上へ
戻る

カテゴリ

ナプロシン

ナプロシン
適応症 筋肉痛・鎮痛・変形性関節症・肩関節周囲炎・腱・腱鞘炎・外傷後の腫脹・疼痛・痛風発作
有効成分・原材料 ナプロキセン
メーカー アブディイブラヒム
発送国 シンガポール

ナプロシンとは

ナプロシンは解熱鎮痛消炎剤で、ナイキサンのジェネリック医薬品です。
主成分のナプロキセンは炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジンという物質の生合成を抑えて、炎症を鎮めて、腫れや痛みなどの症状を抑えます。

ナプロシンの効果・作用機序

ナプロシンの有効成分であるナプロキセンは、炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジンという物質の生合成を抑え、炎症を鎮め腫れや痛みなどの症状を抑えます。

ナプロシンの服用・使用方法

1日量300~600mgを2~3回に分け、なるべく空腹時を避けて服用してください。
痛風発作には初回400~600mgを服用してください。

ナプロシンの副作用

胃部不快感、胃痛、眠気

その他にも副作用があるため詳細を見るをご確認ください。

ナプロシンを服用できない方

・消化性潰瘍のある方
・重篤な血液の異常のある方
・重篤な肝障害のある方
・アスピリン喘息またはその既往歴のある方

その他にも服用できない場合があるため詳細を見るをご確認ください。

ナプロシンの併用禁忌・注意

禁忌

・他の中枢神経抑制剤
・アルコール
・オピオイド

注意

現在報告されておりません。

その他にも併用禁忌、併用注意があるため詳細を見るをご確認ください。

ナプロシンの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。