上へ
戻る

カテゴリ

痔・イボ痔

痔・イボ痔の治療薬について紹介します。
痔になってしまうと痛みから普段の生活も困難になってしまいます。
治療薬を用いての早期の治療をお薦めします。

痔・イボ痔の商品一覧

痔とは?

痔は、主に痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)という3種類の異なるタイプがある肛門の疾患を指します。
中でも痔核は発症しやすく、痔を訴える患者の過半数を占めるといわれています。
主な症状として排便時に出血が見られるほか、痛みや発熱をともなうケースもあります。
傷口を放置しているとその部分が化膿する可能性があり、また痔による痛みを避けるために排便を我慢することで便秘をはじめとするほかの症状を招くリスクが高まります。
こうしたリスクを少しでも減らすために、痔が発覚した際はすみやかに治療することをお薦めします。
重症化している場合は外科手術によって治療することもありますが、軽度の症状なら治療薬を用いて治すことが可能です。
痔は排便時に強く力む、長時間同じ姿勢で座るといったことにより、肛門に負担がかかることで起こります。
身近な病気のひとつといえるので、発症した場合に備えてその詳細や治療方法を知っておくことも重要です。

痔の種類

デスクワークをしていることによって長時間同じ姿勢で座っていることが多い、便通が悪く、排便時に強く力むことが多いという方は要注意です。
肛門に負担がかかりやすいことから、痔を引き起こす可能性が高いとされています。
痔は発症しやすい身近な病気であることから、現在進行系で痔を患っている方、痔に悩んでいる知人が周囲にいる方も多いのではないかと思います。
しかし、そんな痔には3つの異なるタイプがあることをご存知でしょうか。
特に耳にすることが多いであろう痔核、通称いぼ痔に加えて、裂肛、痔ろうといった種類もあります。
それぞれ症状や特徴、治療方法が異なるので、痔が発覚した際はいずれのタイプなのかをチェックしてみることをお薦めします。

痔核

痔の中でも特に患者数が多いとされるのが痔核、いわゆるいぼ痔です。
肛門やその周辺に大きな負担がかかることにより、クッションの役割を果たしている部分が腫れることがあります。
これが痔核であり、直腸の側面にあるクッションが腫れて生じる内痔核、肛門のすぐ横にあるクッションが腫れて生じる外痔核の2種類があります。
内痔核は主に出血のみが見られるのに対し、外痔核は痛みを伴いやすいのが特徴です。
また、内痔核は本来なら肛門内に生じるものですが、大きく成長したりそれを支える組織が弱体化したりすることで脱肛してしまうケースがあります。
症状が悪化している場合は外科手術によって痔核を切除する必要がありますが、症状が現れて間もない軽度のうちなら治療薬を用いて治すことが可能です。

裂肛

裂肛は、一般的に切れ痔と呼ばれる痔です。
切れ痔というと、いぼ痔に並んでよく耳にするのではないかと思いますが、実際は痔を患っている人のおよそ1~2割程度と言われています。
裂肛は文字通り、排便時に力むなど、さまざまな要因によって負担がかかり、肛門の皮膚が切れてしまう症状を指します。
痔核に比べて出血がない代わりに、痛みを伴うケースが多いという特徴があります。
発症したあとも長く放置していると、徐々に傷口が悪化し、慢性化するリスクが高まります。
その結果、潰瘍を引き起こし、肛門が狭くなることがあります。
これによって排便がさらに困難になり、傷口を余計に悪化させる、といった悪循環に発展しかねません。
あまりに症状が進行している場合は外科手術を行う必要があるので、発覚した際はすぐさま医師に相談することをお薦めします。

痔瘻

痔ろう(あな痔)は、特に男性が発症しやすいとされている痔です。
肛門から入ったすぐのところにある肛門陰窩と呼ばれる器官に細菌が感染することによって、肛門付近にある管状の器官・肛門腺が化膿し、炎症を引き起こします。
そして、これによって発生した膿がそのまま残留し、瘻管と呼ばれる膿の管が形成された状態を痔ろうと言います。
代表的な症状として38度以上の高熱、激痛、腫れなどが挙げられます。
原因のひとつとしてストレスや過剰なアルコールの摂取などが挙げられます。
これが、サラリーマンをはじめとする男性に発症しやすい理由であると考えられています。
症状の進行具合によって治療法は異なりますが、いずれにしても外科手術によって治療をすることが多いようです。

痔の症状

痔というと、その症状は主に痛みや出血だと思われがちです。
しかし実際は、痔の種類によって症状が異なります。
たとえば、特に患者数が多いといわれている痔核は、内痔核と外痔核で症状に違いが見られます。
内痔核なら脱肛している場合を除き、主に排便時に出血が起こります。
一方、外痔核なら出血は少ないものの、痛みを伴うケースがほとんどです。
また、裂肛は痛みが生じやすく、痔ろうは発熱や激痛が現れやすいという特徴があります。
このように、同じ痔でも種類によって現れる症状はさまざまです。
痔の種類を見分けることは、正しく治療を進めるうえで重要なポイント。
各タイプの症状や特徴を知り、自分がいずれのタイプの痔なのかを判別できるようにしておくことをお薦めします。

痔の治療法

痔は治療することが可能ですが、いずれのタイプを発症したか、もしくはどの程度症状が進行しているかによってその方法が異なります。
痔核や裂肛の場合は、あまりに症状が進行しているのであれば外科手術による治療を余儀なくされます。
そうでない場合なら、治療薬を用いて治すことが可能です。
一方、痔ろうを発症している場合は、症状の度合いに関係なく外科手術による治療を行う必要があります。
そのほか、内痔核についてはジオン注射による治療を行うケースもあります。
これは痔に流れる血液量を減らすことで硬化させ、粘膜に固定させる治療法です。
切除手術に比べて手軽に行えるのがポイントであり、術後の状態次第では入院することなく治療を終えることもあるようです。

負担をかけない

痔の容態が悪化することを防ぐためには、ふだんの生活習慣を意識的に改善していくことが大切です。
たとえば、なるべく肛門に負担がかからないようにすることも重要なポイントのひとつ。
排便時に力みすぎない、椅子に座る時間を少しでも短縮する、適度に立って椅子に座り続けないといったことが挙げられます。
また、食物繊維を多く摂取できる食事を意識するのも効果的です。
食物繊維を多く摂取することで便通を改善し、排便時にかかる負担を抑えることができます。
そのほか、食事に関していえばビタミンCやビタミンEといったビタミン群を多く摂取することもお薦めです。
毛細血管を補強したり血行を促したりする効果が期待できるので、傷口の回復に役立ちます。

手術

痔を治療する方法のひとつとして、外科手術が挙げられます。
しかし、これはあくまでも治療法のひとつであり、必ずしも採用されるわけではありません。
症状がある程度進行している場合に限定されます。
たとえば内痔核の場合なら、痔核が脱肛した状態から戻らない、出血量があまりに多く、日常生活に支障をきたしているといったケースに外科手術を要します。
ただし、痔ろうについては例外であり、症状の度合いに関係なく患部を切り開いて中に溜まっている膿を取り除く切開排膿を行います。
また、瘻管部分をくり抜く括約筋温存手術、瘻管を徐々に切開していくシートン法といった外科手術が行われることもあります。

薬物療法

発症しているのが痔核や裂肛であり、なおかつ症状が軽度の場合は保存療法を用いて治療を進めていくことがほとんどです。
保存療法とは、生活習慣や食生活の改善を行う生活療法をメインに、薬物療法を用いて治療を進めていく方法です。
その際に用いる治療薬には、内服薬と外用薬の2種類があります。
内服薬は主に緩下剤など、軟便を促す効果を発揮するものが用いられます。
服用することによって便の硬さを和らげ、便通を改善することで肛門にかかる負担を軽減します。
一方、外用薬には軟膏クリームと座薬の2種類があります。
軟膏クリームは患部に塗布または注入することで効果を発揮し、主に痛みや出血を抑える働きがあります。
座薬も同様に、使用することで痛みや出血を抑える効果があります。
しかし、こちらは肛門に挿入して使用するという点が軟膏クリームと異なります。
このように、内服薬と外用薬はそれぞれ異なる効果を発揮するので、スムーズに治療を進めるためには、医師に相談したうえで自分に適したものを使用することが大切です。

痔の治療薬

特に発症しやすいとされている痔核は、症状が軽度のうちなら薬物療法によって治療することができます。
また裂肛についても同様に、重症化するまでに治療を開始すれば治療薬を使って十分に改善することが可能です。
とはいえ、現在痔の治療薬として開発されている医薬品の種類は多く、それぞれが異なる有効成分を含有しています。
痔を治療する目的は同じであっても、含有する有効成分によって得られる効果や生じる可能性がある副作用は異なります。
そのため、正しく安全に痔を治療するためには、自分に合った治療薬を選択することが大切です。

プロクトグリベノールクリーム

プロクトグリベノールクリームは、有効成分にトリベノシドとリドカインが含まれています。
トリベノシドは鎮痛、抗炎症効果があります。
その他にも、傷を早く治す効果、線維素溶解、アミン類の放出を抑える効果などがあります。
リドカインは、局所麻酔薬で痛みやかゆみなどといった症状の信号を脳神経へ届けることを遮断する効果があります。
2つの有効成分の効果から、痔の症状を緩和することができます。

参考サイト:トリベノシド - Wikipedia

参考サイト:リドカイン - Wikipedia

アヌソルクリーム

アヌソルクリームは、有効成分に酸化亜鉛、次没食子酸ビスマス、酸化ビスマス、バルサムペルーが含まれています。
これらの有効成分には痔の症状を緩和する効果があります。
毛細血管の収れん作用により炎症を抑え、皮膚を保護する効果があります。
また、バルサムペルーには殺菌効果と抗菌効果があります。
痛みの緩和とともに、皮膚の回復をすることができます。

参考サイト:Bismuth subgallate - Wikipedia

参考サイト:酸化亜鉛 - Wikipedia

参考サイト:Bismuth(III) oxide - Wikipedia

ダフロン

ダフロンは、有効成分にジオスミンとヘスペリジンが含まれています。
ジオスミンには血管を保護する効果があり、静脈と毛細血管を強化することで痔の改善に効果があります。
また、抗炎症効果と抗酸化効果があり、炎症による痛みや腫れの原因となるプロスタグランジンの働きを阻害することで、細胞の回復に効果があります。
ヘスペリジンには、血流を良くする効果と、毛細血管を強化する働きがあります。
2つの有効成分の効果から、痔の症状を緩和することができます。

参考サイト:ジオスミン - Wikipedia

参考サイト:ヘスペリジン - Wikipedia

シェリプロクトNクリーム

シェリプロクトNクリームは、有効成分にフルオコルトロンとリドカインが含まれています。
フルオコルトロンは炎症を抑える効果のある、グルココルチコイド系ステロイド薬です。
痔による、痛みやかゆみなどの症状を緩和する効果があります。
リドカインは、局所麻酔薬で痛みやかゆみなどといった症状の信号を脳神経へ届けることを遮断する効果があります。
2つの有効成分の効果から、痔の症状を緩和することができます。

参考サイト:Fluocortolone - Wikipedia

痔の薬を通販で購入するメリット

痔の治療薬には錠剤や軟膏クリーム、座薬といった種類があります。
それぞれ、医療機関で処方してもらったりドラッグストアで購入したりすることで入手可能ですが、実は医薬品専用の通販サイトを利用してネット注文することも可能です。
多くの人が日常的に利用している通販サイトと同じように、パソコンやスマホから専用サイトにアクセスすることで簡単に好きな医薬品を注文・購入できます。
医療機関で処方してもらう、市販のものを購入するといった方法に比べて、通販サイトを利用したネット購入にはメリットがあります。
たとえば、この通販サイトでしか購入できない医薬品がある点が挙げられます。
医療機関や薬局で取り扱っている医薬品はすべて国内で認可されているものに限られますが、通販サイトでは海外製の医薬品が販売されています。
つまり、日本で流通していない医薬品についても、問題なく購入することが可能です。
また、医療機関で処方してもらう場合に比べて、診察費や治療費といった薬価以外の費用を丸々節約できるというメリットもあります。
通販サイトにはこのほかにもさまざまなメリットがあるので、痔の治療薬を購入する際は通販サイトを利用することもお薦めです。

クリニックや病院で処方してもらう場合

痔が発覚した場合は、医療機関で診察を受けたうえで治療することが可能です。
痔の治療というと、外科手術によって切除しなければならないと思われる方がいるかもしれませんが、痔核や裂肛ならよほど症状が悪化していない限りは生活療法と薬物療法によって治療することができます。
医療機関では、症状に合わせて医師が適切な内服薬や外用薬を処方してくれます。
その際は、治療薬の用法用量や使用時の注意点に関する説明もあるので、初診の方も安心して治療を始めることができます。
また、外科手術を行わない場合なら、診察時間がそこまでかからない点も多忙な方にとってはありがたいポイントです。
もちろん手術や検査を受ければ費用は増しますが、保険が適用されるので全額を負担することはありません。

市販薬を利用した場合

ボラギノールA軟膏をはじめ、痔の治療薬には市販薬として販売されているものが多く見られます。
市販薬を購入・使用する際のメリットとしては、やはり手軽に入手できる点があります。
診察や検査に時間を取られることなく、スムーズに治療薬を購入できます。
また購入にかかる費用を少なく抑えられる点もポイントです。
商品にとって価格は異なりますが、1,000円前後で購入できるものがほとんどです。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用すれば、医療機関や薬局に足を運ぶことなく痔の治療薬を入手することができます。
もちろんスマホから専用サイトにアクセスすることができるので、外出中であっても少しの空いた時間を利用して注文手続きを済ますことが可能です。
ただし、通販サイトでは海外製の医薬品が扱われているため、届くまでに時間がかかる点には注意が必要です。

通販でしか購入できない痔の薬

手軽に医薬品を購入できる、費用を節約できる、24時間365日いつでも好きなタイミングで注文手続きを行える、といったように、通販サイトを利用した医薬品の購入にはさまざまなメリットがあります。
またこのほかにも、日本で流通していない海外製医薬品を購入できる点がメリットとして挙げられます。
国内で認可されていない海外製医薬品は医療機関でもドラッグストアでも取り扱いがなく、従来は現地に出向かなければ購入することができませんでした。
しかし、海外製医薬品を専門に取り扱う通販サイト(個人輸入代行サイト)の登場により、誰でも気軽にネット注文できるようになりました。
海外製医薬品は国内で販売しているものよりも安価であることが多いので、痔の治療にかかる出費をなるべく抑えたい方にはお薦めです。

痔の薬の服用・使用方法

自然治癒が見込めない症状が現れた場合、もしくは少しでも早く症状を治したい場合は、その症状に合った治療薬を用いるのが一般的です。
医薬品が含有する有効成分が病気の原因に働き、症状を改善します。
しかし、これはあくまでも医薬品を正しく使用した場合に限ります。
すべての医薬品には用法用量が定められており、その通りに使用することで初めて効果を最大限に発揮します。
用法用量を守らずに誤った方法で使用してしまうと、得られる効果が減少する可能性があります。
また、誤った方法で使用することによって、身体に何かしらの悪影響が及ぶリスクが高まる点も要注意です。
ときには命に関わるような重篤な副作用を引き起こすことがあります。
痔の治療薬についても例外ではなく、医薬品ごとに用法用量が細かく決められています。
安心安全に、そして確実に痔を治療するために、正しく医薬品を使用してください。

プロクトグリベノールクリーム

・内痔核
1日2回、適量を朝、夕に患部に注入してください。

・裂肛、外痔核
1日2回、適量を朝、夕に患部に注入または塗布してください。

参考サイト:医療用医薬品 : ボラザ

アヌソルクリーム

・クリーム
1日数回、適量を朝、夕、排便後に塗布してください。
使用する際には、患部が乾燥していることを確認してから塗布してください。
直腸内部に使用する場合にはノズルなどを使用してください。
症状が改善されるまで使用してください。
症状に応じて使用回数を調節してください。

・座薬
1日2回、1回1錠を朝、夜の排便後に肛門に注入してください。
症状に応じて使用回数を調節してください。

ダフロン

・発作的な痔
服用開始4日間は1日6錠を分けて服用をしてください。
その後3日間は1日4錠を分けて服用してください。

・慢性の痔
1日2回、1回1錠を朝、夕に服用してください。

シェリプロクトNクリーム

1日1~3回、適量を塗布してください。
症状に応じて使用回数を調節してください。

痔の薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは痔の薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

プロクトグリベノールクリーム

・発疹
・そう痒感
・局所の刺激感
・下痢
・接触性皮膚炎
・吐き気
・動悸

重篤な副作用
・アナフィラキシー

アヌソルクリーム

・発疹
・刺激感
・蕁麻疹
・過敏症状

ダフロン

・腹痛
・頭痛
・下痢
・けん怠感
・顔面浮腫
・しびれ

シェリプロクトNクリーム

・発疹
・過敏症状
・蕁麻疹
・刺激感

痔の薬の併用禁忌・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は痔の薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
痔の薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は痔の薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

プロクトグリベノールクリーム

併用注意
・クマリン系抗凝血剤
クマリン系抗凝血剤の作用を増強される恐れがあります。

アヌソルクリーム

現在報告されておりません。

ダフロン

現在報告されておりません。

シェリプロクトNクリーム

併用注意
・クラスⅢ抗不整脈剤
心機能抑制作用が増強する恐れがあります。

痔の薬を服用できない方

プロクトグリベノールクリーム

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・トリベノシドまたはアニリド系局所麻酔剤に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

アヌソルクリーム

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

ダフロン

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

シェリプロクトNクリーム

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

痔の薬に関するよくある質問

Q.痔の薬の通販は違法?
A.違法ではありません。
日本の薬事法により、自分が使用する目的であれば海外から医薬品を個人輸入することが認められています。
国内で処方箋医薬品に指定されているものを注文・購入したとしても違法ではありません。

Q.痔の薬を病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.市販薬を購入する、もしくは医薬品専門の通販サイトでネット注文するといった方法なら、医療機関に足を
運ばずとも痔の治療薬を購入できます。
特に通販サイトを利用すれば注文手続きから商品の受け取りまで、すべてを自宅にいながら済ませることができます。

Q.錠剤、軟膏、座薬なにが一番効くの?
A.人それぞれなので、一概にどのタイプの治療薬が効果的であるかは断言できません。
ご自身の症状にあわせた医薬品を選ぶようにしましょう。
ただし、痔の治療薬はあくまでも治療をサポートするためのものであり、根本から治療するためには食生活や生活習慣を改善することが重要です。

Q.病院に行かなくても治療できる?
A.痔ろうを引き起こしている場合や重症化している場合を除けば、医療機関に行かずとも治療することができます。
痔の治療は、そのほとんどが生活療法と薬物療法によって行われます。
市販薬や通販サイトで販売されている医薬品を用いることで、自宅で治療を進めることが可能です。

Q.完治させることはできる?
A.しっかりと治療を続けることで痔は完治します。
しかし、症状の度合いによって治療期間が異なるほか、場合によっては生活療法や薬物療法だけでなく、外科手術による治療を行わなければいけないこともあります。

関連ページ

参考サイト

痔 - Wikipedia