬が自分に合っているのか不安と言う方もいますが、病院であれば薬を処方する前に診察、検査を行って薄毛の状態を確認し、薬が合うかチェックしてもらうことができます。
ミノキシジルが体に合わないと判断された場合にはパントガールのようなミノキシジルを含まない育毛剤を処方してもらうことが可能です。
また薬の使用方法に対する疑問についても、医師に診察を行った際に質問できるので安心です。
より安全、健康的にFAGA治療を進めることができると言うメリットがあります。

ただし、FAGA治療は基本的に自由診療となり、健康保険が適用されないので、治療費は全額負担となります。
診察代や検査代、そして薬代も含めると、通販を利用してミノキシジルジェネリックを購入する場合と比べて料金が割高になってしまうという点には留意すべきです。

通販サイトを利用した場合

海通販で医薬品を購入するメリットは、
・ネット購入のためプライバシーが守られること
・国内で認可のない薬でも薬事法に則り安価なジェネリック医薬品が購入できること
・処方箋不要で自宅に届くため手間がかからないこと
などがあげられます。

先発薬(女性用ロゲインやリアップジェンヌ)とジェネリックの価格

リアップリジェンヌやウィメンズ・ロゲインの処方は自由診療になるので医療機関によって価格に違いがあります。
相場として1ヶ月で5,000円程度です。
ジェネリックを選択することで1か月分2,000~3,000円と、約半額程度の価格で購入することができます。

通販でしか購入できないミノキシジルジェネリック

日本国内で製造、販売されている女性用ミノキシジルはリアップリジェンヌのみです。
病院で処方されるのはアメリカ製のウィメンズ・ロゲインが一般的です。
一方、通販では国内では入手できない海外製のミノキシジルジェネリックも気軽に購入できます。
ウィメンズ・ロゲインのジェネリック医薬品であるツゲイン2や、ミノキシジルだけでなく育毛をサポートするアデノシンなどの成分を配合したフォリックスFR02なども選ぶことができます。

効果が得られない場合がある

頭皮環境が悪化している

女性用ミノキシジルの効果が思うように得られない場合、頭皮環境の悪化が原因の1つとして考えられます。
皮脂やフケが毛穴に詰まっていると、薬液が浸透しにくく、毛髪が健康的に育ちにくい状態になってしまいます。
育毛剤を使用するだけでなく、頭皮環境を整えることも大切です。

生活習慣の乱れ

女性用ミノキシジルの効果が思うように得られない原因として、以下のような生活習慣の乱れが考えられます。

・脂質の摂りすぎ
・喫煙
・睡眠不足

いずれもミノキシジルの血行を促す効果を妨げるもので、スムーズな効果が得られません。
食事で必要な栄養素を摂取できない場合には、パントテン酸などのサプリメントを利用し、髪の毛の成長に必要な成分を補給するようにしてください。
健康的な生活を心がけた上で、育毛剤を使用するようにしてください。

ミノキシジルジェネリックの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはミノキシジルのジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・頭痛
・皮膚の紅潮
・かぶれ
・むくみ
・胸の痛み

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

内服薬と違い、外用薬では現在報告されておりません。

軽い副作用は効果のあらわれ?

医薬品を使用した際に発生する副作用は、一見すると体にとって有害なものですが、副作用の中でも軽微なものに関しては、過剰に不安を感じる必要はありません。
例えば、女性用ミノキシジルを使用した際に発生する頭痛やめまいは、ミノキシジルによって頭部の血管が拡張することによって起こるものですので、ミノキシジルの効果が現れている証拠であるとも言えます。
立っていられないほどのめまい、日常生活に支障が出るほどの頭痛は問題ですので、そのような場合は使用をすみやかに中止し、医師の診察を受けることをお薦めします。

ミノキシジルジェネリックの使用方法

1日2回、使用前に洗髪を行い、頭皮の皮脂汚れや汗を落とします。 その後、頭皮に1ml分のミノキシジルの薬液を塗布し、マッサージの要領で頭皮に浸透させます。

使用時の注意点として、使用前は丁寧に洗髪をする点が挙げられます。
頭皮に汚れが残った状態で使用すると薬液が頭皮にスムーズに浸透せず、ミノキシジルの育毛効果が正常に発揮されない場合があります。
ただし1日に何度もシャンプーを使っていると頭皮に負担がかかりますので、、2回のうち1回は水洗いで行ってください。
また、製品によっては洗髪後に頭皮を完全に乾燥させる必要があるもの、ないものがあります。
使用する製品がいずれのものなのか、事前に確認しておく必要があります。

使用方法は?忘れた場合どうすればいい?

女性用ミノキシジルの外用薬は、基本的に1日2回、1回あたり1mlの薬液を塗布します。 効果が現れるまで、基本的には休まず続ける必要があります。
使用を忘れてしまった場合、2回分などを1度に使用する必要はなく、1日2回、使用用量1mlを守ってください。
ミノキシジルの場合、忘れた分の効果を取り戻すことは不可能です。
使用回数を増やしたり1回の量を増やしたりすることで、副作用の可能性が高まります。

どのくらいの期間使用すればいい?

医薬品の中には服用後すぐに効果が現れるものもありますが、女性用ミノキシジルを含む育毛剤はそのような医薬品ではありません。
継続使用し、時間をかけて頭皮や毛根に影響を与え、毛髪を育てていくものです。
個人差はありますが、使用開始後2ヶ月ほどで効果が実感できる方もおられますが、一般的には4~6ヶ月が目安です。

半年経過しても効果が現れないという場合は使用を中止し、別の方法を考える必要がありますので、無理をして使い続けるのではなく通販で別の薬を購入するか、病院で医師に相談のうえ別の薬を処方してもらいます。

ミノキシジルの併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はミノキシジルと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
ミノキシジルを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はミノキシジルと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

・外用剤(軟膏、液剤など)
併用することで吸収に影響を及ぼし、副作用が強く生じる恐れがあります。

併用注意薬

・血圧降下剤
併用することで血圧が著しく低下する恐れがあります。

ミノキシジルを使用できない方

・本剤、又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
・未成年の方(20歳未満)
・妊婦もしくは授乳中の女性
・心臓の病気を発症している方
・壮年性脱毛症以外の脱毛症の方

ミノキシジルの豆知識

ミノキシジルの開発史

1980年代、育毛効果があると話題になっていた高血圧治療薬の有効成分ミノキシジルが、アメリカのアップジョン製薬会社、現在のファイザー製薬会社によって育毛剤ロゲインとして製品化されました。
1999年には、日本の大正製薬がリアップとしてミノキシジル育毛剤を発売したことで、ドラッグストアで買える育毛剤として話題を呼びました。

ロゲインもリアップも男性向けの育毛剤でしたが、2005年には脱毛に悩む女性が増えているという社会状況の中で大正製薬がリアップレディを開発し、2011年には改良されたリアップリジェンヌを発売しました。
現在では女性用ロゲインのウィメンズ・ロゲインや数々のジェネリック医薬品も登場し、薄毛に悩む女性の強い味方となっています。

ミノキシジルは女性(FAGA)にも効果がある?

ミノキシジルを使用してFAGAを治療する際、女性が注意すべき点として挙げられるのが、ミノキシジルの含有濃度が2%までの製品でなければならないと言うことです。
ミノキシジルには血管を拡張させて血圧を下げる効果がありますが、女性はもともと低血圧になりがちなので更に血圧が下がると体調を崩してしまう危険性があるため、含有濃度を低めに抑える必要があります。
また、アメリカでは2014年に含有濃度5%のウィメンズ・ロゲインが発売されましたが、日本ではまだ安全性が確認されていないので2%までの物を使用してください。

ミノキシジルの偽物に注意

男性だけでなく女性の中にも薄毛で悩む方が増えている今、女性用ミノキシジルの需要は高まっています。
そんな中、人気の高さに目をつけた一部の悪質な通販サイトが、粗悪品や偽物のミノキシジル育毛剤を販売しているケースが見られます。

悪質な通販サイトを利用し、粗悪品や偽物のミノキシジルを購入して使用してしまった場合、薬の効果が正常に現れないばかりか、有毒物質を含んでいる物を使用してしまうことによる健康被害を受けてしまう可能性などもあります。
通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、鑑定書があるのか、発送国の記入がされているか。などと言った点を確認し、正規品を購入するようにしてください。

ミノキシジルに関するよくある質問

Q.先発薬(女性用ロゲイン、リアップジェンヌ)やミノキシジルジェネリックの通販は違法ですか?
A.違法行為ありません。
リアップリジェンヌは大手の通販サイトで購入することが可能であり、女性用ロゲインやミノキシジルジェネリックは、海外製のものを医薬品専門の通販サイトで購入できます。
ただし、海外製医薬品の購入はあくまで個人使用を目的とする場合に限って許されているものなので、その点は注意してください。

Q.ミノキシジルを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.ミノキシジルを配合した女性用育毛剤、リアップリジェンヌがドラッグストアで販売されているほか、海外製の育毛剤を通販で購入することが可能です。
通販では、日本国内では入手できないミノキシジル配合の女性用育毛剤も購入できます。

Q.ミノキシジルのジェネリック医薬品で成分量の多いものはどうやって服用すればいいのでしょうか?
A.薬液タイプの場合、女性が使用できるのは含有濃度2%までのものと決められています。
また、錠剤タイプの育毛剤、ミノキシジルタブレットは、女性にとって成分量が多いのでピルカッターを使用して錠剤を分割した上で服用してください。

Q.女性はミノキシジル2%以上の育毛剤を使えないというのは本当でしょうか?
A.まだ日本では試験が行われておらず、安全性が保証されていないため使用できません。
特に初めて育毛剤を使用するという場合は、ミノキシジル1%の製品を使用して副作用の有無を確かめてください。

関連ページ

参考サイト
ミノキシジル - Wikipedia

一般用医薬品 : リアップ