上へ
戻る

カテゴリ

トリコモナス治療薬

トリコモナスはトリコモナス原虫が性器内に侵入し、炎症を起こす性病です。 少しでも違和感を覚えたら治療薬で改善していくことが大切です。

トリコモナスの商品一覧

トリコモナスとは

トリコモナスはトリコモナス原虫と呼ばれる原生生物が体内に入り込むことによって発症する性感染症です。
トリコモナス原虫が身体に入りこんだ後、7~10日ほどの潜伏期間を挟んで症状が現れます。
男性の場合は自覚症状がほとんど現れませんが、女性の場合は以下のような症状が見られます。
・性器やその周辺の炎症
・悪臭を伴う黄色がかったオリモノの発生
・性行為や排尿時の痛みや不快感
・下腹部の痛み
これらの症状が見られた場合には、適切な方法で治療を開始してください。

トリコモナスの原因・感染経路

トリコモナスの原因と感染経路としては、大きく分けて以下のものがあります。
・性行為
トリコモナスに寄生された人物とのコンドームを使わない性行為によって感染します。
・公衆浴場やプール
水場に生息するトリコモナス原虫がお風呂やプールで感染するケースがあります。
・ピンポン感染
トリコモナスは、特に男性は自覚症状が出にくく気づきにくい病気です。
男女間の性行為でトリコモナスの感染が見られたとき、女性は治療したが男性は治療しなかったケースが見られます。
そのまま2人が性行為に及び、せっかく完治した女性が再び感染してしまう、ピンポン感染が起こることがあります。

トリコモナスの種類

主に人や様々な動物に寄生しているトリコモナス原虫ですが、種類が非常に多いのが特徴です。
その中でも人に寄生するものは以下の3種類です。
・膣トリコモナス
・口腔トリコモナス
・腸トリコモナス
それぞれ別の種類で、名前の通り感染する場所が違います。
性感染症として病原性のあるものは膣トリコモナスで、主に性病のトリコモナスはこれを指します。
男性が感染するとトリコモナス症と呼ばれ、女性が感染すると膣トリコモナス症、トリコモナス膣炎と呼ばれます。
口の中に寄生する口腔トリコモナスは、歯周病の方の歯垢の中に寄生している場合があります。
大腸の中に寄生する腸トリコモナスは発症すると極まれに、トリコモナス腸炎に発展することがあります。
口腔トリコモナスと腸トリコモナスは病原性は強くなく、体内常在菌として存在することが多く、感染しても重症化することはありません。
人以外ではトリ、猫、犬、牛などに感染し、ハトトリコモナス、ウシ胎仔トリコモナスなどの種類があります。

トリコモナスの合併症

トリコモナス症、膣トリコモナス症を発症しても大きな症状がなかったために放置した場合、様々な合併症を発症する恐れがあります。
■男性の合併症
・尿道炎
・前立腺炎
・膀胱炎
・精巣上体炎
尿道内に入り込んだトリコモナスが尿道内で増殖することによって、軽度の尿道炎を発症する恐れがあります。
そしてその後、さらに体の奥深くへトリコモナスが進行していくことにより、前立腺炎や膀胱炎、精巣上体炎といった症状を発症する可能性があります。

■女性の場合
・膣炎
・尿道炎
・膀胱炎
・排尿障害
・不妊症
・早産や流産
膣に寄生したトリコモナスが子宮や尿道、膀胱に進行することによって、上記のような症状を引き起こします。
また子宮や卵巣といった器官に進行することによって、不妊症や早産、流産を引き起こす可能性もあります。

トリコモナスの症状

トリコモナスの特徴は、男性に自覚症状がほとんど見られない一方、女性は症状が重くなりがちです(ただし女性も半数は無自覚)。
ただし、女性はもちろん男性の場合も症状が軽い、かゆみがほとんどないなら治療しなくてよいとイコールにはなりません。
のちのち合併症を引き起こす危険性もあるため、兆候がある場合はすみやかに治療する必要があります。

男性の場合の症状と感染部位

男性がトリコモナスを発症する確率は低く、また発症者の90%以上に一切の自覚症状が現れません。
ただし、以下のような軽微な症状が現れることがあります。
・尿道からの微量な分泌物の発生
・尿道のかゆみ
・排尿時の痛みや違和感
男性がトリコモナスを発症しにくいのは、トリコモナス原虫が尿道に侵入しても尿で排出され、発症を未然に防ぐことができるからです。
ただし、原虫が尿道内に残った場合には、自覚症状がなかったり気のせいで済ますような軽微な症状に留まったりしていても、確実に体はむしばまれています。
また、性行為や水場での接触によって、他人にトリコモナスを感染させる可能性もあります。
さらに、トリコモナスに感染しているときはHIVの感染率が上がるとも言われています。
ちょっとした症状が見られた場合には気のせいで済ますことなく、きちんと検査・治療を行う必要があります。

女性の場合の症状と感染部位

女性の膣トリコモナス症は、男性のトリコモナス症に比べて発症率が高く、自覚症状が現れやすいとされています。
特に、以下のような症状が見られます。
・性器のかゆみや痛み
・外陰部の腫れやただれ
・膣内部の発熱感
・排尿時、性行為時の痛みや不快感
・不正出血やオリモノの増加
増加するオリモノは、腐敗臭をはらんだ黄色い泡状のもののため、見分けやすい特徴があります。
また、上記のような症状を引き起こす膣トリコモナス症は、やがて膣の奥の子宮や卵管に至って炎症を引き起こし、不妊症などの原因になることもあります。
また、男性の場合と同じくHIVの感染率が上がってしまうのも要注意ポイントです。
女性も感染者の半数は症状が現れないのがトリコモナス症です。
治療を怠っていると思わぬ病気を引き起こすこともあるので、ちょっとした症状でも見逃すことなく速やかに検査や治療を進めてください。

トリコモナス症と似ている症状

トリコモナス症と似ている症状に、カンジダ症があります。
性器のかゆみや排尿時の痛み、炎症など、カンジダ症と似た症状が出る事があります。
症状が進行すると、オリモノが黄色い泡状で強い腐敗臭になるとカンジダ症とは違うとわかるようになります。
トリコモナス症は原虫、カンジダ症は常在菌と原因となるものがそれぞれ違い、治療薬も別のものになるため注意が必要になります。
誤った判断をしないように気になる場合は、医師に相談するようにしてください。

トリコモナスになったときの注意点

注意点として以下の2点があります。
・自覚症状がほとんどない場合もきちんと治療すること
・ピンポン感染に気をつけること
トリコモナスは男女ともに自覚症状が見られない、兆候はあったがしばらくしたら症状が見られなくなったなどのパターンがありますが、治療が必要ないわけではありません。
自覚症状がないままに病気が進行してしまうことも考えられます。
またこれに関連して、症状が現れて治療を受ける際にはパートナーが無症状だとしても必ず2人ともに治療をする必要があります。
Aさんは治療したもののB君は治療しなかった場合、2人が性行為をした場合、せっかく治療したAさんがまた感染してしまうピンポン感染が起こる可能性があります。

トリコモナスの治療方法

自覚症状や心当たりがあるならば、すぐに性感染症の検査をしてください。
検査の結果でトリコモナスの陽性反応が出た際には治療薬での治療を進めることになります。
トリコモナスの治療薬は抗原虫薬や抗菌薬と呼ばれる種類の医薬品で、寄生虫や原虫、病原菌感染を治療するものです。

医療機関

トリコモナスの治療は、泌尿器科や性病科、女性の場合は婦人科のクリニックといった医療機関で受けることができます。
症状について医師と話し合う問診、実際に患部を診てもらう内診、具体的な状態をチェックする検査が行われ、治療薬が処方されることになります。
医療機関で行われる一連の治療には健康保険が適用され、3割負担で治療を進めていくことができます。
ただし、特に性病科クリニックの中には保険を適用しない自由診療を基本としているところがあるので(記録に残さずに治療したい方向けのクリニック)、あらかじめ確認したうえで受診することをお薦めします。

治療薬を処方してもらう

医療機関で処方されるのは、フラジール、ハイシジン(ファシジン)などの抗トリコモナス薬です。
トリコモナス原虫を死滅させることで治療します。
内服薬として処方されるのが一般的ですが、特に女性の場合、症状がある程度進んでいるときにはより速やかに完治させるために膣剤が処方されることもあります。
膣に挿入するタイプの医薬品です。

トリコモナス治療薬の効果

トリコモナス治療薬には主に2種類の有効成分があります。
・メトロニダゾール
・チニダゾール
人間の体内の免疫作用だけでは治療しきれないトリコモナス原虫という微生物を殺虫する効果があり、更に抗原虫・抗菌・殺菌作用もあります。

通販で購入できるトリコモナスの治療薬

トリコモナス治療薬は、医薬品の通販サイトで購入する事ができます。
医療機関でも処方されるフラジールやハイシジン(ファシジン)、またチニバと呼ばれる医薬品も購入できます。
先発薬だけでなく、より価格が安いジェネリック医薬品も選べるのが通販ならではの特徴です。

フラジール

フラジールは、サノフィ社が製造・販売するトリコモナス治療薬です。
有効成分のメトロニダゾールは、トリコモナス原虫に対して殺虫作用があります。
トリコモナスの他にもアメーバ赤痢、嫌気性菌感染症など多くの感染症に対しても有効とされ、耐性菌もできにくい特徴があります。
通販では、用量500mgの20錠入りパッケージが2,200円前後(1錠あたり112円)で購入できます。

ファシジン

ファシジンはファイザー社が製造・販売するトリコモナス治療薬です。
有効成分のチニダゾールは、トリコモナス原虫に対して殺虫作用があります。
トリコモナスの他にも嫌気性菌などの感染症に対しても有効とされます。
通販では、用量500mgの100錠入りパッケージが4,700円前後(1錠あたり47円)で購入できます。

チニバ

チニバは、ザイダスカディラ社が製造・販売するトリコモナス治療薬です。
チニダゾールを有効成分とするファシジンのジェネリック医薬品です。
トリコモナスの他にも嫌気性菌などの感染症に対しても有効とされます。
通販では、用量500mgの100錠入りパッケージが3,600円前後(1錠あたり36円)で購入できます。

トリコモナス治療薬の服用方法

商品によっては飲み方が異なります。
服用する際には成分をご確認のうえ、注意して服用してください。

チニダゾール

1回200mg、1日2回を7日間継続で服用する、もしくは2,000mgを1回服用してください。
1度で服用する場合は用量を2000mg服用するように錠数を調整してください。
水、またはぬるま湯で服用してください。
服用後、症状が改善できない場合は最低でも1週間の期間を空けて再度服用してください。
腎機能が低下している方は血中濃度が持続するおそれがあるため、用量、服用間隔に注意し服用してください。
妊婦、妊娠の可能性がある女性は服用しないでください。

メトロニダゾール

血中濃度を一定に保つため、毎日決まった時間帯に服用してください。
トリコモナス症に用いる場合、1日250mgを2回、10日間の服用を継続してください。
水、またはぬるま湯で服用してください。
用量に応じてピルカッターで半分にして服用してください。
服用する場合には、成分の耐性菌の発現を防ぐため、原則として感受性を確認した上で、治療上必要な最小限の期間の投与にとどめるようにしてください。
嫌気性菌感染症には1回500mgを1日3~4回の服用してください。
感染性腸炎には1回500mgを1日3回または、1回250mgを1日4回、10日~14日間の服用を継続してください。
細菌性腟症には1回500mgを1日2回、または、1回250mgを1日3回、7日間の服用を継続してください。

トリコモナス治療薬の副作用・注意点

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはトリコモナス治療薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。
トリコモナス治療薬としては、メトロニダゾールを有効成分とするフラジール、チニダゾールを有効成分とするファシジンやそのジェネリック医薬品が主なものとして挙げられます。
2種類共通の副作用として、発疹、下痢、食欲不振、腹痛、頭痛、舌苔といった症状が報告されています。
・フラジール(メトロニダゾール)
胃部不快感、そう痒感、味覚障害、うつ症状といった副作用が報告されています。
頻度不明の重篤な副作用として、末梢・中枢神経障害、無菌性髄膜炎、急性膵炎、肝機能障害などが報告されています。
・ファシジン・チニバ(チニダゾール)
嘔吐、悪心、倦怠感、口渇といった副作用が報告されています。
また、いずれの医薬品も服用中はアルコールを控える必要がある点に注意してください。
腹部の疝痛、嘔吐、顔の紅潮などの症状が見られることがあるので、服用中はもちろん服用後も3日間ほどはアルコールを控えるべきとされています。

軽い副作用は効果のあらわれ?

トリコモナス治療薬の服用によって重度の副作用が現れた場合には病院で医師に相談する必要がありますが、腹痛や下痢といった軽度の消化器系の症状は特に心配する必要はありません。
これらの症状は、主に腸内環境を整える働きがある善玉菌が抗生物質の作用によって殺菌される過程で発生するものです。
いわば、有効成分が体内に正常に吸収され作用しているという現れであるといえます。
ちなみに、腹痛、下痢などの副作用は市販の整腸剤を併用することで抑えることが可能です。

トリコモナス治療薬の併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はトリコモナス治療薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
トリコモナス治療薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はトリコモナス治療薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

2018年現在、フラジールやファシジンをはじめとするトリコモナス治療薬に、併用禁忌薬は指定されていません。
併用注意薬にさえ気をつけていれば、別の病気を治すために薬を服用しつつトリコモナスを治療することができます。
ただし、併用禁忌薬が今後一切存在しないとは言い切れません。
後の研究により併用禁忌と判明する医薬品が現れる可能性はゼロではなく、また今後開発される新薬の中に併用禁忌薬が出てくる可能性もゼロではありません。
特に医師の診察を受けずに通販で購入したトリコモナス治療薬を服用する場合には、その時点で併用禁忌薬が無いかきちんと確認する作業が欠かせません。
併用禁忌薬の有無を確認するには、医薬品の添付文書をチェックする方法があります。
医薬品の情報を詳細に記した添付文書はインターネット上で公開されており、適宜、更新されています。
服用の前はチェックすることをお薦めします。

併用注意薬

トリコモナス治療薬の主な併用注意薬として以下のものが定められています。
・リトナビル含有製剤
HIVウィルスやC型肝炎ウィルスの活動を抑えるリトナビルを含む医薬品は、トリコモナス治療薬と併用することで、血中アセトアルデヒド濃度を上昇させ体調不良を引き起こす可能性があります。
・ジスルフィラム
アルコール中毒の治療薬の有効成分ジスルフィラムは、トリコモナス治療薬との併用により精神錯乱などの精神症状を引き起こす可能性があります。
・ワルファリン
血液凝固を防いで脳梗塞などを予防する効果があるワルファリンは、トリコモナス治療薬との併用で効果が強くなりすぎ、出血などの症状が現れる可能性があります。
・リチウム
躁うつ病の治療薬に含まれるリチウムは、トリコモナス治療薬との併用でリチウム中毒を引き起こす可能性があります。
意識がもうろうとしたり言葉がうまく話せなくなったりするほか、血圧が以上に低下したり不整脈が起こったりする可能性があるので要注意です。
・フェノバルビタール
抗てんかん薬に含まれるフェノバルビタールは、トリコモナス治療薬の効果を半減させる可能性があります。

トリコモナス治療薬を服用してはいけない方

・過去にメトロニダゾール、チニダゾールの服用でアレルギーを発症した方
・脳や脊髄に疾患がある方
・妊娠3ヶ月以内、もしくは妊娠の可能性がある女性の方

トリコモナス治療薬の豆知識

トリコモナス治療薬は、トリコモナスだけでなくヘリコバクターピロリ菌による慢性胃炎、また様々な細菌による感染性の腸炎といった感染症の治療に使用できます。
ただし、症状によって用法用量が異なる場合があるので、必ず事前に確認してください。

トリコモナス治療薬の偽物に注意

トリコモナス治療薬は優れた作用を持つ医薬品であり、さらにトリコモナス以外の感染症に使用できる場合もあるため高い需要を誇ります。
その反面、粗悪品や偽物が出回りやすい薬でもあります。
また、病気の性質から他人に打ち明けづらいので通販を利用するという人が多いというのもポイントです。
そんな需要の高さに目をつけた悪徳業者が製造した偽物が、ネット上で出回っているので要注意です。
医薬品通販サイトでも本物と銘打って偽物の商品が販売されているケースが見られます。
治療効果がないことはもちろん、偽物に含まれている成分によって別の病気を発症するリスクもあります。
トリコモナス治療薬を通販で購入する場合には、正規品の取り扱いを保証する信頼の置ける通販サイトを利用するのが大切です。

トリコモナス治療薬に関するよくある質問

Q.トリコモナス治療薬の通販は違法?
A.通販サイトを使って購入できる医薬品は海外製のものですが、個人で使用する場合に限り、法律でも個人輸入が認められています。
その点で不安に思う必要はありません。
ただし、通販であってもあくまで個人輸入が基本であることには留意してください。

Q.トリコモナス治療薬を病院や個人輸入を使用せずに購入する方法はありますか?
A.ありません。
国内で流通するトリコモナス治療薬は、医師の処方箋が必要な医療用医薬品のみです。
海外で流通するトリコモナス治療薬は処方箋なしで購入できますが、こちらは通販を利用するしかありません。
また、ドラッグストアで購入できる処方箋無用の一般用医薬品はありません。

Q.トリコモナスが完治したかどうかの確認方法は?
A.自覚症状と他覚症状の消失で判断します。
つまり、トリコモナス治療薬を使用した結果、自分で見ても他人から見ても症状が認められなくなったときに完治と言うことになります。
また、クリニックで確認する方法もあります。
症状が無くなったあと、最初の月経のタイミングで検査してトリコモナス原虫の有無をチェックする方法です。

Q.トリコモナス治療薬の服用量を増やせば早く治る?
A.治療速度が早まることはありません。
トリコモナス治療薬は体内の菌を駆除する作用があるため、過剰服用を行った場合には必要な常在菌も駆除されてしまうことで副作用が強まってしまう危険性があります。
また、薬の量でトリコモナス原虫の駆除速度が上がるわけでもないので、治療薬の過剰摂取は意味のある行動とは言えません。

Q.トリコモナス治療薬は常に服用していれば性病にならない?
A.健康なときにトリコモナス治療薬を服用しても意味はありません。
むしろ、日ごろからトリコモナス原虫にダメージを与える医薬品を服用し続けることで、薬に耐性を持つ原虫が生まれてしまう可能性もあります。
必ず症状が現れてから服用することを心がけてください。