上へ
戻る

カテゴリ

禁煙補助薬

禁煙補助薬はタバコを止めたくても自身の意思だけでは止められない、そんな方の手助けとなる商品です。
禁煙が上手く継続できなかった方は禁煙補助薬を活用することで少しでも楽に禁煙を継続することができます。
自身に合った禁煙補助薬を選ぶ必要があります。

禁煙補助薬の商品一覧

禁煙補助薬とは?

禁煙補助薬とは自身の意思、力だけでは禁煙に成功できなかった方、これから禁煙したいと思っている方が効果的に効率良く禁煙するためのアシストをしてくれる商品です。
禁煙している際に起こる離脱症状を抑え、禁煙を続けやすくするための成分が含まれており、タバコを止めさせられやすくしてくれます。

禁煙補助薬がお薦めな人

タバコに含まれるニコチンは非常に依存性が高く、個人の意思だけでは成功することは難しいとされています。
ニコチン依存症は今や精神疾患と扱われるほどで、自分の意志に反して止めたいと思っていても止められないものです。
しかし禁煙補助薬を使用することで吸いたい気持ちを軽減させたり、再度タバコを吸ってしまったときの満足感を軽減するなどの効果をもたらしてくれることで、服用者にとってタバコがなくてはならないものから、不必要なものへと導いてくれる医薬品です。
禁煙したいけれど、上手くやめられない方全てにお薦めできる商品です。

禁煙補助薬の種類

禁煙補助薬は大きく分けて3種類存在します。
身体に張るタイプのニコチンパッチ、ガム同様に噛むニコチンガム、ニコチン成分を含まない飲み薬です。
個人の用途によって選ぶべき医薬品も異なります。

どれくらいの期間が必要なのか

商品に応じて、使用期限が定められています。
2ヶ月の商品もあれば、3ヶ月で終わるなど様々ですので、商品に応じて継続期間をしっかり守って服用する必要性があります。
しかし禁煙外来で医療機関を使った場合、12週の期限で治療していくため、3ヶ月を目標に継続してみるのが良いです。

薬局で買える?

禁煙補助薬には医療用医薬品と一般用医薬品の2種類存在します。
薬局で買えるものは医師の処方箋を必要とせず誰でも購入可能です。
一般用医薬品として薬局やドラッグストアで購入できる禁煙補助薬として、ニコチンガムと一部のニコチンパッチが購入可能です。

タバコを吸い続けるよりも安い

今タバコは平均すると1箱あたり約500円ほどするのが相場です。
これを1日1箱吸う計算だと1ヶ月で15,000円、年間に換算すると180,000円もの支出になります。
ヘビースモーカーの方だとそれ以上になります。
禁煙補助薬は通販サイトで購入する場合、商品によって異なりますが、3,000円~6,000円ほどの費用で購入することが可能なため、経済的にもタバコを止めることは非常に大きなメリットです。

通販で購入できる禁煙補助医薬品・商品

通販で購入できる禁煙補助薬は、錠剤タイプの飲み薬、ニコチンパッチ、ニコチンガムと禁煙サプリメントの4種類になります。
禁煙補助薬と言っても2種類に区分され、ニコチンを含んだ商品とニコチンを含まない商品(バレニクリン)があります。
それぞれの医薬品によって禁煙のメカニズムも異なります。

ニコチン製剤とは

ニコチン製剤を使うニコチン代替療法は、禁煙している際に発症するニコチン離脱症状に対して、薬剤と言う形で体内に補給し、まずはその離脱症状を緩和しながら少しずつ抜け出していく療法になります。
ニコチンパッチ、ニコチンガムがありパッチには医療用、一般医療品と分けられております。

バレニクリンとは

バレニクリンとはニコチンを含まない製品のことで、ニコチン受容体にそのまま働きかけてくれることで、服用中再度タバコを吸ってしまったときの満足感を軽減します。
バレニクリンは医療用医薬品のみとなるため医師の処方、もしくは個人輸入代行のみでの購入となり、薬局やドラッグストアでの購入はできません。

ブプロピオンとは

ブプロピオンは抗うつ剤としても効果のある成分です。
ブプロピオンはニコチンの代用としてドパミンが放出され、脳にあるニコチン受容体にはたらきかけることで、ニコチン離脱症状を軽減することができます。
副作用が少ないのも特徴です。

パッチ

・ニコチネルパッチ
ニコチネルパッチ10、20と2種類あり、ステップ方式で2ヶ月の禁煙を目指します。
1日1回張るだけのシンプル性が特徴です。

・ZEROニコチンパッチ
天然ハーブ成分のみで作られているため副作用に悩まされることなく継続しやすい商品です。
皮膚からハーブが吸収されるため、禁断症状が現れにくいのが特徴です。

ガムタイプ

・ニコレットガム
日本国内でも有名なニコレットガムです。
禁煙補助するためのメジャー商品です。

・ニコテックス
ニコレットのジェネリック医薬品です。
タバコが吸いたくなった際に自然と噛めるので、使い勝手が良いのが特徴です。

・ニコチネル
ミント味、マンゴー味などの種類があり、服用しやすいのが特徴です。

禁煙サプリ

・ZEROニコチンピルズ
サプリメントなので副作用なく、安心して禁煙できるのが特徴です。

・NEW RESMO
10種類以上の天然成分が配合された禁煙サプリです。

自分に合った治療薬・方法

商品数だけに留まらず、内服薬からパッチ、ガムなど数多く存在する禁煙補助薬ですが、使用用途に応じて変わります。
吸いたい時にすぐ対応しやすいのはガムタイプで、口の寂しさ予防にもなり、ニコチンも含まれているため体内のニコチン量を調整し少しずつ禁煙を成功しやすくします。
ガムにはニコチンが含まれているため過剰摂取しないよう、必ずタバコを止めてから使用する注意点があります。

また、仕事などによってはガムが噛めない方もいるので、そう言った方は1日1枚、身体のどこに張っても良いパッチタイプがお薦めです。
パッチタイプは皮膚に張る製品のため、かぶれや痒みなどを起こす可能性もあるため、皮膚が弱い方はお薦めできません。

計画的、かつ確実に時間をかけて禁煙するのであれば内服薬が良いです。
内服薬にはニコチンが含まれずバレニクリンと言う成分が含まれており、タバコによる満足感を軽減する働きがあります。
他の禁煙補助薬と違い、ニコチンが含まれないため、服用から1週間はタバコを吸って計画的に禁煙することができます。

このように禁煙補助薬にも様々な種類があるため、個人の用途や状況に応じて禁煙補助薬を選ぶ必要があります。

どのようにして止められるのか?

タバコを吸うと煙に含まれるニコチンは肺の毛細血管から血液中に吸収され、一瞬にして脳に到達します。
ニコチンは脳内のニコチン受容体と結合し、ドパミンという快楽を感じるための脳内物質を大量に放出します。
この快感を一度経験すると、再びニコチンを求めるようになり、依存症へと繋がります。
バレニクリンがニコチン受容体に結びつくことで、放出されるドパミンが約半分ほどとされ、禁断症状を抑えることができます。
また、バレニクリンにはドパミン物質が受容体と結びつくことを抑えるため、タバコによる満足感が得られなくなるため、禁煙が成功しやすくなります。

禁煙補助薬の服用・使用方法と注意点

禁煙補助薬には色々な種類がありますが、商品ごとに服用・使用方法や期間は異なります。
しっかりと調べた上でどのように服用・使用するのかを把握し正しい使用方法を心がけてください。

バレニクリンの服用方法

服用1日目~3日目は0.5mgを1日1回、朝食後に服用してください。
4日目~7日目は0.5mgを1日2回朝、夜食後に服用してください。
8日目以降は1mgに増量し、1日2回朝、夜食後に服用してください。
4日目以降、服用量が増えると副作用が生じる可能性があるため、必ず食後に服用してください。

参考サイト:医療用医薬品 : チャンピックス

パッチの使用方法

商品に応じて、1日に張り替える枚数が異なるため注意してください。
身体のどこに貼り付けても構いませんが、前回貼り付けた場所と変えると効果が得られやすいです。
注意点としてステップ式になっている商品は移行する必要があります。

参考サイト:医療用医薬品 : ニコチネル

ガムタイプの服用方法

商品に応じて、1日に噛める個数が異なるためご注意ください。
タバコを吸いたいと思ったときに1個噛んでください。
30分ほど時間をかけて長時間噛むようにしてください。
週に応じて噛む間隔が異なりますので、使用商品をご確認ください。
タバコを吸いたくなくなった時点で使用を中止しても構いません。

禁煙サプリの服用方法

水、またはぬるま湯で飲用してください。
商品によって1日の飲用量が異なるため、使用商品をご確認ください。

ブプロピオンの服用方法

水、またはぬるま湯で服用してください。
1日目~3日目は朝1錠を1日服用してください。
4日目以降は朝、夜に1日2回、1錠服用してください。
服用間隔を8時間空けるようにしてください。

禁煙補助薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは禁煙補助薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

バレニクリンの副作用

起こりやすい副作用

・悪夢
・意識低下
・不眠
・うつ状態
・吐気
・皮膚掻痒感

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

・皮膚粘膜眼症候群
・血管浮腫
・意識障害
・肝機能障害、黄疸

上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。
これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。

パッチの副作用

起こりやすい副作用

・発疹
・赤み
・かぶれ
・かゆみ
・蕁麻疹
・痛み
・ヒリヒリ感

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

・アナフィラキシーショック

上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。
これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。

ニコレットガムの副作用

起こりやすい副作用

・のどの痛み
・吐気
・胸焼け
・食欲不振
・下痢

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

現在報告されておりません。

ブプロピオンの副作用

起こりやすい副作用

・妄想
・幻覚
・混乱

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

現在報告されておりません。

参考サイト:ブプロピオン - Wikipedia

禁煙補助薬を使用・服用してはいけない方

・本剤に対し過敏症の既往歴のある方
・妊娠、妊娠している可能性のある方
・現在喫煙していない方
・重度の腎臓病の方
・未成年の方
・統合失調症、うつ病など精神疾患の方

禁煙補助薬の併用禁忌・注意

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は禁煙補助薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
禁煙補助薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は禁煙補助薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌

現在報告されておりません。

併用注意

・シメチジン
併用により腎クリアランスが低下し、全身曝露量が増加する恐れがあります。
特に重度の腎臓病をお持ちの方は併用に注意してください。

禁煙補助薬の通販に関する「よくある質問」

Q.色々な種類があってどれを購入していいのか分かりません。
A.違法ではありません。
個人の用途によって商品を選ぶ必要があります。
肌が弱い方はガムタイプがお薦め、ガムを噛めないお仕事の方などはパッチタイプを利用するなど、個人に合わせて商品を選びましょう。

Q.効果はパッチやガムなど全て一緒ですか?
A.パッチやガムタイプはニコチン量を調整し、吸いたい気持ちを抑えるのに対し、チャンピックスなどバレニクリンを含む製品にはニコチンが含まれずタバコによる満足感を軽減させます。
しかしどちらの商品も禁煙を補助するための商品ですので、自分に合わせた商品選びが重要です。

Q.使用を止めたらまた吸いたくなる?
A.最終的には自分の意志も大きく関係するため、禁煙に成功したら成功した秘訣を再度思い出してみてください。
禁煙補助薬はあくまでも「補助薬」です。

Q.2ヶ月のキットを達成した後に吸ってしまった場合は、また最初から?
A.1本でも吸ってしまうと、禁煙にはなりません。
1本だから、と安易に考えないようにしましょう。

Q.商品を使うほかに何かコツはありますか?
A.自分なりの解消方法を見つけるのが良いです。
吸いたくなったら歯磨きをする、水を飲むなど、タバコに関係しそうなことから1度離れてみるのも手段です。