上へ
戻る

カテゴリ

ED治療薬

ED治療薬はバイアグラをはじめとした様々な製品が存在し、その効果も高いものがほとんどです。
更に有効成分も複数存在し、錠剤・ゼリーなどのタイプがあるため自分に合ったED治療薬を探すことが出来ます。
EDに悩む男性はいち早くED治療薬を用いて治療していくことをおすすめします。

ED治療薬の商品一覧

ED治療薬とは?

ED治療薬はED(勃起不全)を一時的に改善してくれるお薬です。
正式にはPDE-5阻害薬といい、勃起を阻害する酵素であるPDE-5の働きを抑えます。
PDE-5は陰茎内にある海綿体に多数存在し、筋肉を弛緩させる物質を分解します。
EDに悩んでいる方は、PDE-5の働きが活発になっているため、ED治療薬を服用することで勃起を維持できるようになります。
ED治療薬で有名どころと言えばバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つがあり、作用時間、効果の持続時間などは異なりますが、どれも勃起阻害酵素の働きを阻害し勃起状態を維持する効果があります。服用者の80%以上が効果を得ることができ、重度のED患者を除けば、効果の有用性は95%以上であると言われています。

どんな人にオススメの治療薬なのか?

EDとは、全く勃起しないという症状のみを指すわけではありません。
満足な勃起が得られない、勃起の維持ができない、スムーズな性行為が行えない、中折れしてしまう、硬度が足りない、射精に至らない、などといった症状を総合的にEDと定義します。
EDの原因は多々ありますが、心因性、器質性に分けられ多くの場合は治療が可能です。
自分がどの原因によってEDが生じているのかをしっかりと判断することが重要です。
第一の治療では原因をしっかりと把握し、適切な改善方法を行ってください。どちらの原因の場合も、ED治療薬を服用することによって一時的に症状を改善することが可能です。
EDの原因が分からず適切な対処が難しい方でも、性行為を行う機会がある場合には、一時的に強い勃起効果を得ることができるED治療薬の使用をお薦めします。
また、健康体で勃起能力が低下していない方でも、充実した性行為を目的に服用する方も多くいます。
ED治療薬を服用する際の注意点を把握し、現在服用中の薬がED治療薬との併用で安全であるのかを確認して、安全に服用できると判断できた場合であれば、勃起機能に異常がなくても性生活の充実を目的として服用をお薦めします。

薬局で買える?

ED治療薬は薬局などドラッグストアでは市販されていません。
なぜならED治療薬は服用するにあたって注意点が多くあり、医師が安全に服用できるかを判断してから薬を処方する必要があるからです。
バイアグラ、レビトラ、シアリスといったED治療薬は多大なる勃起効果を得ることができますが、副作用がいくつか存在し、現在服用中の薬があった場合は、一緒に併用してはいけない併用禁忌薬が存在します。
そのため、処方箋が必要ない薬局ではED治療薬を購入することができないのです。
ジェネリック医薬品もバイアグラに関して言えば、国内で承認をうけてはいますが、先発薬と同様に薬局では購入できません。
国内でED治療薬を手に入れるには病院やクリニックで医師から処方されて購入することが一般的です。
医療機関を経由せずに個人でED治療薬を手に入れるには、個人輸入代行を行っている通販サイトがあります。
副作用、服用する際の注意店、併用禁止薬などの知識を付けたうえで海外医薬品通販をご利用ください。

ED(勃起不全)の治療方法と費用について

ED治療は、若くてEDになってしまった方、年齢を重ねても性交を行いたい方のための治療で、少子高齢化が進む日本においてはコンプライアンス的に大々的にニュースにはなりませんが、重要な問題です。
病院で行われている治療においては、主に薬、手術、心理療法などの治療法があります。
治療をする際、医師と相談しながら治療法を決定していきますが、実はこのED治療は保険適用外(自由治療)のため、治療費が全額自己負担となり場合によっては高額になってしまいます。
通販で薬を購入する際は、病院に行かずに購入することができ、価格も抑えて治療することができます。

医療機関

日本国内において病院などで行われているED治療は、検査・治療薬ともに、健康保険の適応されない自由治療になり、そのため治療費が高額になってしまいます。
病院やクリニックでの治療の場合では、投薬治療、手術、血管作動性薬の注射、勃起補助器具の活用、心理療法などの方法があります。
病院やクリニックにより行われている治療は様々ですが、現在では、治療法として投薬治療が行われている場合がほとんどです。

治療薬を処方してもらう

医師の診断のもとに原因を解明し、一時的に勃起を維持させる効果のある薬として、厚生労働省が承認した処方薬が、症状に応じて薬剤が処方されています。
有名なものでは、バイアグラなどが含まれています。
治療期間は個人差がありますが、半年から1年ほどと言われており、早い人で1ヶ月で治る人もいれば、5年ほどかかる人もいます。
主な治療薬の価格は1錠1500円~2000円ほどで高額なものになっています。

外科手術

医師の診断のもとに原因を解明し、血管性勃起障害の場合には、人工血管置換術、バイパス手術などの改善手術が行われています。
その他にも、プロテーゼ法といった、シリコンの心棒を埋め込む術式もあります。
治療期間は術前の診断と術後の診断などがありますが、手術自体は1回で済みます。
血管系の手術治療費は30万~50万程度かかり、ED治療の場合は検査なども負担になるため、非常に高額なものとなっています。

個人輸入による通販での購入

ED治療薬は病院で処方の他に通販サイトで海外の物を個人輸入することができます。
通販サイトでの購入の場合は、病院での処方より価格を抑えて購入出来るほか、病院に通院する時間もかからずに購入することができます。
しかし、通販サイトでの購入の場合、処方とは異なり個人での判断になるため、服用方法や副作用、併用禁忌などを自分で調べなければなりません。
また、偽物を取り扱っているサイトなどもあるため、注意が必要です。

通販で購入できるED治療薬

通販で購入できるED治療薬には、たくさんの種類があります。
有名なバイアグラをはじめとした、レビトラ、シアリス、ステンドラ、ザイデナなどがあります。
また、これらの薬の中でも、すでにジェネリック医薬品が販売されているものもあります。
日本国内において、病院で処方されているものや、日本国内では現状未承認ですが、海外では使われている薬を価格を抑えて購入することができます。
ED治療薬の有効成分はそれぞれ違いますが、その効果に関しては、同一の効果があります。
バイアグラの主成分はシルデナフィル、レビトラの主成分はバルデナフィル、シアリスの主成分はタダラフィル、ステンドラの主成分はアバナフィル、ザイデナの主成分はウデナフィルになります。
主なED治療薬の有効成分は、勃起を抑えるPDE-5酵素の活性を阻害します。
PED-5酵素は環状グアノシン一リン酸を分解する働きがあります。
そのため、PDE-5酵素を阻害することにより、陰茎周辺部のNO作動性神経に働きます。
結果、血管を拡張し、血流量が増加することで、勃起を促し、維持する効果があります。
持続時間に違いはありますが、どの薬も勃起を維持する効果があります。

バイアグラ(viagra)

バイアグラにはシルデナフィルという有効成分が含まれています。
特徴は強い効果によってもたらされる勃起力で、他のED治療薬と比較してトップクラスです。
しかしその反面で、効果が強い分、副作用が出やすいというデメリットもあります。
よくある副作用として、顔のほてり、目の充血、鼻づまりなどがあげられます。
また、食事の影響も受けやすく、食後すぐに服用してしまうと効果が期待できない場合があるので、服用方法をしっかり把握する必要があります。
効果が現れるまで1時間程度とされているので、余裕をもって性行為を行いたい場合は、1時間半前の服用しておくと十分な効果を実感できます。
効果の持続時間は目安として4時間程度です。

レビトラ(Levitra)

レビトラは有効成分にバルデナフィルという有効成分が含まれています。
特徴は有効成分が体に馴染むスピードが早いため、他のED治療薬と比較して効果が出るのが早いです。
ED治療薬の中でも比較的副作用が穏やかで食事制限も大きく左右されることはありませんが、空腹時に服用することが望ましいです。
効果が現れるまで早い方で20分弱とされているので、余裕をもって性行為を行いたい場合は、30分前の服用しておくと十分な効果を実感できます。
効果の持続時間は目安として8時間程度です。

シアリス(Ciaris)

シアリスはタダラフィルという有効成分が含まれています。
特徴は効き始めるまでに時間がかかってしまいますが、持続時間が非常に長いのと副作用が他のED治療薬に比べて出にくくなっています。
食事に関しては全ED治療薬の中でも一番影響がないとされています。
副作用が抑えめな分、効果が出始めるのに時間を必要とするデメリットもあります。
でにくいとされていますが、副作用としては頭痛、鼻づまり、顔のほてりが上げられます。
効果が現れるまでに約3時間ほどとされているので、余裕をもって性行為を行いたい場合は、4時間前の服用をしておくと十分な効果を実感できます。
効果の持続時間は目安として36時間程度です。

ステンドラ(Stendra)

ステンドラはアバナフィルという有効成分が含まれています。
特徴は様々あるED治療薬の中でトップクラスの即効性があり、副作用もシアリスほどではないものの、穏やかで食事の影響もほぼ受けないとされています。
デメリットとしてあげると他ED治療薬に比べ一番併用禁忌が多いお薬です。
サキナビル、アタザナビル、硝酸剤などを使用している人や服用できない方の項目も多いので服用する際は医師にご相談ください。
効果が現れるまでに早い方で15分前後ですので、余裕をもって性行為を行いたい場合は、30分前の服用をしておくと十分な効果を実感できます。
効果の持続時間は目安として4時間程度です。

ザイデナ(Zidena)

ザイデナは有効成分にウデナフィルという有効成分が含まれています。
特徴は他ED治療薬と比較して勃起力もあり、即効性もあり持続性もある良いところ取りしたお薬です。
食事にも左右されず使い勝手が良いですが日本ではまだ未承認のため入手するのが個人代行輸入のみとなります。
副作用はほぼ出ず、中には全くでなかったと言う方も多いです。
効果が現れるまで30分~1時間とされていますので、余裕をもって性行為を行いたい場合は、1時間前の服用をしておくと十分な効果を実感できます。
効果の持続時間は目安として20時間程度です。

メシル酸フェントラミン(Phentolamine Mesilate)

メシル酸フェントラミンはメシル酸フェントラミンという有効成分が含まれています。
特徴は他のED治療薬とよりも効果が現れるのが速く、疾患を持っている方でも使用することができるという点です。
また、血流を下げると言われているアドレナリン反射を防ぐことで、血液を海綿体に送り勃起を促します。
効果が現れるまでに約15分ほどのため、性行為の30分前に服用することで十分な効果を得ることができます。
副作用や併用禁忌が少ないため、使用しやすくなっています。

ED治療薬を通販で購入するメリット

ED(勃起不全)を改善する薬であるED治療薬を購入するには、病院処方とインターネット通販の2つの方法があります。
もともとは病院処方が主流でしたが、ここ数年、3つの理由からインターネット通販を利用してED治療薬を購入する人が増えています。
通販で購入することのメリットとして下記の3つがあげられます。

・通院不要
インターネット通販の場合、通院の必要がないので仕事に支障が出たりすることもなく、休日であれば、その時間を有意義に使うことができます。
また、受付時間を気にする必要もないので、いつでも好きな時にパソコンやスマートフォンで注文ができます。

・コストの軽減
通販で購入するあたり、病院ではないので診察もなければ、初診料なども必要がなく、通院にかかる費用も一切かかりません。
病院で処方されているED治療薬(保険適用外)よりも平均的にみて、お求めやすい価格に設定されている場合が多いです。

・プライバシーの観点
病院で処方してもらう場合、第三者と遭遇してしまう可能性があります。
受付や出入口で知り合いに遭遇して、知られてしまうケースなどもあるようです。
インターネット通販であれば、実際に病院に行くわけではないので、第三者にED治療薬を購入していることを知られることはありません。

これらの利便性が海外医薬品の通販を利用している男性が増えている要因です。
しかし、医薬品の通販に関てはメリットだけではなく、一つだけ注意しなくてはいけない点があります。
それは個人でED治療薬を通販で購入し服用するため、すべて自己責任になるということです。
そのため、服用に関して不安がある場合は、医師に相談した後に購入するなど対策が必要です。

通販で購入する際の注意点

インターネット通販でED治療薬を購入する場合、およそ50%が偽物の疑いがあると言われています。
しかし通販という性質上、購入して自宅に製品が送られてくるまで確認できないという点、近年の偽物は見た目では偽物と判別することが難しくなっている点などがあげられ、知らず知らずのうちに偽物を購入し、服用している場合があります。
たいていの偽物は何の効果もない、小麦粉のかたまりであったりする場合が多く見られるようですが、中には人体に悪影響を及ぼす偽物も存在しています。
このような話だけを耳にすると、インターネット通販は危険なのでは?と疑問がわいてしまうかと思いますが、安心してください。
偽物を購入しないようにする方法はちゃんと存在します。
偽物のED治療薬を販売している通販サイト、つまりは偽物を販売する業者を利用しなければ良いのです。
言い方を変えれば、信用できる通販サイトからED治療薬を購入すれば、まず偽物のED治療薬を購入させられることもなく、安心して通販を利用できます。
そんな信用できる通販サイトについて項目ごとにご紹介していきたいと思いますので、ED治療薬を通販で購入することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

信用できるサイトの見分け方

通販でED治療薬を購入する場合、もっとも重要となるのが購入する通販サイトが信用できるかどうかです。
いくつかの決められた項目をチェックすることで、安心して利用できる通販サイトかどうか把握することができます。
・鑑定書
・サイトの作り
・価格
・カスタマー
・特商法

上記4つの項目がチェックすべき内容です。
それぞれどのようにチェックして行けば良いかご紹介していきます。

鑑定書の有無

医薬品において、先発薬であれば鑑定書というものが存在します。
これは第三機関が成分等を調べ、間違いなくその薬であるという証明になるので、本物である可能性が高く、サイトの信憑性が高いかどうかの基準にもなります。
ジェネリック医薬品の場合、鑑定書を提示することは多くはありませんが、それでも求める人が多い医薬品については鑑定書が用意される傾向にあります。
自分の求めている医薬品に鑑定書があるのが一番良いですが、ない場合は他の商品で鑑定書があるかないか確認することで、信用できるサイトかどうかの判断材料になります。

サイトの作りがしっかりしてる(決済方法が多数ある→事故がない=信用の証明)

サイトの作りとは、サイトの見た目や使い勝手はもちろんのこと、決済(支払い)方法の種類という点も信用して良いかどうかのサイトの基準になります。
銀行振込やクレジットカード決済、コンビニ決済など代表的な決済方法がありますが、これらは信憑性のあるサイトとのみ提携します。
信用できないサイトとの契約はトラブルやお客様からのクレームの原因となるため、銀行やクレジットカードのイメージを悪くしてしまう可能性があるからです。
そのため、決済方法の種類は多いほど信用できるサイトと言えますし、お客様にご利用頂く上での使い勝手も良いです。

価格が安すぎない

買い物をする上で価格とは誰もが確認するところです。
そして多くの人は価格を抑えて購入するために同じ商品があれば、他のサイトと価格を見比べたりもするでしょう。
その人の無意識の行動を逆手にとり、大幅に安く設定し偽物を販売する悪徳業者も存在ます。
価格を他のサイトと比べることは購入する上でテクニックの一つですが、価格が安すぎるサイトには注意が必要です。
※価格が安いサイトが必ずしも偽物を取り扱うサイトとは限りません。

サポート・問い合わせ先がしっかり記載されている

お客様へのカスタマーサービスがしっかりとしているかも重要なポイントとなります。
メールでの問い合わせはもちろんのこと、電話での問い合わせが可能かどうかも重要なポイントです。
悪徳業者の場合、クレームが相次ぐため電話番号の記載がない場合がほとんどです。
また、電話ぐちで対応するスタッフの対応も信用できるサイトかどうか確認するのも大切です。
こちらの聞いたことに対して明確に答えてくれるかどうか、しっかりとこちらの話を聞いてくれるか、ご自身の基準で確かめてみてください。
※海外医薬品の通販サイトは海外で運営されている場合が多いため、スカイプ等の電話を利用するサイトが多いようです。

特商法が記載されている

特商法(特定商法取引表記)はとても重要なポイントです。
特商法は通信販売、つまり通販をするうえで守らなければならない規制で、事業者による違法・悪質な勧誘行為などを防止し、消費者の利益を守るための法律です。
そのため、はじめて利用するサイトの場合は必ずこの特商法を確認する必要があります。
記載がない場合は、利用を避けた方が賢明です。

当サイトは全部を満たしてるから安心

信用できるサイトの見分け方について、ご紹介していますが如何でしたでしょうか?
当サイトはご紹介した内容をすべてクリアしていることはもちろんのこと、日々、お客様サービスの品質向上に努めております。
海外医薬品の通販をご利用の際は、ご紹介したチェック項目等を確認して頂き、ぜひ当サイトをご利用頂ければ幸いです。

ED治療薬の服用方法と注意点

ED治療薬の成分は数種類存在し、それぞれ成分が吸収される速さや、作用時間が異なります。
そのため、性行為の何時間前に服用するのか、食事やアルコールの影響はどの程度受けるのか、成分毎で異なるため注意が必要です。

バイアグラの服用方法と注意点

バイアグラは空腹時、性行為の1時間前に服用することが推奨されています。
食事の影響を受けやすく、服用前2時間以内に食事を取っている場合、効果発現時間が遅くなる恐れがあります。
アルコールとの併用は、酔いが増強しやすくなります。

レビトラの服用方法と注意点

レビトラは空腹時、性行為の約20分前に服用することが推奨されています。
食事は700kcal以内であれば影響を受けないとされていますが、服用前2時間以内に食事を取っている場合、効果発現時間が遅くなる恐れがあります。
アルコールとの併用は、酔いが増強しやすくなります。

シアリスの服用方法と注意点

シアリスは空腹時、性行為の1時間前に服用することが推奨されています。
食事の影響は受けづらいとされますが、服用前2時間以内に食事を取っている場合、効果発現時間が遅くなる恐れがあります。
アルコールの影響も少ないとされますが、酔いが増強しやすくなります。

ステンドラの服用方法と注意点

ステンドラは空腹時、性行為の30分~1時間前に服用することが推奨されています。
食事の影響は受けづらいとされますが、服用前2時間以内に食事を取っている場合、効果発現時間が遅くなる恐れがあります。
アルコールの影響も少ないとされますが、酔いが増強しやすくなります。

ザイデナの服用方法と注意点

ザイデナは空腹時、性行為の30分~1時間前に服用することが推奨されています。
食事の影響は受けづらいとされますが、服用前2時間以内に食事を取っている場合、効果発現時間が遅くなる恐れがあります。
アルコールの影響も少ないとされますが、酔いが増強しやすくなります。

メシル酸フェントラミンの服用方法と注意点

メシル酸フェントラミンは性行為の30分前に服用することが推奨されています。
空腹時に服用することでより効果が実感できます。

ED治療薬の副作用

ED治療薬を服用した時に共通して発現しやすい副作用は、頭痛やめまい、かおの火照りです。
ED治療薬には、勃起を阻害する酵素の働きを阻害する以外にも血管を拡張し、血流を良くする作用があります。
この作用によって脳内の血管が拡張した事で炎症を起こし痛みを伴います。
医薬品を服用すると、効果と副作用が起こります。
効果は薬が持つ治療効果になり、副作用は治療効果以外に現れる有害な症状のことをいいます。
副作用が現れている事は、効果を得られえている事になります。
どうしても我慢できない程の副作用が現れてしまう場合などは、服用量を減らす、鎮痛剤と併用するなどの対策をとってください。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用には、顔の火照り、めまい、頭痛などが多いとされています。
これは血流を良くしたことによって、頭部の血管が拡張したために起こる現象です。
血管が拡張したことで、炎症を伴い、痛みを誘発します。
この頭痛は、薬局などで購入できる痛み止めのロキソニンで解消する事ができます。
ロキソニンは抗炎症作用のある鎮痛剤になるので血管の炎症による痛みを緩和することができます。

レビトラの副作用

レビトラの副作用で老いとされているのは顔の火照り、頭痛の他に鼻づまりや動悸が多いとされています。
ほとんどの場合、この鼻づまりは医薬品を服用したことによる薬剤性鼻閉とされ、実際に鼻づまりを起こしてはいません。
この症状は薬の代謝が進むに連れ症状もなくなり、後遺症などを残さない無害な症状ですが稀に薬の成分に対してアレルギー反応を起こしている場合があります。
アレルギーを起こしている場合は、今後の使用を避ける必要があります。

シアリスの副作用

シアリスは先のED治療薬バイアグラやレビトラに比べ副作用の発現が少ないとされているED治療薬で、安全性に優れた医薬品です。
比較的に胃腸症状が多く、消化不良や胸やけなどが多いとされています。
胸やけに対しては、胃酸を抑える、ガスターなどが有効です。
胃腸症状は服用の翌日に現れる事が多いので就寝前や性行為後に服用することが望ましいとされています。

ステンドラの副作用

ステンドラの服用による副作用は他のED治療薬と比べ軽度で発現頻度も低いと報告されています。
主に現れる副作用は、目の充血、顔の火照り、頭痛、鼻づまり、動悸とされています。
症状が軽度とされていますが、頭痛が我慢できない場合などは痛み止めのロキソニンと併用する事で症状を緩和する事ができます。

ザイデナの副作用

ザイデナの主な副作用は頭痛、顔の火照り、眠気、鼻づまりが多いとされています。
薬の代謝と供に症状は無くなりますが、体調などにより副白湯が強く出てしまうことがあります。
頭痛が激しい際は、ロキソニンなど抗炎症作用のある鎮痛剤で症状を緩和することができます。

メシル酸フェントラミンの副作用

メシル酸フェントラミンの副作用で起こりやすいものは、腹痛、下痢、嘔吐、吐き気、発疹です。
これらは一時的なものであるため、心配する必要はありませんが、副作用が強い、長引く場合には服用を中止し医師に相談してください。
また、併用禁止薬にはニトログリセリンがあります。
服用する際には注意が必要です。

EDと併発しやすい症状

EDはさまざまな症状と併発することがあります。

早漏

その一つに早漏があります。
早漏はEDに悩む方のおよそ3分の1が経験しています。
早漏とは射精に至るまでの時間が非常に短くなる症状で、性行為における射精までの時間が1分以内または挿入前に射精してしまうものを指します。
EDの症状は中折れや不十分な勃起であり、早漏とEDは一件無関係のように思いますが、EDのような勃起が不十分な場合、逆に性的刺激に過敏になって射精が早まるようになります。

糖尿病

糖尿病も合併症の多い病気ですが、その中にEDも含まれています。
糖尿病は血糖値が高くなると発症する病気ですが、EDはその予兆といわれています。
血糖値が高くなると毛細血管がダメージを受け、血管の細胞壁が硬くなることで血流が悪化します。
そのため勃起時に陰茎に十分な血液が流れこまなくなり、器質性EDと呼ばれるEDの症状になります。
糖尿病の場合は、EDになったと思った段階で同時に糖尿病の疑いを持つようにすれば早期発見に繋がります。

うつ病

その他、脳の働きに関係のあるうつ病もEDを合併しやすいとされています。
うつ病になると脳内の神経伝達物質の量が減少し、正常に機能しなくなる病気です。
勃起の際も脳から性的刺激を陰茎に伝える、神経伝達物質の働きが必要となります。
うつ病の場合、性的刺激を受けても十分に脳が働かないため、陰茎などへ勃起の信号を送る事ができなくなるのがEDの原因です。
しかしうつ病の薬である抗うつ剤を使用している場合、まれに副作用として性欲の減退や射精の抑制が現れるので、ED治療薬などの併用について医師に相談するようにしてください。

AGA

発現率が非常に低いですが、まれに医薬品の副作用としてEDの症状が現れる場合があります。
それはAGA治療薬です。
成分フィナステリドのプロペシアや、成分デュタステリドのザガーロまたはそのジェネリック薬を使用すると、EDや性欲減退などの性機能障害が現れることがあります。
これは薄毛を誘発する男性ホルモンの生成を抑える効果があるためです。
ED症状を改善するには、AGA治療薬と併用可能なED治療薬の使用が効果的です。
しかし同じAGA治療薬でもミノキシジルとED治療薬の併用はしないでください。
どちらも血管拡張作用があるため、同時に使用すると血圧が下がり過ぎてしまう恐れがあります。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは、先発薬と同じ有効成分が用いられ、同じ製法で製造され、同じ品質、同じ効き目、先発薬と同様に安全性が認めらている厚生労働省の承認を受けたお薬です。
製造・販売されるまでに4つの試験があり、安全性も確保されており、先発薬よりも飲みやすく改良されています。
同じ薬なら違うはどこなの?となるかもしれませんが、最大の特徴は先発薬との価格の違いにあります。
ジェネリック医薬品の開発期間は3~4年と短く、開発費用も1億円程度であり、低価格で販売することが可能となります。
そのため昨今の急激な少子高齢化により膨れ上がりこのままでは破綻する可能性のある医療費も、先発薬をすべてジェネリック医薬品に替えることで、年間で約1.5兆円も抑えられると言われています。
これらの理由により、ジェネリック医薬品は近年日本で急速に認知が広がっており、利用者数を増やしています。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、先発薬と同じ有効成分を使っており、同じ製法で製造され、同じ品質、効き目、安全性が認められたお薬です。
厚生労働省の承認を受け、国の基準、法律に基づいて販売しています。
ジェネリック医薬品の最大の特徴は、価格の安さです。
先発薬に比べ開発費用や開発期間が少ないため、先発薬より低価格なことが多く、医療費の負担を感じていた方も、ジェネリック医薬品に切り替えることで、負担を軽減することが可能になりました。
さらに製品によっては、先発薬の欠点を改良するよう、有効成分、効き目、安全性は変えずに錠剤を小さくしたり、味、香りなどを変え、最新製剤技術により先発薬よりも飲みやすく改良されているものがあります。

先発薬とジェネリック医薬品の違い

先発薬とジェネリック医薬品の大きな違いである価格の差は先発薬は、研究開発投資が大きいことにあります。
先発薬は開発に長い期間が必要であり、また販売後に一定期間有効性、安全性を評価するため、それらの費用を加味した価格が設定されています。
ジェネリック医薬品の場合は、先発薬の特許期間満了後に、先発薬と効き目が同等であることを証明する様々な試験を経て販売されるため、効き目、安全性は同等であるのに、開発にかかるコストが大幅に削減できることから低価格のものが販売できます。
また、先発薬とジェネリック医薬品の違うところはお薬の形状、色、味、使用されている添加物です。
添加物とは有効成分以外の物質で、品質の安定化を図り、有用性を高めるなどの目的で、ほとんどすべての医薬品に添加されている物質です。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ有効成分を同量含有し、効き目、安全性も同等あるものです。
ジェネリック医薬品が製造・販売されるまでには4つの試験があります。
まず規格試験といい、有効成分の純度や量を確認する試験を行い、次に先発薬と同じように体内で溶けるか確認する溶出試験を行います。
さらに生物学的同等性試験といい、先発薬と同じ早さで同じ量の有効成分が体内に吸収されるか確認する試験を行い、最後に品質が温度や光などに影響されずに長期間保存しても変化がないかどうかを確認する安定性試験を行います。
これらの試験を実施し、厚生労働省の承認を得て製造・販売されます。
先発薬とジェネリック医薬品の違うところはお薬の形状、色、味、使用されている添加物です。
添加物とは有効成分以外の物質で、品質の安定化を図り、有用性を高めるなどの目的で、ほとんどすべての医薬品に添加されている物質です。
ジェネリック医薬品と先発薬と添加物を同じにする必要はないと世界共通で考えられています。
そのため、ジェネリック医薬品は先発薬よりも服用しやすいように添加物を変え改良されています。

ジェネリック医薬品のメリット・特徴

ジェネリック医薬品は先発薬と同じ有効成分を使っており、同じ品質、効き目、安全性が認められたお薬ですが、最大の特徴は先発薬との価格の違いにあります。
先発薬は生理活性を持つ化合物の探索から始まり、動物での前臨床試験を経て、ヒトでの第1相、第2相、第3相試験を経た後に申請・承認されます。
開発には9~17年に及ぶ長い年月と、数100億~1000億円にのぼる莫大な費用を要します。
それに対しジェネリック医薬品の場合は、開発期間も3~4年と短く、開発費用も1億円程度であり、低価格で販売することが可能となります。
さらにジェネリック医薬品は、低価格なだけでなく医師や薬剤師などの医療関係者の声を集め先発薬より工夫され改良されています。
例えば大きくて飲みづらい錠剤を小さくしたり、錠剤が苦手な方に水なしでも服用できるOD錠にしたり、錠剤にコーティングすることで苦味を少なくしたり、飲み間違いを防ぐために、錠剤にお薬の名前を印刷しているものもあります。
OD錠とは口に入れるとサッと溶け、水なしでも服用することができる形状のお薬で、高齢者など飲み込むのが苦手な方でも使いやすいお薬として最近開発が進んでいます。

ジェネリック医薬品を利用する人が増えている理由

ジェネリック医薬品は近年日本で急速に認知が広がっており、利用者数を増やしています。
日本では、昨今の急激な少子高齢化により医療費が膨れ上がり、このままでは医療費制度が維持できなくなってしまう可能性もあるため、国や健康保険組合がジェネリック医薬品の使用を推奨しているからです。
先発薬をすべてジェネリック医薬品に替えることで、国の医療費が年間で約1.5兆円も抑えられると言われています。
また、国だけでなく地方自治体や企業の健康保険組合でも、被保険者の保険料を上げずに財政を健全化しようと、ジェネリック医薬品の普及に積極的に取り組むところが多くなってきています。
ジェネリック医薬品の推奨を国や健康保険組合が進めるにあたって、メーカーはその安全性や先発薬との効果の同一性を全面的にアピールしています。
さらに製品によっては、先発薬の欠点を改良するよう、有効成分、効き目、安全性は変えずに錠剤を小さくしたり、味、香りなどを変え、最新製剤技術により先発薬よりも飲みやすく改良されているものがあり、ジェネリック医薬品に切り替える人はますます増える傾向にあります。

ED治療薬には多くのジェネリックがある

インドは、ジェネリック先進国とも呼ばれ多くのジェネリック医薬品を開発しています。
ED治療薬も例外ではなく、世界で取り扱われているジェネリック医薬品のほとんどがインド製であると言われているほどです。
ジェネリック医薬品は通常、先発薬が発売されてから、特許期間を満了した後販売されますが、インドでは製法特許のみが適応されており、製造方法が異なればジェネリック医薬品の販売が可能となります。
先発薬を開発したメーカーや世論の反発から、200文字5年に法改定を経てインドでも医薬品の特許が適応され、ジェネリック医薬品を製造することができなくなりました。
しかし、インドで製造されたジェネリック医薬品は低価格で品質が良いため、発展途上国の貧困層に多く使用され、国境なき医師団からも進んでインドジェネリックは使用されています。
そのため、法改定以降も異議申立制度が存在し、世界各国の貧困層の方はもちろん、一般の人が簡単には買えないような値段である薬は現在も特許が認められていません。

ED治療薬との付き合い方

世界ではじめてED治療薬であるバイアグラが誕生した際に世界中で夢の薬と呼ばれていました。
世界中のED患者の男性から支持され、新たな製品が生まれながら需要はとどまることを知りません。
特にストレス社会といわれる現代の日本で生きる男性にとっては、今後ますます必要とされるお薬の一つです。
予備軍も含めて日本の人口約1億2千万人のうち、およそ1千万人以上がED予備軍に該当すると言われています。
これは仕事のストレスや家庭でのストレスなどからくる精神的な要素が非常に強く、解決するには生活環境を変えるのが最も効果的と言われています。
しかし、仕事においても家庭においても生活環境を変えることは決して簡単なことではありません。
ここ数年女性を中心に耳にする機会が増えた不妊症との関わり、少子高齢化との関わりも出てきます。
単に性行為を行えるようにするという目的であれば、ED治療薬を服用すればなんら問題はないでしょう。
しかしED治療薬はあくまで一時的にEDは改善するもので、根本的な解決にはならないということはしっかり理解しましょう。
大切なのはED治療薬を性行為時に服用しながらも、根本的な解決方法を探していくことです。
もしかしたらEDかも?と考えている男性は、年齢が若くても決して楽観しせず早い段階で生活改善などを行っていくようにしましょう。

ED治療薬の通販に関するよくある質問

Q.ED治療薬の価格が病院処方より通販方が安いのはなぜ?
A.個人代行輸入と言って仲介業者を挟まずに、海外販売店から個人で購入取引をしています。
正規輸入する場合、海外メーカーが日本に支社などを設立し、メーカー、問屋、販売店と挟めば挟むほど金額が増えますが、個人代行が安いのは仲介業者を挟まないためです。

Q.個人輸入ではED治療薬の偽物が出回っていると聞くけど本当?
A.偽物は確かに多く出回っています。
偽物を購入しないための対策として、最も重要なのはサイト選びです。
電話での問い合わせが可能か、決済方法の種類は複数あるか、サイトの見た目が丁寧か、サイトの運営期間がある程度あるかなどの観点から優良サイトを選びましょう。

Q.ED治療薬は性欲は増す?
A.性欲が増すということはございません。
ED治療薬の含有成分によって若干の違いはありますが、どのED治療薬に含まれている成分も基本的に血管に作用します。
服用したという認識からプラセボ効果を生み、本人の意識の問題で興奮度が高まることはありますが、作用として性欲が増すという効果は報告されておりません。

Q.ED治療薬は早漏症にも効果はある?
A.ED治療薬の中には早漏早漏防止薬の主成分であるダポキセチンが含まれている製品もございます。
そういった混合薬であればEDと早漏どちらにも効果を発揮してくれますが、単にED治療薬には早漏を防止する効果はありません。

Q.高齢者でもED治療薬は服用はできる?
A.可能ですが、ご自身の健康状態について必ず事前に確認し、医師にご相談いただいたでの服用をお薦め致します。
持病や、それによって常に服用している薬などによってはED治療薬を服用できない場合もあります。また、血管状態も年齢によって衰退している可能性があるので、高齢になり始めてED治療薬を服用する場合は比較的効果が弱いお薬から服用していただくのが望ましいです。