上へ
戻る

カテゴリ

ザイロリック

ザイロリック
適応症 痛風・高尿酸値症
有効成分・原材料 アロプリノール
メーカー GSKファーマ
発送国 シンガポール・インド

ザイロリックとは

ザイロリックは痛風、高尿酸値症の治療薬で、厚生労働省から認可を受けており、日本でも多く処方されている医薬品です。
体内の尿酸を減らす効果があり、尿に排出される尿酸が減少するため、尿路結石を合併している方にもお薦めの商品です。

ザイロリックの効果・作用機序

ザイロリックの主成分のアロプリノールは、キサンチンオキシダーゼを阻害活性することにより、人体内でヒポキサンチンからキサンチンを経由し、尿酸の生産を抑え、血中や尿中の尿酸値を低下させます。
また、高尿酸値症を改善することにより、痛風の発作を予防します。

ザイロリックの服用・使用方法

1日200mg~300mgを2~3回に分けて食後に服用します。

ザイロリックの副作用

食欲不振、胃部不快感、全身倦怠感

その他にも副作用があるため詳細を見るをご確認ください。

ザイロリックを服用できない方

・アロプリノールの成分に対して過敏症の既往歴のある方

その他にも服用できない場合があるため詳細を見るをご確認ください。

ザイロリックの併用禁忌・注意

禁忌

現在報告されておりません。

注意

・メルカプトプリン
・ビダラビン
・クマリン系抗凝血剤

その他にも併用禁忌や併用注意があるため詳細を見るをご確認ください。

ザイロリックの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。