上へ
戻る

カテゴリ

妊活

妊活について紹介します。
高齢出産が珍しくなくなった現代では、不妊症などで悩む方も多くなっています。
妊娠を望むためにも、自分の体を知り、妊娠について知っておくことが必要です。

妊活の商品一覧

妊活とは?

妊活とは、妊娠についての知識の習得や妊娠にあたって自分の身体の現状を把握する、出産を想定した人生設計の構築といった、妊娠や出産に向けての活動全般を指す言葉です。
妊活という概念が生まれた起源に関しては諸説あり、一部ではジャーナリストの白河桃子氏が提唱したという説がありますが、正確な起源は今もわかっていません。
妊活は不妊治療が進化し、高齢出産が増加したこの現代でも少子化や晩婚が解消しないことから、妊娠を自然な流れに任せるのではなく、自分の意志で子どもを授かりに行くという考えを学び、その上で妊娠や出産に向けてのライフプランを構築するための活動とされています。
また、一般的には妊活というのは不妊治療の一環だという認識が持たれていることが多い傾向にあります。
この考えというのは間違いではなく、妊活というのは不妊治療の一環として行われることでもあります。
しかし妊活というのは不妊治療だけでなく、生活習慣の見直しや改善といった不妊治療とは違った視点から妊娠に向けての活動を行うため、不妊に悩んでいない人であっても妊娠し易い環境を作り出すことができます。
したがって、妊活というのは子どもを授かりたいと悩む全ての人に対して非常に効果的な活動だと言えます。

女性

妊活では男性と女性でそれぞれ異なった妊活の方法を取る必要があります。
女性の場合、まずは妊娠に向けて体調を整え、妊娠しやすい環境を作っていくなどの作業が必要となります。
例えば妊娠に向けて自分の生活習慣を改善していくというのも非常に重要なことになります。
生活習慣が乱れ、不定期な状態になっていると排卵周期などの乱れを引き起こします。
こういった排卵周期の乱れが発生するようになると、いつが妊娠しやすい時期なのかという目安を立てるのが非常に難しくなってしまいます。
したがって、生活の乱れを正していくというのも妊活を行う上で非常に重要となります。
それ以外にも日常的な習慣の見直し、妊娠しやすい時期の見極め、医薬品やサプリメントの服用なども女性の妊活には非常に重要な行為となります。
また月経周期が常に不規則な状態になってしまっているという時には、医薬品の使用によって月経の周期を一定に整えることによって、月経周期を一定に整えていくというのも非常に重要となります。

男性

妊活をする際、多くの人が女性のみが妊活を行えば良いと考えていますが、実際にはそういったことはなく、男性も妊活を行う必要があります。
男性の妊活では精液量の増加、精液内の精子量の増加、精子の活動の活発化といった要素が非常に重要となります。
精子の質というのは妊娠のし易さに直結しており、精子の質が悪く、精液内の精子量や精子の活動の弱さというのは妊娠しにくさにも繋がっています。
また、精子の形状が正常な形状になっているということも妊娠において非常に重要なことでもあります。
精液や精子の質を向上させる方法としては、喫煙やアルコールの摂取を習慣として行なっているのであればそれらを控えるといった、いわゆる生活習慣の改善が最も簡単な向上方法です。
したがって、男性が妊活を行う際にはまずは生活習慣の改善を行っていくことから始める必要があります。。
そして同時に、精液や精子の質を向上させる効果を持つサプリメントの摂取などにより、生活習慣の改善によって得られる効果を更に引き上げていくとよりより妊活ができるます。

妊活の薬の種類

妊活を行う際には医薬品やサプリメントを用いることがあります。
一般的に使用される物とその効果は以下のようなものになります。
・妊活サプリ
卵巣の反応を高める、妊娠成功率を高める
・排卵誘発剤
排卵の誘発により、受精しやすい状態を作りだす
・精子増量効果のある医薬品やサプリメント
精子量を増加させることにより、妊娠しやすい状態を作り出す
・低用量(超低用量)ピル
月経周期を一定に整えることにより、排卵日を一定に整えることができる

妊活を行う際には、上記の医薬品やサプリメントを上手く利用することによって何も使用していない状態で妊活を行うよりも、より良い妊活を行い、妊娠しやすい状態を作り出すことができます。
全ての医薬品やサプリメントを使用する必要はなく、どれか1つを利用するだけでも妊娠確率を上昇させることは可能です。
したがって、妊活を行う際には自分とパートナーにとって最も利用しやすいものから利用していくことが重要です。
また、サプリメントを使用した妊活を行う際には短期間で効果が得られにくいため、長い目で効果が現れるのを見ながらの妊活を行っていく必要があるということを予め知っておいてください。

妊活サプリ

妊活を行う際には妊活サプリというサプリメントを使用することがあります。
妊活サプリというのは主に女性向けのサプリメントで、使用効果としては妊娠しやすい身体を作り出す働きがあります。
妊活に使用することができるサプリメントには多くのものが存在していますが、その中でも特に効果が高いと言われているものに以下のサプリメントがあります。

・DHEA
女性ホルモンの原料となる物質であり、摂取により卵巣の反応性を向上させる、妊娠率を向上させるという効果を持っています。
また、DHEAを摂取し卵巣機能を改善させることにより、流産率を低下させることができるため、妊娠から出産までをトラブル無く終えるために重要となる物質です。

・ビタミンD
生殖機能に対して非常に重要な役割を果たすと言われており、着床率の向上効果や体外受精の成功率向上にも役立つと言われています。

・L-カルニチン
ミトコンドリア膜の安定化作用により、胚の質を高めて妊娠率を向上させる働きがあります。

以上の成分を含んだサプリメントの摂取することによって、妊娠しやすい体を作り出すのが、妊活サプリを用いる妊活の方法となります。

排卵誘発剤

妊活の際に使用する医薬品として排卵誘発剤があります。
排卵誘発剤は卵子を発育させ、排卵を促す効果のある医薬品です。
排卵誘発剤は本来排卵障害のある人が使用する医薬品ですが、妊娠率の向上効果があるため、正常な排卵が可能な人も妊活の際に排卵誘発剤を使用することがあります。
排卵誘発剤には卵子を発育させる働きのある医薬品と、排卵を促進する効果がある医薬品の2つがあります。
卵子を育てる効果がある排卵誘発剤には、クロミフェン製剤とゴナドトロピン製剤という2つの医薬品があります。
そして排卵を誘発する効果がある医薬品には、hCG製剤とGnRHアドニスと製剤という2つの医薬品があります。
排卵誘発剤は正しく使用することによって妊娠率を向上させることができますが、使用方法を誤ってしまうと多胚や卵巣過剰刺激症候群といった副作用が現れることもあれば、逆に排卵が抑えられてしまうこともあります。
したがって、排卵誘発剤を使用する際には正しい知識を身につけた上で使用を開始する、もしくは医師による投与を受ける必要があります。

精子増量

男性が妊活を行う際に利用するものとして、精液内の精子量を増加させる働きがある医薬品やサプリメントがあります。
一般的に正常と言われている精液量と精子濃度というのは、1回の射精で精子が1.5ml以上、精子濃度が1500万個/ml以上と言われています。
この正常な状態の精液と精子濃度があり、その上で精子の運動率や正常形態精子の量が一定の数値以上になっているのであれば、妊娠に問題がないと言えます。
しかし精子の量が少ない、精液の量が少ないなどの問題が発生すると妊娠率は低下してしまいます。
この問題を解決するために使用するのが精子量の増加効果がある医薬品やサプリメントで、これらを上手く利用することによって精液内の精子濃度を上昇させ、性行為の際に卵子に対して精子が受精しやすい状態を作り出すことができます。

低用量・超低用量ピル

妊活を行う際に利用すると便利な物として、低用量ピルや超低用量ピルがあります。
低用量ピルや超低用量ピルは黄体ホルモンや卵胞ホルモンと呼ばれる物質を利用して作られた医薬品で、排卵抑制効果などがあります。
したがって、低用量ピルや超低用量ピルの服用を開始すると妊娠しない体を作り出すことができます。
そのため、一般的には妊活を行う際にはこの低用量ピルや超低用量ピルを使用するべきではないと思われがちです。
しかし実はそうではなく、低用量ピルや超低用量ピルを使用することによって得られる月経周期の安定化という効果により、排卵が発生するタイミングをある程度固定化できるため、これらの医薬品を上手く利用すれば妊活が非常に行い易くなるのです。
排卵のタイミングというのはピルを使用しなくともある程度一定の周期でやって来ますが、何も使用しなかった場合、生活習慣の悪化やストレスといった外的要因によって月経周期は簡単に乱れてしまいます。
しかしピルを使用した場合であれば、薬の作用によって外的な要因に左右されること無く、タイミングのコントロールが可能となります。
したがって、妊活をより確実に行なっていくためにはピルを利用した月経周期の安定化と排卵のコントロールが非常に大切になるのです。

不妊治療の種類

妊活を行っても思ったような効果が得られない状態が長期間続いた時には、不妊症を疑う必要があります。
不妊症というのは、男女が妊娠を希望しながら1年間性行為を避妊せずに行なっているにもかかわらず、妊娠しない状態のことを指します。
不妊症は何かしらの原因によって発症するものであり、身体的機能の障害といった治療が不可能な原因でなければ、基本的には治療が可能な症状です。
したがって、妊活を行っているけれども思ったような効果が現れないという時には不妊症の検査を行い、もし不妊症の発症が確定し治療が可能なのであれば、不妊症治療に乗り出す必要があります。
不妊治療の方法として一般的に行われている方法には、以下のものがあります。
・ブライダルチェック
・タイミング法
・人工授精
・体外受精
上記の治療方法を行うことによって、不妊症というのは改善が可能となります。
また、不妊症は女性だけでなく男性が原因となっているものがあります。
したがって、不妊症治療を行う際には女性だけが原因の特定や治療を行うのではなく、男性も自分の体に不妊の原因がないかを検査し、もし原因が自分にあるのであれば治療を行っていく必要があります。

ブライダルチェック

ブライダルチェックは結婚や妊娠を控えている女性に対して行う、婦人科検診を含む健康診断のことです。
ブライダルチェックは内診・経膣超音波検査に始まり、子宮頸がん検査や性感染症の検査、内科的以上の検査などを行います。
ブライダルチェックにより、自覚症状は存在していないけれども妊娠や出産に影響を及ぼすような疾患の特定と治療を踏み出すことができるようになるなど、多くのメリットがあります。
ブライダルチェックの費用は検査内容の多さからすると比較的低価格であり、2万円から3万円ほどで受けられる場合がほとんどです。
したがって、妊娠を望む女性やこれからパートナーとの新たな人生を歩んでいこうと考えている人に、このブライダルチェックはお薦めできます。

タイミング法

タイミング法は不妊症治療の際によく行われる方法です。
このタイミング法というのは、排卵の時期を狙って性行為を行うことによって妊娠を図るという方法です。
排卵の時期を狙う、つまりタイミングをとりながら行為に及ぶため、この方法はタイミング法という名前が付けられています。
タイミング法を行うためには排卵周期を知るために基礎体温の測定を行って基礎体温表を作り、その表を元にホルモン測定や超音波による検査、尿内のLH測定、頸管粘液検査といった事を行い、排卵時期の同定を行った後に、タイミングを合わせながら行為に及んでいきます。
タイミング法は医療機関を受診し検査を行いながら実践することにより、非常に優れた効果を発揮しますが、医療機関を受診せずとも基礎体温の測定から排卵時期をおおまかに特定し、妊娠しやすいタイミングでの性行為を行うことは可能です。
タイミング法の検査に必要な費用は1回につき数千円とそこまで高くはありませんが、回数が積み重なると大きな負担となります。
したがって、もしタイミング法を実践してみたいと考えているのであれば、まずは一度基礎体温の測定から大まかな排卵時期の割り出しを行い、その時期に合わせて性行為を行ってみることをお薦めします。

人工授精

タイミング法による妊娠が行えなかった場合、次に取られる方法として人工受精という方法があります。
人工受精では子宮内に対して精子を人工的に注入するという不妊治療の方法です。
人工受精は排卵のタイミングに合わせて、精子の中から活動的で元気のある精子だけを選んで送り込むため、妊娠成功率が高い傾向にあります。
また、人工受精は子宮に対して専用の器具を用いて精子だけを注入するため、体に対してかかる負荷がそこまで大きくはありません。
更に人工受精は1回の施術でかかる費用が比較的安く、1万円から2万円の負担で受けられる治療方法になります。
したがって、治療を複数回受けて妊娠率を高めていくことが可能だというメリットも人工受精には存在しています。
そしてこれらのメリットが有ることから、人工受精は少ない負担で妊娠率を高めていきながら不妊症を改善したいと悩んでいる人に対してお薦めの治療方法であると言えるます。

体外受精

最後に紹介する不妊治療の方法は体外受精です。
体外受精と人工受精は混合して考えられがちですが、これらの方法は全く違った方法です。
まず人工受精は子宮内に対して精子を注入することによって妊娠しやすい状態を作り出すという方法ですが、体外受精は子宮内から卵子を取り出し、その卵子に対して人工的に精子を注入し受精させ、受精卵が分割し初期胚もしくは胚盤胞と呼ばれる状態にまで成長した状態になった後に、子宮内に卵子を戻すという方法です。
したがって、体外受精は自力での受精が難しい場合にとられる方法であり、不妊治療の中でも最も高い不妊治療効果があると言われています。
体外受精に必要な費用は1回に付き20万円から60万円ほどで、保険が適応されません。
したがって、治療費が高額になる傾向にあります。
しかし体外受精は国の公的補助を受けられるため、うまく利用することによって比較的少ない出費で治療が受けられる場合もあります。

不妊症の原因

不妊症の原因となり得るもの要素は男女によって異なっています。
まず女性の不妊症の原因となる要素として、以下のものがあります。
・排卵因子
排卵が正常に行われない排卵障害の発症によって起こる不妊の症状
・卵管因子
卵管の閉塞、狭窄、癒着が原因となって発生する不妊の症状
・子宮因子 内膜下筋腫といった症状の発症により、着床障害の発生によって起こる不妊の症状
・頸管因子
頚管粘液量の低下により、精子が子宮内へ貫通しにくくなることから不妊となる場合がある
・免疫因子
何かしらの免疫異常によって、抗精子抗体や精子不動化抗体を産生してしまい、不妊となる場合がある

次に男性が発症する不妊症の原因として、以下のものがあります。
・性機能障害
勃起不全や膣内射精障害の発症、もしくは無精子症の発症により精液が出なくなってしまうことから起こる不妊の症状
・軽度~中程度の精液性状低下
精子量の減少や精子運動率の低下、奇形率の上昇によって発症する不妊の原因
・高度の精液性状低下、無精子症
精液中の精子の数が極端に少ない、運動率が極端に低いといった高度の精液性状低下や、精液内に精子が存在しない無精子症の発症により起こる不妊の症状

女性の不妊の原因

不妊症は原因によって不妊が起こるメカニズムが変化するため、治療の際には原因の発生理由を知り、その上で原因を解決するための適切な方法での治療を行っていく必要があります。
女性の不妊の原因には体質的な原因に始まり、非常に多くの発症原因が存在していますが、その中でも特に発症率の高い不妊症として排卵が原因となって起こる不妊症と、生活習慣や食生活が原因となり発症する不妊症があります。

排卵

女性の身体に起こる不妊の原因の1つに、排卵因子があります。
女性の身体というのは、25日から38日周期で月経が発生しますが、この周期が不定期に乱れる月経不順が発生する場合があります。
この月経不順が発生する際、基礎体温が二相性と呼ばれる変化をするのであれば、特に問題はありません。
しかし体温変化が二相性ではない状態で月経不順が発生する場合、排卵障害を引き起こしている可能性があります。
排卵障害が起こると、正常に排卵が行われなくなってしまうため、卵子が受精せず、妊娠しなくなってしまいます。
したがって、正常に排卵が行われなくなってしまう排卵障害を発症してしまうと、不妊症になってしまう可能性があるのです。

生活習慣・食生活

食生活や生活リズムの変化というのは、不妊症を引き起こす原因となります。
不妊症を引き起こしやすい生活習慣というものが存在しており、喫煙の習慣やアルコールの過剰摂取、乱れた食生活などによって卵巣機能の低下から不妊症を発症してしまうこともあれば、身体の冷えといった一見すると不妊に関係がなさそうな症状によって、生殖機能の低下を招きくことがあります。
したがって、不妊症を解消するためには毎日の生活を見直し、生活習慣を改善していくなどの日常的な工夫が非常に大切となるのです。

男性の不妊の原因

男性が原因の不妊というのは、女性と比べて原因となるものが非常に少なく、更に限定的なものになっています。
その原因は精子の異常によって起こる症状や、生活習慣や食生活の乱れです。
男性の不妊症というのは原因こそ非常に限定的なものですが、原因となっている要素の中には、原因の解決が非常に難しい症状も存在しています。
したがって、治療を行う際には女性以上に日頃の生活に気を配りながら、治療を進めていく必要があると言われています。

男性の不妊の原因

男性の不妊の原因の中でも特に大きな原因と言われているものに精子が原因で発生する不妊があります。
精子は精巣で作られ、その後精液の中に混ざった上で射精されます。
しかし体内で作られる精子の量が少なく、精液に混ざる精子の量が少なくなってしまうと、卵子と受精する確率が低下してしまい、妊娠確率の低下が発生する不妊の症状が現れる様になります。
また、精液内の精子量が極端に減少してしまう、もしくは運動率が大幅に低下してしまうと、より妊娠しにくい状態となってしまうため、不妊症の症状が悪化していきます。
それ以外にも精巣で精子が全く作れなくなってしまい、精液内に精子がいない無精子症という症状を発症してしまうと、妊娠する確率が大幅に低下してしまいます。

生活習慣・食生活

男性が原因となって起こる不妊症の中には、女性と同じく食生活や生活習慣の変化、生活リズムの悪化によって発症する症状があります。
喫煙や飲酒というのは精子の生成や質といったものに対して非常に大きな影響を与えます。
したがって、これらの生活習慣を見直し、喫煙の習慣と過剰な飲酒を回避するなどの方法をとることによって、男性の不妊症も改善していくことができます。
また、男性と女性とで気をつける要素が異なるものも存在しています。
女性の場合、不妊症の改善を行うために体を温める必要がありますが、男性の場合体を暖めすぎると精子の数の減少や運動性への影響がでるようになります。
したがって、男性の場合は生活習慣の改善を行う過程で体を暖めすぎないように気をつける必要があります。

不妊症と関係のある症状

不妊症に繋がる病気として性感染症があります。
淋病やクラミジアなどの病気は男性であれば、尿道炎から始まり進行すると精管と呼ばれる精子の通る管が炎症のため圧迫されます。
そのため精子が詰まり無精子症を起こす危険性があります。
女性の場合は症状が進行すると卵管に炎症を起こすため、子宮外妊娠や卵管性不妊など自然に妊娠できなくなる可能性があります。
さらに妊娠中に梅毒に感染すると胎児へも感染する恐れがあり、流産や死産の原因となるのでブライダルチェックを行うようにしてください。
性感染症は男女共に最初は無症状の為発見するのが難しく、感染に気が付かず他の人に移してしまう事も多いようです。
性感染症は放置しておいても自然に治る病気ではないので、尿やおりものに異変を感じたら医師への相談や、検査キット・性感染症治療薬を購入しすぐに治療を開始してください。


不妊症の原因には男女それぞれありますが、男性のEDの改善も妊活を行う上では欠かせないものです。
特に妊活中の男性に関しては、排卵日のタイミングに性行為を行う際にプレッシャーからEDの症状になる場合もあります。
ED治療薬を使用する事で回避することもできるので、お悩みの方は是非試してください。

妊活に関連する商品を通販で購入するメリット

不妊治療に使用する医薬品や関連する商品というのは、婦人科や産婦人科を受診することによって入手できる物が多い傾向にあります。
しかし、不妊治療を行っているという事を人に知られたくないため、婦人科などの医療機関を受診することに対してためらいを感じてしまう人は多くいます。
そういった人のためにおすすめできる不妊治療用の商品を購入する方法として、通販の利用があります。
通販を利用した場合、以下のようなメリットが発生します。
・通院の手間なく商品が購入できる
・通院の必要が無いため、人に知られず不妊治療が行える
・医療機関を利用した時よりも商品の購入料金を安くできる場合がある

通販で購入する際の注意点

不妊症治療に用いる医薬品や商品を通販で購入する際には、偽物に対して気をつける必要があります。
インターネット上で販売されている医薬品や医療用具といったものの中には偽物の製品が多く存在しており、ED治療薬のような世界的に需要のある製品に至っては、ネット上で販売されている物の4割近くが偽造品であるという報告もあります。
そして偽造された商品の中には、正規品と並べて比較をしても形や大きさ、パッケージの印刷などが寸分の狂いもなく偽造されているような、本物と一切見分けがつかない製品も存在しています。
したがって、通販を利用して不妊症治療に使用する医薬品などを購入する際には、偽物の商品を購入してしまわないように気をつける必要があります。

服用方法・副作用

妊活に必要となる医薬品というのは、適切な服用方法で摂取を行うことによって初めて効果が現れます。
したがって、服用を行う際には正しい服用方法を知った上で服用を開始する必要があります。
そして同時に気をつけるべきこととして、副作用の存在があります。
副作用は医薬品が持つ作用によって起こる予期せぬ症状のことで、どのような医薬品にも存在しています。
そのため、医薬品の服用を行う際には必ず副作用としてどういった症状があるのか、そして副作用が発生した際にはどう対応すればよいのか、という副作用が発生した際に注意すべきことについて知っておく必要があります。

排卵誘発剤

排卵誘発剤の基本的な服用方法は、消退出血もしくは月経開始日から数えて5日目から、5日間のあいだ1日1回、水もしくは白湯を用いて服用を行います。
1日1回の服用を5日間繰り返すのを1クールとして数え、排卵の効果が現れなかった際には1日2錠の2クール目の服用を5日間行います。
排卵誘発剤の副作用として、下腹部痛や腹部の張り、吐き気といった症状が現れる場合があります。
この症状は卵巣過剰刺激症候群と呼ばれる症状の初期症状である可能性が高いため、排卵誘発剤の服用を開始した後に先述のような症状が現れた際には、すぐに医師による診療を受けて下さい。
また、上記の症状ではなくとも服用後体調の変化が起こった際には、医師による診察と状況に応じた処置を受けることを推奨します。

低用量ピル

低用量ピルの基本的な服用方法は、月経が始まった日に1錠目の服用を行い、翌日以降は1錠目の服用を行なった時間と同じ時間に服用を行っていきます。
そして21日目の服用を終えた後は、そのまま28日目までの7日間を休薬期間とする、もしくは偽薬を7日間服用し、休薬終了後は再度同じ時間に新しいPTPシートの1錠目を服用していきます。
低用量ピルの副作用として、頭痛や倦怠感、吐き気、胸の張りといった症状があります。
これらの症状は体内のホルモンバランスがピルの作用によって変化する過程で起こる症状です。
基本的にこれらの症状はピルの服用を開始してから1ヶ月から2ヶ月、遅くとも3ヶ月で治まります。
しかし、服用後3ヶ月異常経過しても副作用が治まらない場合、薬に使用されている成分が体に合っていない可能性があるため、別のピルに切り替えを行うことを推奨します。

超低用量ピル

超低用量ピルの服用方法は、低用量ピルの服用方法と基本的に大きな差はありません。
したがって、服用を開始する際には月経初日に服用を行い、翌日以降は初日の服用を行なった時間と同じ時間に服用を行っていきます。
そして21日目の服用が完了した翌日以降は、7日間の休薬を挟むもしくは偽薬を7日間服用し、29日目から再度同じ時間に服用を行っていきます。
超低用量ピルの副作用は通常の低用量ピルと同じく頭痛や吐き気、胸のハリといった症状がありますが、超低用量ピルは低用量ピルと比べて配合成分量が少ないため、副作用が現れにくくなっています。
しかし、体質等によっては副作用が現れる場合があるため、副作用が現れた後長時間消えない場合は医師に対して相談し、対応いてもらう必要があります。

妊活に関連する商品には多くのジェネリックがある

インターネット上の医薬品通販サイトで販売されている医薬品というのは、多くがインドで製造されているジェネリックの医薬品です。
インドというのはジェネリック大国という別名が付けられる程にジェネリック医薬品が製造されている医薬品です。
というのもインドには独自の特許法が存在しており、製薬会社が新薬を製造し、特許を取得したとしても国民が購入できないような価格で販売されているのであれば、他の製薬会社が一定の料金を支払うことによって、既存の医薬品を模倣しジェネリックを製造し販売できるようになっています。
したがって、他国では特許の関係でジェネリックが製造できないような医薬品であっても、インドではジェネリックの製造を行い販売ができるため、医薬品通販サイトではインド製のジェネリックが多数販売されているのです。

妊活に関連する商品との付き合い方

不妊治療の進歩により、高齢出産が難しいことではなくなりました。
しかしそれに伴い人工の増加や少子化の解消が行われたかというと、そういったことはなく、今もかわりなく晩婚化や少子化は続いています。
こういった子どもを産みやすい状態になったにもかかわらず子どもが増えない、という自体を解消するために考えられたのが、自分で意思を持って子供を授かりに行く妊活という行為です。
妊活の方法には多くの方法が存在しており、不妊治療によって妊娠が可能な状態を作るという方法もあれば、日頃の生活を夫婦で見直し、妊娠しやすい体作りをするという方法もあります。
これらの方法をうまく駆使する事によって、自分らしく働き、自分の人生を全うしながらも子どもが作れるようになります。
妊活が必要となった背景の裏には、現代の女性が自由に働けるようになった喜ばしい結果と、その代償に失われた出産の自由というものが存在しています。
女性が自由に働けるようになり、社会の重要なポジションにつけるようになった事は非常に喜ばしいことですが、それに伴い女性の仕事に対しての責任が増しました。
働く女性が徐々に増え始めた1980年代までのように、働く女性が周りの環境の流れに任せ、自由に子供を作り、出産し退職する、もしくは出産まで休職し、しばらく経った後に復職するということが自由に行えなくなってしまった、ということも大きく関係していると言われています。
性別に囚われること無く、自分が働きたい場所で働くというのは、全ての人に平等に与えられた権利です。
しかし、その権利を得る代わりに今まで存在していた自由が失われ始めているのです。
そしてそういった得られたものとその結果失われてしまったものが存在している時代だからこそ、妊活を手助けしてくれる医薬品や不妊治療を駆使しながら、自分の意志で妊娠と出産という大きな出来事を迎え入れられるように努力を重ねる必要があると言えます。

妊活に関連する商品の通販に関する「よくある質問」

Q.婦人科に行かなくても、妊活を始めることはできますか?
A.もちろん可能です。
妊活は妊娠に向けて行う活動の事です。
したがって、婦人科へ行って医薬品を処方してもらうなどの方法だけでなく、日々の生活を改め、生活習慣の改善によって今よりも妊娠しやすい身体を作るというのも、立派な妊活と言えます。
しかし、より良い妊活を行うのであれば婦人科を受診する、もしくは婦人科で処方してもらえるような医薬品を購入し使用するという方法がやはりお薦めできます。

Q.個人輸入では偽物の医薬品が出回っていると聞きますが、本当ですか?
A.残念なことに本当の事です。
個人輸入で販売されている医薬品のうち、約4割から5割は正規品ではない偽物もしくは粗悪品の医薬品であると言われています。
したがって、医薬品の購入を行う際には正規品の取り扱いを保証するような信頼性の高い通販サイトを利用した上で、妊活に必要な医薬品の購入を行う必要があります。

Q.排卵誘発剤を使用する際には、内診や検査を受ける必要がありますか?
A.医療機関で処方を受ける場合は必要になります。
医療機関で排卵誘発剤を処方して貰う場合は内診や検査を受けた後に使用する必要があります。
しかし通販を利用して購入した場合であれば、内診や検査は必要なく、自宅での服用が可能です。
内診等が必要ない代わりに、使用前には使用方法などを事前に調べた上での服用を行う必要がある点だけ、注意をしてください。

Q.サプリメントはお腹の赤ちゃんに対して影響を与えますか?
A.与えるものと与えないものがあります。
子宮内の胎児と母体は胎盤でつながっているため、母体がサプリメントによって吸収した栄養素はそのまま胎児の身体にも供給されます。
サプリメントの種類によっては、胎児に対して影響を与えないようなものも存在していますが、中には多量摂取によって胎児の発育に影響を与えるようなサプリメントも存在しているため、服用の際には注意を払うようにしてください。

Q.排卵誘発剤はどのくらいの期間使用することができますか?
A.最も有名な排卵誘発剤であるクロミフェンは10日間の継続服用によって効果が得られます。
排卵誘発剤によって服用期間は変わりますが、クロミフェンという排卵誘発剤は月経開始から3日目、もしくは5日目に服用を開始し、その後10日間の継続服用によって卵子が十分に発育すると言われています。
したがって、クロミフェンを使用するのであれば最長10日とおぼえておくと良いです。
また、他の排卵誘発剤を使用する際には都度使用期間を調べた上で、使用を開始してください。

関連ページ

参考サイト
妊活 - Wikipedia