上へ
戻る

カテゴリ

石鹸・制汗剤

石鹸や制汗剤を用いることにより改善できる症状が多く存在します。 また海外の人気製品なども購入することができるため、症状や成分次第で効果が高い製品を選んで入手できます。

石鹸・制汗剤の商品一覧

制汗剤とは

制汗剤は異常な発汗をしてしまう方が、汗の分泌を減らすために用いる薬剤です。
デオドラントとも呼ばれており、発汗以外にも汗の臭いを防ぎ殺菌してくれる効果がある製品も存在します。
主に多汗症の方やワキガで悩んでいる方が使用しますが、正常な発汗をする方でも夏だけ使用することもあります。

制汗剤の効果

制汗剤には様々なタイプがあります。
スプレータイプ、固形タイプ、ゲルタイプ、シートタイプ、パウダータイプなどがあり、それぞれ使い勝手以外にも効果の点で差があるため、その特徴を知ることによって自分に合った制汗剤を見つけることができます。

スプレー

スプレータイプの制汗剤は日本でも多く流通しており、とくに8×4などが有名です。
スプレータイプは直接肌に触れることなく吹きかけることにより汗を防止するため、清潔に扱えるという点がメリットです。
また、暑い日には冷たいスプレーで気持ちよく使うことができ、汗をかいたときに消臭できます。
しかし他のタイプに比べると皮膚への浸透力が低い点がデメリットです。

固形

固形タイプはローラーがついており、それを皮膚上で転がして塗る制汗剤です。
スプレーと違い直接肌に触れるため浸透力があります。
パースピレックスロールオンという製品だと、酸化アルミニウムやエタノールなどが含まれており、多汗症だけでなくワキガにも効果があります。
ロール部分を気になる部分に塗りつけると、汗腺の深部に角栓ができ汗を抑えることができるのです。
市販の制汗剤はもって1日ですが、パースピレックスロールオンの効果は3日から5日持続します。

ゲル

ゲルタイプの制汗剤はスプレータイプよりは流通していませんが、大手製薬会社からも製品が販売されているため見たことがある人も多いと思います。
ゲルタイプといってもベタつくことはなく、パウダーが含まれているためサラサラとして肌触りになる製品もあります。
また浸透力もあるため効果が長続きする製品が多いです。

シート

制汗シートは汗拭きシートと同じように使用することも多いです。
殺菌、消毒するタイプや、ノンアルコールで低刺激なシートなど種類も多様です。
しかしながら汗を抑える効果はそれほど高くなく、どちらかというと香りなどで臭いを抑えるために使用します。
制汗剤として使用する場合は常に持ち歩き、人と会う前に拭いたりなどする使い方をお薦めします。

パウダー

パウダータイプの制汗剤もあり、治療薬として十足美という商品があります。
足専用の制汗剤で、成分のサリチル酸と安息香酸が皮膚の角質を溶かし、さらにそこへ希酢酸という成分が浸透し病巣へ届くことによって原因菌を殺菌します。
水虫にも効果的ですが、一度使用するだけでも高い効果を得られるため、多汗症の方にもお勧めできる商品です。

制汗剤の副作用

制汗剤には副作用がほとんど存在しません。
場合によっては肌に合わずかぶれやかゆみなどが起きることがありますが、そういった場合はすぐに使用をやめてください。
また、十足美という治療薬に関しては強い殺菌力があるため、過敏症状や紅斑、発赤など起こる可能性があります。

制汗剤を使用できない方

基本的に制汗剤はどんな人でも使用することが出来ますが、副作用と同様に殺菌力が強い十足美には使用してはいけない方がいます。
サリチル酸、安息香酸、希酢酸に対して過敏症がある方や、妊娠中、授乳中、妊娠中の方は安全が保障されていないため使用を控えてください。

石鹸とは

石鹸には、薬用・雑貨用・洗濯用・化粧用など数えきれないほどの多くの種類があります。
用途によって含まれる成分や固形・髪・粉末など形も変化し、それぞれに合った方法で使用します。
一般的には汚れを落とす洗浄剤のことを指しますが、ここで説明する石鹸については、抗菌・抗アレルギー効果を持つ石鹸について説明していきます。

抗菌石鹸とは

抗菌石鹸とは通常の薬用せっけんとは違い菌を抑える成分が配合されており、衛生面の向上効果をもたらす石鹸のことを指します。
天然の抗菌・抗アレルギー効果を持つ成分が配合されている石鹸も多く、日々体を洗いながら臭いなどを予防する効果が得られるのです。
また抗腫瘍効果がある抗菌石鹸だと、傷口にも利用できます。

石鹸に含まれる成分

石鹸には多くの成分が含まれています。
だからこそ、どういった成分がどのように効果的に働いているかを知らず、選ぶ際に迷ってしまいます。
下記では代表的な抗菌石鹸の成分を説明していますので、商品選びの参考にしてください。

プロポリス

プロポリスはミツバチが樹液や木の芽などから集めた樹皮製混合物です。
天然成分であるプロポリスはとても高い抗菌、殺菌作用があり、防腐作用にも優れています。
顔や体と全ての部分に使用可能なので、普段からプロポリスが含まれた石鹸で洗うことによりアレルギー性の炎症や、ニキビなども抑えることが出来ます。

茶カテキン

茶カテキンはエピカテキンや、エピガロカテキンという成分でできています。
様々な健康効果がある茶カテキンですが、その中でも抗菌作用にとても優れています。
どのように優れているかと言うと、活性酸素の人体組織攻撃を防いでくれ、病気を予防してくれます。
その力はビタミンCなどの数倍~数十倍とも言われています。

カキタンニン

「柿が赤くなると医者は青くなる」ということわざがあるように、柿は栄養価が高いのです。
その中にカキタンニンという成分が含まれており、消毒や殺菌、抗酸化作用があります。
またそれだけでなく美白や毛穴を引き締める効果があるため、カキタンニンが含まれている石鹸で美容効果も得られます。
殺菌に関してですが、カキタンニンにはウイルスや雑菌を寄せ付けないようにする防菌効果もあるのです。
雑菌が増えることにより体臭が悪化しますが、殺菌効果があるためそれらを予防してくれます。

制汗剤・石鹸を通販で購入するメリット

制汗剤や石鹸は、国内外をはじめ海外などでも多く取り扱われています。
そのため国内でも簡単に入手することが出来ますが、長期間の使用をする場合通販サイトを利用し、海外の製品を購入する方がお薦めです。
一般的に、通販サイトを利用して購入すると販売店舗や病院まで足を運んで商品を購入する必要がありません。
そして注文はスマートフォンなどを利用しどこでも行うことができ、自宅で受け取れるという点がメリットです。
また制汗剤や石鹸においては、他にもメリットが存在します。
通販を利用することにより、日本では販売されていない海外の人気製品を購入することができるのです。
海外製品の方が含まれる有効成分の量が多いものが多いため、効果が高いものが多いです。
そして市販や医療機関で購入するよりも安く購入できるので金銭面の負担を大幅に削減できます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

クリニックをはじめとする医療機関の中には、医薬品はもちろん医薬品の代わりに制汗剤や石鹸を販売している所もあります。
病院では自分の症状を事細かく説明し、しっかりと内診したうえで医薬品での治療が必要なのか、制汗剤や石鹸で十分なのかを判断してくれるため、安心度が高いです。
病院だと、制汗効果がある医薬品で交感神経遮断薬や、抗コリン薬が処方されます。
多汗症やワキガなどの人は、費用は高いですが手術を行い確実に治す方法もあります。

市販のものを利用した場合

ドラッグストアや市販で制汗剤や石鹸を購入する人がほとんどだと思います。
医療機関を受診できない時でも手軽に購入できるという点がメリットで、入手に必要な時間も販売店まで足を運び、商品を選ぶだけなのでそんなに手間はかかりません。
お店が開いていればいつでも購入できるという点で多くの人が利用しています。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用し制汗剤や石鹸を購入するメリットは、安くそして手軽に商品を購入できるという点です。
価格は種類によってそれぞれですが、制汗剤や石鹸で高くても2,000円前後、医薬品だと1錠44円ほどから購入が可能です。
購入手続きを完了した後、商品が到着するまで約2週間かかってしまう点に注意すれば、非常に便利な購入方法です。
それ以外にも市販では購入できない製品を通販でなら購入できます。

通販でしか購入できない制汗剤・石鹸

通販を利用して制汗剤や石鹸を購入するメリットの一つに、通販でしか入手できない製品を購入できるというメリットがあります。
日本は特に、世界的に見ても医薬品やサプリメントの販売認可が下りにくく、海外では一般的に使用されているような優れた制汗剤や石鹸であったとしても購入できないことが多くあります。
しかし通販を利用すれば、日本国内では販売されていないような製品であっても気軽に購入することができるのです。

制汗剤・石鹸の使用方法

制汗剤や石鹸にも製品によって使用方法が決められています。
誤った方法で使い続けているせいで効果が現れづらいなどということにならないように、正しく使用してください。
下記では制汗剤と石鹸それぞれの代表的な製品の使用方法を説明します。

制汗剤(パースピレックスロールオン)

パースピレックスロールオンの効果は正しく使用すれば3日から5日持続します。
まず、就寝前に汗を抑えたい箇所に塗布してください。
夜間は汗腺の働きが低下するため、パースピレックスが角栓を作りやすくなるのです。
塗布した部分が完全に乾いた状態になったら衣類を着衣します。
そして翌朝、塗布した部分を汗取りシート、または濡れたタオルなどで拭いてください。
なお、パースピレックスの塗りなおしをする必要はありません。
効果が出るまで1週間程度かかるため、それまでは毎晩塗布してください。
効果を実感し始めたら週に2から3回の塗布で大丈夫です。

石鹸(プロポリス石鹸)

プロポリス石鹸は顔や体と全体に使用することが出来ます。
通常の石鹸と同様に使用可能ですが、できる限りきめの細かいふわふわとした泡で洗うと効果的です。
洗顔ネットを使う場合は、洗顔ネットを少し湿らせ水気を取った後に包み込むようにして手の中で回しながら泡立てます。
洗顔ネットではなく手で泡立てる場合は、手のひらに少しだけ水を溜め、プロポリス石鹸を載せて洗顔ネットと同じように手の中で回します。
少しずつ水を足し、ある程度泡立ってきたら泡を集めさらに水を足して空気を入れるように泡立たせます。
上記を行えば、手でも十分にキメ細かい泡を作ることが可能なのです。

制汗剤・石鹸の偽物に注意

通販を利用して制汗剤や石鹸、医薬品の購入を行う場合、実際に薬局や病院へ行くより手間が省けます。
しかしその一方で、偽物や粗悪品を購入してしまう可能性もあるため注意が必要なのです。
悪質な通販サイトを利用し、偽物や粗悪品の制汗剤や石鹸、医薬品を購入して使用すると、効果が表れないだけでなく人体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
通販サイトを利用する前は、その通販サイトの信頼度を見る櫃等があります。
商品の説明がしっかりと記述されているのか、鑑定書があるのか、電話での問い合わせが可能なのかなどといった点を確認し正規品を購入するようにしてください。

信用できるサイト選びのコツ

悪徳な通販業者を避けるためにも、下記のチェック項目を確認するようにしてください。

・鑑定書
医薬品に関してですが、その医薬品が先発薬であれば鑑定書と言うものが存在します。
鑑定書は第三機関が成分などを調べ、その薬が間違いなく正規品であるということの証明になるのです。
自分が欲しい医薬品に鑑定書があることが一番いいですが、ない場合だとしても他の商品に鑑定書があれば信用できるサイトかどうかの判断基準になります。

・サイト作り
サイトの見た目や使い勝手以外にも、決算方法が多様であると信頼度が高いと言えます。
銀行、コンビニやクレジット決算などは信用あるサイトのみと提携するものですので、そういった決算方法が選択できるかも見てみてください。

・価格
価格は安いほど自己負担も減りますが、大幅に価格を下げて売ろうとする悪徳業者も存在します。
そのため、明らかに安すぎるサイトは注意してみてください。
※価格が安いサイトが必ずしも偽物を取り扱うサイトとは限りません。

・カスタマー
お客様サポートがしっかりしているかどうかも重要なポイントです。
悪徳業者はクレームが相次ぐため、電話番号の記載を無くしています。
メール以外にも電話での問い合わせができるかどうかを見てみてください。
※海外医薬品の通販サイトは海外で運営されている場合が多いため、スカイプ等の電話を利用するサイトが多いようです。

・特商法
特商法は事業者による違法や悪質な勧誘行為などを防止し、消費者の利益を守るための法律のため、通販をするうえで守らなければならない規則です。
特商法の記載がないサイトは利用を避けてください。

制汗剤・石鹸に関するよくある質問

Q.市販のものと何が違うの?
A.市販では売っていない海外の製品を購入することが可能です。
また病院で処方しないと入手できない医薬品なども購入できます。

Q.石鹸を使ったらワキガが治るって本当?
A.ワキガは体質ですので、石鹸のみでワキガを完治させることは難しいのが現状です。
しかし日々使用していくことにより、ワキガの臭いを抑えることは可能です。

Q.制汗剤って本当に臭いを抑えてくれる?
A.制汗剤は汗を抑える効果があります。
臭いの元となるのが汗ですので、その汗が出ないことにより臭いも抑えることができます。

Q.シアリスのジェネリック医薬品で成分量の多いものはどうやって服用するの?
A.ピルカッターで分割してから服用することを推奨します。
通販で購入可能なシアリスジェネリックというのは、海外で製造販売が行われているシアリスを基に作られているもののため、1錠あたりの成分量が日本国内で処方されているものと比べて多くなっています。
したがって、使用時には1錠あたりの成分量を日本国内で処方されているものと同じ量になるよう、ピルカッターを利用したカットによって調節を行った上で服用する必要があります。

Q.臭いが治ったら使わなくなっても再発しない?
A.ワキガの場合体質ですので、根本を治療しないと完治することはありません。
そのためにおいがなくなったとしても再発する恐れはあるため、使い続けることが重要です。

参考サイト
デオドラント - Wikipedia
石鹸 - Wikipedia