上へ
戻る

カテゴリ

STD(性感染症)治療薬

STD(性感染症)には様々な種類があります。
中には分かりづらい症状のせいで、感染に気付けない病気もあります。
そのため性感染症予防や少しでも違和感を覚えたら検査を行うことが大切です。
また、感染していることが発覚したら早めに治療薬で改善していきましょう。

性病・感染症治療薬とは

性病・感染症治療薬は、性行為によって起こる粘膜同士の接触を感染経路とする性感染症や、その他の感染症の治療に用いられる医薬品です。
性感染症は感染率や発症率が非常に高く、発症後治療をせずに放置していると、不妊症など他の症状に繋がることもあり、場合によっては命に関わるような事態を招くこともあります。
さらに感染症は、ウイルスなどによって発症者数が爆発的に増加するということもあり得る病気のため、発症した際は速やかに治療を行わなければ、感染者を中心に病気が急速に蔓延し始めることも考えられます。
性病・感染症治療薬は、原因となっている菌やウイルスを撃退、その原因菌やウイルスの働きを抑えることができるため、治療薬を服用して速やかに治療することが大切です。

どんな人にオススメの治療薬なのか?

性病・感染症治療薬は、その名称の通り性病や感染症を治療する、症状の進行を抑えるために服用する医薬品です。
性病や感染症にかかってしまった人が服用する治療薬と言えます。
性病は、正式には性感染症と呼ばれており、性行為をはじめとする粘膜同士の接触による感染が主な感染経路です。
感染後すぐに発症するわけではなく、菌やウイルスが増殖するための潜伏期間があり、潜伏期間が終わった後、性器や咽頭、喉頭と言った症状が現れる部位の粘膜に対して、痛みや分泌物の増加、腫瘍の出現などの症状が現れるようになります。
潜伏期間は感染するウイルスによっても異なります。
性感染症と一口に言ってもクラミジア、ヘルペス、カンジダ、淋病など、様々な種類があり、性感染症の治療薬もそれぞれに適応した治療薬があります。
さらに服用するべきタイミングと言うのも性感染症の種類によって異なり、治療薬によっても異なるため、自分はどの感染症に感染したのか、そして治療薬はどのタイミングで利用するべきなのかと言うことを、しっかりと把握してから服用することが必要です。

薬局で買える?

性病・感染症治療薬は薬局で市販されていません。
これは治療薬の取り扱いの難しさが関係しています。
性病や感染症と言ったウイルス性の病気を治療する際に用いる抗菌薬や抗生物質と言うのは、使用方法を誤ってしまうと体内で耐性菌と呼ばれる薬が効かない菌を作り出します。
薬が効かない菌が作られてしまうと、本来であれば数日から数週間で終わる治療が延々と長引く、場合によっては一生治療が完了できないという状況になってしまうこともあります。
したがって、性病や感染症の治療薬である抗菌薬や抗生物質というのは、医師による指導を受け、処方箋を発行してもらった上で処方を受ける必要があります。

性病・感染症の治療方法と費用について

性病や感染症は非常に伝染力の高い症状のため、発症者を中心に感染が拡大していく危険性があります。
感染した病気によっては命にかかわる重大な病気へと繋がってしまう場合もあります。
以上の理由から、症状発症後もしくは感染発覚後は速やかに治療を開始しなければなりません。
性病や感染症の治療方法には、医療機関を利用し治療を行う方法と、通販を利用して治療薬を購入して自分で治療を進めていく方法があります。
この2つの治療方法は、治療の際に行うことも違えば発生する費用も異なります。

医療機関

性感染症や感染症の治療方法として、医療機関を利用する方法があります。
医療機関を利用する場合、症状によっては健康保険が適応されない場合があります。
健康保険が適応される場合、検査と治療に必要となる費用は約6,000円~11,000円が相場になります。
医療機関で検査可能な性感染症や感染症は、クラミジア、ヘルペス、コンジローマ、カンジダ、トリコモナス、アメーバ赤痢、淋病、梅毒、水虫やいんきんたむし、そしてHIVです。

治療薬を処方してもらう

性病や感染症を医療機関で治療する場合に行える治療方法の1つ目は、治療薬を使用した投薬療法です。
治療に必要な期間は発症している病気によって異なります。
さらに、症状の進行を抑える効果があるだけで、完治しない症状もあるため注意が必要です。
発症後すぐに治療を開始したのであれば、1週間~1ヶ月程の間で治療が可能です。

外科治療

医療機関を利用した性感染症の治療方法として、外科手術による治療があります。
外科手術によって治療できる性感染症は、尖圭コンジローマに限定されています。
尖圭コンジローマはウィルスの潜伏する部位に対してイボができる性感染症です。
外科手術による治療の場合、イボを液体窒素で冷凍凝固させ取り除くという手術や、電気メスでの切除と言った手術が行われます。
費用は1回あたり1,000円程と非常に安価ですが、完全にイボが無くなるまでには数回の切除手術を行わなければいけない難点があります。

個人輸入による通販での購入

医療機関を利用せずに性病や感染症を治療する方法として、個人輸入によって治療薬を購入し、自分で投薬治療を行う方法です。
この方法の場合、治療に必要となる費用は医療機関を利用した時よりも安く、2,000円から3,000円が相場で性病や感染症の治療が可能です。
一般的な病院での投薬治療と同じで、1週間から1ヶ月ほどで治療が可能となります。
しかし通販の場合、商品の注文から到着までに2週間ほどの時間が必要となるため、治療を始めるのが少々遅くなってしまう難点があります。

通販で購入できる性病・感染症治療薬

様々な性病・感染症がある中で、通販サイトを利用して治療薬を購入し、自分で治療を進めていくことができる種類の性病、感染症は以下の通りです
・クラミジア
・ヘルペス
・尖圭コンジローマ
・カンジダ
・トリコモナス
・アメーバ赤痢
・淋病
・梅毒
・水虫・いんきんたむしなどの真菌症
・HIV
性病や感染症の治療薬には大きく分けて2種類の効果があります。
一つは、体内に潜伏する性病や感染症の原因となるウイルスを殺菌し、病気の症状を沈静化させて治療していく治療薬です。
治療薬として、カンジダとヘルペス、HIV以外の性病や感染症の治療に用いる抗生物質や抗菌薬などがあります。
もう1つは、体内で感染症の原因となるウイルスの増殖を抑え、症状の重症化や発病を抑える医薬品です。
治療薬は、カンジダとヘルペス、HIVの治療薬です。
カンジダやヘルペス、HIVなどの感染症は、体内に感染症の原因菌やウイルスが一度入り込むと、潜伏し続けてしまうため完全に殺菌することができません。
したがって、これらの症状を治療するための医薬品は、殺菌するのではなく、菌が増殖することを抑え、症状が現れないようにするという効果を持っています。

クラミジア治療薬について

クラミジアの治療に用いる医薬品は、マクロライド系抗生物質、テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗生物質の3種です。
マクロライド系抗生物質は副作用が非常に少なく、クラミジアの原因であるクラミジア菌に対して非常に強い殺菌効果を発揮してくれるため、現在クラミジア治療を行う際に最も利用されている抗生物質です。
次にテトラサイクリン系抗生物質ですが、これはマクロライド系抗生物質に対して耐性を持っているクラミジア菌の殺菌を行う際に利用される抗生物質で、海外ではマクロライド系抗生物質とならび利用率が高い抗生物質です。
最後にニューキノロン系抗生物質です。
以前はクラミジア治療の代表格として服用されていた治療薬です。
しかし、現在ではニューキノロン系抗生物質に対しての耐性を持ったクラミジア菌が増加したことにより、服用されることが少なくなっています。

ヘルペス治療薬について

ヘルペス治療薬は、抗ウイルス剤と呼ばれる種類の医薬品です。
抗ウイルス剤の特徴としては、抗生物質のように原因となっているウイルスを完全に殺菌するのではなく、ウイルスによって発生する症状を抑えることで、症状が重症化してしまうのを防ぐ効果があります。
ヘルペスの原因となるウイルスは体内に入り込むと、神経節と呼ばれる場所の奥深くに潜り込むため、抗生物質による完全な殺菌ができません。
したがって、ヘルペスを発症した際には抗ウイルス剤を使用し、症状が重症化するのを抑える必要があります。
ヘルペスの前兆が現れた段階で抗ウイルス剤を使用すると、症状が現れる前にヘルペスウイルスの活動を抑えられるため、ヘルペスの痛みや不快感を最小限に留めることができます。

コンジローマ治療薬について

尖圭コンジローマの治療薬はベセルナクリームと呼ばれる軟膏です。
ベセルナクリームはイミキモドと言う成分を主成分としている軟膏で、塗布した部位の免疫を高める働きがあります。
尖圭コンジローマのイボに対してベセルナクリームを塗布すると、原因となるヒトパピローマウイルスの活動を抑え、症状の沈静化を図ることができます。
尖圭コンジローマは再発率が非常に高い性感染症ですが、ベセルナクリームを使用した場合、免疫力の向上により尖圭コンジローマの再発率を低下させることができます。
また、イボを取り除く際に外科手術を行う必要が無いため、痛みを感じること無く尖圭コンジローマの治療が可能です。

カンジダ治療薬について

カンジダ症は人間の体に付着するカンジダ菌という常在菌が引き起こす症状で、性行為の有無に関係なく、免疫力の低下などによっても発症する可能性があります。
カンジダ症の原因は真菌という種類の菌で、治療の際には抗真菌薬と呼ばれる医薬品を服用します。
抗真菌薬はカンジダ菌をはじめとする真菌の増殖を阻害し、殺菌する効果があります。
カンジダ症の治療に使用できる抗真菌薬には、内服薬だけでなく軟膏状の治療薬や膣錠と呼ばれる膣内に挿入し使用する特殊な形状の治療薬もあります。
また、カンジダ症の治療薬は基本的には真菌に対して効果があり、他の性感染症の原因となる細菌などに対しては効果がありません。
ただし一部の製品の中には真菌と細菌の両方に対して効果のある医薬品もあります。

トリコモナス治療薬について

トリコモナスは、トリコモナス原虫と呼ばれる原生生物が原因となり発症する性感染症です。
トリコモナス原虫が身体に寄生すると、膣や尿道、男性であれば前立腺で繁殖し増殖していきます。
したがって、トリコモナス原虫が体に寄生した場合、時間の経過で自然治癒することはなく、時間の経過によって症状は着実に悪化していきます。
トリコモナスの治療に処方される医薬品はメトロニダゾールを主成分としたフラジールなどがあります。
メトロニダゾールは体内でニトロソ化合物となり、トリコモナス原虫のDNAを殺菌することによって、体内に潜伏するトリコモナス原虫を殺菌することができます。

アメーバ赤痢治療薬について

アメーバ赤痢は、赤痢アメーバという嫌気性アメーバが引き起こす感染症です。
アメーバ赤痢を発症すると、大腸や直腸、肝臓に対して潰瘍ができ、粘液血便と呼ばれる便を1日に何度もするなど、特徴的な症状を発症します。
アメーバ赤痢の原因となる赤痢アメーバを殺菌する治療薬として、初期症状にはメトロニダゾール、進行してしまった症状の治療にはパロモマイシンなどを服用します。
メトロニダゾールは体内に吸収されるとニトロソ化合物へと変化し、DNAを分解することによって赤痢アメーバを殺菌します。
パロモマイシンは抗アメーバ作用と呼ばれる、アメーバが増殖するのを抑える効果を持つ医薬品で、中期症状が現れた際にはパロモマイシンの服用により、体内に潜伏する赤痢アメーバを殺菌し、治療を行います。

淋病治療薬について

淋病は淋菌という細菌に感染することによって発症する性感染症です。
淋菌治療に用いる医薬品には、医療機関でのみ処方されるセフトリアキソンとスペチクノマイシンがあります。
セフトリアキソンとスペチクノマイシンは静脈もしくは筋肉に対して注射し使用する抗生物質で、一度の注射で体内に潜伏する淋菌を100%殺菌できる強力な抗生物質です。
通販を利用して購入できる治療薬として、アジスロマイシンをはじめとするマクロライド系抗生物質があります。
マクロライド系抗生物質はクラミジアの治療にも用いられる医薬品ですが、淋菌に対しても強く効果を発揮するため、マクロライド系抗生物質を使用した治療も広く行われています。

梅毒治療薬について

梅毒は梅毒トレポネーマという細菌の感染によって発症する性感染症で、治療の際には抗生物質の内服による治療を行います。
梅毒の治療に用いられる抗生物質はペニシリン、もしくは塩酸ミノサイクリン、ドキシサイクリンです。
ペニシリンはβラクタム系抗生物質に該当する抗生物質です。
塩酸ミノサイクリンは体内に存在する細菌の細胞壁が、ペプチドグリカンという物質を作ることをできなくする効果があります。
ペプチドグリカンは細胞壁の生成に関係がある成分であり、細菌がペプチドグリカンを生成できなくなることにより、細胞壁が薄くなります。
細菌の細胞壁が薄くなり透過していくと、外液が細胞内に入り込み、細菌は形を保つことができなくなり死滅します。

水虫・いんきんたむし治療薬について

水虫やいんきんたむしは白癬菌という菌が原因で発症する感染症です。
白癬菌は真菌の一種であり、皮膚で過剰増殖することによって水虫やいんきんたむしの症状が現れるようになります。
白癬菌は非常に感染力が高い真菌であり、感染部位と接触したタオルの使い回しなどからも感染することがあります。
水虫やいんきんたむしの治療を行う際には、白癬菌の殺菌効果が高いクロトリマゾールを配合した軟膏などを使用します。
クロトリマゾールは真菌感染症治療薬と呼ばれる医薬品で、真菌の細胞壁を生成するために必要なエルゴステロールなどの成分が生合成されるのを阻害し、細胞死を引き起こす効果があります。

HIV(エイズ)について

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)は免疫細胞に感染し、破壊することによってAIDS(エイズ)を引き起こすウイルスです。
HIVに感染すると、HIVウイルスはCD4陽性リンパ球という免疫機能を破壊し続けます。
完全にウイルスが殺菌されるまでに非常に長い時間がかかるため完治させることは難しく、服薬によってAIDSの発症を抑えることしかできません。
HIVウイルスの増殖を抑えるために用いられる医薬品は、
・核酸系逆転写酵素阻害剤
・比較産経逆転写酵素阻害剤
・プロテアーゼ阻害剤
・インテグラーゼ阻害剤
・侵入阻害剤
5種の医薬品に分類されています。
これら5種の薬の中から複数組み合わせて服用する、HAART療法というのが最も一般的なHIVの治療方法です。

性感染症検査キットについて

性感染症検査キットは、性病に感染しているかを検査できるキットです。
保健所もしくは医療機関の受診によって、性感染症の検査を行うことが一般的ですが、性感染症検査キットを使用することで、自宅での性感染症検査が可能です。
性感染症検査キットを利用した場合、病院へ行かずに検査することができるため、誰にも知られずに性病感染の有無を調べることができます。
症状の検査から治療まで全ての流れを誰にも知られずに行いたいという場合、性感染症検査キットを用いて感染の有無を調べる方法がお薦めです。

性病・感染症治療薬を通販で購入するメリット

通販で医薬品を購入するメリットは、
・ネット購入のためプライバシーが守られること
・国内で認可のない薬でも薬事法に則り安価なジェネリック医薬品が購入できること
・処方箋不要で自宅に届くため手間がかからないこと
などがあげられます。

通販で購入する際の注意点

通販を利用して医薬品の購入を行う場合、治療薬にかかる費用が少なくなることや、通院の手間が必要なくなるメリットがあります。
しかし一方で、偽物や粗悪品を購入してしまう可能性もあるため、注意が必要となります。
悪質な通販サイトを利用し、粗悪品や偽物の感染症治療薬を購入して使用してしまった場合、薬の効果が正常に現れないばかりか、有毒物質を含んでいる物を使用してしまうことによる健康被害を受けてしまう可能性などもあります。
通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、鑑定書があるのか、発送国の記入がされているか。などと言った点を確認し、正規品を購入するようにしてください。

性病・感染症治療薬の服用方法と注意点

性病や感染症の治療薬の服用方法や使用上の注意は、薬の種類によって大きく異なります。
また、同じ性感染症の治療薬であっても、使用している成分や薬の形状などによって服用方法や注意点は異なります。

クラミジア治療薬の服用・使用方法と注意点

クラミジア治療薬に共通する服用方法としてマクロライド系抗生物質とニューキノロン系抗生物質は1日1回、テトラサイクリン系抗生物質は1日2回、水やぬるま湯で服用してください。
食事による影響を受けないため、クラミジア治療薬は食前食後問わず服用できます。
飲み忘れにより、体内で抗生物質に対しての耐性菌が発生する恐れがあるため、服用の際には飲み忘れに対して注意してください。

ヘルペス治療薬の服用・使用方法と注意点

抗ヘルペス薬は薬の種類によって服用回数が異なっていますが、経口薬に関してはどの種類の薬でも水もしくはぬるま湯で服用します。
軟膏薬の場合、1日に指定された回数を患部に対して塗布することにより治療が可能です。
バルトレックスのみ食事による影響でわずかに遅延しますが、誤差範囲の遅延のため、抗ヘルペス薬は食事に影響されません。
注意点として、抗ヘルペス薬は抗ウイルス剤であり、抗生物質ではないため、細菌性の性感染症に対しては効果がありません。

コンジローマ治療薬の服用・使用方法と注意点

コンジローマ治療薬に共通する使用方法として、就寝前に患部に対して適量の軟膏を塗布してください。
翌朝石鹸と水もしくは温水を使用し患部に付着している軟膏を洗い落としてください。
注意点として、1日あたりの使用回数は1回、1週間あたり3回までと使用回数が制限されているため、過剰使用に注意してください。

カンジダ治療薬の服用・使用方法と注意点

カンジダ症治療薬の使用方法は経口薬と軟膏、膣錠で異なります。
経口薬の場合、1日あたり指定された回数、成分量の経口薬を水もしくはぬるま湯で服用してください。
軟膏の場合、患部に対して1日あたり指定された回数軟膏を塗布し、使用してください。
膣錠の場合、指定された日数指定量の薬錠を膣内部に挿入し使用してください。

トリコモナス治療薬の服用・使用方法と注意点

トリコモナス治療に用いる医薬品に共通する使用方法として、1日規定回数量の薬錠を水もしくはぬるま湯を用いて経口より服用してください。
指定回数は薬の種類によって異なるため、服用の際には使用回数と使用日数の確認を忘れずに行う必要があります。
注意点として、トリコモナス治療薬はアルコールとの併用により嘔吐や潮紅と言った症状が生じるため、服用期間中及び服用終了後3日程度はアルコールの摂取を控えてください。

アメーバ赤痢治療薬の服用・使用方法と注意点

アメーバ赤痢の治療に用いる医薬品に共通する服用方法として、1日あたり定められた薬錠を指定日数、水もしくはぬるま湯で服用してください。
治療薬の種類によって、1日あたりの服用回数や服用日数が異なります。
したがって、治療薬を使用する際には薬ごとの使用回数や服用日数を確認する必要があります。
使用時の注意点として、耐性菌の発生を防ぐため、治療上必要最低限の期間のみ服用するよう注意してください。

淋病治療薬の服用・使用方法と注意点

淋病治療薬の使用方法は薬の種類によって異なり、経口薬の場合は指定期間、指定された回数を水もしくはぬるま湯で服用してください。
膣錠の場合、使用時には薬錠を膣内に挿入し使用します。
経口薬の服用回数や服用日数、1回あたりの摂取成分量は薬によって異なります。
また、薬の種類によっては食前後など服用する状況が指定されているものもあるため、服用時には薬ごと定められた用法用量を再確認の上、服用を行う必要があります。
淋病治療薬の注意点として、耐性菌の発生を防ぐために使用時には最低限の使用期間にとどめた服用に注意してください。

梅毒治療薬の服用・使用方法と注意点

梅毒治療薬を服用する場合、指定期間決められた回数の服用を行ってください。
治療薬によって服用回数や1回あたりに摂取する成分量、年齢による摂取上限量などが異なっています。
したがって、梅毒治療薬を服用する際には、各治療薬に定められた服用量や服用日数などに注意してください。
注意点として、各医薬品に対してのショック症状や過敏症を発症している場合、服用により重篤な症状を引き起こす恐れがあるため、使用時には過敏症を発症した経験がないものを選んで使用してください。

水虫・いんきんたむし治療薬の服用・使用方法と注意点

水虫やいんきんたむしの治療薬は、ミコナゾール、クロトリマゾールを使用する治療薬の場合は1日2回~3回、テルビナフィンを使用する場合は1日1回患部に対して塗布します。
治療薬を使用する際、過敏症を発症していると患部に対しての負荷が大きくなる、またはアレルギー症状が生じる場合があるため、各治療薬に使用されている成分に対しての過敏症を発症している場合、使用は控えてください。

HIV(エイズ)薬の服用・使用方法と注意点

HIV治療に用いられる医薬品はHAART療法と呼ばれる治療を行う際に利用するもので、複数種の医薬品を組み合わせるため、薬ごとに服用回数や服用間隔、服用量なども異なります。
したがって、HIV治療薬を使用する際には、自分が使用する薬ごとに定められた服用量や回数、間隔などをしっかりと確認してください。
服用時の注意点として、HAART療法の際に用いる医薬品は飲み忘れが発生するとHIVの治療が困難となってしまいます。
飲み忘れのないように服用時間や間隔を厳守した服用を行うため注意が必要です。

性感染症検査キットの使用方法と注意点

性感染症検査キットは、キットによって検体の採集方法、検査方法、検査に必要な時間なども異なっています。
したがって、検査キットを使用する際には自分が目的とする検査が可能な製品を購入するよう注意してください。
また、同じ感染症の測定を行う場合でも検査キットの種類が違えば検査に必要な検体の採集方法も異なります。
そのため、検査キットを使用する際にはそれぞれのキットに定められた正しい使用方法での検査を行うよう注意してください。

性病・感染症治療薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは性病や感染症治療薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

クラミジア治療薬の副作用

・発疹
・めまい
・消化器の障害
・頭痛
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

ヘルペス治療薬の副作用

・刺激感
・皮膚炎
・紅斑性発疹
・そう痒
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

コンジローマ治療薬の副作用

・紅斑
・びらん
・表皮剥離
・浮腫
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

カンジダ治療薬の副作用

・発疹
・下痢
・浮腫
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

トリコモナス治療薬の副作用

・発疹
・食欲不振
・吐き気
・胃の不快感
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

アメーバ赤痢治療薬の副作用

・下痢
・発疹
・吐き気
・暗赤色の尿
・胃の不快感
・食欲不振
・ふらつき
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

淋病治療薬の副作用

・下痢
・疼痛
・悪心
・発疹
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

梅毒治療薬の副作用

・吐き気
・下痢
・食欲低下
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

水虫・いんきんたむし治療薬の副作用

・皮膚炎
・発赤
・紅斑
・皮膚刺激感
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

HIV(エイズ)薬の副作用

・悪心
・発疹
・頭痛
・下痢
・嘔吐
・浮動性めまい
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

性病・感染症治療薬には多くのジェネリックがある

性病や感染症の治療薬は先発薬として販売されているものも多く存在していますが、それよりも多くのジェネリック医薬品が存在しています。
そしてこのジェネリック医薬品の多くは、インドに本社を置く製薬会社で製造されています。
インドは非常に特殊な特許法を定めている国です。
他国では医薬品の成分と製造方法のどちらにも特許を定めていますが、インドでは2005年に法改正が行われるまで成分に対しての特許が存在しておらず、製造方法さえ変えてしまえば同成分を使用したジェネリックが製造可能でした。
そして2005年の法改正以降も、インドの特許法には第3条d項という特殊な条項が組み込まれ、インドでは特許の範囲を厳しく制限し、他国では特許法の関係上ジェネリック医薬品が製造できなくても、インドではジ
ェネリック医薬品の製造が可能となっている状態を作り出しています。
インドでの特許法については多くの場所で批判が出ている一方、貧困層の多い国ではインド産のジェネリックが医薬品の主流となっており、更に国境なき医師団などの団体でもインド産のジェネリックは多く使用されています。
インドのジェネリックはアメリカFDAの基準を満たした非常に高品質な製品が多く、利用時の安心感と価格の安さを理由に、日本をはじめ世界各国で使用されています。

性病・感染症治療薬との付き合い方

性病や感染症と言うのは非常に強い感染力のある病気であり、感染後治療を行わなければ命に関わる症状を引き起こすような症状も存在しています。
そして感染し症状が現れた際には、治療を速やかにはじめなければ徐々に症状は重症化し、不妊症やがんなど時には命に関わる病気へと繋がることがあります。
したがって、感染が発覚した際には速やかに治療を開始する必要があります。
性病や感染症の治療に利用する医薬品はたくさんありますが、細菌やウイルスが原因となって発症する病気の治療には、抗菌薬や抗生物質と呼ばれる医薬品が利用されます。
抗菌薬や抗生物質というのは、細菌やウイルスに対して効果のある性質を持った医薬品で、病気の原因となっているものに対して効果があり、細胞膜の破壊や細胞分裂の阻害といった効果によって病気の治療を行います。
ただし、この時体内に常在する細菌などにも作用することがあり、副作用の症状が生じてしまう場合もあります。
性病や性感染症の治療薬の種類は非常に多く、同じ感染症を治療する薬であっても、製品によって使用方法や副作用などに違いがあります。
したがって使用する前に、自身の感染症を治療するためにはどの治療薬を選択すれば良いのか把握することが必要です。

性病・感染症治療薬の通販に関する「よくある質問」

Q.インターネットで売っている薬の方が安いのはなぜ?
A.ジェネリックの医薬品が販売されているからです。
ネット上に存在する通販サイトで販売されている医薬品は、ジェネリック医薬品の中でも特に安価なインド製の製品が多く、販売価格が非常に安価になっています。

Q.個人輸入では性病・感染症治療薬の偽薬が出回っていると聞くけど本当?
A.偽薬を販売している悪質な通販サイトも存在しています。
個人輸入による治療薬の販売を行っている通販サイトの中には、偽薬を正規品として販売している悪質なサイトも存在しているため、購入時には信頼の置けるサイトの利用が重要になります。

Q.性感染症の定期的な検査は必要?
A.非常に重要です。
性感染症の中には感染後も症状が現れないものもあります。
したがって性行為の頻度や回数を問わず、定期的な性感染症の検査を行い、感染の有無を確認するのは非常に大切です。

Q.性感染症の予防法はある?
A.コンドームの使用が重要です。
性感染症は血液、唾液、精液、膣分泌液といった分泌物や、ウイルスの潜伏する粘膜との接触によって感染します。
性行為の際には接触部位に関わらずコンドームを使用し、粘膜同士が直接接触するのを回避する事ことによって感染予防が可能です。

Q.ED治療薬やピルを使用していると感染しにくくなる?
A.性感染症の感染率に変わりはありません。
ED治療薬や避妊用ピルはEDの症状改善や避妊に対して効果がある医薬品であり、これらの医薬品の使用と性感染症の感染率には関係がありません。