上へ
戻る

カテゴリ

ガラマー

ガラマー
適応症 アルツハイマー型認知症
有効成分・原材料 ガランタミン
メーカー サンファーマ
発送国 香港・インド

ガラマーとは

ガラマーはレミニールのジェネリック医薬品で、アルツハイマー型認知症の治療薬です。
主成分のガランタミンは、コリンエステラーゼの活性を低下させることで脳内のアセチルコリンの濃度を増加させ、アルツハイマーの症状を改善させる効果があります。

ガラマーの効果・作用機序

ガラマーの主成分のガランタミンなは、コリンエステラーゼの活性を低下させることで脳内アセチルコリン濃度を増加させ、アルツハイマーの症状を改善させる効果があります。
アセチルコリンに対しての感受性を高めることで伝達がスムーズになり、脳が次第に正常な記憶や判断を行うことが可能になります。

ガラマーの服用方法

1日8mg、1回4mgをから服用を開始してください。
4週間後に1日16mg、1回8mgに増量して服用してください。

ガラマーの副作用

悪心、嘔吐、食欲不振

詳細を見るをご確認ください。

ガラマーを使用できない方

・スキサメトニウム
・ムスカリン性コリン受容体作動薬
・アミトリプチリン

詳細を見るをご確認ください。

ガラマーの併用禁忌・注意

禁忌

現在報告されておりません。

注意

・スキサメトニウム
・ムスカリン性コリン受容体作動薬
・アミトリプチリン

詳細を見るをご確認ください。

ガラマーの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。