上へ
戻る

カテゴリ

リバビリン

リバビリン
適応症 肝臓病・C型慢性肝炎
有効成分・原材料 リバビリン
メーカー Mepro Pharma
発送国 香港・シンガポール

リバビリンとは

リバビリンはC型慢性肝炎ウイルス血症の改善薬です。
ウイルスに取り込まれウイルスの複製を阻害し、免疫を調整することで抗ウイルス作用を示します。
インターフェロンなど他の抗ウイルス薬と併用することをお薦めします。

リバビリンの効果・作用機序

主成分のリバビリンはC型肝炎ウイルスの遺伝子複製に必要なRNAポリメラーゼ酵素を阻害し、RNAの複製を防ぎます。
さらに、免疫を調節することで抗ウイルス作用を示します。
単剤では治療できないためインターフェロンなどの他の抗ウイルス薬と併用することをお薦めします。

リバビリンの服用・使用方法

1日2回朝食、夕食後に服用してください。
体重により服用する用量は異なります。

リバビリンの副作用

発熱、倦怠感、頭痛

その他にも副作用があるため詳細を見るをご確認ください。

警告

・リバビリンでは催奇形性が報告されているため、妊婦または妊娠nしている可能性のある方は服用しないこと。
・リバビリンでは精液中への移行が否定できないことから、パートナーが妊婦の男性が服用する場合には、警告厳守すること
・リバビリンでは催奇形性および精巣・精子の形態変化が報告されているため、妊娠する可能性のある女性およびパートナーが妊娠する可能性のある男性が服用するバアには避妊を行うこと。

リバビリンを服用できない方

・リバビリンの成分または他のヌクレオシドアナログに対して過敏症の既往歴のある方
・妊娠、妊娠している可能性のある方、授乳中の方
・異常ヘモグロビン症のある方

その他にも服用できない場合があるため詳細を見るをご確認ください。

リバビリンの併用禁忌・注意

禁忌

現在報告されておりません。

注意

・ヌクレオシドアナログ
・ジドブジン
・アザチオプリン

その他にも併用禁忌や併用注意があるため詳細を見るをご確認ください。

リバビリンの保管方法

・直射日光や高温多湿は避け、冷暗所で保管してください。
・半分にして服用した錠剤は密封して保管し、なるべく早く服用してください。
・箱やシートに記載されている服用期限を厳守してください。
・お子様の手の届かない所で保管してください。
・本人以外は服用しないでください。