上へ
戻る

カテゴリ

痛風・高尿酸値

痛風・高尿酸値の治療薬について紹介します。
プリン体が身体に溜まることで、高尿酸値症になり、痛風になります。
カロリーを抑えた食事や適度な運動を行うともに、治療薬を用いての治療をお薦めします。

痛風・高尿酸値の商品一覧

痛風とは?

痛風とは、本来であれば尿とともに体外に排出されるはずの尿酸が体内にたまり、結晶化して関節炎などを引き起こす病気です。
痛風という名の由来は、風が吹くだけでも痛みが生じるということから来ている説などいくつかあります。
痛みが生じる関節の箇所は足に多く、特に足指や足首などが挙げられます。尿酸の結晶が重力のために下にさがるからであると言われています。
痛みは発作的に起こりますが、何度も繰り返しているうちに徐々に強くなってくるという性質があります。
また、痛みの程度は骨折よりもひどいと言われています。
早期発見・早期治療が苦痛を長引かせないためのカギと言えます。
痛風は特に男性に現れやすい病気であるというのも特徴のひとつです。
女性の患者数が少ない理由としては、女性の体内に多く存在する女性ホルモンに尿酸の排出を促す作用があるからであるとされています。
とはいえ、女性が絶対に痛風にならないというわけではありません。

痛風の症状

痛風の症状としては、患部の激しい痛みや発熱、発赤、腫れといったことが挙げられます。
足指や足首など、特に脚部の下半分に集中する性質がありますが、全身性疾患といわれることがあることからもわかるように、脚部の関節だけでなく腕部や胸部などに尿酸の結晶が移動して痛みや発熱などを発症することもあります。
耐えがたい痛みという自覚症状があるために多くの人はすぐに治療を開始しますが、放置しておくと尿酸の決勝が皮膚に近いところに現れ、骨を傷つけたり脳や心臓、腎臓といった臓器につながる血管を詰まらせたりすることで血管障害を引き起こすことも考えられます。

痛風の原因

足関節をはじめ、体の各部に強烈な痛みや発熱を引き起こす痛風の直接的な原因は、尿酸と呼ばれる物質が結晶化することにあります。
尿酸の結晶は針状結晶と呼ばれるもので、文字通り無数の針が突き出したような形状をしています。
この針が周囲を刺激して、耐えがたい痛みや炎症を引き起こします。
ただし、尿酸の結晶は尿酸値が異常に高まる高尿酸血症にならない限りは発生しません。
健康な人の体内にも尿酸はありますが、通常であれば尿とともに排出されていきます。
しかし、さまざまな原因で排出量を超える量の尿酸が生まれると、結晶化して痛風へと発展します。
尿酸の量を増やす原因としては、尿酸のもとになるプリン体の摂取量が多いこと、激しい運動を日常的に行うことで体内に大量の尿酸を生み出していることなどが挙げられます。

痛風の治療法

痛風は、プリン体の大量摂取や体内での大量製造で、プリン体が尿酸と化し、結晶化することで起こる病気です。
その治療法としては、プリン体の摂取量を制限する食事療法、また尿酸を減少させたり痛風の症状を抑えたりする効果がある医薬品を使用する薬物療法が挙げられます。
ここでは、それらの治療法について解説しています。

食事療法

痛風の直接的な原因となる尿酸結晶を生み出すもとになるプリン体の摂取を制限すること、それが食事療法の基本です。
プリン体は多くの食物に含まれる成分で、それぞれの食物のうまみのもとになっています。
プリン体があるからこそ私たちは食事を美味しく摂ることができるわけですが、摂取しすぎると高尿酸血症となり、さらには痛風を招きます。
具体的には、特にプリン体の含有量が多い肉や魚介類を少なめにして、アルコール摂取を控えることが食事療法です。
アルコール自体はそれほど多くのプリン体を含んでいるわけではありませんが、アルコールに尿酸を増やす働きがあるため慎むべきと言われています。

薬物療法

痛風の薬物療法は、主に発熱、発赤といった炎症による症状を抑える抗炎症薬、また痛風の最大の特徴である激しい痛みを抑える鎮痛剤を服用すること。
痛風の原因である尿酸を減少させ、尿酸値を下げる医薬品もありますが、ここでは主に痛みを軽減させ、炎症を抑える対症療法に使う医薬品を取り上げます。

痛風の治療薬

前述のとおり、痛風の薬物療法で使用されるのは主に抗炎症薬と鎮痛剤です。
痛風を発症すると患部に炎症を起こし、痛みを発症するので、それらを抑える必要があります。
抗炎症剤としてよく使用されるのは、コルヒチン製剤と呼ばれるものです。
コルヒチンには、好中球(白血球の一種)を抑える働きがあります。
そもそも炎症は、体内に何らかの病原体が生じたとき、好中球がそれを攻撃することで起こる現象です。
好中球の働きを抑えることで炎症が起こらないようにし、発熱や発赤、腫れを抑えることができます。
一方、鎮痛剤として使用されるのはインドメタシンなどの成分を含む医薬品です。
インドメタシンは鎮痛、抗炎症の効果をもたらすので、特に痛風治療薬としてはピッタリの存在と言えます。

抗炎症薬

抗炎症薬は痛風の痛みの原因となる炎症を抑えることで、痛みを緩和することができます。
痛みの原因となるものを直接抑えることで、痛みを発現させずにすむということです。
非ステロイド系の医薬品を使用すること多いです。

鎮痛剤

鎮痛剤は痛みの緩和に効果がある医薬品のことを指します。
特に鎮痛剤の場合には、抗炎症効果も含まれている場合が多くなっています。
市販薬にも鎮痛剤はあります。
痛みが強い場合にはこの鎮痛剤を使用することをお薦めします。

高尿酸値とは?

高尿酸値とは、遠からず痛風に発展することが考えられる高尿酸血症と診断される高い尿酸値のこと。
体内にある尿酸の量が通常時を超えているときに高尿酸値が出ているとされ、高尿酸血症と診断されることになります。
尿酸は、通常であれば血液内の血漿に溶け込み、不要物として運ばれて排出されます。
しかし一方で、血漿に溶け込む量を超えた尿酸が体内に存在すると、それが結晶化して痛風に発展することが考えられます。
高尿酸値がはじき出されるということは、尿酸の結晶が遠からず体内に発生する、あるいはすでに発生して今にも痛風の症状を現わそうとしているタイミングであると言えます。
すみやかに尿酸値を下げ、痛風に発展することを防ぐ、あるいは痛風の症状を軽度にとどめる治療を行う必要があります。
また、ハッキリ高尿酸値が出たわけではないがギリギリであるという場合は、普段の生活の中で尿酸値を上げないような食生活などを心がけ、状態が悪化しないようにする必要があります。

高尿酸値の症状

高尿酸値が検出される=高尿酸血症であるということ自体が、何らかの身体的症状を引き起こすわけではありません。
ただし、以下に述べるようなさまざまな病気のリスクを飛躍的に高めることが考えられます。

・痛風
すでに紹介しているように、高尿酸血症はいわば痛風の前兆というべきものです。
許容量を超える尿酸が結晶化することで、痛風を発症します。

・腎障害(腎不全)
高尿酸血症は、不要物を尿として体外へ排出するために働く腎臓の機能低下に関係していることが判明しています。
特に、腎不全という腎臓の機能がほとんど停止してしまう重大な病気の黄色信号であるとされています。

・メタボリックシンドローム
高尿酸血症になっている人は、高い確率でメタボリックシンドロームの要素をあわせ持っているとされます。
特に肥満ぎみであるという方は要注意です。

高尿酸値の原因

高尿酸値が出る高尿酸血症の原因は、痛風の原因と一致します。
要するに、体内に尿酸を生み出すプリン体が大量に存在していることが原因といえます。
プリン体は、痛風の原因について明らかにしたところでも述べているように、プリン体は外から摂取されるほか、体内でも製造されます。
激しい運動をしたときなどに発生するプリン体が尿酸となるケースがあるのです。
また、人体では日々大量の細胞が死滅して新たな細胞が誕生していますが、死滅した細胞からもプリン体が発生します。
つまり、体の新陳代謝もプリン体を生み出す=尿酸値を上げる原因のひとつであると言えます。

高尿酸値のリスク

高尿酸血症によって痛風や腎障害などの病気のリスクが高まりますが、ほかにも高血圧症、悪性腫瘍(ガン)、尿路結石といった病気のリスクが高まると言われています。

・高血圧症
現在、高尿酸値を検出しているという方は将来、高血圧症に悩まされる可能性があると言われています。

・悪性腫瘍
尿酸値を下げたからといって、悪性腫瘍の発症率が下がるというわけではないようですが、少なくとも高尿酸値であること、悪性腫瘍を発症することの間には明確な関係があるということが判明しているようです。

・尿路結石
高尿酸値が検出されるからといって必ず尿路結石が見られるというわけではありませんが、一度、尿路結石を引き起こしたことがあるという方はその後何度も起こるリスクがあるとされています。

高尿酸値の治療法

高尿酸血症の治療、つまり高尿酸値を下げるには食事療法、薬物療法を行う必要があります。
食事療法は、尿酸値を上げる直接的な原因であるプリン体の摂取を抑えることにあります。
プリン体を多く含有する食品を避けることでリスクを抑えます。
また、薬物療法としては尿酸の生成を抑制することで尿酸値を下げる働きがある医薬品を用いるのが一般的です。
薬を飲みつつ日々の食事に気をつけること、これによって健康な身体を取り戻すことができます。

食事療法

高尿酸値を下げるための食事療法は、基本的にはきわめて単純なものです。
体内で尿酸に変化するプリン体を多く含んでいるものを避け、少ないものを中心に摂取するということを基本に、日々のメニューを決めていくことになります。
具体的には、食品の100gあたり100mgまでは少ないとされますが、200mg以上は多いとされ、さらに300mg以上になると非常に多いということになります。
200mg以上の多い、非常に多いに分類されるのは、たとえば肉のレバー。豚や牛は多いレベルですが、チキンのレバーは非常に多いに分類されます。
ただし、同じ肉でも豚のロースやバラ、牛の肩ロースやタンは少ないに分類されているので、こちらは暴飲暴食をしなければ食べても大丈夫とされます。
また、野菜全般は基本的にプリン体が少ないので、野菜をたっぷり摂りつつプリン体が少ない肉を摂取することを基本にすることをお薦めします。

薬物療法

高尿酸血症の薬物療法は、基本的に尿酸値を下げる効果がある医薬品を使用します。
尿酸降下剤は、尿酸の排泄を促すもの、そもそも尿酸の生成を促すものの2種類に分かれます。
前者のようなものとしてはプロベネシド、ベンズブロマロンといった有効成分を含むものが挙げられる一方、後者としてはアロプリノール、フェブキソスタットといった成分を含む医薬品が挙げられます。
また、高尿酸血症が痛風に発展してしまった場合には、ブコロームなどの鎮痛・抗炎症作用を持つ成分が含まれた医薬品を使用することになります。

高尿酸値の治療薬

すでに書いたように、高尿酸値を下げるための医薬品として使用されるのは、プリン体から尿酸ができるのを防ぐもの、また尿酸の排出を促す働きがあるものです。
健康診断などで尿酸値が高いという結果が出た際には、このような医薬品を服用して尿酸値を下げ、痛風などに発展しないように注意する必要があります。
ちなみに、高尿酸値として判断されるのは尿酸の血中濃度が7mg/dL以上のときとされています。
mg/dLは血液1デシリットル中に何mgの尿酸が含まれているかということを表します。
また、高尿酸血症がすでに痛風になってしまっているという場合には、鎮痛・抗炎症効果がある医薬品を使用します。
これを使用して痛風発作を乗り切ったうえであらためて尿酸降下剤を飲み、高尿酸値を下げるというのが薬物療法の基本です。

痛風と高尿酸値の関係

すでに紹介しているように、高尿酸値を記録する高尿酸血症は痛風を引き起こす前段階であると言えます。
高尿酸血症がひどくなったとき、痛風になる、そのようなイメージを持つとわかりやすいです。
そもそも尿酸はいわば出がらしのようなもの。
食物に含まれていたり、人体の中にあったりするプリン体が分解されたあとに出るカスのようなものです。
カスであるからには当然、通常であれば排出されます。
具体的には、尿や便、また汗に含まれています。
しかし、体内で出る尿酸の量が増えたり、排出量が減ってしまったりすると体内にいつまでも居座り、やがて結晶化することになります。
これが、痛風の始まりです。
高尿酸血症から痛風になってしまったときは、痛風の激しい痛みや炎症を抑えつつ高尿酸値を正常な値に戻すための治療を行う必要があります。
具体的には、2種類の医薬品を使って行います。
高尿酸値を下げるための尿酸降下剤、痛風の痛みを取り除く鎮痛剤です。
鎮痛剤は抗炎症効果も持っているものを使用するのが一般的です。
また、高尿酸血症は痛風だけでなく尿路結石、高血圧症といったさまざまな疾患のリスクを高めると言われています。
早めの治療が肝心です。

痛風・高尿酸値の薬を通販で購入するメリット

痛風・高尿酸値の治療薬には、鎮痛剤や抗炎症薬、尿酸降下剤などがありますが、それらの医薬品は通販で購入することができます。
正確には、個人輸入という方法を使って入手することが可能です。
輸入というところからもわかるように、ここで購入できる医薬品はすべて海外製です。
日本の病院やドラッグストアでは手に入れることができない海外製の医薬品を入手できます。
日本では病院で医師の診察を受けたうえでなければ手に入れることができないものも、処方箋なし(診察なし)で購入可能です。
また、海外では一般的な痛風の薬として出回っているものの日本では取り扱われていないものも、通販では購入することができます。
また、ジェネリック医薬品(後発医薬品)が多いというのもポイントのひとつです。
ジェネリック医薬品は先発薬と同じ成分を含みつつ先発薬よりも安価に購入できる医薬品です。
痛風・高尿酸値の治療をするにあたって費用を抑えたいという人にお薦めです。

クリニックや病院で処方してもらう場合

特に、初めて高尿酸値といわれた、初めて痛風の発作が起きたというときは、いきなり通販で必要な薬を購入するよりも、むしろ病院へ行ったほうが良いと言えます。
痛風・高尿酸値の治療は必要な薬を飲むだけというシンプルなものではありますが、たとえば痛風の発作があるときは尿酸値を下げつつ発作の痛みを取り除くことが必要で、尿酸降下剤、鎮痛剤が使われます。服用のタイミングは少しばかり複雑です。
病院であれば、痛風・高尿酸値治療のプロである医師の指導のもと、薬を正しく使用して治療を進めていくことができます。
また、高尿酸値は高血圧症や尿路結石のリスクを高め、尿酸値が高い=メタボが進みつつあるということも言われています。
関連する病気の有無を調べてもらったりできるのも、病院ならではのメリットと言えます。

市販薬を利用した場合

痛風による痛みや発熱を抑えるための鎮痛剤なら、薬局で販売されている市販薬を購入することで入手できます。
市販用のロキソニンSなどがお薦めの医薬品です。
店舗に足を運んで欲しい医薬品を購入するだけなので、病院で処方してもらう場合のように診察を受ける時間はかかりません。
費用についても薬価だけで済ませることができるので、診察費や治療費を節約したい方にお薦めです。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用して医薬品を購入するメリットとして、ほかの購入方法に比べて手軽に行える点が挙げられます。
一般の通販サイトと同じ感覚で医薬品を注文できるため、多忙な方もちょっとした空き時間や休憩時間にスマホを使って注文手続きを済ませることが可能です。
診察代が不要という点もメリットのひとつとして挙げられます。
ただし、海外から取り寄せることになるため時間がかかるという点には留意すべきと言えます。

通販でしか購入できない痛風・高尿酸値の薬

市販薬を購入するにしても病院で処方してもらうにしても、国内で入手できる医薬品はすべて、日本で認可されているものに限られます。
しかし、海外製医薬品を専門的に販売している通販サイト(個人輸入代行サイト)を利用すれば、日本で流通していない海外メーカーの医薬品も簡単に購入できます。
その代表例として挙げられるのが、ジェネリック医薬品です。
通販サイトを利用すれば、海外メーカーが製造した安価なジェネリック医薬品も気軽に購入できます。

痛風・高尿酸値の薬の服用方法

痛風・高尿酸値は、痛風発作を静めたり尿酸値を下げたりする働きがある医薬品で治療できます。
しかし、治療薬は強力な効果を発揮する一方で、体に負担をかけるものでもあります。
当然誤った方法で使用してしまえば、その分、負担は大きくなります。加えて、本来の効果が得られなくなる可能性も考えられます。
こうしたリスクを避けるためには、治療薬を正しく使用することが必要不可欠です。
すべての医薬品には用法用量が定められています。
これは医薬品本来の効果を最大限に発揮するための使用方法であり、同時に副作用のリスクを減らすためのものでもあります。
医薬品によって用法用量は異なるので、必ず使用前に細かく確認してください。
また、医薬品の中には特定の条件で使用することで、より高い効果を発揮するものがあります。
空腹時に使用する、食後に使用するなど条件はさまざまですが、正しく使用しても効果をあまり実感できない場合は、こうした使用する条件やタイミングを意識してください。

アロプリノール

成人は1日200mg~300mgを2~3回に分けて食後に服用してください。
年齢や症状によって服用量を調節してください。

参考サイト:医療用医薬品 : ザイロリック

コルヒチン

・痛風発作の緩解および予防
成人は1日3mg~4mgを6~8回に分けて服用してください。
年齢や症状に応じて服用量を調節してください。
発病予防には1日0.5mg~1mgを服用してください。
また、発作予感時には0.5mgを服用してください。

・家族性地中海熱
成人は1日0.5mgを1~2回に分けて服用してください。
年齢や症状により服用量を調節してください。
1日の最大服用量は1.5mgとなるため、1.5mgを超えないでください。

痛風発作の発現後、服用開始が早いほど効果があります。
長期にわたる痛風発作の予防的服用は、副作用が生じる可能性があり、有用性が少ないため注意してください。

参考サイト:医療用医薬品 : ザイロリック

フェブキソスタット

・痛風、高尿酸血症
成人は1日1回、1回10mgから服用を開始してください。
その後、血中尿酸値を確認しながら徐々に増量してください。
通常、維持量として1日1回、1回40mgを服用してください。
症状に応じて服用量を調節してください。
1日の最大服用量は60mgとなるため、60mgを超えないでください。

・がん化学療法に伴う高尿酸血症
成人は1日1回、1回60mgを服用してください。

参考サイト:医療用医薬品 : フェブリク

クエン酸カリウム

・痛風、高尿酸血症の酸性尿の改善
1日3回、1回436mgを服用してください。
尿検査においてpH6.2~6.8の範囲に入るよう、服用量を調節してください。

・アシドーシスの改善
1日2778mgを3~4回に分けて服用してください。
年齢や症状、血液ガス分析の結果などから服用量を調節してください。

痛風・高尿酸値の薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは痛風・高尿酸値の薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

アロプリノール

・発疹
・食欲不振
・胃部不快感
・軟便
・下痢
・全身けん怠感
・脱毛
・貧血
・浮腫

重篤な副作用
・中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、はく脱性皮膚炎、過敏性血管炎
・薬剤性過敏症症候群
・ショック、アナフィラキシー
・再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少
・劇症肝炎、重篤な肝機能障害、黄疸
・腎不全、腎不全の増悪
・間質性肺炎
・横紋筋融解症

コルヒチン

・全身のそう痒感
・発疹
・発熱
・下痢
・悪心
・嘔吐
・腹痛
・肝機能異常
・脱力感
・脱毛

重篤な副作用
・再生不良性貧血、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少
・横紋筋融解症、ミオパチー
・末梢神経障害

フェブキソスタット

・肝機能検査血異常
・関節痛
・血小板数減少
・貧血
・頭痛
・味覚異常
・動悸
・蕁麻疹
・脱毛
・尿量減少
・浮腫

重篤な副作用
・肝機能障害
・過敏症

クエン酸カリウム

・胃部不快感
・下痢
・吐き気
・軟便
・悪心
・血清カリウム値上昇

重篤な副作用
・高カリウム血症
・徐脈、全身けん怠感、脱力感

痛風・高尿酸値の薬の併用禁忌・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は痛風・高尿酸値の薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
痛風・高尿酸値の薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は痛風・高尿酸値の薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

アロプリノール

併用注意
・メルカプトプリン
本剤がアザチオプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害し、骨髄抑制などの副作用を増強する恐れがあります。

・ビダラビン
本剤がビダラビンの代謝を抑制し、ビダラビンの作用を増強し、幻覚、振戦、神経障害などが生じる恐れがあります。

・クマリン系抗凝血剤
本剤による肝代謝酵素活性の低下作用により、クマリン系抗凝血剤の代謝を阻害するため、クマリン系抗凝血剤の半減期が延長し、クマリン系抗凝血剤の作用を増強する恐れがあります。

・クロルプロパミド
尿細管分泌の競合によりクロルプロパミドの半減期が延長し、作用が増強する恐れがあります。

・シクロホスファミド
本剤または本剤の代謝物がシクロホスファミドの肝代謝を阻害し、シクロホスファミド腎排泄を競合阻害し、骨髄抑制が生じる恐れがあります。

・フェニトイン
本剤がフェニトインの肝代謝を阻害するためフェニトインの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・キサンチン系薬剤
本剤がテオフィリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害するためテオフィリンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・ジダノシン
本剤がジダノシンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害するためジダノシンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・ペントスタチン、ヒドロクロロチアジド
重度の過敏反応が生じる恐れがあります。

・カプトプリル
過敏症状が生じる恐れがあります。

・アンピシリン
発疹の発現が増加する恐れがあります。

コルヒチン

・肝代謝酵素CYP3A4を阻害する薬剤、コビシスタットを含有する製剤、中等度阻害する薬剤、グレープフルーツジュース
肝代謝酵素CYP3A4を阻害することにより本剤の血中濃度を上昇させ、本剤の作用が増強する恐れがあります。

・P糖たんぱくを阻害する薬剤
P糖たんぱくを阻害することにより本剤の血中濃度を上昇させ、本剤の作用が増強する恐れがあります。

フェブキソスタット

併用禁忌
・メルカプトプリン水和物
アザチオプリンの代謝物メルカプトプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、メルカプトプリンの血中濃度が上昇し、骨髄抑制などの副作用を増強する恐れがあります。

併用注意
・ビダラビン
本剤がビダラビンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害により、ビダラビンを抑制し、ビダラビンの作用を増強し、幻覚、振戦、神経障害などが生じる恐れがあります。

・ジダノシン
ジダノシンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、健康成人およびHIV患者においてジダノシンのCmaxおよびAUCが上昇し、ジダノシンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

クエン酸カリウム

併用禁忌
・ヘキサミン
併用によりヘキサミンの作用を減弱する恐れがあります。

併用注意
・水酸化アルミニウムゲル
アルミニウムの吸収が促進される恐れがあります。

痛風・高尿酸値の薬を服用できない方

アロプリノール

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・肝疾患を有するまたは、その既往歴のある方
・腎機能障害のある方
・メルカプトプリンまたはアザチオプリン、ペントスタチンを投与中の方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

コルヒチン

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・肝臓または腎臓に障害のある方で、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤または、P糖たんぱくを阻害する薬剤を服用中の方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

フェブキソスタット

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・メルカプトプリン水和物またはアザチオプリンを投与中の方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

クエン酸カリウム

痛風・高尿酸値の薬に関するよくある質問

Q.痛風・高尿酸値の薬の通販は違法?
A.違法性はありません。
個人輸入代行サイトは、海外製の医薬品を専門に扱っていますが、輸入した本人が使用する目的である場合に限り、海外から医薬品を個人輸入することは認められています。
ただし、個人使用を目的としない売買目的の輸入などは禁じられているので要注意です。

Q.痛風・高尿酸値の薬を病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.痛風による痛みを一時的に改善するための鎮痛剤であれば、通院せずとも薬局で購入可能です。
また、尿酸降下剤、鎮痛剤ともに、個人輸入代行サイトを利用することで購入できるため、この方法であれば通院することなく入手可能です。

Q.痛風って治るの?
A.痛風は一度発症すると完治させることが難しく、その後も再発する可能性があります。
しかし、生活習慣を改善したり薬物療法を行ったりすることで症状を改善し、また再発を予防することが可能です。
定期的に健康診断を受け、尿酸値をこまめに確認することも必要です。

Q.高尿酸値だとなんの病気になるの?
A.高尿酸値のまま放置していると痛風はもちろんのこと、高血圧症や尿路結石のリスクを高めます。
また、高血圧が心筋梗塞、脳梗塞など、命にかかわる重篤な病気につながる危険性があります。
高尿酸値は自覚症状がほとんどないので早期発見が困難ですが、尿酸値をこまめに確認し、数値が一定値を超えている場合はすみやかに治療を始めることをお薦めします。

Q.完治することはできる?
A.結論から言ってしまえば、痛風は完治しない病気と言われています。
症状が治まっても1年後、もしくはそれよりも短い間隔で再発しやすいという特徴があります。
とはいえ、生活習慣を改善しつつ治療薬を用いて尿酸値をコントロールすることで、十分に再発を予防することができます。

関連ページ

参考サイト

痛風 - Wikipedia

高尿酸血症 - Wikipedia