上へ
戻る

カテゴリ

排卵誘発剤

排卵誘発剤ついて紹介します。
排卵誘発剤は、全ての妊娠を望んでいる方にお薦めの医薬品です。
ジェネリックも豊富に存在し、自身に合った薬を選択することができます。

排卵誘発剤の商品一覧

クロミッドとは?

クロミッドは、排卵障害が原因となって起こる不妊症に効果的な排卵誘発剤です。
排卵は卵巣内にある卵胞から妊娠に必要な卵子が放出されることですが、人によっては何らかの原因でこの機能がうまく働かない=排卵障害になっているケースがあります。
クロミッドは、卵胞を活発化させて正常な排卵を促すことができる医薬品です。
具体的には、クロミッドの有効成分であるクロミフェンと呼ばれる物質が脳から放出される卵胞刺激ホルモンの量を増やして卵胞を育てます。
卵胞が活発化すると、卵子は正常に放出され、妊娠のチャンスを得ることができます。
排卵ができない無排卵症や、排卵が極端に少ない排卵過少症で不妊症になっている場合、有効な医薬品であると言えます。

クロミッドジェネリックとは?

クロミッドは、もとはアメリカで開発された排卵誘発剤ですが、日本でも認可を得て不妊治療を行う産婦人科クリニックや不妊治療専門クリニックなどで処方されています。
病院で処方してもらう場合、薬の料金自体はそれほど高いものではありません。
ただし、クロミッドの処方に伴う検査や診察にかかる費用なども合わせると、病院によっては高額になってしまうケースも少なくないようです。
ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。
含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。
また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合が多いです。

クロミッドとの違い

クロミッドはアメリカのメレル社が開発した排卵誘発剤で、日本では認可を得て富士製薬工業株式会社が製造・販売を手がけています。
一方、クロミッドジェネリックはトルコやインドの製薬メーカーが製造するジェネリック医薬品で、製品名はクロメン、コダカランなどがあります。
いずれも日本では認可を得ていないので病院で処方されることはありませんが、海外では一般に広く流通しており、効果は折り紙付きです。
通販サイト(個人輸入代行サイト)を利用することで、日本でも1錠につき60円程度の低価格で取り寄せることができます。
このように、クロミッドとクロミッドジェネリックの違いは製薬会社と製品名、また価格や入手方法となります。
クロミッドジェネリックなら通院の必要がないというのがポイントです。

クロミッドジェネリックがオススメな人

先発薬であるクロミッドよりも安く購入でき、しかもクロミッドジェネリックはクロミッドと同じ有効成分クロミフェンを含んでいます。
ジェネリックは先発薬よりも価格を抑えて購入することができるため、妊活はしたいけれど、できれば費用を抑えて行いたい方にお薦めです。
その他にも、無排卵症や排卵過少症といった排卵障害による不妊で悩んでいる、また不妊治療にかける費用を抑えたいと考えている、そのような方にもお薦めです。
また、ジェネリックは先発薬よりも服用しやすくなっていたり、副作用が抑えられているため、クロミッドを服用していたれけど、体質に合わなかったという方にもお薦めです。

有効成分クロミフェンとは?

クロミッドの有効成分クロミフェンには卵胞刺激ホルモンの分泌を促して卵胞を活発化させ、卵子の排出(排卵)を促す効果があります。
クロミフェンには、排卵障害の原因である卵胞の小ささを解消するという効果があります。
卵胞が小さいままでは卵子が育たず、排卵がしっかりと行われませんが、クロミフェンがその状態を解消します。
体内に吸収されたクロミフェンは、エストロゲン受容体と呼ばれる器官に働きます。
具体的には、エストロゲンのかわりに受容体と結びつくという性質を持っています。
女性ホルモンのエストロゲンは卵子とは別に卵胞から放出されますが、すでに受容体がふさがっている状態なのでその役目を果たすことができません。
この状況を、脳はエストロゲンが働いていない=量が足りない=卵胞がうまく働いていないせいだと解釈します。
その結果、脳は卵胞を育てるための卵胞刺激ホルモンを大量に放出します。
小さい卵胞を大きく育てて活性化させ、エストロゲンとともに卵子の放出(排卵)を促します。
クロミフェンは、医薬品のカテゴリー的にはSERM(Selective Estrogen Receptor Modulator)に含まれます。
SERMは、日本語訳では選択的エストロゲン受容体調整薬となります。
エストロゲン受容体に結びついて女性ホルモンの一種であるエストロゲンの量を調節する効果がある物質です。
クロミフェンのほかにさまざまな種類のものがあるSERMには、たとえば中高年の女性に起こりやすい骨粗しょう症の症状を緩和させる医薬品もあります。
エストロゲンを増やすことによってホルモンバランスを整え、骨を丈夫に保ちます。

クロミッドジェネリックも有効成分は同じ

ジェネリック医薬品は先発薬と同じ有効成分を含んでいます。
そのため、異なる点としては、製薬会社、商品名、錠剤の色や形状、価格となります。
それ以外の有効成分、効果に関しては同じとなっています。
クロミッドとクロミッドジェネリックは全く同じ作用機序で排卵の誘発に効果がある医薬品です。

クロミッドを通販で購入するメリット

通販サイトで扱われている排卵誘発剤は、日本の病院で処方されるクロミッドだけではありません。
トルコやインドといった国々の製薬会社が世に送り出すクロミッドジェネリックも扱われています。
クロミッドジェネリックを開発した製薬会社は、クロミッドを開発した製薬メーカーのメレルがかけたほどのコストをかけずに、製薬を成功させています。
すでに完成した有効成分を使用しているからです。
そのため、つまり開発コストが先発薬に比べて安く済んでいるため、販売価格もその分だけ安くなっているというのがクロミッドジェネリックの特徴です。
安価なクロミッドジェネリックは、日本の病院では処方してもらうことができません。
トルコやインドで開発されたクロミッドジェネリックは、現在のところ日本では承認されていないからです。
一方、海外で流通しているクロミッドジェネリックを個人輸入という方法で購入することは認められています。
通販サイトを活用し、海外から取り寄せるという方法です。
要するに、通販サイトを利用して排卵誘発剤を購入するメリットは日本国内では購入できない安価なジェネリックを入手できるということになります。

クリニック・病院

日本の産婦人科クリニックや不妊治療専門クリニックでは、先発薬であるクロミッドしか処方してもらうことができませんが、クリニックで医師が診察をしてくれたうえで薬を入手できるという点はメリットとして挙げることができます。
特に、最初の1回はクリニックで処方してもらったほうがいいとさえ言われています。
一口に不妊症といっても、その原因は様々で、たとえば、排卵誘発剤は女性向けの不妊症治療薬ですが、そもそも不妊症の原因は女性になく男性にあるという場合もあるのです。
クリニックであれば、その原因が何なのか、しっかりとした検査、診察で明らかにしてくれます。
そしていざ、不妊症の原因が女性の排卵障害にあることが判明した場合には、薬の説明を専門家としてきちんと解説しながらクロミッドを処方してくれます。
処方箋を書いてもらい、調剤薬局で購入するというのが薬を病院で入手する場合の一般的な流れですが、近年では特にプライバシーに配慮して院内処方をしてくれるところも増えています。
病院の窓口で処方箋と引き換えに薬をもらい、料金を支払うという流れです。
とはいえ、検査や診察には時間がかかること、薬代や診察代を含めると治療費が高くなってしまいます。

通販サイト

通販なら、病院ではデメリットになり得る治療費が高くなるなどの点を解消することができます。
通販で医薬品を購入する場合は、扱われているものが海外製をメインとしたものなので医師の診察や処方箋は不要です。
診察代がかからないので、その分だけ病院で入手するよりも出費を抑えられます。
ただし、海外から取り寄せるため注文してから手もとに届くまでに数日かかるという点は覚えておく必要があります。

クロミッドとジェネリックの価格

クロミッドとクロミッドジェネリックの価格は、1錠あたり20~30円ほど違います。
たとえば、クロミッドは厚生労働省によって承認されていますが、厚労省が定めた薬価は1錠あたり100.2円です。
一方、インドのスマート社が開発したジェネリック医薬品コダカランは、1錠あたりの価格が70~80円程度となっています。

通販でしか購入できないクロミッド

日本では、2000年代に入ってから安価なジェネリック医薬品の販売促進が医療費の軽減を目的とするものとして政府レベルで進められています。
しかしながら、海外では流通するジェネリック医薬品の多くが日本では未承認となっており、病院や薬局では入手できません。
コダカランをはじめとするクロミッドジェネリックもまた、病院や薬局では購入できず、通販サイトを活用した個人輸入でのみ手に入れることができます。

クロミッドの服用方法

クロミッドの服用は、生理が始まってから3~5日目に開始するというのが基本的な方法です。
1日1回、50mg錠を1錠のみ時間を決めて服用します。
これを5日間続けて様子を見て、効果が見られなかった場合には次の生理日を待って3~5日置き、今度は1日2錠に切り替え、5日間服用します。
1日に服用する容量が100mgを超えないこと、連続の服用が5日間を超えないことを心がける必要があります。

服用上の注意

クロミッドを服用できる限度は1日100mg、期間は5日間とされています。
たとえば、1回目の服用で効果が得られなかったからといって5日間が過ぎてからも飲み続けるようなことをしてしまうと、思わぬ健康被害をもたらす可能性があります。
実際、海外ではクロミッドを長期服用した結果、卵巣に腫瘍ができるリスクが高まるという研究結果が出ています。
限度を守れば大丈夫なので、服用の際にはくれぐれも注意してください。

効果を確認するために

排卵誘発剤のクロミッドがきちんと効いたかどうか、チェックするには排卵検査薬の使用をお薦めします。
排卵検査薬は、排卵の直前に分泌される黄体化ホルモンの有無をチェックすることで排卵の有無を確認できるアイテムです。
多くの場合、クロミッドを5日間服用したあと、さらに7~10日ほど待つと排卵が起こるとされています。
そこで排卵検査薬を使い、陽性が出たら排卵の可能性が濃厚となり、子作りすべきタイミングと言えます。

クロミッドの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはクロミッドも例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・頭痛
・イライラ
・吐き気
・霧視
初めてクロミッドを服用する際には、このような副作用が現れやすいと言われています。
特に頭痛は、ひどくなると吐き気も併発することがあるので注意が必要です。
また霧視(むし)というのは、文字通り視界が霧でかすむような状態になってしまうことです。
一過性の症状ではありますが、車の運転などは避けてください。
対処方法としては、日常生活に支障をきたすほどになった場合は使用を中止し、医師に相談してください。
ただし、頭痛の場合は、ひどくなりそうなときに市販の頭痛薬(鎮痛薬)を服用することで症状を抑えることができる場合があります。

重篤な副作用

・卵巣の腫れ
・卵巣茎捻転(卵巣のねじれ)
卵巣が腫れあがるとお腹や胸に水がたまる(腹水・胸水)のような症状も現れます。
また、卵巣過剰刺激症候群とともに血液凝固、呼吸困難といった症状が現れることもあります。
下腹部に激しい痛みが起こったり、何かに圧迫されているような緊迫感があったりする場合には、上のような重大な副作用が起こりつつある予兆と考えられます。
速やかにクロミッドの服用を中止して病院で医師の診察を受けてください。

軽い副作用は効果のあらわれ

クロミッドによって現れる可能性がある副作用のうち比較的起こりやすい頭痛は、人によっては厄介なものと言えます。
ひどくなると吐き気を誘発することもあるので要注意です。
ただし、頭痛薬を併用することで吐き気に発展しないうちにおさめることができるので、不安な方は一緒に用意しておくことをお薦めします。
ところで、クロミッドによって頭痛が起こるのは、有効成分のクロミフェンが女性ホルモンのエストロゲンの分泌量を増やすためであると考えられます。
クロミフェンがエストロゲン受容体と結びつくと、脳はエストロゲンが足りないと判断し、エストロゲンを放出する卵胞を活性化させるために卵胞刺激ホルモンを分泌させます。
その結果、卵胞が大きく成長してエストロゲンを分泌するかたわら排卵の機能が促進されるわけですが、エストロゲンの分泌が起こるとホルモンバランスが変化します。
結果的に、片頭痛のような頭痛が発生すると考えられます。
要するに、逆にいえば頭痛が起こるということはエストロゲンの分泌量が増えている=卵胞刺激ホルモンが卵胞を大きくしている=排卵が促されているという意味であると言えます。
つまり副作用が起こるということは、クロミッドが順調に効果があらわれていると言えます。

クロミッドを服用できない方

・有効成分クロミフェンに対してアレルギー性の過敏症の既往歴のある方
・エストロゲン依存性悪性腫瘍を発症している、またはう疑いがある方
・卵巣腫瘍、肝障害がある方
・妊娠している方

クロミッドの豆知識

クロミッドは、妊活や不妊治療を始める際に、一番最初に服用を始める医薬品であると言えます。
そんなクロミッドの豆知識について紹介していきます。

クロミッドの開発史

クロミッドの歴史は、アメリカの製薬会社、メレル(現・サノフィ)によって1959年に有効成分のクロミフェンが開発されたことから始まります。
もともとは女性の月経異常、特に月経と排卵のタイミングが異常をきたす稀発月経を治療するための薬効成分として使われていましたが、開発から2年後の1961年、メレルはこの成分に排卵を誘発する効果があることを確認します。
稀発月経を治療するためにクロミフェンを使用していた女性の妊娠率が、飛躍的に上がったことがきっかけでした。
このような現象を受けてさらなる研究開発を続けた結果、1968年に排卵誘発剤クロミッドとして世に出ることになりました。
そして今、21世紀の現在も、効果的な排卵誘発剤として使用されているのです。

男性にも効果がある

クロミッドは女性の排卵誘発剤として使用されているため、男性には無縁の医薬品というイメージがありますが、実はクロミッドは男性であっても使用されることがあります。
実際に、男性の不妊治療薬として病院からクロミッドが処方されるケースもあるのです。
クロミッドはゴナドトロピン放出ホルモンの分泌を促します。
これによって卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンが血中に分泌され、これらが精巣に対して作用し、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促します。
男性不妊の原因のひとつに造精機能の障害があります。
上記のようにクロミッドを服用するとテストステロンの分泌が促されますが、このテストステロンは精子をつくるためには必要不可欠なホルモンであるため、造精機能障害が原因となる男性不妊に対しても有効とされています。

ドーピング

排卵誘発剤であるクロミッドは、スポーツにおける違法薬物として世界アンチ・ドーピング機関のリストにも掲載されています。
アナボリックステロイドというタンパク質同化ホルモンがあります。
これはテストステロン濃度の上昇などの役割があり、筋肉増強を目的としたドーピングで使用されます。
この使用における最終段階で、エストロゲンの数値が上昇することで女性化乳房などの症状が現れることがあります。
クロミッドを服用することで、エストロゲン受容体にクロミフェンが結合して、女性化することを防ぐことができます。
さらに、ステロイドを使用したことによって乱れてしまったテストステロン生成を正常に戻す効果も期待できます。 上記のような理由からクロミッドが使用されることがあり、アンチ・ドーピング機関のリストに掲載されているのです。

クロミッドの偽物に注意

現在、不妊症で悩んでいるカップルは6組に1組と言われています。
これだけ不妊に悩む人が多いということからも分かるように、不妊症の治療薬として広く使われているクロミッドなどの排卵誘発剤は非常に需要があります。
さらにクロミッドは副作用が少ないということもあり、多くの女性が服用しています。
それだけ需要が高い医薬品であるため、悪質な業者が偽物を販売しているケースもあります。
偽物を他の通販サイトよりも安い価格で販売することで利益を得る業者も多く、非常に便利な通販サイトであっても使用するべき通販サイトに関しては慎重に考える必要があります。
また、購入する際に価格だけで判断しないようにしてください。

クロミッドに関するよくある質問

Q.クロミッドの通販は違法?
A.クロミッドを通販サイトで購入することは違法ではありません。
海外薬品を輸入して購入する場合、以下のような点には注意する必要があります。
・購入者自身が使用すること(転売目的および他人への譲渡の禁止)
・定められた数量しか購入できない
・日本国内に輸入してはいけないものを輸入してはいけない
つまり、クロミッドの場合、日本国内に輸入してはいけないものに該当しないため、使用する本人が購入し、なおかつ必要以上の量を購入しなければ違法性はありません。

Q.クロミッドを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.クロミッドは海外医薬品を取り扱う通販サイトであれば、病院に足を運ぶ必要はなく、簡単に購入することができます。
クロミッドは処方箋医薬品のため、入手するためには医師による処方箋が必要です。
しかし、通販サイトを利用して海外から輸入する場合、処方箋は必要ありません。

Q.クロミッドを服用すると妊娠できる?
A.クロミッドを服用したからといって必ずしも妊娠できるとは限りません。
クロミッドは排卵誘発剤の一種であり、排卵が正常に起こっていない場合、排卵を促す効果が期待できるため妊娠できる可能性は高くなります。
不妊治療の中でも比較的手軽に行え、なおかつ副作用も少ないというメリットはありますが、最終的な妊娠率は25~30%程度と言われているため、必ずしも妊娠できるわけではありません。

Q.効果があるのか確認できる?
A.確認する方法はあります。
クロミッドを服用した後、本当に排卵ができているのか確認する方法はいくつかあります。
・排卵検査薬
・超音波卵胞計測(卵胞チェック)
上記のような方法で判断することは可能です。
排卵検査薬は自分で使用することで排卵日の予測をたてることができます。
超音波卵胞計測は産婦人科へ行き検査を受けることで、排卵日の推測ができます。
このほかにも、基礎体温で排卵のタイミングを予測する方法や、排卵痛から予測することも可能です。

Q.飲み忘れた場合は?
A.まずは医師に相談してください。
クロミッドを飲み忘れた場合、基本的には病院へ確認してから服用することが推奨される方法です。
飲み忘れたタイミングによって対処方法は異なるため、クロミッドを服用しても問題はありません。
ただし、飲み忘れたからといって、飲み忘れた分も含めて1回で2錠分服用する必要はありません。
たとえ1日飲み忘れたとしても卵胞は育つので、気にする必要はありません。

関連ページ

参考サイト
クロミフェン - Wikipedia

医療用医薬品 : クロミッド