上へ
戻る

カテゴリ

アシビルDT

アシビルDT
適応症 ヘルペス・単純疱疹・帯状疱疹
有効成分・原材料 アシクロビル
メーカー シプラ
発送国 香港・シンガポール・インド

アシビルDTとは

アシビルDTはヘルペスウイルスの治療薬で、ゾビラックスのジェネリック医薬品です。ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスなど幅広い症状に悩む方に処方されている知名度の高い医薬品のため、病院や検査キットで病名が判明した方にお薦めです。

アシビルDTの効果・作用機序

アシビルDTの主成分であるアシクロビルは、皮膚真菌症の原因となる真菌の細胞膜を構成する物質であるエルゴステロールの働きを阻害します。それにより血中テストステロン濃度を低下させ真菌の細胞膜の生成を抑えます。特にカンジダ症や水虫などの真菌の増殖を抑える効果が高いです。クリームタイプの外用薬より、体の隅々まで成分がいきわたるため効率良く治療が行えます。

アシビルDTの服用・使用方法

食事に関係なく服用できます。服薬中は普段より多めに水分を補給してください。 単純疱疹(口唇ヘルペス・性器ヘルペス)の場合、1日200mgを5回に分けて服用します。水痘・帯状疱疹の場合、1日800mgを5回に分けて服用します。 推奨されている服用量は症状の種類や状況によって異なります。飲み忘れた場合には、気がついた時点ですぐ1回分を服用してください。ただし、ただし2回分を1度に服用することはできません。次の服用の時間が近づいている場合、1回分を空けて服用サイクルを調整するようにしてください。腎障害のある方や、高齢者は精神神経症状などがあらわれやすいため注意が必要です。

アシビルDTの副作用

発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下

その他にも副作用があるため詳細を見るをご確認ください。

アシビルDTを服用できない方

・アシクロビルあるいはバラシクロビルに対し過敏症の既往歴のある方

その他にも服用できない場合があるため詳しくみるをご確認ください。

アシビルDTの併用禁忌・注意

禁忌

現在報告されておりません。

注意

・プロベネシド
・シメチジン
・テオフィリン

その他にも併用禁忌や併用注意があるため詳しくみるをご確認ください。

アシビルDTの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。