上へ
戻る

カテゴリ

てんかん・ADHD治療薬

てんかんやADHDを発症していると、通常の日常生活を送るのが難しくなる事もあります。
しかし現在は治療薬を用いて改善することが可能なため、少しでも早く取り組むことが重要なのです。

てんかん・ADHD治療薬の商品一覧

てんかんとは?

てんかんは脳の神経細胞が発する電気信号が異常な活動を起こし、てんかん発作と呼ばれる症状をきたす神経や脳の疾患です。
神経細胞が異常な活動を起こすことで脳の機能が障害を起こし、けいれんや脱力、記憶障害などの症状があらわれます。
てんかんという症状自体は非常に古くから存在しているものであり、医学的な技術や知識が存在していなかった時代には、発作が起こった際に現れる現象などにより、差別の対象とされることもありました。
てんかんは根治こそ難しいものの治療は可能です。
症状を抑制する医薬品の使用することにより、症状の発生を管理しながら日常生活を送ることは可能です。
現在、てんかん発症者のうち7割~8割くらいの方は、医薬品を用いて症状の発症を抑制しています。

てんかんの種類

てんかんの症状であるてんかん発作には、大きく分けて部分発作と全体発作の2つがあります。
部分発作と全体発作というのは、脳のどの部分で異常な電気信号が現れたのかによって区別されます。
脳の一部分で異常な信号が発生している症状は部分発作と呼ばれ、光の点滅や手の微弱な痙攣といった症状が現れます。
それに対して、脳の全体で異常な電気信号が発生した場合は全体発作と呼ばれるものになり、意識の喪失、全身の痙攣といった症状が現れるようになります。
全体発作の症状が現れた際には、手足や全身が一瞬振動するように動く発作症状や、身体中から力が抜けて倒れるような症状なども現れ、それが原因で頭部に重大なダメージを負ってしまう場合もあります。

部分発作

てんかんの部分発作は、大脳の神経細胞のうち、一部分だけで異常な電気信号が発生することによって起こる症状です。
この部分発作の症状はさらに単純部分発作と複雑部分発作へと細分化することができます。
単純部分発作は一次運動野、前頭葉、補足運動野、一次体性感覚野、後頭葉、側頭葉聴覚や、側頭葉内側、盗聴・側頭葉移行部など、脳の限定的な部位で異常信号が発生することにより、視覚や聴覚、嗅覚、味覚に対しての発作や、めまいなどの症状が起こります。
複雑部分発作は意識障害と健忘を伴う発作症状で、症状が現れて早い段階では単純部分発作と症状は変わりありませんが、その後意識障害や健忘の症状が発生します。

全般発作

てんかん発作の原因となる電気信号が脳全体で発生することによって起こる発作症状を全般発作と呼びます。
全般発作は意識の喪失や全身の痙攣といった症状を伴うような発作で、身体が突然硬直することもあれば、全身の力が抜け落ち、足元から崩れ落ちるような症状が現れることもあります。
全般発作の症状として最も多い症状は強直間代発作といもので、この発作は前兆が何もない状態で突然叫び声やうめき声を出しながら痙攣を起こし、手足を伸ばしながら全身を硬直させたような状態が最長で10数秒間起こり、その後再びけいれんを起こしながら口を固く食いしばりながら、15分から30分ほど意識の喪失などの症状が持続します。

てんかんの治療法

てんかんの症状は一度発症してから完治させることが非常に難しい症状であり、実質完治は不可能だと言われています。
しかし、てんかんは抗てんかん薬と呼ばれる医薬品を服用することによって、発作症状が現れるのを抑制することができます。
したがって、てんかんになった後は抗てんかん薬を上手く服用していくことによって発作が起こるのを抑制しながら毎日の生活を送ることになります。
そして抗てんかん薬の使用以外にも、外科療法や迷走神経刺激療法という特殊な方法、食事による改善なども可能と言われているため、てんかんを発症した後もてんかんの発作に悩まされること無く、安全に生活を送ることもできます。

薬物治療

てんかん治療を行う際には、抗てんかん薬や抗けいれん薬と呼ばれる医薬品を使用した薬物療法が一般的に行われます。
これらの医薬品は全般発作が2回以上発生し、低血糖などの治療可能な原因が特定された後、解消されたことが証明された時にのみ処方されます。
抗てんかん薬や抗けいれん薬を使用した場合、服用者の3分の2が全般発作を起こさなくなる、もしくは発生頻度が大幅に低下します。
そして抗てんかん薬を使用し効果が得られた人の内、3分の2近くは薬を使用しなくなった後も発作症状が起こらなくなります。

外科療法

近年では外科手術によるてんかん治療が行われるようになっています。
外科療法の具体的な施術内容として、皮質切除術と脳梁離断術という手術の方法が取られます。

・皮質切除術
てんかん発作を起こし得る大脳皮質を部分的に切除することによって、発作の発生を抑制するという手術です。

・脳梁離断術
大脳の左右を連結する脳梁を分断することによって、発作の消失や軽減を図るという手術です。
海馬硬化症、腫瘍、大脳皮質形成障害など、脳に直接問題があるためにてんかん発作が起こっている場合、上記のような外科療法が用いられることが多いです。

迷走神経刺激療法

難治性てんかんには、迷走神経刺激療法(VNS)と呼ばれる方法での治療が行われます。
迷走神経刺激療法はパルスジェネレータと呼ばれる機械を利用する治療方法です。
首の左側にある迷走神経に対して電極を巻きつけて、一定間隔で電気刺激を送り治療します。
迷走神経刺激療法を行うことで発作を完全に抑制することはできませんが、てんかん発作が起こる回数を減らしたり、発作の程度を軽くすることができます。

食事療法

難治性てんかんの治療を行う際には、迷走神経刺激療法という治療方法での改善を図るのが一般的でした。
しかし、2016年より難治性てんかんの治療方法として「てんかん食」と呼ばれる物を利用した食事療法が保険適応されるようになりました。
最も代表的なのがケトン食糧法です。
脂肪を摂取すると体内でケトン体がつくられます。
詳しいメカニズムは未解明ですが、ケトン体を生成することで、脳が糖質の代わりにケトン体を栄養源とすることで発作の発症回数が減少すると言われています。

ADHDとは?

ADHDは日本語で「注意欠陥・多動性障害」と呼ばれる神経発達症や行動障害のことです。
ADHDの症状としては、一つの物事に対して集中するのが困難である、作業に楽しみを見いだせなければすぐに退屈を感じる、じっと座っていられない、絶え間なく喋り続ける、結論なしに話し続ける、人の話を遮るといったものがあります。
これらの症状は年齢が上がるに連れて見た目上の症状は沈静化していきます。
しかし見た目上の症状が治まるだけであり、注意力や集中力の欠如、感情的・精神的な衝動性、ミスの連発といった行動が日常生活の中で目立つようになります。
そして同時に、不注意の症状のみが目立つようなADHDの場合、幼少期に周囲や自己がADHDを発症していると気がつかずに成長してしまうことが多いという特徴もあります。

ADHDの原因

ADHDの発症原因に決定的な要素は未だ発見されていません。
ADHDの原因として判明していることとして、抑制や自生などの行動に関する脳の神経回路が発達の段階で損なわれているという点があります。
しかし、その部位や機能が損なわれる原因や機序は仮説止まりとなっています。
現在ADHDの原因として考えられている仮説には、以下のものがあります。

・脳の部位説
・神経基盤説
・食事説
・睡眠説
・有機リン化合物の影響説

そして同時に、ADHDは両親の離婚、貧困、教育様式、養育者の教育水準、社会福祉、性的な虐待、睡眠不足、食品添加物、携帯電話などの電子機器の使用といった多くの要因が相互作用することによって発症するのではないか、という説も存在しています。

脳の部位説

ADHDは脳の特定部位に症状が発生することにより発症するのではないか、という説があります。
これはADHDを発症している子どもの脳と健常児の脳を比較した際、特定の部位だけが縮小していてほとんど働いていないと考えられるという仮説です。

・右前頭前皮質
・大脳基底核の尾状核と淡蒼球
・小脳虫部
上記のような部位が縮小し行動に影響が出ていると思われることから、脳の特定部位が原因でADHDは起こるのではないか、という説がたてられています。

神経基盤説

ADHDの発症原因の仮説として、神経基盤説というものがあります。
アメリカの研究グループがPETスキャンを用いてADHDの成人に対して脳の代謝活性を測定し、神経学的な基盤を持っていることを証明しました。
記憶の整理、感情の調節など脳全体の働きをコントロールする前頭前野、運動調整や感情表現、意欲や動機づけをコントロールする大脳基底核が健常者に比べて働きが低下していることがADHDの原因ではないか、という仮説です。

食事説

ADHDの発症と食事が関係しているという説があります。
2007年に食品添加物の中でも合成保存料として使用される安息香酸ナトリウム、そして一部の合成着色料が子どものADHDの原因になるという研究結果が出ました。
そして2006年には、砂糖の多いソフトドリンクの摂取量と多動の症状に非常に深い関係があるということが観察されたため、普段からとっている食事とADHDには決して少なくはない関係があるのではないか、という仮説が立てられています。

睡眠説

ADHDと深い関係があり、ADHDの増加にも関係していると言われている物に睡眠があります。
睡眠というのは私たち人間を始め、生物が活動するために必要不可欠なものですが、この睡眠とADHDが非常に密接な関係にあるということが近年睡眠科学の研究によって発見されました。
また、ADHDを発症する人の多くが何かしらの睡眠障害を発症しているということもあり、この仮説は非常に有力です。

有機リン系化合物の影響

ADHDと関係があると言われているものに、有機リン化合物があります。
有機リン化合物は炭素とリン結合を含む有機化合物の総称です。
有機リン化合物は化学兵器であるサリンの原料となるもので、神経毒性が非常に強い物質です。
そしてADHDを発症している子どもの尿に有機リン化合物の一種であるジアルキルリン酸塩が多く含まれていたということが発見されたことにより、ADHDと有機リン化合物には何かしらの関係があるのではないか、という仮説が立てられました。

ADHDの治療法

ADHDは発症後完治させることができず、服薬や心理療法、行動療法によって症状の管理を行うことによって、症状の改善を行っていきます。
具体的な症状の改善方法としては、以下のような方法があります。

・心理療法
・認知行動療法
・社会的方法
・薬物療法
・その他の治療方法

薬物療法は年齢的な制限が存在しており、一定以上の年齢に達していない児童に対しては治療薬が使用できないという問題があります。
したがって、世界保健機構のガイドラインでは児童や青年に対してADHD治療を行う際には、心理療法や認知行動療法を第一選択として選ぶことが推奨されており、薬物療法は医師の管理下でのみ可能と定められています。

心理療法

ADHDの治療方法として非常に有効なものに心理療法があります。
心理療法は精神的な面からアプローチをかけることにより、ADHDを治療するのではなくADHDを発症しながらも社会を上手く生きていく、社会生活を送るというための方法を身につけるというものです。
具体的な方法としては心理教育やペアレントトレーニング、ソーシャルスキルトレーニングなどがあります。
ペアレントトレーニングはADHDを発症している本人ではなく、その両親が受けるものであり、ADHDを発症した子どもとどのようにして接していけば良いのかを習得していきます。
ソーシャルスキルトレーニングはロールプレイなどの手法により、実際に起こり得るシチュエーションに対してどう対応をすればよいのかを身につけていくような治療方法です。
これらの心理教育はメンタルクリニックを始め多くの支援団体が実施しています。

認知行動療法

ADHDの治療方法である心理療法の中でも、特に重要と言われているものに認知行動療法というものがあります。
認知行動療法は個人の考え方の癖や行動パターンに対しての見直しを行い、気分を軽くする、問題解決の方法を考える、というようなカウンセリング手法です。
認知行動療法は多くの精神的な病の治療で行われる治療方法ですが、ADHDの治療を行う際には特にこの認知行動療法が大切だと言われています。
具体的な手法としては、ソーシャルスキルトレーニングやペアレントトレーニングといったものに始まり、感情のコントロールや怒りのマネジメント方の習得、スケジュール管理の習得などがあります。
これらの認知行動療法も、専門の医療機関や支援団体の利用によって行えます。

社会的方法

社会的療法は心理療法や認知行動療法とは違い、家庭内で行うような治療方法になります。
社会的療法の具体的な手法としては、環境変容法や家庭での配慮といったものがあります。
環境変容法は自分の身の回りに注意をそらさないような物をおかず、一つの物事が終わるまでの間、集中力を持続させるという方法です。
家庭での配慮はADHDの子どもに対して家庭内で行う配慮であり、なにか行動を起こさせる際に強制させるのではなく、興味を持って行動に移せるように工夫をしてあげるような方法になります。

薬物療法

ADHDの治療方法として一般的に行われている方法に薬物療法があります。
薬物療法は一定の年齢以上に達していなければ行えないなど非常に制限の多い治療方法ですが、とても効果が強く、優れたADHDの改善効果があります。
ADHDの治療に用いる医薬品はコンサータやストラテラという医薬品が使用されます。
これらの医薬品はドパミントランスポーターと呼ばれる部位の再取り込みを阻害する働きがあり、服用により脳内のドパミン濃度を上昇させることにより、ADHDの症状を緩和する働きがあります。

その他

その他ADHDの治療に利用できる方法として、鍼治療や食事療法といった方法があります。
ADHDを鍼治療にて行う鍼灸院が日本にも多く存在しており、比較的高い効果があると言われているのと同時に、アメリカでもADHDの鍼治療の認知度は非常に高くなっています。
しかし、鍼灸によるADHDの治療は研究段階であり、確実に効果があるかどうかというのはまだ判明していません。
食事療法に関しては、ビタミンとミネラルの摂取により感情調節や攻撃性、不注意の改善こそ可能でしたが、過活動と衝動性に対しては変化が見られなかったためこちらに関してもまだ確実な治療効果があるかどうかは判明していません。

てんかん・ADHD治療薬の効果

てんかんとADHDは医薬品の使用により治療が行えます。
治療薬は症状ごとに異なっており、作用の仕組みや使用効果なども異なっています。
てんかん治療に使用される医薬品は抗てんかん薬と呼ばれる医薬品で、バルビツール酸系、ヒダントイン系、ベンゾジアゼピン系などの医薬品があります。
ADHDの治療に使用される医薬品はメチルフェニデート徐放剤、アトモキセチン、グアンファシンという3種類の医薬品です。
以前まではこれら3つの医薬品だけでなく、短時間作用型のメチルフェニデートというものが存在していましたが、過去に乱用問題が発生しADHDの症状改善には効果を発揮しなかったということから利用されなくなりました。

抗てんかん薬

抗てんかん薬には興奮性の抑制作用と抑制系賦活化という2つの作用があります。
興奮抑制系の抗てんかん薬は、電位依存性ナトリウムやカルシウムチャネルと呼ばれる物を阻害する、グラミン酸神経系の抑制を行う、シナプス小胞タンパクに結合することによって神経伝達物質の抑制を行う、AMPA受容体に結合し、神経の過剰な興奮を抑制する、という働きがあります。
そして抑制系賦活化は、GABA受容体に結合し、クロライドチャネルという部位を開かせることによって、細胞内電位を低下させるという働きがあります。
また、抗てんかん薬として処方・発売されている医薬品にはアレビアチン、エピレオプチマル、リボトリールなどがあり、アレビアチンはナトリウムチャネルの阻害、エピレオプチマルにはカルシウムチャネルの阻害、リボトリールにはGABA受容体に対しての作用があります。

参考サイト:抗てんかん薬 - Wikipedia

ADHD治療薬

ADHD治療薬は脳内のドパミンやノルアドレナリンの働きを強める、神経伝達物質の信号伝達を改善する作用を持っています。
脳内で分泌されたドパミンやノルアドレナリンが再取り込みすることを抑制し、神経伝達物質の働きを服用前よりも強める働きや、ノルアドレナリンの受容体と呼ばれる部位に対して作用することで神経伝達物質の信号伝達を増強させ、ADHDを改善させる働きがあります。
有効成分一種であるのアトモキセチンは、このノルアドレナリンの増加で集中力や注意力を高めることに関係しています。

参考サイト:医療用医薬品:アトモキセチン塩酸塩

てんかん・ADHD治療薬を通販で購入するメリット

抗てんかん薬やADHD治療薬は一般的に医療機関を受診し処方してもらうことによって入手が可能な医薬品ですが、通販を利用することによっても購入が可能となっています。
通販を利用した購入の場合、医療機関の受診をせずに購入が可能となるため、手間が少ないというメリットがあります。
また、購入できる治療薬としてジェネリックと呼ばれるような安価な製品を購入することもできれば、海外製の日本では入手できないような治療薬を購入することも可能となっています。
したがって、通販を利用した治療薬の購入では非常に便利にそしてより自分にとって良い方法でのてんかんやADHDの治療が可能となっています。

クリニックや病院で処方してもらう場合

クリニックや病院など、医療機関を利用して抗てんかん薬やADHD治療薬を処方してもらうメリットとしては、治療前の検査を行ってもらえる、治療薬以外の治療が行えるという点があります。
初めて医療機関を利用した場合、薬を処方してもらう前に検査を行い、どういった症状なのか、何の病気を発症しているのかを調べ、症状に合う医薬品を処方してもらうため、治療の際の安全性が非常に高いという特徴があります。
そして再診時には症状の改善度合いを調べてもらうこともできれば、ADHDの場合であれば心理療法や認知行動療法といった方法での治療が行ってもらえるため、より身体に対しての負担が少ない方法での治療が可能となっています。
治療を受ける際に発生する金銭的負担は比較的大きい傾向にありますが、健康保険と補助制度を利用することにより1回の受診を1,000円から3,000円前後にすることも可能です。

通販サイトを利用した場合

てんかんやADHD治療薬を通販で購入した場合、治療の際に発生する移動の手間や心身の負担を減らした上で、薬物治療が可能であるというメリットがあります。
医療機関の受診を行う場合、医療機関まで移動するという手間が発生します。
それだけでなく、比較的重いてんかんの場合であれば移動中の発作に対しての不安を感じることになりますし、ADHDの場合は通院の予定時間を守らなければならないという責任を感じるため心身の負担が非常に大きくなってしまいます。
しかし通販を利用した場合、注文したものが自動的に指定した住所まで送られてくるため、治療の際に発生する多くの負担が非常に少なくなるのです。
治療薬を通販で購入する場合、注文完了から到着までに1週間から2週間ほどの時間がかかります。
したがって、注文を行う際には早期注文を心がけるというのを忘れずに行う必要があります。

通販でしか購入できないてんかん・ADHD治療薬

通販を利用し抗てんかん薬やADHD治療薬を購入するメリットとして、海外で製造と販売が行われている治療薬の入手が可能であるという点があります。
日本国内で処方されている抗てんかん薬やADHD治療薬というのは、日本で製造された製品であり元々は海外で開発されたものであっても、海外で製造されている治療薬が日本でそのまま処方されている訳ではありません。
しかし通販を利用した場合であれば、海外で製造されている治療薬をそのまま輸入して使用できます。
したがって、通販を利用した場合は治療をより便利に行うための選択肢が医療機関を使用した時よりも増え、とても便利かつ自分にあった方法でのてんかんやADHDの治療が可能となります。
通販サイトを利用する際には必ず事前に何を輸入するのかなどを調べた上で購入を行うようにしましょう。

てんかん・ADHD治療薬の服用方法

抗てんかん薬やADHD治療薬は、医薬品ごとに配合されている成分などが大きく異なっています。
したがって同じ症状の改善に用いる医薬品であっても、薬の種類が変われば服用方法が変化します。
誤った方法での服用を行ってしまうと、体調の悪化といった軽微な症状が起きるだけでなく、非常に重篤な副作用が現れる場合もあります。
そのため、医薬品を服用する際にはどういった方法で服用するのか、といった服用方法についても知った上で使用を開始する必要があります。

抗てんかん薬

抗てんかん薬を服用する場合、1日あたりの指定服用量を2回から4回、薬ごとに指定されている回数で分割を行いながら服用します。
服用回数や1日あたりの服用量は薬の種類によっても異なります。
したがって、服用前には抗てんかん薬ごとに定められている服用量などを確認した上で服用するようにしましょう。

・ゾニサミド
毎日決まった時間に、1から3回に分けて服用してください。
1日200mgから400mgまで徐々に増やすことが出来ますが、1日の限度は600mgまでなので超えないようにしましょう。

参考サイト:医療用医薬品:ゾニサミド

・トピラマート
毎日決まった時間に、1から2回に分けて服用してください。
50mgから開始して1週間以上感覚を開けて徐々に増やし、1日200mgから400mgを2回に分けて服用してください。
1日600mgを超えないようにしましょう。

参考サイト:医療用医薬品:トピラマート

・ラモトリギン
毎日決まった時間に服用してください。
服用開始してから2週間は1日1回25mgを服用し、その次の2週間は1日1回50mgにします。
そして5週間目には1日100mgを1回から2回に分けて服用してください。
それからは1から2週間ごとに最大100mgずつ増やすことが可能です。
1日400mgが限度なので、超えないようにしましょう。

参考サイト:医療用医薬品:ラモトリギン

・カルバマゼピン
毎日決まった時間に服用してください。
1日200mgから400mgを1から2回に分けて服用し、その後は効果を実感できるまで徐々に増量することが可能です。
限度は600mgから800mgなので、越えないようにしましょう。

参考サイト:医療用医薬品:カルバマゼピン

・ガバペンチン
その他の抗てんかん薬と併用して服用してください。
まず1日600mgから始め、2日目は1200mgを3回に分け服用します。
その後は1日1200mgから1800mgを3回に分け服用しますが、1日2400mgが限度なので超えないようにしましょう。

参考サイト:医療用医薬品:ガバペンチン

・レベチラセタム
強直間代発作の場合はその他の抗てんかん薬と併用して服用してください。
まず1日1000mgを2回に分けて服用しますが、症状次第で1日3000mgまで増減調整が可能です。
増量する場合は2週間以上感覚を開け、1000mg以下ずつ行ってください。

参考サイト:医療用医薬品:レベチラセタム

・ラコサミド
毎日決まった時間に服用してください。
まずは1日100mgを2回に分けて服用しますが、その後は1週間以上感覚を空け1日200mgを2回に分けて服用します。
1日600mgは越えないようにしましょう。
また、薬に使用されている成分によってはフラノクマリン酸などの影響で効果が過剰に高まる場合があるため、服用の際には水もしくは白湯を用いた服用を行うようにしましょう。

参考サイト:医療用医薬品:ラコサミド

ADHD治療薬

ADHDの治療に用いる医薬品の服用方法は、薬の種類によって変化します。

・アトモキセチン
毎日決まった時間に1回か2回に分けて服用してください。
1日40mgから始め、その後は1日80mgから120mgを維持してください。
120mgは越えないようにしましょう。
即効性は無いため、2週間ほどで効果が現れます。

参考サイト:医療用医薬品:アトモキセチン塩酸塩

てんかん・ADHD治療薬の副作用

副作用は医薬品の服用によって意図せずに発生する症状のことです。
医薬品には主作用と副作用という2種類の作用が存在しています。
主作用は医薬品が意図的に起こしている症状のことを指す言葉で、抗てんかん薬の場合はてんかん発作の抑制、ADHD治療薬の場合はADHDの症状を抑制する効果のことを指します。
それに対して副作用は、薬の成分が本来作用して欲しい場所とは違った場所に対して作用する、もしくは主作用が発生することによって併発する作用のことを指します。
副作用はどのような医薬品にも存在しており、実際に服用を開始するまでは副作用としてどういった症状が体に現れるのか判断することはできません。
しかし副作用というのは正しい対処法を知っておけば、重度の症状であれば身体にダメージが発生する前に対応することも可能となりますし、軽度の症状であれば過度な不安を感じる事無く、治療を進めることができます。
したがって、医薬品の服用を行う際にはどのような副作用が発生する恐れがあるのか、危険な副作用や副作用に対しての対処法について知り、その上で服用を開始する必要があります。

起こりやすい副作用

抗てんかん薬の軽微な副作用には、以下のような症状があります。

・眠気
・注意力や集中力の低下
・頭重
・頭痛
・ふらつき
・めまい
・発疹
・蕁麻疹
・腎機能の異常による蛋白尿
・長期服用による耐性
・長期服用による骨密度の低下

次にADHD治療薬の軽微な副作用として、以下のような症状があります。

・食欲減退
・不眠症
・体重減少
・頭痛
・腹痛
・チック
・睡眠障害
・吐き気
・浮動性めまい

上記の症状が抗てんかん薬とADHD治療薬の服用によって発生する、比較的軽微な副作用になります。
これら症状の発生頻度や症状の重さは、服用者の体質等によっても異なります。
したがって、服用後に上記のような副作用が発生した際にはまずは一度症状の頻度や重さを確認し、その上で辛さや異常を感じた際にはすみやかに服用を中断し、医師にご相談ください。
また、各治療薬に共通する不眠症やめまいの症状が現れた場合、車の運転や高所での作業といった注意力を要する作業の実施により、思わぬ事故を招くおそれがあります。
服用の際には注意力を要する作業は可能な限り回避することをお薦めします。

重篤な副作用

抗てんかん薬の服用によって発生する可能性がある重篤な副作用に、以下の症状があります。

・スティーブン・ジョンソン商工分
・薬剤性過敏症症候群
・中毒性表皮融解壊死症
・汎血球減少症
・骨髄抑制
・肝障害

ADHD治療薬の服用によって発生する可能性がある重篤な副作用に、以下の症状があります。

・剥脱性皮膚炎
・狭心症
・悪性症候群
・脳血管障害
・肝不全、肝機能障害
・アナフィラキシー
・失神
・低血圧
・房室ブロック

これらの症状は非常に危険な症状であり、発症後治療を行わずに居た場合、命にかかわるような事態を招く恐れもあります。
したがって、これらの症状やその事前症状が現れた際には、速やかに服用を中断し、医師にご相談ください。

てんかん・ADHD治療薬の併用禁忌薬・注意薬

医薬品には併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在しています。
併用禁忌薬は、特定の医薬品との併用を行うことにより、身体に対して重大な影響を与える恐れがある医薬品のことを指します。
併用注意薬は禁忌薬と違い身体に重大な影響は与えませんが、効果の過剰な増減や副作用の発現といった現象を引き起こす恐れがある医薬品になります。
抗てんかん薬やADHD治療薬に関してもこれらの医薬品が存在しているため、服用の際には注意を払う必要があります。

併用禁忌薬

抗てんかん薬の併用禁忌薬として、以下の医薬品があります。

・ボリコナゾール
・タダラフィル
・マシテンタン
・リルピビリン
・アスナプレビル
・ダクラタスビル
・バニプレビル
併用により、抗てんかん薬の血中濃度が大幅に低下しこうかが弱まるおそれがあるため、併用は禁忌となっています。

ADHD治療薬の併用禁忌薬には、以下のような医薬品があります。

・セレギリン
・パーキンソン病治療薬

禁忌薬として指定されている医薬品と治療薬の併用は非常に危険であり、場合によっては命にかかわる症状を引き起こす恐れもあります。
したがって、禁忌薬として定められている医薬品同士の併用は回避し、自分が常用している医薬品との併用に不安を感じた際や、誤って禁忌薬との併用を行ってしまった場合はすみやかに医師にご相談ください。
その際、併用した医薬品の名称を医師に伝えることによって、より速やかな処置が可能となります。

併用注意薬

抗てんかん薬の併用注意薬は以下の医薬品になります。

・バルプロ酸
・カルバマゼピン
・アルコール
・セントジョンズワート

これらの医薬品は抗てんかん薬と併用によって、併用薬もしくは抗てんかん薬、または両方の薬効が増減する可能性があります。
したがって、これらの医薬品との併用を行う際には細心の注意を払った上での併用を行う、もしくは併用自体を回避してください。
ADHD治療薬の併用注意薬には、以下の医薬品があります。

・抗うつ薬
・昇圧剤
・クロニジン
・ワルファリンカリウム
・フェニトイン
・フェノバルビタール
・プリミドン
・アルコール
・サルブタモール
・塩酸メチルフェニデート
・ドーパミン

これらの医薬品との併用により、ADHD治療薬や併用薬の効果が増減するなど、危険な症状が現れるおそれがあります。
したがって、これらの医薬品を併用する際には細心の注意を払った上で併用する、もしくは併用を行わないようにしてください。

てんかん・ADHDの治療薬を服用してはいけない方

抗てんかん薬の使用が禁忌となっている人には、以下のような人がいます。

・治療薬の成分に対して過敏症を発症している
・急性間欠性ポルフォリン症を発症している
・併用禁忌薬を服用している
・急性狭隅角緑内障を発症している
・重症筋無力症を発症している

これらの条件に当てはまる人は、抗てんかん薬の使用によって危険な症状を発症するおそれがあるため、抗てんかん薬の使用が禁忌となっています。
ADHD治療薬の使用が禁忌となっている人には、以下のような人がいます。

・治療薬の成分に対して過敏症を発症している
・褐色性細胞腫を発症している
・MAO阻害薬を服用している、もしくは服用中止後2週間以上の時間が経過していない
・閉塞隅角緑内障を発症している
・緑内障を発症している
・甲状腺機能亢進症を発症している
・不整脈や狭心症といった心疾患を発症している
・運動性チックを発症している
・重度の鬱病である

これらの条件に当てはまる人がADHD治療薬を服用した場合、危険な症状が現れるおそれがあるため、使用は禁忌となっています。

てんかん・ADHD治療薬を服用する際に注意が必要な場合

抗てんかん薬はハイリスク薬と呼ばれる使用において最新の注意を払った上での服用が必要な医薬品であり、特定の症状を発症している場合は使用できないなど多くの注意点があります。
そしてADHD治療薬に関しては6歳未満の児童に対しての投薬の有効性及び安全性が保証されておらず、服用によって思わぬ症状が現れてしまう場合があります。
したがって、ADHD治療薬を投与する際には、年齢的な面でも注意をしながら投薬を行う必要があります。

てんかん・ADHD治療薬に関するよくある質問

Q.てんかんとADHDの違いは?
A.てんかんはてんかん発作という症状が特徴的な脳の病気で、ADHDは不注意・衝動性・他動性が特徴的な神経発達症もしくは行動障害です。
てんかんとADHDは症状や原因と思われる部位、治療に用いる医薬品などをはじめ、非常に多くの違いが存在しています。
しかし不思議なことに、てんかんを発症している人の5人に1人がADHDの症状を併発しているという調査結果があるため、これら2つの症状は多くの違いがありますが、何かしらの関係があるのではないかという意見もあります。

Q.てんかんの薬を使ってもADHDは治療できる?
A.ADHDの症状によっては抗てんかん薬での治療が可能な場合があります。
ADHDの症状には多くの症状がありますが、その中でも多動や衝動性が強く、癇癪を起こし感情のコントロールが困難なADHDの症状に対しては、バルブロ酸という成分が使用された抗てんかん薬を使用したADHDの治療や改善が行われる場合があります。
しかし、一般的にはADHDは専用の治療薬を用いて治療を行っています。

Q.病院に行かずに治療することはできる?
A.通販を利用すれば可能です。
病院へ行かず、通販を利用し治療薬の購入を行うことによって、自宅でもADHDやてんかんの治療を進めていくことができます。
しかし、通販を利用した場合は心理療法のような専門医の力を借りた治療を受けることができない、自分で薬の効果を調べないといけない、というような問題が発生します。
したがって、情報収集の手間を回避した上で治療を進めていきたい、投薬以外の方法で治療を進めたいと感じているのであれば、医療機関の利用が推奨されます。

Q.てんかんやADHDは薬を使わなくても治療できますか?
A.治療薬を使用しなくても改善は可能です。
てんかんやADHDは心理療法や食事療法、症状によっては外科手術によっての改善などが行えます。
特にADHDの治療の場合、投薬による治療ではなく心理療法や認知行動療法といった行動に対しての考え方や認識を正す治療が効果的と言われているため、薬物療法を行わずにADHDの改善を行っている人も多くいます。
したがって、てんかんやADHDの治療を行う際には治療薬を使用しないという選択も取ることができます。

Q.てんかんとADHDの併発の発症率は?
A.18%ほどと言われています。
てんかんとADHDを併発している人が非常に多いということから、てんかんとADHDを併発しているという人の数についての調査が行われました。
その結果、1361人中251人、18.4%がADHDの症状を発症しているということが判明しました。
また、それと同時にADHDを併発している人の方が、てんかん発作の頻度や症状が重い傾向にあるということが判明しました。

関連ページ

参考サイト
てんかん - Wikipedia
注意欠陥・多動性障害 - Wikipedia