上へ
戻る

カテゴリ

クラミジア検査キット

クラミジア検査キット
カテゴリー STD(性感染症)検査キット・クラミジア検査キット
有効成分・原材料 抽出緩衝溶液A/抽出緩衝溶液B
メーカー Liming Bio Products
発送国 香港

クラミジア検査キットとは

クラミジア検査キットは、自宅で淋病の検査が行える検査薬です。
クラミジアは日本国内で最も感染者が多い性感染症です。
自覚症状が無いため、気づかずにいると危険性が高くなってしまいます。
自宅で簡単に検査ができるため、病院に行かずに検査することができます。

クラミジア検査キットの効果・作用機序

クラミジア検査キットは、検体を採取し、その検体を検査することにより、病院に行かずに自宅でクラミジアの検査ができます。

クラミジア検査キットの服用・使用方法

・男性

検体を摂取する1時間前に排尿を済ませてください。
付属の綿棒を尿道に3cm挿入し、5秒程度回転させて検体を採取します。

・女性

付属の綿棒を膣内の奥まで挿入します。
子宮頸管辺りまでが14cmとなるため、綿棒の根本まで挿入してください。
綿棒を20秒程度回転させて検体を採取します。
検体が準備できたら、水平なところにワークステーションを置き、抽出チューブをセットしてください。
抽出緩衝溶液Aを8滴、チューブに入れ、抽出チューブに検体の付いた綿棒を浸して、反時計回りに2分間、10回綿棒を回転させます。
抽出チューブの内側で液体を絞りながら、綿棒を一旦取り出し、抽出チューブに抽出緩衝溶液Bを8滴を入れ、同じ方法で1分間、10回綿棒を回転させてください。
多くの液体がチューブ内に残るように綿棒を取り出します。
テストカセットを水平なところに置き、抽出チューブから検体液体を3滴垂らします。
15分ほどで結果が現れます。
20分以上経過したものは無効です。
性行為後、48時間は検査を行わないでください。

クラミジア検査キットの副作用

現在報告されておりません。

クラミジア検査キットを服用できない方

現在報告されておりません。

クラミジア検査キットの併用禁忌・注意

禁忌

現在報告されておりません。

注意

現在報告されておりません。

クラミジア検査キットの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・箱や容器に記載されている使用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は使用しないでください。