上へ
戻る

カテゴリ

二日酔い

二日酔いの治療薬について紹介します。
お酒を飲みすぎて翌日二日酔いになってしまうこともあると思います。
身体がだるく、頭痛などは治療薬を用いて治療することができます。

二日酔いの商品一覧

二日酔いとは?

二日酔いとは、アルコール飲料(お酒)を過量に摂取したことにより、その翌日まで不快な症状が現れる状態を指します。
人によって、嬉しい出来事によって高揚した気分をさらに高めたいとき、もしくはイライラすることや悲しいことによって落ち込んでしまった気分をリフレッシュしたいときなど、さまざまなシチュエーションでお酒を口にするのではないかと思います。
また、お酒を飲むことがすっかり習慣化してしまい、ほかの飲料と同じ感覚で毎日のように摂取してしまう方もいると思います。
しかし、飲酒をする際は適量に抑えることが大切です。
アルコールの摂取量が多いと、アルコールが肝臓で分解されることによって生成される物質アセトアルデヒドの代謝が悪化します。
その結果、血液中にアセトアルデヒドが蓄積し、頭痛や吐き気といった症状を引き起こします。
とはいえ、通常ならこうした症状はその日のうちに自然に治まることがほとんどです。
しかし、摂取するアルコール量が多い場合は、アセトアルデヒドを翌朝になっても代謝しきれず、結果として二日酔いを招きます。

二日酔いの症状

二日酔いの代表的な症状として、吐き気や胃痛といった胃腸症状が挙げられます。
その原因は、摂取したアルコールが胃を刺激するためです。
胃は刺激されると胃酸を分泌します。
これは本来なら胃に入った食物を消化する役割を担いますが、同時に胃の粘膜にダメージを与え、胃の状態を悪化させることもあります。
アルコールを過剰に摂取すればするほど胃への刺激が強まり、胃酸の分泌が促されます。
その結果、胃の状態がより悪化しやすくなり、胃腸症状を招くリスクが高まります。
また、頭痛も二日酔いによって現れやすい症状のひとつです。
アルコールの分解によって生成されるアセトアルデヒドには、血管を拡張する働きがあります。
この働きによって脳の血管が拡張し、周囲の神経を圧迫することで痛みが生じます。

二日酔いの原因

二日酔いの原因は、簡単に言えばお酒の飲み過ぎです。
一回の飲酒量が適量なら、その場では軽度の頭痛や吐き気が現れたとしても長引くことはありません。
アセトアルデヒドの代謝が進むにつれて自然に治まります。
しかし、一回に摂取するアルコールの量があまりに多すぎる場合は、アセトアルデヒドが代謝しきるまでにいっそう時間がかかり、結果として翌日にも酔いが残る状態を招きます。
また、人によっては、一般的に過量とまではいかない量のお酒でも二日酔いを招くことがあります。
これはアセトアルデヒドの代謝速度に個人差があるためです。
俗にいうお酒に弱い人は代謝速度がほかの人よりも遅く、それによって少量のアルコールを摂取しただけでもアセトアルデヒドが翌日まで残留することがあります。

二日酔いの改善方法

お酒が好きな方は特に、二日酔いに悩まされることが多いのではないかと思います。
飲酒してからかなりの時間が経っているのにまだ頭が痛い、吐き気がするそんな経験もあると思います。
命に関わるような症状ではないとしても、不快な症状である以上は少しでも早く改善したいところ。
ここでは、二日酔いに効果が期待できる改善方法をいくつかご紹介します。
特によく二日酔いになる方、いざというときのために改善方法を知っておきたい方はぜひチェックしてみてください。

水分補給

アルコールの過度な摂取によって生じる二日酔いは、水分補給をすることで改善できる可能性があります。
意識的に水分補給をすることにより、アセトアルデヒドの血中濃度を薄める、もしくは排尿を促して尿と一緒に排出するといった効果が期待できます。
また、この改善方法は、アルコールの過剰摂取による脱水症状を防ぐのにも効果的です。
アルコールを分解するためには多くの水分を必要とするため、飲酒後はどうしても体内の水分が不足しがちです。
こまめに水分補給をすることで、脱水症状を予防することができます。
その際は、水と一緒に失われる塩分やミネラルを多く含み、また吸収率が良いスポーツ飲料がお薦めです。

睡眠

二日酔いを少しでも早く改善するためには、十分な睡眠をとることが大切です。
肝臓は、人間が起きている間は絶えず働いているため、どうしても疲労が蓄積します。アルコールを摂取したあとは、アルコールの分解に注力したことでなおさら疲労やダメージが蓄積しやすくなります。
しかし十分な睡眠をとれば肝臓を休めることができ、それによってアルコールの分解がスムーズに行われやすい状態を整えます。
二日酔いを招いたあとに十分な睡眠をとって改善をはかるのはもちろん、予防のために飲酒後、しっかりと睡眠時間を確保するのも有効です。

フルーツの摂取

二日酔いの改善には、フルーツを摂取するのも効果的です。
特にミカンやグレープフルーツといった柑橘類、カキなど、ビタミンCを多く含んでいるフルーツがお薦めです。
ビタミンCには、肝臓の機能をサポートするはたらきがあります。
これによってアルコールの分解を促し、体内にアルコールやアセトアルデヒドが長く残ることを防ぎます。
気怠さや吐き気によって食欲がわかない場合は、上で紹介したフルーツの果汁がたっぷり入ったフルーツジュースを飲むのもお薦めです。
フルーツジュースを摂取すれば同時に水分補給を行うことができるので、飲酒後の脱水症状を改善または予防するのにも役立ちます。
ただし、冷えすぎたものでは胃に刺激を与えかねないので、なるべく常温のものを飲むことをお薦めします。

薬物療法

二日酔いは、薬物療法によって改善することが可能です。
とはいえ、二日酔いに効く医薬品というものはありません。
二日酔いによって現れた症状に合った医薬品を用いることで、身体的な負担を改善します。
たとえば、胃痛や吐き気といった胃腸症状が現れている場合は、胃腸薬を用いることで症状を改善できます。
胃腸薬が含有する有効成分によって胃の粘膜を保護し、アルコールからの刺激を防ぎます。
また、飲酒後あるいは起床後などに嘔吐している場合は、胃腸薬の中でも特に制酸薬がお薦めです。
一方、胃腸症状と並んで代表的な症状である頭痛を伴っている場合は、注意しながら頭痛薬を用いる必要があります。
というのも、頭痛薬は副作用として胃腸症状を引き起こす可能性があるからです。
どうしても痛みが我慢できない場合に用いる程度に留めることをお薦めします。

二日酔いの治療薬

二日酔いの改善が期待できる方法はいくつかありますが、その多くは人によって即効性や有効性の高さが大きく左右されます。
それに比べて治療薬を用いた薬物療法なら、個人差はあるにしても共通して高い効果を発揮します。
水分補給やフルーツの摂取、睡眠といった方法で思ったような効果が得られない場合は、治療薬を用いて二日酔いを改善するのがお薦めです。
ただし、二日酔いに効く治療薬があるわけではなく、二日酔いによって現れた症状に合った治療薬を用いる必要があります。

胃腸薬

二日酔いによって胃腸症状が現れている場合は、胃腸薬を用いて症状を緩和することができます。
一口に胃腸薬といっても種類がありますが、そのほとんどに胃の粘膜を保護する効果が期待できます。
二日酔いによる胃腸症状はアルコールが胃の粘膜を刺激することで起こるため、胃腸薬を使用して胃の粘膜を守ることで症状を改善できます。
また、飲酒後あるいは起床後に嘔吐している場合は、胃腸薬の中でも特に制酸薬を選ぶというように、自分の状態に合わせて使用する治療薬を選ぶことをお薦めします。

頭痛薬

胃腸症状と同じく、二日酔いの代表的な症状として頭痛が挙げられます。
頭痛は市販の頭痛薬を服用することで改善できますが、その際はいくつか注意すべき点があります。
たとえば、自分に合った頭痛薬を正しく選ぶ必要があること。
解熱に重きを置いたもの、効き目がマイルドなものなど、市販の頭痛薬はそれぞれ特徴が異なります。
何も考えずに頭痛薬を手に取り、それを使用すると、治療薬を用いているにもかかわらず思ったほどの効果が得られない可能性があります。
また、多くの頭痛薬は、副作用として胃腸症状を招くリスクがある点も要注意です。
アルコールの効果と相まって胃を強く刺激する可能性があります。

二日酔いの予防

二日酔いに効果的な改善方法はいくつかあるので、仮に起床後も酔いが残っていたとしても対策は可能です。
しかし根本的なことをいえば、そもそも二日酔いになることなく、気持ちのいい朝を迎えられることができればそれが一番です。
ここでは、二日酔いの予防にピッタリな方法をいくつか紹介しています。
二日酔いになるくらいならお酒なんて飲まなければよかったと翌朝になって後悔しないように、予防法を踏まえたうえで正しく無理のない飲酒を楽しんでください。

飲みすぎない

二日酔いを未然に防ぐための方法として、最も大切なのは飲みすぎないことです。
二日酔いを引き起こす最大の原因は、自分のキャパシティをオーバーしてまで過剰にアルコールを摂取することです。
アルコールの分解速度は人によって異なるので、何も考えずに周囲のペースにあわせて飲酒をしていると、翌朝になって二日酔いを招く可能性が高まります。
自分にとっての適量がどのラインなのかをきちんと把握したうえで、なるべくその範囲内でお酒を楽しむように心がけてください。

水を飲む

お酒は適量に抑えることが最も大切ですが、ときには周囲の雰囲気に押されてうっかり飲みすぎてしまうこともあると思います。
そんなときの予防法としてお薦めしたいのが、お酒を飲む合間に定期的に水も摂取することです。
お酒と水を同じペースで摂取することで、アルコールの血中濃度を薄めることができます。
その結果、酔いが回りにくい、もしくは酔いが冷めやすい状態を作ることが可能です。
また、水を積極的に摂取することで、飲酒による脱水症状の予防も期待できます。

肝機能を高める

二日酔いを予防する方法のひとつとして、肝機能を向上させることが挙げられます。
アルコールは肝臓で分解されますが、肝臓の働きが弱い状態では十分にアルコールが分解されず、体内に残留します。
その結果、酔いがまわり、また摂取したアルコールの量によっては翌日まで酔いが残ります。
しかし日頃から肝機能を高めておけば、その分、アルコールを分解できる許容量が増加し、体内に残るアルコール量を減らし、酔いにくい状態をつくることができます。
肝機能を高める方法として、日常的にタンパク質やビタミンCを多く摂取するといったことが挙げられます。

二日酔いの薬を通販で購入するメリット

二日酔いによって頭痛や吐き気といった症状が現れている場合は、それぞれの症状に適した治療薬を用いることで状態を改善できます。
睡眠をとったり水分補給をしたりといったことでも症状を和らげることができますが、有効性や即効性については人によってばらつきが生じます。
その点、治療薬を用いれば、個人差があるとはいえスムーズに症状を鎮めることができます。
治療薬は薬局で購入したり病院で処方してもらったりできますが、最近は医薬品専用の通販サイト(個人輸入代行サイト)を使ったネット購入も可能です。
個人輸入代行サイトが登場するまでは、医薬品をネット購入するということはまずありませんでした。
そのため、この購入方法にあまり馴染みがない方も多いと思います。
しかし、通販サイトを使って医薬品を購入することには、いくつかのメリットがあります。
出費を薬価と送料だけに抑えられる点、日本の病院では処方してもらえないものも購入できる点、通院する時間を用意しなくてもいい点などが挙げられます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

病院で二日酔いの治療薬を処方してもらう場合のメリットとして、何よりも安全性の高さが挙げられます。
医療を熟知している専門家に診てもらうことができ、またその専門家が選んだ治療薬を用いて治療を進めることができます。
治療薬の使用によって軽度の副作用が出る可能性は拭いきれないものの、安心して治療に臨めます。
ただし、診察や治療を受けたあとは、医師が出す処方箋を持って薬局へ行かなければ治療薬を処方してもらえないこと、処方代とは別に診察費や治療費が発生することを留意しておく必要があります。
また、1回の診察にかかる所要時間は、病院の混み具合や症状の程度によって左右されます。
長引いてもいいように、時間に余裕がある日に通院することをお薦めします。

市販薬を利用する場合

市販薬を用いることでも二日酔いを改善できます。市販薬の購入には診察や治療を受ける必要がないので、所要時間を気にせず気軽に行えるのがポイントです。
また、頭痛薬や胃腸薬なら1,000円未満で購入できるものが多い、というのもメリットのひとつとして挙げられます。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを使って治療薬を購入する場合のメリットとして、任意のタイミングで気軽に注文できる点が挙げられます。
病院や薬局は、それぞれ診療時間、営業時間内に足を運ぶ必要があります。
しかし、通販サイトなら24時間365日いつでも利用できるので、多忙な方も安心して治療を始められます。

・一般的な通販サイトで買い物をするときと同じ手順で注文できる
・まとめ買いをすることで割引サービスを受けられる
・注文手続きの所要時間が数分しかかからない

以上のような点も、通販サイトならではのメリットと言えます。

通販でしか購入できない二日酔いの薬

通販サイトの大きな特徴として、取扱商品すべてが海外製の医薬品であることが挙げられます。
そのため、日本で流通していない医薬品であっても、海外で一般に使用されているものなら幅広く購入できます。
たとえば、二日酔い治療に効果的な医薬品のひとつとして肝機能の改善薬が挙げられます。
国内で開発されたもの、認可されているものなら病院で処方してもらうことができます。
しかし、海外製の肝機能の改善薬であり、なおかつ日本国内で認可されていないものについては病院で処方してもらうことができません。
そのような医薬品も扱っているのが通販サイトなのです。

二日酔いの薬の服用方法

基本的にサプリメントは1日1回を飲用するものがほとんどです。
しかし、サプリメントでも飲用のタイミングがあるものなども存在します。
使用する前に確認するようにしてください。

・ハングオーバープリベンション
飲酒前に2錠、飲酒後に2錠を飲用してください。

・パーティスマート
二日酔いの際に1錠を飲用してください。

・二日酔い予防パッチ
飲酒1時間前に1枚を皮膚に貼付してください。
飲酒後も8時間かパッチを貼り続けてください。
24時間を超える使用はしないでください。

二日酔いの薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
しかし、サプリメントにはほとんど副作用が存在しません。
そのため誰でも使用することができます。
稀にサプリメントにも副作用が存在する場合があるため、事前に確認しておくことをお薦めします。

二日酔いの薬を服用できない方

・本製品の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

二日酔いの薬の偽物に注意

二日酔いの薬は人気の商品です。
手軽に購入することができ、その効果も高いです。
現在、日本国内において二日酔いの薬を購入することはできませんが、海外の通販サイトでは購入することができます。
しかし、人気の商品なだけに、海外の通販サイトでは偽物が多く販売されている場合があります。
海外の通販サイトなどで購入する前に、その通販サイトの信頼度、商品の説明がしっかりされているのか、商品の画像があるのか、発送国の記入がされているのかなどといった点を確認し、正規品を購入するようにしてください。

信用できるサイト選びのコツ

偽物の商品を購入しないためにも、信頼できるサイトを選び購入することが大切です。
信頼できるサイトを選びのコツとしては、そのサイトはいつから運営されていて、どのくらい長く運営されているのか、電話対応などのサポートがあるのか、商品の画像があるのか、発送国や商品の製造元がはっきりしているのかなどといったコツがあります。
これらのコツを踏まえて確認しておくことで信頼できるサイトかどうか判断する材料になります。

ネットのくすり屋さんでは正規品が購入できる

ネットのくすり屋さんでは、正規品を購入することができます。
当サイトで取り扱っている商品の商品ページには、商品の画像が複数枚あり、実際に錠剤やパッケージなどを確認することができます。
また、不定期にトリオ扱っている商品を、提供している企業と共にその商品がメーカーの正規品であることの確認も行っております。
商品の本質はもちろんのこと、商品の管理方法や衛生面などの安全性も確認をしています。
そして、聞き覚えないもので日本では知られていないが、世界において知名度のある商品、多くのジェネリック医薬品などの日本国内での取り扱い商品なども、当社が設定している規定に基づき、メーカーや有効成分などを確認した上で販売しています。
その他の通販サイトでは、商品の詳しい説明が記載されていなかったり、商品の画像などが掲載されていない場合もあり、サイトの信頼性、商品が正規品か否かを確認できない場合があります。
そのため、ネットのくすり屋さんでは信頼性の高い商品を、安心・安全に購入することができます。

二日酔いの薬に関するよくある質問

Q.二日酔いって男女差ありますか?
A.個人差があるので断言はできませんが、一般的に男性よりも女性のほうがアルコールを分解する能力が低いといわれています。
そのため、仮に同じ量のアルコールを摂取した場合、女性のほうが二日酔いを招くリスクが高いといえます。

Q.二日酔いになりにくい体になるには?
A.肝臓を休めることが大切です。
二日酔いはアルコールが肝臓内で十分に分解されずに起こるものなので、睡眠時間を増やす、休肝日を作るといったことをして、肝臓を労ってみることをお薦めします。

Q.二日酔いって体質と関係ありますか?
A.関係している、というのが通説です。
アルコールの分解能力は人によって異なりますが、遺伝的な体質に関係していると考えられています。
その日の体調、特に肝臓の状態によって二日酔いしやすくなる場合もありますが、もともとの体質によって起こるケースも多いです。

Q.お酒の種類によって二日酔いになる確率って変わりますか?
A.たとえば日本酒は二日酔いしやすいといわれることが多々ありますが、科学的な根拠はありません。
摂取したアルコール量が同量なら、その種類に関係なくアルコールが分解される速度も変わりません。
二日酔いしやすいか否かはお酒の種類ではなく、ひとえに飲酒量が関係しています。

Q.二日酔いって癖になりますか?
A.特別そのような統計は出ていないようです。
あくまでも個々の体質、もしくは自分のキャパシティを越えて過剰な量のお酒を飲みすぎている場合に二日酔いを引き起こす可能性が高まります。
飲酒をするたびに二日酔いに悩まされている方は、今一度自分にとっての適量を知ることが大切です。