上へ
戻る

カテゴリ

テンビルEM

テンビルEM
適応症 HIVウイルス・B型肝炎ウイルス(増殖抑制)
有効成分・原材料 テノホビルジソプロキシルフマル/エムトリシタビン
メーカー シプラ
発送国 香港・シンガポール・インド

テンビルEMとは

テンビルEMはHIVウイルス、B型肝炎ウイルスの医薬品で、国内で処方されているツルバダと同一成分が含まれているジェネリック医薬品です。
逆転写酵素阻害薬という部類で、ウイルスの増殖を阻害する抗ウイルス作用があります。

テンビルEMの効果・作用機序

テンビルEMの主成分であるテノホビルジソプロキシルフマルとエムトリシタビンは、結果的にDNA鎖伸長を停止させることによりHIV-1逆転写酵素の活性を阻害します。
この2つの主成分は逆転写酵素阻害薬の部類であり、ウイルスの増殖を阻害し、ウイルスが減少するとともに、免疫力が回復させる働きが期待できます。

テンビルEMの服用・使用方法

成分の血中濃度を一定に保つために毎日決まった時間に服用してください。
1日1回1錠を服用してください。
テンビルEMはテノホビルおよびエムトリシタビンの固定用量を含有する配合薬です。
テノホビル、またはエムトリシタビンの用法・用量の調節が必要な場合、それぞれの成分を個別で服用してください。

テンビルEMの副作用

栄養障害、精神障害、神経障害、呼吸器障害、胃腸障害、皮膚障害

その他にも副作用があるため詳細を見るをご確認ください。

テンビルEMを服用できない方

・テノホビルジソプロキシルフマル、エムトリシタビンが含まれた医薬品の服用で過去に過敏症の既往歴のある方
・妊娠または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方
・小児

その他にも服用できない場合があるため詳細を見るをご確認ください。

テンビルEMの併用禁忌・注意

禁忌

現在報告されておりません。

注意

・ジダノシン
・アタザナビル硫酸塩
・ロピナビル、リトナビル

その他にも併用禁忌や併用注意があるため詳細を見るをご確認ください。

テンビルEMの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を必ず厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。