上へ
戻る

カテゴリ

フォーカン

フォーカン
適応症 カンジダ症・クリプトコッカス症・深在性真菌症
有効成分・原材料 フルコナゾール
メーカー シプラ
発送国 シンガポール・インド

フォーカンとは

フォーカンは真菌(カビ)の増殖を抑えるなどの働きがある抗真菌薬で、ジフルカンのジェネリック医薬品です。 カンジダ症に悩む方に処方されている知名度の高い医薬品のため、病院や検査キットで病名が判明した方にお薦めです。

フォーカンの効果・作用機序

フォーカンの主成分であるフルコナゾールは、皮膚真菌症の原因となる真菌の細胞膜を構成する物質であるエルゴステロールの働きを阻害します。 それにより血中テストステロン濃度を低下させ真菌の細胞膜の生成を抑えます。 特にカンジダやクリプトコッカスなどの真菌の増殖を抑える効果が高いです。 クリームタイプの外用薬より、体の隅々まで成分がいきわたるため効率良く治療が行えます。 尚、女性の不感症を改善する効果は一切認めていません。

フォーカンの服用方法

カンジダ症の場合、1日1回50~100mgを服用してください。
クリプトコッカス症の場合、1日1回50~200mgを服用してください。
造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防の場合、1日1回400mgを服用してください。
カンジダ症による膣炎や外陰膣炎の場合、1回150mgを服用してください。

フォーカンの副作用

肝臓機能障害、発疹、消化器障害、頭痛、めまい、腎臓障害、代謝異常、発熱、けん怠感

その他にも副作用があるため詳細をご確認ください。

フォーカンを服用できない方

・フルコナゾールが含まれた医薬品の服用や服用で過去に過敏症の既往歴のある方
・肝障害・腎障害のある
・心疾患又は電解質異常のある方
・妊娠または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方

その他にも使用できない場合があるため詳細をご確認ください。

フォーカンの併用禁忌・注意

禁忌

・ハルシオン
・エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン
・キニジン、ピモジド

その他にも併用禁忌があるため詳細をご確認ください。

注意

・ワーファリン
・フェニトイン、イブプロフェン、フルルビプロフェン
・ロサルタン



その他にも併用注意があるため詳細をご確認ください。

フォーカンの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。