上へ
戻る

カテゴリ

ダポキセチン

世界で初めて早漏防止薬の内服薬として開発されたダポキセチンの紹介をします。
有効成分はダポキセチンで効果は高く、ジェネリックも多く存在します。
早漏防止効果だけでなく、ED治療薬の成分が配合された商品もあり、多くの人から人気を集めています。

ダポキセチンの商品一覧

プリリジー(ダポキセチン)とは

プリリジーとは主成分にダポキセチンを含んだ薬剤のことです。
ダポキセチンは本来、セロトニン再取込阻害薬というカテゴリーに属する抗うつ剤ですが、早漏を改善する効果があることが判明して以降は、代表的な早漏治療薬として活用されています。
早漏の治療方法といえば、以前はカウンセリングやペニスを鍛える早漏防止法が一般的でした。
いずれも時間がかかる方法でしたが、プリリジーがある現在、早漏は内服薬でよりスムーズに、そして確実に克服できるものとなっています。
特に、興奮しやすいためにすぐに射精してしまうというタイプの早漏に効果的です。
そのような精神的早漏にお悩みの方にお薦めの医薬品です。

プリリジーはED治療薬ではない

早漏とED(勃起不全)には密接な関わりがあります。
ダポキセチンを有効成分とするプリリジーは早漏を改善させる効果があるので、密接な関わりを持つEDも一緒に克服できるのでは?と考える方もいるかと思いますが、実際のところプリリジーでEDを解消することはできません。
EDと早漏を併発してしまっているという方は、プリリジーとED治療薬を併用することをお薦めします。

プリリジーのジェネリックとは

現在、EDや早漏などの性的な悩みを専門に扱う外来を設けたクリニックが少なくありません。
そのようなクリニックでは、ダポキセチンの効果で早漏を改善する効果があるプリリジーを処方してもらうことができます。
しかし、早漏治療は基本的に保険適用外の自由診療となるため、薬代が高くなってしまうのが難点です。
プリリジーには、1錠につきダポキセチンの含有量が30mg、60mgがありますが、30mgは約2,000円、60mgは約3,000円というのが相場です。
1錠で効果が持続するのは一晩だけということを考えると、高い買い物といえます。
この点に不便を感じる方には、同じくダポキセチンを有効成分とするポゼットをはじめとするジェネリック医薬品がお薦めです。

プリリジーとの違いは?

最も大きな違いは価格です。
ジェネリック医薬品は先発薬ですでに効果が実証済みの有効成分を使用するため、開発コストがかかりません。
そのため薬の価格はかなり安く抑えられています。
早漏改善のために1錠2,000~3,000円ほどかかるプリリジーを使用するのは抵抗があるという方も、より気軽に改善にのぞむことができます。
ポゼットなどのジェネリック医薬品は、特に通販で購入した場合には1錠150~200円ほどで購入することが可能です。
また、ダポキセチンだけでなく別の成分を配合したものも見られます。
たとえば、代表的なのはED治療薬の有効成分であるシルデナフィル、タダラフィルなどを配合している製品です。
こちらは早漏と併発しやすいEDも同時に改善することができるというのが特徴です。

プリリジージェネリックがオススメな人

プリリジーのジェネリック医薬品は、プリリジーと同じくダポキセチンという有効成分の効果によって早漏を改善します。
脳の興奮を抑えることで射精感が急速に高まるのを防ぎます。
性行為に及ぶとき、毎回まわりが見えなくなるほど焦ってしまいがちな方にお薦めの早漏改善薬と言えます。
また、プリリジーとそのジェネリック医薬品は、1錠あたりの価格はかなり違いますので、プリリジーの1/10の価格で購入できる、そんな製品も見つけることができます。
早漏の改善はしたいがあまりお金をかけたくはないという方にもピッタリと言えます。
プリリジーのジェネリック医薬品は、プリリジーと同じくED治療薬との併用が可能というのもポイントです。 EDと早漏をまとめて改善したいという方は、バイアグラやレビトラといったED治療薬やそれらのジェネリック医薬品と併用してみてください。
1錠の中に、ダポキセチンとともにシルデナフィルやタダラフィルといったED治療薬の有効成分を含有した医薬品も販売されています。
EDの症状である中折れをしてしまうせいで性行為のときに焦ってしまい、結果として早漏になってしまう、早漏というコンプレックスがストレスになってEDを引き起こしてしまう、そのような方には、お薦めの医薬品と言えます。

有効成分ダポキセチンとは

プリリジーやプリリジージェネリックの有効成分であるダポキセチンは、簡単に言えば射精を遅らせる働きを持つ成分です。
特に、精神的な原因で早漏を発症している時に効果を発揮します。
精神的な早漏とは、主に興奮や焦燥感が極限まで高まることで起こる早漏です。
具体的には、脳内で神経伝達物質のノルアドレナリンが急激に増加することによって起こるものとされています。
セロトニン再取込阻害薬の一種であるダポキセチンは、ノルアドレナリンの働きを抑え、神経伝達物質のセロトニンの分泌を助けます。
分泌後に再び取り込まれようとするセロトニンを脳内にとどめ、その量を増やしてノルアドレナリンを抑えることで興奮や焦燥感を和らげます。

プリリジージェネリックも有効成分は同じ

先発薬のプリリジーは、ベルギーに本拠を置くヤンセンシラグ製薬会社が製造にあたっています。
一方、そんなプリリジーのジェネリック医薬品が、特にインドの製薬会社によって数多く製造されています。
ジェネリック医薬品は、先発薬の有効成分を活用して別の製薬会社が後追いで開発する医薬品のことで、別名を後発医薬品と呼称します。
ポゼットをはじめとするプリリジーのジェネリック医薬品もまたダポキセチンを有効成分としています。
プリリジーとまったく同じ効果を、より安い価格で実感できるのが特徴です。

プリリジージェネリックの種類

ベルギーの製薬会社であるヤンセンシラグ製薬会社が手がけた早漏改善薬プリリジーですが、そのジェネリック医薬品の中でも、特に代表的なのはポゼットです。
しかし日本国内のクリニックや薬局では購入することはできません。
錠剤の形状は丸く、色は青色となっており、最長5時間、効果が持続して早漏を改善します。
また、日本国内で処方されるプリリジーは1錠あたりのダポキセチン含有量が30mg、60mgが一般的ですが、ポゼットはこの2タイプに加えてダポキセチン90mgのタイプもあります。

ジェネリックではないがED治療薬との複合薬が存在

ダポキセチンを含有する早漏改善効果がある医薬品は、先発薬のプリリジー、また同じ効果を持ちつつプリリジーよりはるかに安く購入できるポゼットなどのジェネリック医薬品だけではありません。
ダポキセチンだけでなくシルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルといった有効成分を含有している医薬品も販売されています。
これらの成分はそれぞれバイアグラ、レビトラ、シアリスというED治療薬の有効成分です。
EDの直接原因であるPDE-5という物質の働きを阻害し、滞りなく勃起できるようサポートする働きがあります。
ED治療薬の有効成分とダポキセチンを配合した医薬品が販売されている理由は、EDと早漏を同時に発症というケースが少なくないからです。
実際のところ、EDに悩む男性の3人に1人が同時に早漏でも悩んでいるというデータがあります。
そのような方のために開発され、活用されているのがここで取り上げる医薬品です。
シルデナフィルやバルデナフィルによってしっかり勃起させ、ダポキセチンによって挿入後の持続力を伸ばします。
ED治療薬のそれぞれの有効成分については、こちらをご覧ください。

プリリジージェネリックを通販で購入するメリット

早漏改善の効果がある有効成分ダポキセチンを含有する医薬品は、病院で処方してもらうことができます。
早漏外来を設けているクリニックが増えている今、ちょっとした問診のみでダポキセチンを配合した先発薬プリリジーを処方してもらえます。
一方、病院よりもさらに簡単な方法でプリリジー、そしてそのジェネリック医薬品を購入する方法が個人輸入という方法です。
プリリジーやそのジェネリック医薬品を扱っている通販サイトを利用し、海外から薬を取り寄せるという方法です。
パソコンやスマホを使っていつでもどこでも手続きを行うことができるうえに、海外製の安価なジェネリック医薬品も気軽に注文できます。
プリリジーのジェネリック医薬品は、日本では認可を受けていません。
そのため、病院で薬を処方してもらうには1錠2,000円以上かかる先発薬を購入するしかなく、ジェネリック医薬品を選ぶことはできません。
一方、通販を利用すればプリリジーよりはるかに安い価格でダポキセチンを配合した早漏改善薬を購入することができます。
選択の幅が広がること、それこそが通販を利用する最大のメリットであると言えます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

早漏改善をはじめ、性のお悩みに対処する専門の外来を設けているクリニックでは、ダポキセチンを含有する先発薬プリリジーを処方してもらうことが可能です。
近年では、デリケートな問題である性の悩みをよりスピーディに、気軽に相談できるよう、足を運びやすい態勢を整えているクリニックが少なくありません。
スタッフを全員男性で固めていたり、触診などはなく問診のみで診察をしてもらうことができたり、薬局へ行く必要はなくそのまま院内の窓口で薬を購入することができたりなど、問診も短時間で簡単に終了するというところも多いので、特にあらかじめ予約を入れておけば15~20分ほどでプリリジーを処方してもらうことができます。
また、早漏の治療は自由診療なので保険証に記録されるようなこともないので、その点も安心です。
そのかわりクリニックを利用してプリリジーを購入には少々お金がかかる、という点には留意すべきです。
診察料や1錠2,000~3,000円の薬の料金が必要になります。
ただし、診察料については無料としているクリニックも少なくありません。
金銭面が気になる方は、そのようなクリニックを探すこともできます。

通販サイトを利用した場合

通販を利用する個人輸入でダポキセチンを含有する早漏改善薬を購入する場合、海外から届くのを待つのに1週間ほど待たなければなりませんが、そのかわり誰とも顔を合わせることなく、1錠150~300円ほどで購入できるジェネリック医薬品も選べるというメリットがあります。

プリリジーとジェネリックの価格

プリリジーの処方は自由診療になるので医療機関によって価格に違いがあります。
相場として1錠で2,000~3,000円程度です。
ジェネリックを選択することで1錠150円~300円と、約10分の1の価格で購入することができます。

通販でしか購入できないプリリジージェネリック

プリリジーのジェネリック医薬品は現在日本では認可されておらず、通販で購入する上で一番メジャーなジェネリック医薬品といえばポゼットです。
効果もプリリジーと同等で、価格も非常に抑えられているため、単に早漏の方だけでなく、金銭面でもサポートしてくれます。

プリリジージェネリックの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはプリリジーのジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・頭痛
・めまい
・吐き気
・不眠
・倦怠感
どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

プリリジーの副作用で本当にごく稀に確認される重篤な副作用が存在します。
・非動脈炎性前部虚血性神経症
・プリアピズム

上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。
これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。

軽い副作用は効果のあらわれ?

初めて服用して頭痛、めまい、吐き気などの副作用が現れてしまった場合、不安になることもあるかと思います。
しかし、それほど神経質になる必要はありません。
そもそもどんな薬も主作用と副作用を持っているものであり、それらは同時に心身に作用します。
副作用が現れているということは、主作用もまた現れているということですので、いわば薬がきちんと効いている証拠であると言えます。
また、プリリジーやそのジェネリック医薬品に含有されている有効成分のダポキセチンは副作用による重い健康被害が報告されていない安全性の高い成分です。

プリリジージェネリックの服用方法

1日1錠、水やぬるま湯で服用するというのが基本的な用法用量です。
日本国内で処方されているものはそれぞれ1錠あたりダポキセチンを30mg、60mg含有している30mg錠、60mg錠ですが、通販で購入できるジェネリック医薬品の中にはダポキセチンを90mg配合した90mg錠もあります。
ダポキセチンが最大血中濃度に達するのは、服用して1~3時間後ですので、性行為1時間前に服用してください。
個人に応じてピルカッターなどで用量を調節してください。

アルコールとの関係

プリリジーやそのジェネリック医薬品は、アルコールとの飲み合わせが良くない薬と言われています。
有効成分のダポキセチンが、アルコールの働きを強めてしまう性質を持っているからです。
ダポキセチンの含有された医薬品を水やぬるま湯ではなくお酒で飲んでしまうと、アルコール分が活発に働きすぎ、いわゆる悪酔いの状態をもたらします。
吐き気や動悸、頭痛、悪寒、異常な発汗、失神などが生じる可能性があるので注意が必要です。
アルコールとの併用は注意が必要です。

グレープフルーツとの関係

プリリジー、プリリジージェネリックは食事やアルコールによる影響をほとんど受けることがありませんが、なかには同時に摂取すると大変危険なものも存在しています。
それが、グレープフルーツなどに含まれる「フラノクマリン酸」です。
グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれています。
このフラノクマリン酸は、体内の代謝酵素の働きを阻害してしまうため、体内で薬を分解しにくくなり、通常より時間をかけて吸収します。
これによって、余分に薬を体内に吸収してしまい、薬の効果と副作用が強くなってしまう危険性があるのです。
フラノクマリン酸はグレープフルーツに多く含まれていますが、グレープフルーツだけでなく夏みかんなどの柑橘類の多くはこのフラノクマリン酸が含まれています。
もちろん、グレープフルーツジュース等の摂取も同じです。
たとえ加工食品であっても、フラノクマリン酸が含まれている可能性のある食品は摂取しないことをお薦めします。

プリリジージェネリックの併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はプリリジージェネリックと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
プリリジージェネリックを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬はプリリジージェネリックと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

・抗うつ剤
併用により心身に悪影響を及ぼす恐れがあります。

・CYP3A4阻害薬(抗生剤、抗HIV薬、ケトコナゾールなど)
併用により副作用が強く生じる恐れがあります。

併用注意薬

・モノアミンオキシダーゼ阻害剤
併用により副作用が強く生じる恐れがあります。

・グレープフルーツ
成分の分解が遅れることで必要以上に吸収し、副作用を招く恐れがあります。

プリリジーを服用してはいけない方

・重度の虚血性心の方
・抗うつ薬を服用中の方
・チオリダジンを服用中の方
・高度の肝障害の方
・20歳未満および65歳以上の方

プリリジーの豆知識

プリリジーは男性特有の悩みである早漏を防止し、とても人気の高い商品です。
保存する場合には、直射日光や高温多湿を避け室温で保存します。

プリリジーの開発史

プリリジーの有効成分であるダポキセチンは抗うつ剤としてして使用されていました。
その臨床実験のなかで、被験者から射精時間が遅くなったというような話が多かったことが、早漏防止薬として開発されるきっかけになったと言われています。
つまり、プリリジーに使用されている有効成分のダポキセチンは早漏を改善するために開発された成分というわけではなく、もともとは抗うつ剤として使用されていた成分なのです。
このようにダポキセチンには使用されていた実績もあるので、その有効成分ダポキセチンを含むプリリジーは非常に安心して利用できる医薬品だと言えます。

プリリジーにある変わった効果

プリリジーに含まれる有効成分のダポキセチンはSSRIという薬類に分類されます。
SSRIとは抗うつ剤などが含まれる薬類であり、抗うつ剤の一種が派生したプリリジーも例外ではありません。
脳内ホルモンの一種にセロトニンという物質があります。
このセロトニンは、脳内の交感神経に作用し興奮状態を引き起こすノルアドレナリンやドーパミンの働きを抑え、脳をリラックスさせる効果を持っています。
セロトニンは一度脳内に放出された後、セロトニン再取り込み。という働きによって、その数を一時的に減らします。
しかし、プリリジーにはセロトニン再取り込み阻害作用が含まれているため薬効がある間は、脳内のセロトニンの数が減少しにくくなります。
そのため長時間脳の過剰な興奮を抑え、リラックスした状態を作り出してくれます。

プリリジーのジェネリック医薬品の偽物に注意

先発薬であるプリリジーは病院で処方してもらうこともできますが、その数は限られています。
さらにプリリジーは先発薬であるため、同じ早漏防止薬の中でも高値で販売されています。
そういった理由から、プリリジージェネリックを通販サイトで購入する方が多いですが、通販サイトで購入する場合、プリリジージェネリックの偽造品を購入しないように注意が必要です。
偽造品には有効成分以外の不純物が含まれている可能性があり、これを使用してしまうと重篤な副作用が発症してしまう可能性があります。

プリリジージェネリックに関するよくある質問

Q.プリリジーは精神薬ですか?
A.薬学的には精神薬と言えます。
プリリジーに含まれる有効成分ダポキセチンはセロトニンの再取り込みを阻害するSSRIという抗うつ剤と同じ働きをします。
そのため、ダポキセチンは抗うつ剤としてこれまで使用されてきました。
ダポキセチンは脳内物質のセロトニンの分泌を促し、興奮状態を抑える効果を持っていることから早漏防止薬としての効果が期待され、現在ではプリリジーなどの早漏防止薬の有効成分に使用されるまでに至ったという経緯があります。

Q.プリリジーはED治療薬と併用しても良いのですか?
A.併用しても問題ありません。むしろ併用したほうがより良い効果が期待できる可能性があります。
早漏症とEDは併発する可能性があります。
EDの約30%が早漏症だといわれているほど、EDと早漏症には密接な関係があります。
EDによって、勃起時に硬さ不足になってしまうと感度が上昇しやすくなるため、早漏症になるケースがあります。
EDが原因で早漏症になってしまっている場合は、むしろダポキセチンと併用する方が効果が期待できます。

Q.効果の持続時間はどれぐらいですか?
A.プリリジーの効果持続時間はおよそ3~5時間とされています。
服用してからおよそ1時間で効果が現れ、3~5時間程度効果が持続します。
また、食前の服用、食後の服用等、服用するタイミングに関して、特に考える必要はありません。
ただし、効果が現れなかったとしても服用上限量以上の服用は危険なので、効果が現れなかったとしても24時間以内に上限を超えて再服用してはいけません。

Q.大体どのくらい長持ちするようになるのでしょうか?
A.最初の服用時には2倍程度、服用を重ねるごとに3~4倍の延長効果が期待できます。
およそ3~4倍の射精までの時間の延長が可能、ということは臨床試験で証明されています。
被験者数千人規模の実験で、最初に服用した際は射精までの時間が約2倍だったことに対し、数ヶ月~半年の服用によって通常の3~4倍まで時間の延長が見られたという結果が出ています。

Q.プリリジーは何歳でも服用できますか?
A.20歳未満の方と65歳以上の方は服用することができません。
また、20歳以上、65歳未満であればだれでも服用できるわけではありません。
ダポキセチンにアレルギー反応を持っている方、発作やてんかん症などの持病がある方、重度の腎障害を患っている方などは服用することができません。
プリリジーを服用しても問題ないかどうか、医師の判断を受けてから、服用を開始することをお薦めします。

関連ページ

参考サイト
Dapoxetine - Wikipedia