上へ
戻る

カテゴリ

更年期障害

更年期障害の治療薬について紹介します。
年齢を重ねるとともに、イライラや動悸、ほてりなどといった症状が生じます。
更年期障害は治療薬を用いて治療することができます。

更年期障害の商品一覧

更年期障害とは?

更年期障害とは、更年期を迎えたあたりから心身に現れ始める不調を指します。
特に女性に現れることが多く、具体的な症状として発汗や倦怠感、イライラ感などが挙げられます。
その原因は、閉経によって女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が著しく減少するためです。
エストロゲンは主に卵巣から分泌される、女性の心身の成長に欠かせないものですが、30歳を過ぎたあたりからその分泌量は徐々に減少していきます。
特に更年期を迎えると閉経によって卵巣の機能がほとんど停止するため、エストロゲンの分泌量は著しく減少します。
その結果、エストロゲンの効果が得られにくくなり、心身にさまざまな症状が現れます。
更年期障害によって現れる症状は個人差があり、数日で治まるような軽度なものもあれば、日常生活に支障をきたすほど重度なものもあります。
特にストレスを感じやすい環境に身を置いている方は、症状が悪化しやすいとされています。
更年期障害とうまく付き合っていくためには、なるべくストレスを感じない環境に身を置き、また必要であれば治療薬を用いて症状を緩和させることが大切です。

更年期障害の症状

更年期障害によって現れる症状は多岐にわたります。
代表的な症状として発汗やイライラ、倦怠感などが挙げられますが、そのほか頭痛や手足の冷え、ドライアイ、肩こり、腰痛、集中力の低下といった症状が現れることもあります。
上記のような症状の現れ方には個人差があります。
軽いイライラだけで済む人もいれば、複数の症状が重なって現れる人もいます。
更年期障害は誰しもが経験する可能性があるものなので、万が一の場合に備えてどのような症状が確認されているのか、そして各症状を治療するためにはどのような方法が効果的なのか、事前に確認しておくことをお薦めします。

血管運動神経障害

更年期障害を代表する症状のひとつとして、発汗が挙げられます。
寒さを感じているにもかかわらず汗が止まらない、枕や寝間着が濡れているのがわかるほどの寝汗をかく、といった変化が見られます。
また、これによって満足に寝付くことができず、睡眠不足に陥るケースもあるようです。
このような発汗は、血管運動神経症状のひとつに数えられます。
同じ系統の症状として動悸やむくみ、ホットフラッシュなどが挙げられます。
ホットフラッシュは、いわゆるほてり、のぼせといった状態をいいます。
具体的には、激しく体を動かしているわけではないにもかかわらず体温が上昇する、涼しさを感じているのに多量の汗をかく、といった状態を招きます。
発汗と似た症状が見られますが、発汗は昼夜問わず汗をかくのに対し、ほっとフラッシュは日中に症状が現れやすいという特徴があります。

精神神経症状

更年期障害の症状としてよく見られるイライラ感や頭痛のほか、めまい、不安感、うつ症状などが精神神経症状に該当します。
エストロゲンの減少によって自律神経のはたらきが乱れることで、こうした症状が現れます。
特に多いとされるのが、身体に生じた不調が原因で精神神経症状を引き起こすケースです。
更年期は精神状態が不安定になりやすく、血管運動神経症状のような身体症状の発現によって多大なストレスを感じやすいとされています。
その結果、精神状態がいっそう悪化し、うつ症状をはじめとする心の病気を招くリスクが高まります。
こうした精神神経症状を改善するためには、ストレスが生じにくい環境に身を置いたうえで、薬物療法を進めていくのがお薦めです。

その他の症状

更年期障害による症状として特に多く確認されているのが、先に紹介した血管運動神経症状と精神神経症状です。
しかし、更年期障害による症状はこれだけにとどまらず、以下のようなものも挙げられます。

皮膚粘膜症状…ドライアイ、喉の渇きなど
消化器症状…吐き気、胃もたれ、食欲不振など
運動器症状…関節痛、腰痛、肩こりなど
泌尿生殖器症状…性交痛、排尿障害など

このように、更年期障害による症状の種類は幅広く、また複数の症状が併発する可能性もあります。
しかし治療薬を用いて不足しているエストロゲンを補充すれば、更年期障害による症状をまとめて改善することができます。

更年期障害の原因

更年期障害の主な原因は、加齢によるエストロゲンの分泌量の減少です。
エストロゲンは卵巣で多く作られ、分泌される女性ホルモンであり、卵胞ホルモンとも呼ばれます。
肌や毛髪の状態を整える、女性らしい丸みを帯びた体をつくる、心身の健康状態を整え、維持するといったさまざまな重要な役割を担います。
女性が健康的に成長するために欠かせないエストロゲンですが、その分泌量がピークに達するのは20~30歳と少々早め。30歳を過ぎたあたりからは分泌量が減少していきます。
そして45~55歳、いわゆる更年期を迎えると、閉経によってほとんど分泌されなくなります。
エストロゲンの分泌量が著しく減少することで、心身の機能はどうしても低下してしまいます。
これによって心や体が急な変化に対応できず、結果として血管運動神経症状をはじめとする各症状を招きます。
また、それぞれの性格や身を置いている環境の違いが更年期障害の原因になることもあります。
エストロゲンの分泌量が減少することによって自律神経が乱れると、ふだん以上にストレスを感じやすくなります。
そのため、ストレスを感じやすい性格の方、自分に合っていない環境に身を置く方は、特に精神状態が不安定になりやすい傾向にあります。
その結果、不眠やうつ症状といった精神神経症状を引き起こすリスクが高まります。

更年期障害の治療法

加齢が関係している更年期障害は、生きている以上、誰しもに発現する可能性があります。
歳を重ねるにつれてエストロゲンの分泌量が減少してしまうことは、どれだけ健康管理を徹底していても防ぐことができないためです。
そのため、更年期を間近に控えている方もそうでない方も、万が一の場合に備えて更年期障害の治療法を知っておくことをお薦めします。
有効な治療法を知っておけば、更年期障害による症状が発現したとしてもすみやかに対処することができます。
ここでは、更年期障害の治療法として有名なホルモン補充療法をはじめ、5種類の治療法を紹介しています。
各治療法の特徴を知るため、そして自分に合った治療法を見つけるために、ぜひチェックしてみてください。

ホルモン補充療法

更年期障害に有効な治療法として、特に多くの医療機関が採用しているのがホルモン補充療法(HRT)です。
更年期障害の原因は、体内のエストロゲンが不足していることです。これによって心身の状態が悪化し、イライラ感や発汗といった症状を引き起こします。
であれば、不足しているエストロゲンを補充することで心身の状態を改善し、症状を鎮めよう、というのがホルモン補充療法です。
女性ホルモン、特にエストロゲンを多く含有する経口薬もしくは外用薬を用い、ホルモンバランスを整えることによって治療します。
発現した症状に関係なく、更年期障害に悩む方にお薦めです。

向精神薬

更年期障害の治療法として、向精神薬を用いた薬物療法が挙げられます。
向精神薬はうつ病や不眠症など、精神疾患を治療する際に用いる医薬品です。
効果やその強さは物によって異なりますが、一般的には神経伝達物質の分泌を促すことで心の安定化をはかるものがほとんどです。
心をリラックスさせることで、症状を治療します。
更年期障害の症状には、うつ病や不眠、イライラ感といった精神的なものがあります。
こうした精神神経症状が特に強く現れている方に、向精神薬を用いた治療法がお薦めです。

漢方薬

更年期障害の治療法として現在主流なのは、女性ホルモンを補充することで症状の改善を目指すホルモン補充療法です。
しかしこれは、特定の病気・症状を患っている方、もしくは既往歴がある方は行えない方法でもあります。
それに比べて、ほとんどのケースで問題なく行えるとされるのが、漢方薬を用いた治療法です。
漢方薬を用いた治療法は、エストロゲンを補充するのではなく、東洋医学でいうところの腎(生殖機能、栄養機能)を高めることで身体機能全般を回復させる目的で行われます。
症状に合わせた漢方薬があるので、よりスムーズな更年期障害の改善が期待できます。

プラセンタ治療

更年期障害に有効な治療法として近年注目されているのが、プラセンタ治療です。
プラセンタとは胎盤のことであり、ここには胎児の成長をサポートするための成長因子や栄養素が多く詰まっています。
そんなプラセンタから抽出されたエキスを注入することによって、低下した身体機能を回復させ、更年期障害による症状を改善します。
定期的にプラセンタエキスを注入するために通院しなければいけないものの、疲労回復やアンチエイジング、美肌などさまざまな効果が期待できる点は大きなメリットと言えます。

心理療法

更年期障害の治療法として、ホルモン補充療法をはじめとする薬物療法を紹介してきました。
薬物療法は優れた効果が期待できるものの、個人差によっては思ったように効果が得られないケースもあります。
特にうつ病や不眠症といった精神疾患が強く現れている方は、薬物療法だけでは十分に治療できないかもしれません。
その際は、薬物療法と並行してカウンセリングによる心理療法を用いることをお薦めします。
専門医によるカウンセリングを受けることがメンタルケアに効果的です。

ホルモン補充療法の種類

数ある更年期障害の治療法の中でも、特に多くの医療機関が採用しているのがホルモン補充療法です。
しかし、一口にホルモン補充療法といっても、これには3通りの異なる方法があります。

・更年期障害に大きく関係するエストロゲンのみを投与して治療する方法
・エストロゲンに加えてプロゲステロンを周期的に投与する方法
・エストロゲンとプロゲステロンの両方を毎日連続して投与する方法

これら3種類の投与方法のうち、いずれの方法を用いて治療するかは、症状の度合いや月経の有無などによって異なります。
通院して治療する場合は医師の指示を仰いだうえで適切な方法で治療を行うことができますが、個人輸入代行サイトを使って治療薬を購入して治療を進める場合は、自分で適切な投与方法を判断する必要があります。

エストロゲン製剤単独投与

ホルモン補充療法のひとつであるエストロゲン単独投与法は文字通り、更年期障害に大きく関係している女性ホルモン・エストロゲンのみを補充する治療法です。
これに用いられる治療薬として、たとえばファイザー社が開発したプレマリンが挙げられます。
有効成分である結合型エストロゲンを摂取することにより、不足しているエストロゲンをピンポイントで補充します。

エストロゲン・黄体ホルモン周期的投与

ホルモン補充療法には、エストロゲンだけでなくプロゲステロン(黄体ホルモン)も補充する方法があります。
エストロゲン・黄体ホルモン周期的投与法です。
エストロゲンを毎日継続的に補充しつつ、プロゲステロンも周期的に補充します。
症状の度合いによってプロゲステロンを補充する周期は変動しますが、1ヶ月のうち2週間ほど連続で使用することが多いようです。
ただし、プロゲステロンの摂取を終えた頃に、副作用として軽い出血が見られることがあるので、その点には留意する必要があります。

エストロゲン・黄体ホルモン周期的投与黄体ホルモン連続投与

エストロゲン・黄体ホルモン周期的投与法がプロゲステロンを周期的に投与するのに対して、エストロゲンと同様にプロゲステロンも毎日
継続的に投与するのがエストロゲン・黄体ホルモン連続的投与法です。
3種類あるホルモン補充療法の中でも、この方法は特に閉経してからかなりの年月が経過している方にお薦めとされています。
治療薬の投与を開始してからしばらくの間は、副作用として軽い出血が不定期に起こることがありますが、ほとんどの場合は約半年で自然に起こらなくなります。

体外受精時のホルモン補充周期

体外受精とは、卵巣から排出した卵子を体外で受精させ、それによってできた受精卵を再び子宮内に戻すことで妊娠させるというものです。
これを行う際は、女性の体が妊娠する準備を整えたタイミングで、受精卵を子宮内に戻すことが重要です。
そこで、より確実にタイミングを合わせるためにホルモン補充周期法という治療が行われることがあります。
ホルモン剤を投与することによって、人工的に排卵周期を調整。
ベストなタイミングで受精卵を子宮内に戻すことができます。

更年期障害の薬を通販で購入するメリット

現在は医療が発達し、特定の病気・症状の治療に効果的な医薬品が多く開発されています。
一般用医薬品なら町のドラッグストアで購入でき、処方箋医薬品に指定されているものなら病院から処方してもらうことができます。
とはいえ、これらの方法で入手できるのは、あくまでも日本国内で認可されている医薬品に限定されます。
そのため、認可されていない医薬品については、どれだけ望んでも国内で購入することができません。
しかし、現在は海外医薬品専門の通販サイト(個人輸入代行サイト)があります。これを利用すれば、海外で流通している医薬品を気軽にネット購入できます。
通院する際に生じる手間や出費を省いて治療を進められるほか、これまで国内で入手できなかった医薬品を手軽に入手できる点も大きなメリットとして挙げられます。
また、一般的な通販サイトと同じ感覚で利用することができる、24時間365日いつでも好きなタイミングで注文できる、といった点も嬉しいポイントです。

クリニックや病院で処方してもらう場合

更年期障害の一般的な治療法として広まっているホルモン補充療法では、毎日継続的に治療薬を服用する必要があります。
そのための治療薬は、病院で診察を受けたうえで処方してもらえます。
医療機関で治療薬を処方してもらう際のメリットとして、第一に安心して治療を進められる点が挙げられます。
専門医による適切な診察・治療を受けたうえで、自分の病気・症状に適した治療薬を処方してもらうことができます。
また、治療薬の服用方法や服用時の注意点などを丁寧に教えてくれるので、誤った方法で服用するリスクを大幅に減らすことも可能です。
医療機関によって費用は異なりますが、一般的に2,000~5,000円程度とされています。
ただし、より本格的な治療やカウンセリングを受ける場合は、もう少し出費がかかります。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを用いて治療薬を購入すれば、通院した際にかかる診察費や治療費を丸々節約することができます。
また、自分で購入する医薬品を選べる点、日本で流通していない海外製の医薬品を購入できる点などもメリットとして挙げられます。
注文手続きにかかる時間は数分なので、忙しい方でも移動時間や空き時間を利用して気軽にスマホから注文することができます。

通販でしか購入できない更年期障害の薬

今や更年期障害の治療に効果的な医薬品の種類は豊富にあり、経口薬はもちろんのこと、外用薬を用いて治療することも可能です。
しかし、ジェネリック医薬品を中心に日本で購入できないものも少なくありません。
その点、海外製医薬品のみを専門的に取り扱っている通販サイトを利用すれば、本来日本で流通していない医薬品も問題なく購入できます。
この通販サイトでしか購入できない医薬品を入手できるというのが、通販サイトを利用するうえで大きなメリットと言えます。

更年期障害の薬の服用方法

更年期障害による症状を改善するために治療薬を用いるのは効果的ですが、ただ使用すればいいというわけではありません。
すべての医薬品にはそれぞれ、効果を正しく、そして最大限に発揮させるための用法用量が定められています。
たとえば、更年期障害に有効な治療薬として有名なプレマリンなら、症状にあわせて1日1~2錠を服用します。
その際は、水またはぬるま湯を用いることをお薦めします。
また、万が一飲み忘れた場合は、そのことに気づいた時点で服用してください。
ただし、次の服用時間が近い場合は服用しないようにすべしとされています。
短い感覚で2錠を服用すると、効果や副作用が強く現れすぎてしまい、身体にかかる負担が増しやすくなります。
安全面を確保しつつ更年期障害を改善するために、必ず用法用量を守ったうえで正しく使用してください。

プロギノバ

1日1回、1回1錠を服用してください。
毎日同じ時間に服用してください。

エチニラ

・更年期障害
1日1回、1回1錠を服用してください。
1日の最大服用量は3錠となるため、3錠を超えないでください。

・前立腺がん、乳がん
1日3回、1回0.05mg~1.0mgを服用してください。
年齢や症状に応じて服用量を調節してください。

参考サイト:医療用医薬品 : プロセキソール

プレミアコンティニュアス

1日1回、1回1錠を食前、食間に服用してください。
毎日同じ時間に服用してください。

参考サイト:医療用医薬品 : プレマリン

参考サイト:医療用医薬品 : プロベラ

プレマリン

・結合型エストロゲンとして
1日0.625mg~1.25mgを服用してください。

・機能性子宮出血、膣炎
1日0.625mg~1.25mgを服用してください。

年齢や症状に応じて服用量を調節してください。

アリミデックス

1日1回、1回1mgを服用してください。

参考サイト:医療用医薬品 : アリミデックス

ヴァギフェム

1日1回を2週間連続使用から開始してください。
2週間後からは週に2回、3~4日の間隔を空けて使用してください。
使用する前に手を石鹸などで洗い、清潔にしてください。
1回分を開封し、ゆっくりとアプリケーターを膣に挿入してください。
アプリケーターの上部がカチッと音がするまで押し、錠剤を膣内に挿入してください。
最後にアプリケーターを引き抜いて捨ててください。

更年期障害の薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは更年期障害の薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

プロギノバ

・乳房痛
・頭痛
・不正出血
・経血量の変化
・過敏症状
・高カルシウム血症
・精神障害の再発
・ナトリウム、体液の貯留

重篤な副作用
・血栓症

エチニラ

・発疹
・黄疸
・肝機能異常
・血圧上昇
・精神障害の再発
・不正出血
・悪心
・嘔吐
・下痢
・頭痛
・めまい

重篤な副作用
・血栓症
・心不全、狭心症

プレミアコンティニュアス

・頭痛
・腹痛
・めまい
・悪心
・嘔吐
・不正出血
・乳房痛
・食欲不振
・発疹
・眠気

重篤な副作用
・血栓症

プレマリン

・浮腫
・経血量の変化
・乳房痛
・発疹
・蕁麻疹
・腹痛
・悪心
・嘔吐
・色素沈着
・脱毛
・頭痛

重篤な副作用
・血栓症

アリミデックス

・肝機能検査血異常
・関節痛
・ほてり
・頭痛
・嘔吐
・感覚異常
・脱毛
・発疹
・食欲不振

重篤な副作用
・皮膚粘膜眼症候群
・アナフィラキシー、血管浮腫、蕁麻疹
・肝機能障害、黄疸
・関節性肺炎
・血栓塞栓症

ヴァギフェム

・ニキビ
・頭皮脱毛
・体毛の増加
・性欲の亢進
・血圧上昇

重篤な副作用
・心臓血管障害
・悪性新生物

更年期障害の薬の併用禁忌・併用注意

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は更年期障害の薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
更年期障害の薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は更年期障害の薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

プロギノバ

併用注意
・血糖降下薬

・ピグアナイド系糖尿病薬

エチニラ

併用禁忌
・オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤
エチニルエストラジオール含有経口避妊剤を併用した場合ALTの上昇が高頻度に認められています。

併用注意
・副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ薬、セレギリン塩酸塩
これらの薬剤の代謝を抑え、効果が増強する恐れがあります。

・リファンピシン、バルビツール酸系製剤、ヒダントイン系製剤、カルバマゼピン、ボセンタン、モダフィニル、トピラマート
これらの薬剤は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促し、効果の減弱および不正性器出血の発現率が増大する恐れがあります。

・テトラサイクリン系抗生物質、ペニシリン系抗生物質
これらの薬剤は腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑え、本剤の効果の減弱および不正性器出血の発現率が増大する恐れがあります。

・テルビナフィン塩酸塩
黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤との併用で、月経異常が起こる恐れがあります。

・Gn-RH誘導体
これらの薬剤は性ホルモンの分泌を低下することにより効果があるため、本剤の効果を減弱する恐れがあります。

・血糖降下剤
本剤の耐糖能を低下させ、血糖降下剤の効果を減弱させる恐れがあります。

・ラモトリギン、モルヒネ、サリチル酸
本剤はこれらの薬剤のグルクロンを促し、これらの薬剤の血中濃度が低下する恐れがあります。

・テラプレビル、HIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
本剤の効果が減弱する恐れがあります。

・アタザナビル、インジナビル、エトラビリン、フルコナゾール
本剤の血中濃度が上昇する恐れがあります。

・ボリコナゾール
両剤の血中濃度が上昇する恐れがあります。

・アセトアミノフェン
本剤の血中濃度が上昇し、アセトアミノフェンの血中濃度が低下する恐れがあります。

・セイヨウオトギリソウ含有食品
この欲品は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促し、本剤の効果の減弱および不正性器出血の発現率が増大する恐れがあります。

プレミアコンティニュアス

併用注意
・イプリフラボン
エストロゲンの効果を増強される恐れがあります。

・血糖降下剤
エストロゲンは耐糖能を低下させ、血糖を上昇させ、血糖降下剤の効果が減弱する恐れがあります。

・副腎皮質ホルモン
これらの薬剤の代謝を抑え、これらの薬剤の効果が増強される恐れがあります。

プレマリン

併用注意
・イプリフラボン
エストロゲンの効果を増強される恐れがあります。

・血糖降下剤
エストロゲンは耐糖能を低下させ、血糖を上昇させ、血糖降下剤の効果が減弱する恐れがあります。

・副腎皮質ホルモン
これらの薬剤の代謝を抑え、これらの薬剤の効果が増強される恐れがあります。

・黄体ホルモン、卵胞ホルモン
血栓症が生じる恐れがあります。

アリミデックス

現在報告されておりません。

ヴァギフェム

併用注意
・CYP3A4阻害薬

・セイヨウオトギリソウ含有食品

更年期障害の薬を服用できない方

プロギノバ

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・乳がんの既往歴または、未治療の子宮内膜増殖症のある方
・血栓症静脈炎、肺塞栓症、およびその既往歴のある方
・重篤な肝障害のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

エチニラ

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・エストロゲン依存性悪性腫瘍およびその疑いのある方
・未治療の子宮内膜増殖症のある方
・血栓性静脈炎、肺塞栓症、およびその既往歴のある方
・オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤を投与中の方

プレミアコンティニュアス

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・エストロゲン依存性悪性腫瘍およびその疑いのある方
・乳がんの既往歴のある方
・血栓性静脈炎、肺塞栓症、およびその既往歴のある方
・動脈性の血栓塞栓症、およびその既往歴のある方
・重篤な肝障害、肝疾患のある方
・診断の確定していない異常性器出血、尿路出血のある方
・未治療の子宮内膜増殖症のある方
・脳梗塞、心筋梗塞などの血栓性疾患またはその既往歴のある方
・稽留流産
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

プレマリン

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・エストロゲン依存性悪性腫瘍およびその疑いのある方
・乳がんの既往歴のある方
・血栓性静脈炎、肺塞栓症、およびその既往歴のある方
・動脈性の血栓塞栓症、およびその既往歴のある方
・重篤な肝障害のある方
・診断の確定していない異常性器出血のある方
・未治療の子宮内膜増殖症のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

アリミデックス

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・重度の肝障害、腎障害のある方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

ヴァギフェム

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・乳がんの方
・診断の確定していない異常性器出血のある方
・深部静脈血栓症、肺塞栓症の方
・活動性動脈血栓症またはその既往歴のある方
・肝障害または肝疾患のある方
・プロテインC、プロテインSまたはアンチロロン欠乏症の方
・妊婦、授乳中または妊娠の可能性のある方

更年期障害の薬に関するよくある質問

Q.そもそも更年期障害にならない方法はない?
A.更年期は誰しもに訪れる可能性がある以上、更年期障害の発現を完璧に防ぐことはできません。
しかし、生活習慣を規則正しく改善する、栄養バランスを意識した食事を心がける、といったことを習慣づけることで予防できる可能性があります。

Q.更年期障害の薬を病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.通販サイトを利用して購入できます。
利用方法は一般的な通販サイトとほとんど変わらないので、ネットショッピングに慣れている方もそうでない方も、気軽に使用できます。
また、同じ更年期障害の薬でも商品によって異なる特徴があるので、自分にピッタリなものを選ぶことが可能です。

Q.更年期障害は病院に行かなくても治療できる?
A.可能です。
ホルモン補充療法という治療法が主流ですが、これは治療薬を用いることで不足したエストロゲンを補充して更年期障害を改善する方法です。
手術をはじめとする特別な治療は行われないので、個人輸入代行サイトで治療薬を注文・購入すれば、自宅で治療を進めることができます。

Q.更年期障害はいつまで続くの?
A.更年期は一般に45~55歳とされていますが、個人差があります。
そのため一概には言えませんが、50代半ばから60歳の間で症状が落ち着くケースが多いようです。
もちろん、人によってはそれよりも早くに症状が治まることもあります。

Q.更年期障害は男性にもある?
A.更年期障害は女性特有のものではなく、男性にも発現する可能性があります。
主に加齢による男性ホルモンの分泌量の減少が原因であり、発汗や頻尿といった症状が多く報告されています。
とはいえ、男性はホルモンの分泌量の減り方が緩やかなので、女性ほど強く症状が現れることは少ないようです。

関連ページ

参考サイト

更年期障害 - Wikipedia