上へ
戻る

カテゴリ

眼精疲労

眼精疲労の商品について紹介します。
スマートフォンやパソコンなどを使用することで目の疲れが溜まりやすくなっています。
様々な成分の治療薬があり、自身に合ったものを選択することができます。

眼精疲労の商品一覧

眼精疲労とは?

眼精疲労とは、物を見た際に疲れや痛みを感じる、視界が霞む、頭痛や吐き気が起こるといった症状の総称です。
よく似た症状として、眼疲労という症状があります。
この眼疲労という症状は疲れ目とも呼ばれるもので、目の痛みやかゆみなど眼精疲労と同等の症状が現れます。
眼疲労は一時的な症状であり、ゆっくりと休息を取る、睡眠をとるなどのケアによって自然と回復し、身体への負担もありません。
一方、眼精疲労は休息や睡眠で症状の改善が十分に行われない程に重度の症状であり、視神経から繋がる首や肩の筋肉など、肉体への負担が同時に発生するという特徴があります。
また、眼精疲労は眼球に加えられた負担が原因になる場合もあれば、その他の肉体的・精神的な負担が原因となって発症するケースも見られるという特徴があります。

眼精疲労の症状

眼精疲労の主な症状として、以下のような症状があります。
・目の疲れ
・目の痛み
・目のかゆみ
・目の充血
・視界のぼやけ
・視界の眩しさ
・涙の過剰分泌
・肩こり
・倦怠感
・頭痛
・吐き気
以上のような症状が眼精疲労の症状となります。
眼精疲労の特徴として、目に対してだけ症状が現れるというわけではなく、目のある頭、そして頭を支える首や肩といった非常に広い範囲に症状が現れるという特徴があります。
また、上記の症状は眼精疲労だけではなく疲れ目の症状として現れることもあります。
ただの疲れ目だと勘違いしたまま放置してしまった結果、眼精疲労の症状を悪化させてしまうこともあるので要注意です。

眼精疲労の原因

眼精疲労の具体的な原因としては、以下のようなものが挙げられます。

・目の酷使
パソコンやスマートフォンを長時間使用し続ける、暗い場所で明るいものを見続けるといった事をすると、目に対して過剰な疲労をかけてしまい、眼精疲労を発症します。

・目の病気
近視や乱視といった視力の低下によって物が見づらくなり、物を見ようとした時に顔を近づけるなどの行動を取ることによって、首や肩に負担がかかった結果、眼精疲労を発症することがあります。
また、ドライアイや緑内障、白内障、眼位異常といった目の疾患によって物を見る際にピントが合わせづらくなり、目の神経を過剰に緊張させてしまうことによって眼精疲労を発症しやすくなります。

・精神的なストレス
ストレスによって心身に負担がかかることにより、眼精疲労を発症してしまうことがあります。

このように、目の疲労だけではなく、周囲の環境や心身へ負担が掛かることによっても発症するというのが眼精疲労の基本です。

眼精疲労の原因となる現象として最も多いのは、目に対しての過剰な負担です。
目は物を見るために神経の緊張と緩和を繰り返して激しく運動します。
日常生活を送っているだけで目には多くの負担がかかり、疲労が蓄積していきます。
その状態にさらに疲労を上乗せするように、長時間のパソコンやスマートフォンの使用、暗所での目の酷使といったことを行うと、目の疲労はさらに溜まりやすくなり、眼精疲労を発症しやすくなります。

全身

眼精疲労は眼という語が名前に入っているためにどうしても眼球に何らかの原因があると思われがちですが、全身に症状が現れる病気が原因になっている場合があります。
全身の疲労感・倦怠感が現れる風邪やインフルエンザが代表的ですが、そのほかにも高血圧や糖尿病、または全身の特に末端部にさまざまな症状が現れる自律神経失調症などが眼精疲労を引き起こす場合があります。
眼精疲労を正しくとらえ、治療するためには、このようなさまざまな原因の中から何が自分の眼精疲労の引き金になっているのかを確かめる必要があると言えます。

環境

外の環境が体内に影響を及ぼすというケースは、眼精疲労に限ったものではありませんが、特に眼精疲労の場合は環境に注意する必要があると言えます。
特に、現代的な日常生活はどうしても眼球を酷使しがちです。
人工照明のもとで長時間パソコンに向かったりスマートフォンを使用したりすることで眼球に過剰な負担を強いるというのが代表的な環境的要因として挙げられます。
また、そのほかにも太陽光線に含まれる紫外線を長時間浴びることも眼精疲労の原因になると言われています。
健康的な生活を心がけることこそ、眼精疲労を予防するための第一歩です。

精神的

眼精疲労は、眼球の疲労感をはじめさまざまな身体的症状が現れるものですが、その原因は必ずしも身体的なものだけではありません。
精神的な負担がストレスとなり、眼精疲労の原因になるというケースが見られます。
人間関係、金銭関係などさまざまな悩みによってストレスを抱えるようになると、体内の器官は異常をきたすようになります。
特に顕著に異常が現れるのは自律神経です。
自律神経は体の不随意運動、人が普段意識していない呼吸機能、代謝機能、循環機能などを司るものですが、ストレスによってそのバランスが崩れると眼球を含む全身の機能が低下して疲労感・倦怠感を覚えるようになります。
結果的に眼精疲労の症状が現れるということになるのです。

眼精疲労の治療法

眼精疲労の症状は、ただの疲れ目とは違い、短時間の休息や睡眠では解消されません。
眼精疲労を解消させるためには、以下のような方法で治療する必要があります。

・生活環境の改善
・病気の有無の確認
・コンタクトや眼鏡の調節
・点眼薬

すでに書いているように眼精疲労の原因には眼球の酷使や全身疾患、ストレス、環境的要因などさまざまなものがあります。
まずは何が原因になっているのか確かめ、以上のいずれかを選ぶ、あるいは並行して治療を進めていく必要があります。

生活環境の改善

眼精疲労の原因は多くの場合、環境的なものであるということができます。
眼球に負担を強いるような生活を送っていたり、体に疲労を溜めやすい生活環境の中にいたりというわけで、まずはそのような生活を改善していくことが必要です。
具体的には、長時間のパソコンやスマートフォンの使用を避けること、目に激しく光が射すような照明器具は使わないこと、ドライアイを避けるためにエアコンの風が直接当たらないようにすることなどが基本として挙げられます。

病気の有無

眼精疲労の治療を行う上で環境の整備は非常に重要となりますが、もう1つ確認をしておくべきこととして、病気の有無の確認が挙げられます。
眼精疲労の背後に、特に目に関する病気が隠れているというケースがあります。
眼球の疲労が全身に及ぶ状態が長く続く場合には、まずは病院で目の検査をしてもらうことが大切です。視力や眼圧の測定をはじめ、検査を行って何かしらの病気を発症していないかどうかを確認する必要があります。
そして、もし目の病気を発症しているということが確認できた場合、まずは病気の治療を行い、健康な目を取り戻す必要があります。

コンタクトや眼鏡の調節

眼精疲労は目を酷使することによって発症しますが、視力を矯正するために使用する眼鏡、コンタクトレンズの度数がズレていることも目の酷使につながります。
度数が強すぎる、もしくは弱すぎる眼鏡やコンタクトレンズを使っている場合、レンズを通した視界に合わせて、眼球自体が調整することになります。
その結果、不必要な活動を強いることになって眼精疲労を引き起こすと考えられます。
眼鏡やコンタクトレンズを使用している方は、定期的に検査を受けて正しい視力を把握し、眼鏡やコンタクトレンズがあっているかどうか確かめる必要があります。

点眼薬

眼精疲労の治療方法として最後に紹介するのは、点眼薬を使用した治療方法です。
目の筋肉や神経の緊張を緩和させ、疲労を回復させる効果がある点眼薬を使用します。
目の疲れを感じた時や眠る前などに使用することにより、症状を解消することが可能です。
眼精疲労の回復に用いる点眼薬としてお薦めのものは、ビタミンB12が配合されている点眼薬です。
ビタミンB12は末梢神経の修復作用がある成分で、眼精疲労を解消するのに効果的であるといえます。
また、ビタミンB12以外にもビタミンB2を配合している点眼薬の場合、新陳代謝の機能を正常化させ、角膜炎など目の炎症によって起こる眼精疲労を回復させる働きがあります。

点眼薬の種類

眼精疲労の治療には点眼薬が使用されます。
眼精疲労解消に用いる点眼薬には多くの物があり、緑内障や白内障といった眼の疾患が原因となって眼精疲労を発症している場合、疾患を治療するための点眼薬が用いられることもあります。
疾患が原因ではない眼精疲労を治療する際には、目の疲労を回復させるビタミンを配合したビタミン点眼薬、あるいはアレルギー症状を抑える抗アレルギー薬などを使用します。
これらの点眼薬を使用することにより、目の疲労や眼精疲労によって発生した充血やかゆみといった症状を抑えることができます。

ビタミン点眼薬

ビタミン点眼薬は、水溶性ビタミンを含んだ点眼薬です。
水溶性ビタミンの中でも目に対して作用するものにビタミンB2とB12があります。
ビタミンB2は新陳代謝を正常に保つ作用があり、目の炎症を改善する作用があります。
一方、ビタミンB12には末梢神経と呼ばれる身体中に張り巡らされた神経細胞を修復し、眼精疲労の症状を改善する働きがあります。
こういった目に対して作用する成分を含んだビタミンB製剤が眼精疲労の治療を行う際には使用されます。

抗アレルギー薬

眼精疲労の治療に使用される点眼薬には、抗アレルギー薬があります。
抗アレルギー薬はアレルギーの症状を即座に治療するのではなく、長期間使用することによって解消する医薬品です。
一般的にアレルギー症状をやわらげるために使用する抗ヒスタミン剤と比べ、効果の現れ方がゆるやかであるという特徴があります。
眼精疲労はアレルギーによるドライアイや炎症といった症状によって発生することもあるため、アレルギーが原因となって発症する眼精疲労は抗アレルギー薬を使用して治療することになります。

点眼薬の効果

点眼薬には様々な効果があります。
症状に応じて使用する点眼薬が変わってきます。
有効成分も異なるため、自身にあった点眼薬を使用して治療するようにしてください。

白内障・老人性白内障

白内障や老人性白内障の治療薬には、カタリンKやクララスティルが使用されています。
カタリンKの有効成分はピレノキシンです。
このピレノキシンは、キノイドという物質がタンパク質に結合するのを防ぐことで、白内障の進行を抑える効果があります。
キノイドはタンパク質と合成することで、水晶体を白濁させます。
白内障の進行を防ぐ治療薬のため、白濁してしまった水晶体を完全に治療することはできませんが、白内障の初期には高い効果があります。

参考サイト:Pirenoxine - Wikipedia

ものもらい

ものもらいや細菌感染による眼病の治療には、シプロフロキサシン点眼薬やクラビット点眼薬などが使用されています。
特に多く使用されている有効成分はシプロフロキサシンです。
シプロフロキサシンはニューキノロン系の抗生物質で、強い抗菌力を持っています。
その抗菌力から、細菌の複製を阻止することで症状を改善する効果があります。
シプロフロキサシンは抗生物質のため、ものもらいや眼病以外にも使用されています。

参考サイト:シプロフロキサシン - Wikipedia

結膜炎・角膜炎

結膜炎や角膜炎の治療には、ニフラン点眼液やガチブル点眼液が使用されています。
ニフラン点眼液の有効成分はプラノプロフェンです。
プラノプロフェンには、かゆみ、痛み、炎症を抑える効果があります。
ウイルス性の角膜炎などに高い効果があります。
また、解熱効果もあるため、解熱薬としても使用されています。

参考サイト:フェノプロフェン - Wikipedia

緑内障・高眼圧症

緑内障や高眼圧症の治療には、ドルゾックス点眼薬やキサラタン点眼液が使用されています。
ドルゾックス点眼薬の有効成分はドルゾラミドです。
ドルゾラミドは、炭酸脱水酵素の阻害剤て、眼の房水生産を低下させる働きがあります。
房水生産を低下させることで、視神経の圧迫、眼圧を低下させる効果があります。
他の緑内障の治療薬と併用することも可能です。

参考サイト:ドルゾラミド - Wikipedia

コンタクトによる異物感

コンタクトレンズ装着時の異物感への処置としても目薬は使用されています。
主に使用されている有効成分としては、ヒドロキシプロピルセルロースやヒアルロン酸があります。
これらの有効成分は、角膜の保護と潤滑剤として使用されます。
コンタクトレンズを着用することによって、角膜が傷ついてしまったり、コンタクトレンズが乾き目の中でゴロゴロしてしまうといった症状を改善する効果があります。

参考サイト:ヒドロキシプロピルセルロース - Wikipedia

参考サイト:ヒアルロン酸 - Wikipedia

目の充血・乾き

多くの人は目の充血や乾きの処置として目薬を使用すると思います。
多くの有効成分が配合されていて、ナファゾリンやグリセリンなどが含まれています。
これらは、目の血管を収縮させることにより目の充血を改善します。
また、目の乾きに対しても、潤いを与えることで改善することができます。

参考サイト:ナファゾリン - Wikipedia

参考サイト:グリセリン - Wikipedia

点眼薬を通販で購入するメリット

眼精疲労の治療に用いる点眼薬は、眼科クリニックなど目の疾患を専門に扱っている医療機関を受診して処方を受ける以外にも、通販サイトでの購入も可能となっています。
通販サイトを利用して購入する方法には、医療機関での処方を受けるのとはまったく違ったメリットがあります。
まず、購入できる点眼薬の種類についてです。
医療機関で処方される点眼薬というのは種類がある程度限定されていますが、通販を利用した場合、日本国内で処方されないような点眼薬が入手できます。
次に購入時の金銭的負担についてです。
医療機関での処方を受ける場合も点眼薬はそこまで高価なものではありません。しかし、処方を受ける際には医師による診察が不可欠であり、その際には診療費なども発生します。
したがって、長期的な使用を行うとすると金銭的な負担が大きくなっていきます。
一方、通販を利用した場合、点眼薬そのものの購入料金や送料を負担するだけで購入が可能であるため、負担する金額は医療機関での処方と比べて格段に安くなります。
こういったメリットが、通販での購入には存在しています。

クリニックや病院で処方してもらう場合

眼精疲労の治療方法には、点眼薬を使用する方法の他にも、環境を変えること、ストレスを軽減すること、また病気の有無を確認することが挙げられます。
医療機関を受診して眼精疲労の治療をする場合には、病気の有無を専門家が見てくれるという大きなメリットが考えられます。
一口に眼精疲労といっても原因はさまざまで、目の疾患やほかの全身疾患が原因になっている場合もあります。
医療機関でなら、専門家による専門的な診察によってその原因が何なのか、病気があるのかないのか、きちんと判断してから治療を開始することができます。

市販薬を利用した場合

市販の点眼薬を使用するメリットに
・販売価格が安い
・手軽に入手できる
・種類が多い
といったメリットがあります。
目薬はドラッグストア、スーパーマーケットといった店舗で販売されているため、使用したいと思った時にすぐに購入でき、販売価格も数百円から高くても千円前後と非常に低価格です。
そして市販品は製品数が非常に豊富であり、目的に応じて購入し使用することが可能であるというメリットもあります。

通販サイトを利用した場合

通販を利用し点眼薬を購入するメリットとしては
・日本国内で入手できないものを購入できる
・処方箋がなくても医療用の点眼薬を購入できる
・医療機関で処方されるよりも安く入手できる
といったメリットがあります。

通販でしか購入できない点眼薬

通販を利用して点眼薬を購入するメリットの1つに、日本国内では入手できない製品を入手できるという点があります。
日本国内で処方・販売されている点眼薬は、厚労省の認可が下りたものに限られています。
したがって、特に海外で製造されている製品の中には販売・処方が行われていないものが少なくありません。
しかし通販を利用した場合、海外製の点眼薬を購入し、使用できます。
こういった製品を購入して使用できる、というのが通販を利用する非常に大きなメリットであるといえます。

点眼薬の使用方法

点眼薬を使用する際には、まず点眼薬の容器や先の部分が雑菌などによって汚染されるのを予防するために手を洗います。
その後、下瞼を指で軽く引いて薬液を入れやすくした後、一滴薬液を入れます。
薬液が目の中に入った後は目を閉じて薬液が出て行かないようにした後、薬液が眼球に浸透するまで待ちます。
十分に薬液が浸透した後は、目からあふれた薬液をティッシュなどで拭き取り、使用完了となります。
以上の方法が基本的な使用方法であり、効果の高い使用方法といえます。
誤った方法で使用してしまうと、薬液が目に正常に入っていないにも関わらず薬液が目から溢れてしまい、効果が弱まってしまう場合もあるので、注意しましょう。
また、薬液が出てくる部分を汚れた手で触った場合、容器や薬液内部で雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。
したがって、使用時には必ず手を洗い、容器の蓋が直接ものに接触しないように気をつけるようにしてください。

・シプロフロキサシン点眼薬
1~2日目は、1日8回、1回1滴を2時間置きに点眼してください。
3~7日目は、1日4回、1回1滴を4時間置きに点眼してください。
コンタクトレンズを使用している方は、外してから使用してください。
シプロフロキサシン点眼薬はソフトコンタクトレンズを変色させてしまう恐れがあります。
点眼薬を使用後、再度コンタクトレンズを使用する場合には、15分以上の間隔を空けて使用してください。

点眼薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは点眼薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・眼瞼炎
・接触性皮膚炎
・びまん性表層角膜炎
・瞼浮腫
・かゆみ
・点状角膜炎
・発疹
・蕁麻疹
・刺激感
・そう痒感
・頭痛
・悪心

これらの副作用は点眼薬を使用した際に比較的多く報告されています。
それも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、直ちに医療感で診察を受けてください。

重篤な副作用

ドルゾックス点眼薬には重篤な副作用が生じる恐れがあります。
・皮膚粘膜眼症候群
・中毒性表皮壊死症

点眼薬の併用禁忌・併用注意

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は点眼薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
点眼薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は点眼薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用注意

シプロフロキサシン点眼薬
・ケトプロフェン
痙攣を引き起こす恐れがあります。

・チザニン塩酸塩
チザニジンのCmaxが7倍、ACUが10倍それぞれ上昇し、血圧低下や傾眠、めまいなどが起こる恐れがあります。

・チザニジン
チザニジンの効果を増強させる恐れがあります。

ドルゾックス点眼薬
・炭酸脱水酵素阻害薬
効果が相加的に現れる恐れがあります。

・アセチルサリチル酸
炭酸脱水酵素阻害剤の血漿蛋白結合と腎からの排泄を抑え、炭酸脱水酵素剤は血中のpHを低下させ、サリチルサンの血漿から組織への移行を高め、一方の薬剤の副作用が増強される恐れがあります。

参考サイト:医療用医薬品 : トルソプト

点眼薬を服用してはいけない方

医療用医薬品には服用しては行けない場合があるため、注意してください。
・点眼薬の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・重篤な腎障害のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

点眼薬に関するよくある質問

Q.点眼薬の通販は違法行為になりますか?
A.個人で使用する場合は合法です。
海外で販売されている点眼薬を通販で輸入する場合、含まれている成分に輸入禁止薬物などの違法性のある成分が使用されていなければ、規定量までの輸入は合法的な行為となります。
したがって、購入時に違法性に関する不安を感じる必要はありません。
とはいえ、個人で使用するということを逸脱することは認められていないので要注意です。
通販で購入したものを人に上げたり、売ったりしてはいけません。

Q.点眼薬を病院へ行かずに購入する方法はありますか?
A.市販薬の購入、通販での輸入といった方法があります。
点眼薬は医療機関で処方されるものだけではなく、市販薬として販売されている製品もあります。
また、医療用医薬品として扱われる点眼薬に関しても、通販を利用することによって購入が可能となっています。
病院に行く時間がないという方は、これらの方法を利用することをお薦めします。

Q.眼精疲労は目の病気を発症していなくとも起きるものですか?
A.眼精疲労は、目を酷使している人だけがなる病気ではありません。
思わぬ病気がきっかけになって引き起こされる場合があります。
身近なものでいえば風邪、また冬には気をつけたいインフルエンザ、そのほかにも高血圧や糖尿病、自律神経失調症などが眼精疲労を引き起こすケースがあります。
それらの病気を持っているという方は、まずはそちらを治療することから始めてください。

Q.目が疲れれば眼精疲労といえますか?
A.眼精疲労には、さまざまな症状があります。
目が疲れているだけであれば、眼精疲労ではなく疲れ目、眼疲労と呼ばれる状態であるということも考えられます。
疲れ目の場合は、目を暖めたりこめかみを揉んだりすることですべて解消されることがあります。
しかし、眼精疲労の場合はそれだけではなかなか解消されず、また首や肩のコリなど広範囲にわたる症状が現れる場合があります。

Q.眼精疲労は病院へ行かなくとも治療できますか?
A.時間をかければ治療可能です。
眼精疲労は目の酷使、ストレス、環境、全身疾患、風邪やインフルエンザ、糖尿病など、さまざまな原因が考えられる病気ですが、特にストレスや環境による眼精疲労は、ストレスを溜めないようにする、目に良い生活環境を心がけるといった方法で解消することができます。
また、目の酷使が原因で眼精疲労になっている場合も、点眼薬を使用することで治療することが可能です。
効果的な点眼薬は通販で購入することができます。

関連ページ

参考サイト

眼精疲労 - Wikipedia

目薬 - Wikipedia