上へ
戻る

カテゴリ

スマートドラッグ

スマートドラッグとは脳の機能や能力を向上させるお薬です。 様々な種類が存在し、用途によって服用する薬の種類も異なります。 認知力、判断力、記憶力など自分に合ったお薬を選ぶことが大切です。

スマートドラッグの商品一覧

スマートドラッグとは?


スマートドラッグとは、脳の機能をサポートし、記憶力や認知能力(理解力・判断力・論理力)を高める効果がある成分を含んでいます。
日本では、脳の働きが衰えるアルツハイマー病や、脳機能の異常が身体的な症状を引き起こすパーキンソン病の治療薬として使用されているものがありますが、そのほかにも集中力を高めたい、難しい仕事をそつなくこなせるようにしたい、という理由から使用されるケースもあります。
もともとの意味としてはドラッグ(Drug=薬品)というところからもわかるように医薬品を指しますが、サプリメントや健康食品として販売されているものもあります。
人の思考をよりスムーズに進める神経伝達物質の量を増やしたり、エネルギー源である酸素の供給量を増やしたりというのが医薬品のスマートドラッグであり、一方サプリメントとして販売されているものは、ビタミンCやアミノ酸などを主成分とするもので、神経伝達物質の合成をサポートするなどして頭を整理してくれます。

スマートドラッグの種類

スマートドラッグが頭を整理するメカニズムは、その種類ごとに異なります。
代表的なのは、人が物事を理解したり、記憶したり、何かを考えたうえで判断を下したりするために欠かせない神経伝達物質の供給量を増やすと言うものです。
その他にも、脳にエネルギーを充填するために栄養や酸素をスムーズに供給するものや、混乱しがちな脳を静める(安定させる)ことで思考力や記憶力を高める効果を持つものなどがあります。
このように、種類は様々で、集中して何かを考えるのが苦手、頭を使うとすぐに疲れてしまう、難しいことを前にすると混乱してしまう、などそれぞれの悩みに合わせてスマートドラッグを選ぶべきと言えます。

神経伝達物質を調整

人の脳が思考、記憶し判断するためにはアセチルコリンやセロトニン、ドーパミンなどの神経伝達物質が欠かせません。
しかしその分泌量は人によって、また時と場合によって異なります。
高い集中力や記憶力が求められるときや的確な判断力が求められるとき、早々に消費されてしまい、結果的に注意力や記憶力、判断力などが下がってしまうケースが見られます。

神経伝達物質の量を調整するスマートドラッグは、そのようなときに役立つ薬品です。
神経伝達物質のもとになるアセチルカルニチンやL-ドーパのような成分を含むものが挙げられます。
長く頭を使っていると注意力が散漫になってしまうことが多く、その結果あまり物を考えられなくなったり、ミスをしてしまったりすることが多い方は特にスマートドラッグがお薦めと言えます。

抗うつ、精神安定剤、アダプトゲン的な働き

何かを思考、判断、記憶しなければならない場面になると、緊張や不安感で気分が沈んでしまう、鬱っぽくなってしまうという方にお薦めなのが、精神安定剤やアダプトゲンのような働き方をするスマートドラッグです。
精神安定剤は、文字通り不安で揺れる精神を安静にする効果がある医薬品であり、アダプトゲンは不安感や疲労感を解消させる効果がある天然ハーブの一種です。

精神安定剤や天然ハーブのような働きをするスマートドラッグには、アダプトゲンのような天然ハーブ、心を落ち着かせる神経伝達物質の素材となるアミノ酸などを含んだものが挙げられます。
神経伝達物質を調整するスマートドラッグと共通点が多いというのもポイントです。

脳の栄養や酸素供給を改善

栄養を多く摂取することで身体能力が上がるのと同じように、脳の機能もまた適切な量の栄養を供給することで高まります。
また、酸素を供給するのも脳のパワーを高めるのに不可欠なことで、酸欠状態に置かれると急激な機能低下が引き起こされます。
しっかり酸素を供給することで集中力や判断力、記憶力を高めることができます。

脳に栄養を供給するスマートドラッグの成分としては、クレアチンやアセチルカルニチンなどが挙げられます。
クレアチンは脳のエネルギー源であるATPと呼ばれる物質を生成する働きがある成分で、アセチルカルニチンはATPの材料である脂肪酸を脳に送り届ける効果がある成分です。
一方、酸素の供給をサポートする成分としては、ピラセタムやビンポセチンなどが挙げられます。

頭の回転、集中力、スタミナを増強

このタイプのスマートドラッグは、集中力を高める効果があると言うことでADHD(多動性障害)の治療に使用される場合もあります。
脳を整理したい、すぐ集中が切れるのを何とかしたい、と言う方にお薦めのスマートドラッグと言えます。
主なスマートドラッグの成分としてはカフェインやニコチン、ニセルゴリンといったものが挙げられます。

カフェインはコーヒーや緑茶などに含まれる成分であり、ニコチンはタバコの主成分として知られています。
これらの成分は依存性を持ち、またカフェインに関しては耐性がつきやすいので注意が必要です。
また、ニセルゴリンは痴ほう症の治療にも使用されるもので、目を覚ます働きがあります。
注意力が散漫になってぼんやりしてしまう方にお薦めです。

記憶力が改善し学習能力が向上

特に物を覚えるのが苦手であると言う方にお薦めのスマートドラッグです。
ホスファチジルセリン、イチョウ葉エキスやローズマリーエキス、ビタミンCなどが主な成分として挙げられます。

記憶力を高めるには脳細胞を保護し、記憶を保管する海馬という部位の働きを支える必要がありますが、そこで役立つのが上記のような成分を含むスマートドラッグです。
たとえば、ホスファチジルセリンには海馬の働きを弱めるストレスホルモンのコルチゾールが脳内で増加するのを防ぐ働きがあります。
また、ビタミンCには脳細胞を酸化(老化)から防ぐ抗酸化効果があり、これによって脳細胞を保護して記憶力の低下を防ぎます。

神経の成長促進、脳細胞の保護

脳神経の成長を促す神経成長因子のような働きがあるヒデルギン、イデベノンなどの成分が主として挙げられるのがこのタイプのスマートドラッグです。
また、脳細胞を保護する働きがあるスマートドラッグの多くは、記憶力を改善させるスマートドラッグと共通する成分によってできています。
たとえばイチョウ葉エキスが挙げられますが、海馬にダメージを与えるストレスホルモンの量を抑えるホスファチジルセリンにも同様の効果があります。
また、ビタミンCも脳へのダメージを抑え、細胞膜を安定させることで脳細胞を守ります。
ビタミンCはドーパミンの生成をサポートする成分でもあり、万能のスマートドラッグであると言えます。

スマートドラッグを通販で購入するメリット

スマートドラッグを入手するには、ドラッグストアで探す、通販サイトを通じて購入する、と言う方法がありますが、特にメリットが多いと言えるのは通販を利用する方法です。
スマートドラッグは主に、栄養補助食品、サプリメントとしてドラッグストアでも販売されていますが、海外で流通しているものに比べて数は少なく、また価格が高いという点がネックです。
一方、海外製のスマートドラッグを扱っている通販サイトであれば、ドラッグストアでは見つけることができない、またドラッグストアに陳列されているものよりもスマートドラッグを手軽に安値で購入することができます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

スマートドラッグが、頭を整理する薬として病院で処方されることはありません。
病院が薬を処方するのは、あくまでも何らかの病気があり、治療するためには医薬品が必要だと医師が判断したときに限ります。
その結果、処方箋が書かれて初めて医薬品の処方が決まります。
しかし、多くの人がスマートドラッグを求めるのは病気を治療するためではなく、記憶力や集中力を高めるためにスマートドラッグを服用する、これは病気を治療すると言うこととは根本的に異なります。

通販サイトを利用した場合

医薬品・サプリメント専門の通販サイトでスマートドラッグを購入する場合には、一般的なショッピングサイトを利用するのと同じ感覚で商品を選び、注文するというのが一連の流れとなります。
日本の病院やクリニックでは成分量も少なく、高値ですが通販サイトを利用することで海外製の用量の多い薬品を安値で購入できるのが大きなメリットで、価格もサイトによって異なりますが、約3/1程度で購入できる場合もあります。
豊富な種類がある一方で、海外製の商品であるということで手もとに届くまでに時間がかかるという点には留意すべきです。

通販でしか購入できないスマートドラッグ

世界各国でスマートドラッグとして販売されている多くの医薬品やサプリメントは、海外では流通していますが、日本では販売されていないものです。
国内での医薬品やサプリメントが販売されるには厚生労働省の認可を受ける必要がありますが、多くのスマートドラッグは未認可となっています。
しかし通販サイトであれば、未認可のスマートドラッグも個人輸入という方法で取り寄せることが可能です。
通販を利用する最大のメリットであると言えます。

スマートドラッグの服用方法

効果が現れて欲しいタイミングの30~60分前に、指定されている量を水や白湯で服用してください。
スマートドラッグの種類によって1日の服用量は異なります。
通販で購入する海外製の商品に関しては、インターネットなどで情報をチェックして服用してください。
(日本のドラッグストア等で購入できるスマートドラッグの場合は、パッケージなどに用法用量が記載されています)

スマートドラッグの多くは食事による影響をほとんど受けないため、食前食後を問わず服用が可能となっていますが、使用されている成分によっては食後の服用が推奨されている場合もあるので注意する必要があります。
また、別のスマートドラッグとの併用が推奨されているものもあります。

ピラセタム

水、またはぬるま湯で服用してください。
1日3回、1回1錠を服用してください。
16歳未満、重度の腎機能障害、肝機能障害のある方は服用しないでください。
脳出血患者、ピラセタム、ピロリドン誘導体に過敏症の既往のある方は服用しないでください。
年齢、症状に応じてピルカッターなどでカットし個人に合わせた用量を服用してください。

参考サイト:ピラセタム - Wikipedia

ニモジピン

水、またはぬるま湯で服用してください。
1日10mg~100mgを2~3回に分けて服用してください。
18歳未満、妊娠をしている方は服用しないでください。
副作用によりめまいなどが生じる場合があるため、服用後は機械運転を控えてください。
年齢、症状に応じてピルカッターなどでカットし個人に合わせた用量を服用してください。

参考サイト:カルシウム拮抗剤 - Wikipedia

シチコリン

水、またはぬるま湯で服用してください。
1日500mg~2000mgを2回に分けて服用してください。
18歳未満、妊娠をしている方は服用しないでください。
シチコリンに対し、過敏症の既往歴のある方は服用しないでください。
年齢、症状に応じてピルカッターなどでカットし個人に合わせた用量を服用してください。

参考サイト:医療用医薬品 : シチコリン

スマートドラッグの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはスマートドラッグも例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・いらいら
・むかつき
・吐き気

いずれも、ヨヒンビンという成分を含むスマートドラッグを服用することで起こる可能性がある副作用です。
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

・肝障害
・依存症

上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。
これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。

スマートドラッグの併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はスマートドラッグと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
スマートドラッグを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。

併用注意薬はスマートドラッグと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

現在報告されておりません。

併用注意薬

セントジョーンズワートの成分を含むサプリメントは併用注意薬が多く存在していますので注意してください。

・ジゴキシン
・インジナビル
・シクロスポリン

併用により血中濃度が低下する恐れがあります。

スマートドラッグを服用できない方

・アレルギー症状の既往歴のある方
・肝障害のある方

スマートドラッグに関するよくある質問

Q.スマートドラッグは違法な薬ですか?
A.「ドラッグ」と聞くと条件反射的にいわゆる違法薬物、麻薬を連想してしまうかもしれませんが、日本のドラッグストアで購入できるもの、また優良な通販サイトで販売されているものは、特に違法な薬ではありません。
ただし、海外で流通しているスマートドラッグの中には、日本で覚せい剤と指定されているものがあります。
購入する機会はないかと思いますが、注意すべきと言えます。

Q.スマートドラッグは頭が良くなる薬って本当ですか?
A.頭が良くなる=知能指数を高める、頭脳明晰になる、というような効果はありません。
スマートドラッグはあくまでも頭をスマートにする=集中力や記憶力、判断力を高めるという効果がある薬です。
ただし、たとえば暗記が必要不可欠な科目を勉強するときに服用すると、記憶力が高まることでよりスムーズに暗記できるようになる可能性があるので、その意味では「頭が良くなる」と言っても良いかも知れません。

Q.スマートドラッグって言っているのにサプリメントとかも入るんですか?
A.確かに、「ドラッグ(drug)=医薬品」なのでサプリメントが入っているのは奇異に思われるかもしれませんが、日本では便宜的に医薬品もサプリメントもまとめてスマートドラッグと呼んでいるということに過ぎません。
英語圏ではスマートドラッグという言葉はあまり使われず、医薬品もサプリメントも含むものという意味をこめて「ヌートロピック(Nootropic)」と呼ばれています。
Nootropicは、向知性薬と訳されます。

Q.日本国内でもスマートドラッグは販売されていますか?
A.ドラッグストアで販売されているものがあります。
すべてサプリメントで、たとえば心を落ち着けて集中力を高めるセントジョーンズワートを含むものや、記憶力を高めるホスファチジルセリンを主成分とするサプリメントが販売されています。
多くの場合、海外製のサプリメントより成分量が少ないので初心者の方向けと言えますが、総じて料金が高めです。
より安く購入したいという場合は通販サイトで購入することをお薦めします。

Q.スマートドラッグを使用して効果が現れている時しか頭は良くならないのですか?
A.そもそも正確には、スマートドラッグを服用することで頭が良くなると言うことはありませんが頭が良くなる。を集中力や記憶力が高まるという意味であれば、おおむねその認識で正しいと言えます。
スマートドラッグの効果が消失すると、脳は再びもとの状態に戻ります。
特に集中力や記憶力を高めたい勉強や仕事のタイミングに合わせて飲むことを心がけてください。
参考サイト:スマートドラッグ - Wikipedia