上へ
戻る

カテゴリ

カンジダ治療薬

カンジダ菌はもともと体にある菌ですが、免疫力などが落ちた際などに性器に感染し炎症が起きると膣カンジダになる可能性があります。
主にかゆみやおりものが白く濁りヨーグルトのようになるという症状があります。
カンジダは治療薬で治せるため、違和感を覚えたら少しでも早く治療していきましょう。

カンジダ治療薬の商品一覧

カンジダ症とは

カンジダ症は、主に女性に多く見られる感染症です。
おりものの分泌量が増加する、ヨーグルト状に変異する、このような症状が見られ、さらに性器にかゆみがある場合は膣カンジダ症になっている可能性があります。
一方、男性の場合はかゆみのほかに恥垢が急増したり、亀頭が赤くなったりといった症状も見られます。
特に、普段亀頭が包皮に覆われている包茎の方はカンジダ症になりやすいと言われています。
カンジダ症は人から人へ性行為によって感染することがあるので性病の一つに数えられますが、原因菌は男女問わず体内に住んでいる常在菌であり、性行為がなくても発症することがあります。
また、一度発症すると症状が治まった後も何かのきっかけで再発する可能性があるので注意が必要です。

カンジダ症の原因・感染経路

カンジダ症の最も代表的な症状が女性の膣カンジダ症です。
膣カンジダ症は、主に体内に存在するカンジダ菌が、体の免疫力の低下によって異常増殖を起こすことにより発症する症状です。
性行為によって感染し発症する場合もありますが、性行為を行ったことがない人でも発症してしまうことがあります。
人間の免疫力は、平時であれば安定した状態を維持しています。
免疫力が安定した状態であれば、体内に生息するカンジダ菌は活動が抑えられているためカンジダの症状は現れません。
しかし、風邪を引く、ストレスを感じるなどの現象が発生すると、身体の免疫力は低下していきます。
その結果、普段なら抑えられているカンジダ菌が活発に活動するようになり、増殖してカンジダ症の症状が現れるようになります。

ホルモンバランスの変化

女性がカンジダ症を発症する原因の1つに、ホルモンバランスの変化が挙げられます。
毎月の生理、また妊娠や出産といった出来事によって体内の女性ホルモンのバランスが崩れることで、普段は大人しいカンジダ菌が活動を活発化させます。
ホルモンバランスをコントロールして妊娠しにくい状態にする経口避妊薬(ピル)の服用が原因になるパターンもあるようです。
生理中や妊娠中、出産前後は特に健康的な生活を心がけてください。

免疫力の低下

カンジダ症の発症原因の2つ目は免疫力の低下です。
そもそも、原因となるカンジダ菌は人間の体に住み着く常在菌の一つです。
常在菌は免疫力が正常な状態にあると、特に悪さをすることはなく、一定のバランスを保ったまま生息し続けます。
しかし免疫力が低下すると活動が活発になり、増殖して体に影響を及ぼします。
カンジダ菌の場合も、免疫力の低下で増殖し、カンジダ症の症状を引き起こすことになります。

常在菌バランスの崩れ

カンジダ症は体内の常在菌バランスが乱れることによっても発症します。
人間の体内には腸内に生息する乳酸菌をはじめ多くの常在菌がいますが、これらの菌は常に一定量のバランスを保っています。
しかし、病原菌を死滅させることで病気を治す抗生物質を服用した場合などには生息バランスが崩れてしまいます。
その結果、ある菌だけが体内で急激に数を増やすというケースが見られます。
カンジダ菌もまた、何らかの理由で常在菌のバランスが崩れることで増殖することがあるのです。

高温多湿などの環境の変化

カンジダ症を引き起こすカンジダ菌はカビ菌の一種であり、高温多湿の環境下で爆発的に数を増やすという特徴があります。
たとえば梅雨時のような高温多湿な時期になると、体内や体表にいるカンジダ菌も増殖しやすくなります。
その状況に体調不良や免疫力の低下といった現象が重なると、体はカンジダ菌の増殖を抑えられなくなり、カンジダ症を発症するようになります。
一度発症したことがあるという方は特に、梅雨の時期は気をつける必要があります。

カンジダ症の種類

カンジダ症には複数の症状が存在しており、症状の現れる場所や現れ方が異なります。
たとえば、カンジダ症には以下のような症状があります。
・皮膚カンジダ症
・口腔カンジダ症
・カンジダ敗血症
・性器カンジダ症
いずれも、発症する原因はカンジダ菌の異常増殖です。
しかし、発症後に起こる症状は異なっています。
そのため、治療の際にはどの症状にどういった特徴があり、どういった症状が現れるのかというのを知る必要があるのです。

皮膚カンジダ症とは

皮膚カンジダ症は、カンジダ菌が皮膚に感染することによって発症する皮膚感染症の1種です。
体表部分でカンジダ菌が増殖することによって起こるもので、初期症状としては脇の下など高温多湿な場所に強いかゆみが現れるということが挙げられます。
その後、カンジダ菌が原因で発生する発疹が脇の下、乳房の下部のあたりに現れるようになります。
また、カンジダ菌が手や爪などで増殖することにより、手が乾燥する、爪の根元部分が白く変色するなどの症状が見られるようになる場合もあります。
爪で増殖した際に起こる爪の変色は、白癬菌が原因で発症する爪白癬と似ているため、爪白癬を発症したと誤認識する人もいるようです。
皮膚カンジダ症と爪白癬では対処方法が違うので、見分けがつかない場合は病院に行くことをお薦めします。

口腔カンジダ症とは

口腔カンジダ症は、口の中でカンジダ菌が増殖することによって発症するカンジダ症です。
抗生物質を長期間服用していたり、口の中が乾燥した状態が続いていたりすると、舌や頬の内側、歯茎に乳白色、黄白色の膜のような物体ができるようになります。
この膜ができるようになると、口の中でヒリヒリとした刺激感が発生するようになる、舌が乾きやすくなり痛む、食事をすると痛むなど痛みの症状を感じるようになります。
口腔カンジダの症状が進行すると、歯肉炎、上部消化器官カンジダ症を併発する確率が上昇します。
また、口腔カンジダ症はHIVの初期症状として現れることが多い症状とも言われています。

カンジダ敗血症とは

カンジダ敗血症は、カンジダ症の症状が進行することによって発症する症状です。
そもそも敗血症とは、感染症を発症することによって身体中の臓器に機能不全が現れる病態を指します。
非常に重篤な症状であり、治療をせずに放置すると命にかかわる事態を引き起こします。
カンジダ敗血症は、特に口腔カンジダ症や皮膚カンジダ症といったカンジダ症の発症が原因となる敗血症です。
初期症状としては、話しにくくなる、全身の筋肉痛、尿が出なくなる、重度の息切れ、手足の蒼白と体温の低下などが挙げられます。
発症から悪化までのスピードが非常に早く、数時間で症状が重症化することもあります。
何らかのカンジダ症を発症した際には速やか治療を開始し、重篤化してカンジダ敗血症を招かないようにすることが必要です。

性器カンジダ症とは

性器カンジダ症は、カンジダ菌が性器周辺で増殖することによって発症するものです。
男性器に発症するケースも見られますが、性別で比較すると圧倒的に女性の膣カンジダ症が多いと言われています。
膣カンジダ症の症状としては、膣やその周辺のかゆみや痛み、腫れ、性器から発生する独特な生臭いにおい、おりものの増加、性行為や排尿時の痛みなどがあります。
順序としては、かゆみの症状が現れたあとでおりものの増加が見られ、最後に性器の炎症が発生して性交痛、排尿痛が起こるというのが一般的です。
このページでは以下、主に膣カンジダ症の症状を取り上げ、治療方法や治療に必要となる治療薬の入手方法、そして治療薬の種類について説明していきます。

内服薬と外用薬の違い

カンジダ症の治療に使用される医薬品には、大きく分けて内服薬と外用薬の2つがあります。
内服薬は、経口摂取によって体内に有効成分を送り込み、カンジダ菌の数を減らして症状を抑えるという流れで治療する医薬品です。
一方、外用薬は患部に薬液や軟膏を塗布することによって、体表のカンジダ菌の数を減らします。
医薬品の系統としては、トリアゾール系とイミダゾール系、そしてアリルアミン系というのが主なものになります。
一般的にトリアゾール系の治療薬は内服薬として使用され、イミダゾール系とアリルアミン系の医薬品は外用薬として使用されます。

性器カンジダ症の症状

性器カンジダ症は、男女それぞれがカンジダ菌に感染することで引き起こされる感染症です。
男女ともに、性器のかゆみが初期症状として現れるという点が共通しており、生活に困難をきたすほどのかゆみが出ることもあるようです。
また、男女で症状の現れ方が異なっており、女性の場合には、性器からの悪臭、おりものの増加、性行為時の痛みなどが挙げられます。
男性の場合には、性器の痛み、ただれ、炎症、大量の白い恥垢、水ぶくれなどが挙げられます。

男性の場合の症状

男性の場合、発症した場合には性器のかゆみや恥垢の増加、亀頭の炎症といった症状が現れ、症状が進行していくと菌が尿道内に入り込み、尿道炎を発症することもあります。
男性の性器カンジダ症は女性の膣カンジダ症と比べて治療しやすく、性器に抗真菌薬という真菌阻害用の医薬品を塗布することにより、1~2週間ほどで治療が行えます。
ペニスは体外に突出しており、洗いやすく乾燥もさせやすい、高温多湿を好むカンジダ菌が繁殖しにくい環境にあります。
従って、女性と比べて性器カンジダの発症自体しにくいものです。
しかし、陰茎のまわりに包皮がかぶっている包茎の状態にある人は、性器の周辺がカンジダ真菌の増殖に適した高温多湿の環境となっているため、発症率が上がります。
また、膣カンジダ症を発症している女性とコンドームを使用しない性行為をした後、すぐに洗わず放置してしまうと、女性の膣から移ってきたカンジダ菌が増殖して発症するケースがあります。

女性の場合の症状

女性の場合、発症後に現れる症状としては、性器のかゆみや痛み、臭い、おりものの増殖などがあります。
症状が重症化すると、性器周辺に耐えがたいかゆみが発生するようになる、性器の炎症によって下着が触れるだけでも痛むようになる、歩行困難な状態になってしまうなどの症状が現れるようになります。
女性器は男性器と違って体外へ突出しておらず、高温多湿な環境になりやすいため性器カンジダ症を発症しやすくなっています。
また、性器カンジダ症を発症したまま出産を行うと、胎児に産道感染を起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。
産道感染が起こると、赤ちゃんに口腔カンジダ症、皮膚炎といった症状を引き起こす場合があります。
また、早熟未熟児を出産した場合、重篤な感染症を発症させてしまう可能性があると言われています。
妊娠、出産を控えた段階でカンジダ症を発症してしまったという場合は速やかに病院で医師に相談することをお薦めします。

腟カンジダ症に似た病気(感染症・疾患)がある?

女性の性器カンジダ症によく似た症状が現れる病気があります。
それらの病気とカンジダ症との違いは、以下のようなものです。
・膣トリコモナス症
多量のおりものの発生などの症状が似ていますが、かゆみは現れません。
・細菌性膣症
独特な臭いの発生という症状が酷似していますが、かゆみが現れません。
・骨盤内感染症
普段よりも多い膿性のおりものが発生しますが、同時にカンジダ症では見られない発熱、下腹部痛などの症状が現れます。
・子宮頸管炎
膿状で粘性の強いおりものが発生しますが、かゆみなどの症状は現れません。

カンジダ症になったときの注意点

カンジダ症を発症した際に注意すべき点として、以下の点があります。
・性行為は控える
特にコンドームを使用しない性行為は、パートナーにカンジダ菌を感染させる可能性があるので控えるべきと言えます。
そもそもカンジダ症の症状には強いかゆみ、性交痛なども挙げられるので、性行為は控えてください。
・性器周辺を常に清潔にしておく
性器やその周辺を常に清潔な状態にしておくことにより、カンジダ菌の増殖を抑え、重症化を防ぐことができます。

カンジダ症の治療方法

カンジダ症の治療方法には、内服薬と外用薬があります。
医療機関や、ドラックストアなどで販売されている市販薬で治療することができます。
しかし、初めてカンジダに感染した場合には、病院で診察してもらうことをお薦めします。
内服薬、外用薬共に、抗真菌薬を用います。
内服薬は副作用を抑えて治療することができます。
外用薬には様々なタイプのものがあり、自身に合わせて選択し治療することができます。

医療機関

皮膚科や泌尿器科、女性の場合は婦人科のクリニックといった医療機関で行われるカンジダ症の治療には、健康保険が適用されます。
健康保険を使った場合、治療にかかる費用は3割負担で済みます。
治療に必要となる額は治療内容によっても異なりますが、3,000~5,000円ほどになるのが一般的です。
治療内容としては、患部の洗浄と薬剤の使用、また症状が外性器にも現れているのであれば外性器への薬の使用といった内容となります。

治療薬を処方してもらう

医療機関で処方を受けられるカンジダ症治療薬は、イミダゾール系、トリアゾール系、アリルアミン系の3種類の抗真菌薬です。
これらの医薬品は患部で真菌が繁殖するのを抑える、もしくは直接真菌に対して攻撃をしかけて破壊するといった効果があり、カンジダ症のような真菌による症状の治療が行えます。

市販薬を購入する

カンジダ症の治療に利用できる医薬品は、医療機関で処方されるものだけでなく、ドラッグストアで購入できるものもあります。
ドラッグストアで販売されているカンジダ症の治療薬はアゾール系抗真菌薬と呼ばれるもので、患部で真菌(カンジダ菌)が増殖するのを抑えることによって、症状の進行を防ぎつつ治療を行います。
ただし、市販の抗真菌薬は初発のカンジダ症の治療に使用するのではなく、再発時に使用すべきものとされています。
初発のカンジダ症を治療したあとで、再発を防ぐために常備薬として持っておく薬、という位置づけです。

通販で購入する

通販では、医療機関で処方されるものと同じカンジダ症治療薬を購入することができます。
いずれも海外製の医薬品であり、個人輸入という形で取り寄せることになります。
先発薬だけでなく、価格が安いジェネリック医薬品も選べるのがポイントです。

カンジダ症治療薬の効果

カンジダ症治療薬には、イミダゾール系、トリアゾール系、アリルアミン系の抗真菌薬があります。
いずれもカンジダ菌や白癬菌などの真菌が患部で増殖するのを抑える効果を持つ抗真菌薬です。
真菌(カビ)は細胞膜で覆われている状態にあり、細胞膜が無いと生存することができません。
三種類の抗真菌薬はこの細胞膜の合成を阻害する働きがあります。
カンジダ症や水虫・いんきんたむしなどの真菌症には、体の表面に感染し症状が現れる表在性真菌症と、肺や腎臓、脳などに感染する深在性真菌症があり、薬の特性によりそれぞれ使用されます。

イミダゾール系の効果

イミダゾール系抗真菌薬は、カンジダ症に対して効果が高く、治療での第一選択薬とされています。
イミダゾール系の薬には、水に溶けにくいという特徴があります。
この性質を活かし、クリーム、または膣錠といった外用薬として使用するのが一般的です。
経口薬タイプのものもあります。
主に表在性真菌症へ使用されます。

ニゾラール

ニゾラールはインタスファーマ社が製造する錠剤タイプの抗真菌薬です。
有効成分はのケトコナゾールで、カンジダ症など真菌が原因の症状に対して非常に効果的な医薬品です。
通販ではケトコナゾール200㎎10錠入りが1,650円前後で購入することができます。

ケトクリーム

ケトクリームはMMO社が製造するクリームタイプの抗真菌薬です。
有効成分はケトコナゾールで、ニゾラールクリームと同等の効果を低価格に得られるという特徴を持つ製品です。
通販ではケトコナゾール2%のチューブが1本2,000円前後で購入することができます。

ニゾラールクリーム

ニゾラルクリームはジョンソン社が製造するクリームタイプの抗真菌薬です。
有効成分はケトコナゾールで、カンジダ菌だけでなく白癬菌に対しても絶大な効果を持っています。
通販ではケトコナゾール2%のチューブが1本あたり3,500~4,500円前後で購入することができます。

ニナゾール

ニナゾールはT.O.PHARMA社が製造する錠剤タイプの抗真菌薬です。
有効成分はケトコナゾールで、カンジダ症だけでなく、水虫、いんきんたむしなどにも効果があります。
通販では200mg100錠入りが5,000円前後で購入することができます。

ルリコナゾールクリーム

ルリコナゾールクリームはHealing Pharma社が製造するクリームタイプの抗真菌薬です。
有効成分はルリコナゾールでルリコンクリームのジェネリック医薬品です。
通販ではルリコナゾール1%のチューブが1本あたり1,500円前後で購入することができます。

クロトリマゾールジェル

クロトリマゾールジェルはグレンマーク社が製造するジェルタイプの抗真菌薬です。
有効成分はクロトリマゾールで、患部で繁殖する真菌や白癬菌の増殖を抑えることによって治療を行います。
通販ではクロトリマゾール1%のチューブが1本あたり2,500~3,000円前後で購入することができます。

クロトリマゾールクリーム

クロトリマゾールクリームはグレンマーク社が製造するクリームタイプの抗真菌薬です。
有効成分はクロトリマゾールで、ジェネリック医薬品として開発されたものです。
通販ではクロトリマゾール1%のチューブが1本2,000円前後で購入することができます。

カネステンクリーム

カネステンクリームはバイエル社が製造するクリームタイプの抗真菌薬です。
有効成分はクロトリマゾールで、日本でも処方されているエンペシドと同一成分が含有されています。
通販ではクロトリマゾール1%のチューブが1本あたり3,000円前後で購入することができます。

クロトリマゾールローション

クロトリマゾールローションはグレンマーク社が製造するローションタイプの抗真菌薬です。
有効成分はクロトリマゾールで、通常のクリームタイプの抗真菌薬よりも患部の奥深くまで成分が浸透し、効果を発揮するという特徴があります。
通販ではクロトリマゾール1%のローションが1本あたり3,000円前後で購入することができます。

トリアゾール系の効果

トリアゾール系抗真菌薬の系統に属する有効成分は、イミダゾール系のものに比べると水に溶けやすいため、内服薬や注射薬として使用される特徴があります。
その為、主に深在性真菌症の治療や予防に使用されます。

スポラル

スポラルはジョンソンアンドジョンソン社が製造するカプセル錠の抗真菌薬です。
有効成分はイトラコナゾールで、外用薬では治療しにくい症状に対しても効果を発揮します。
通販では16錠入りが3,000~3,600円前後で購入することができます。

フォーカン

フォーカンはシプラ社が製造する錠剤タイプの抗真菌薬です。
有効成分はフルコナゾールで、ジフルカンのジェネリック医薬品です。
通販では150mg15錠入りが5,000円前後で購入することができます。

ゾコン

ゾコンは、FDC社が製造する錠剤タイプの抗真菌薬です。
有効成分はフルコナゾールで、ジフルカンのジェネリック医薬品です。
通販では100mg40錠入りが6,500~8,000円前後で購入することができます。

アリルアミン系の効果

アリルアミン系抗真菌薬は、抗真菌薬の中でも特に強い抗菌作用がある成分です。
基本的には外用薬として使用されますが、外用薬の使用が困難な場合に使用できる内服薬もあります。
しかし、アリルアミン系抗真菌薬は体に少なからず負担をかける医薬品なので、服用する際には少々注意が必要と言われています。

ラミシール

ラミシールはノバルティス社が製造する錠剤タイプの抗真菌薬です。
有効成分はテルビナフィンで、カンジダ症はもちろんのこと、カンジダ菌と同じ真菌である白癬菌が引き起こす感染症にも効果を発揮します。
クリームなどの外用薬ではなかなか対処できない、爪の中で白癬菌が繁殖することで起こる爪白癬にも効果的です。
通販では250mg28錠入りが2,800円前後で購入することができます。

テルビシルクリーム

テルビシルクリームは、サンタファーマが製造するクリームタイプの抗真菌薬です。
有効成分はテルビナフィンで、カンジダ症の治療だけでなく足白癬や体部白癬、股部白癬といった白癬菌が原因で発症する症状の治療にも使用されることがあります。
通販ではテルビナフィン1%のチューブが1本あたり2,000~3,000円前後で購入することができます。

テルビシルスプレー

テルビシルスプレーはサンタファーマが製造するスプレータイプの抗真菌薬です。
有効成分はテルビナフィンで、患部に指が直接ふれると痛むほどに進行したカンジダ症に対しても使用しやすいというのが特徴です。
通販ではテルビナフィン1%のスプレーボトルが1本あたり2,000円前後で購入することができます。

カンジダ症治療薬の服用・使用方法

カンジダ症の治療薬には錠剤やカプセルなどの経口薬とクリームやジェルなどの外用薬のタイプがあります。

ケトコナゾール

経口薬の場合、成人では1日1回400㎎を服用してください。
外用薬の場合、1日1回患部に直接塗布してください。
経口薬の場合、成分の血中濃度を保つため、できれば決められた時間で服用してください。
外用薬の効果を求めるには、皮膚が生まれ変わる周期を待つために、最低4週間の使用が推奨されています。
強い効果を求め、決められた用量の倍量を1度に使用する方がいますが、必ずしも効果が強くなる訳ではないのでご注意ください。
途中で使用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。
使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ルリコナゾール

成人では1日1回就寝前などに患部に直接塗布してください。
外用薬の効果を求めるには、皮膚が生まれ変わる周期を待つために、最低4週間の使用が推奨されています。
眼球やただれの著しい部分には使用しないでください。
強い効果を求め、決められた用量の倍量を1度に使用する方がいますが、必ずしも効果が強くなる訳ではないのでご注意ください。
途中で使用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。
使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

クロトリマゾール

クリームやジェル、ローションなどの外用薬は、1日2~3回患部に直接塗布してください。
外用薬の効果を求めるには、皮膚が生まれ変わる周期を待つために、最低4週間の使用が推奨されています。
眼球やただれの著しい部分には使用しないでください。
強い効果を求め、決められた用量の倍量を1度に使用する方がいますが、必ずしも効果が強くなる訳ではないのでご注意ください。
途中で使用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。
使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

イトラコナゾール

成人では1日1回食後に100~200mgを服用してください。
爪カンジダ症やカンジダ性爪囲爪炎の場合は、1日1回100mgを服用してください。
経口薬の場合、成分の血中濃度を保つため、できれば決められた時間で服用してください。
強い効果を求め、決められた用量の倍量を1度に使用する方がいますが、必ずしも効果が強くなる訳ではないのでご注意ください。
途中で使用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。
使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

フルコナゾール

成人では1日1回決められた時間に50~100mgを服用してください。
カンジダ膣炎や外陰腟炎の場合、1日1回150mgを服用してください。
経口薬の場合、成分の血中濃度を保つため、できれば決められた時間で服用してください。
強い効果を求め、決められた用量の倍量を1度に使用する方がいますが、必ずしも効果が強くなる訳ではないのでご注意ください。
途中で使用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。
使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

テルビナフィン

経口薬の場合、成人では1日1回食後に125mgを服用してください。
外用薬の場合、1日1回就寝前などに患部に直接塗布してください。
外用薬の効果を求めるには、皮膚が生まれ変わる周期を待つために、最低4週間の使用が推奨されています。
強い効果を求め、決められた用量の倍量を1度に使用する方がいますが、必ずしも効果が強くなる訳ではないのでご注意ください。
使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。
薬の用量が多い場合は、当サイトで取り扱っているピルカッターでカットし、半分量として服用してください。

カンジダ症治療薬の副作用・注意点

イミダゾール系抗真菌薬は蕁麻疹、発赤、刺激感、紅斑、刺激感、発疹、皮膚のべとつき感、水胞といった副作用が発生する場合があるので、使用する際にはこれらの症状に対しての注意を払う必要があります。
またトリアゾール系抗真菌薬は下痢、発疹、浮腫といった軽度の症状に始まり、中毒性表皮壊死融解症のような重篤な副作用が発生する場合もあるので、服用時には注意が必要です。
アリルアミン系抗真菌薬の副作用として、外用薬は接触性皮膚炎といった軽度なものが基本になりますが、内服薬は肝障害、汎血球減少、横紋筋融解症といった重篤な副作用の可能性があります。
3つのタイプの中でも特に強い効果を発揮するアリルアミン系ではありますが、内服薬を使用する際にはより一層の注意を払いながら使用する必要があります。

軽い副作用は効果のあらわれ?

抗真菌薬を使用した際に発生する軽微な副作用は、抗真菌薬に含まれている成分がカンジダ菌などの真菌に加え、そのほかの常在菌にもダメージを与えることで起こるものです。
たとえば腹痛は腸内の常在菌にダメージがもたらされるためと考えられます。
副作用が確認されることで、薬が効いているという合図と捉えることができます。
また、副作用が起こったからといって命に関わるものではなく、一時的なものであるため心配はいりません。
しかし、症状が重い場合や長引く場合には直ちに医療機関で診察を受けてください。

カンジダ症治療薬の併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はカンジダ症治療薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
カンジダ症治療薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はカンジダ症治療薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

・ハルシオン
これらの薬剤の肝臓における主たる代謝酵素であるCYP3A4を阻害し、併用によりこれらの薬剤の血中濃度が上昇する恐れがあります。
・エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン
併用によりこれらの薬剤の血中濃度が上昇し、血管れん縮を引き起こす恐れがあります。
・ED治療薬 シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィル
本剤のCYP3A4阻害作用により、これらの薬剤の代謝が阻害され、血中濃度が上昇する恐れがあります。
・ピモジド、キニジン、ベプリジル
本剤のCYP3A4阻害作用により、これらの薬剤の代謝が阻害される恐れがあります。

併用注意薬

・シメチジン、リファンピシン
併用により、治療薬の血中濃度が上昇する恐れがあるため、併用時には注意が必要となります。
・三環系抗うつ薬
併用により、併用している医薬品の血中濃度が上昇する恐れがあるため、併用時には注意が必要となります。
・経口避妊薬
月経異常が現れる恐れがあるため、併用時には注意が必要となります。
・シクロスポリン
併用により、シクロスポリンの血中濃度が低下する恐れがあるため、併用時には注意が必要となります。

カンジダ症治療薬を服用してはいけない方

・カンジダ症治療薬の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・重篤な肝機能障害を発症している方
・汎血球減少症をはじめとする血液障害を発症している方
・妊娠、または妊娠している可能性のある方、授乳中の方
・小児
・高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意が必要

カンジダ症治療薬の豆知識

カンジダ症の再発を防ぐには、普段の生活に気をつけるということを徹底するのが一番です。
例えば、体内のカンジダ菌を活性化させないよう食事に気をつけることです。
単糖(主に自然界に存在する糖分)を好む性質があるので、特に体の免疫力が落ちているときなどはフルーツ、ハチミツなどを控えてください。
また、もしもの場合に備えて通販を利用してクリームを常備薬として購入しておくこともお薦めです。

カンジダ症治療薬の偽物に注意

カンジダ症は、特に女性の場合は一生に一度は発症すると言われているほど、私たちに身近な病気とされています。
また、一度発症してしまうと再発することが多いというのも特徴です。
日本はもとより、世界的に見ても同じような状況があります。
カンジダ症を治療し、再発した場合には速やかに症状を抑えることができる治療薬の需要は世界的に見ても高いといえます。
需要が高さから、カンジダ症治療薬の正規品と偽っている偽物を販売するような業者も存在しています。
信用できない通販サイトを利用すると、カンジダ症の治療効果はなく、それどころか体調不良やさまざまな感染症を引き起こす可能性がある危険な品物が送られてくる可能性があります。
そのため、通販でカンジダ症の治療薬を購入する際には、信頼性の高い通販サイトを利用するなど、確実に正規品が手に入ると考えられるサイトを利用することが大切です。

カンジダ症治療薬に関するよくある質問

Q.カンジダ症治療薬の通販は違法?
A.ネット通販で海外製の医薬品を購入する、いわゆる個人輸入は決して違法なものではありません。
厚生労働省では、個人での使用に限って認めるとしています。
カンジダ症の治療薬も個人輸入をすることが可能です。

Q.カンジダ症治療薬を病院や個人輸入を使用せずに購入する方法はある?
A.ドラッグストアで一般用医薬品として販売されているものがあります。
医師の処方箋は不要で、クリームタイプの外用薬や錠剤タイプの内服薬、膣剤(膣に挿入する座薬タイプ)などを購入することができます。

Q.カンジダ症が完治したかどうかの確認方法は?
A.症状が消えれば完治したと見なされます。
性器周辺のかゆみが治まって赤みや腫れが引き、オリモノが正常に戻ったことが自覚できた段階で治療は完了となります。
とはいえ、再発することもあるので注意が必要です。
その後の生活に気をつけ、もしものために薬を常備しておくと安心です。

Q.カンジダ症治療薬の服用量を増やせば早く治る?
A.カンジダの治療薬に限らず、定められた量以上の医薬品を服用することはお薦めできません。
たとえばカンジダ症の場合も、クリームの塗布量を増やしたり飲む錠剤の量を増やしたりしたからといって症状が早めに治まることはなく、逆に副作用が起こる可能性が高まります。

Q.カンジダ症治療薬は常に服用してたら性病にならない?
A.クリームタイプや錠剤タイプのカンジダ症治療薬は、あくまでも原因となるカンジダ菌が体内で増えたときに効果を発揮する医薬品です。
通常の状態で服用しても特に意味はありません。
また、カンジダ症治療薬は抗真菌薬であり、細菌やウィルスが原因となる性病に対しては予防・治療効果はありません。
カンジダは、免疫力を維持する健康的な生活で予防することができます。