上へ
戻る

カテゴリ

パキシル

パキシル
適応症 うつ病・不安障害
有効成分・原材料 パロキセチン塩酸塩水和物
メーカー GSKファーマ
発送国 香港

パキシルとは

パキシルはうつ病や不安障害の治療薬で、厚生労働省から認可を受けており、日本でも多く処方されている医薬品です。
白い丸形の錠剤で、うつ病や不安障害以外にも、パニック障害や外傷後ストレス障害の治療にも用いられており、うつ病の症状にお悩みの方にお薦めです。

パキシルの効果・作用機序

パキシルの有効成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、不足したセロトニンの働きを高め、心のバランスを保つことで、うつ病の症状を改善する効果があります。

パキシルの服用方法

1日1回夕食後に服用してください。
・うつ病・うつ状態の場合
1回10mg~20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日40mgを超えないよう調節してください。
・社会不安障害の場合
1回10mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日40mgを超えないよう調節してください。
・パニック障害の場合
1回10mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日30mgを超えないよう調節してください。
・強迫性障害の場合
1回20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日50mgを超えないよう調節してください。
・外傷後ストレス障害の場合
1回10mg~20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日40mgを超えないよう調節してください。

パキシルの副作用

めまい、口渇、けん怠感、発汗

詳細を見るをご確認ください。

パキシルを使用できない方

・本剤に対して過敏性素因のある方
・MAO阻害剤を投与中の方
・ピモジドを投与中の方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方
・18歳未満の方

詳細を見るをご確認ください。

パキシルの併用禁忌・注意

禁忌

・MAO阻害剤
・ピモジド

注意

・アルコール
・三環系抗うつ剤
・抗不整脈剤

詳細を見るをご確認ください。

パキシルの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。