上へ
戻る

カテゴリ

キャンピシリン

キャンピシリン
適応症 淋菌・梅毒・赤痢菌・咽頭炎・麦粒腫・副鼻腔炎
有効成分・原材料 アンピシリン
メーカー ザイダスカディラ
発送国 シンガポール・インド

キャンピシリンとは

キャンピシリンはビクシリンのジェネリック医薬品の抗生物質です。 オレンジ色でカプセル錠の錠剤が特徴で、淋病といった感染症に悩む方に処方されている知名度の高い医薬品のため、病院や検査キットで病名が判明した方にお薦めです。

キャンピシリンの効果・作用機序

キャンピシリンの有効成分であるのアンピシリンは、細胞が自らの形状を維持するために必要となる、ペプチド転移酵素と結合して細胞壁を生成を抑えることで、細菌の増殖を防ぎ、死滅と抗菌に効果があります。

キャンピシリンの服用・使用方法

1回250~500mgを1日4~6回経口投与することが推奨されています。

キャンピシリンの副作用

発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心、食欲不振

その他にも副作用があるため詳細を見るをご確認ください。

キャンピシリンを服用できない方

・ペニシリン系薬剤に対して過敏症の既往歴のある方
・アンピシリンに対してショックの既往歴のある方
・発疹や蕁麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質の方
・高度の腎臓障害のある方
・経口摂取の不良な方
・高齢者
・妊娠または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方

その他にも服用できない場合があるため詳細を見るをご確認ください。

キャンピシリンの併用禁忌・注意

禁忌

現在報告されておりません。

注意

・避妊薬

その他にも併用禁忌や併用注意があるため詳細を見るをご確認ください。

キャンピシリンの保管方法

・直射日光、多湿、高温を避けてください。
・保管場所を決め誤飲を避けてください。
・容器の移し替えはしないでください。
・箱やシートに記載されている使用期限を守ってください。
・お子様の手の届かないところで保管してください。