上へ
戻る

カテゴリ

認知症治療薬

認知症には多くの原因と種類があります。
発症することにより日常生活が正常に送れないこともある病気のため、少しでも早く治療薬を用いて改善することが重要です。

認知症治療薬の商品一覧

認知症とは?

認知障害は精神疾患の一種であり、主に学習や記憶、理解、問題解決といったものに対して障害をきたす状態のことを指します。
認知障害にはせん妄や健忘といった症状が存在していますが、認知症は加齢や外傷によって引き起こされ、発症者の記憶の一部もしくは全体が喪失するなどの症状が特徴的です。
加齢によるもの忘れと勘違いされることも多い症状ですが、加齢による物忘れの場合はヒントがあれば思い出すことができます。
認知症の場合は物事全体を思い出すことができないため、ヒントを与えても答えることができないのです。
また、認知症の特徴として発症原因が複数存在しているという点があります。
たとえば脳の神経細胞が何らかの原因によって破壊されることで引き起こされる皮質性疾患による認知症、脳の血管の梗塞によって引き起こされる認知症、さらには感染症である農梅毒やエイズなどによって引き起こされることもあります。
このように様々な原因が考えられるため、認知症の診断では、何が原因で認知症の症状が現れているのかを判断し、その後原因となる症状によって進行を抑制できるかどうか判断します。
認知症は「不治の病」というイメージを持っている方も多いかと思います。
しかしながら認知症の原因によっては、外科手術や投薬などの方法によって症状を解消し、完治させることも可能です。

認知症の種類

認知症は複数の原因となる症状によって発症する認知障害で、複数種の症状が存在しています。

・アルツハイマー型認知症
・レビー小体型認知症
・認知症を伴うパーキンソン病
・血管性認知症
・軽度認知症
・若年性認知症

上記の症状のうち、日本人が発症しやすい認知症はアルツハイマー型認知症で、日本の認知症患者の6割がアルツハイマー型認知症を発症しており、老年期の認知症に限定して調査した場合、約80%がアルツハイマー型認知症ではないか、という指摘も多くあります。
上記の症状とは別に、手術や投薬によって改善が可能な認知症として慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症、甲状腺機能低下症、ビタミン欠乏症といった症状によって発症する認知症があります。
これらの症状の場合、外科手術による認知症の改善や、甲状腺ホルモンの補充、ビタミンの補充を行うことによって、症状を改善させることができます。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、アルツハイマー病の発症によって起こる認知症の症状です。
アルツハイマー病は脳が萎縮していくという症状が特徴で、症状の進行により記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害といった認知障害を発症し、重症化した場合、接触や着替え、意思疎通といった行為も困難になり、寝たきりの状態になります。
アルツハイマーの特徴として、階段状に症状が進行せず、ゆるやかに進行するという特徴があります。
脳血管性認知症は一度症状が急激に悪化すると、その状態がしばらく続いた後に再度悪化する、というような段を描くように症状が悪化していきます。
しかしアルツハイマー型の認知症は時間の経過にともなって徐々に症状が悪化していき、その過程で先述のように認知障害が現れるようになります。
また、症状の悪化に伴い認知障害以外にも被害妄想や幻視をはじめとする幻覚、暴言、暴力、徘徊といった問題行動が見られるようにもなるという特徴があります。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、脳の大脳皮質と呼ばれる場所や、脳幹の部分に対してレビー小体という特殊なタンパク質が多く集まることによって、神経細胞が破壊されていくことで発症する認知症です。
レビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症に次いで発症者数が多く、日本国内の認知症発生原因の20%がレビー小体型認知症に該当することから、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症と合わせて三大認知症という名称で呼ばれます。
また、レビー小体型認知症は女性よりも男性の発症者数が多いという特徴があります。
レビー小体型認知症を発症すると、初期症状として幻視の症状や現実を正確に把握できない誤認妄想、そしてパーキンソン病の症状が現れる場合もあります。
症状が重症化していくと、レム睡眠行動障害と呼ばれる夢の内容に伴う精神活動が行動に現れるようになる症状や、抗精神病薬に対しての過敏症をいった症状が現れるようになります。

認知症を伴うパーキンソン病

発症者数が比較的多い症状として、認知症を伴うパーキンソン病があります。
パーキンソン病は手の震え、動作や歩行の困難といった運動障害を示す、進行性の神経変性疾患です。
パーキンソン病は40歳以上の中高年で発症し始めるようになり、特に65歳以上の発症者数の割合が多い傾向にあります。
発症原因は多岐にわたっており、加齢や生活習慣、食生活といったものが原因となりパーキンソン病を発症する可能性があります。
パーキンソン病と認知症は非常に深い繋がりがあり、過去の研究によるとパーキンソン病患者の40%近くが認知症を合併し、認知症の発症リスクは健常者の5倍から6倍、パーキンソン病の患者の追跡調査を行なった結果、8年間で約80%が認知症を発症したという検査結果が出ています。
また、逆に認知症を発症している人物の内どれだけの人物がパーキンソン病を併発しているのかという研究によると、調査を行った全認知症症例の3.6%の人がパーキンソン病を併発していたという調査結果も存在しています。

血管性認知症

血管性認知症は脳梗塞や脳出血といった脳の血管障害を破掌することによって起こる認知症です。
血管性認知症は脳血管障害の発症者や糖尿病、高血圧、心疾患といった脳血管障害の危険因子を発症している人物、もしくはアルツハイマー病を併発している人物に多い傾向にあります。
血管性認知症の主な症状としては、日常生活に影響が発生するような記憶障害や言語、動作、認知といった行動に対して必要となる認知機能の障害、歩行障害、手足の麻痺、パーキンソン病、転倒の増加、排尿障害、夜間せん妄といった症状があります。
血管性認知症は脳のはたらきや血流を改善する医薬品などを使用することによって改善することが可能であり、他の認知症に比べて症状の改善が行い易いという特徴があります。
ただし、一度神経細胞を失ってしまうともとに戻すことができないため完治が難しい症状とも言われています。

軽度認知障害

軽度認知障害はアルツハイマー型認知障害といった症状とは異なり、正式に認知症として認定されるほどに症状が進行してはいない認知症のことを指します。
人間の脳というのは、加齢によって徐々に機能の衰えが発生していくため、一定の認知機能の低下は誰もが感じるものです。
しかし、生活環境やアルツハイマーなど認知症を引き起こす症状の前駆段階が発生している場合、正常な老化の過程で予想されているよりも認知機能の低下が進行している場合があります。
このような何かしらの要因により、想定しているよりも認知機能が低下しているという状態を軽度認知障害と呼びます。
軽度認知障害は日常生活に影響を及ぼすような重度の認知障害ではありません。
しかし軽度認知障害を発症すると、5年から10年ほどで認知症へと症状が発展していくと言われています。
今現在進行を確実に食い止める方法は見つかっていませんが、軽度認知障害を発症した段階から認知症治療を行うことによって、認知症の重症化を予防しやすくなると言われています。

若年性認知症

若年性認知症は名称の通り若年層に発症する認知症のことです。
認知症は一般的に65歳以上の人が発症する認知障害のことを指しますが、若年性認知症は65歳以下の年齢の人物が破掌する認知症のことを指します。
若年性認知症の原因となる疾患等は一般的な認知症と変わらず、多くの場合はアルツハイマー症が原因となっています。
若年性認知症を発症する年齢というのは、世間一般では定年退職を迎える前の年齢であり、仕事を継続できるかどうかといった不安を抱える人が多くなりがちです。
したがって、若年性認知症を発症した際には通常のアルツハイマー型認知症の症状の進行阻止の策を取るだけでなく、相談機関などを利用し精神的な負荷を減らしながら日常を過ごすということが非常に重要になります。

認知症の治療法

認知症は脳の不可逆的な機能の低下によって発症する症状です。
治療の際には症状の進行予防や心理的な負荷の軽減といった治療方法が取られます。
具体的な治療方法としては、心理療法と呼ばれる精神的な面からのケアと、薬物療法と呼ばれる医薬品を使用した症状の悪化防止、そして症状がある程度進行してしまい食事が困難になってしまう嚥下困難という現象に対しての対策といったものを行います。
嚥下困難の解消というのは認知症の治療とは直接的な関係はありません。
しかし食事を自分で行う、家族や友人など、第三者とゆっくりでも食事を共にするというのは非常に重要なことであり、認知症を発症することによって低下するQOLの向上にも役立つ行為です。
したがって、この嚥下困難の改善訓練というのは非常に重要なことであるといえます。

心理療法

心理療法での認知症治療の際には、回想法、バリデーション療法、リアリティー・オリエンテーションといった方法が取られます。
回想法は自分の人生の思い出や歴史といった物を話す、もしくは複数人で語らいあうことによって、脳を刺激しながら精神状態を安定させるというものです。
回想法を行うことにより、話をしている本人は自分の過去を思い出して楽しみつつ、記憶を思い出して情緒が活性化していきます。
バリデーション療法は認知症の症状として現れる徘徊といった行動に対して意味のあるものだと捉え、その上でなぜ徘徊を行うのかを発症者の過去や歴史、人生と照らし合わせを行いながら考え、共感しながら共に行動するというものです。
リアリティー・オリエンテーションは現実見当識訓練と呼ばれる治療方法で、自分の今いる場所はどこなのか、何月何日なのか、ということを話しながら見当識を補い合うという方法です。
心理療法は治療薬を使用すること無く、優れた認知症の治療効果が得られます。
そしてさらに、どのようにして治療を行うのかという点を把握しておけば家庭内でも行える治療方法のため、少ない負担で優れた治療効果を得たいという人に対して心理療法は非常にお薦めできます。

薬物療法

認知症の薬物療法を行う上で把握しておくべきこととして、治療薬の使用は症状を完治させるわけではなく、症状の進行を遅らせるだけであるという点があります。
人間の脳というのは加齢によって徐々に記憶力をはじめとする認知機能が低下していきますが、認知症を発症すると認知機能の低下が発症前と比べて爆発的に早くなり、非常に速いペースで認知機能の低下が起こるようになります。
治療薬を使用した場合、認知機能の低下の速度が治療を行わずにいた時よりも格段に遅くなり、認知症を発症する前と同じだけの速度で進行していく、もしくは症状の進行速度が現状よりも加速するのを抑制し、現状を維持している状態を作り出すことができます。
したがって、認知症の根本的な治療というのは薬物治療を行なった場合でも不可能となりますが、発症後に薬物療法を行うかどうかというのは非常に重要なことになります。

嚥下困難

認知症の症状が進行していくと、自分の肉体を上手くコントロールするための機能が低下していき、食事が上手く取れなくなります。
食事が上手く取れなくなってしまうような状態は嚥下困難(えんげこんなん)や嚥下障害と呼ばれる症状になりますが、この症状を改善するというのは認知症治療を行う上で非常に重要なことになります。
嚥下困難の治療方法は、実際に食事を自分の手で取れるように訓練をすることです。
1.食事を目で見た時にそれを食べ物だと認識する
2.食べ物だと認識した後ら、口までお箸やスプーンを使って持ってくる
3.口に入れて咀嚼し飲み込む
食事の際に必要となる一連の流れを自分の意志で行えるように訓練し、自発的に行動に行えるような環境作りを行うことが非常に重要になります。

認知症治療薬とは?

治療薬の使用によって認知症の悪化を抑制することにより、本来であれば認知症の悪化によって低下していく行動に対しての意欲や欠落していく感情が戻っていき、共に生活を送る家族の精神的負担を減少させることも可能になります。
したがって、認知症治療薬を使用した認知症の進行抑制や改善というのは非常に重要なことなのです。

認知症治療薬の効果

認知症の治療薬として現在4種類の有効成分が主に使用されております。
有効成分や作用の仕組み、使用方法は薬の種類によって異なっています。
世界で初めに開発された認知症治療薬はドネペジルという成分を使用した治療薬で、1999年に認可がおり、処方が開始されました。
その後2011年までは新たな治療薬が開発されていきませんでしたが、2011年にリバスチグミン、メマンチン、ガランタミンという3つの治療薬の認可が降りたことにより、現在は4つの治療薬を使用した認知症の改善が行われています。
治療薬は非常に強い効果がある反面、服用方法はもちろん、服用を中断する方法を誤ると、認知症の症状が悪化してしまう可能性があります。
したがって、治療薬を使用する際には入念な下調べを行う、もしくは医師による適切な指導のもと投薬を行う必要があります。

ドネペジル

ドネペジル(ドネペジル塩酸塩)は世界初の認知症の治療薬です。
認知症を発症すると、脳内のコリン作動性神経系に対して障害が発生します。
ドネペジルは、脳内のアセチルコリンを分解する働きを持つアセチルコリンエステラーゼという酵素の活動を阻害します。
これによって、アセチルコリンが分解されずに残ったままの状態となり、脳内のアセチルコリンを増加させることができ、コリン作動性神経系の障害が起こらないように作用します。
ドネペジルはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症に効果があるとされています。

参考サイト:ドネペジル - Wikipedia

リバスチグミン

リバスチグミンは軽度から中等度のアルツハイマー型認知症の改善を行うために使用される認知症の薬です。
リバスチグミンはコリンエステラーゼ阻害剤と呼ばれる医薬品で、脳内でアセチルコリンという神経伝達物質がアセチルコリンエステラーゼの働きによって阻害されるのを抑制し、脳内のアセチルコリンの量を増加させることによって、認知症の進行を抑制します。
リバスチグミンの特徴として、他の認知症の薬とは違い皮膚に対して貼って使用するパッチタイプの医薬品のため、効果の現れ方が緩やかであり、さらに嚥下困難の状態になっていたとしても確実に使用ができます。

参考サイト:リバスチグミン - Wikipedia

メマンチン塩酸塩

メマンチン(メマンチン塩酸塩)は2011年に発売された抗認知症の医薬品です。
メマンチンは中等度及び高度アルツハイマー型認知症の進行を抑制する働きがあります。
認知症を発症すると、脳内にグルタミン酸が過剰に存在している状態になります。
グルタミン酸には脳の神経細胞を死滅させる働きがあり、認知症の悪化によってグルタミン酸が過剰に存在する状態になってしまうと、脳の神経細胞が死滅することによって症状が急激に悪化していきます。
メマンチンにはグルタミン酸の放出を抑制する働きがあり、服用によって脳内でグルタミン酸が増えるのを抑制することによって、認知症の悪化を防ぎます。
薬の形状が通常の錠剤型の製品と嚥下困難な状態でも服用ができる口腔内崩壊錠があるため、医薬品の摂取が困難な状態な方に対しても容易に使用できます。

参考サイト:メマンチン - Wikipedia

ガランタミン臭化水素酸塩

ガランタミン臭化水素酸塩は軽度から中等度のアルツハイマー型認知症の治療薬として開発されました。
ガランタミン臭化水素酸塩は脳内のアセチルコリンを分解する働きを持つアセチルコリンエステラーゼの活動を阻害し、脳内のアセチルコリン量が低下してしまうのを抑制することにより、認知症の悪化を抑制します。
認知症が悪化すると、脳内のアセチルコリン量が減少します。
そのため、ガランタミン臭化水素酸塩の使用によってアセチルコリンの分解が阻止されることにより、非常に優れた認知症の進行防止作用が発生します。

参考サイト:ガランタミン - Wikipedia

認知症治療薬を通販で購入するメリット

認知症の薬は現在4種類の医薬品が存在しており、入手する際には医療機関の受診により処方してもらうという方法が一般的な方法になります。
治療の際にかかる費用も高額療養費を使用しない場合であれば月々4万円から5万円、入院による治療を行う場合であれば月々40万円近い額の負担が発生しますが、高額療養費を使用した場合であれば、負担額を大幅に減らすことができます。
しかし負担額を減らすことが可能だとしても、決して月々の負担額は安いものではないため、治療にかかる費用を安くする手段を探しているという人も多くいます。
治療にかかる費用を安くする方法として、通販を利用した購入という方法があります。
通販では日本国内の医療機関で処方してもらえる治療薬を始め、海外製のジェネリックなど一般的な方法では入手ができない治療薬の入手が可能となります。
そしてその際に発生する金銭的負担も月々の通院費と比べて少ない、もしくは高くとも長い期間使用できるだけの薬を購入できます。
したがって、治療費を安く抑えたいと考えているのであれば、通販を利用した認知量治療薬の購入というのは非常にお薦めできる方法だといえます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

クリニックや病院などの医療機関を利用した処方を受ける場合、医師に対して薬の相談が可能であるというメリットや、心理療法の併用といった複数の治療が同時に行えるというメリットがあります。
認知症治療薬は服用方法や薬の量を減らしていく時期を誤ってしまうと、副作用が過剰に高まってしまう、認知症が急激に悪化するといった現象が発生します。
病院を利用した場合、医師に対して投薬方法や薬そのものに対しての相談を行うことができ、さらに心理療法といった薬を使用しない治療方法を選ぶという選択肢を取ることも可能となります。
したがって、通販を利用した時よりも高い安心感のもと、治療をすすめることができます。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用した場合
・他者に認知症の発症を知られにくい
・治療にかかる費用を安くすることができる
・通院のための手間がかからないため、発症者の負担が少なくなる
といったメリットが通販サイトの利用には存在しています。
特に大きなメリットは費用が安くなるという点と、通院の手間を減らすことができるという点があります。
したがって、もし治療にかかる負担を減らしたい、通院の手間と負担を減らしたいと考えているのであれば、通販の利用がお薦めだといえます。

通販でしか購入できない認知症治療薬

日本国内で処方されている認知症の薬というのは、日本国内で製造と販売されているものであり、海外製のジェネリックなどは販売されていません。
したがって、病院を利用した際には海外製の認知症の薬を手に入れることはできない、もしくは入手が非常に困難となります。
しかし、通販を利用した場合は海外からジェネリックの医薬品を取り寄せて購入することも可能となります。
したがって、通販を利用した際には海外で製造されたジェネリックの認知症治療薬などの購入も可能だというメリットが存在しています。

認知症治療薬の服用方法

認知症治療薬の使用方法は薬によって異なっていますが、内服薬の場合は1日に1回規定量の服用を行いつつ、増薬をしていきます。

・ドネペジル 1日1回3mg分から、1~2週間を目安に5mgまで増薬を行います。

参考サイト:医療用医薬品 - ドネペジル塩酸塩

・メマンチン 1日1回5mg分から、1週間毎に5mgずつ増薬し、1日1回20mgまで増益した所で増薬を止め、維持したまま投薬します。

参考サイト:医療用医薬品 - メマンチン塩酸塩

・ガランタミン 1日8mg分を2回に分けて服用し、4週間後には1日辺り16mgまで増益した後、2回に分けて投薬します。

参考サイト:医療用医薬品 - ガランタミン臭化水素酸塩

・リバスチグミン 皮膚に対して貼るパッチタイプの医薬品のため、使用方法が少々異なっています。 1日1回4.5mg分から使用を開始し、4週ごとに4.5mgずつ増量を行っていき、4日あたりの使用量が18mgまで増加した段階で増薬を止め、維持したまま使用を行います。

参考サイト:医療用医薬品 - リバスチグミン

認知症治療薬の副作用

認知症治療薬を使用する際には、副作用について注意を払う必要があります。
副作用というのは医薬品に使用されている成分が身体に対して作用する際、意図的に発生させている主作用と呼ばれるものとは別に発生する意図していない作用のことを指します。
具体的な症状としては、風邪薬を服用した際に発生する眠気のような症状が副作用に該当します。
副作用というのはどのような医薬品にも存在しています。
認知症を発症している場合、医薬品の服用を行なったという記憶が曖昧になり副作用だけが現れているという状態になってしまうと、服用者がパニックを起こしてしまう可能性もあります。
服用の際には、その薬にどのような副作用があるのか、そしてどのような対処を行えばよいのか、というのを知る必要があります。

起こりやすい副作用

・過敏症
・食欲不振
・嘔気
・嘔吐
・興奮
・徘徊
・動機
・尿失禁
・白血球減少
・むくみ
・転倒

以上の症状が認知症治療薬の服用により発生するおそれがあります。
これらの症状のうち、過敏症以外の症状は服用後時間の経過によって症状が沈静化します。
しかし過敏症は治療薬に使用されている成分が身体に合っていないために発生する症状です。
したがって、過敏症の症状が現れた際には服用をすぐさま中断し、医師にご相談ください。

認知症治療薬の併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬と呼ばれるものについて注意を払う必要があります。
併用禁忌薬は特定の医薬品との併用により、身体に対して重大な影響を与える恐れのある医薬品です。
併用注意薬は、禁忌薬のように重大な影響を与えることはなくとも併用によって薬の作用を過剰に高める、もしくは減衰させるような働きをする医薬品です。
認知症治療薬を服用する際には、これら併用禁忌薬と併用注意役について細心の注意をはらった上で、慎重に服用を開始する必要があります。

併用注意薬

・コリン作動薬
併用により、コリン作動作用が相加的に増強され、著しい心拍数の低下等の症状が起こる可能性があるため、併用時には注意が必要となります。

・スキサメトニウム
併用により、スキサメトニウムの脱分極性筋弛緩作用が増強される恐れがあるため、併用時には注意を払う必要があります。

・抗コリン剤
併用により効果が相互に拮抗してしまい、両薬の作用が減弱する可能性があるため、併用時には注意を払う必要があります。

知症治療薬には上記のような併用注意役が存在しています。
他にも併用注意薬は多数存在しているため、服用の際には自分が常用している医薬品が注意薬に指定されていないかを調べた上で服用を行うよう気をつけてください。

認知症治療薬を服用できない方

・服用を考えている認知症治療薬もしくは治療薬に配合されている成分に対して過敏症を発症したことがある
上記の人は、認知症治療薬の服用ができません。
認知症治療薬や治療薬に使用されている成分に対して過敏症を発症したことがある場合、治療薬の服用によって発疹、顔や瞼の浮腫、そう痒感、蕁麻疹といった過敏症を引き起こす恐れがあります。
したがって、認知症治療薬や治療薬に使用されている成分に対して過敏症を発症したことがある場合、服用を検討している認知症治療薬とは違った種類の治療薬を服用するよう気をつけてください。
また、治療薬の服用を行なっている最中に過敏症の症状が現れた際にも、すぐさま服用を中断し医師にご相談ください。

認知症治療薬に関するよくある質問

Q.認知症って完治するものなの?
A.認知症は不可逆的な認知障害です。
したがって、基本的には一度認知症を発症してしまうと完全に治療することはできず、発症前の状態まで回復させることはできません。
しかし認知症の中でもアルツハイマー型認知症の場合は、認知症治療薬を服用することによって症状の改善もしくは現状維持が可能となります。
また、治療薬の使用だけでなく心理療法を行うことによって症状の悪化を予防することも、改善に導くことも可能です。

Q.認知症と診断を受けるためには病院に行かなくてはならない?
A.簡易的な自己診断はインターネットなどを利用して受けることが可能です。
ただしあくまでも簡易的なものであるため、正確な診断を受けたい場合は病院へ行かなければなりません。
認知症に関して情報を掲載しているウェブサイトの中には自己診断テストを掲載しているサイトがあります。そこで回答することによって認知症を発症している可能性があるかどうか簡易的な診断を行えます。
ウェブサイト上の簡易的な診断で、認知症の疑いがあると分かったら、病院へ行って診断を受けることを推奨します。

Q.若年性アルツハイマーにも効果はある?
A.若年性アルツハイマーに対しても効果があるという報告があります。
認知症の原因には多くのものがありますが、若年性アルツハイマーの治療に対しても一般的なアルツハイマー型認知症の治療薬が使用でき、使用効果に関しても一般的なアルツハイマー型認知症を発症している認知症患者に対しての投薬と同等の効果があります。
また、若年性認知症の場合、初期症状がうつ病や更年期障害などと区別がつきにくいため、診断に時間がかかります。
そのため、おかしいと感じたらなるべく早く診断を受け、診断結果によっては早期治療を行うことが重要です。

Q.認知症は薬を飲まないと治らない?
A.非薬物療法という治療方法もあります。
認知症の治療方法には治療薬を使用した薬物療法と、治療薬を使用しない非薬物療法という2種類の治療方法が存在しています。
非薬物療法の場合、回想法やリアリティー・オリエンテーション、バリテーション療法といった方法があります。
上記の治療方法は、地域の公民館など公的施設において行われていることもあるため、費用もあまり必要ありませんし、認知症の進行予防や改善に対して大きな効果を発揮してくれます。

Q.かかってしまった認知症によって薬は変えていかないといけないの?
A.治療薬は症状の進行度合いによって適切に使い分けていく必要があります。
認知症治療薬には一般的にアクセル型とブレーキ型と呼ばれる2種類のものがあります。
アクセル系はやる気の減衰や物覚えの低下といった症状に対して効果があり、ブレーキ型は性格の変化や苛立ちといった症状に対して効果があります。
これら2つの治療薬を症状に合わせて使用していくことにより、認知症は改善していきます。

関連ページ

参考サイト
認知症 - Wikipedia