上へ
戻る

カテゴリ

パリエット

パリエット
適応症 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎・吻合部潰瘍
有効成分・原材料 ラベプラゾール
メーカー エーザイ
発送国 シンガポール

パリエットとは

パリエットは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、吻合部潰瘍の治療薬です。
主成分のラベプラゾールは、胃酸の分泌を抑え、胃炎や潰瘍の治りを良くして痛みを和らげる効果があります。

パリエットの効果・作用機序

パリエットの主成分のラベプラゾールは、酸分泌細胞の酸性領域で活性体となり、プロトンポンプの活性を阻害し胃酸の分泌を抑えます。
胃酸の分泌を抑えることで、胃炎や潰瘍の治りを良くして痛みを和らげる効果があります。
また、様々な胃病変の原因菌のヘリコバクターピロリの除菌を行います。

パリエットの服用・使用方法

症状により服用量が異なりますが、食前に服用してください。
1回10~20mgを1日1回服用します。

パリエットの副作用

便秘、下痢、軟便

その他にも副作用があるため詳細を見るをご確認ください。

パリエットを服用できない方

・ラベプラゾールの成分に対して過敏症の既往歴のある方
・アサザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を服用している方

その他にも服用できない場合があるため詳細を見るをご確認ください。

パリエットの併用禁忌・注意

禁忌

・アタザナビル硫酸塩
・リルピビリン塩酸塩

注意

・ジゴキシン
・イトラコナゾール
・水酸化アルミニウムゲル

その他にも併用禁忌や併用注意があるため詳細を見るをご確認ください。

パリエットの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。