上へ
戻る

カテゴリ

メンタル・脳(機能)

精神病、精神障害とはメンタルや脳の病的な状態のことを指し、外傷疾患や、遺伝などの内因性のものがあります。
治療薬を用いることにより、症状を和らげることが可能です。

メンタル・脳(機能)の商品一覧

不眠症・睡眠薬

メンタル(精神)の治療薬とは?

メンタル治療薬は向精神薬や抗精神病薬と呼ばれる医薬品です。
メンタル治療薬の効果としては、脳の中枢神経系に対して働き、精神活動に何かしらの影響を与えるという効果を持っています。
心療内科など精神面の疾患を治療するのに用いる医薬品のことを指しますが、法律上の定義ではタバコやアルコール、違法薬物であるコカインやメタンフェタミン、LSDといった麻薬も脳の中枢神経系に対して働き、活動的にするもしくは活動を抑える効果があるため、メンタル治療薬として分類されています。
日本国内で精神疾患の治療に用いられるメンタル治療薬は、神経伝達物質のドーパミンを増加させることによって精神状態を安定化させる、眠気を発生させるというような働きを持つ医薬品が多い傾向にあります。

どんな人にオススメの治療薬なのか?

メンタル治療薬は一般的に心の病と呼ばれる精神疾患を発症している人にお薦めできます。
精神疾患はうつ病や統合失調症、不安障害といった一般的なものから、不眠症やあがり症といった症状など非常に多くの症状が存在しています。
これらの疾患は外的な要因など多くのものが原因となり、脳で神経伝達物質が正常に分泌されなくなってしまうことによって発症する症状です。
メンタル治療薬はこれらの症状を発症した際に服用することによって、脳内で正常に分泌されなくなってしまった神経伝達物質の分泌を促す、もしくは分泌を抑えることによって、精神疾患の症状を鎮め、治療を行うことができます。
精神疾患には非常に多くの症状が存在しており、原因や治療方法といったものも大きく異なるため、治療の際には症状に応じた適切な治療薬を使用することが非常に重要となります。
そして症状に応じた治療薬を服用するためには、まず初めに自分の発症している精神疾患の名前と原因、そして治療に必要となる薬に付いて知る必要があります。
精神疾患の症状特定や原因特定は専門的な知識が必要な行為です。
従って、使用の際にはまずは原因となっているものを特定するために医師による診察を受けることを推奨します。

薬局で買えるのか?

メンタル治療薬は薬局やドラッグストアといった一般的な場所では販売されていません。
メンタル治療薬は神経伝達物質の分泌量に対して影響を与える医薬品であり、脳の活動の抑える効果があるため、服用の際には医師による指導を受け、服用量の管理をされながら使用する必要があります。
また、メンタル治療薬には併用禁忌薬や注意薬と呼ばれる、服用時に併用を禁止されている、もしくは慎重な服用を行わなければならない医薬品が存在しています。
従って、医師の診察を受けたという証明である処方箋を提出しなければ薬を受け取れない調剤薬局でなければ入手できず、調剤薬局を利用する際にも処方箋を持参しなければ薬を受け取ることができないのです。
処方箋を入手せずにメンタル治療薬を入手する方法としては、海外通販を利用し医療用医薬品の販売を行っている専門の通販サイトを利用する必要があります。
通販サイトを利用する際には、自分がどういった精神疾患を発症しており、何を服用すればよいのか、併用禁忌薬や注意薬にはどういったものがあるのか、そして副作用はどういうものなのか、といった服用にあたって必要となる知識をしっかりと身につけた上で、通販を利用する必要があります。

メンタル(精神)の治療方法と費用について

メンタル系の疾患というのは、自分の心に対して影響を与えるだけでなく、その影響によって肉体にも大きなダメージを与えていきます。
従って、メンタル系の疾患を発症すると心身に非常に大きなダメージが発生してしまうため、発症後には速やかに治療を始める必要があります。
治療を行う方法としは、医療機関の受診によるメンタル治療薬の処方や外科治療、そして通販による個人輸入という方法があります。
個人輸入を利用した購入の場合、医療機関を受診する必要が無いため治療にかかる手間を減らし、更に治療に必要となる出費も抑えた上で治療を進めることが可能となっています。

医療機関

メンタル系の疾患を治療する際には、心療内科と呼ばれるような精神的な病を専門に治療する診療科へと行くことになります。
診療内科では健康保険を使用した上で治療を受けることが可能となります。
従って、診察にかかる費用はそこまで高くはありません。
しかしカウンセリングは基本的に保険が適応されない自由診療となります。
治療としてカウンセリングを受ける際には保険が適応されない可能性が非常に高いということを理解しておかなければなりません。
通院期間は症状の進行度合いなどによっても異なりますが、ながければ年単位の診察が必要となり、診察時に発生する費用としては1回あたり2,000円~3,000円、高くとも4,000円~5,000円程が相場となります。

治療薬を処方してもらう

医療機関を受診し、処方箋の発行を行ってもらった際には治療薬の処方が受けられるようになります。
治療薬は症状によって薬の種類や価格が異なりますが、高いものであれば1錠あたり450円前後のものも存在しています。
治療期間は症状によっても異なり、生涯治療薬の服用を続けなければならないものもあれば、半年ほどで治療を終えられる症状も存在しています。
従って、治療にかかる総費用は症状によっても大幅に変化していきます。

外科治療

精神疾患の治療方法として、外科治療が行われる場合があります。
外科治療の方法としては、電気けいれん療法、光療法、脳深部刺激療法、経頭蓋磁気刺激法といった方法があります。
これらの治療方法に必要な費用は治療方法によっても異なり、健康保険が適応されるものも存在しています。
従って、保険が適応されるものに関しては治療費がそこまで高額になることはありません。
治療に必要となる期間も投薬治療と比べると少々短く、1ヶ月ほどで治療完了となる症状も存在しています。

通販による個人輸入

医療機関を受診せずに精神疾患の治療を行う方法として、個人輸入という方法を利用した医薬品の購入があります。
個人輸入を利用した場合、自宅から専用の通販サイトを利用し医薬品の購入手続きを行うだけで自宅まで医薬品が配達されてくるため、通院の手間がなくなります。
また、購入できる医薬品の価格も医療機関で処方を受けるものよりも低価格となるため、少ない負担で治療を進めることも可能となります。
しかし注意点として、粗悪品や偽造薬を販売する通販サイトなどもネット上には存在しているため、利用する通販サイトを選ぶ際には注意を払う必要があります。

通販で購入できるメンタル(精神)治療薬

通販を利用し購入できるメンタル治療薬には、非常に多くの医薬品が存在しています。
メンタル治療薬を用いて治療できる精神疾患には多くのものが存在しており、症状ごとに使用する医薬品が異なっています。
そして医薬品の種類によって薬に使用されている成分も変化し、発生する効果も変化していきます。
また、通販を利用した際には精神疾患の治療に用いる医薬品だけでなく、医薬品と同等の効果を持ったサプリメントを購入することもできます。
サプリメントには医薬品とは違い、天然のハーブの成分や化学的に精製されたミネラルやビタミンといった栄養素が配合されています。
従って、使用時の効果は医薬品と比べてマイルドなものになりますが、その分使用時の安全性が非常に高く、副作用や併用禁忌薬などをほとんど心配すること無く、使用できるものも購入ができます。
ここでは精神疾患の治療に用いるメンタル治療薬や、治療薬と同等の効果を持ったサプリ、スマートドラッグについて紹介をします。
薬の種類によって得られる効果や使用用途などが異なっているため、服用の際には自分の症状にあった治療薬を選び、購入を行ってください。

不眠症・睡眠薬について

不眠症の改善の際には、睡眠薬と呼ばれる医薬品を使用します。
睡眠薬にはベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬と呼ばれるような治療薬が存在しています。
ベンゾジアゼピン系は脳の神経興奮に関わるベンゾジアゼピン受容体というものを刺激し、脳の興奮を抑えることによって眠気を発生させます。
非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系と同様にベンゾジアゼピン受容体を刺激する効果を持ちますが、薬の成分にベンゾジアゼピン骨格という構造を持っていないという特徴があります。
バルビツール酸系は脳の大脳皮質や脳幹に対して直接働き、脳の覚醒を抑えることによって眠気や鎮静作用を発生させます。
メラトニン受容体作動薬はメラトニン受容体とよばれる部位を刺激することによって、メラトニンの分泌を増加させ、生理的睡眠を誘導します。
オレキシン受容体拮抗薬は、オレキシン受容体とよばれる部位に対して働くことによって、オレキシンとオレキシン受容体の結合を阻害し、眠気を誘発させます。

不眠症改善サプリメントについて

不眠症改善サプリは睡眠薬とは違い、天然由来の成分を利用して作られたサプリメントです。
有効成分としてグリシン、セントジョーンズワート、バレリアンといった天然由来の成分を使用しており、睡眠薬にも引けをとらない程に優れた不眠症の改善効果を発揮してくれます。
また、不眠症改善サプリは睡眠薬のように医療用医薬品ではなく、健康食品という扱いのサプリメントです。
従って、服用時の安全性も非常に高く、一部の成分を除き併用禁忌薬や併用注意薬などを気にすること無く、気軽に服用を行い病気の治療が行えるという特徴があります。
そのため、睡眠薬を使用するほどに不眠症が悪化しているわけではないけれども、眠れない日々が続いているという人に対してこの不眠症改善サプリは効果的なサプリメントであると言われています。

不安障害・抗不安薬について

抗不安薬は不安障害の治療に用いる医薬品です。
不安障害は日常生活の中で発生する不安に対して過剰なまでの心配や恐怖を抱く精神障害で、具体的な症状としてはパニック障害や広場恐怖症、社交不安障害、強迫性障害などの症状があります。
不安障害の治療に用いる抗不安薬には、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が一次選択として使用されます。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬は脳内で一度分泌されたセロトニンが細胞内に再取込されてしまうのを阻害し、脳内のセロトニン濃度を上昇させるという効果があります。
不安障害の発症原因は脳内のセロトニン分泌量が関係していると言われており、セロトニン分泌量を上昇させるSSRIを使用することによって、不安障害の治療が可能となります。

抗うつ剤について

抗うつ剤はうつ病の症状を治療する際に用いられるメンタル治療薬で、気分の落ち込みを解消する効果があります。
抗うつ剤にはモノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害薬)、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、トリアゾロピリジン系抗うつ薬(SARI)、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)があります。
抗うつ剤に共通する効果としては、脳内に存在するドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった物質の再吸収や分解が発生しないようにするという点が挙げられます。
脳内でドーパミンやセロトニンといった物質が再吸収や分解されずに残ったままの状態になることにより、うつ病の症状が緩和され、うつ病の症状が徐々に改善されていきます。

統合失調症治療薬について

統合失調症の治療薬は抗精神病薬と呼ばれる医薬品です。
抗精神病薬にはドーパミンD2受容体遮断効果があります。
統合失調症は脳内のドーパミン神経機能に異常が現れることによって発症する症状です。
抗精神病薬を服用しドーパミンD2受容体が遮断することによって、神経機能に異常が起こさない効果があります。
抗精神病薬には第1世代と第2世代のものが存在しており、第2世代の抗精神病薬が現在統合失調症の治療に用いられる医薬品の第一選択薬となっています。
第2世代の治療約にはセロトニン・ドパミン拮抗薬、受容体多元作用型抗精神病薬、ドーパミンD2およびセロトニン5-HT1Aの部分作動薬という3種類の治療薬が存在しています。

てんかん・ADHD治療薬について

てんかん症を治療する際には抗てんかん薬を、ADHDの治療の際にはADHD治療薬が使用されます。
抗てんかん薬には、ベンゾジアゼピン系、スクシミド系、ヒダントイン系、バルビツール酸系があります。
ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン受容体に対して働くことによって、脳内の GABAによる抑制性神経伝達を亢進する効果があります。
スクシミド系は脳内にカルシウムイオンの神経細胞内への流入を阻害し、神経細胞の興奮を抑える効果があります。
ヒダントイン系はナトリウムイオンが神経内に入り込むのを阻害することによって、神経細胞の興奮を抑えます。
バルビツール酸系は塩化物イオンの神経細胞内への流入を促すことによって、神経細胞の興奮を抑える働きがあります。
ADHD治療薬は脳内のドーパミンやノルアドレナリンの働きを増強させる、神経伝達物質のシグナル伝達を改善させる働きによって、ADHDの症状を改善させることができます。

あがり症治療薬について

あがり症は社交不安障害と呼ばれる不安障害の症状の1つです。
あがり症の治療薬としては、不安障害の治療に用いられるSSRIや抗不安薬を使用することによって、脳内セロトニン濃度の分泌量を上昇させる、リラックス効果によって緊張や不安を和らげるといった方法がとられることがあります。
それ以外の治療方法としては高血圧や狭心症の治療薬であるインデラルが使用されることもあります。
インデラルはβ受容体遮断薬と呼ばれる医薬品で、服用時には交感神経の活動を抑えます。
それによってあがり症の症状である心拍数の上昇、冷や汗、喉の渇きといった現象を緩和し、肉体に現れるあがり症の症状を感じることがなくなります。

スマートドラックについて

スマートドラッグは人間の脳の機能や能力を向上させ、認知能力や記憶力を向上させる働きを持つ医薬品や物質の総称です。
スマートドラッグには神経伝達物質を調節する機能を持つ製品、抗うつ・精神安定剤・アダプトゲンのような働きをする製品、脳の栄養や酸素供給を改善するような働きをする製品など、非常に多くの製品が存在しています。
スマートドラッグで使用される成分はDMAEやパントテン酸、チロシン、アミノ酸、カフェインといった一般的な医薬品に使用される成分や、食品から摂取できる成分です。
従って、服用時には身体に対して医薬品を使用した時と同じもしくはそれよりも少ない負担で、優れた記憶機能の向上効果などを得ることができます。

アルコール依存症治療薬について

アルコール依存症の治療薬には抗酒剤と治療薬の2種類の医薬品が存在しています。
抗酒剤はアセトアルデヒドデヒドロゲナーゼの働きを阻害することにより、服用後の飲酒で強烈な不快感を高め、飲酒をしないように促す効果があります。
治療薬は抗酒剤のようにアルコールの摂取によって不快感を発生させるわけではなく、飲酒欲求そのものを抑える効果がある医薬品です。
アルコール依存症を発症すると、自分の意志でアルコールの摂取を止められなくなってしまいます。
しかし治療薬を服用した際には、身体が薬によって自然にアルコールを求めなくなります。
従って、治療薬の服用によって今までは止めたくとも止められなかったというアルコールを飲みたいという気分を抑え、アルコール依存症の改善を行うことができます。

PTSD治療薬について

PTSDの治療薬にはSSRIが一般的に使用されます。
SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬の略称であり、脳に存在する神経伝達物質セロトニンが脳に再取込されてしまうのを抑えることによって、脳内にセロトニンが満ちた状態を作り出します。
PTSDは精神的なショックによって発生する心の傷が原因となって発症する症状です。
PTSDの症状が現れるようになると、不眠などの症状に始まり、抑うつ、不安、集中力の低下、気分の異常な高揚、無感覚といった症状が現れるようになります。
そして治療薬のSSRIは一般的にうつ病や不安障害といった症状の改善に用いられる医薬品ですが、PTSD発症者に対して使用することによって、PTSDの症状を緩和させ、治療が可能となっています。

認知症治療薬について

認知症治療薬にはドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンという4種の医薬品が利用されます。
これらの医薬品は脳内に存在するアセチルコリンという物質を分解する働きを持った、アセチルコリンエステラーゼという物質の活動を阻害し、脳内のアセチルコリン量を増加させることで、認知症の症状を改善していきます。
認知症治療薬はアルツハイマー型認知症に対してのみ有効な医薬品のため、もし現在アルツハイマー型認知症を発症しているという人には非常にお薦めできます。

メンタル(精神)治療薬を通販で購入するメリット

メンタル治療薬は本来医療機関の受診によってのみ入手できる医薬品です。
しかし精神疾患の治療のために医療機関を受診するというのはハードルの高いことであり、多くの人が治療に踏み出せないがために症状を重症化させ、本来であれば短期間で終えられるはずの治療が、重症化により長期化してしまうということは頻繁に起こりえることです。
そういった治療期間の長期化と症状の重症化を未然に防ぎ、更に医療機関の受診というハードルを超えること無く精神疾患の治療を行う方法として、医薬品通販サイトを利用した治療薬の購入という方法があります。
通販サイトを利用した場合、以下のようなメリットが得られるため治療を非常に楽にそして少ない負担で行えるようになります。
・自宅で薬を注文できるため、通院の手間と負担がなくなる
・医療機関の受診によって薬を処方された時よりも少ない負担で薬が購入できる
・通院する必要がなくなるため、病気の治療が他人に知られること無く行える

通販で購入する際の注意点

インターネット上では正規の業者が製造した正規品のメンタル治療薬だけでなく、悪質な業者が製造した粗悪品や偽造品のメンタル治療薬が販売されています。
一節によるとインターネット上で販売されている治療薬の約50%が偽造品もしくは粗悪品であると言われている程で、その50%の中には一目で偽造品や粗悪品だとわかるものから、正規品と並べて見比べてみても見分けがつかないほど精巧に作られた偽造品や粗悪品も存在しています。
従って、メンタル治療薬を通販で購入する際には正規品の販売を保証する、信頼性の高い通販サイトを利用する必要があります。
正規品を取り扱う通販サイトを見分ける方法としては、以下の方法があります。
・ネット上の評判を確認し、評判の良いサイトを利用する
・運営年数の長いサイトを利用する
・正規品の取り扱いを保証する文書や、成分分析結果を掲載しているサイトを利用する
これら3つの方法を守ることが、正規品を購入するためには大切です。
もちろん服用時には最低限の用心をする必要はありますが、少なくとも上記の事をしっかりと意識した上で購入を行えば、粗悪品や偽造薬を購入する可能性を下げることは可能です。

メンタル(精神)治療薬の服用方法と注意点

メンタル治療薬は症状ごとに服用する医薬品が異なります。
従って、服用を開始する際には各医薬品の服用方法や注意点等を確認し、どういった点に気をつけながら服用すればよいのか、治療薬を服用する際に摂取してはいけない飲食物はないか、ということを把握する必要があります。

不眠症・睡眠薬の服用方法と注意点

睡眠薬の基本的な服用方法は、就寝前に1回指定されている量の睡眠薬を服用します。
服用の際には水もしくは白湯を用いて服用し、服用後はすぐさま布団やベッドなどの寝具に入り、睡眠を取る体勢についてください。
服用量等は症状の進度、薬の種類によっても異なるため、服用前には確認をするようにしてください。

不眠症改善サプリメントの服用方法と注意点

不眠症改善サプリの服用方法は、1日あたり指定された分量のサプリを指定された回数服用するというものです。
服用時刻はサプリによって異なり、就寝の1時間前というものもあれば、1日に指定回数服用を行えば良いという製品も存在しています。
従って、服用の際には必ず服用するタイミングなどを確認した上で、正しい回数服用するよう気をつけてください。

不安障害・抗不安薬の服用方法と注意点

不安障害の治療薬である抗不安薬を服用する際には、1日あたり指定された成分量の治療薬を、指定回数水や白湯を用いて経口より服用します。
服用する成分量は医薬品によって異なっているため、服用時には摂取する成分量の確認をした上で服用してください。
また医薬品によっては服用時に段階を分けて増薬を行う必要があるため、服用時には増薬する量やタイミングに関しても気をつけてください。

抗うつ剤の服用方法と注意点

抗うつ剤の服用方法は、1日あたりの指定摂取量を分割しつつ水や白湯を用いて経口より摂取します。
1日あたりの服用量は薬の属する分類や薬の種類によっても異なるため、使用する医薬品の服用量を確認した上で服用してください。
また、抗うつ剤は症状の進行度合いによって増減を行いながら服用を行うため、1日あたりの摂取上限量や増薬もしくは減薬を行う際の間隔についても調べた上で、正しく服用を行うようにしてください。

統合失調症治療薬の服用方法と注意点

統合失調症の治療に用いる抗精神病薬の基本的な服用方法は、1日あたりの指定摂取量を分割経口摂取します。
摂取量や分割する回数等は医薬品によって異なっているため、服用前には確認を忘れずに行って下さい。
また、服用後増薬を行える量に関しても抗精神病薬によって異なっているため、増薬の際には増薬可能な増薬間隔についても確認した上で服用を行ってください。

てんかん・ADHD治療薬の服用方法と注意点

抗てんかん薬の服用の際には、1日あたりの指定服用量を守りながら服用しつつ、効果が現れるまで増薬を行っていきます。
ADHD治療薬の服用を行う際にも同様に、1日あたりの指定服用量を摂取しつつ、効果が現れるまで増薬を行っていきます。
服用時の注意点として、治療薬ごとに増薬可能な成分量や増薬に必要な間隔も異なっています。
従って、治療薬の服用を行う際には服用量や増薬に関する注意事項を確認した後に服用を行うようにしてください。

あがり症治療薬の服用方法と注意点

あがり症の治療に用いるSSRIと抗不安薬の服用方法は、1日あたり指定された回数治療薬を服用します。
服用回数や服用量、服用後増薬可能な量などは治療薬によって異なっています。
従って、治療の際には各医薬品の服用方法について調べた上で、正しく服用してください。

スマートドラックの服用方法と注意点

スマートドラッグの基本的な服用方法は、指定されたタイミングで指定量を服用するという方法です。
スマートドラッグの種類によって服用するタイミングや1日あたりの服用量や回数が異なっています。
従って、スマートドラッグを服用する際には服用量や回数などを確認した上で服用を行ってください。
また、スマートドラッグによっては特定の成分を含んだ他のスマートドラッグと併用しなければ十分な効果を発揮しない製品も存在しているため、服用時は注意してください。

アルコール依存症治療薬の服用方法と注意点

アルコール依存症の治療に用いる抗酒剤の基本的な服用方法は、抗酒剤を1日あたりの摂取量を守りながら指定回数服用します。
治療薬の種類によって服用量や服用回数が異なるため、服用の際には各治療薬の服用量や回数に付いての確認をした上で服用を開始してください。
また、服用後の飲酒試験を行う際には普段の飲酒量の10分の1のアルコールを摂取しますが、その際抗酒剤の効果によって急激な体調の変化が発生する恐れがあるため、細心の注意を払った上での服用を行ってください。

PTSD治療薬の服用方法と注意点

PTSDの治療に用いる選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の服用方法は、1日1回指定量を服用するという方法です。
1回の服用量は薬に使用されている成分によって異なっており、増薬可能量もその関係で異なっています。
従って、服用を開始する際には各治療薬の服用量や服用方法について調べた上で服用する必要があります。

認知症治療薬の服用方法と注意点

認知症治療に用いる医薬品の基本的な服用方法は、1日1回指定された成分量の治療薬を水または白湯を用いて服用し、指定された間隔を保ちながら増薬を行っていきます。
服用量や増薬量、増薬間隔は治療薬によって異なっているため、服用を開始する際には必ず服用に関する注意事項を確認した上で服用を開始してください。

メンタル(精神)治療薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはバメンタル(精神)治療薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

不眠症・睡眠薬の副作用

睡眠薬を服用した際に現れる可能性がある副作用として、以下のような症状があります。
・めまい
・フラつき
・眠気
・もうろう状態
・一過性前向性健忘
めまい、フラつき、眠気は比較的軽度な副作用ですが、もうろう状態、一過性前向性健忘は重大な副作用のため、これらの症状が起きた際には医師への相談、状況に応じた処置を受けるようにしてください。

不眠症改善サプリの副作用

不眠症改善サプリは天然由来の成分を利用して製造されているサプリメントのため、医薬品のような副作用は存在していません。
しかし体質によっては軽微な胃の不調などの副作用が現れる恐れがあります。

不安障害・抗不安薬の副作用

抗不安薬の服用によって発生する可能性がある副作用として、以下のような症状があります。
・悪心
・眠気
・口渇
・倦怠感
・痙攣
・振戦
上記の症状のうち、振戦以外の症状は比較的軽微な副作用のため、時間の経過によって症状は沈静化します。

抗うつ剤の副作用

抗うつ剤の服用によって発生する副作用として、以下のような症状があります。
・便秘
・不眠
・頭痛
・血圧低下
・ショック症状
・痙攣
上記の症状のうち、便秘、不眠、頭痛に関しては比較的軽度の副作用です。
薬の種類によっては上記以外にも他の副作用が発生し得る可能性があるため注意が必要です。

統合失調症治療薬の副作用

抗精神病薬の副作用として、以下のような症状があります。
・筋強剛
・パーキンソン症候群
・振戦
・悪性症候群
・白血球減少
これらの副作用のうち筋強剛、パーキンソン症候群、振戦は抗精神病薬の服用によって頻繁に発生する副作用ですが、悪性症候群と白血球減少は抗精神病薬の服用によって起こる重大な副作用です。

てんかん・ADHD治療薬の副作用

抗てんかん薬やADHD治療薬の副作用には以下の症状があります。
・頭痛
・悪心
・嘔吐
・肝機能障害
上記の副作用は一例であり、使用する治療薬によって発現する副作用は異なります。
そのため、使用する治療薬にどのような副作用が現れる可能性があるのか認識しておくことが必要です。

あがり症治療薬の副作用

あがり症の治療に用いるSSRIと抗不安薬の副作用として、以下のような症状があります。
・眠気
・フラつき
・めまい
・依存症状
・振戦
・うつ症状
・悪心
・頭痛
・下痢
・不安
・錯乱
これらの症状のうち、依存症状、振戦、下痢、不安、錯乱は治療薬の服用時に発生する重大な副作用です。
また、副作用は上記以外にも存在しているため、治療薬を服用する際は副作用についての注意事項等についても確認の上で服用を開始して下さい。

スマートドラックの副作用

スマートドラッグは医薬品ではなく、天然由来の成分や化学的に抽出・精製し製造されたミネラルなどを使用したサプリメントです。
従って、医薬品を服用した時のような副作用は現れません。
しかし体質によっては副作用として、過敏症の症状をはじめとする体調の変化が現れる場合があります。

アルコール依存症治療薬の副作用

抗酒剤の副作用には以下のような症状があります。
・抑うつ
・頭痛
・めまい
・耳鳴り
・眠気
・味覚障害
・不眠
・中毒性表皮壊死症
・肝機能障害
これらの症状のうち、中毒性表皮壊死症と肝機能障害は抗酒剤の服用によって発生する可能性がある重大な副作用です。
上記の副作用は一例であり、抗酒剤にはその他多くの副作用が存在しています。

PTSD治療薬の副作用

PTSD治療に用いるSSRIの副作用は以下のような症状になります。
・うつ症状
・悪心
・頭痛
・不眠
・セロトニン症候群
・ミオグロビン尿
セロトニン症候群とミオグロビン尿はSSRIの副作用の中でも重大な副作用であり、発症後はすぐさま医師による診察と処置を受ける必要があります。
その他の副作用に関しては、比較的発生しやすい副作用であり、時間の経過によって沈静化する症状と言われていますが、万一服用後時間の経過によっても症状が治まらない場合はすぐさま医師による診察と処置を受けて下さい。
また、他の副作用もSSRIには存在しているため、服用を開始する際にはどういった副作用があるのかを調べた上で服用を開始してください。

認知症治療薬の副作用

認知症治療薬の副作用に以下の症状があります。
・めまい
・便秘
・下痢
・不眠
・攻撃性
・尿失禁
これらの症状は認知症治療薬を服用した際に発生する副作用の一部であり、治療薬には他の副作用も存在しており、中には特定の治療薬でのみ発生し得る副作用も存在しています。
従って、治療薬の服用を開始する際には必ず副作用や注意事項を確認した上で服用を開始して下さい。

メンタル(精神)治療薬には多くのジェネリックがある

医薬品の通販サイトでは非常に多くのジェネリック医薬品が販売されていますが、その多くはインドで製造されている製品です。
インドはジェネリック大国と呼ばれる程に多くのジェネリックが製造されている国です。
その理由として、インドに存在する独自の特許の仕組みがあります。
医薬品というのは製造と販売に関する特許が分かれており、それら2つを取得する事によって、特許が切れるまで同じ成分を利用した同じ効果の医薬品が販売されることがなくなります。
しかしインドはこの2つの特許のうち製造に関する特許しかなく、同じ成分を使用していても製造方法さえ変えてしまえば同じ効果の医薬品を販売できていました。
そして2005年に他国と同じように製造と販売に関する2つの特許が作られたのですが、その際に
・特許発明に関する公衆の適正なニーズが満たされていないこと
・特許発明に基づく製品が公衆にとって適正に手軽な価格で入手可能でないこと
・特許発明がインド国内で実施されていないこと
という3つの条件が定められました。
インドでは上記の3つの条件の中で1つでも一致している場合、一定のロイヤリティー(使用料)を払えばジェネリックの製造が可能になります。
その結果、新薬が開発された際にもすぐさまインドではジェネリックの製品が作られ、世界中で販売が行われるようになったのです。

メンタル(精神)治療薬との付き合い方

精神的な病というのは一昔前までは非常に特殊な病気だと考えられていました。
しかしストレスに満ちた現代になり、世界中の人がうつ病や統合失調症などの精神的な病に悩むようになりました。
その結果、精神的な病というのは非常に一般的な病であり、発症するための条件さえ整ってしまえば誰でも発症するものである、というのが一般的な考えとなりました。
しかし一般的になったとはいえ、ストレスなどが原因で心の病になってしまったことを他人に言えぬままに悩み、苦しんでいる人が多くいます。
そういった悩める人を救う薬がメンタル治療薬や精神治療薬、向精神薬や抗精神病薬といった医薬品です。
これらの医薬品を服用することにより、精神的な辛さを解消し、日常を取り戻せるようになります。
ただし、現在販売されている精神治療薬は完璧なものではありません。
その薬を服用したから完璧に治るというものではなく、根治までは難しいが症状の進行を抑えることが可能という医薬品が多いのも事実です。
そのため、医薬品を使用する以外の方法として、カウンセリングや回想法なども実践することが効果的だと考えられています。
また、医薬品の効果を正しく得るためには、正しい服用方法が必要です。
正しい服用方法で服用しなければ、副作用などの症状が起きてしまい、それによってさらに苦しんでしまう可能性もあります。
さらに、併用禁忌薬や併用注意薬などにも注意しなければ、効果を正しく得ることができない、効果が現れ過ぎてしまうといったことにもなりかねません。
そのため精神治療薬を使用する場合は、どのようにして服用すればいいのか、どのような副作用が現れる可能性があるのかを正しく理解し、服用する必要があります。

メンタル(精神)治療薬のよくある質問

Q.海外の治療薬でも日本人に合うの?
A.海外で販売されている治療薬であっても正しく服用すれば問題ありません。
海外で販売されている医薬品の多くは、日本人にとっては成分量が多くなっています。
これは海外に住む方々が日本人に比べて体格が大きいためです。
そのため服用の際に注意が必要ですが、成分量が多いだけなので効果は日本国内で販売・処方されているものと変わりありません。
ピルカッターなどを利用して成分量を調節して服用すれば問題ありません。

Q.脳とか重要なところに作用する薬でも通販で購入して違法にならない?
A.法律で合法と定められている医薬品であれば、輸入を行っても違法にはなりません。
日本には麻薬及び向精神薬取締法という法律や、覚せい剤取締法といった違法な薬物を海外から輸入できないようにする法律などが存在しています。
これらの法律に違反した購入を行わなければ、海外から抗精神病薬をはじめとする医薬品を輸入したとしても、違法行為にはなりません。
また、通販サイトで購入する場合、自分で服用する目的でしか購入することができない、などのルールがあるため、そのルールも併せて守る必要があります。

Q.通販で購入した薬だけ使ってて完治することはできる?
A.病気によっては完治させることができます。
現在の医療技術を用いても原因不明であることも多く、中には完治できない障害や病気もあります。
症状の進行を抑制する、発症を遅らせると言った効果があるだけの医薬品もあるため、注意は必要です。
ただし、完治が可能な障害や病気であっても、完治の判断、服用を中断するかどうかの判断は医師に相談することを推奨します。
自己判断で服用を中断してしまった事で症状が悪化するケースもあるため、医師に相談することが必要でしょう。

Q.たくさん種類があって何を購入したら良いかわからないときはどうしたらいいですか?
A.一度医師による診察を受け、薬を処方してもらうことをお薦めします。 通販で購入できる医薬品には非常に多くのものが存在していますが、誤ったものを使用してしまうと症状の悪化を招くこともあります。 何を買えば分からないという状態になってしまった時には、まずは一度医療機関で医師による診察を受け、服薬指導を行ってもらった上で治療薬を処方してもらうと良いでしょう。 そしてそこで処方してもらった医薬品と同じものを購入すれば、適切な医薬品を使用して治療することができます。

Q.通販で治療薬を購入しても定期的に病院に行かなければなりませんか?
A.行かなくとも問題はありません。
通販を利用して購入した医薬品の使用というのは、自己責任での使用となります。
したがって、定期的な通院を行って症状がどうなっているのかを調べてもらうということも可能ですが、基本的には自己判断で症状が良くなっているのか、それとも改善されていないのか、ということを調べた上で治療を進めるのが基本となります。
しかし定期的に病院へ行って検査を受けるというのは、身体の予期せぬ不調や自覚していない副作用を見つけられる可能性もあるため、必要だと言えます。

関連ページ

参考サイト
精神病 - Wikipedia