上へ
戻る

カテゴリ

多汗症・ワキガ

多汗症やワキガは、症状だけでなく精神面でのストレスなども感じやすい症状です。 治療薬などを使用し改善していくことが可能なので、少しでも早く取り組みましょう。

多汗症・ワキガの商品一覧

多汗症とは?

多汗症は体から異常に発汗されてしまう症状のことを指します。
体温の調節をする際に発汗しますが、その既定の範囲を超えて増加するため日常生活に支障をきたしてしまうのです。
主に手、脇の下、頭、足裏などの部位から発汗されます。
緊張や不安から汗の量が増えることはありますが、多汗症はそういった精神的原因だけではなく、身体機能の失調から引き起こされる病的症状を指します。
その原因は、交感神経が失調し体温上昇がされていないのにエクリンという汗腺から汗が過剰に出る、という仕組みです。
多汗症は治療薬や制汗剤などで改善、軽減を期待できますが、局所多汗症という手や足、脇の下や股間が特に発汗してしまう症状の病態は、未だ解明されていません。
現在は原発性局所多汗症が厚生労働省によって難治性疾患克服研究事業の研究推奨分野に指定されています。
多汗症は仕事や勉学に大きく影響し、対人関係などでも多くの精神的苦痛を受けることがあります。
多汗症という病気の社会的認知はまだ進んでいないため、本人が自覚していないケースも多いです。
多汗症の方、もしくはそうかもしれないという方は治療薬や制汗剤で少しでも改善していきましょう。

多汗症の種類

多汗症にも種類があり、主に全身性多汗症と局所性多汗症(限局性多汗症)の2つに分けられます。
また先天性多汗症か、後天性多汗症かによっても分類されます。
先天性多汗症は原発性多汗症とも呼ばれ、思春期やそれ以前に発症する多汗症を指します。
自分がどういった種類の多汗症なのかを知ることにより、自分に合った改善方法を見つけることが出来ます。

全身性多汗症

全身性は名前の通り全身の汗の量が増えてしまう症状のことを指します。
全身性多汗症は、遺伝、ホルモン性の内分泌疾患、心疾患、神経疾患などにより発症します。
様々な原因の中自分がどういった理由で発症しているかを突き止めるのは難しく、場合によっては複数の原因によって発症していることもあります。
中でも特に生理中、妊娠中の女性や更年期障害などのタイミングで多汗症が発症することが多いです。
また、全身性多汗症の場合、同時に下記のような病気を患っている場合があります。
・バセドー病
・褐色細胞腫糖尿病
・末端肥大症
・急性リウマチ
・生殖器障害
・糖尿病
・結核
思い当たる症状、病気がある方は、多汗症と同様に改善してください。

局所性多汗症

多汗症の方の9割がこの局所性多汗症です。
局所性多汗症は原因不明な特発性や、緊張などの精神性、神経疾患が原因で起きます。
主に手、足裏などから大量に発汗するというような症状で、手の場合は手掌多汗症、足の場合は足蹠多汗症と呼ばれています。
物を持つ、靴を履くなどした際に発汗することが多いですが、重度の場合はそれだけで汗が滴るほど発汗します。
局所性多汗症の場合は先天性の病気のため、幼少期や思春期に発症します。
また手や足裏以外にも、脇、頭皮の多汗症も存在します。
脇は腋窩多汗症(えきかたかんしょう)と呼ばれ、他部位の多汗症と違い臭いの元を含む汗が分泌される可能性があるため、体臭を気にする方が多いです。
頭皮の場合は手や足などと違い滴り落ちやすく目立ち、視線を感じることなどによる精神的苦痛が大きいとされています。

多汗症治療薬の効果

多汗症は原因や種類が様々ですが、同じように治療法も複数存在します。
治療薬においても内服薬だけでなく外用薬があり、場合によっては手術と言う手段があります。
世間の認知も低いため多汗症で手術というとなかなか踏み出せない方もいますが、多汗症はただの汗っかきではなく病気であるということを理解する必要があります。
まずは治療薬や制汗剤などで改善を目指すところから始めることをお薦めします。

外用薬

外用薬には粉末、液体、ロールオンなど様々な種類が存在し、気になる箇所に直接塗るため即効性があります。
外用薬には下記のような製品があります。

・パースピレックスロールオン
ロールオンタイプのデオドラント製品(制汗剤)です。
有効成分に酸化アルミニウムやエタノール、乳酸アルミニウムが含まれており、どれも臭いの元の発汗を抑えるため発汗以外にワキガにも効果があります。
また毛穴に蓋をするだけでなく、皮脂や汚れを分解する際に生まれる臭いの予防にもなります。

・ニベアメンズデオドラント
世界的に人気なニベアの制汗剤で、日本では販売されていませんが通販で購入することが出来ます。
ニベアメンズデオドラントには、汗から出る臭いを抑えるシルバープロテクトと、緊張などのストレスから出る嫌な汗を抑えるストレスプロテクトがあります。
シルバープロテクトでは銀イオンなどの殺菌効果が強い成分が含まれており、ストレスプロテクトにはクロルヒドロキシAIという成分で毛穴を引き締めることにより汗の量を抑えることが可能です。

・十足美
十足美は水虫とアトピー性皮膚炎、そして多汗症にも効果がある治療薬です。
有効成分のサリチル酸や安息香酸は皮膚の角質を溶かします。
そして希酢酸という有効成分を病巣に届かせることで原因となる菌を殺菌するという仕組みです。

内服薬

内服薬のほとんどが医薬品です。
そのため効果が高く、確実に改善したい方にお薦めです。
しかし医薬品であるため、服用できない方や副作用が存在するため注意してください。
内服薬には下記のような製品があります。

・プロバンサイン
・プロスパス

どちらも有効成分はプロパンテリンです。
交感神経の末端から放出され、神経刺激を与えるアセチルコリンという物質をプロパンテリンは抑えてくれます。
それにより自律神経を遮断し、筋肉の緊張を緩め多汗症を改善するという効果があります。

参考サイト:医療用医薬品:プロパンテリン

注射

多汗症改善には注射によって汗を抑える方法もあります。
その際にはボトックスという製品や、ゼミオンという製品を使うことがほとんどです。
ボトックスは現在、ボツリヌス菌毒素による治療薬全般をその名称で呼ぶようになりました。
作用としては、A型のボツリヌス毒素を使用して局所的に筋肉の働きを弱めるという仕組みです。
そしてゼミオンは、ボトックスよりも後に出たボツリヌス毒素による治療薬です。
ボトックスを含んだ既存の治療薬が抱えていた問題を解決した新薬になります。
これらの治療薬の注射はメスをつかうこともなく、施術したその日でも入浴できるなどというところから人気が出てきています。
リスクとしては、内出血や赤くなってしまう場合もあるという点です。

手術

多汗症は手術を行って改善することも可能です。
どのように手術を行うかというと、交感神経が異常に働いてしまう事により発汗するためその交感神経を切除することにより発汗を抑えます。
以前までは痛みを伴い、傷跡も残るという点で多汗症手術は普及していませんでしたが、現在は内視鏡を利用し切除する治療が行われるようになり、痛みも傷跡もほとんどありません。
しかし、交感神経を切除するとその部位の汗は確実に止まりますが、その分その他の部位からの発汗が増える代償発汗が起きます。
そう聞くと手術の意味がないと思われることも多いですが、術後の水分補給などを調整、通気性の良い服装などで術前よりもコントロールが効くようになるのです。

多汗症治療薬の服用方法

プロパンテリンが含まれる治療薬は、1回1錠を1日3回を水かぬるま湯で服用してください。
量を多くしたからと言って多汗症により効果的になるわけではありません。
正しい服用方法を守らなければ効果が出づらくなることもあるため、用法容量はしっかり守ってください。

多汗症治療薬の副作用

多汗症治療薬の有効成分はプロパンテリンです。
プロパンテリンは多汗症だけでなく胃腸不良や夜尿病などに効果が高いですが、治療薬ですので副作用も存在します。
頻度は不明ですが、目の調整障害、便秘、口渇、排尿障害などが挙げられます。
医薬品による副作用の中には、効果が表れている証拠と言えるものもあります。
どの治療薬も副作用は飲んでいる内に無くなることが多いですが、耐えがたい副作用や服用を続けていても副作用の発現が収まらないという方は医師へご相談ください。

多汗症治療薬の併用禁忌・注意

プロパンテリンが含まれる多汗症治療薬に併用禁忌薬ありませんが、併用注意薬は存在します。

・三環系抗うつ剤
・イミプラミン
・アミトリプチン
・フェノチアジン系薬剤
・プロクロルペラジン
・クロプロマジン
・ジエチルペラジン
・モノアミン酸化酵素阻害剤
・ジゴキシン
・メチルジゴキシン

上記は治療薬の作用が増強されることがあります。
併用する場合は用量を調整してください。

多汗症治療薬を服用してはいけない人


下記に該当する方は、多汗症治療薬を服用してはいけません。

・高齢者
高齢者は、抗コリン作用による目の調整障害や口渇、便秘、排尿障害等が表れやすいです。

・妊婦、産婦、授乳婦
妊娠中の投与に関する安全性は、使用経験が無いため確立していません。

・小児
未熟児や新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は、使用経験が無いため確立していません。

ワキガとは?

ワキガは腋臭症とも呼び、皮膚上にあるアポクリンという汗腺から放出する汗が原因で強い臭いを発してしまいます。
ワキガは男女問わずどちらにも起こる可能性がある病気で、鼻を刺すような臭いのため周囲に迷惑をかけることや自分では気づけない人もおり、他人に指摘され初めて気付くこともあります。
そういった際や、ワキガ臭が弱い時でも周囲に気を使いすぎるなどの精神的苦痛はかなり大きいです。
自分がワキガなのかわからないという方は、下記の特徴が当てはまるかチェックしてください。
・脇から独特な臭いがする
・脇の部分に黄色や茶色のシミがつく
・両親のどちらかがワキガ
・脇毛に白い粉がつく
・汗をよくかく
・耳垢が湿っている
もし自分がワキガであると判明したのであれば、薬などで改善していくと周囲だけでなく自分自身の精神的苦痛を軽減することが出来ます。

ワキガの原因

皮膚にはエクリンとアポクリンという汗腺があり、ワキガの場合、アポクリンから出る汗が原因で強い臭いを発してしまいます。
分泌される汗自体に臭いはありませんが、含まれる脂質、アンモニア、タンパク質などの成分が皮膚面の細菌と混ざり合い臭いを放ちます。
このような仕組みで起きるワキガですが、なぜワキガになってしまうのかと言うと、その理由も複数存在します。
・遺伝
・思春期のホルモンバランスの変化
・脇毛の濃さ
上記のような理由からワキガを発症します。
またワキガは感染するのではないか?という疑問がありますが、ワキガは体質であり病気ではないため感染することはありません。
しかし、ワキガになったからと言って体調に変化が起きるわけではありませんが、周りに悪く言われていないか、などワキガを気にしすぎることによるストレスで体調を崩すこともあります。
そういったことを避けるためにも、改善していくことは必要です。

ワキガの治療方法

実際どのような治療法が行われているのか、自分はどういった治療を行えばいいのかわからない人も多いと思います。
ワキガ治療は大きく保存治療と手術治療の2つに分けることができます。
保存治療とは、その人の体を傷つけることなく治療する方法のことを指し、手術治療はその名の通り手術を用いて行う治療のことです。
それぞれ特徴、メリットやデメリットが存在するため、2つの治療法について下記で詳しく説明するので自分に合った治療法を見つけてください。

保存治療

ワキガの保存治療では制汗剤、注射などを用いた改善方法があります。
まずは制汗剤ですが、現在はローションタイプが主流になっています。
制汗剤は臭いの元となる発汗を抑えるだけではなく、ワキガのニオイ予防も期待できる製品が多く存在しています。
例えばパースピレックスシリーズや、ニベアデオドラントシリーズが人気です。
どちらもワキガに加え多汗症も予防し、ニベアデオドラントのシルバープロテクトという商品は銀イオンの力で強力な殺菌効果を発揮し臭いの元を抑えてくれます。
次に注射ですが、多汗症と同様にA型ボツリヌス毒素を用いて汗の分泌を促しているアセチルコリンを抑えることが出来ます。
1回で4~6ヵ月効果が持続し、大きな副作用もないため人気の治療法です。
施術も5分程度で完了しその後の行動も制限されることはありません。

手術治療

ワキガは手術で改善することも可能です。
ワキガ手術にも様々な種類がありますが、一般的に行われているのは剪除法(せんじょほう)という方法で、こちらは唯一保険適用される手術方法です。
治療費が3割負担されるため、どの医療機関でも両脇2万円ほどで施術できます。
施術方法は、脇の皮膚上のシワにあわせて3cmから4cmの切開を行い、皮膚を裏返し目視でアポクリン腺を切り取っていく方法です。
確実な方法ですが、デメリットとしては傷跡が残ってしまうという点です。
その他には吸引法という手術もあります。
細い管を脇へ差し込み、汗腺を吸い出すことによりワキガを治します。
数ミリの穴しか開かないため傷跡が目立たない点がメリットですが、技術的にレベルが高い医師でないと完全に除去しきれないこともあります。
また、保険は適用されません。

多汗症とワキガの違い

多汗症とワキガを同じような症状だととらえる方も多いですが、多汗症とワキガは全く違うものなのです。
まず多汗症は病気であり、ワキガは体質であるという点で違います。
また多汗症だからと言って必ず汗もワキガのように臭うというわけではなく、ワキガだからと言って汗を大量にかいてしまうという訳でもありません。
大きな違いは、汗が出る汗腺です。
皮膚上にはアポクリンとエクリンの2種類の汗腺がありますが、ワキガの場合はアポクリン腺、多汗症の場合はエクリン腺から汗が出ます。
アポクリン腺から出る汗は皮膚上で分解されるときに強い臭いを発しますが、エクリン腺の汗は無臭です。
多汗症とワキガを同時に発症している人もいますが、自分自身がどちらなのかを明確にすることにより的確な改善方法をとることが出来ます。
両親がワキガかどうか、ワキの臭いはどうか、耳が湿っているかどうか、などでワキガなのかを自己判断できますが、分からない場合は医師へご相談ください。

多汗症・ワキガに関連する商品を通販で購入するメリット

多汗症やワキガの製品は医療機関や市販だけでなく通販でも購入することが出来ます。
通販で購入すると通院などの時間を省くことができ、比較的費用も安く購入することが可能です。
また、日本では販売されていないような海外の人気商品も通販でなら購入できます。
海外では多汗症やワキガの割合は日本より多いため、様々な種類の製品が取り扱われています。

通販で購入する際の注意点

通販で多汗症やワキガを改善する製品を購入する場合には、偽物や粗悪品に注意する必要があります。
極稀に、正規品を取り扱っておらず偽物や粗悪品を販売していることもあり、使用したとしても多汗症やワキガの改善どころか人体に悪影響をもたらす場合もあるのです。
正規品とは異なるパッケージデザインや製品本体が送られてきた場合、服用は絶対にせず、通販サイトへの問い合わせや病院での鑑定などの措置をとってください。
しかし正規品と全く同じ見た目で模造されている偽物の製品もあります。
外見での判断が厳しい場合、薬に含まれる成分などの分析を行わなければ安全に服用する事はできません。
そのためまずは、利用する通販サイトで成分鑑定が行われている製品をしっかり取り扱っているのか、会社概要や通信販売規則などの特商法規約などが表記されているかどうかを確認することが重要です。

信頼できるサイトの見分け方

通販を利用する場合、購入する通販サイトが信用できるかどうかが最も重要です。
下記のような項目をチェックすることで、安心して利用できる通販サイトなのかどうかを把握することが出来ます。
・鑑定書
・サイトの作り
・価格
・カスタマー
・特商法
この5つの項目は利用する前に必ずチェックしてください。
それぞれどのような視点でチェックすればいいかを説明していきます。

・鑑定書の有無
医薬品には、その医薬品が先発薬であれば鑑定書というものが存在します。
鑑定書とは、第三機関が成分などを調べることにより、間違いなくその薬であるということの証明になります。
そのため、本物である可能性やサイトの信憑性が高いかどうかの基準になるのです。
ジェネリック医薬品の場合だと鑑定書の提示は多くありませんが、それでも求める人が多い人気医薬品については鑑定書が用意されている傾向にあります。
自分が欲しい医薬品に鑑定書があるのが一番良いですが、ない場合他の商品で鑑定書の有無を確認することで信用できるサイトかどうかの判断材料になります。

・サイトの作りがしっかりしている(決済方法が多数ある→事故がない=信用の証明)
サイトの見た目、使い勝手はもちろんですが、支払方法の種類などの点も信用していいかどうかの基準になります。
銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済などの代表的な決算方法は、信憑性のあるサイトのみと提携するのです。
なぜなら信用できないサイトとの契約はトラブルのもとになるため、銀行やクレジットカードのイメージを悪くする可能性があるからです。
そのため支払い方法は多いほど信用できるサイトと言えますし、使い勝手も良いです。

・価格が安すぎない
買い物をするうえで価格は誰しもが確認します。
そして多くの人が、同じ製品ならできる限り安い製品を買いたいため他のサイトと見比べたりします。
そういった人たちを狙い、大幅に偽物の製品を安く販売する悪徳業者も存在するのです。
価格を様々なサイトで見比べるのは通販で購入する上でテクニックの一つですが、安すぎるサイトには注意が必要です。
※価格が安いサイトが必ずしも偽物を取り扱うサイトとは限りません。

・サポート・問い合わせ先がしっかり記載されている
お客様へのカスタマーサービスがしっかりと機能しているかも重要なポイントとなります。
メールでのお問い合わせのほかに、電話でのお問い合わせも可能かどうかをチェックしてください。
悪徳業者の場合はクレームが相次いでしまうため、電話番号の記載がないことがほとんどなのです。
※海外医薬品の通販サイトは海外で運営されている場合が多いため、スカイプ等の電話を利用するサイトが多いようです。

・特商法が記載されている
特商法(特定商法取引表記)はとても重要なポイントです。
特商法は通信販売をするうえで守らなければならない規則であり、事業者による違法や悪質な勧誘行為などを防止し、消費者の利益を守るための法律です。
記載がない場合は利用を避けてください。

多汗症・ワキガに関連する商品との付き合い方

多汗症やワキガはその症状だけでなく、それによる精神的苦痛などのストレスが生まれるため自分自身のためにも早めに改善していくことをお薦めします。
海外と比べ日本人の多汗症やワキガの割合が少ないと言え、だからこそ社会的認知が遅れておりその症状に密かに苦しんでいる人も多いのです。
少しでも体に異常を覚える場合は、まず制汗剤や消毒などから予防してみてください。

多汗症・ワキガ商品の通販に関するよくある質問

Q.インターネットで売っている薬の方が安いのはなぜ?
A.個人輸入代行と言い、仲介業者を挟まず海外販売店から個人で購入取引をしているため安くなります。
正規輸入する場合は海外メーカーが日本に支社などを設立し、メーカーや問屋、販売店などを挟めば挟むほど金額が加算されていくのです。

Q.個人輸入では偽物が出回っていると聞くけど本当?
A.偽物が出回っているのは確かです。
そういった偽物を悪徳業者から購入しない方法はサイト選びです。
電話での問い合わせは可能か、決算方法の種類は豊富なのか、サイトの運営期間がある程度あるのかなどと言う観点から優良サイトを選んでください。

Q.内診や検査は必要?
A.多汗症やワキガは自己判断で分かる場合もあります。
そういった際には特に必要なく改善商品を利用して言って構いません。
しかし自分が多汗症なのかワキガなのか分からないという方は内診や検査をする必要があります。

Q.市販の制汗剤と何が違うの?
A.市販の制汗剤との違いは、日本では販売されていない海外の人気商品があるという点です。
市販の制汗剤では抑えきれなかったけれど、海外の商品でなら抑えられたという方もいます。

Q.多汗症とワキガって病気なの?
A.多汗症は病気ですが、ワキガは体質的な部分の問題のため病気ではありません。
多汗症の場合感染する可能性がありますが、ワキガが感染することはありません。

関連ページ

参考サイト
多汗症 - Wikipedia

腋臭症 - Wikipedia